« 蕎麦きり さいとう【伊奈中央】 | トップページ | いちご狩り【芳賀いちご園】 »

2007.02.08

PowerShot G7購入

以前から使っていたコニカミノルタの「DiMAGE Z3」が昨年の秋に壊れた。

070205_001
昨年の春に日常携帯用にカシオの「EXILIM EX-Z500」を買ったので日々の画像メモには困らないがマニュアル撮影が効かないのでちょっと難儀。

20070205_05

DiMAGE Z3の購入時にお店で保険をかけていたので40%程度保障が降りたし、店を覗いたら他店では1ヶ月待ちと云われてたキヤノン「PowerShot G7」が1台だけ在庫ありと・・・・買っちゃいました(笑)

070205_000

59,800円+ポイント10%。こっちも保険に入ったりしたけど実際の支払額は3万円程度。

カメラ買い換えの条件として

  • 手ブレ補正機能
  • マニュアル撮影が出来る
  • 10倍程度のズーム
  • SDカード
  • 乾電池駆動

を考えていたので本来は同じキヤノンのPowerShot S3ISが候補なんだけど画像処理エンジンが1つ古いもので今年の春には次機種が出る予感。それを待とうかと思っていたけど確実に出るとも条件が合うとも限らなかったので。

デジタル一眼レフもペンタックスK-100D辺りをちょっと考えたけどこれにシグマの18-200ズーム付けたのを丁度お店にあったので触ったらやっぱり重い。
フィルムの一眼レフカメラは中学生時代から使っていたので良さは判っているし、実際店頭で触って「いいなぁ」って思ったけど昨年夏みたいに全荷物を背負って海外、それも糞暑いアジアを歩くこと考えたら無理。

上記条件の「乾電池」「10倍ズーム」じゃないけど予備バッテリー2つ買ったので数日の旅行なら問題なし。ズームも普段は200万画素程度で撮影しているのでデジタルテレコン機能で同程度の効果が有る様だし。

で、早速撮影テスト、タイで買ったトゥクトゥクの模型を。
左側のDiMAGE Z3はやっぱりピントが合わない。室内ではいつも悩まされた。
右のEXILIM EX-Z500はISO800でこの程度の画像、メモで使うにはまぁ充分。

Z3iso20028 Z500iso800

で、PowerShot G7。先ずはISO100で。トリミングして1倍の画像も付けます。

G7iso0100 G7iso0100a

次はISO400で。トリミングを見るとノイズはまぁ我慢できる範囲。

G7iso0400 G7iso0400a

ISO800で。トリミングを見るとノイズがちょっと増えますね。

G7iso0800 G7iso0800a

通常の最高感度ISO1600。これはもうノイジーな画像。左みたいに縮小してWeb用に使う分には問題ない。

G7iso1600 G7iso1600a

で、最後に撮影モードメニューから選ぶISO3200。ノイジーだけど1600と大差ない?

G7iso3200 G7iso3200a

趣味の写真をしている人からするとISO800以上は実用に耐えないだろうけど等倍で見ないでblog素材用に使うなら3200でも使えそう。

お次は「手ブレ補正機能」の効きを。ISOは全て400で撮影しました。
先ずは1/15で撮影。絞りが2.8でもこの暗さだけど道路の矢印を見れば充分手ブレしてません。

G7iso40015 G7iso40015a

次は1/8で。手ブレ補正機能がないとσ(^^)的にはギリギリの線。暗いけど大丈夫。

G7iso4008 G7iso4008a

さて次は1/4=0.25秒ですね。案外何とかなるか?

G7iso4004 G7iso4004a

ではではと0.5秒で撮影。絶対ぶれると思ったけどこれも何とか許容範囲。

G7iso4002 G7iso4002a

最後に1秒。流石にシャッター押す動きでぶれると思いセルフタイマー機能で撮影。
おぉ、何とかなってます。まさか手持ち撮影で1秒出来るとは。

G7iso4001s G7iso4001sa

そんな訳で素人のσ(^^)からすれば高感度撮影、手ブレ補正は充分合格点です。
普段はオート撮影でもいざと云う時にこれくらい取れれば三脚が無くてもそこそこ夜景も撮れそうだ。

|

« 蕎麦きり さいとう【伊奈中央】 | トップページ | いちご狩り【芳賀いちご園】 »

お買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/13837992

この記事へのトラックバック一覧です: PowerShot G7購入:

« 蕎麦きり さいとう【伊奈中央】 | トップページ | いちご狩り【芳賀いちご園】 »