« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の14件の記事

2006.08.29

キャナリィロウ【七里】

福島温泉旅行の帰り東北道・岩槻ICで降り夕飯兼清算で立ち寄る。

七里の南に有るイタメシ系の店。決して高級な店じゃなくファミレス感覚で気軽に利用できる。

夜は2人で3,990円のコースがお勧め。前菜バイキング、ドリンクバー、パスタ2種orパスタ+ピザ、デザートのセット。

060827_039 060827_041

060827_043 060827_045

写真はパスタ、ピザ1つずつだが5人だったのでパスタ3つ、ピザ2枚を選ぶ。

店内はきれいだし、接客も良いし、悪くないね。

豊橋が本店のチェーン店らしいが関東ではここと八王子だけらしい。これから増えるのかな?

 【キャナリィロウ 大宮東店】

  • 住所:埼玉県さいたま市見沼区大字新堤字東94-1
  • 電話:048-688-6034
  • 営業時間:11:00~23:30
  • 定休日:無休
  • URL:http://canneryrow.co.jp/index.htm

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.08.28

玉梨とうふ茶屋【金山】

060827_038

早戸温泉を出て只見川をもう少し上流へ。会津川口駅前を左折し八町、玉梨温泉の先に有る豆腐屋さん。山の中だけど人気で県外からも買いに来るし、物産展にも出店すると。
奥会津へ行くなら是非寄ったほうがいいと前回友人に教わり気に入ったので今回も立ち寄り。クーラーボックスが有るので持ち帰りでも良かったけど今回はお店で食べました。
枝豆の豆を使うとかで薄青色の豆腐は濃厚な味。冷奴も生揚げも美味しいです。アイスは要は豆乳アイス、さっぱりしてます。

060827_032_1 060827_033

060827_034 060827_035

店を出て国道400号をひたすら南へ。会津田島を経由して西那須野塩原ICまで約2時間。
会津田島迄の国道400号は途中までアップダウンもカーブもそれ程無く快適な道だけど途中から急に険しく。バイパス工事をしていたけどいつ開通するんだろう?開通すれば凄く便利になるのになぁ。

 【玉梨とうふ茶屋】

  • 住所:福島県大沼郡金山町大字玉梨字居平363
  • 電話:0241-54-2743
  • 時間:8:00~17:00
  • 料金:青ばととうふ525円、とうふアイス525円、ジャンボ生揚げ630円(店内価格)
  • URL:http://aobato.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つるの湯【早戸温泉】

060827_030

昼食後は会津坂下ICを通り越し、只見川沿いのつるの湯@早戸温泉へ。この温泉の存在を知ったのは今年の4月、6月に600kmドライブして日帰り入浴して気に入って再訪。
当然σ(^^)だけが気に入っている訳じゃないので大混雑、夏休みの日曜午後だしなぁ。駐車場も少し上の第二駐車場に停める。
お湯は茶褐色、熱いので冷ましています。お湯も良いけど何より良いのが只見川を望む景色。ゆったりとした川の流れをのんびりと眺めれば浮世の雑事を忘れます。
7月から遊覧船も始めたようで1日約3便、1時間の旅で1,500円、お風呂とセットで1,800円も。乗ってみたかったが時間が無かったので見送り。

060827_028 060827_024
夏の温泉だからアブがいるかと心配したけど殆どいませんでした。
ここは日帰り施設だけど隣に自炊棟が有るので雪景色の頃に泊まってみたいなぁと。

 【早戸温泉 つるの湯】

  • 住所:福島県大沼郡三島町大字早戸字湯の平888
  • 電話:0241-52-3324
  • 時間:9:00~21:00
  • 料金:500円
  • URL:http://www.sakuma-k.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎邑【山都】

060827_019 060827_020

こだわりの蕎麦屋では「当店のそば粉は・・・」とよく書いて有るが、そこによく出てくる産地名に「会津山都産」が有る。そう、喜多方の西に有る「山都地区」はそば粉の有名な産地だそうだ。
ここの特徴は駅から10km以上離れた農家の広間で食べる店が多く、要予約で郷土料理とかとセットで2,500~3,000円が主流だと。全部そうだと敷居が高すぎるので駅の近くに予約不要、単品メニューで注文できる店も。
その中の1軒、「蕎邑」へ行って見る。ちょうど12時過ぎで店内はそこそこの客の入り。
大根おろしの汁で割る「高遠そば大盛り」を注文。蕎麦は細めだけどしっかりコシが有る。そば粉100%と云うがモソモソした感じは有りません。

今度は時間に余裕持って宮古地区や一ノ木地区に有る要予約の蕎麦屋にも行って見たいな。

 【蕎邑(きょうむら)】

  • 住所:福島県喜多方市山都町字中石打場3261-3
  • 電話:0241-38-3344
  • 時間:11:00~15:00
  • 休み:不定
  • 料金:もり735円、ざる840円、高遠そば840円、天ざる1,575円(大盛り+368円)
  • URL:http://www.kyomura.jp/pc/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諸橋美術館【裏磐梯】

060827_011

宿を9時に出て磐梯吾妻レークラインを走って諸橋美術館へ。何でもここはダリの絵画、彫刻の収蔵では世界でも有数だと。
高原の広い敷地にアンティークな建物、そこに展示される絵画や彫刻。ゆったりとした気分で美術に触れるのもいいねぇ。
ホームページに50円引きの割引券が有った。

060827_015 060827_012

 【諸橋美術館】

  • 住所:福島県北塩原村桧原字剣ケ峯1093-23
  • 電話:0241-37-1088
  • 時間:9:30~17:30
  • 料金:950円
  • URL:http://dali.jp/index.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷲倉温泉【食事】

今回は友人5人で2部屋利用だったけど夕飯は部屋食。18時半過ぎに配膳されたけど膳に乗り切らない量です。
左上の皿が空なのは川魚の塩焼きを再度暖めなおしているから。焼き立てをそのまま食べられれば最高だろうけど27室最大135名の宿、土曜の夜に泊まってそれは無理な話。なので部屋で再度暖めなおし、気が利いている。
料理は陶板焼き、天ぷら、お刺身、海老のマヨネ焼き、煮物2皿、酢の物、茶碗蒸し、山菜3点盛り、乾杯用の山ぶどう酒、デザート。
きのこ類の煮物が美味しかったなぁ。

060826_049 060826_047

060826_048 060826_062

朝食は8時から1Fの大広間で。玉子は当然温泉玉子。ヨーグルトが付いてきた。
夕飯、朝食、どちらも美味しかったです。部屋も数年前に建直ししたらしくきれいで温泉良し、食事良し、接客良しでした。(但しこの値段クラスでって範囲内でね、4~5万円する宿と比較しちゃ駄目)

060827_003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷲倉温泉【お風呂】

060826_007 060826_011

早々と15時に今夜の宿、鷲倉温泉にチェックイン。日帰り入浴が15時までなので館内は宿泊客のみ。早いチェックイン客もそれ程居ず、のんびりと湯に浸かれるタイミング。
今回の部屋は「西見晴」って2階の一番西側。畳部は10畳あり3人で寝るので余裕、トイレはウォシュレット、冷蔵庫は抜き差し感知式。

ここの宿は西と東に温泉があり、泉質が違う。東が薄っすら茶色、ほぼ透明の酸性緑ばん泉、西側が青白く白濁の弱硫黄泉。
先ずは宿泊客専用の家族風呂。ここは弱硫黄泉の湯を使用。時間は特に決まっておらず概ね30分以内の利用をお願いしていると。貸切料は無料。
入口の札を「入浴中」に裏返して利用。露天風呂になっていて家族風呂にしては広い・・・広すぎる?10人は楽に入れそう。

060826_018

家族風呂を出てそのまま西側の大浴場へ、内湯と露天風呂が有ります。お湯は先ほどの家族風呂と同じ弱硫黄泉。
男性用露天は道側なので壁が高く景色は一部だけ見えるけど開放感は充分あります。内湯は深さが2段で浅い方は寝湯が出来る。

060826_025 060826_023

ロビーで一休みして東の温泉へ。こちらは飲泉も可との事で湯小屋入口に柄杓が。飲むと酸っぱく蜂蜜無しのレモネードみたい。飲んだらお茶やコーヒーは飲まないようにと注意書きが・・・何がどう悪いのかな?
浴槽は男性用は岩風呂。岩に温泉成分が茶色く付いているけどお湯自体は透明に近い?浴感は柔らかく感じるけどph2.7だとか。

060826_029

8月下旬、東京では30℃前後の日が続くが山の上なので20℃くらい?露天で温まり汗かいたら上がると涼しい風が吹きます。極楽、極楽。

 【鷲倉温泉】

  • 住所:福島県福島市土湯温泉町鷲倉山1番地
  • 電話:0242-64-3224
  • 値段:1泊2食 13,800円(税・サ込み)
  • URL: http://www.f-onsen.com/washikura/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

空の庭【岳温泉】

友人たちと福島へ温泉1泊旅行に行ってきました。宿は鷲倉温泉なので高速を東北道・本宮ICで降り山へ向かう。
途中岳温泉の手前で「空の庭」ってプチホテル兼レストランで昼食。昨年秋に来て雰囲気が気に入ったので再訪。庭ではちょうど結婚式が終わったところ、洒落てていいねぇ。

060826_001 060826_006
注文したメニューは「空の庭ハンバーグ 1,480円」サラダ、パン、スープ、デザート、ドリンクが付きます。お肉がジューシィー、美味しかった。

060826_003 060826_004

060826_005

 【空の庭 自然レストラン】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.20

おお田【川奈】

11時に赤沢日帰り温泉館を出たら前の道は上り方面既に渋滞。まさか東京まで繋がっているわけは無いだろうが一抹の不安が。

国道135号線に見切りを付けて途中から友人から教わった裏道を使い川奈へ。時刻は12時直前、有名な「海女屋 海上亭」は大混雑。第2候補として目星を付けていた「おお田」へ。

060820_042

ここは魚屋さんの経営との事。1Fでは干物とか販売していて食事は2F。駐車場はほぼ一杯だったが手前がテーブル、奥が座敷とそこそこ広く無事座れる。

せっかく伊豆に来たんだからと「刺身膳 1,575円」を注文。お刺身はイカ、サザエなど5点盛り。茶碗蒸し、佃煮、お新香、デザートが付く。因みにご飯はお代り自由、朝食が早かったので遠慮なくお願いする。

あまり伊豆の方に来ていないので相場って云うのがよく判らないがこのボリュームでこの値段ならσ(^^)的には文句なし。

単品メニューも有ったので追加しようかと思ったけど充分でした。

060820_038 060820_039

 【魚処 おお田】

  • 住所:伊東市川奈1225-251
  • 電話:0557-45-2722
  • 時間:11:30~14:30 17:00~21:00
  • 料金:刺身膳1,575円(ご飯お代わり自由)
  • URL:http://www.ito-ohta.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤沢日帰り温泉館【赤沢温泉】

無料露天から北側を見上げると奥のほうに立派な建物が2つ。そのうち左の方が日帰り温泉館。

8時半前に到着したが開館は9時から。折角なので一番乗りを目指す(笑)

9時オープンと共に靴を脱ぎ、予め握っていた料金を券売機へ、今日は男性は3階と。エレベータに1人で乗り込み無事一番乗り、ささやかな達成感←馬鹿。

でも開館時に10人は並んだ人がいたよな。

060820_024

話や写真で知った通りの浴槽の面と水平線が一体となる景色。実際入ってみるとやっぱり感動。施設も綺麗だし、ボディソープやシャンプーなど数種類揃う。ここはDHCの経営って聞くけどそう云うメーカーなの?(無知で済みません)

ドライサウナも海側がガラス張りでこれだけ眺めの良いサウナは無いでしょう。但し暑いのであまりのんびり眺められませんが。

脱衣所はエアコンが効いていてタオル類も完備。なので一度上がって脱衣所の一角に有る喫煙所で一休みして再度温泉へと快適です。値段が高いなぁと最初は躊躇してたけど高いだけの事有りますね。

入浴は3時間までとなっているが厳密なチェックは無いので空いている時期に再度ゆっくり来たいかな。

060820_028 060820_027

060820_030

 【赤沢日帰り温泉館】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤沢露天風呂【赤沢温泉】

伊豆高原と北川温泉の間に赤沢温泉と云う場所が有り、そこに24時間入れる無料の露天風呂が有ると。

混まないようにと宿泊者の朝食時間中に移動。管理されている民宿が見えたので「この辺りだなぁ」とは判ったが温泉の場所が判らない。忙しい時間だし聞きに行くのも気が引けるので海岸に下りて探す。目印の立派な公衆トイレは有るのだが・・・戻って誰かに聞こうとしたら手すりと僅かなスペースが・・・あ、ここだ。

民宿前の駐車場、トイレ手前の脇から行けばよかったんだ。でも駐車場は密漁防止のため17時以降翌朝まで閉鎖と&夏場は海水浴客向けに短時間でも一律1,500円との事。う~む・・・って事で別な場所に停めたが本当に停めてよかった場所か不明だから書かない(笑)

060820_020 060820_018

#写真左の白い車が停まっている裏が通路

で、浴槽ですが狭いです。入って10人以下かなぁ?今回は運良く我々2名での貸切。
目の前は海水浴場なので早い時間からでも泳いでいる家族連れが。手すりの方に行くと丸見えですね。

出ようとしたらお湯がゴボゴボって片隅から沸いてました。常に注がれているわけじゃなく間隔が開いているようです。

管理されている方がしっかりしているのか海水浴場の上でも浴槽の底に砂が堆積してなかったですね。

060820_013 060820_011

 【赤沢露天風呂】

  • 住所:静岡県伊東市赤沢字浮山
  • 電話:0557-54-3813(民宿砂場)
  • 時間:24時間
  • 料金:無料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒根岩風呂【北川温泉】

伊豆には海を眺めながら入れる露天風呂が幾つも有ると。
温泉仲間と「じゃぁ夜中に行って朝日を拝もう」と・・・結局色々有って朝日は止めましたが夏休みの日曜に埼玉から伊豆へ日帰り入浴してきました。

渋滞とか考えると現地に明け方到着し昼食とったら帰宅が望ましいので出発は3時。
6時に伊東の道の駅マリンタウンで合流。そのまま先ずは1湯目「北川温泉・黒根岩風呂」へ。

北川温泉って看板を見かけたら左折しすぐの右側が駐車場。でも10台程度?左側に受付が海を背にして有り、温泉はその脇を下に階段を下りた場所。

060820_001

ここは6:30からなので丁度到着がその時間。待ち構えていた人たちがどやどやと集まり湯に浸かるが7時を過ぎると宿泊客は朝食時間らしく引き上げてゆったりと。

温泉街に宿泊の人は浴衣を着ていけば入浴料は無料、日帰りは600円。

男性用脱衣所は湯船から丸見え。考えようによっては財布とかに目が届くので安心か。浴槽2つ挟んで女性用脱衣所、その向こう1段高くなって浴槽がもう1つ。

ここのキャッチフレーズは「アメリカを見ながら入る野天風呂」、雲がかかっていて今日は見れませんでした(笑)

060820_008 060820_009

 【北川温泉 黒根岩風呂】

  • 住所:静岡県賀茂郡東伊豆町北川温泉
  • 電話:0557-23-3997(北川温泉観光協会)
  • 時間:6:30~9:30、16:00~23:00(金土日祝13:00~)女性専用時間あり
  • 料金:600円(北川温泉宿泊者は無料)
  • URL:http://www.hokkawa-onsen.com/kurone/kurone.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.13

2006年さいたま市花火大会

前日の8月12日(土)開催予定だったが悪天候で翌13日の今日開催。

昨年同様荒川の対岸へ車で移動・・・大宮、北浦和などから臨時バスが出ているそうだが下車後20分歩くそうだし混み具合を考えると主催者には悪いが車で移動が楽だな。

「場所が悪くて行きにくい」って話はやはりあちらこちらから出ているようで来年は場所を街に近い場所へ移動させることを検討しているとか・・・たぶん旧浦和市の競馬場になるんだろうなぁ。

まぁ来年のことはまた後日決まるだろうけど先ずは今年の花火を。

治水橋を渡り信号を左折して川に沿って南下、田んぼのあぜ道に停めました。1時間前の18時に到着したけどそこそこ空きが有りましたね。皆昨日予定していたから都合の付かない人多かったのかな?あまり奥に停めると出られないから手前のほうに。皆さん慣れたもので片側に一列に停めてます。

土手に上がって5分くらい歩いた場所で見たけどなかなか良いロケーション。

Pict0853 Pict0866

Pict0874 Pict0909

Pict0914 Pict0832 

一緒に行った友人が写真を趣味で勉強しているので取りながら色々教わる。昨年よりは少しは上手く撮れたかな?

上手くフレームに収めるのが難しい。レリーズやリモコンが無いからシャッター時の手ぶれも有るし。ま、こんなもので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.12

万座温泉ホテル【万座】

もう一週間近く前になったが8月の6日に万座温泉へ行ってきた。

本当は前の週に行こうと思っていたが天気予報が「降るぞ、雨だ、梅雨明けは8月になってから」と脅かすので延期・・・結局その日に梅雨明けたんだけどね。

混雑を予想して少し早めの7:30に大宮付近を出て254を走り東松山ICから関越道に。碓氷軽井沢IC降りたのは9:30頃。中軽井沢・北軽井沢・万座ハイウェイ経由で11時過ぎの到着、3時間半だなぁ。

目指すは「万座温泉ホテル」。

060806_002

万座は未だ数回しか来ていないが35℃近くと下界が糞暑い時でもここは25度以下。白濁の露天風呂に浸かり暑くなったら湯から上がって涼しい風に当たり休むと理想の状態。

受付をして先ずは眺めがいい「極楽湯」へ。一旦外に出て数十メートル歩きます。

060806_004_1 060806_007

いい眺めだねぇ。眺めだけなら万座プリンスの方がいいかもしれないけど木製の浴槽が気持ちいい。人工物が殆ど目に入らない。

日帰り客は案外多いけど運良く10分ぐらい自分入れて3人くらいの時間帯が有った。景色独り占めは無理だけど空いていると嬉しい。

内湯も浴槽、浴室が木製で雰囲気有ります。内湯から続く露天は狭いけど風に当たるには充分。

060806_013 060806_012

今度は泊まりでゆっくり来たいなぁ。冬はスキーシーズンで混むだろうけど昼間は滑っているから空いているかな?

 【万座温泉ホテル

  • 住所:群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
  • 電話:0279-97-3131
  • 時間:10:00~16:00
  • 料金:1,000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »