« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の9件の記事

2005.10.29

とりよし【東岩槻】

20051028_01 東岩槻の「とりよし」へ久しぶりに行く。

会社から帰宅方向と逆になるのでなかなか行かれないが個人的に大好きなお店。

気に入っている理由を挙げれば

  • おじちゃん、おばちゃんの愛想がいい。
  • アルバイト店員も元気で店に活気がある。
  • やきとり、やきとんが美味しくて大きくて安い。
  • それ以外のメニューも安くて上手い。

写真は「枝豆」「ゴボウスティック」「明太ロール」、「ナンコツ(豚)」。

20051028_03 焼き物に付いてくる味噌を少し残しておいて〆に「にんにくうどん」を注文。

にんにくが効いた焼きうどんに味噌を絡めて食べるのがお気に入り。

あれこれ7人で食べて3,000円/人しない安さ。いやぁ、美味しかったなぁ。また行きたい。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

濃霧

20051028_00 10月28日は朝から濃霧。

朝8時頃の野田線岩槻駅前です。霧のためダイヤが乱れてσ(^^)は15分遅れの電車に乗りました。

伊勢崎線、JRの武蔵野線、宇都宮線も影響を受けていたようです。

窓からの景色は乳白色の世界、幻想的で綺麗だけど・・・運転する人は大変だろうな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.21

多角化の一方向

20051021_00 夕飯に久しぶりに牛丼屋へ行く。

行ったのは「すき家」、自宅の近くにあって昔から通っていたチェーン店。

BSE問題で牛肉輸入禁止になる前から妙な方向でメニュー多角化している。

吉野家などは禁輸になって試行錯誤し中途半端な定食メニューだし、松屋はσ(^^)にとっては牛丼屋と云うより初めから定食屋。

しかし「すき家」は違う、妙な方向なのである。

数年行かなかった時期があって、久しぶりに入ったら「ハーブチーズ牛丼」と云うもう「出会いのモノ」的なメニューにビックリ。それ以来「きんぴら牛丼」「山菜しめじ牛丼」などトッピングでラインナップを拡大。

そして今日行って頼んだのが「ねぎ玉牛丼 豚汁セット」、青ネギと生卵が牛丼に載ります。

「わさび山かけ牛丼」などと云うメニューもある、やるなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.20

花いち【大宮】

20051020_08 大宮の市場にあるお店。北側から門を入ってすぐ左に有る。

初めて来たときは部外者は入れないのかと思ったが何も問題なし。ただ20時閉店なので仕事帰りだとなかなか行きにくい。

今日、久しぶりに行く。

注文したのは「カキフライと中おち丼のセット 1,000円」

大ぶりのカキフライ3つと中おち丼、蟹のみそ汁、これで1,000円なら文句有るまい。

駅から遠いので車無しでは行きにくい。刺身定食とか有るが酒が飲めないのが残念。

花いち

  • 住所:埼玉県さいたま市北区吉野町2-226-1
  • 電話:048-667-2553
  • 営業時間:10:00~14:00、17:00~20:00
  • 定休日:水曜の夜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.17

南郷温泉 しゃくなげの湯

20051016_19 吹割の滝を眺めた後、老神温泉の先を左に折れ坂を下る。

薗原ダムを渡り「しゃくなげの湯」へ。

前に老神温泉の日帰り施設へ行ったが脱衣ロッカーが有料だったり塩素臭がしたりと残念だったが、車で10数分のこちらはなかなか良いとの評判。

露天風呂は囲いがあるので眺めはそれ程では無いが無色透明だけど硫黄の臭いがプ~ンとする、いいねぇ。

帰りは赤城山方面へ一度上り途中で右折して昭和ICへ。沼田ICの方が近いそうだが渋滞しやすいから。昭和ICへの道は途中まで山の中だけど後は一直線な道なので快適です。

南郷温泉 しゃくなげの湯

  • 住所:群馬県沼田市利根町日影南郷100
  • 電話:0278-20-0011
  • 時間:10:00~21:00
  • 休み:木曜
  • 料金:2時間500円~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦「無もん」

20051016_17 7月に初めてこの近辺へ来たときにwebで探して行ったお店。どんぴしゃお気に入りになりました。

その後友人を連れて一度行き、今回で3回目。家から2時間半はかかるのでこれでも頻度は高い方だな。

沼田方面から国道120号を走ると吹割の滝を過ぎて5分ほど走った左手になる。

20051016_14 「天ぷら蕎麦 1,800円」に「お代わり蕎麦 800円」を・・・2,600円はちと高い。

天ぷらはマイタケ、茄子、インゲン、春菊かな。多分その時々で替わるだろうけど。抹茶塩で頂きます。

さっくり揚がってて気に入っている。

蕎麦はお代わりも一緒に盛られてきた・・・それじゃ単なる大盛りだよなぁ。大盛りと書かず20051016_15にお代わりと書いてあるのだから普通は1枚目が食べ終わった頃に持ってきてくれるのだが、まぁ観光地に近いし、食事時間で混んでいたので仕方が無いか。

細めだけどしっかり噛み応えがあって好きです、ここの蕎麦。

まぁ昼の蕎麦に2,600円は流石に高いので蕎麦のお代わりをしないで天ぷら蕎麦だけにしておけば文句無しかな。

無もん

  • 住所:群馬県沼田市利根町平川1127-51
  • 電話:0278-56-2891
  • 時間:11:00~売り切れ仕舞い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉見物

PICT1809 洞元茶屋から県道水上片品線を走り照葉峡(てるはきょう)から坤六峠(こんろくとうげ)へ。

照葉峡は「関東の奥入瀬」と呼ばれるそうで、道路沿いに川が流れ小さな滝が幾つも。

普段は紅葉の盛りの時期らしくカメラを持った人やハイキングのお年寄りが沢山。でもちょっと早いかな?

そのまま県道を走り段々標高が高くなり峠へ。

坤六峠を越えた辺りからの景色は「わざわざ来た甲斐があったなぁ」と思わせる眺めでした。

PICT1818 道が少し広くなったところで車を停めて撮影し、また少し走っては撮影しを繰り返して尾瀬入口の戸倉経由して国道120号へ。

2005年10月16日の撮影です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洞元茶屋

20051016_02 8時に大宮を出て高速に川越から高速に乗り水上ICへ。そこから下道を1時間弱。

以前に宝川温泉までは来たこと有ったが、その先にも露天風呂の良い宿があると聞き訪れました。

入浴料1,000円を払い、靴をビニール袋に入れて階段を降りる。そこでまたサンダルに履き替えて先ずは旅館の混浴露天風呂「夕立風呂」へ。

ほぼ無色透明だけどうっすら濁っている。お湯はなんか柔らかい感じ、いいねぇ。

視界はそれ程開けていないが広いので開放感は充分。

20051016_07 一度着替えて次に向かったのは川沿いにある男女別露天の「仁王の湯」。

向こうに宿が見えるが開放感一杯、川も近くでσ(^^)の好きなロケーション・・・う~ん、でもお湯が何か物足りない。夕立風呂と源泉が違うのかなぁ?普通の井戸水を涌かしたような感じ。

まだまだ温泉素人なので偉そうに云えませんが、そう感じたって事で。

でも、あと10日もすれば紅葉が綺麗だろうなぁ。そんな中で入れれば文句無しだろうな。

洞元荘

  • 住所:群馬県利根郡みなかみ町藤原字湯の小屋6158
  • 電話:0278-75-2211
  • 時間:8:30~19:00
  • 料金:1,000円

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.10.10

レオノール・フィニ展

DVC00008_M 渋谷のBunkamuraでやっていたのを見損ねたが高崎の「群馬県立近代美術館」に巡回して来たので見に行く。

予備知識は殆ど無し、でもなんか惹かれるなぁくらいで見に行った訳だがなかなか良かった。

絵画意外に衣装とか舞台デザインとか広範囲に活動していたそうだ。

独特な感じの不思議な絵。全ての作品が気に入った訳じゃないがお気に入りも数点。

雨上がりの日曜日の昼。渋谷じゃ満員でゆっくり見られなかっただろうが、こちらではがら空き。σ(^^)のいた時間は2~30人くらいかな?

この後、一路東に向かい足利で「十勝屋」の蕎麦と「地蔵の湯 東葉館」の温泉。そして龍神酒造で「尾瀬の雪どけ」を買って帰りました。

蕎麦・温泉・酒の基本を抑えた1日。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »