« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の20件の記事

2008.04.28

共同浴場 岩風呂【木賊温泉】

2008奥会津温泉巡り その9

檜枝岐から木賊に抜ける農道が有るそうだが聞けば未だ冬季通行止めと。なので一旦352号線を北上し30分掛けて木賊へ。
山を挟んで西から檜枝岐、木賊温泉、湯ノ花温泉と並んでいる感じで後の2つは山間の鄙びた共同浴場が残ると。

2年前に一度来た川沿いの共同浴場「岩風呂」へ。先客4人程度とそれほど混んでない。

080427_22

浴槽は2つ有って上流側が熱い。なのでσ(^^)は下流側の浴槽へ。

080427_24

湯に浸かると川は見えないけどすぐ横を流れているので上がって休めば目の前に。さっき入った「燧の湯」よりも硫黄臭が強く感じ比べたらこっちの方がお湯は良いかも。ただ混浴だし女性は「燧の湯」の方がいいだろうね。

080427_23

帰りは352号線を走り会津高原の先から121号、400号へ。途中に「前沢曲家集落」って場所が有った。茅葺き民家を保存していると。資料館以外は実際に生活している家屋なので見学は外からだけらしいけど。
以前に1回前を通っているはずだけど気付かなかった。そして今回も時間が無く通過しただけなので次回は寄ってみたい。

木賊から1時間で塩原温泉へ。そしてそこから40分で矢板ICへ。この辺りは何度も通っているので感覚掴みやすい。
東北道は日曜夕方の上りなので佐野以南で渋滞9km20分表示。どうせ久喜で降りる予定だったので佐野で降りて下道にしたけど加須の手前で東北道を陸橋で越えたら未だ渋滞していた・・・本当に9km20分か?(笑)

結局2日間計で730kmの走行。ただ渋滞は無いし緩やかなカーブなので走りやすくてドライブとしても燃費の面でも良かったな。

【木賊温泉 岩風呂】
住所:福島県南会津郡南会津町宮里字湯坂
電話:0241-78-2546(南会津町舘岩観光協会)
時間:24時間
休み:-
料金:200円以上
URL:

| | コメント (3) | トラックバック (0)

公衆浴場 燧の湯【檜枝岐温泉】

2008奥会津温泉巡り その8

檜枝岐には「アルザ尾瀬の郷」ってプール付きの施設の他に公衆浴場として「駒の湯」と「燧の湯」が有ると。
時間も無いし、1ヶ所何処か寄ろうと云うことで前に来たことのある友人の薦めで「燧の湯」に。
入浴料は600円、宿泊者や地元の人はもう少し割安な料金なんだろうけど只見川沿いの共同浴場が100~200円だったので高く感じる(笑)でも施設はその値段以上の差があるかな?奇麗な日帰り施設って感じです。

080427_20

大きめの内湯は檜が縁に配してあり柔らかい。一段下がった露天からは残雪残る山々が見え、ちょっと乗り出すと下に流れる川も見えます・・・ですぐ脇の橋からも丸見えに。なので男女は交代制じゃない模様。

080427_21

お湯は無色透明ながら硫黄の臭いもして悪くない。山間の共同浴場のイメージで行くと大違いなのは尾瀬と云う観光地の基地だからからか。

【公衆浴場 燧(ひうち)の湯】
住所:福島県南会津郡檜枝岐村字上ノ台208-1
電話:0241-75-2234
時間:冬季(11月~4月):9:00~21:00、夏季:6:00~21:00
休み:火曜午前
料金:600円
URL:http://www.oze-hinoemata.net/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁ちそば本家六代目 まる家【桧枝岐】

2008奥会津温泉巡り その7

国道400号の舟鼻峠は未だ冬季通行止めだと。なので湯倉温泉から大塩温泉の前を通って只見経由で。

只見川、只見線、只見ダム。地名としての「只見」は良く耳にするけど実際に行くとなるとなかなか大変な場所にある。
新潟へ抜ける国道252号線もつい数日前に冬季通行止めが解除されたばかりだけど小出ICからも会津坂下ICからも1時間以上はかかる町。そして只見駅を通る鉄道は1日3往復。
東京からの直線距離は200km無いが行きにくさはなかなかの場所。

一旦駅に寄って周りを見渡すが日曜の昼だけど人も殆ど歩いていない。除雪した雪が道路脇に壁になっているけど桜もやっと咲き始め。雪と桜が同時に有るんだね。

080427_14

080427_15

080427_16

只見から国道289号線、401号線、352号線を南下。こんな機会だからと檜枝岐を目指す。
会津坂下から只見川沿いの252号線もそうだったが山の合間を縫う道にしては案外走りやすい。峠を越えないからアップダウンも急なカーブも無いからだな。只見から約1時間で檜枝岐の集落に到着。尾瀬の入口と有って道路は問題ないけど雪がだいぶ残っている。

13時半過ぎなので先ずは昼食。この辺りは「裁ちそば」って十割のそば粉を何度も延ばすことなく切って茹でると。道路から少し高くなった場所に幟が出ていた「まる家」へ。隣は同じ名前の旅館です。

080427_17

もう一つ名物に「はっとう」ってそば粉と餅米で作ったきな粉餅のようなモノも有り、裁ちそばとはっとうの付いた「天もり定食 1,800円」を。

080427_19

「はっとう」は昔見回りの役人に出したら「旨すぎる」と御法度になったことが由来とか。きな粉餅の様と書いたけどまぁそんな感じ・・・昔は役人も対して旨いモノ食べてなかったんだなぁ(笑)

080427_18

蕎麦は伸ばす作業が少ないので切れやすいと云うけどそれ程でもなく普通に。コシはそれ程無いかな?昨日の昼も十割蕎麦だったけど有る意味対照的。

天ぷらは山菜と岩魚の天ぷら。この時期に山へ来たならこう云うのがいいねぇ。蕗味噌と葉唐辛子の漬物が付きました。

ただ残念なのは店の入口に土産用にと乾麺とか何種類も売っているんだけど裏面表示を見ればどれも原材料表示が小麦粉、蕎麦粉の順。店で食べる蕎麦は違うんだろうけど十割蕎麦を売りにしているなら置く土産も十割の乾麺は無理としても蕎麦粉が先に来る物を置いて欲しいなぁ。

【裁ちそば本家六代目 まる家】
住所:南会津郡檜枝岐村居平638
電話:0241-75-2025
時間:10:00~18:00
休み:11月下旬~4月下旬
料金:もりそば940円、天もり定食 1,800円
URL:http://www.naf.co.jp/maruyashinkan/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯倉共同浴場【湯倉温泉】

2008奥会津温泉巡り その6

大塩から一旦戻る感じで10分ほど、対岸に湯小屋が見えたら橋を渡って湯倉温泉へ。湯小屋なんて普通は判断しにくいけどここは排出される温泉が真っ赤に染めているので判りやすい。

080427_10

鶴亀荘の脇を通ってすぐその先に有ります。話に聞いていたけど泉温が高いのでタオルで調整と。暫く誰も入ってなかったのか、タオル調整外れてたのでちょっと熱い。ホースで水を入れることも出来るみたいだけど我慢すれば何とか。
温泉の注ぎ込みを絞ればぬるくなるんだろうけど、そうするとお湯がなまって劣化すると。う~ん、なかなか難しいねぇ。

080427_11

080427_12

窓が大きく湯から上がって景色を見れば悪くない。

080427_13

【湯倉温泉共同浴場】
住所:福島県大沼郡金山町本名湯倉温泉
電話:金山町役場 (0241-54-5111)
時間:7:00~22:00
休み:-
料金:100円以上
URL:-

しかし只見川沿いを走る只見線のからの車窓はさぞかし気持ちいいだろうなぁと思わせる。一度通しで乗ってみたいが4時間かかる上に途中下車すると次が数時間待ちになるからねぇ。
今回は宿泊で時間に余裕有ったので数枚撮影してみた。

080427_26

080427_25

080427_27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節限定露天と炭酸井戸【大塩温泉】

2008奥会津温泉巡り その5

年に一度、雪解けの頃に沸く温泉。今年で3回目だけど昨年は雪が少なかったからか湯が出ずに入れなかった。今年も4月18日に入れるようになったと。

大塩温泉の共同浴場の隣、民宿たつみ荘で管理されていると。なので入る人は民宿に声を掛けて入る。

080427_05

たつみ荘

080427_06

すぐ横の大塩共同浴場

10時過ぎくらいに到着すると宿の駐車場も共同浴場の駐車場もほぼ満車。宿の前ではたつみ荘のご主人と入浴客が立ち話、その数10数名。
温泉は宿泊した人が入っている最中なのでもう少し待つようにと云われたがすぐにOKに。ただここにいる人が全員入ったらさすがに狭いなぁ、どうしようかと思ったけど実際は入り終わった人がいて計6名。

浴槽内から自噴するぬるめのお湯、景色を眺めればゆったりとした只見川。温泉好きが押し掛けるので土日だとゆっくり浸かるって感じではなく一つのイベントとなってしまうけど知らない人同士で温泉談義するのも面白い。

080427_04

温泉から車なら1分程度か。昨年も寄った炭酸井戸へ。隣はこの水を詰める「会津心水」の工場が有るので目印に。

080427_09

天然炭酸水は1年中沸いているらしいけど水位の問題とか有ってこの時期がベストなのかな?冬は雪で行けそうにないし。

紐の付いたやかんを入れて汲みます。昨年飲んで美味しかったので今年もカルピス持参、こんな贅沢なカルピスソーダは無いぞ(笑)

これでウィスキーのソーダ割り作っても良いだろうねぇ。

080427_08

080427_07

【たつみ荘】
住所:福島県大沼郡金山町大字大塩字休場2106-2
電話:0241-56-4158
時間:-
休み:-
料金:宿泊4,000円~
URL:http://www.okuaizude.net/fukushima/okuaizu/inninfo/RHFA211/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つるの湯 自炊棟【早戸温泉】

2008奥会津温泉巡り その4

1年半前の秋に宿泊したつるの湯の自炊棟、湯治とかがメインだけど1泊でもOKと。お湯の良さも良いけど只見川を眺める景色が気に入って今回も宿泊です。

国道から看板に従って坂を下り手前に自炊棟、その下に日帰りの本館が有ります。本館は数年前に立て替えたばかりで大変奇麗。駐車場の有る場所は3Fでエレベータで1Fに降りると受付が。
自炊棟もここで受付します。車は自炊棟の前に停めるので荷物搬入には問題なし。

080427_29

左が自炊棟、右が日帰りの本館

080427_02

自炊棟

σ(^^)は他の自炊施設に泊まったこと無いので常識なのかも知れないけど浴衣、歯ブラシは有りません。前回泊まったときのblogを自分で読み直しても書いてなかったから今回は備忘録を兼ねて。

[部屋にあるモノ]
・布団、シーツ、枕、枕カバー
・TV
・冷蔵庫
・暖房
・金庫
・テーブル、椅子
・ハンガー

080426_24

080426_25

[一般の旅館にはあるけど自炊棟にないモノ]
・浴衣
・歯磨きセット
・タオル
・お茶セット(炊事場にはある)

[炊事場]
・有料ガスコンロ(10円/10分、6時~19時半)が4つ
・炊飯器は各部屋専用が有る
・電子レンジ、オーブントースターは各1
・鍋、ざる、やかん、フライパンはそれなりにあるがサイズや数に限り有り
・箸、コップ、茶碗、お椀、皿も数に限り有るが先ず問題なし

080426_26

080426_28

080426_27

080426_29

080426_30

[その他]
・チェックインは15時から、アウトは10時まで
・温泉は本館(日帰り棟)が9時~21時、自炊棟の内湯が5時~21時
・本館は自炊棟に宿泊していればチェックイン前、後共に12時までは料金内
・トイレ、洗面は廊下端の共同でウォシュレット有り

080426_31

本館の露天からの眺め

080427_01

自炊棟の内湯

部屋は簡素ながら清潔で問題なしです。今回は調達した馬刺、豆腐以外に豚汁、枝豆(冷凍)、漬物が酒肴&朝食のおかずの全て、シンプルイズベスト。ご飯はレンジで暖める真空パックが楽でいいや。
炊事場で豚汁を作っていたら別な宿泊者から「作りすぎたのでどうぞ」と野菜とイカの炒め物を貰った。人情味有っていいね。

080426_32

080426_33

080426_34

桜が丁度見頃だけど対岸には咲いてないので露天からだと余り見えない。女性用露天からなら脇の桜が見えたかな?

080427_28

080426_35

080427_00

前回もそうだがあちこち廻って夕方チェックイン、夕飯作って夕飯兼ねて飲酒し翌日も早々に出発するとお湯に浸かれる機会はチェックイン時、早朝、朝食後チェックアウト前と余りチャンスはない。飲まなければ夕食後に入れるんだけどね(笑)

あと三島町の温泉に割引で入れる「温泉桐手形」ってのを販売していた。宿泊者が買える手形とそれ以外の人用と2種類有って500円と1,000円と。期限は半年かな?
割引内容は
宮下温泉
・ふるさと荘 420円→300円
・桐の湯 420円→300円
・栄光館 500円→400円
・ひだまり 420円→300円
早戸温泉
・つるの湯 500円→400円
・竹のや旅館 400円→300円
で、手形1枚で2名まで有効、その他食堂とかでもサービスが受けられると書いてあるが詳細が全く不明。観光協会のページにも特に書いて無いしなぁ・・・まぁ記念に買ったようなもので半年以内に行けるとは思ってないけど。

080426_23

080428_00_2

【つるの湯】
住所:福島県大沼郡三島町大字早戸字湯ノ平888
電話:0241-52-3324
時間:9:00~21:00
休み:無休
料金:500円/2時間、宿泊は3,825円
URL:http://www.sakuma-k.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉梨とうふ茶屋と共同浴場2湯【玉梨温泉】

2008奥会津温泉巡り その3

自炊の肴調達、馬刺の次は冷奴、玉梨とうふ茶屋へ。会津坂下から只見川沿いに走り今夜の宿の早戸温泉の10分ほど先、会津川口から南へ更に10分。

080426_16

青ばと豆腐ってちょっと高いけど濃厚な豆腐が美味しいので調達。ついでにおからドーナツも。

080426_17

080427_03

【玉梨とうふ茶屋】
住所:福島県大沼郡金山町玉梨363
電話:0241-54-2743
時間:8:00~17:00
休み:?
料金:青ばと豆腐367円、おからドーナツ5ヶ785円
URL:http://aobato.jp/

Webサイトを見たら都内の荻窪に直売店を出したと。後日丁度荻窪へ行く機会があったので寄ってみた。今までも催事とか移動販売で買えたけど常設でおからドーナツが買えるのは嬉しいかな?

080430_00

【雪花菜ドーナツ東京直売所】
住所:東京都杉並区上荻1-6-4
電話:03-3220-1072
時間:11:30~19:30
休み:?
料金:ドーナツ160円(豆腐類は木曜に限定販売)

         **************************************

酒肴調達も終わって一息、温泉へ。
会津川口へ戻る途中、玉梨温泉「恵比寿屋」並びの「八町共同浴場」へ。昨年恵比寿屋に宿泊した際に雰囲気が良かったので再訪。

080426_19

夕方なので地元の人が入浴していたから一言断ってお邪魔する。ちょっと熱めのお湯、これでも今日はぬるいそうだ。
鄙びの雰囲気だけど「洪水で流されて新しく直したんだ」って・・・何十年前の話だろう?

080426_18

【八町温泉共同浴場】
住所:福島県大沼郡金山町玉梨居平619
電話:金山町役場 (0241-54-5111)
時間:24時間
休み:無休
料金:100円以上
URL:

         **************************************

16時近くになったので会津川口駅近くの「玉縄の湯」へ。ここは週4日、夕方のみの営業と。

080426_22

訪問すると丁度湯が溜まったところなので一番に入れて貰う。ただσ(^^)を含めて県外ナンバーの車ばかりがやってくるので共同浴場なのに部外者ばかりで申し訳なく感じ早々に退散。ぬるめの湯なのでもう少し浸かっていたかったけど。

080426_20

この日はポンプの調子が悪いとかで女湯は閉鎖し混浴とのこと。詳しくは聞かなかったけどこの日だけなのか暫くそうなのか不明。
維持や修理の金額を考えると大変だなぁと思う。そういう意味では部外者でも僅かな協力金を払って維持費の足しになった方が良いのか?

湯小屋を出て目の前の川から眺める景色。のんびりしていいなぁ。

080426_21

【川口温泉玉縄の湯】
住所:福島県大沼郡金山町川口上岩下1342
電話:金山町役場 (0241-54-5111)
時間:16:00~20:00
休み:月、水、金
料金:200円以上
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂下ドライブイン堀商店【会津坂下】

2008奥会津温泉巡り その2

今夜は自炊の宿に泊まる。なので食材調達をしておこうと。そんな酒の肴にピッタリなのが会津坂下の馬刺。
会津では馬刺文化があると聞いていたけど買える店を探すと坂下の数軒くらいしか情報がない。その内の1軒がここ、国道49号線沿い、町の中にある坂下ドライブイン。隣に食堂を併設しそこでも馬肉料理が食べられるとか。

080426_09

080426_10

レジ奥に大きな鍋がありそこで馬肉の煮込みがグツグツと。ご自由にお食べ下さいと有るので遠慮せずに(笑)

080426_12

080426_11

080426_13

肉は赤身と霜降りと。量は違うけど各パック1,050円。原産表示によると霜降りはカナダ産で赤身は国産とのこと。近くに専用の牧場があるわけじゃないのかな?

080426_14

会津は赤身が基本と聞いていたけど食べ比べても赤身の方が美味しく感じた。脂が有れば上って訳じゃないよね。
辛くニンニクと唐辛子が効いた味噌を醤油に溶いて食べると。東松山のもつ焼きに付ける味噌と基本は一緒みたいだけどこちらの方が辛い。

サービスで食べた煮込みもパックで販売してた。

080426_15

【坂下ドライブイン】
住所:福島県河沼郡会津坂下町字古町川尻446
電話:0242-83-3027
時間:11:00~21:00
休み:元旦
料金:馬刺し100g525円、煮込み250円他
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水車【会津坂下】

2008奥会津温泉巡り その1

学生時代の友人達と奥会津の温泉巡りへ。1年半前に泊まった早戸温泉つるの湯で自炊をして大塩の季節限定露天へ浸かれればいいなぁって企画。

東北道から磐越道を走り新鶴PAのスマートICで降りる。つい先日ニュースで自治体職員が水増し利用して常設化させたと話題になったIC。そうでもしないと利用者がいないだろうなぁと思わせる何もない場所で降りて北へ数分、会津坂下の町へ。
そのまま町を突っ切り広瀬小学校手前を右折して少し、町外れの沼越って場所に有る蕎麦屋が今日の昼の目的地。

080426_01

店の前の駐車場は2台程度か?民家そのもので暖簾が出てないと蕎麦屋って判りません。店は集落の外れにあり反対側を眺めればこんな景色。

080426_02

座敷に4人掛けテーブルが6つ、話を聞いていると常連さんが多い感じです。メニューは少なくざるそばか天ざるか。席に着くと蕎麦茶と揚げ蕎麦が。

080426_03

080426_00

天ざる、何も考えずに大盛りを注文。

080426_04

天ぷらは店主が採ってきた山菜類で日替わりらしい。この日はコシアブラ、タラの芽、コゴミ、ドホ、薬用人参、舞茸。抹茶塩でいただきます。

080426_06

蕎麦はざるとは別に椀に冷水と蕎麦数本を浮かべて水蕎麦で先ずは食べて欲しいと。細く白い蕎麦は十割とのこと。細いのにコシがあります。

080426_05

しかしここの大盛り、なかなか手強い。食べきれないような量じゃないけど普通の蕎麦屋の大盛りより確実に多いです(笑)

080426_07

食後にそばがきがサービスで。これは忙しいと出せないそうで今回は運が良かったなぁ。

080426_08

【水車(くるまや)】
住所:福島県河沼郡会津坂下町大字沼越字村西494
電話:0242-83-4874
時間:11:30~14:00(日祝11:30~15:00)
休み:火曜
料金:ざるそば750円、天ざる大盛り1,580円
URL:http://www15.ocn.ne.jp/~soba/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.20

芝ざくら公園【市貝町】

「芝ざくら」って聞くと関東では秩父の羊山公園が有名でシーズンは町中大混雑と。そして最近もう1ヶ所人気になっているのがこちら市貝町の「芝ざくら公園」だと。
盆地の秩父に比べて道路は沢山有るけどこちらもシーズンには渋滞するって。駐車場も第一駐車場がすぐに満杯になるから1km程離れた第二駐車場からシャトルバスが出ると。

なので混雑する昼間を外して夕方行ってきました。16時半に到着したので第一駐車場にすんなりと。日も長くなったのでまだまだ充分明るい。但し日が傾きはじめて見上げる方向だと逆光状態。なので先ずは見下ろす方向で。

080420_14

秩父もそうだけど新たな観光名所にしようとボランティアが努力したらしい。本州最大2.2ヘクタールだとか。
確かに奇麗だねぇ。歩けば一周20分もしないけど花を眺めながらのんびりと。

080420_10

080420_13

080420_12

080420_11

駐車場脇には出店も出ていたけど夕方なのでそろそろ店じまいの最中・・・これは何?とまとラーメン、とまとうどん、とまと焼きそば・・・奇麗な花には寄食が似合う?(笑)
因みに4食入り1,000円・・・買わなかったけど。

080420_15

【芝ざくら公園】
住所:栃木県芳賀郡市貝町見上614-1
電話:0285-68-1118
時間:24時間
休み:無休
料金:無料(駐車場は300円)
URL:http://www.town.ichikai.tochigi.jp/toshisyoukou/sibazakura.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青葉の湯【塩原】

平野では既に咲き終わった桜も塩原では丁度見頃後半。

080420_07

080420_06

暫く桜を眺めて巨大な足湯施設「湯っ歩の里」に車を停めます。

080420_09

10分ほど歩き「清琴楼」の先で立派なつり橋を渡ると共同浴場の一つ「青葉の湯」に。

080420_08

入浴料は入口の筒に入れます。

080420_23

塩原に何度も通っていた頃には台風か何かで破壊されは入れなかった施設。なので初めての入浴。
福渡の岩の湯、不動の湯は有名なので常に混んでいるけどここは駐車場から遠いからか余り人が居ないと。今回もσ(^^)1人で暫く貸切状態。

080420_24

吊り橋から丸見えの立地だけどハイカーのシーズンでは無いのか人通りも無く落ち着ける。
無色透明なお湯だけど泡付きも少し有りツルスベ感も。元湯や新湯みたいな判り易いガツンと来るお湯じゃないけど毎日入るのならこういうお湯の方がいいんだろうね。

【青葉の湯】
住所:栃木県那須塩原市下塩原畑下
電話:無し
時間:~21:00
休み:無休・・・の筈
料金:200円
URL:http://spa-tochigi.cocolog-nifty.com/onsen/2005/07/post_a3e3.html

帰りは「湯っ歩の里」から関谷経由で泉交差点まで走ったが30分かかった。新湯と湯っ歩の里の距離を考えると八方ヶ原経由もそれ程の遠回りじゃないんだなぁ・・・山道だけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

延四郎【塩原】

大出館を出て10分ほど、国道400号に出たら左折してすぐの左。塩原には余り来なくなったけど来ると食事はここがお気に入り。
店内のほかに川沿いのテラス席があります。湯上りでポカポカしてたのでテラスで食べたけど未だちと寒い。

080420_21

頼んだメニューは「天ざる 大盛り 1,500円」。大きなざるにざるそばと野菜の天ぷらが9つくらいかな。山の中なんだから海老天より野菜天の方が嬉しいね。

蕎麦は黒くてホシの入った蕎麦。素朴な感じで気に入ってます。

080420_22

【延四郎(のぶしろう)】
住所:栃木県那須塩原市上塩原691-1
電話:0287-32-3028
時間:11:00~15:00or売切仕舞
休み:不定期
料金:天ざる大盛り1,500円
URL:http://shiobara.shokokai-tochigi.or.jp/kigyo/data/089-nobusiro/nobusiro.htm
もう少し詳しくはこちらに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大出館【塩原・元湯】

人から「一番好きな温泉地は何処か?」と聞かれたらσ(^^)は「塩原」と答えると思う。2003年の4月にたまたま友人と塩原に来て、この元湯の大出館に浸かり急に目覚めちゃったんだから(笑)

新湯からまたクネクネした道を10分ほど走り元湯「大出館」に到着。最近は2003年に湯巡り手形を制覇するために塩原は何度も通ったけどこの数年は殆ど来ていない。特に元湯は久しぶり。

030426_00

先ずは「墨の湯」へ。本当に真っ黒なお湯です。透明度は数センチ?タオルなんか付けたら真っ黒確実。

080420_17

この浴槽は混浴で以前は女性入浴時間は宿泊者だけの時間だったと思ったけど昼間も設けられた様子。入ってしまえば見えないと云ってもその前が大変だろうから女性はこの時間を狙って行くべきですね。

080420_18

一旦着替えてから露天へ。高台の上に有るので下の旅館を見下ろす展望露天風呂。今日は灰緑色のお湯で若干ぬるめ。σ(^^)が温泉に目覚めたのは墨湯じゃ無くてこっちの方だったりする。

久しぶりなのでのんびりと1時間くらい。っやっぱりいいねぇ。

080420_19

【大出館】
住所:栃木県那須塩原市湯本塩原102
電話:0287-32-2438
時間:10:00~14:00
休み:無休
料金:600円
URL:http://www.naf.co.jp/ooidekan/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大沼園地【塩原】

塩原温泉街から少し南に入った所に「大沼園地」って場所があって丁度水芭蕉が見頃と。矢板から八方ヶ原を抜けて行けるらしいので行って見た。
矢板ICを降りて県道30号を北に。「泉」って信号を左折しクネクネした県道56号を。そろそろ新緑が奇麗かなぁと思ったけど上は未だ枯れ枝ばかり。
途中学校平に「山の駅たかはら」って有ったのでトイレ休憩でもしようとしたら施設は閉まっているしトイレも冬季は使用不可と・・・やっぱりここは4月でも冬なんだね。

そのまま走り、途中「野地湯沢」って場所で地図に乗ってないけど新湯へ曲がる標識に従って左折。

080420_16

5分ほど走ると看板が有るので右へ。
水芭蕉の群生地は駐車場から徒歩3分程度。熊に注意の看板を見ながら歩きます。本当に一角だけ咲いていました。

080420_01

080420_02

大沼は木道を歩いて7~8分かな?葦の茂る沼地を進むと景色が開けます。

080420_03

080420_04

振り返れば「富士山」が・・・日本一高い山そっくりですね・・・って事はこれが火山なのかな?

080420_05

大沼から5分も走れば日塩もみじラインの料金所手前に。右折すればすぐに新湯。矢板ICから寄り道しなければ新湯まで55分。片側1車線ちゃんと有るのですれ違いも問題無いし全線舗装されてます。但しアップダウンとカーブがきついので車酔いする人がいたら止めた方が無難かも(笑)

【大沼園地】
住所:栃木県那須塩原市
電話:0287-32-3050(塩原温泉ビジターセンター)
時間:24時間
休み:無休
料金:無料
URL:http://www4.ocn.ne.jp/~siobara/arayu/walk/ohnuma.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.14

湯めみの丘【甲斐市】

みたまの湯から今度は北西へ。なんかジグザクに甲府盆地を移動しているなぁ。
でも30分程度で双葉JCT付近に到着。そのまま温泉でも良かったけど少し時間に余裕があるので昨年夏に行った「シャトレーゼ ベルフォーレワイナリー」へ。
昨年は運転手だったから試飲できなかったけど今日は別な人が運転なので心おきなく・・・いや、申し訳ない(笑)

080413_26

080413_27

080413_24

080413_25

【シャトレーゼ ベルフォーレワイナリー】
住所:山梨県甲斐市下今井1954
電話:0551-28-4451
時間:9:00~16:30
休み:年末年始
料金:無料
URL:http://www.wine.or.jp/belle-foret/

湯めみの丘はワイナリーから車で5分程度。
外観は小綺麗だけど中は多少古いかな?まぁ最近のスーパー銭湯に比べての話で。

080413_07

ここの露天も眺めが良いって話だけど近隣に家もあり丘と云っても多少高いだけなので絶景までいかない。
高速の双葉JCTや中央線を走る電車が見えるけど晴れていれば男湯からは富士山が見えると。

080413_08

ただお湯は無色透明ながらほのかに硫黄のような臭いもするし泡付きが「おぉっ」って云うくらい有るので悪くない。

【湯めみの丘】
住所:山梨県甲斐市下今井2361-11
電話:0551-28-2500
時間:10:00~22:00
休み:無休
料金:700円
URL:http://www.geocities.jp/kaiyumemionsen/

帰りはやはり車で5分程度の双葉SAのスマートインターから中央道へ。このインターは片側だけで東京方面から降りるか東京へ帰るときにしか使えないけどちょっと整備すれば両方出来そうなのになぁ。

行きは快適だった中央道だけど前日大渋滞して下った人が居ると云うことは・・・日曜上りはやはり大渋滞(笑)
17時に甲府過ぎた辺りで「小仏先頭で20km、八王子ICまで2時間」との表示・・・う~む・・・って事で大月JCTから南下して都留ICへ。ここで降りて県道35号(秋山街道)で渋滞回避を選択。

ただこの道はクネクネしているので運転慣れてないと厳しいか?昨年も通ったけどね。でも東京では既に散った桜が山なので未だ咲いているし結果的に時間は変わらなくても渋滞2時間の中でイライラしているより精神的には楽かな?

本気で渋滞回避を狙うならそのまま橋本まで行き中央道は八王子ICから乗るんだろうけど渋滞の先頭は小仏TNだし今回は相模湖ICまで。
でも八王子IC通過は18時40分だったから20分程度は短縮したか?

高井戸から環八に降りて西荻窪へ。
夕飯は車を置いて西荻窪駅南口の細い路地にある「ハンサム食堂」へ。前回すぐ側の店で食べて「あ、ここいいなぁ」って思った店だけど昭和レトロな店内で頂く料理はタイ料理。このミスマッチさがなんとも。
ソムタム、パッタイ、トムヤムクンなど適当にあれこれ食べて2~3杯飲み2,500円/人。

080413_09

080413_13

詳しくはこちらに別記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みたまの湯【市川三郷】

釈迦堂PAで桃の花を眺めたし、先ずはお昼にと石和の「奥藤川田分店」へ。σ(^^)は名物の「鳥もつそば定食」を。
鳥もつは濃いめの味付けで蕎麦と合うか微妙だけど山梨では蕎麦屋の定番だと。そしてそば定食はそばお代わり自由と・・・まぁ1枚が2~3口だけどね。

080413_00

詳しくはこちらに別記

食後は南西に向け走り甲府南IC近くを通って「みたまの湯」へ。
眺めが良いと聞いて決めた行き先だけど桃畑の中を通って行くので気分がよいし、別棟の農産物直売所とか館内の食堂とかも良いらしい。

080413_22

080413_23

080413_05

で、お湯も紅茶のような透明な茶色でこれで混んでなければ非の打ち所がない(笑)

薄日が射す程度の天気だけど遠くの山は霞んでます。山梨で眺望露天というと「ほったらかし温泉」が有名だけど街までの距離が近いので夜景はこっちの方がきれいかも。

080413_06

【みたまの湯】
住所:山梨県西八代郡市川三郷町大塚2608
電話:055-272-2641
時間:10:00~23:00
休み:無休
料金:750円
URL:http://www.mitamanoyu.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山梨で桃の花を【勝沼】

昨年初めて行って「奇麗だねぇ」と感激した甲府盆地の桃の花。今年も温泉仲間と行ってきました。
日曜の8時半に荻窪を出発し調布ICから中央道へ。前日の土曜は朝の下り渋滞が激しかったが今日はスイスイ。天気も余り良くないからか。
なので10時には釈迦堂パーキングエリアに到着。駐車スペースはさすがに一杯だけど5分ほどで上手く空いたので停める。

何でこのパーキングエリアに来たかと云えば人間だけ階段を上がって「釈迦堂遺跡博物館」へ行ける仕組みになっていて、その横に桃畑が有るから。

山の中腹にあるから甲府盆地を眺めればピンクの絨毯が。

080413_29

桃園は満開の少しだけ手前状態。近寄れば未だ蕾が見えるけどほぼ満開?
菜の花が咲いている区画もあってピンクと黄色は桜よりも色が濃い分艶やかだね。

080413_18

080413_19

080413_20

080413_21

30分くらい眺めてパーキングを後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.06

大宮公園でお花見オフ会

毎年恒例のお花見オフを今年も無事開催。今は無き@niftyの埼玉ファーラム時代からだからもう10年位か?
最盛期は30人近く集まった気がするが、メンバーも散り散りになり今年は11人。でも普段殆ど連絡取れて無い人でもなんとか集まってくれるんだからありがたい。

不安だった桜も無事持ちました。葉も出始めて花を愛でるだけなら先週の方が良かったけど気温が温かく風もそれ程無かったので宴会するなら今日の方が良かったかな?

080406_05

殆ど無風でも時々風が吹くと花びらが舞い、10時の宴会開始時と16時の撤収時では見た目がそれなりに違う程度の散り方。明日は雨って云うし、この辺りは今年はこれでお仕舞かな?

σ(^^)が今回準備したオードブル皿。冷凍食品の唐揚げ、茹でるだけのウィンナ、カニカマと竹輪、スモークチーズ。

080406_00

昨年より一層パワーダウン(笑)↓が昨年の皿。

070401_00

だけど皆さんもσ(^^)の手抜き状態を良く御存知で色々差し入れしてくれる。写真以外にも未だあれこれ。有り難い事です。

080406_01

080406_03

080406_04

公園内は結界が多く宴会スペースが減ったと書いたけど多くの人は先週やったのか今日は2畳程度のシートなら最後まで何処でも敷ける状態だったな。

080406_02

昼前から酒を飲んでたので泥酔者は2名ほど。σ(^^)の部屋で2時間くらい休み18時過ぎに解散。残った有志で清河寺温泉へ。
露天の端に桜の木が1本有ったなぁ。あと借景の竹林の先に何か建物が建つそうです。あの景色は人気なので露天から10m程は竹林を温泉が確保したと。既に工事が始まっていて多少奥行きが減ったけど一安心。

また来年もお花見しようね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.04.02

【業務連絡】4/6の大宮公園の花見

<お花見に参加表明した人だけお読み下さい>

本日現在、大宮公園では未だお花見出来る状況で奇麗に咲いております。

雨にも耐え、風にも耐えた桜ですが散るときは一気に散るモノ。6日(日)には花が落ちて葉が出る前の単なる枯れ木と変わらない危険性もあります。まぁ飲めれば良いですよね、飲めれば。

・・・ここで1つのニュース記事を紹介しましょう。

http://www.f7.dion.ne.jp/~moorend/news/2006010201.html

つまり「大宮に一日滞在することで得られた友情こそが何よりの花見であり、宴会である」と云う事ですね、いやぁ含蓄有るなぁ(笑)

お花見の統一テーマとして「いま甦る闇蛸の知恵と技術、あなたのおにぎりは大丈夫?」を考えついたんだけど今でも10人弱の参加者がもっと減る様な真似は得策ではないよねぇ・・・統一しなきゃいいかな?

天気は毎回騙されている・・・元へお世話になっている気象庁2日17時現在の予想では「晴れのち曇り 降水確率20%、最高気温21℃」と屋外宴会するには絶好の予想です。

県内でも北の方に行けば丁度満開の場所も有りますが、場所取りや死体置き場確保などの問題有りますし一応大宮公園の予定です。肉も焼きそばも焼かないバーベキューと思えば気も楽かなぁ?・・・テントのないキャンプと同じ?
花もなく閑散とした公園で「けっ、どうせ俺らにゃお似合いさっ!」と捨て科白吐くのも乙なモノでしょう。

そんな事で参加者は10時に東武野田線北大宮駅改札口へお越し下さい。

参加希望者はこちらに表明するかσ(^^)宛にメール等お願いします。

| | コメント (2)

2008.04.01

大宮公園開花状況 2008.04.01

2008年4月1日(火)夜8時現在の大宮公園開花状況です。

日曜夕方から月曜にかけて降った雨や今日の強風にも負けずに未だ咲いています。ただ多少は散り始めた木も有るから要注意。

どうかなぁ、今度の週末まで持つかなぁ?まぁ散る時は一気に散る桜ですが一輪も残ってないって事は無いと思います。

そんな状況です。

080401_01

080401_03

080401_04

080401_02

080401_00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »