« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の4件の記事

2008.05.31

大分で湯めぐり

えっと、5月24日の夜から車中1泊含め3泊で大分の湯巡りをしてきました。

そう、行きは来年春には廃止って噂のある寝台特急「富士」に乗って大分駅まで18時間弱の旅。

Oita0103

折り返して別府へ移動し湯巡り開始。
先ずは1湯目「晴海」で昼食&温泉。食事どころは混んでいたけど温泉はそれ程でも。案外食事だけの客が多いんだなぁ。
海を一望する露天でまったり・・・と云いたいけどバスの時間があるので15分程度。

Oita0205

2湯目は鉄輪地区の「神和苑」、青白い湯で有名な宿。今回はこの青白い湯に沢山浸かったなぁ。
晴れ男なので30℃近い快晴だったのでぬるい方の浴槽に浸かるけどそれでも熱い。

Oita0304

3湯目は「かまど地獄」の内湯。某所からの情報で「鍵貸して」と云えば入れてくれると。ここも青白い湯で内湯だけど貸切で入れるのは嬉しい。

Oita0406

4湯目は別府駅まで降りてきて「駅前高等温泉」・・・立て続けに3湯入った後で内湯のみの温泉なので半分義務感で(笑)
でもぬるい方の浴槽に10分程度は浸かったか。熱い方は・・・1分で終了。我ながら露天偏重な奴だと思う。

Oita0504

5湯目は今夜の宿「花菱ホテル」。別府駅から真っ直ぐ海に向かった正面に有る宿で平日のビジネスプラン1泊朝食付き6,500円ちょっと。
でも部屋からは海も見えたし屋上の露天も狭いけど独自源泉だそうで良かった。朝食バイキングがこの値段では充分な品数と味。

Oita0606

夕飯はホテルからすぐの店で。「ろばた 仁」って店名だけど外見は洋風。「どうかなぁ?」って思ったけど日曜の19時前でそれなりに客が入っていたので人気有ると見て入店。
旬じゃないけど「関さば」や大分名物「とり天」「りゅうきゅう」など。飲んで食べて5千円しなかったから良いかも。

翌日は8時にレンタカーを借りて6湯目「鶴の湯」へ。別府には有名な野湯が3つ有りその1つ。
霊園脇を進み突き当たりで車降りたらすぐと大変行きやすい。でも景色は良いし硫黄の香る白濁の湯。先客としばし話して次の「鍋山の湯」の情報を聞く。どうやら車上狙いが多発していると。

Oita0803

7湯目はその「鍋山の湯」。怪しい人影見たら荷物は全部持って行くつもりでダートを走るが誰もいない。貴重品だけ持って駐車場から10分ほど歩くと左に「黒湯」、右上に「泥湯」。ここからの景色が素晴らしい。そして貸切状態。

Oita0905

岡本屋のプリンを食べて8湯目「いちのいで会館」へ。噂通りの急坂の上です・・・車で上がれるんだねぇ。
景観の湯は男性偶数日と聞いて行ってみたらもう一つの湯が調子悪いらしく30分単位で男女入替と。先客のオジサンと先に風呂へ。
ここも奇麗な青白い湯、暑い日なのでぬるい露天はそれだけでも嬉しいけど眺めも良いし珍しい色だし尚嬉しい。
食事は「団子汁」と聞いていたけど単なる仕出し弁当だった。

Oita1004

別府の湯巡りはこれで終了。高速に乗って九重ICで降り9湯目「壁湯温泉 福元屋」へ。洞窟岩風呂はぬるい湯でここも有り難いことに誰もいないのでのんびり浸かる。堤防の川側に夏限定の浴槽があってそこから川を眺めてはいるのも良かった。

Oita1102

この旅で唯一の観光「九重夢大吊橋」を渡る。出来てから暫くしているのに平日でも混んでいる。土日大渋滞は未だ続いていそうだなぁ。

10湯目は吊り橋から10分程度の「馬子草温泉きづな」へ。露天からの眺めが又宜しい。だけど時間が無く満喫する間が無かった・・・無茶な行程立てたものだ(笑)

Oita1303

11湯目はくじゅう連山を越えて「赤川温泉 赤川荘」へ。ここは硫黄泉だけど源泉が冷たく真夏には良さそう。暑いと云ってもさすがに源泉槽には入れなかったがぬるい露天で滝を眺める。

Oita1404

12湯目はこの日の宿「久住高原コテージ」。
ここの露天からの眺めがもの凄く良さそうなので今回の旅行を決めたくらい。で、実際浸かってみたけどその通り、夜は満天の星だし。

Oita1508

13湯目は「七里田温泉 下ん湯共同浴場」、14湯目は「長湯温泉 ラムネ温泉館」。ラムネ湯入り比べです。
感想としては泡付きの良さは断然「下ん湯」。ただ施設の規模を考えれば長湯でも悪くないかなぁと。まぁ日本一を偉そうに自称するのは如何なモノかと思うけど。

Oita1606

Oita1703

15湯目は湯布院の「庄屋の館」。ここも青白い湯です。で、露天から由布岳も見えてなかなか良い。女性浴槽からは常に声が聞こえたけど男性は暫く貸切状態だった・・・湯布院だし女性が多いんだろうなぁ。

Oita1802

16湯目は同じく湯布院の「夢想園」、女性用露天が広大で有名な宿。男性浴槽もそれなりに広く眺めも良いけど・・・今回は良い湯に浸かりすぎているので比較すると「まぁこんなものか」と。
勿体ない話です(笑)

Oita2002

最後の17湯目は湯布院と別府の間にある「塚原温泉」。酸性度、アルミイオン、鉄イオンで日本有数と。最後に濃い湯に浸かり無事終了。

Oita2102

帰りは大分空港へ・・・普通レンタカーを空港で返すんだけど日本で唯一ホーバークラフトが運行しているので大分港から乗車。陸から海、海から陸と自在に走り横滑りでS字カーブを通過と楽しい。

詳しくはweb本体の方に書きましたのでお暇な方はお読み下さい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.05.14

松島温泉ととっちゃん家とアルチザン

GW翌週の日曜は道路はガラガラ、この数年で知った鉄則です。で、それが雨となれば尚更の事。
東北道をチンタラ矢板ICまで行き、降りて十数分、久しぶりに松島温泉へ。今回は那須烏山の「とっちゃん家」と結城の「アルチザン」へ行く事を目的に温泉を組み合わせて。

080511_03

10時開店とほぼ同時に到着。既に何人か先客が入ったはずだけど1日のんびりを決め込んでいるのか風呂へ行かずに休憩所のテーブルへ。なので温泉は一番乗り。

前回来た時は工事中で女湯は新しくなったけど男湯は古いまま。今回は男湯が以前の女湯の位置に移動して奇麗に。
だけど・・・露天からの眺望が無い、壁に囲まれてます。う~ん、前はそれなりに景色が見えたのになぁ。

080511_00

温泉はツルスベ感の有るお湯がかけ流しで泉質重視派には嬉しい限り。露天は特にぬるめで長湯出来ます。

【松島温泉 乙女の湯】
住所:栃木県さくら市松島900
電話:028-682-2266
時間:10:00~21:30
休み:月曜
料金:800円
URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~matuon/

その後は30分走って那須烏山の「とっちゃん家」。何度来ても良いロケーションだなぁ。何時もフェアメニューを頼んでしまうので今回は我慢して以前から気になっていた「ちたけうどん 850円+大盛り100円」を。
「ちたけ」って栃木県民は食べるけど他ではそれ程食べないって聞くが、その出汁はなかなかだと。どんな味か、癖が強いのかと不安でもあったがスープを飲めば癖は強くなく滋味って言葉が似合う優しいスープ。因みにうどんは手打ちだそうです。

080511_07

080511_01

【とっちゃん家(ち)】
住所:栃木県那須烏山市森田1049
電話:0287-88-1161
時間:11:00~21:00
休み:月曜日
URL:

その後1時間くらい走り50号に出たら左折。結城の「アルチザン」でケーキタイム。
昼食からたいして時間が経って無いのでちと苦しいが途中立ち寄りたい温泉が無いからねぇ。

080511_04

本日のデセールは「スペシャルモンブラン、青リンゴのソルベ、黒みつのババロア風、小さなミルフィユ」、これで1,000円はお得。ドリンクは桃フレーバの日本茶(500円)を。
モンブランもそろそろお仕舞かなぁ?

080511_02

080511_06

【アルチザン・パティシエ・イタバシ】
住所:茨城県結城市結城城ノ内8782-5
電話:0296-34-0070
時間:10:00~19:00
休み:月曜
料金:本日のデセールプレート 1,000円

また新4号に戻り栗橋経由で久喜へ。2湯目は結局「森のせせらぎ なごみ」へ。栃木までわざわざ行って久喜の温泉もなんだけどお湯を考えるとこんな選択になっちゃうなぁ。食べる店を先に決めて廻ると温泉が上手く組み合わせられない(笑)

080511_05

【森のせせらぎ なごみ】
住所:埼玉県久喜市江面1574-1
電話:0480-22-1705
時間:9:00~24:00
休み:無休
料金:700円
URL:http://www15.ocn.ne.jp/~nagomiyu/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メランゼー【七里】

2月頃にσ(^^)のWebのアクセス解析で急にこの店の検索数が増えた。どうやら「それでも行きたい繁盛店」って番組で紹介されたらしい・・・どんな番組か知らないけど。

放映後暫くは大混雑だったらしいがもう落ち着いたかなぁと平日の夜に久しぶりの訪問・・・落ち着いたも何も客はσ(^^)だけ、暫くして1組来たくらい。

この店は韓国料理も一通り揃っているけど「石焼きビビンバ専門店」を名乗っている。自宅を改造した様な店でオバサン2人で経営みたい。席は4人テーブルが6つとそれほど広いわけじゃないけど。

080514_04

080514_01 

ビビンバは11種類、σ(^^)は「バターキムチ入り石焼きビビンバ」を注文。料理を注文するとおかずも無料でサービス。今日はエゴマのサラダやレンコン金平など4種類。

080514_00

程なくしてジュージュー音を立たせて登場。早くかき混ぜたいが撮影が←馬鹿(笑)
撮影後しっかりかき混ぜていただきました。おこげも出来て美味しいね。

080514_02

080514_03

場所は東武野田線、七里と岩槻の間の線路際、岩槻ICからなら車で5分程度。
こう書くと行き易そうだがそうはいかない。岩槻ICから旧16号を大宮方面に向かい、2つ目の信号(角はブルマートってコンビニもどき)を右折、この先は細い道。突き当りを左折して突き当たったら右折、踏み切り手前を線路に沿って右折し暫く先の右側。店の前を野田線が走るから電車に乗れば見えるけど気付きにくい。

080514_05_2

真っ暗で店が有るとは思えぬロケーションなので初めての人は昼間に行く事をお勧めします。上の方に店名の看板が出ているから目印はこれです。

080514_06

【メランゼー】
住所:埼玉県さいたま市見沼区宮ヶ谷塔3-260-1
電話:048-684-5541
時間:11:00~14:00、18:00~21:00
休み:月曜
料金:ビビンバ各種950~1,200円
URL:-

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.04

GWは蕎麦な1日

今年のGWは5/3~6の4連休がお出かけのベストだと。なので5/2の深夜から高速は延々大渋滞。3日も4日の今日も・・・・首都圏に車ってこんなに有ったのかぁ。

σ(^^)は4日だけ休みなので遠出をせずに11時くらいに大宮を出て北へ。そろそろ空いたかなぁと17号を走ったら未だ混んでいる。すぐに県道77号へ逃げればこっちはスイスイで行田へ。
ただ行田も古墳の公園で今日はイベントが有るらしく駐車場は満車。右折入庫禁止と出ているのでσ(^^)の方は良かったが反対車線は駐車場へ入る車を警備員が道路でそのまま待たせている。
片側1車線の道で流れを止めてるんだから当然関係ない車も全て止まり100m以上つながっている・・・渋滞の後ろの車が理由知ったら警備員を殴りに行くだろうなぁ(笑)

温泉は久しぶりに「古代蓮物語」へ。
ここは温泉を好きになる前に何度か連れてこられている施設。改めて入ってみると最近の施設より狭いなぁって印象。

080504_00

露天は眺望は無いけど檜の浴槽、ヒバの浴槽、ぬるめの源泉浴槽、熱めの岩風呂とかかけ流しの浴槽も多く悪くは無い。特に源泉浴槽は加温せずに33℃の湯をそのまま。泡付きも有るし夏場には嬉しいかな?でも混みそうだけど。

080504_01

食堂メニューに行田名物の「フライ」&「ゼリーフライ」が見当たらなかったのはちょっと残念。

【行田天然温泉 古代蓮物語】
住所:埼玉県行田市向町19-26
電話:048-553-7311
時間:10:00~23:00
休み:第3水曜
料金:平日700円、土日祝900円
URL:http://www.dormy-spa.com/gyouda/

    ****************************

お昼はいつもの「さいとう」さん@伊奈中央へ。4~5月限定の「生桜エビ天ぷら」がお目当て。せいろじゃなく汁そばにしたのでかけ蕎麦の上に載って来るかと思ったら「天ぷら付きかけ」だったので別々に。

080504_02

塩で食べ、天つゆで食べ、丼に入れて食べと三様でいただきます。桜エビの香りが口中に充満、満足です。

080504_03

最後にかけ蕎麦の蕎麦だけ先に食べて天ぷら投入し簡易「天抜き」状態。衣が柔らかくなったところを汁と一緒にズズっとすする・・・日本酒飲みたいなぁ(笑)

【蕎麦きり さいとう】
住所:埼玉県北足立郡伊奈町小室9819-1
電話:048-722-2725
時間:11:30~20:00(平日は15:00~17:00中休み)
休み:月曜
料金:生桜エビ天ぷら付きかけ 1,300円
URL:http://www.soba-kiri.com/

    ****************************

帰りがけに野暮用を済ませ一旦帰宅。夕方友人と待ち合わせをして一緒に夕飯を・・・大宮サッカー場(NACK5スタジアム大宮)の向かいにある蕎麦屋「奥信州」へ・・・昼夜連続蕎麦です(笑)

こちらの蕎麦屋は盛りの良さでそれなりに有名。普通盛りでも他店の大盛りは有るな。太めの田舎蕎麦ですが、大盛りはそれなりに胃袋に自信ある人じゃないと厳しい。

「ミックス天ざるそば」を注文。昼も天ぷらそばだけど方向性が両極かも。そう例えるなら粋と力技?

080504_04

蕎麦の量と合うようにか大きな海老やイカ、数種類の野菜と天ぷらだけでもお腹にたまる。そこに山の様な蕎麦が付くんだから。

080504_05

080504_06

今回は普通盛りなので普通に完食。以前は中盛りで完食できなかったんだんだよなぁ。

【奥信州】
住所:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2-320-53
電話:048-644-8606
時間:11:00~20:00
休み:水曜
料金:ミックス天ざるそば1,400円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »