« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の21件の記事

2009.01.27

竹卓【明和町】

日光湯元の帰りは館林ICで東北道を降りて122号線沿いの「竹卓」でお夕飯を。店の前を何回か通っていて気になっていたので。

090125_16

外観は暗くて良く見えないけど内装は洒落ている。云っては悪いが羽生から川を越えた先にこれほど洒落た店があるなんてちょっとびっくり。
入口入って左の部屋はこんな感じ。都内になら似た店は有るだろうけどゆったりと作られているので席の間隔が広い。

090125_15

料理はアルコールと合わせるつまみ系が多いけど定食も有るので食事だけでも大丈夫。竹卓風鉄板焼きミソカツに和食セットを付けて注文。

鉄板の上にキャベツが敷かれその上に味噌カツが載って。この味噌ソースが辛口に仕上がっていて美味しい。和食セットのみそ汁が2人前くらいのボリュームで具はあさりだった。(具が日によって変わるかは不明)

090125_20

デザートのフレンチトーストは揚げパンに生クリーム、アイス、チョコソース。カリっとした食感が新鮮です。

090125_22

価格的にはちょっと高めに感じるけど内装込みでのんびり食べるなら悪くないかな?

もう少し詳しくは別ブログに。

【竹卓(ちくたく)】
住所:群馬県邑楽郡明和町大佐貫691-2
電話:0276-84-2232
時間:11:30~15:00、17:30~23:00
休み:月曜
料金:竹卓風鉄板焼きミソカツ 1,280円+和食セット 480円
   クリーミーフレンチトースト 580円他
URL:http://ticktack.town-j.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.26

第3回奥日光ウィンターフェスティバル【日光湯元】

湯の湖は今日も半分くらい凍っていて水鳥が未だ凍結していない部分に集まっている・・・冷たそうって思うのは人間の誤解なんだろうけど・・・やっぱり冷たそう(笑)

090125_34

090125_32

090125_33

そこから道を挟んだ反対側、当日の朝にTVでやっていたので気が付いたが湯元入口の「湖畔ひろば」で「2009 全日本氷彫刻奥日光大会」と銘打って氷の彫刻の展示をしていると。
そう云えば来る時に車からかまくらが見えたなぁと思い尋ねたら「そのかまくらの中に展示している」と。

090125_37

25人の職人が氷の彫刻の腕を競って審査で順位をつけるとか。氷彫刻って話には聞くけど実物をこれだけ見るのってはじめてかな?

090125_30

各かまくらの中に人やライオン(?)、カマキリと色々な彫刻が。このペンギンはなんかいいなぁ、特に賞を取った訳じゃないらしいけど。こたつに入っている子供ペンギンがなんとも云えない。

090125_38

090125_29

090125_24

090125_27

090125_28

こちらが最優秀賞だと。環の部分の彫が細かいなぁ。融けるまで2週間程度展示されているとの事。

090125_31

会場の外れには小さなかまくらが並んでいて夜になると中に灯が点りライトアップされる様です。

090125_25

090125_26

第3回奥日光ウィンターフェスティバル:http://www.nikko-jp.org/event_sys.shtml?1887

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥日光森のホテル【日光元湯】

2湯目はバスターミナル先の突き当りを左折した先。未だその奥にも宿は数軒有るようだけど奥の方の1軒です。
こちらは前回も使った「ウキウキパスポート」で半額で入れて貰う。

090125_12

脱衣所は籠のみで貴重品はフロントで預かってもらうシステム。脱衣所と浴室の間に4畳半程度だけど何も使ってないスペースが・・・休みどころなら椅子がもう少し欲しいし何だろう?

窓の大きな内湯、右手前にはサウナ。
露天風呂は内湯の窓の向こう側。溢れた湯が流れ出るところが露天への通路になっているので冷たい思いしないで露天へ行ける。

090125_14

露天風呂は清掃でお湯を入れ替えたばかりなのかな?透明なお湯だったけど岩とかには成分が付着して白い部分があるから時間が経てば内湯と同じく白濁するかと。
浴槽の真ん中に岩が配して有るので足を延ばしてのんびり入れるスペースが限られてしまうのが残念。
ただここ目隠しが遠いので開放感が有るし、その先の雪山を眺められる景色はそれなりに良い。

090125_13

【奥日光森のホテル】
住所:栃木県日光市湯元もみの木通り
電話:0288-62-2338
時間:14:00~20:00
休み:不定
料金:1,100円(ウキウキパスポートで550円)
URL:http://www.morino-h.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥日光小西ホテル【日光元湯】

前の記事にも書いたけど結局日光湯元まで路面は乾いたままで到着・・・但し駐車場はちゃんと雪が凍って残っているのでやっぱりノーマルタイヤでは無理(笑)

先ずは1湯目、先日入った「奥日光高原ホテル」のお隣の宿「奥日光小西ホテル」へ。通常日帰りは1,000円だが雑誌「温泉博士」の手形で無料で入れて貰う。無料でもホテルフロントの対応は物凄く丁寧で恐縮してしまうくらい。

090125_09

温泉はフロント前の廊下突き当りの右側。のれんが出ているので判り易いが浴室入り口のドアがトイレのそれと似たデザインで「さぁ温泉」って雰囲気ではない。
脱衣所は鍵のかかるロッカーが並び日帰り客にはありがたいね。

内湯は大きな浴槽が1つ、湯気が凄く手前が見えないくらい。
露天風呂は詰めれば10人程度は入れるか?それなりに大きな岩風呂。目隠しが有るけど距離が有るので開放感はある。

090125_10

090125_11

湯の華は黒く知らないと汚れに思われるかも。聞いたら源泉が高温なので地下水で加水しているがそれに鉄分が含まれているため黒くなると。聞けば皆納得するだろうけど知らないと浸かっている間ずっと気分を害している人もいるだろうから浴槽の脇にでも書いておけば良いだろうになぁ。

【奥日光小西ホテル】
住所:栃木県日光市湯元温泉2549-5
電話:0288-62-2416
時間:7:00~10:00、13:00~21:00
休み:無休
料金:1,000円(温泉博士で無料)
URL:http://www.okunikkokonishihotel.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手打そば かつら【中禅寺湖】

イチゴ狩りの後は杉並木をそのまま走って今市、日光市街を通りいろは坂へ。2週間前は坂の途中から路面に残雪がそれなりに有ったけど今回は全くと云って無し。後で聞いたら金曜に暖かい雨が降って固まっていた雪を溶かし除雪車がそれを除いたて土日と快晴なので乾いた路面になったと。結果論で云えば日光湯元までノーマルタイヤでも行けたくらい・・・ただ偶然の産物であって冬の日光は冬タイヤ必須です。

090125_04

中禅寺湖に出たら信号を左折し立木観音門前の蕎麦屋「かつら」へ。
いちごをお腹一杯食べたけどやっぱりいちご、暫くすれば蕎麦くらいは食べられます。

090125_05

店の奥の席からは中禅寺湖が一望、2Fはもっと眺めが良いそうだけど広い分暖房が効かないからと1Fに案内される・・・それでも寒い、さすが冬の中禅寺湖だ。

090125_39

090125_40

メニューは「一合そば 750円」「一.五合そば 1,100円」「天ざるそば 1,680円」「ゆばそば 1,135円」「ゆばきのこそば 1,300円」など。
空腹なら天ぷらの1.5合と行きたいが大人しくざるそばにゆばのうま煮が付いたセットを注文。

090125_08

090125_06

090125_07

普段ゆばってあまり食べないので味の評価は不明だけどしっかり煮汁の味が付いてて食感も悪くない。
蕎麦は細めだけど歯ごたえ有るしシャッキリ冷たい。最後に締める水の冷たさが想像できる。

【手打そば かつら】
住所:栃木県日光市中宮祠2482
電話:0288-55-0238
時間:9:00~16:00
休み:不定休
料金:ゆばのうま煮と一合そば 1,260円
URL:http://www.okunikko-inshoku.org/entry2_16.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福田いちご園【宇都宮市】

先々週は中禅寺湖を眺めて日光湯元で白濁の温泉へ・・・
先週は塩原でイチゴ狩りして温泉、とっちゃん家へ・・・
で、今週はイチゴ狩りして日光湯元の温泉へ・・・別に頭が悪くて行った事を忘れていた訳では無く両方合わせ技できるかなぁと単なる好奇心で(笑)

奥日光へ行くのだからいちご園もその近隣に無いか探して見つけたのは「福田いちご園」。東北道の宇都宮IC降りて国道119号線を少し走った場所にあるので丁度行きやすい。

090125_03

10時半頃到着したら先客が受付しているところ。10時開園でハウス内に人影無いから今日2組目って事だな。
受付済ませて入口で注意事項を聞き、練乳の入ったヘタ入れ容器を受け取る。ハウスが南北に長い感じなので左側は陽を受けて生暖かいが右側は未だ冷たい。なので右側を集中的に狙う(笑)

090125_00

090125_01

090125_02

ハウスは幾つか有り、少し離れた場所にも又あるそうだけど日光、鬼怒川へ向かう国道沿いにあるため客も多いのか赤く熟したイチゴばかりって訳でも無い。前日の土曜に食べつくされた?(笑)
中には赤いけど味が無くボケた感じのも有れば、とちひめと間違えるくらい甘い当たりも有る。

30分食べ終えて11時くらいには狭い駐車場は満車状態。この調子では昼には赤い実は本当に食べつくされそうだ(笑)

【福田いちご園】
住所:栃木県宇都宮市石那田町876-8
電話:028-669-2340
時間:10:00~16:30
休み:無休
料金:1,300円(とちおとめ)
URL:http://www5f.biglobe.ne.jp/~fukuda-ichigoen/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.19

もつ煮セット@とっちゃん家【那須烏山市】

夕飯は久しぶりに烏山の「とっちゃん家」に行こうと。温泉仲間と栃木へ行くとここで夕飯食べることが多い。まぁ年に4~5回だけど。

その前に佐久山でコロッケ類を調達。冬なのでもつ煮があったからお土産で購入・・・って夕飯ももつ煮食べるのに。
観光地でもないのにひっきりなしにお客さんが来て常に列を成す肉屋さん。

090118_07

090118_08

090118_09

【和気精肉店】
住所:栃木県大田原市佐久山2198
電話:0287-28-0155
時間:09:30~19:00 惣菜は18:30迄
休み:火曜日
料金:コロッケ100円
URL:http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=2929

*******************************************

って事で佐久山から喜連川を抜けて大金に抜ける。のどかな里山の光景で気に入っているけど「この道を走るって和気精肉店→とっちゃん家のコースを選んだときだけの筈なのになんで何度も走っているんだろう」とワンパターンな自分に笑いがこみ上げる。

約40分で到着。相変わらずのどかな川の脇、店が有るとは思えない場所です。

090118_10

今日は事前に情報を聞いたときから決めていた「もつ煮セット(もつ煮込み+ライス+ちたけうどんハーフ)1,000円」にプリン210円を。
先ずは前菜盛り合わせ。沢蟹が可愛くて美味しかった。何が出てくるかはその日で違うんだろうけど毎回美味しい。

090118_11

090118_12

パンプキンスープ。これは前菜のうちか、サービスか?

090118_13

で、今回のメインの「もつ煮込み」。想像していたのより上品な味で和風もつスープって感じで上に何故かカボチャのペーストが乗る。
じっくり煮込まれていてもつも野菜もトロトロに柔らかいけど想像していた居酒屋風のもつ煮とちょっと違って残念。お酒が欲しくなるかと心配していたけど味も濃くないので大丈夫。

090118_14

セットのハーフちたけうどん。栃木県民が大好きな味と聞くが「ちたけの味ってどんな味か」が良く判らない。栃木メンバーに聞いたらこの香りも味もちたけだよって・・・確かに独特な土っぽい味が有るけど・・・県外者には良く判らない(笑)

090118_16

最後に自家製プリンを食べて18時前に烏山線で帰るメンバーを見送りに小塙駅へ。

090118_18

曇りだったので星は見えなかったけど灯りが殆ど無いので晴れていたら星が奇麗だろうなぁと思う無人駅。付近に民家は殆ど無く少し離れた場所に集落が有ります。2両編成のディーゼルに無事仲間は乗って帰路へ・・・関西までなので6時間はかかるって(笑)

090118_19

σ(^^)は県道10号で新4号を南下し春日部まで2時間弱、そこから大宮までまた30分と2時間半で帰宅。

【とっちゃん家(ち)】
住所:栃木県那須烏山市森田1049
電話:0287-88-1161
時間:11:00~21:00
休み:月曜日
料金:モツ煮込みセット1,000円
URL:http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=4793

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルアオキ【大田原市】

千本松温泉に浸かりながら2湯目は何処に行こうかと相談。当初は馬頭・喜連川辺りを考えて居たが10人くらいと大勢だし露天が広くてσ(^^)の行った事の無い「アオキ」へ行こうと。
塩原など山の方へ行かなくても迷うくらい良い温泉が平野部のあちらこちらに有るって栃木は温泉に恵まれてますね。
大田原の市街地を通過して街外れに建つホテル。宿泊利用者はどういう目的なのかちょっと不明な場所。観光でも無いだろうし、ビジネスだったら街の中だろうしなぁ。

立派な玄関が有りますが・・・日帰りの受付は右側の建物の間を通った先。ここもさっき貰ったクーポンで100円引き。

090118_05

内湯はもうもうと湯気が充満。カランも温泉かな?掛け湯だけして露天へ。
ドアを出てぐるりと内湯の外を歩くので寒い。でもその先には滝を眺めながら入れる大き目の浴槽が。

お湯はちょっと熱め、ツルスベ感はさっきの千本松より強いかな?無色透明だけど温泉らしさは充分。
飲泉コップがあったので飲んでみるとほのかな塩味と何故かタマゴ臭が・・・硫黄は入ってないみたいだけど。

090118_06

休憩所は1Fに小さめのが有り、2Fに大きな部屋が。ただカラオケがガンガンと五月蝿いので歌わない人は1階がお勧め(笑)

市内からここに向かう途中、橋のたもとに行列しているたい焼き屋を発見・・・今度寄ってみようかな?

【那須野ヶ原温泉 ホテルアオキ】
住所:栃木県大田原市中田原1625-1
電話:0287-23-8100
時間:9:00~22:00
休み:第3木曜
料金:600円
URL:http://www.e-aoki.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千本松温泉【那須塩原市】

イチゴ狩りしてお腹一杯になったので温泉へ。何処へ行こうかと相談して決めたのはここ。道の駅に有ったパンフレットに100円割引券が付いていたし。

千本松牧場と云えば西那須野塩原ICからすぐの観光客に人気な施設。冬でもそれなりに観光客の姿が。
で、その奥に温泉が。日曜だけど昼から温泉に浸かる客はあまりいないのでガラガラ。夕方はスキー帰りの客で込むだろうけど。

牧場の方から行くと入り口は反対側になります。写真正面の建物の反対側に入口が。因みに写真左側が露天風呂。

090118_03

露天風呂は手前と奥と2つの浴槽。手前は42℃とちょっと熱め、奥の大きい方はもう1℃くらい低かったかな?適温です。
薄く緑がかった透明なお湯でゴムのような独特な臭い、ツルスベ感有り観光地の温泉でもお湯はちゃんとしたもの。

090118_04

【千本松温泉】
住所:栃木県那須塩原市千本松799
電話: 0287-36-1025
時間:10:00~24:00
休み:無休
料金:600円
URL:http://www.senbonmatsu.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩原でイチゴ狩り【那須塩原市】

温泉仲間と毎年恒例のイチゴ狩り、昨年も行った「いちごランド」へ。
塩原へ上がる坂の手前、道の駅「湯の香しおばら」の隣にある農園なので駐車場は道の駅を使用出来る大変便利な場所だけど何故かお客さんが少ない。いや、来る時は来るんだろうけど。

090118_00

時期によって料金が違うけど今回は大人1,500円で30分食べ放題。この日は天気が今ひとつだったのでハウス内の温度も上がらず冷たいイチゴです。その代り冷たいと甘味の感じが落ちるので昨年より酸味が強く感じたかな?でも真っ赤に完熟したイチゴが沢山。場所によっては探しても熟したイチゴが見つからない様な農園も有るのでそれに比べたら○。30分あっという間でしたね。

090118_01

売店では「とちひめ」を売ってました。8粒1,000円・・・高いなぁ。大きい粒は1粒で300円と。流通に乗らない「とちひめ」なので買おうかとも考えたけど美味しいとちおとめを充分食べたので止めました。

090118_02

【いちごランド】
住所:栃木県那須塩原市関谷513
電話:090-1559-6531
時間:10:00~15:00
休み:無休
料金:大人1,500円、子供750円(1/16~2/28)
URL:http://homepage2.nifty.com/ICHIGO/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.11

大豆生田商店【栃木市】

日光湯元を15時に出て宇都宮には16時、多少時間に余裕有るから帰りは下道で。宮環から県道2号へ出て栃木市へ。
日光宇都宮道路の清滝ICから宇都宮ICが30kmで冬割引350円、宇都宮ICから東北道で栃木ICまでがほぼ同じ30kmで950円、通勤割引等使っても500円。う~ん、同じ乗るなら宇都宮道路だなぁ。

で、栃木インターへ曲がるジャスコの少し先、県道沿いに焼きそばの美味しい店が有ると。この辺りでは焼きそばにじゃがいもを入れると聞いていたので初挑戦。

宇都宮方面から来ると反対車線になるので手前の信号で右折してすぐの細い路地を左折、20mくらいで塀が途切れる角があるから左折すると大豆生田商店の駐車場、10台くらい停められると。一応県道も分離帯が切れているので右折出来そうだけど交通量が多いからねぇ。

090111_12

17時過ぎに到着なので先客1組程度。焼きそばは並盛350円、大盛450円、イカ入り並400円、イカ入り大500円、ポテトとキャベツの増量は各50円。
待っている間にインスタントコーヒーを勝手に飲んで良いそうです。腰が低く愛想の良いおばちゃんが「出来るまでにこれ舐めててね」と飴をくれた・・・このおばちゃんのキャラが人気なんだろうな。

090111_13

数分で出来上がった焼きそばは確かにジャガイモ入りです。形が崩れて無いから軽く素揚げしたのか?具は他にキャベツだけとシンプルです。

ジャガイモの中までソース味が滲みていないのでイモ部分を食べるとそこだけあっさり、食感も焼きそばとしては違和感有りになっちゃうけどこの辺りではこれが好まれるんでしょう。ボリューム的にもジャガイモが有ると満腹感高くなるし。

090111_14

090111_15

【大豆生田商店】
住所:栃木県栃木市薗部町2-19-32
電話:0282-22-3796
時間:10:00~18:00
休み:月曜
料金:焼きそば大盛り450円
URL:http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=919

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥日光高原ホテル【日光湯元】

湯守釜屋から徒歩5分くらいか、小西ホテルと休暇村の間に建つホテル。小学校のスキー合宿が有ったようでちびっ子で大賑わい。こちらも「日光・鬼怒川ウキウキパスポート」で半額で入れて貰う。
連休だからか日帰りは20時までと書いてあったけど「16時までには」と念を押される・・・2時間は居ませんから(笑)

090111_08

フロントから1階上がって暫く奥へ進み到着、敷地の一番端に有るんだね。左手に男女別の内湯が有るみたいだけどそこには入れず、階段を数段登った場所に別な男女別の温泉が。こちらにも内湯が有るので使い分けはどうなっているんだろう?
手前に100円リターン式の貴重品ロッカーが有ったので利用。宿泊客だけなら要らないんだろうけど日帰り客には嬉しいサービス。

内湯は窓が大きく気持ちが良い。その窓の向こうに細長い露天風呂がある。
ここの露天風呂も5~6人程度かなぁ?詰めれば10人入れるか?
目隠しの壁が有るけど高くないので湯に浸かりながら向こうの雪山が見える、開放感有るねぇ。

090111_09

090111_10

その代り上がって休もうとすると外からも見られちゃう(笑)ちょうど小学生達がスキーで宿に戻ってくるところ。

090111_11

ここでも露天で30分以上浸かってました。お湯は先ほどの釜屋より透明度が低く白濁。その代り湯の華はそれ程見えない。

【奥日光高原ホテル】
住所:栃木県日光市湯元2549-6
電話:0288-62-2121
時間:12:00~20:00
休み:
料金:600円(パスポートで300円)
URL:http://www.okunikko-kougenhotel.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯守釜屋【日光湯元】

中禅寺湖半の二荒橋前信号から約20分、日光湯元に到着。三連休の中日だし、スキー客が多いようで公共駐車場はほぼ満車の混み具合。

090111_05

日光・鬼怒川ウキウキパスポート」で半額で入れて貰う。それでもタオルをくれるんだからありがたい。

090111_16

未だ昼過ぎなのでスキー客は殆どいない・・・うん、普通ここまでわざわざ温泉だけに来ないよなぁ(笑)脱衣所の籠がちょっと変わってて面白い。

090111_06

内湯は浴槽が左右に有りそこそこ熱め。でも浸かっている人がいたからちょっと感心、σ(^^)には無理。
露天はぬるめで何時までも浸かっていられそうな温度。冷えた身体を温泉で暖めてって人には確かに向かないか。
壁がすぐ有り浴槽も5~6人で一杯になりそうな大きさだけど岩が良い具合に配置されていて半分寝湯状態で浸かれる。

薄く白濁し湯の華が舞う中、のんびりと30分以上露天でぼんやりしてました。

090111_07

【湯守釜屋】
住所:栃木県日光市湯元2548
電話:0288-62-2141
時間:10:00~20:00
休み:?
料金:1,000円(パスポートで500円)
URL:http://www.yumorikamaya.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅井精肉店【日光市】

中禅寺湖半の精肉店の一角が食堂をしていると。Webで評判が良いので行ってみた。
開店の11時半に到着、カウンター6席しかないのでシーズンでは待ち客が出る人気だそうだが流石に真冬なので後から1組来た位。

090111_04

お勧めの「ソースかつ丼 800円」を注文。オーダーを受けてから揚げている様子、なので出来たての熱々です。そしてボリュームが・・・。

090111_01

横から見るとこの有様(笑)

090111_02

当然これでは上は食べられても下のご飯が食べられないので付いてきた皿に2つほど載せて食べ始め。

090111_03

揚げたてだし肉も柔らかい。最近食が細ったので出された際には無理かなと一瞬ひるんだけど無事完食できました。

メニューを見たらソースかつ丼以外に「コロッケ定食 600円」から「トリモモから揚げ定食 800円」「牛タンカレー 1,200円」「豚ロースカツ定食 1,200円」など色々。このコストパフォーマンスからすると他の定食類も期待出来そう・・・だから食が細ったんだから(笑)

駐車場は県営駐車場に停めるのが良いらしい。駐車料金を50円引きにして貰えると。

【浅井肉店】
住所:栃木県日光市中宮祠2478
電話:0288-55-0014
時間:11:30~19:00
休み:不定休
料金:ソースかつ丼800円
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の日光へ

せっかくスタッドレスタイヤを履いてもあまり出番が無い。それも勿体無いから日光元湯まで日帰り温泉。
金曜に雪が降ったので道路がどうか心配だったけど2日経ち日光宇都宮道路は今市ICくらいまでなら路肩にも雪が無い。今市を過ぎて段々と白いものが見え始める。

090111_00

いろは坂は「チェーン携行」との表示が出ていたけど前日に湯元の旅館に聞いたらスタッドレスさえ履いて入れば大丈夫との事なので突入。確かに圧雪が凍結している箇所も有るけど問題なく明智平へ。

090111_18

090111_19

ロープウェイは案外繁盛している様子・・・ここで寒いんだから上はもっと寒そう。

090111_17

中禅寺湖の観光ボートは当然お休み。15cmくらいかなぁ?歩いた感じだと20cmは積もっていた。

090111_21

090111_20

戦場ヶ原も雪景色。展望台へ行く人はあまりいないのか、普通の靴なので雪の中を歩くのが辛いので先人の足跡をたどる。

090111_22

090111_23

湯ノ湖は半分くらい凍結していた。スキー客が多く駐車場は一杯で大分離れた場所に停めたけど。ここから先、金精峠は春まで通行止め。

090111_24

090111_25

帰りのいろは坂、登りより下りの方が危険なので気になって居たが除雪が登りよりしっかりされていて殆ど乾燥した路面・・・夏タイヤでも走れそう・・・走らないけど(笑)
これが降っている最中だとかタイミングによっては変わるだろうけど無事スタッドレスタイヤの恩恵を受ける。

途中寄った温泉や食事は別記事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.04

逗子マリーナでビュッフェとイルミネーション【逗子】

親戚に新年の挨拶をしに逗子の方へ。普段はしていないそうだが逗子マリーナのレストランでビュッフェランチをしているのでそこで飯を食おうと。

正月の鎌倉駅は目も当てられない大混雑。初詣客が多いけど駅自体のキャパはそれ程多く無いからねぇ。
その駅前から土日などはマリーナ行きの無料シャトルバスが出ているのでそれに乗る。

逗子マリーナのレストランは落合務氏監修のイタリアン・・・監修なので念のため。名前は別にどうでもいい、美味しければ全て良しでしょう。
ビュッフェは正月だけなのかよく知らないが予約制らしい。時間に席に案内される。

090104_00

090104_02

メニューはランチで3,000円だからレベルは高い。主なメニューは一通り盛ったかな?いやあと5~6品有ったなぁ。生ハム&メロン、鎌倉ハム、菜の花リゾットなど見た目も奇麗で無くなれば大概すぐに補充される。

090104_01

090104_03

090104_04

ただパスタは4種類くらい有るけど同時に全種補充といかないので追加されるたびに行列→すぐ無くなるの繰り返し・・・が、時間後半にはどれも余っていたけど。ウニのパスタは美味しかったなぁ。これ以外に刺身(中トロ、蛸、鯛)は1回だけ大皿で登場。これは無くなったらもう出ないからと親戚に云われ・・・なんでそんなに詳しいの?え?昨日も来た?(笑)

090104_11

常時ビュッフェをしているレストランではないので料理を並べる場所と座席のレイアウトがちょっと近くてその席の人は落ち着かなかっただろうな。逆に窓際の人は海を眺めながら美味しい料理で満足度高いかと。

【グランブルーオチアイ】
住所:神奈川県逗子市小坪5-23-16
電話:0467-25-0480
時間:11:30~21:30
休み:火曜
料金:ニューイヤービュッフェランチ 3,150円
URL:http://www.riviera-g.jp/

食後ブラブラ散歩して帰り際にバスに乗る前に再度レストランの方へ。日没くらいからイルミネーションが奇麗だと。
昼は大島、江ノ島、富士山が海の向こうに見え健康的な奇麗さ、夜は別な雰囲気と時間によって見せる顔が違う。
鎌倉、江ノ島の混雑を避けてこっちも悪くないねぇ。

090104_05

090104_10

090104_09

090104_06

090104_07

090104_08

【アクアイルミネーション】
期間:2008.12.23~2009.3.31
時間:開始16:30~17:00(日没に合わせて) 終了22:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カルニチン堂【浦和】

一時期のジンギスカンブームが去って1年くらいか?悪貨が良貨を駆逐とは云わないけどブーム過ぎるとブーム前より店の数が減るよねぇ。
正月2日の夕方に友人とジンギスカンを食べようって話になって食べ放題の店を探したら大宮では見つからず浦和に1軒。

浦和駅前に降りたらイルミネーションが赤・・・共産主義でも有るまいし(笑)

090102_06

ジンギスカンだけのお店じゃないけど半地下の店内は落ち着いたムードでわいわい騒ぎながら焼いてビールをグビグビって感じではない。

090102_07

090102_08

食べ放題メニューは鶏しお、ラム肉、味付けマトン、豚トロ、玉ネギ・長ネギセット、モヤシ、ライス。豚トロとかも美味しいけどσ(^^)的にはモヤシとマトンの組み合わせが好きだなぁ。で、ビールにも合うけど最後にご飯を貰って上に載せてガシガシと。

食べ放題でないジンギスカンも有るしモツ鍋も有るし別な機会でも使えるなぁ。

090102_09

090102_10

【カルニチン堂 浦和店】
住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂1-5-10
電話:048-829-8655
時間:11:00~15:00、17:00~24:00
休み:無休
料金:ジンギスカン食べ飲み放題3,980円(クーポンで3,680円)
URL:http://neppu-urawa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.02

レリーズ付きブラケット購入

昨年はデジタル一眼レフカメラがやたら売れたと。年間128万台になるとかでコンデジが100万台程度らしいから逆転ですね。

σ(^^)のデジカメは日常使い「メモ用」のフジF31fdと紅葉とか景色とか「撮影用」のCanon PowerShot G7。温泉や料理、暗い場所などはバッテリー持ちが良く高感度に滅法強いF31fd、下手糞なりに「撮影」って事をしたいときにはコンパクトデジカメの中では大きい方だけどマニュアル撮影が出来て6倍ズーム、写りの良いG7って。一眼レフの良さは知っているし、マニュアルでのピント調整とか狭い場所での撮影などG7の限界も感じているがデジイチの大きさと重さはやっぱりネックでねぇ。海外旅行に行く時などパックツアーなんかで行かないから全荷物を背負って炎天下のアジアではやっぱり厳しいと未だ買ってない。

だけどG7でどうしても残念なのが「レリーズが付かない」事。手ブレ機能がついていても長時間露光だとシャッターを押すブレが生じるので2秒セルフタイマーを使用する。単に暗いだけだったらそれでも良いが花火を撮りたいときはタイミングが難しい。

・・・あ、こんなのが有った。
「エツミ」ってメーカーから「レリーズ付きブラケット E-6205」ってのが発売されていた。ビックカメラの通販で送料込み5,075円で購入。

要はデジカメの三脚穴に外枠を固定して先がプラスティックのレリーズを装着できると。サイズがギリギリだったけど装着可能、半押しで合焦とかも出来る。
出番的にはそれこそ夏の花火撮影しか無いかもしれないが嬉しい。

090102_00

090102_02

090102_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草津で迎える正月【草津町】

2つ前のエントリーに書いたけど草津のリゾートマンションの1室を大晦日~元旦に泊まれるって話が年末に急遽降って沸いた。温泉好きになって未だ5年くらいだし、観光地で越年の経験は無いので温泉仲間誘ってGO!

途中で買物したりしていて草津到着は16時頃。吾妻沿いの国道では雪も斜面にチラホラ程度だったのが長野原草津口を過ぎて草津へ上がる坂の途中から車窓が徐々に変わる。路面も除雪はして有るけどノーマルタイヤでは厳しいかと。

日が暮れた頃に街中をお散歩。ベルツ通りや湯畑はイルミネーションが奇麗に。ライトアップされた湯畑は湯気が濛々と・・・写真で見ると何か恐ろしいくらい(笑)

081231_12

081231_13

081231_14

081231_15

081231_20_2

大晦日なので飲食店や土産物屋などは閉まっているかと思ったけど観光客が来るのでそこそこ開いていた。ただ18時頃には閉店しはじめていたかな。

081231_18

081231_19

去年最後の温泉は泊まったマンションのお風呂。内湯、露天、サウナ付きで源泉は万代鉱だと。ph1.5のお湯は見た目は透明だけど入れば判る、傷に滲みる(笑)

090101_00

食事は自炊。電気コンロを持ち込み、通販で「馬肉」を沢山購入。赤身、霜降り、タテガミ・・・手違いでレバ刺しの代わりに2倍来たって、総計4人分で2kg弱(笑)
馬刺し、ユッケ、スキヤキ風、翌朝は元旦だから雑煮、昼はポン酢で鍋にと馬肉三昧。温泉強化合宿のはずが胃袋強化合宿に(笑)

新年のカウントダウンイベントが湯畑で有ったらしいけど酔っ払ってそんな時間に出歩ける状態で無し。

081231_16

081231_21

081231_17

090101_01

090101_06

090101_05

0時過ぎ、目が覚めて朝風呂とマンションの温泉に入った後、朝食を摂って「西の河原露天風呂」へ。7~8年前に一度だけ来た記憶のある温泉。公園の奥へ凍って足元が危ない通路を通り到着。

090101_07

090101_02

ただただ大きな露天風呂だけの施設だけど草津の旅館って密集していて眺望の良い露天は案外貴重?
普通これだけ広い露天、それも雪が降る場所だと湯温の低下が心配されるがそこは草津、高温の温泉がざこざこ・・・あのぉ、熱すぎるんですけど。
広い浴槽の奥半分は熱くて誰も近寄れない。上がって休める場所も殆ど無いし、お湯が強い酸性なのでやられている人多数(笑)

090101_03

【西の河原露天風呂】
住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津521-3
電話:0279-88-6167
時間:7:00~20:00(12月~3月 9:00~)
休み:無休
料金:500円
URL:http://www.kusatsu.ne.jp/otaki/roten/index.htm

湯畑や温泉街を通り温泉街の東にある「大滝乃湯」へ。通りながら覗く旅館の玄関の飾りとかなんとなく正月ムードですね。

090101_09

090101_08

13時過ぎに到着したら大混雑。下足ロッカーの空きを探すのが大変なくらい。こちらは内湯、露天と揃っているからかな?(なので画像は無し)
1Fの時間湯が女性専用になる前だったので先ずはそちらへ。温度の違う浴槽が幾つも有り本当はそれを1分程度ずつ順に入るらしいけどσ(^^)は温い浴槽でまったり。
その後露天、内湯と浸かる。煮川源泉を使用していると書かれていてお湯も薄く白濁し硫黄の臭いもする。

草津は色々な源泉が有り無料の共同浴場も沢山有るので温泉天国らしいが露天至上主義からするとこの2湯くらいしか選択肢が無いのは残念。

090101_04

【大滝乃湯】
住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津596-13
電話:0279-88-2600
時間:9:00~21:00
休み:無休?
料金:800円
URL:http://www.kusatsu.ne.jp/otaki/otaki/index.htm

帰りは17時半に草津を出発。元旦のこんな時間から東京方面へ戻る車も少ない。それでも草津の道の駅から渋川伊香保ICまで1時間20分かかる・・・高速降りてからの距離がネックだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小野上温泉 さちのゆ【渋川市】

お腹一杯になったので温泉で腹ごなし。
2008年10月にリニューアルした「小野上温泉」へ。以前はお世辞にも立派とは云えない古びた建物だったのを建て直し。なので中に入ったらビックリ。大きな座敷の休憩所、食堂、貸切の個室など奇麗さでは最近のスーパー銭湯系に負けてません。

081231_09

ただお湯が・・・前回来たのは2年近く前だけどその時はツルスベ感が大変強く感動したけど内湯、露天共に循環にしたらしく前よりツルスベ感が減った感じ。お湯のコンディションは時々変わるので1回では断定できないけど一緒になった常連と云うオジサンも「前のほうが良かったなぁ」と云っていたから多分お湯的には悪くなったかと。

まぁそれでもツルスベ感は誰もが実感できるくらいは残っているし、施設が奇麗になって温泉好きだけじゃなく普通の人を対象にしたならこれも有りなのかなぁ・・・いや、温泉はやっぱりお湯が良くないとつまらないか?

カランから温泉が出ているのは前と同じなのでそれは有り難い。

081231_10

081231_11

【小野上温泉 さちのゆ】
住所:群馬県渋川市村上305-2
電話:0279-59-2611
時間:9:00~21:00
休み:毎月20日
料金:400円(2時間)
URL:http://www.city.shibukawa.gunma.jp/hyakka/onogami/onogami_onsen.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そばぜん【渋川市】

謹賀新年・・・どれだけの人が読んでいるのか判らないけど年始のご挨拶。
昨年は多分118ヶ所ほど温泉へ行ったかなぁ・・・年間休日が80数日しかないけど60日程度は湯巡りしていた計算(笑)
#残りはバリ島へ行ったり墓参りや親戚付き合いや・・・疲れて部屋で寝たきりサラリーマンしてたりと。

そんなこんなですが今年も宜しくです。

081231_00

で、タイトルの「そばぜん」。
急な話で大晦日の夜に草津で泊まれる事になったので温泉仲間と「温泉強化合宿」の名目で(嘘)
大晦日なので高速道路の帰省ラッシュも無く渋川伊香保ICを11時半前に降りる。その先の吾妻線沿いはあまり店が無いので昼ご飯を食べようと。
σ(^^)が前から気になっていた蕎麦屋「そばぜん」へ。県道35線沿い、万座や草津の行き帰りに店の前は何度も通っていたので。

081231_01

インターから約10分で到着。その時間だとすんなり入店できたけど大晦日の蕎麦屋さんですから12時には席待ちが出るくらい。
σ(^^)は「名代 箱そば 1,260円」を注文。量を聞いたら「大盛りより多いけど2人前より少ない」と。なので名物と書かれていた「いなり 70円」も追加・・・追加する必要全く無いんだけどね。

・・・運ばれてきて大事な事に気付く。「普通盛り、大盛り、1人前、2人前」の基準は店によって違うって事に。
薄く敷かれているとは云え大きな木箱に入ってくるので威圧感たっぷり(笑)汁にはとろろ、別にうずらの卵、天ぷら、玉子焼き付き。量が有るからと汁は2つ付いてくる。

蕎麦は少し太めの田舎風、食べ応えに拍車を掛けます。味的には好みだけどこれだけ量が有るとは・・・汁2つって2人前のメニュー?でも蕎麦猪口は1つかぁ。多分女性だと厳しい量です。

081231_05

081231_04

081231_03

他の友人が頼んだ「三味蕎麦 945円」「だるま蕎麦(くるみ汁) 840円」・・・これが普通盛りのセットなんだよなぁ。基本的に多めの店です。

081231_02

081231_08

メニューは蕎麦以外にも「もつ煮定食 690円」「とんかつ定食 1,000円」など定食類も多数・・・そして定食類には小さめの蕎麦かうどんが付くそうなのでコストパフォーマンスは高そう。

【そばぜん】
住所:群馬県渋川市元町560-2
電話:0279-24-4585
時間:11:00~21:00
休み:火曜日
料金:もり525円、大もり630円他
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »