« 中の湯温泉旅館(宿)【安曇】 | トップページ | 中の湯温泉旅館(食事)【安曇】 »

2008.01.30

中の湯温泉旅館(温泉)【安曇】

<安曇と奥飛騨で雪見露天 その3>>

温泉はロビーの奥に。男女別内湯と内湯から階段を数段降りて行く露天風呂、内湯のみの家族風呂。

内湯は大きめの浴槽が少しぬる目、もう一つちょっとだけ熱めの浴槽の2つ。窓が大きくロビーや部屋からと同じ景色が。

080126_14

バス停付近の表示でマイナス5度くらいなので硫黄の香りする無色透明なお湯に浸かり身体を暖め露天へ。
階段をほんの数段降りるだけだけど寒いのでなかなか大変(笑)でも宿によっては露天が建物から離れていて夜中に一人で行くには勇気の要る温泉も有るので内湯からすぐってのはありがたい。

お湯は内湯の熱めの湯と同じくらいかな?細かな湯の華が舞っている。この湯から雪を頂いた穂高の山々を眺めるのが今回の目的。ちょっと雲がかかってはいるけど絶景を眺められて満足です。
ただ湯に浸かると岩がじゃまで見られません。ちょっと汗をかいて縁に腰掛涼みながらなら見られます。

080126_13

080126_15

あと女性用露天は宿のパンフや案内図、外から眺めた感じでは目隠しで囲まれて眺望は余り期待できない様子。山の中の一軒宿なので勿体無いねぇ。

男湯と女湯の間にある家族風呂は空いていれば何時でも貸切可能。窓を開ければ外の景色は眺められるけど手前の山くらいかな?

080126_26

|

« 中の湯温泉旅館(宿)【安曇】 | トップページ | 中の湯温泉旅館(食事)【安曇】 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/17893141

この記事へのトラックバック一覧です: 中の湯温泉旅館(温泉)【安曇】:

« 中の湯温泉旅館(宿)【安曇】 | トップページ | 中の湯温泉旅館(食事)【安曇】 »