2016.11.21

中院@川越【紅葉2016年】

「喜多院」から南へ徒歩5分くらいかな?出かける直前にネットで名前だけチェックして来てみたがこちらも紅葉が丁度見頃な感じ。

境内は決して広くはないし、何処を見ても紅葉真っ盛り的な有名観光名所では無いが、その分人出もチラホラ、落ち着いて眺められる。

20161120_025
20161120_030
20161120_029
20161120_032
20161120_028
20161120_026
20161120_027
20161120_031
20161120_033
【中院】
住所:埼玉県川越市小仙波町5-15-1
電話:049-222-2170
時間:?
休み:?
料金:無料
URL:http://www.kawagoe.com/nakain/

すぐ南隣の「光西寺」にも行ってみたが、こちらは紅葉見物って感じではない。

20161120_034
20161120_035
川越って今まで「観光地だし」とか「近すぎて」「渋滞嫌い」とかと必要以上に避けていたが案外悪くないなぁ。

尚、12時位に「あぐれっしゅ川越」の駐車場へ戻ったら空き待ちの車が列をなしていた。電車+バスor自転車が正解なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喜多院@川越【紅葉2016年】

TVとかで京都の紅葉が見頃と云ってた。σ(^^)の住むさいたま市のお隣、川越は小江戸と呼ばれるくらいだし寺院とかも幾つか有るからどうだろうか?と行ってみた。

20日の日曜は朝から濃霧・・・9時半過ぎに「あぐれっしゅ川越」に着いた時でも未だ濃い状態。直売所用の駐車場の隣に観光客向けの無料駐車場が有るのでこちらに停めて散策開始。

20161120_000
20161120_002
街外れに有るので巡回バスとかコミュニティサイクルで移動する人も居るらしい。今度使ってみようかな?

20161120_001
254号を渡り、先ずは「本丸御殿」の方へ。

20161120_011
20161120_012
そのまま南下し「浮島稲荷神社」の脇を通って「喜多院」へ。

20161120_013
20161120_014
「喜多院」・・・以前一度来ているはずだけどなぁ、記憶に無い。
境内では毎年この時期開催らしい「小江戸川越菊まつり」を開催中、この世界も奥が深い様だ。

20161120_015
20161120_018
20161120_024
20161120_017
20161120_016
一段高くなった南側の慈眼堂とか紅葉が見頃かな?

20161120_019
20161120_020
20161120_021
有料拝観エリアに入ると紅葉山庭園が綺麗と聞いていたけど「撮影禁止」の表示が・・・後で調べたら建物はダメだけど庭園は良いらしい。テンション下がって入らなかったけど入っておけばよかった。隙間からちょっとだけ撮影。

20161120_023
20161120_022
仙波東照宮に寄って喜多院を後にする。

【喜多院】
住所:埼玉県川越市小仙波町1-20-1
電話:049-222-0859
時間:8:50~16:30
休み:公式サイト参照
料金:有料拝観エリア400円
URL:http://www.kawagoe.com/kitain/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.15

紅椿の湯【道志川温泉】

山中湖の北側湖畔を走ってみたが駐車場が有るようで少ない。3ヶ所くらい?道路と湖の間なので狭く既に満車に。運良く1ヶ所だけ停められた。

20161113_021
撮影は諦めて山中湖東端の「平野」から国道413号「道志みち」へ・・・東名高速や中央道が大渋滞の際の抜け道に時々名前が挙がるのでどんな道か、圏央道の相模原ICへのアクセスはどうかのチェックを兼ねて。

確かに噂通り、信号も少なく流れは早い。ただ対向車を見ると交通量も結構有るし、特にバイクが多い印象。そしてこんな山道でも交通取締りをしてるんだねぇ・・・2ヶ所で見たかな。

途中で寄った「道の駅どうし」も駐車場に入るのに渋滞しているくらい。

20161113_000
この段階で11時くらい、滅多に来ないんだし温泉へ。「道志の湯」と「紅椿の湯」の2つが近くに有るそうだが広めの露天と聞く「紅椿の湯」へ。

温泉は道路沿いではなく山中湖から来ると鋭角に右折して細い坂を下った先。川沿いの狭い場所に建てた様で駐車場は建物前の平面とその手前に三段式の自走式立体が。

20161113_001
20161113_002
ここの施設は素泊まりor朝食付きでの宿泊も可能と。でもメインは日帰りなのかな?土日は3時間で1,000円と出ていたがJAF割引で900円・・・時間指定の話は特に云われなかったがどうなんだろう。

浴室は正面奥で、手前の左は食事処、右側が土産売り場。
脱衣ロッカーは入館時に靴箱鍵と交換で渡されたリストバンドキーで指定されるが1つ1つが結構大きくて荷物が多少多くても安心。(但し混雑時に使われるロッカーは普通サイズ)

浴槽は「熱湯」「ぬる湯(泡スペース有り)」「露天」の3つとサウナ&水風呂。高アルカリの源泉と云うが浸かっただけでは特徴は感じにくい。加水はしてないけど加温&循環&消毒みたいだし。まぁ空いている時間だからか塩素臭もしないから良しかな?

「熱湯」は縁が檜で内側がタイルで42℃くらい?、「ぬる湯」は38℃、露天は40℃くらいと全体的にぬるい設定で浴槽も広くなかなか気持ち良い。特に露天からは浸かると対岸の山しか見えないが立ち上がれば川も見れてそこそこ紅葉した景色が堪能できる。

食事は券売機で現金購入。「ざるそば430円」と格安だけど気になった「キノコ天丼750円」を。
数分待って出た料理は味噌汁、お新香付き。彩りのピーマン以外が全てキノコ。えのき、シメジ、舞茸、エリンギかな?ある意味清々しい。

20161113_004
20161113_005
喫煙所は後付なのか靴ロッカー室の奥と食事処外のベランダ端、もう少し何とかならないかなぁ?
キャンプ場とか近くに有るし、夕方以降は混んでのんびり出来ないかもしれないが昼間のこの時間ならのんびり出来て良かったけど。

紅椿の湯【道志川温泉】
住所:山梨県南都留群道道志村小椿3888
電話:0554-20-4500
時間:10:00~21:00(冬期~20:00)
休み:?
料金:1,000円
URL:http://benitubakinoyu.com/

温泉を出て「道志みち」を再度東へ。
相模原市に入って段々と交通量が増えてくる。道路も「抜け道」として使えるかと云うと・・・どうだろう?
まぁ前提として富士五湖付近から相模原市や八王子市辺りへ帰る人が対象なんだろうけど峠道を走るよりは快適だけど推奨するほどには感じられないなぁ。
σ(^^)の通った時間は昼前後だから未だ交通量少ない時間だけど休日の夕方だと確実に大名行列が出来そうな感じ。

で、津久井の青山交差点へ。そう云えば角の「ドリームファーム」ってピザ屋さんには何度か来たなぁ。その時は津久井湖の方から帰ったけど、交差点の看板に「圏央道」って出てたので右折してみる。

・・・あれ?圏央道相模原ICは何処?ナビは地図更新してないので出てこないが、道路の看板もそれきり見かけない。見落とした?帰宅して改めて地図を見たけど「長竹三差路」を左折が正解だったのかな?
結局、橋本の国道16号に出てそのまま16号を走ってさいたま市へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河口湖もみじ回廊【紅葉2016年】

13日の日曜も先週に続き快晴で絶好のお出かけ日和。6時位にさいたま市の自宅を出発し、8時過ぎに河口湖湖畔へ。

「富士河口湖 総合観光情報サイト」の「紅葉まつり」のページに有るpdfを見ると西は「猿まわし劇場」北側に第一駐車場、東は河口湖美術館北側に第四駐車場と有りその中間に2ヶ所の計4ヶ所の臨時無料駐車場が有ると。そして点在する無料駐車場の間に有料の民間駐車場が有るので気にする人は要注意。

σ(^^)は8時過ぎくらいの到着なので道路も駐車場も余裕。でも直ぐ混みそうなので帰りやすい「第四駐車場」に停めて散策開始。

20161113_020
埼玉に住んでいるのでこれだけ近くで富士山を見るとそれだけで嬉しくなる。湖畔を移動しながら何枚か撮影。
「紅葉と富士山」、欲張りにこの2つを1枚に収めたいがなかなか難しい。オレンジに染まる桜は沢山有るが絵になるモミジとかの木が少ないし、そもそも絞りを絞っても距離が違いすぎるのでピンぼけに・・・前に来たときも同じことを思ったなぁ・・・学習能力がない。

20161113_007
20161113_008
20161113_009
10数分歩いて「もみじ回廊」へ。
道路から眺めると見事に紅葉しているように見えるが中に入ると未だ緑な木も多く同じタイミングで赤に染まるって感じではない。それでも快晴の日差しを受けたイチョウの黄色とかは綺麗だった。

20161113_019
20161113_011
20161113_010
20161113_014
20161113_017
20161113_012
20161113_013
20161113_015
20161113_016
20161113_018
9時くらいには撮影も終わって帰路につく・・・早い(笑)
でもその1時間弱の間に観光客はどんどんと来て第ニや第三駐車場はほぼ満車に、離れてる第四でも80%は埋まっていたかな?

5年前に来た時は昼過ぎだったので道路も渋滞し、停めるのも難儀したなぁ。

帰りは2015年春に開通した137号吉田河口湖バイパスを通ってみる。これを走ると富士山駅の北側の市街地へ・・・富士吉田北スマートICが出来たら河口湖大橋を通らずに行けそうだなぁ。そしてトンネルを越えて真っ直ぐ進むと忍野に出て花の都公園を突っ切って山中湖へ。

富士河口湖 総合観光情報サイト:http://www.fujisan.ne.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.07

柳屋旅館【柴原温泉】

6日の日曜は風が強いけど快晴で絶好のお出かけ日和。三峯神社の紅葉も見頃だそうだが・・・ここ数年やたら人気とも聞くので渋滞していそう。早朝に出て8時とか9時とかに着くならなんとかなりそうだが、そこまでの根性は無し。

って事で紅葉は諦めてのんびり日帰り温泉へ。柴原温泉に行った事が無いのでそちらを目指す。以前数回、宿の前を通過した記憶は有るけど山梨からの帰りに140号の渋滞回避で夕方通っただけなので。

140号はこの日も混んでいる様なので県道43号を小鹿野の方から。すれ違いしにくい区間の角に2軒の宿が、隣は日帰り不可の「かやの家」、奥が目当ての「柳屋旅館」。

小川を渡って右に味わいある古い建物が・・・流石に使って無い様子。今の宿は奥の方に。

20161106_007
20161106_008
20161106_000
フロントはそれほど広くもないが落ち着いた雰囲気。日帰り入浴をお願いするが対応は大変親切で好感持てる。こちらの宿は「手打ちそばの宿」で売っているらしい。山の中の秘湯感は有るし、都心から手軽にのんびりするには良いかもね。

浴室は宿の奥の奥、1Fが内湯、2Fに露天で一旦着替えないといけない。
お湯は「秩父七湯」の1つで源泉は11.4℃、1.6L/分の湧出量と「温泉」と云うより「鉱泉」だな。当然加温、循環だし加水もしてるかと。まぁ塩素臭はしないし、効能は日帰りの1回じゃ関係ないし。

先ずは内湯へ。脱衣所は脱衣カゴだけとシンプル。浴室もシャワー付きカランが4つ程度で浴槽も4人くらいが丁度よいかな?
こちらの宿は内湯も露天も浴槽が檜風呂で「木製の浴槽」好きなσ(^^)的にはそれで来た訳だ。

20161106_004
20161106_001
内湯は左手奥からお湯がどんどん注がれているが、給水口がその下辺りに。窓の外は・・・崖。う~ん、立地的に仕方がないのか。モミジの木が有ったので紅葉するともう少し雰囲気出るかも。

一旦着替えて、階段を上がり2Fの露天へ。こちらも脱衣所はシンプルで浴室もカランは1つ、後は浴槽のみ。
浴槽自体はこちらの方が新しいかな?眺めは同じく崖のみ。こちらの浴槽は浸かっていると循環の水流が身体に当たってなんか落ち着かない・・・再度内湯へ戻る。

20161106_003
20161106_002
部屋からの眺めは判らないが立地で考えると部屋からもそれ程の景色では無さそうで、浴室からの眺めも合わせるとその点は残念だが帰りにすれ違った従業員の感じも良さそうだったし、眺望にこだわらなければ良い宿かも。

柳屋旅館【柴原温泉】
住所:埼玉県秩父市荒川贄川2048
電話:0494-54-0250
時間:11:30~14:30
休み:?
料金:700円
URL:http://www.yanagiya-ryokan.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«盆美×てっぱく無料シャトルバス【さいたま市】