« 松島温泉ととっちゃん家とアルチザン | トップページ | 富士山と生桜エビ »

2008.05.31

大分で湯めぐり

えっと、5月24日の夜から車中1泊含め3泊で大分の湯巡りをしてきました。

そう、行きは来年春には廃止って噂のある寝台特急「富士」に乗って大分駅まで18時間弱の旅。

Oita0103

折り返して別府へ移動し湯巡り開始。
先ずは1湯目「晴海」で昼食&温泉。食事どころは混んでいたけど温泉はそれ程でも。案外食事だけの客が多いんだなぁ。
海を一望する露天でまったり・・・と云いたいけどバスの時間があるので15分程度。

Oita0205

2湯目は鉄輪地区の「神和苑」、青白い湯で有名な宿。今回はこの青白い湯に沢山浸かったなぁ。
晴れ男なので30℃近い快晴だったのでぬるい方の浴槽に浸かるけどそれでも熱い。

Oita0304

3湯目は「かまど地獄」の内湯。某所からの情報で「鍵貸して」と云えば入れてくれると。ここも青白い湯で内湯だけど貸切で入れるのは嬉しい。

Oita0406

4湯目は別府駅まで降りてきて「駅前高等温泉」・・・立て続けに3湯入った後で内湯のみの温泉なので半分義務感で(笑)
でもぬるい方の浴槽に10分程度は浸かったか。熱い方は・・・1分で終了。我ながら露天偏重な奴だと思う。

Oita0504

5湯目は今夜の宿「花菱ホテル」。別府駅から真っ直ぐ海に向かった正面に有る宿で平日のビジネスプラン1泊朝食付き6,500円ちょっと。
でも部屋からは海も見えたし屋上の露天も狭いけど独自源泉だそうで良かった。朝食バイキングがこの値段では充分な品数と味。

Oita0606

夕飯はホテルからすぐの店で。「ろばた 仁」って店名だけど外見は洋風。「どうかなぁ?」って思ったけど日曜の19時前でそれなりに客が入っていたので人気有ると見て入店。
旬じゃないけど「関さば」や大分名物「とり天」「りゅうきゅう」など。飲んで食べて5千円しなかったから良いかも。

翌日は8時にレンタカーを借りて6湯目「鶴の湯」へ。別府には有名な野湯が3つ有りその1つ。
霊園脇を進み突き当たりで車降りたらすぐと大変行きやすい。でも景色は良いし硫黄の香る白濁の湯。先客としばし話して次の「鍋山の湯」の情報を聞く。どうやら車上狙いが多発していると。

Oita0803

7湯目はその「鍋山の湯」。怪しい人影見たら荷物は全部持って行くつもりでダートを走るが誰もいない。貴重品だけ持って駐車場から10分ほど歩くと左に「黒湯」、右上に「泥湯」。ここからの景色が素晴らしい。そして貸切状態。

Oita0905

岡本屋のプリンを食べて8湯目「いちのいで会館」へ。噂通りの急坂の上です・・・車で上がれるんだねぇ。
景観の湯は男性偶数日と聞いて行ってみたらもう一つの湯が調子悪いらしく30分単位で男女入替と。先客のオジサンと先に風呂へ。
ここも奇麗な青白い湯、暑い日なのでぬるい露天はそれだけでも嬉しいけど眺めも良いし珍しい色だし尚嬉しい。
食事は「団子汁」と聞いていたけど単なる仕出し弁当だった。

Oita1004

別府の湯巡りはこれで終了。高速に乗って九重ICで降り9湯目「壁湯温泉 福元屋」へ。洞窟岩風呂はぬるい湯でここも有り難いことに誰もいないのでのんびり浸かる。堤防の川側に夏限定の浴槽があってそこから川を眺めてはいるのも良かった。

Oita1102

この旅で唯一の観光「九重夢大吊橋」を渡る。出来てから暫くしているのに平日でも混んでいる。土日大渋滞は未だ続いていそうだなぁ。

10湯目は吊り橋から10分程度の「馬子草温泉きづな」へ。露天からの眺めが又宜しい。だけど時間が無く満喫する間が無かった・・・無茶な行程立てたものだ(笑)

Oita1303

11湯目はくじゅう連山を越えて「赤川温泉 赤川荘」へ。ここは硫黄泉だけど源泉が冷たく真夏には良さそう。暑いと云ってもさすがに源泉槽には入れなかったがぬるい露天で滝を眺める。

Oita1404

12湯目はこの日の宿「久住高原コテージ」。
ここの露天からの眺めがもの凄く良さそうなので今回の旅行を決めたくらい。で、実際浸かってみたけどその通り、夜は満天の星だし。

Oita1508

13湯目は「七里田温泉 下ん湯共同浴場」、14湯目は「長湯温泉 ラムネ温泉館」。ラムネ湯入り比べです。
感想としては泡付きの良さは断然「下ん湯」。ただ施設の規模を考えれば長湯でも悪くないかなぁと。まぁ日本一を偉そうに自称するのは如何なモノかと思うけど。

Oita1606

Oita1703

15湯目は湯布院の「庄屋の館」。ここも青白い湯です。で、露天から由布岳も見えてなかなか良い。女性浴槽からは常に声が聞こえたけど男性は暫く貸切状態だった・・・湯布院だし女性が多いんだろうなぁ。

Oita1802

16湯目は同じく湯布院の「夢想園」、女性用露天が広大で有名な宿。男性浴槽もそれなりに広く眺めも良いけど・・・今回は良い湯に浸かりすぎているので比較すると「まぁこんなものか」と。
勿体ない話です(笑)

Oita2002

最後の17湯目は湯布院と別府の間にある「塚原温泉」。酸性度、アルミイオン、鉄イオンで日本有数と。最後に濃い湯に浸かり無事終了。

Oita2102

帰りは大分空港へ・・・普通レンタカーを空港で返すんだけど日本で唯一ホーバークラフトが運行しているので大分港から乗車。陸から海、海から陸と自在に走り横滑りでS字カーブを通過と楽しい。

詳しくはweb本体の方に書きましたのでお暇な方はお読み下さい。

|

« 松島温泉ととっちゃん家とアルチザン | トップページ | 富士山と生桜エビ »

温泉」カテゴリの記事

コメント

アップ待ってました(*^^*) 。
にしてもすごい数回りましたね!
羨ましい・・・。

野湯がいいなあー行ってみたい。

もしかしたらコテージって私が以前泊まったとこと同じかも!?うる覚えだけど夕飯の焼肉がもしかしたら!?って思ったの。
そこって宿の車か何かでちょっと離れてる場所で食事した?
で私の場合雨だったので星も見えずに残念(TT)。

ダンゴ汁ってそんなのだっけ?
それもうる覚えだけど・・・(^^;)昔の写真を見てみよっと。

投稿: anji | 2008.06.01 09:28

>anjiさん
今回は下見半分の旅だったから駆け足であちこち。
そうそう気軽に行ける場所じゃないから「次回はここでゆっくりしようかなぁ」は一度行っておかないとね。

いちのいで会館は「だんご汁」を食べるって他のblogで読んだけど・・・名物だし食べたかったなぁ。

投稿: HACHAPP | 2008.06.02 21:32

どのお風呂もすごい・・・
開放感というより野湯、、、それぞれお湯も特徴あって
このブログを旅のしおりにしたいくらい羨ましいです
どの写真もキレイですね
----------------

ココログで公開しているマイフォトを自動で読み込んだり、
ブログで使った最新画像をフィードから読み込んだりする、
無料のブログパーツを作っています。

初めまして、『FLASH Lab JUICE』を運営している者です。
ちょっと前は、FC2ブログを利用していたのですが、ココログに
引っ越してきました。『FLASH Lab JUICE』では、ブログパーツ、
Flashコンテンツを作成していますが、暫くココログ専用の物を
作ろうと考えています。

現在β版ですが、動作確認なら、簡単に出来るので、
ぜひお試しください。動作しない時など、コメントを頂けると
嬉しいです。設置アドバイスもいたします。

『FLASH Lab JUICE』では、『ブログがもっと便利に使えれば!』
と考えてブログパーツを作っています。

『FLASH Lab JUICE』
http://bc-juice.moe-nifty.com/
『feedPic β』
http://nekofla.cocolog-nifty.com/

コメント汚しちゃってすみません。このコメントは、
削除してもらってかまわないです。

投稿: FLASH Lab JUICE | 2008.06.03 19:29

>FLASH Lab JUICEさん
サイトを拝見しました・・・う~ん、blogパーツって基本的にあまり弄らないので。
画像は記事に貼り付いているだけで充分で特にそれ以上の必要性を感じてないなぁ。

投稿: HACHAPP | 2008.06.03 21:32

HACHAPPさん、こんにちは!

ご丁寧にお返事いただき、ありがとうございます!!

しかも、サイトをご覧いただけたなんて・・・
本当に嬉しいです!

ブログを拝見し、キレイな写真がいくつもあったので、
よろしければと思い、コメントさせていただきました

お返事いただいただけでも、とても幸いです!
本当にありがとうございました!

これからも、ブログや写真、がんばってください!!
勝手ですが、陰ながら応援させてください!

お手数をおかけしました
失礼します
(このコメントに対するお返事はご不要です)

投稿: FLASH Lab JUICE | 2008.06.04 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/41384774

この記事へのトラックバック一覧です: 大分で湯めぐり:

« 松島温泉ととっちゃん家とアルチザン | トップページ | 富士山と生桜エビ »