« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の16件の記事

2008.11.30

壱発ラーメン 八王子本店【八王子】

行きの中央道下りが空いていたって事は帰りは・・・勿論空いています。空いているどころかガラガラ。逆に気持ち悪く感じるくらい・・・19時前の小仏トンネル手前の景色がこれ。渋滞無くても交通量はそこそこかと思っていたのがこれなんだから。

081129_17

なので諏訪湖SAから1時間半で八王子ICに到着。夕飯は八王子で20年以上の歴史があるというラーメン屋「壱発ラーメン」に案内して貰う。

081129_18

この店は「今流行の・・・」や「本格ラーメン・・・」等とは別な「地元で昔から愛されている独特なラーメン」って事でカウンター10数席とテーブルが10席程度?狭いけど行列するくらいの人気店。お勧めのネギとろチャーシューを注文。

「ネギとろ」と聞いて魚のそれを想像していて「何だろう?」と思ったら「ネギ+とろろ」なんですね。ネギはよくあるけどとろろとラーメンって(笑)でもそれが食べてみると妙に癖になるって話も納得。スープにこくが出るというか味・食感共に新しい世界。

チャーシューもボリューム一杯で丼の縁にぐるり一周。これで普通盛り・・・中盛り頼まなくて良かった(笑)

081129_19

【壱発ラーメン 八王子本店】
住所:東京都八王子市台町1-17-8
電話:0426-26-9948
時間:11:00~26:00
休み:無休
料金:ネギとろチャーシュー味噌1,150円
URL:http://www.ippatsu.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイウェイ温泉諏訪湖【諏訪市】

もう1湯入って帰ろうと。帰り道の「さわんど温泉」へ寄ったのが15時半前。だけど何か用事があるのか営業時間内だけどゴメンねと云われる・・・残念。

081129_13

【さわんど温泉 梓湖畔の湯】
住所:長野県松本市安曇4159-14
電話:0263-93-2380
時間:7:00~18:00
休み:?
料金:700円
URL:http://www.sawando.ne.jp/kohan/index.htm

さて、どうしようか。松本市街の東に行けば浅間温泉とか有るけど時間的に大きな遠回りはしたくないなぁ・・・じゃぁ1箇所全く遠回りしないで寄れる温泉へ行こう・・・サービスエリアの温泉へって。
中央高速諏訪湖SAに上下線それぞれ温泉が有るのは以前から知っていた。ただなかなか入る機会もないのでこういう時じゃないとね。

サービスエリアの東端に独立した建物で建っています。やたら中途半端な金額は入湯税の関係か?込みにしてもいいだろうになぁ。

081129_14

お金を払ってスリッパを履き階段を上がれば脱衣所。下足ロッカー、脱衣ロッカー共に100円リターン式。歩く距離短いしスリッパ無しの方が手間少ないけど下足ロッカーは男女別に別れているので人数調整を兼ねているのか。

浴槽は内湯が2つ有って窓が大きく外の景色が眺められるがサービスエリアの西端だと諏訪湖が目の前だけど東なので湖と湖畔の道路が半々くらい。

081129_15

暗くなりかけの時間なので夜景が見えるはずだが灯りが反射して窓に顔を付けないと見えない・・・眺めは昼の方が良いのかな?
お湯は癖のない単純泉、それを循環塩素消毒だけど塩素臭はそれほどしなかった・・・って云うか昼間入った硫黄が身体に染み込んでいて何処でも硫黄泉状態で気にならなかった(笑)

因みに諏訪湖SAからの景色、下り線からの昼景と上り線からの夜景を。

081129_00

081129_16

【ハイウェイ温泉諏訪湖(上り)】
住所:長野県諏訪市豊田所久保3118-5道諏訪湖SA内
電話:0266-53-7115
時間:10:00~21:00
休み:無休
料金:595円
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂巻温泉旅館【坂巻温泉】

食事をして14時くらい。15時までの丸永旅館へ行くか、泡の湯の外湯へ戻ろうかと思案したけど「せっかくここまで来たなら近場に行こう」と。
もう暫くすると通行止めになる県道白骨温泉線、行きは古い情報で誤解して使わなかったが帰りはこちら経由で。
スーパー林道ほどではないけどこっちも雪が残る箇所があり運転に注意が必要だけど10分しないで国道158号へ。そこから安房トンネル方向へ暫く進み小さなトンネルを出てすぐを左折、坂巻温泉へ。

081129_09

内湯は宿の2階、露天は1階奥の戸を出て階段を下りた場所。内湯は覗くだけだったけど大きな窓から景色が見えて気持ちよさそう。

081129_12

男性露天はその階段からも駐車場からも丸見えだけどその分開放感も一杯。対岸の雪景色を眺めながら貸切状態で浸かる。
お湯は無色透明だけど硫黄の香りとタマゴスープ状の湯の華が舞い、浴槽足元は小石が敷かれてる。この小石、湯に浸かって座ると心地よいが歩くと痛い・・・健康悪い証拠かなぁ?(笑)
源泉温度が高いので加水しているそうだけどそれでも入って「いいお湯だなぁ」と思えるのだから源泉が力強いのでしょう。

081129_11

建物の外観は多少くたびれた風だけど中はリニューアルされているらしく落ち着いた風情でいい感じ。こちらも「泊まりで来たい」って思わせる宿ですね。

入口前にも温泉が注がれている小さな飲泉出来る場所もありお湯が豊富なんだなぁと納得。

081129_10

【坂巻温泉旅館】
住所:長野県松本市上高地
電話:0263-95-2453
時間:9:00~16:00
休み:?
料金:500円
URL:http://spa.sakamaki.ne.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おやすみ処・球道【白骨温泉】

081129_08

泡の湯を出て時間も13時くらい。お腹が空いたなぁと温泉街へ。白骨温泉は20年くらい前に一度来たきりだったので行けば思い出すかと思ったが何も覚えていない。
食事できる店が3軒有るそうだが2軒は冬季休業で開いているのはこちらだけ。

081129_06

道に面して喫茶コーナー、奥に食堂。メニューはざるそば840円、親子丼892円、焼肉定食1,365円、とんかつ定食1,470円、いわな定食1,995円など。。少し高めの価格設定なのも客の数等を考えると仕方がないのか。
で、ざるそばを注文。申し訳ないが味は特にどうって感じではない。高いけど定食類を頼めばまた違った印象か?
でも開いているだけでも有り難い店なので頑張って欲しい。ここが無いと冬場は昼食難民になってしまうから。

081129_07

【おやすみ処・球道】
住所:長野県松本市安曇白骨温泉
電話:0263-93-2444
時間:8:00~19:00(冬季短縮)
休み:不定
料金:ざるそば840円
URL:http://www.shirahone.org/kyudo/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泡の湯旅館【白骨温泉】

珍しく土曜に休みが取れた・・・替わりに日曜出勤だけど(泣)
まぁ、それはそれとして温泉仲間家族と白骨温泉へ日帰りで行ってみようと云う事に。通勤割引に加えて休日昼間割引が出来たので高速道路100km×2が半額で行けるようになり、調べたら八王子ICから韮崎ICで乗り直せば松本ICまで行ける。松本から下道を1時間走れば白骨温泉へ着くので八王子から片道計3時間、高速料金往復8,700円が5,000円に・・・よし行ってみようって流れです。

勤労感謝の日を含む三連休翌週なので多少は交通量少ないかなって思っていたけど多少どころか激少。土曜の下りで相模湖先頭の渋滞が無い中央道は珍しいかも。

八王子ICを8:20に乗り諏訪湖SAで休憩取って松本ICに10:30到着。ちょっと古い情報に騙されて行きは乗鞍高原経由で11:30に白骨温泉到着。11月も末なので前川渡から国道を離れると路肩に雪が見え隠れして乗鞍高原からのスーパー林道は雪道走行。前週にスタッドレスに履き替えて置いて正解・・・温泉に行くためだけに冬タイヤ履くって馬鹿の見本ですなぁ。

先ずは温泉街中心より1キロほど手前の「泡の湯旅館」へ。入口前の駐車場から露天風呂が見えちゃう作りだけど。

081129_21

但し日帰り客の駐車場はこちらではなく少し下がったところ。日帰り専用外湯の前に有ります。本館の日帰り客もすぐ側にある裏の入口から入れるので便利。

081129_01

081129_02

今回は雑誌「自遊人温泉パスポート」で無料入浴。無料でも受付の方の対応は良く好印象。受付横には無料の貴重品ロッカーもあるし浴場もすぐ脇なので行きやすい。

こちらは男女別内湯と内湯からすぐの小さな露天、そして有名な混浴露天って構成。男性は内湯から混浴露天へそのまま行けるけど女性は脱衣所が別れているので一旦着替えないといけない。

内湯には透明な源泉浴槽と加温し白濁した浴槽の2つ。源泉浴槽は37.6℃の湯なのでこの時期だと寒く感じるが宿の名の通り泡付きが良く湯ノ華も舞って気持ちがよい。

081129_04

内湯の窓の外に小さな男性露天が有るが温度は加温しているらしいけど源泉浴槽とおなじくらいのぬるさ。眺望も特に無くまぁこんなものか。

081129_03

混浴露天は男女別の出入口内で湯に浸かりながら出る仕組みなので白濁の湯だし女性でも敷居は低いよく考えられた造りです。
広い浴槽に樋から温泉がドバドバと注がれて雰囲気的に乳頭の鶴の湯を思い出させる鄙びの作り。(混浴露天へはカメラ持ち込みませんから画像無し)

お湯もぬるいので長時間浸かっていてものぼせることが無い。これが熱いと浸かっている間は白濁で気にならないが上がって休むときに見えちゃうって問題起きるからね。実際上がって休める感じの場所もないし。ただ加温した湯も入れているらしいが真冬は厳しいか?

紅葉が終わりスキーには早い時期なので人気の浴槽だけどカップルが5組、その他含めて20人は居なかったかな?殆どの人はマナーをわきまえてて気分良く入浴、ただ後から来た1組のカップルが混浴と貸切浴と区別付かないのかベタベタしていて見苦しくσ(^^)は内湯へ戻る。

営業時間が短く人気も高いので混むと入場制限もかかるそうですが「行って良かったなぁ」と思う宿。日帰りで印象良いと「次回は泊まりで」と。ただ土曜泊だと最低2万円くらいはするのでなかなか泊まれないけど。

【泡の湯旅館】
住所:長野県松本市安曇4181
電話:0263-93-2101
時間:10:30~13:30受付
休み:不定
料金:1,000円
URL:http://www.awanoyu-ryokan.com/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.11.24

満天の湯【柏市】

銚子を16時に出て帰りも利根川沿いを。行きは判らなかったが栄橋を渡る時に10分以上渋滞にはまった・・・他の橋はそんな感じ無かったんだけどなぁ。
布佐から成田線の南を走って手賀沼のほとりに有る「満天の湯」へ。

駐車場は確かにそれ程広いとはいえないが18時過ぎに到着したら満車で暫く周回して待ったくらい。
そして温泉施設はイルミネーション・・・いやぁ奇麗だけどスパ銭系温泉施設でイルミネーションがここまでのって珍しい?

081123_10

081123_20

日曜の、それも三連休の中日の夕方にスパ銭系温泉施設へ行くのだから混雑は覚悟の上だったがこれほど混んでいるとは。確かに近くに良い温泉が少ないから人気なんだろうなぁ。受付でも回数券の人が多かったし。

暗いし混んでいるので温泉の写真は無しね。
内湯は白湯だけかな?全部を眺めたわけじゃないけど。サウナ2種類やシルキー風呂とか工夫は有るな。
露天は大きなぬる目の浴槽と小さ目の熱い浴槽、3つの壺湯が温泉。笹濁りで塩分の強い温まるお湯です。成分が濃いから5分以上続けて浸かるなと。

端に井戸水を沸かして人工炭酸泉にした小さめな檜風呂が。3人も入れば一杯の浴槽だけど既に3人浸かっているところに子供が5人くらい突撃してきた(笑)

壺湯を延々占有しているオヤジ、タオルを湯に漬けまくる奴、五月蝿く騒ぐ子供たちと温泉とは云えスパ銭系だからマナーを求めるのは無理かな?

手賀沼のほとりに有るのだが露天の目隠しが高く眺望は無し。まぁバードウォッチで対岸から望遠鏡で眺める人がいる立地だから無理だな(笑)

館内のお休み処は個人別のリクライニングチェアが有ったし施設横には農産物直売所が有るし空いている平日昼間にきたらもう少し落ち着けるか?

081123_11

【手賀沼観光リゾート 天然温泉満天の湯】
住所:千葉県柏市箕輪68-1 
電話:04-7191-4126
時間:9:00~25:00
休み:第3木曜
料金:平日650円、土日祝日750円
URL:http://www4.ocn.ne.jp/~manntenn/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬吠崎ぶらぶら【銚子】

銚子漁港は土産に魚類を売る店や食堂が数軒ずつと思ったより小さい。

081123_12

081123_19

なので観光客が買物に行くのは車で5分ほど離れたポートタワー下の「うおっせ」かな?
三連休の中日と有ってなかなかの混雑振り。秋刀魚が20尾で1,000円と安いが買って帰ったら1人暮らしでは大変なことになる。

081123_09

081123_07

081123_08

そこから海に沿って犬吠崎へ。北の君ヶ浜から灯台を眺める。真っ白な灯台が崖に建つ姿は・・・あれ?一部黒い輪が有るなぁとカメラのズームで写せば観光客が狭い展望台に(笑)

081123_13

081123_14

京成ホテルか観光ホテルで日帰り入浴をお願いして海を眺めながら露天風呂とも思って居たがこの混み具合を考えると1,000円以上払って入っても落ち着かないなぁと止め。なのでそのまま海沿いを南下し外川漁港へ。

特に何が有るわけではないが崖に近い立地なので家々が傾斜に沿って密集して建つ景色と漁船がなんとなく心惹かれる。暫くボーっと付近を散歩。

081123_15

081123_18

081123_16

漁港から細い一方通行を上がると銚子電鉄の外川駅。暫く前に経営難から「ぬれ煎買って」で一躍有名になった会社。あれから1年近くたつが観光客が思いのほか乗っている。多分フリー切符で来たのだろうけど降りても何も無い駅なので皆さんそのまま折り返しているみたいだけど。

081123_17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久六【銚子】

そろそろ紅葉に飽きてきたので魚を食べに銚子まで。
大宮から国道16号を走り国道6号へ。そして利根川を渡る手前で利根水郷ラインに。布佐の栄橋からは利根川の北岸を走るが常陸川橋までの60km弱で信号が7ヶ所と大変走りやすい・・・ただし滑河の常総大橋より東は対向車が来るとすれ違い困難な場所も有るので要注意だけど。

で、大宮からちょうど3時間くらいで銚子に到着。車を銚子漁港の前に停め向かいに有る「久六」へ。
事前の調べでは営業は11:30からと書いてあったが流動的なようでこの日は11:50からと。到着が11時半だったので暫く待っていたら店の人が「とりあえず中へ」と入れてくれた。
店はカウンター6席、4人掛けテーブル3つと小さい。なので開店時に並んで居た人でほぼ満員となりそれ以降は1時間は待つ事になるから行くのなら開店時間に行くことをお勧めする。

081123_06

081123_00

で、σ(^^)がこの日食べたのは「金目鯛刺・揚げ定食 2,350円」。金目鯛の刺身、カマのフライ、南蛮漬け、和風そぎ身サラダにご飯、みそ汁、小鉢、お新香。因みにご飯お代りは無料。

081123_01

081123_02

金目鯛刺身はワサビ醤油と一味醤油の両方で味わってみてと醤油皿が2つ。刺身は身も厚く美味しかった。

081123_04

フライはカマの部分なので大きさの割には食べる場所は少ない。おろしポン酢でいただきます。

081123_03

南蛮漬けは・・・全体写真左下の皿だけどちょっと量が少ないかな?(笑)和風サラダは刺身にドレッシングがかかっていて普段は勿体無くてこんな食べ方できないから珍しい。

081123_05

あれこれ色々食べられたけど金目鯛刺身定食1,800円でも良かったかなぁ?昼飯に2,000円を越えるのはちょっと抵抗有るし(笑)同じ刺・揚げ定食だと秋刀魚の1,800円が気になるなぁ。

【丼ぶり・定食屋 久六】
住所:千葉県銚子市新生町1-36-49
電話:0479-22-1038
時間:11:30~18:00
休み:火曜日
料金:金目鯛刺・揚げ定食 2,350円
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.17

伊東マンダリン岡本ホテル 【伊東】

個人的な好みとは別に行く事になる旅も有る・・・まぁ色々有ってね。で、急遽宿泊したのが伊東のマンダリンホテル岡本。事前の情報は一切なしに連れて行かれたって事で。

081117_03

部屋は1人部屋をあてがってもらう。通常なら4人は泊まれる部屋だろうから広々と。まぁ部屋にいて記憶有った時間は殆ど無かったけどね。窓からは伊東の街が見えた。

081116_00

081117_04

チェックインしてすぐに温泉へ。大型ホテルだけど源泉掛け流しで循環無しだと。使わなかったけど部屋の風呂も温泉との事。お湯は無色透明で塩分が多少入っているけど分類的には単純泉かな?

男女別の大浴場は1Fに、男女交代の露天風呂はフロントの有る2Fの奥に有る。時間で交代なので男性は18:30~23:00、7:30~チェックアウトと好きな時間に行けないのが残念、特に夜は酒を飲んでしまうと入る時間無いし(笑)

081117_02

大浴場にも小さな露天風呂は付いているがしっかり屋根付きで露天と云っても外気が入るってくらいで。
でも大浴場は夜中も入れるので2時過ぎに目覚めて入れたのは嬉しいかな?飲んで21時前に寝てしまうと大概深夜1時とか2時に目が覚めて酒もそこそこ抜けているので「さて温泉へ入って寝なおそう」って時に入れない宿も有るから。

081117_00

081117_01

宿泊人数が多かったので食事は宴会場の個室で。少人数だと夕飯は部屋だしかな?料理は値段相応で豪華とは云えないけど酒飲むならこの程度で構わないと思う。写真撮る雰囲気じゃなかったので画像無し・・・あぁストレスが溜まる←泊まった宿で食事を撮影しなかったのって久しぶりだから(爆)

東京駅などから無料往復バスも有るそうなので安上がりに旅をしたいならまずまずかな?個人的には大浴場隣の娯楽スペースにマンガ本がずらりと有って横山の「三国志」「水滸伝」が有ったのが嬉しかったなぁ。
夜中に温泉へ入った後に思わず読みふけちゃいました・・・おかげで翌朝寝坊したけど。

【伊東マンダリン岡本ホテル】
住所:静岡県伊東市桜木町2-9-5
電話:0557-36-0011
時間:日帰り入浴無し
休み:無休
料金:9,680円~
URL:http://www.okamotohotel.co.jp/mandarin/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.11.09

吹割の滝の紅葉【沼田市】

昨年は10/28、11/4と続けて吹割の滝の紅葉を眺めた。当初は今年は行く予定ではなかったけど・・・何故か行く事に。
昨年とほぼ同じ場所から撮影。その年によって色づき具合は違うからなんとも云えないけど今日(11/9)の紅葉が色的には一番奇麗かな?ただ曇りだったので鮮やかさが今ひとつ。

081109_01

水量も秋は台風の後じゃないとそれ程無いので勢い的には物足りないかな?まぁ台風直後は増水で遊歩道が通行止めになっちゃうけど(笑)

081109_02

081109_03

081109_04

081109_05

081109_06

今年も手前の無料駐車場へ停めて歩いて行ったけど滝付近は土産物屋のおじちゃん、おばちゃんが「無料」と大嘘こいてオイデオイデしてましたねぇ・・・何とかならないのかなぁ?折角来たお客さんを不愉快にして帰して何が嬉しいのやら。500円とか1,000円のその店専用の買い物券を売りつけて「実質無料」とは詭弁だと思うな。
081109_07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.04

川霧の湯【塩谷町】

夢の湯で露天に入れなかったのがなんとなく悲しくてもう1湯寄る事に。普段であれば上三依塩原温泉口から国道400号を走り塩原温泉でもう1湯入って帰るんだけど先週同様渋滞しているだろうなぁと気が進まない。まぁ八方ヶ原経由にすれば良いけどそれこそ先週と同じ道で芸が無いので今回は121号を南下し鬼怒川温泉経由で川霧の湯に行く事に。

081101_52

紅葉した景色も段々と緑が増えてきて鬼怒川温泉付近だと後もう少し位かな?川霧の湯は鬼怒川に面した露天風呂だけの施設だけどここまで南下してくると紅葉も殆どしていない。

道路から階段を降りて受付をして又階段を降りて湯小屋へ。浴槽は脱衣所から又下がった場所にあるから道路からすれば3階分くらい下になるかな?

大きめの浴槽を2つに仕切って上流側が熱めの湯、下流側がぬるめ。川の流れを眺めながら浸かる露天風呂はやっぱりいいねぇ。

081101_53

081101_54

【川霧の湯】
住所:栃木県塩谷郡塩谷町船生6978
電話:0287-47-1037
時間:10:00~21:00
休み:第3月曜
料金:700円、17:00~500円
URL:-

帰りは上河内SAに併設されたスマートインターから東北道へ。川霧の湯を出る時に携帯で渋滞情報を見た時はそれ程でもなかったので安心して乗ったらその間に渋滞しちゃったらしくいつもの館林~羽生でノロノロと。
20分くらい余分にかかったかなぁ?これなら新4号で帰っても良かったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の湯【会津高原】

木賊温泉の近くまで来たんだし川沿いの共同浴場へ立ち寄ろうかと思ったけど時刻は14時。行けば往復で30分はかかるだろうから後の事を考えて帰路に。
ただ温泉は浸かりたいから国道121号・400号へと曲がる手前の会津高原駅近くに有る「夢の湯」へ。

081101_49

Webでの評判は「新しくて奇麗」と「もう少し清掃を」の両論有るのでそれも気になっていた・・・結論。出来た当初はきれいだったけどその後のメンテナンスが上手くなくカビとかが出ている様子。

浴室は窓が大きいけど「開けないように」と書かれていて湯気がこもったままなのでそれが原因かなぁ?
お湯自体は特徴ないけど掛け流しらしく気持ちは良い。ただ以前は有ったと云う露天は今はやって無い様でσ(^^)的には今ひとつ。

081101_50

窓の外は紅葉した山が見えて悪くは無いんだけどね。ちょうど浴槽の上になる場所から撮影した景色はこんな感じ。

081101_51

【会津高原温泉 夢の湯】
住所:福島県南会津郡南会津町滝原字向熊久保1373-1
電話:0241-66-3131
時間:10:00~20:00
休み:無休
料金:500円
URL:http://www.yumenoyu.com/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

前沢曲家集落【南会津町】

店を出て集落へ。観光客は集落内へ車で乗り入れ禁止。蕎麦屋の駐車場が観光客用駐車場を兼ねていて端に入村券売り場が有ります。大人300円は資料館の入館料込み。

大内宿はあれ程観光客で溢れていたけどこちらはチラホラ。同じく茅葺の民家が何軒か並んでますが確かに規模は小さい。
実際に生活している集落なので電柱とか撮影しようとすると目障りだなぁ。もっと観光客が来て維持費が出れば埋設可能なんだろうけど。

081101_27

081101_28

081101_29

081101_32

081101_33

081101_30

081101_31

入口の橋の脇に水車小屋が有りました。これも実際に生活で使用しているのかなぁ?

081101_37

081101_34

081101_35

橋の上から見た紅葉も丁度見頃。大内宿に比べれば土産物屋とか少ないけどのんびりしていていいかな?

081101_26

081101_38

URL:http://kankou.tateiwa.org/look/maezawa.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば処 曲家【南会津町】

湯野上温泉を出て国道121号を南へ。会津田島で左折し桧枝岐方面へ。以前桧枝岐へ行った帰りに見かけた曲家の集落へ行って見ようと。

場所がうろ覚えの上、今回の行き先決定が前日だったので「確かこっちの方だったよなぁ」と・・・どんどん走って着いてみれば木賊温泉へ曲がるすぐ手前だった。湯野上温泉から1時間かかったなぁ。

「前沢曲家集落」に入る駐車場横に建つのが「そば処 曲家」。昼食が未だだったので先ずはこちらへ。

081101_48

12時半過ぎなので店内はほぼ一杯。相席で座らせてもらう。σ(^^)は天ぷら、はっと、冷奴が付く「天ざるセット 1,500円」を注文。

081101_42

081101_45

「はっと」ってメニューにさりげなく載っているけど普通知らないよね。桧枝岐に行った時にσ(^^)は初めて知ったけど蕎麦餅に黄な粉をまぶした料理だそうです。折角メニューに載せているなら能書き何処かに書けば喜ばれるだろうになぁ。

081101_43

天ぷら用に抹茶塩と沖縄の塩が置いてあったのは嬉しいな。

081101_44

081101_46

蕎麦はコシは有るけど食感がいつも食べている蕎麦と何か違ったなぁ。断ち蕎麦ってこんな感じだったっけ?まぁ店内の雰囲気も良いし、途中にも蕎麦屋は何軒も見かけたけど雰囲気込みなら悪くないかな?

081101_47

【そば処 曲家】
住所:福島県南会津郡南会津町前沢831
電話:0241-78-2340
時間:10:30~16:00
休み:11月中旬~4月上旬
料金:ざるそば800円
URL:http://nosan.tateiwa.org/magariya.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯野上温泉露天風呂【湯野上温泉】

大内宿から湯野上温泉まで10分、国道へ出る場所は信号が無いのでこっちも渋滞しそうな場所だなぁ。
この辺りの紅葉も奇麗です。すぐ近くの塔のへつりもきっと混んでいるんだろうなぁ。

081101_23

081101_24

081101_25

湯野上温泉へ折角来たんだし河原に有る無料の露天風呂へ寄って見ようと。話には聞いていたけど場所を詳しくは知らない。「吊り橋から丸見え」って云うので地図を頼りにちょっと迷ったけど吊り橋へ到着。橋を渡って踏み切り越えたら左へ進み突き当りを又左へ・・・げげっ、物凄く狭い、間違えたか?
丁度近くに人が居たので聞いてみたら「ここを下がって踏み切りを越えて道なりに降りれば行ける」と。
云われた通りに走るが乗用車で道幅ぎりぎりだし急坂で切り返ししなくちゃいけないと難儀な箇所が。
やっと降りれば駐車場は10台くらい停められる広さ。確かに吊り橋の真下付近に人影が見える。先客1名なので挨拶して入浴。もう2週間もすればこの浴槽も冬季閉鎖になると。

081101_41

脱衣所は無いので岩の上に服を置き入浴。最初はちょっと熱く感じたけど外気が寒いので慣れると丁度良い。

081101_39

081101_40

紅葉した崖を眺めながらのんびりと入浴。すぐ上に線路が見えるが「通過するときは一瞬だよね」などと先客と話しているところに列車が・・・対岸の紅葉が奇麗だからか徐行してるじゃん。湯に浸かりながら手を振ったら車内から手を振り替えしてもらいました(笑)

しかし次にここへ来るときは車は上に置いて歩いて来よう。万が一対向車来たら目も当てられない(笑)

【湯野上温泉露天風呂】
住所:福島県南会津郡下郷町湯野上
電話:-
時間:明るい時間
休み:冬
料金:無料
URL:http://www.town.shimogo.fukushima.jp/kankou/place03.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.03

紅葉の大内宿【下郷町】

先月から毎週紅葉を求めてあちこちフラフラ。4週目の今回は福島県は会津西街道の大内宿へ。

伝統的な家並みが並ぶ一角は観光客で常に混むと聞く。特に行楽シーズンは湯野上温泉から5km程度の距離が3時間かかるとも。その観光シーズンど真ん中に行くので夜明け前の5時過ぎに大宮を出発。
久喜から乗った東北道は日光方面の観光客でそんな時間でも車が多いが宇都宮を過ぎると減って下りる白河IC付近では普段通り。
9月に開通したばかりの289号線で甲子温泉を横切り会津下郷へ。カーブも坂も殆どが緩やかで走りやすい道だ。

大内宿には8時半前に到着。駐車場は三割程度の入りです。観光バスは1台・・・何時に何処を出たらこの時間に着くんだろう?

081101_01

081101_02

081101_04

081101_06

081101_08

081101_09

081101_10

081101_11

081101_17

081101_13

081101_14

081101_15

081101_18

081101_19

081101_21

茅葺の家が並ぶ通りは9時くらいには営業開始の店がチラホラ。可愛い猫の置物なんか売ってましたねぇ・・・あれ?バリで似た様なのを見たなぁ。
上が大内宿で売っていた置物、下はバリ島のウブドで見た置物・・・一緒じゃないけど似ているなぁ(笑)

081101_55

081101_56

岩魚や団子を焼いたのを売ってる店やネギ1本を箸代わりにして食べるネギ蕎麦の店などがお客さんに人気みたい。

081101_20

道を奥に進み一番奥の高台へ。大内宿と云えばこの場所からの写真が有名ですね。なのでσ(^^)も撮影。

081101_16_2

のんびり観光していたので10時近くに。段々と観光客も増えてきてこの有様(笑)

081101_22

駐車場も第一、第二、臨時と全て一杯になっていて空き待ちの車が何台か並び始めていた。基本的に観光バスを停めるスペースが不足しているのにバスが大量に来るから駐車場渋滞が発生し易い。途中で逃げる事も出来ないのでマイカーもそれに巻き込まれているんだろうなぁ。この三連休、きっと大渋滞したに違いない(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »