« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の15件の記事

2008.10.28

とっちゃん家【那須烏山】

大鷹の湯を17時過ぎに出る。携帯で東北道の渋滞情報を見ると矢板IC以南は断続的に渋滞マークが・・・これは栃木で夕飯食べて時間調整しようと。

では何処にしようかと・・・4月以来行っていない烏山の「とっちゃん家」へ行く事に。
大田原から喜連川を経由して1時間、久しぶりです。春に来た時はTV放映後の混雑も一段落と云っていたが今は「一段落しすぎ」と(笑)
それでも土日の昼間は遠方からのお客さんが多いと云ってましたね。日曜の19時前だったのでお客さんがσ(^^)たちだけ。

定番の「オムライス」や「M3セット」も捨てがたいがσ(^^)は「とっちゃんの気まぐれセット1,500円」を。
今日はキノコを鮭と豚肉で巻いてフライにしたものだと。それにサラダ、パン、自家製プリンがつきます。

先ずはお通しと云うか定番の野菜類の皿が。その後サービスで「カリフラワーのビシソワーズ」と「コンソメスープ」。

081026_21

081026_22

そしてパンが。このパンも自家製でバナナの葉でくるんで焼くと。特性の柚子ジャム付き。

081026_23

081026_24

メインはデミソースがたっぷりかかっていてフライの上に大きなキノコソテーが。廻りにもムラサキシメジやバナナの花をポテトの飾りの上に添えて。

081026_29

081026_25

081026_26

そして最後にデザートのプリン。コーヒーは付かないから欲しい人は別注文。

081026_28

因みに同行した友人が食べた「オムライス」の大盛り・・・普通盛りに比べてボリュームがやたらアップ(笑)

081026_27

付近に民家の殆ど無い川のほとり、古い発電所を改造した建物、だけで出てくる料理は手の込んだ美味しい料理。このミスマッチ感覚は何度来ても面白い。
そしてとっちゃんや息子さん、娘さんの人柄もお店の財産ですね。頻繁に行ける場所ではないけど又来たいと思わせる。

【とっちゃん家(ち)】
住所:栃木県那須烏山市森田1049
電話:0287-88-1161
時間:11:00~21:00
休み:月曜日
URL:http://tocchanews.exblog.jp/

σ(^^)が過去に寄ったときの日記は↓に。行けば大概blogに書いているけどこれ以外にもう数回は行っているかな?
http://hachapp.cocolog-nifty.com/diary/2007/04/post_4ff7.html
http://hachapp.cocolog-nifty.com/diary/2007/04/post_4ff7_1.html
http://hachapp.cocolog-nifty.com/diary/2007/05/post_9bd8.html
http://hachapp.cocolog-nifty.com/diary/2007/08/post_1fb1.html
http://hachapp.cocolog-nifty.com/diary/2007/10/post_400a.html

http://hachapp.cocolog-nifty.com/diary/2008/01/post_4ff7.html
http://hachapp.cocolog-nifty.com/diary/2008/05/post_4212.html

食事終わって19時40分。再度携帯で渋滞情報を見るが羽生~佐野が未だ混んでいる。宇都宮から浦和まで90分の表示なので新4号で帰る事に。こちらはガラガラなので春日部まで2時間しないで到着。烏山から宇都宮まで30分かかるので高速とあまり変わらないで済んだかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大鷹の湯【西那須温泉】

高速、八方ヶ原、新湯と今日の経路では天気が悪いから行楽客の出足は悪いなぁって印象が有ったので当初予定を変更して国道400号を東に走り西那須野塩原ICを越えた先にある「大鷹の湯」へ行く事に。こちらも今回の自遊人パスポートで無料入浴が出来ると。

元湯から400号に出て温泉街中心へ・・・あら不思議、車の流れがピタっと止まる(笑)
まさかここから延々渋滞って訳は無いんだろうけどUターンしてバイパスへ逃げる。
福渡で合流してそれなりには流れるが大網を越えてドライブイン「かさやま」の手前で本当にピタッと(笑)
これはその先の関谷交差点から詰まっていると判る。そうなるとアウトレットや千本松牧場からの車が集まるのでインターまで延々混んでいそうと簡単に想像出来る。なのでかさやまの先から右折して400号の一本南の県道で迂回。う~ん、やっぱり混んでいるんだねぇ(笑)

到着した「大鷹の湯」は「五つ星源泉の宿」を名乗っていて当初は「宿が自ら名乗るのってなんだかなぁ」と敬遠していたけど着いてみれば宿は奇麗だし従業員の応対も大変素晴しい、誤解していて失礼。

081026_17

温泉は2ヶ所有り1Fに内湯と露天の大浴場、階段上がってサンダルに履き替えて行く「鷹見の湯」。
先ずは大浴場へ。内湯は温度差を付けて2つの浴槽。浸かればヌルスべ感の有るお湯で紅茶色してて気持ちが良い。
露天は建物に囲まれているので眺望は無いけどスペースは広いので開放感は有ります。

081026_18

081026_19

鷹見の湯は浴槽が有るだけでシャワーや石鹸類も無く湯に浸かるだけの場所。屋根と壁の有る内湯なんだけど正面は窓じゃ無く単なる柵なので半露天状態。
木製の大きな浴槽でのんびり。首を当てた時の感触は岩風呂より木の方がいいねぇ。一段高くなった場所に有るので多少の眺望は有るが絶景と云う程ではない。

081026_20

フロント脇に鉄な人の心をくすぐるものが(笑)
塩原軌道と云って昭和15年まで西那須野駅から塩原のもみじ谷吊り橋付近まで走っていた鉄道の復元だと。

081026_16

【西那須温泉 大鷹の湯】
住所:栃木県那須塩原市井口548-350
電話:0287-36-6802
時間:10:00~20:00
休み:無休
料金:平日600円、土日祝1,000円
URL:http://www.ootakanoyu.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大出館【塩原温泉元湯】

新湯で食事をして車で10分、塩原温泉発祥の元湯へ。
雑誌「自遊人」のパスポートを利用すると入浴料が無料になる宿が元湯に2軒有るが温泉が濃いからハシゴはやめようと。ではどっちにするかと考えて紅葉が奇麗だから高台に有る大出館へ。

081026_12

こちらは真っ黒な混浴の「墨湯」と男女別内湯、内湯続きの露天の宿。σ(^^)が温泉好きになったきっかけの宿でもある。
墨湯は14時から女性専用時間になるので先に墨湯へ。何度も来ているけど都内の黒い温泉とは違う本当に墨の様なお湯。もう一つの浴槽は緑がかった白濁。何の成分が反応するか判らないけど面白い。前に聞いた話では天気が悪くなると黒が濃くなると。確かに今日は濃いかな?

081026_13

14時になったので露天の方へ。こっちの内湯も墨湯ほどではないけど灰色よりも黒に近い。ここまで黒い記憶は無いので日によって色が変わるんだなぁと実感。
露天は適温で緑白色。紅葉を眺めながらのんびりと浸かりました。

081026_15

081026_14

【塩原元湯 大出館】
住所:栃木県那須塩原市湯本塩原102
電話:0287-32-2438
時間:10:00~14:00
休み:無休
料金:600円
URL:http://www.naf.co.jp/ooidekan/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

上藤屋【塩原新湯】

八方ヶ原で紅葉を眺めて大沼園地を通るともみじライン途中の塩原新湯へ出る。寄り道しないで走れば矢板ICから1時間程度で来られるから目的地がこっちならそれ程遠回りでもない。
時間は12時過ぎなのでお昼ご飯を。新湯で昼食と云うと選択肢は限られてほぼこちら上藤屋だけかと。場所はもみじライン沿い、寺の湯の正面です。

081026_09

メニューには「湯けむり定食1,600円」「とんかつ定食1,100円」「天もりそば1,300円」など幾つも書かれているが「今日出来るのは天丼か山菜そば、山菜うどんだけなんだよね」とおばぁちゃんが・・・ずいぶん昔に寄ったときも同じ事云われたなぁと思い出す。単なる偶然か食事実質メニューはこれだけなのかは不明。

なので「天丼1,050円」を。ここの天丼はごま油で揚げて衣が黒く味も濃い。下手な料理かもしれないがσ(^^)は案外好きなんだよね。

天ぷらは海老が2尾、茄子、サツマイモ、舞茸。油の癖に負けない濃いタレは東京の下町には良く有る味だけど栃木で食べると珍しいなぁ。

081026_10

081026_11

【上藤屋】
住所:栃木県那須塩原市湯本塩原28-2
電話:0287-32-2508
時間:?
休み:?
料金:天丼1,050円
URL:http://www4.ocn.ne.jp/~siobara/arayu/kamifujiya/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.27

塩原付近の紅葉

三週連続で紅葉を求めてフラフラと。26日は温泉仲間と湯巡りを兼ねて塩原へ。

8時に大宮を出発するときはあいにくの小雨、時間が経ち北上するに連れて雨は止んだけど天気は曇りのまま。これなら行楽客はそれ程でないかと思ったけど宇都宮IC通過時に「日光宇都宮道路 清滝~今市 渋滞8キロ」と。帰宅後調べたら昼前後の日光いろは坂は登りきるまで2時間半かかったと。

σ(^^)たちは混んでいる日光を避けて塩原へ。日光に比べれば混まない方だけど塩原も混むと道の駅が有る関谷交差点からクネクネした山道区間が通常の4倍かかると聞く。なので紅葉見物も兼ねて矢板ICから八方ヶ原経由で塩原温泉へのルートを。

八方ヶ原は春のつつじが有名らしいが紅葉もなかなか奇麗との事。ただ上の方はそろそろ終わりかけか。
「山の駅たかはら」で休憩しながら撮影したけど曇りだと鮮やかさに欠ける。晴れていたらもう少し奇麗に撮れただろうになぁ。

081026_00

081026_01

ちょうど軽トラでキノコを取ってきた人が売店へ搬入するところ。これだけ沢山採るのって時間どのくらいかかったんだろう?

081026_02

その先は笑っちゃうくらいの急カーブ、急勾配の連続。この辺りの紅葉は奇麗だったけど写真に撮るとくすんでしまうな。

途中を左折して暫く行ったら右へ。大沼園地にも寄ってみる。八方ヶ原に比べると標高が少し低く丁度見頃。
木道を歩いて大沼まで往復。須巻富士も奇麗に色づいてました。

081026_06

081026_03

081026_04

081026_05

新湯で昼食後は温泉モードで塩原元湯へ。この辺りも奇麗でしたね。大出館のベランダから新湯方面を撮影。

081026_08

081026_07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.20

星空の湯りえっくす【北八ヶ岳松原湖温泉】

蓼科から国道299号線で麦草峠を越えて先を右折するとリエックススキー場。ホテルやゴルフ場、そして温泉も有る高原リゾート。
2月に友人に連れて来て貰って以来。その時はホテルフロント前から通路を通って行ったけど温泉専用の駐車場が有ると聞く。云われてチャペル脇を進むと十数台停まれる駐車場が。

081019_24

081019_25

前回来た時は男性は受付向かって右側の岩の湯。今回は向かって左側の木の湯。宿泊者が両方入れるように1日交代にしているそうなので偶数日奇数日とも違うから時の運だな。
なんでそれ程拘るかと云うと岩の方でも充分眺めが良いけど木の方はもう絶景だから。

受付でハンドタオル、バスタオルを貸してくれて800円は休憩所の殆ど無い1回入浴だけど高く感じない。ホテルの温泉なので奇麗だしセンスも良い。

内湯は源泉浴槽、一段下に加温浴槽。窓が大きくて内湯からでも眺めは見られるが露天はドーンと北東側が開けてます。
天気が良いけど下の方は雲がかかっていて良く見えなかったが街の灯りや浅間山も見えると。

081019_26

081019_27

081019_28

前回は受付横に無料のマッサージチェアが有ったが有料が3台になっていたのは残念だがこれだけの眺めの湯に浸かれるなら文句は無い。
お湯も露天は循環しているけど薄く緑がかったお湯で雰囲気も良いし万人にお勧め。

【北八ヶ岳松原湖温泉 星空の湯りえっくす】
住所:長野県南佐久郡小海町松原湖高原
電話:0267-93-2211
時間:6:00~23:00
休み:?
料金:800円
URL:http://www.reex.co.jp/KOUMI/contents/spa.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保科館【渋川温泉】

蓼科で紅葉見物を終えて麦草峠へ向かい国道を登る。その途中看板にしたがって右折し暫く行くと一軒宿の渋川温泉 保科館へ。
下の横谷峡は未だ紅葉に早かったけどこの辺りが丁度良い感じ。

081019_20

14時過ぎに到着しフロントで受付。温泉はフロントから階段を下りて廊下を進み、又階段を下りて廊下を進みと何度か繰り返して下りて行く。宿泊する部屋はフロントの逆側だとすると温泉へ何度も行く客は大変そうだ(笑)

早い時間だったので一番乗り。先ずは内湯。岩風呂風のちょっと変わった雰囲気。
その奥のドアを出ると露天風呂。針葉樹が多いのか露天からの景色では紅葉はそれ程見えない。

081019_21

081019_22

笹濁りの湯は鉄分を含むらしくサビ臭がする。内湯は熱めだけど露天は丁度良い。少し熱くなったら縁に座って涼めば風が心地よく感じる。

男性露天の一段下には「温泉プール」が。当然この時期なのでプールは使用不可だけど夏場でも男性の露天風呂の目の前なので女性がこのプールを利用する事は殆ど無いのでは?

081019_23

【渋川温泉 保科館】
住所:長野県茅野市渋川峡
電話:0266-67-2319
時間:10:00~19:00
休み:?
料金:800円
URL:http://hoshinakan.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せんすい【女神湖】

紅葉見物で立ち寄った女神湖の入口に有る蕎麦屋さん。通り沿い、女神湖へ曲がる角に有るので大変判り易い。
こんな好立地に有ると観光地特有の「まずくて高い」が頭をよぎるがそれは杞憂。店内は洒落た和風。広いので多少お客さんが来ても大丈夫そうだけどシーズンだと混むかな?

081019_13

081019_14

081019_15

σ(^^)はざるそばに小えび天丼がついた「女神セット1,260円」を。小さいながらも海老が3本は嬉しいな♪ 確かに値段はやや高めだけど腰の有るそば、出汁が良く効いた辛汁と悪くない。

081019_16

081019_17

081019_18

【そば処せんすい】
住所:長野県北佐久郡立科町大字芦田八ヶ野1025
電話:0267-55-7575
時間:10:30~15:00
休み:無休(冬はお休み)
料金:ざるそば850円、天ざる1,580円
URL:http://www.sas.janis.or.jp/~stream-m/

白樺湖へ向かう途中にキノコ・りんごの直売店が。「むらさきしめじ」「こむそう」って初めて聞くキノコだけど購入(各380円)。
081019_19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白樺湖~蓼科の紅葉【立科町】

先週は紅葉を求めて奥志賀から秋山郷へ。今週(19日)は白樺湖辺りが良いと聞くので行ってみた。
先週の三連休でお出かけする人の多くは出かけちゃって今週は大人しくしているのか高速は空いている。
花園ICから関越道に乗り1時間、佐久ICで下りる。そこから下道で50分、先ずは女神湖へ。
紅葉は丁度良さそうだけど赤くなる木が少なく湖の周りで2ヶ所くらい?もう少し有ると思っていた。黄色中心で落ち着いた感じ。

081019_00

081019_01

お昼を食べて白樺湖へ。こっちの方が大きいし名前も通っているので観光客も多い。山はそこそこ奇麗に紅葉しているけど女神湖同様赤くなる木が少ない。でも遊歩道をプラプラ歩いて良さそうなスポットへ。

081019_02

081019_03

081019_04

081019_05

白樺湖から蓼科へは東の山のルートを。途中の展望台からは素晴しい景色が見られた。ただ逆光気味なので写真では上手く写せないので別方向を。これでも充分奇麗でしょ。

081019_06

081019_07

蓼科では横谷峡の乙女の滝へ。こちらは未だ青々してますねぇ。

081019_08

なので国道299号線を登って奥蓼科温泉郷の渋川温泉へ。登った分だけこの辺りが丁度良い感じ。旅館の敷地に小さな滝が有りちょっと眺めたり。

081019_10

081019_09

温泉に浸かった後は麦草峠を越えて松原湖手前のリエックススキー場の方へ。ホテルへ入る付近の白樺の雰囲気がなかなか良かった。

081019_11

081019_12

帰りは小海線沿いに北上し佐久ICから帰路に着きました。都内の人だと中央道方面へ行くのが普通なんでしょうけど小仏の渋滞考えたら埼玉在住だし関越道で往復です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.10.16

かつ久 無庵【前橋】

《秋山郷へ日帰り温泉5》

秋山郷を南北に走る国道405号は津南駅手前でやっと道幅の広い穏やかな道路に。結東温泉から20分くらいだけど対向車が多いと難儀しそう。

津南から山を一つ越えて関越道、塩沢石打ICへ。切明温泉から何処にも寄らずに走れば1時間30分でインターだけど時間より遠く感じるのは細い山道だからか。

結東温泉を出る時に携帯で渋滞情報を拾ったときはそれ程でもなかったが高速のFMを聞いたら「前橋を先頭に20キロ、その先は藤岡を先頭に・・・、花園を先頭に・・・、東松山を先頭に・・・」と足せば50数キロの大渋滞(笑)
関越トンネルを潜り水上、沼田と順調だけど段々車が増えてきて赤城ICを越えたら情報通りピタリと停まる。

9キロ30分は我慢したけど渋滞大嫌いなので渋川伊香保ICで一般道へ。どうせ下りるなら前から気になっていた店で夕飯を食べて帰ろうと前橋市内、50号線沿いのとんかつ屋「かつ久 無庵」へ。渋川伊香保ICから45分と途中ちょっと渋滞したけどそのまま高速で前橋ICへ行くよりは早かったかと。

081012_30

で、着いたこの店は以前柏で食べた「塩梅」と同じ流れを汲むとんかつ屋でWebでの評判が良いから気になっていた。
広い駐車場はほぼ満車、レトロな和風の門を潜ると和のアンティークな建物が。ちょうどテーブルが1つだけ空いていたのでそちらへ。オーダーは「ロースカツ定食 1,680円」。この店はオーダーすると生野菜、漬物、ご飯、みそ汁がお代り自由と。ご飯は白米、紫蘇ご飯から選べます。
そして1人客とみると新聞を持って来てくれるところも「塩梅」と同じ感じ。

カツは大きいし美味しい。ご飯も進むので紫蘇ご飯をお代り、3杯目は止めておいたけど。店員のサービスも良いしこの辺りで食事をする候補に入れておこう。

081012_32

081012_35

【かつ久 無庵】
住所:群馬県前橋市上長磯町282-1
電話:027-263-4129
時間:11:00~15:00、17:00~21:30(土日祝は通し)
休み:水曜
料金:ロースカツ定食1,680円
URL:

食べ終わって店を出たのが20時半前。再度携帯で渋滞情報を見たが高速は相変わらず渋滞中。なので大宮まで17号中心に下道で帰宅したけど2時間弱で帰れた。渋滞無くても高速に乗ったら1時間30分はかかるからまぁ良しとしよう。
しかし連休の中日なのに行きも帰りもこれほど混むとは・・・そんな中で秋山郷まで日帰り500キロは確かに無謀か(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萌木の里【秋山郷・結東温泉】

《秋山郷へ日帰り温泉4》

和山温泉から集落の中を通り国道へ。長野県側はそれなりに広かった道も新潟県側に入ると先ほどの林道と同じくらい細くくねくねとした道に。
40分ほどで「結東温泉 萌木の里」に到着。付近に人家の無い山の中だけど大きな売店、食堂、内湯の建物と宿泊できるコテージが点在する立派な施設。

081012_23

受付で入浴料を払うとカードを貰える。露天風呂は建物を一旦出て数分離れた場所に有るのでカードで見分けると。なので帰りに返してねと・・・忘れそうだなぁ(笑)

081012_29

081012_24

露天へは砂利道を歩いて行くので入浴時間は日没まで。確かに夜は危なそう。
男女別の露天は上下に段を付けて上が女性側。細長い浴槽が1つだけの場所でシャワーは脱衣所内に別途シャワー室が。これって面白いつくりだなぁ。

081012_25

081012_28

ちょうど誰もいなかったので貸切状態。お湯は透明だけど湯口は赤くなっているので鉄分を含んでいる感じ。
山の中の斜面に建つ施設だから目隠し無しで対岸の山を眺める。大分下に降りてきたので紅葉は未だ先かな?少しだけ色づき始めた山を眺めます。

081012_26

081012_27

日没には未だ時間が有るけど初めての山道を暗くなってから走るのは得策じゃないので16時半頃に温泉を後にする。

【結東温泉 萌木の里】
住所:新潟県中魚沼郡津南町結東
電話:025-767-2000
時間:10:00~21:00(露天は日没まで)
休み:不定
料金:500円
URL:http://www.moeginosato.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.15

仁成館【秋山郷・和山温泉】

《秋山郷へ日帰り温泉3》

雄川閣から細い道を走る事10分、国道から外れ最後の100mくらいはこの宿専用の道を走り辿り着く一軒宿。
Webで情報を探すと宿泊は止めて日帰りのみ受付ていると。それもその後はどうなったかが不明で心配しながら訪問・・・日帰り営業していました。

081012_18

受付をして浴室へ行く途中に数人の集団とすれ違い露天へ行ったら先客2名と良いタイミング。浴槽は仕切られているが1つなので混浴です。脱衣所は別々だけど透明なお湯なので敷居は高そう。

081012_19

でもねぇ・・・この露天からの眺めが物凄く良いんです。
崖の上に温泉が有るので下に川が流れ対岸とその向こうの山と。逆光気味なので写真だと暗くなってしまったが遠景の山はそれなりに紅葉していて絶景です。
通年営業って聞いたので雪景色の時にきたらまた奇麗だろうなぁ・・・でも宿への最後の坂はスタッドレスだけでは厳しく四駆が必要な感じだけど。

081012_20

081012_21

暫くして2組ほどやって来て湯に浸かりながら「あそこの紅葉は奇麗だったよ」とか「今日は渋滞で○時間かかったよ」など互いに情報交換。ほのぼのとして良いですねぇ。

一旦着替えて階段を上がると男女別の内湯、こちらは誰もいなかった。ちょうど露天の上に当たる位置なので大きな窓からの眺めは同じくらい雄大。
普段は内湯には入らないけど木の浴槽で雰囲気も良くそれを貸切状態で入れるのは嬉しいと思いちょこっと浸かる。

冬は無理でも春先に再訪してみたい。

081012_22

【和山温泉 仁成館】
住所:長野県下水内郡栄村和山
電話:0257-67-2205
時間:?
休み:?
料金:500円
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雄川閣【秋山郷・切明温泉】

《秋山郷へ日帰り温泉2》

志賀高原から雑魚川林道を経由して1時間強。視界からだんだんと紅葉が減り「標高下がったんだなぁ」と実感する。
坂を降りて橋を渡った先が「切明温泉 雄川閣」、13時半頃に到着。駐車場は20台程度停められそうだけど満車御礼。山深い地へ来たつもりだったけど大人気だねぇ。5分程度待ってやっと駐車。

081012_10

昼食が未だだったので先ずは食堂へ。うどん、そばは750~800円で月見や山菜。他は岩魚定食1,500円、もつ煮定食1,300円、カレー600円、牛丼750円など。11時から14時が営業時間なので案外ギリギリ。

081012_11

食後に改めてフロントでお金を払って温泉へ。階段を下りて突き当たりのドアを出ると露天への道へ。「利用中」「空」の札があったので宿泊すると貸切で使えるのかな?「空」が下がっていたので行ったら先客2名浸かっていたから。

脱衣所は2つに分かれているけど露天の浴槽は1つだけなので基本的に混浴らしい。ただ対岸が河原の露天で行楽客が沢山いるから遠いけど女性には敷居が高そう。(↓の写真の宿の下の青いシート横が露天風呂)
大きめの浴槽で温度は丁度良かったな。川と遠景の山を眺めながらゆったりと。手前の紅葉はこれからだけど遠景の山の上はそれなりに。

081012_12

081012_17

宿を出て裏手の吊り橋を渡って河原の露天にも行ってみる。吊り橋から3分くらい林の中を歩き河原へ。
ここは温泉が河原に湧く場所で高温だから川の水を引き込みお好みの浴槽を造ると。ただ日曜の昼間なので家族連れやカップルが足湯をしたりバーベキューをしたり。浴槽に浸かっているのは子供か水着を着た人・・・ここで服を脱いで全裸になったら警察呼ばれるんだろうなぁ(笑)
そんな訳で眺めただけで撤収。後で聞いたら同じ週に知人がここに来ていて早朝だったから誰もいなく問題なく浸かれたと。平日か早朝じゃないとダメですかね?

081012_13

081012_14

081012_16

081012_15

【切明温泉 雄川閣】
住所:長野県下水内郡栄村切明
電話:0257-67-2252
時間:10:30~19:00
休み:?
料金:500円
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.14

志賀高原の紅葉

《秋山郷へ日帰り温泉1》

12日の日曜日は志賀高原の紅葉を眺めた後、秋山郷で温泉に浸かって帰ろうと云うちょっと無謀な日帰りを組んでみた(笑)

朝7時前に大宮を出発。今回は花園IC~佐久ICを通勤割引、佐久IC~信州中野ICは休日昼間割引を活用して行こうと。
三連休の中日だけど前日の午前中は雨だったので高速道路は渋滞マーク。特に自宅を出る前から藤岡JCTで事故渋滞の表示が有ったが大宮を出発して1時間半後の花園IC到着時でも解消どころか本庄児玉まで延びている。乗ってすぐ渋滞に巻き込まれるのは嫌なので結局藤岡ICから上信越道へ。

その後は快調で信州中野ICから292号で志賀高原を目指す。湯田中温泉を越えて山道に入るとほんの数キロだけど渋滞。やっぱり紅葉シーズンだと混むんだねぇ。11時過ぎに琵琶池の駐車場へ。

081012_00

当初予定では渋峠まで上ってみようかとも思ったけどこの辺りでも充分紅葉しているし時間も押しているのでカメラを持って付近をウロウロ。

081012_01

081012_02

081012_03

081012_04

081012_05

1時間程度居たのでそろそろ次の目的地へ移動。蓮池から国道を離れ奥志賀方面へ。その先は冬季通行止めの雑魚川林道。
初めて走ったけど林道も全線舗装され乗用車同士なら殆どすれ違いに問題ない道。ただ紅葉観光で不慣れな車も走るのでペースダウン。
ところどころで車を停めて紅葉撮影の追加を。

081012_06

081012_07

081012_08

081012_09_2

これから段々と平野部に紅葉が下りてくるんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.01

イオンレイクタウンOPEN

正式OPENは明日だけど9/26からプレオープンしているので本日覗いて来た。
知り合いで何人か既に行った人が居たので聞くと「とにかく広い」と異口同音。なんだ、みんな判を押したように同じ事云いやがって、σ(^^)が行ってもう少し別な切り口から見てみましょう・・・はい、とにかく広いです(笑)

車で東埼玉道路の北側から訪問。手近な駐車場と云う事で「mori」エリアに停める。ちょうどJR駅から見ると一番奥になる。プレオープン期間の平日夜なので駐車場はすんなりと。

081001_02

081001_00

トヨタモールってトヨタの各系列店が一列に並んでいる脇から館内へ。丁度正面がスーパー「ジャスコ」、その手前に飲食店エリア。駅方向に向かって館内をブラブラ。店員はセグウェイに乗ってます。この段階で「こりゃ広そうだ」と。

様々な専門店が入っているので同じようなものを扱う店が何軒も。「あ、これ良さそうだな、でも他の店にもっと合いそうな(又は安い)ものが有るかも」とその場を離れたら貴方は二度とその店へ戻る気は起きないでしょう。この広い店内、端まで行ってから前に見た場所へ戻ろうなんて元気な人はそう居ません。

2Fに上がって連絡デッキを渡り駅に近い「kaze」エリアへ。当初は駅まで行って戻って来ようなんて思っていたけどその段階で「まぁいいか」と戻る事に。

館内が広いから駐車場も何処から入ったか判るように入口にカードが置いてあった。通路にも「どちらへ行けば何が有るか」の案内が有るし案内板も現在位置が判り易く表示されているけどそれ以上に広いので「何か有るかなぁ」くらいの気持ちで行くと結局何も買わずに帰る事になりそう。事前に「○×で△◇を買う」と決めて店の位置を案内板で確認して行くくらいの気合が必要かと。

081001_03

結局、moriの飲食エリアで博多ラーメン「一蘭」を夕飯に。ラーメン890円、替え玉190円・・・小麦価格高騰は理解しているつもりだがそれでも高い気がする。味は・・・まぁ人それぞれだけど。

081001_04

081001_05

イオンレイクタウン:http://www.aeon-laketown.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »