« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の17件の記事

2009.07.31

H21さいたま市花火大会【大和田会場】

当初の予定では7月30日だったけど荒天で1日順延し31日(金)に開催、旧大宮市の花火大会です。

今年は旧浦和市が8月8日(土)に今までの競馬場から浦和美園に近い大崎公園で、旧岩槻市は8月22日(土)に岩槻文化公園で開催予定。

さいたま観光コンベンションビューロ:http://scvb.or.jp/

通勤経路が通行止め区間にぶつかるので迂回すれば道は有るけど渋滞必至だし撮影もしたいので電車通勤にして打ち上げ開始15分くらい前に到着。

090731_001

場所は大和田駅から徒歩10数分の市民の森南側の通りで芝川を渡ってすぐに曲がった土手沿い。1日延びたからか平日だからかその時間に到着しても1~2人程度なら場所に余裕有り。打ち上げ場所から多分5~600mくらいの距離です。

090731_002

昨年までは花火撮影をCanonG7でしていたがレリーズが付かないので2秒タイマーで「多分上がるだろうな、撮れるかな?」でシャッター切っていたがD90+レリーズになってその点は楽に。
さいたま新都心の夜景をバックに上がる花火はなかなかいいねぇ。風向きも上手い具合にこちら向きじゃないし。

090731_003

090731_004

090731_005

090731_006

090731_007

090731_012

090731_013

090731_017

090731_018

090731_020

090731_022

090731_010

090731_016

ISO200、F値を5.6~11に色々変えながらバルブモードで何秒開けるか花火を見ながらタイミングを計る。スターマイン系は短くしないと明るすぎちゃうねぇ。

ついでにISO3200や6400で手持ち撮影に挑戦。

090731_030

090731_033

縮小すれば観られなくも無いがやっぱりノイズが乗るし、手ぶれも・・・VR18-200だったけど三脚だったので手ブレ補正切って入れ忘れていた(笑)

野田線の線路際で上げているので多分車窓からも見えるだろうね。近すぎるから見上げないと無理か?

090731_009

昨年は線路南側の大和田公園通りを歩いたら大混雑だったが北側の通りも屋台が出て混んでいた。どちらかと云えばこっちの方が空いているか?
花火が終わって駅へ帰る人の列。

090731_032

・・・そう云えば隣に居た小学生2人、σ(^^)が来る前からシート敷いて陣取っていたけど延々DSで遊んでいて結局終わるまで花火見てなかったなぁ・・・何しに来たんだ?(笑)

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.07.26

真夏の横浜をフラフラと・・・

梅雨明けしたのに今ひとつな日々が続いてた。それが何故か今日は快晴・・・

13時過ぎから横浜のベイエリアから中華街まで彷徨った記録。

090726_001

090726_006

抜けるような青い空・・・青い海・・・海はそれ程奇麗じゃないか。

090726_004

090726_005

くらげがいっぱ~い!

090726_007

090726_010

汽車道を歩いてワールドポーターズの方へ

090726_009

090726_008

花火と違って観覧車は横から見ると面白くないんだねぇ。

090726_011

090726_012

花時計だそうです。
風が有るので木陰に入ると涼しいけど炎天下は物凄~く暑い。頭に血が上るとはこのことか?

090726_002

090726_003

090726_013

いやいや、もっと血が上っている人がいそうな「開国博」。先日読んだニュースによると予想入場者の13%しか入ってないとか(笑)
そろそろ責任の擦り付け合いをしている頃かと・・・・。

090726_014

090726_015

090726_016

090726_017

090726_018

090726_019

090726_020

090726_021

090726_022

赤レンガ倉庫。昼よりも夜景を撮りに来たい雰囲気・・・とりあえず涼しくなってから。

090726_023

090726_024

090726_025

象の鼻パークから大桟橋、山下公園へ昔の貨物線跡を遊歩道に。

090726_026

090726_027

090726_032

そして中華街へ。
これだけ暑いのに人は大勢。多分1年ぶりだけど店がやたら入れ替わっている感じ。
前にも増してバイキングの店が増えた気がする。

090726_028

090726_029

090726_033

090726_034

関帝廟は喧騒の中華街の中では落ち着いている方なので割りと好きです。
横山三国志を読んで高感度なおアップ(笑)

090726_036

090726_037

お茶を買うのは大概ここ、天仁茗茶。先日買った「水出し珈琲ポット」でアイスジャスミンティーとアイス凍頂烏龍茶を作ろうと思って安いけど量の有る茶葉を購入。
他の店とどう違うかと云われると判らないけど昔から習慣的に。因みに月餅は「華正楼」だな。子供の頃から親族の集まりで年に1~2回来ていると習慣になっている。

090726_035

090726_030

090726_031

090726_038

090726_039

090726_040

090726_041

090726_042

090726_043

って事で夕飯は「順海閣本館」。今日もその親族の集まりで時間が空いてしまっての横浜徘徊。
イカとホタテ煮やアワビと青菜煮が特に旨かった。美味しいなぁメールをここぞとばかり送りつける(笑)

そんな夏の1日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.25

たんぽぽ【国立】

八王子の温泉仲間から「焼肉じゃない韓国料理を食べよう」とお誘いが。
大久保界隈へ行けば店は幾らでも有るんだけど仕事の終了時間を考えると遠いので中央線沿線を探したら国立に評判の良い店を発見。

駅の南口から西友の前を通って5分程度のビルの2F。19時前に着いた時はガラガラだったけど20時過ぎにはほぼ満員、やっぱり人気が有るみたい。

090724_00

今回は4人だったので「パジョン1,200円」「ゴルベンイムチム1,500円」「サンゲタン2,500円」「ポッサム(小)1,500円」「トッポギ1,200円」と注文。「石焼きビビンバ」はクーポンでサービス。

090724_03

090724_04

090724_08

090724_09

090724_11

090724_06

その料理も納得の味、店の人も店員さんも韓国人らしく本格的です。久しぶりに食べたサンゲタンと初めて食べたポッサムが印象に残った。

サンゲタンは韓国に行けば日本円で1,500円くらいで食べられた記憶有るので何回か食べたけど日本だとやっぱり高いから人数居るときじゃないとねぇ。

ポッサムは名前は聞いていたけど食べるのは初めて。浅漬けの白菜の上に茹で豚、キムチなどを載せて巻いて食べる。白菜の食感と味がいいねぇ。応用して自宅でも何か作ろうかなぁ。

090724_10

サービスのビビンバは注文すれば1,100円。コチュジャンの他にヤンニョンが付いて来て好みでかけると。味に深みが出ます。

ビール、マッコリ、チャミスルとあれこれ飲んで4,000円/人しないで済んだ。σ(^^)の家からだと1時間はかかるのでなかなか行けないけど友人は近いから又行くかな?

【たんぽぽ】
住所:東京都国立市中1-16-72
電話:042-573-5957
時間:11:30~14:00、17:00~23:00
休み:水曜
料金:ポッサム(小)1,500円他
URL:http://r.gnavi.co.jp/a174900/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.21

天狗家 アスロード店【大和】

日曜に遠出したので疲れ休みで月曜はゴロゴロと。
昼頃に横浜に住む友人とメールで「夕飯食おうか」と云う話しになったが大宮と横浜の間だと新宿辺りかなぁ・・・そうだ以前温泉仲間に教わった大和の焼肉屋へ行こうと。

平日でも並ぶそうなので確実に入りたい時は16時に店に行き名前を書いて17時の開店を待つのが良いらしい。友人に名前を書くのをお願いしてσ(^^)は開店15分前くらいに到着。この時点で記名帳は15組、多分ギリギリくらいらしい。

090720_00

090720_01

17時になって書いた順に店内へ。
七輪で焼く店だけど排煙&エアコンがちゃんとしているので問題ない。

090720_03

090720_04

「ボリューム一杯でそこそこ美味しくて安い」と聞いていたがメニューは極普通の価格・・・運ばれて判りました、普通の店の倍は有る。写真は全て1人前です。

「カルビ750円」「ハラミ720円」「ホルモン650円」「タン塩650円」「豚トロ塩650円」・・・質も普通の店と同じ位なのでコストパフォーマンス的には物凄く高いかも。

090720_05

090720_12

090720_09

090720_08

090720_11

090720_06

サイドメニューに「中華サラダ(半)200円」、飲まない友人のために怖いもの観たさの「ライス(大)320円」・・・久しぶりに見たてんこ盛り(笑)

090720_07

090720_10

〆は「バナナジュース(小)260円」、本当はジョッキの大520円にしたかったけど腹いっぱいで無理。

090720_13

σ(^^)がビール(アサヒ中瓶500円)を飲んでお会計は4,700円、2,500円/人しないなんて(笑)

物凄く気に入ったけど大宮から行くと飲食代より交通費のほうが高くなり、飲食時間より乗車時間の方が長くなるので気軽には行けない。

【ホルモンセンター天狗家 アスロード店】
住所:神奈川県大和市中央5-14-2
電話:046-260-1129
時間:17:00~27:00
休み:水曜
料金:カルビ750円
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.20

日進館【万座温泉 】

尻焼温泉近辺には河原の露天以外に日帰り入浴できる処が数軒有るが野反湖から少し降りてきたので微妙に暑い・・・都心に比べれば別天地だけど。
なので温泉は草津を通り抜けて万座へ。

万座には幾つもの宿があって日帰り入浴を受け付けてくれている。全ての宿を廻った訳では無いが最近気に入っているのが「万座温泉 日進館」、万座温泉ホテルから名前を変えたらしい。

090719_034

宿から数十メートル離れた「極楽湯」は木製の浴槽に白濁の湯、開放感一杯の景色、浸かって暑くなり上がれば風が涼しい・・・真夏は高所の温泉に限る(笑)

090719_035_2

090602_036

090602_037

内湯も姥湯、苦湯の源泉それぞれの浴槽と混合の露天と真湯含め6つの浴槽が有る。翌日が休みの日曜訪問のため夕方はチェックイン客で混雑したけど普段の日曜や平日ならそれ程でもないし木製の浴槽の柔らかさが気持ちよい。

【万座温泉 日進館】
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣万座温泉2401
電話:0279-97-3131
時間:10:00~17:00
休み:
料金:1,000円
URL:http://www.manza.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば処 野のや【六合村】

野反湖からだと尻焼温泉の少し先、「きく豆腐店」の向かいに有る蕎麦屋。
六合村観光協会のページにリンクが有りますがメニュー等殆ど掲載無し(笑)

090719_033

090719_032

12時過ぎに訪問で店内はほぼ一杯、運良く空いた席へ。
こちらの舞茸は自家栽培しているそうなので「舞茸と旬の野菜天ぷら付きもりそば 1,200円」を注文。

麺は細いけど腰が有りところどころにホシの見えるしっかりとしたそば。汁がちょっと癖があって個人的には絶品とまで感じなかったけど上レベルかと。
天ぷらはサクッと揚がっていて抹茶塩で美味しく食べる。欲を云えば舞茸が大きなの1つだけだったのが淋しい。

090719_027

090719_028

090719_029

近隣に飲食店も少ないので向かいの豆腐屋とセットで訪問するには良いかと。

【そば処 野のや】
住所:群馬県吾妻郡六合村入山1899
電話:0279-95-5478
時間:11:00~15:00
休み:木曜
料金:山菜天ぷら蕎麦1200円
URL:http://nonoya.web.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノゾリキスゲ【野反湖】

群馬県の尻焼温泉の奥に「野反(ノゾリ)湖」ってダム湖が有り標高1,500mを越える場所でダム湖では日本一高い場所だと。
で、7月の中旬から下旬にニッコウキスゲ(ここではノゾリキスゲと呼ぶ)が咲いて物凄く奇麗と聞く。

ただこの時期は人気が高く駐車場はすぐ一杯になると聞くので大宮を4時に出発して行ってみた。
途中、尻焼温泉にも寄ってみた。空は夏空、日が照るとじりじり暑い。8時頃なのでもう少し人が多いかと思ったけど朝飯時間だからかそれ程居ない、2組6人程度。水着着て遊ぶ子供たちの横で裸で入るのも何だし見学のみ。
駐車場はキャンプ・車中泊禁止と聞いていたが・・・どうみてもそれとしか思えない車でほぼ満車。

090719_001

090719_015

090719_014

9時前に野反湖の「富士見峠休憩舎」に到着。ここから見下ろす野反湖は北欧の景色のようだと・・・うん、確かに絶景かも。そこに黄色のノゾリキスゲが加わってなかなか壮観です。

この辺りで撮影していても十分絵になるし、湖畔まで遊歩道を歩いて片道20分程度だけどその途中もなかなか良い景色。

090719_018

090719_017

090719_023

090719_022

090719_005

090719_006

090719_011

090719_010

090719_024

090719_003

090719_004

090719_007

090719_008

シーズンなので売店は既に開いていてうどんなどの軽食も食べられる。ただせっかくなので店内じゃなく湖側のデッキでこの景色を眺めながら食べた方が気持ちがいいだろう。

090719_016

ノゾリキスゲ以外にも名前は知らない花々が色々咲いていて高原に来たなぁって気分に。あ、このコマクサは売店で売っている奴(笑)

090719_009

090719_012

090719_013

090719_020

090719_026

11時半頃に出るときには駐車場は待ちの列が出来るほど。帰路にすれ違った車の数を考えると早めに行くことをお勧めします。

090719_025

六合村観光協会:http://www.kunimura-kankou.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.15

便利小物2品

梅雨が明けた♪、梅雨が明けた♪・・・糞暑いぞ!!(笑)

って事で「安物買いの銭失い」になりかねない安いけどそこそこ使えそうな小物を購入したので御報告・・・誰にだ?

[ハリオ 水出し珈琲ポット MCPN-14B]

1L(8杯用)で西友で1,000円前後で購入、ちょっと型番が違うけどAmazonでも1,243円で売っている・・・1,500円未満じゃ送料かかるじゃん(笑)
ハリオのホームページに有るのは4,200円だけど・・・何が違うんだ?

コーヒーの粉をストレーナーに入れて水を注ぎ冷蔵庫で8時間、それで水出しコーヒーが出来る糞暑い夏向けの商品です。

8杯と書いて有るが1,000mlなので250mlのマグカップだと4杯、σ(^^)は2日で飲み終えちゃいます。
粉は1回に80g使うので400gの大きめのパックを買っても5回で消えちゃう。安売りで500円前後?普通だと6~800円?それを5回×マグ4杯だから25円/杯くらいか。まぁこの辺りは拘り始めると色々有るんだろうけど。

まぁ兎に角寝る前に粉を入れて水を入れて冷蔵庫に入れれば翌朝は美味しいアイスコーヒーが飲めるんだから文句無い。比べてないけど普通にホットコーヒーをドリップして冷やしたものより味が柔らかい感じがする。

ストレーナーに茶葉を入れればアイスティーも出来そうだし飽きたら水出し麦茶パックを入れれば普通に冷茶ポットになる。この夏は暫くこれで美味しい朝が迎えられそうだ。

090713_00

090713_01

[ロジテック ワンセグTV用アンテナ LDT-ANT1C3BK]

ワンセグ放送が観たくて携帯を機種変したのが1年半前。家に帰って早速受信・・・あれ?
どうやら室内、それもマンションとかって電波が届かないらしい。DSテレビ付属の室内用アンテナを携帯のアンテナにクリップで付けて窓際に置けば何とか受信できるけど面倒なので殆ど観てない。
希望的には夜中に録画して暇な時に観たいんだけどなぁ・・・って時にAmazonで発見。
アンテナケーブル付きで1,400円、確かデジカメ関係の何かと一緒に注文したな。

室内のTVアンテナ口にケーブルをつないで取り付ければOK。口が1つしかない場合はF型コネクタの分配器をかまさないといけないが以前何かの悪戯で既に有ったからそっちはOK。ただオス-メスが上手く合わなくてその変換コネクタは別途300円くらいで電気屋で購入。

σ(^^)は携帯をPCの近くに置いて充電はUSBからしているけど、そのすぐそばにこのアンテナを置いたので受信はばっちり。
電波は1m程度しか届かないそうなのでケーブルで近くまで引っ張るのがポイントだろう。
これで隔週で明け方に放映している「秘湯ロマン」とか三国志アニメの「蒼天航路」を録画して出先で暇な時に観てます。

090610_01

090610_00

090715_00

どちらも数千円出すんだと色々考えてしまうが千円前後で手に入るちょっとした幸せなのが嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.13

提灯祭り【久喜市】

名栗温泉から一旦帰宅して車を置き、伊奈中央の「蕎麦切り さいとう」さんにお邪魔して明るい内から蕎麦屋酒。鶏皮煮込み、焼き味噌で飲み、〆は「冷やしゆばそば(ゆば天付)1,250円」・・・酒が進むけどぐっと我慢。

090712_015

1駅歩いて志久駅前からバスに乗り蓮田経由で久喜駅へ。毎年7月の12日と18日に開催される久喜のお祭りが「提灯祭り」、それを見物しようと。

提灯山車が駅前ロータリーに集合するのは20時過ぎとの事で19時半前に到着したけど既にデッキは人が一杯。
まぁ1人なので何とか人と人の間に潜り込む。

090712_016

「ちょっと遅れているよ~」とアナウンスがあり結局提灯山車が来たのは20時20分頃。大きな山車の四面に提灯を飾りそれを引いて練り歩く。

D90は常設ISO感度が200~3200だけど1段増感出来て6400で撮影が可能だと。当然高感度ノイズが乗るけどコンデジよりは奇麗に撮れるしF5.6でSSが1/25~1/50で撮影できることが有り難い。タムロンのA16(17-50mm F2.8通し)で撮ればもう少しSSが稼げるかも知れないけど被写界深度が余り浅いのも何だしズームを何処まで使うか判らなかった&VR効くのを頼んで純正18-200で撮影。

090712_017

090712_018

090712_019

090712_020

090712_021

090712_023

090712_024

090712_025

090712_023_2

090712_028

090712_029

090712_031

特殊な外付けフラッシュで同期を撮って撮影すればこのくらい明るく写ります・・・って他人のフラッシュと上手くシンクロしたみたい(笑)

090712_022

090712_030

20分程度撮影し混まないうちにと切り上げて20:51発の上野行きに乗って帰宅した。大きな山車がこれだけ集まるとやっぱり壮観だねぇ。

URL:http://www.city.kuki.saitama.jp/info/nousyou/kankou/chochin/chochin.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あけぼの子どもの森公園【飯能市】

名栗の帰り道は飯能方面へ。途中で右折し飯能市街の南の道へ行くと「阿須運動公園」の看板が。そうだ、暫く前に一度来た「あけぼの公園」もこの敷地内だなぁと寄ってみる。

この公園は基本的には傾斜のある野原みたいな場所らしいんだけどムーミンの世界を取り入れたと云うことで「ムーミン屋敷」が建っている・・・こんな建物だったっけ?もう記憶無いけど。

090712_007

090712_008

090712_012

090712_013

090712_011

この建物は中にも入れるので入ってみるとこんな感じ。窓が小さく風が通らないのでちょっと蒸し暑い・・・子供って元気だねぇ。

090712_009

090712_010

もう1棟管理事務所兼の建物があったけどそっちには入らなかったので中は不明。

子供連れには楽しい場所だろうね。

090712_014

【あけぼの子どもの森公園】
住所:埼玉県飯能市大字阿須893-1
電話:042-972-7711
時間:9:00~17:00
休み:月曜、年末年始
料金:無料
URL:http://www.city.hanno.saitama.jp/akebono/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大松閣【名栗温泉】

3週続けて遠出したのでちょっと疲れ気味・・・当たり前だな(笑)
天気は悪くないようだけど遠方に行く気がさすがに起きない。どうしようかなぁ?電車なら運転疲れしないけど混むと嫌だし・・・奥鬼怒の方へ久しく行ってないから行きたいけどやっぱり遠いなぁ・・・近場の清河寺温泉でいいか等々出発する10分前まで悩んだ結果「温泉博士」の手形で名栗へ行くかと。

7/15迄入れる6月号に名栗温泉「大松閣」が掲載されている。普段は入浴のみの日帰りは受け付けてない宿なのでこの機会に行ってみるのも悪くない。

飯能と云っても市街地からはだいぶ離れた山の奥、行きはナビに従ったら青梅経由を案内された。

この辺りは全く来たことがないけど都バスがそんな山奥を走っているのを見かけてもの凄く違和感を感じる位の景色・・・理屈では判っているけど街中で見かけるバスってイメージだから。

着いてみたら立派で奇麗な宿なのでちょっとビックリ。受付の対応も丁寧で都心から近いのに緑豊かで高級感有る宿は人気有るみたいです。

090712_001

温泉は5F、エレベータで上がると湯上がり用の冷水タンク、男女別の浴室。
脱衣所には小さな鍵のかかる貴重品ロッカーとバスタオルが有り普段日帰り入浴のみを受け付けてない宿にしてはしっかりとしている。

すぐ隣の「山の茶屋」で食事をすれば+800円で日帰りが可能なのでそういうお客さん向けの充実度って事か。

まぁそんな宿なので大変空いている。こればかりはタイミングなんだろうけど途中で2組くらい居た程度、20分くらいはσ(^^)だけで貸切状態だったし。
お湯は無色透明無味無臭と特徴はないけど窓の大きな内湯からも脇の露天からも近隣の山が見えて絶景では無いけど気分が休まる。幾ら良いお湯でも激混みではそうもいかないので気分転換の湯巡りでは嬉しいね。

090712_003

090712_005

大きな内湯とは別に浴室の端には木造の浴槽が。温度は少しぬるい程度だけどお湯の違いは不明。木製の浴槽ってあたりが柔らかいのでここに一番長くいたかも。

090712_004

露天は5人程度で一杯の小さな浴槽。屋根が有るので雨でも濡れないが風が通らないので涼しさは感じにくい。

090712_002

昼飯を別でどうせ食べるのならここで食事+入浴は空いていてゆったり入るには案外良いかもね。因みに「山の茶屋」のメニューは「そば御膳 1,800円(入浴セット2,600円)」「うな重 2,200円(入浴セット3,000円)」などと安くは無いがそれ程高くも無い。

090712_006

【大松閣】
住所:埼玉県飯能市下名栗917
電話:042-979-0505
時間:11:00~20:00
休み:?
料金:食事+800円
URL:http://www.taishoukaku.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.10

さくらんぼ狩り、その2

と、云っても前の日記の続きでは無い。
7月最初の日曜に改めて山形までさくらんぼ狩りに・・・その前の週が福島でさくらんぼ狩りと温泉日帰り、その又前の週がスパリゾートハワイアンズへ1泊だけど往復と3週連続で埼玉から福島方面だ(笑)

大宮を7時に出て久喜ICから東北道へ。
途中2ヶ所くらいSAで休憩を取って村田JCTから山形道へ入り、関沢ICへ。高速に平行して国道286号を走り山形蔵王IC手前でべにはなトンネルへ。地図で見るとそんな道が無いように見えるけど縮尺を拡大すると山寺方面へ直接抜けられる道が・・・広域農道かな?金有るなぁ(笑)

11:30くらいにやっと着いた場所が山寺の「山田果樹園」。

090705_19

山形でさくらんぼと云えば素人のσ(^^)は「佐藤錦」しか思いつかない。甘くて美味しい品種だけど6月中旬~下旬の僅かな期間が旬だと。なので7月に入ったばかりでも既にやってない場所も有るらしい。
前以て予約したのでσ(^^)たちは大丈夫だけどこちらの農園も直前では断っていたらしい。

駐車場のすぐ脇の園に案内されたけど手が届く範囲はもう殆ど食べつくされていて熟した実は少ない。なので脚立で木の上の方の実を。
こう云う場合は分業で採る人と下でそれを受け取る人と別れていた方が脚立の昇り降りをしなくて済む。

090705_20

090705_21

いやぁ、脚立に上がって採るのが面倒だけど紅く熟した実は本当に砂糖菓子のようだねぇ。

090705_18

090705_22

【山田果樹園】
住所:山形県山形市大字山寺1973-389
電話:023-695-2427
時間:8:30~18:00
休み:?
料金:1,200円/1時間(要予約)
URL:http://www11.ocn.ne.jp/~yamadafr/

先週の大渋滞で懲りたのでその後は道の駅「天童温泉」で土産を買って作並経由で仙台へ。この日の同行メンバーは温泉にあまり興味ない人が多いので「σ(^^)だけ入る」ってわがままも云えず我慢・・・「一の坊」のすぐ横を通ったのに・・・何時かリベンジするぞ!

090705_24

090705_17
↑自分で食べる気は全く無いけど寄食家の友人にお土産(笑)

そして仙台駅に14時過ぎに到着。昼飯はさくらんぼだけだったので遅い昼飯と云うか早い夕飯と云うか「牛タン」を食べて帰ろうと。
日曜の昼間なのでさすが仙台市街地は渋滞してるし駐車場も駅の近くは空いてない。徒歩10分くらいの場所に停めて仙台駅へ。

仙台駅の3Fに「牛たん通り」と名づけられたエリアが有り、牛タン屋が並んでいると。何処の店へ行けばいいのか良く知らないし、店の違いも判らないけど人気の有る「利休」へ。街中にも本店&支店が有るが通し営業の店はここだけって事で。

090705_13

14時過ぎならガラガラだろうと思ったらどの店も10数人並ぶ人気ぶり。山形まで行ってどこも観光しないで仙台なんて勿体無いと思ったけど正解だったかな。

20分程度並んで入店。おなかが空いているので「牛タン定食1.5人前 2,153円」を注文。安い焼肉屋で出てくるペラペラの牛タンではなく厚めのしっかりした牛タンと漬物、麦飯、トロロ、テールスープ。肉をがっちり食べたなぁって気分になれます。

090705_14

090705_15

090705_16

【牛たん炭焼 利久 仙台駅店】
住所:宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 仙台駅3F牛たん通り
電話:022-214-3255
時間:10:00~22:30
休み:無し
料金:牛タン定食1.5人前2,153円
URL:http://www.rikyu-gyutan.co.jp/

16時前に仙台の街を出て仙台宮城ICから東北道へ。
先週よりは少ないみたいだけど矢板先頭で20km渋滞の情報を拾ったので今回は郡山から磐越道・常磐道経由で柏ICへ。
柏ICを20時前に降りて大宮には21時過ぎに帰宅したけど・・・高速中心だけど日帰りで830kmはやっぱりちょっと疲れたな。
本場山形で佐藤錦を食べて、本場仙台で牛タン食べて・・・ただそれだけの1日だった。

今日の教訓:・・・馬鹿だ、こいつ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.04

ミニチュア加工

今まで余り興味なかったけどデジイチを買って画像加工ネタを少し見るようになった。
本当はPhotoShop辺りの使い方をちゃんと覚えるのがスジだけど、σ(^^)はあくまでもお遊びだから。

その中で面白そうだったのは画像をミニチュア撮影したように加工してくれるサイト。ちょっと検索したら割りと前から有って皆さん遊んでいるようだ。

TiltShiftMakerってサイトで苦手な横文字ばかりだけど[参照]をクリックしてPC内の画像ファイルを指定して[Upload picture]でオリジナルと加工後の画像が表示される。調整したければ調整して[Get full size]で暫く待つと下に「Click here to download your image」と出るので「here」の部分をクリックすれば加工画像をダウンロードできる。

基本的に上から俯瞰して撮影した画像が適しているようです。適当な画像が無いので余り効果的じゃないけど数枚変換してみた。上が元画像、下が変換後。

Tilt01

Tilt02

確かにおもちゃっぽいかも。高層ビルからよりも高台から撮影した方がいいかなぁ・・・今度これ用に何処かで撮影してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.03

今年の「さいたま市花火大会」は【H21年】

梅雨が明ければ糞暑い夏、温泉も暑いと入る気が滅入ると余り好きな季節では無いんだけど今年はD90買った事だし花火撮影にもう少し力を入れてみたい・・・この夏の楽しみはこれだけかよ?>自分(笑)

さいたま市の花火大会は合併後暫くは「荒川総合運動公園」だったけど場所が辺鄙すぎたのか2007年から旧会場分散に戻った。
ただ旧浦和市分は土曜日の夜なのに旧大宮市と旧岩槻市は平日開催だったので見物する方からは不満が・・・。

で、今年、平成21年の花火は

  • 旧大宮市分:平成21年7月30日(木)19時~21時
    大和田公園周辺
  • 旧浦和市分:平成21年8月08日(土)19時~21時
    大崎公園周辺
  • 旧岩槻市分:平成21年8月22日(土)19時~21時
    岩槻文化公園

との事です・・・大宮は未だ平日だ・・・平日の夕方に通行止めにすると通勤の車で大渋滞になるのになぁ。まぁ、さいたま市長も相川氏から変わったから来年くらいからは大丈夫かな?
詳しくは「さいたま観光コンベンションビューロー」に載ってます。

その旧浦和市分だけど今までの浦和競馬場から大崎公園とは大きく変わったなぁ。警備上の都合って書いてあったけど、浦和大門の辺りだから見物客も行くのが大変そうだ。
見沼たんぼって云うのかな?この辺りは見通しの良い平地なので眺めるには確かにいいだろうけど、当日は交通規制入るから車で近づくわけにもいかない・・・さて、どうしようかなぁ?

大和田公園は野田線の大宮公園駅か大和田駅から歩けるので交通の便は良い。この日は渋滞回避も兼ねて電車通勤にして見に行こう。

岩槻は・・・個人的には車で割とのんびり眺められる場所を知っているので今年もそこへ行こうと。

都内の隅田川や東京湾、江戸川などの方が規模が大きいけど場所取りも大変そうなので地元でのんびりが楽だな。

写真は2007年の浦和会場の花火。

070811_001

070811_002

070811_000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.01

のんびり館【信夫温泉】

高湯から福島市街へ下りていく途中に有る温泉。春に郡山で入った「のんびり館」の系列で高湯にももう1軒「のんびり館」が有ると聞くが今回はこっちの信夫温泉へ。

道路から曲がればすぐに大きな駐車場。その一番奥に通路があって吊り橋がかかっていて秘湯の一軒宿の雰囲気です。

090628_06

090628_07

浴槽はフロントから近い順に「半露天」「ぬるめの内湯」「内湯」と。
先ずは半露天の方へ。

090628_08

お湯は透明だけど硫黄泉。さっき入った玉子湯はph2.7と酸性だけどこちらは8.63との事。ちょっと熱めなのでゆっくり浸かっては居られなかったけど空いているので上がったり浸かったりと。
開放感有る景色で冬の雪景色も良さそうだなぁ。

すぐ隣のぬる目の内湯にも入ったけど確かに温度は半露天より低いけど窓が閉まっていて隠っているのでちょっと苦手。本当は呼気から温泉成分が体内に入る意味では隠った内湯の方がいいらしいけど。

090628_09

もう1つの内湯は覗いただけなので温度は不明。

090628_10

食堂が併設されていて日帰り客も昼食が食べられるらしい・・・なんかここだけ異質な人形が飾ってあったけどこれは何?(笑)

090628_11

【信夫温泉 のんびり館】
住所:福島県福島市桜本字木通沢4
電話:024-591-1212
時間:10:00~17:00
休み:
料金:700円
URL:http://www.shinobu-onsen.com/

夕飯は大宮の店を19時に席予約したので15時過ぎに出て福島西ICから東北道へ。
高速前後の下道入れても3時間ちょっとだから18時半には着く計算、多少の渋滞があっても大丈夫だろうと・・・多少じゃない(泣)

矢板IC付近先頭で35km、羽生PA付近先頭で30kmとお約束の渋滞箇所だけど渋滞距離がGWやお盆でも無いのに長過ぎ、これが高速1,000円効果って奴ですね。σ(^^)もそれを利用しているので文句云えないけど・・・・。

福島西で乗ったときは羽生の渋滞は未だそれ程ではなかったので店に30分遅れの変更依頼したけど近づくに連れて羽生も混んでしまい結局キャンセルに。いや、申し訳ないことをした。席予約だったとは云え混んでて断った客が居たら店の損になるから。

結局岩槻ICに着いたのは21時と行きの倍近くかかったなぁ・・・きぃっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉子湯【高湯温泉】

果樹園から車で10分程度か?高湯温泉の一番手前に建つのが「玉子湯」。高湯の中では大きい宿です。

090628_05

σ(^^)的には温泉好きになる前に友人に誘われて入った筈なんだけど記憶から消えている。高湯自体は温泉に行くようになってから何度か来ているけど日帰り入浴の時間が変動的でそれ以来となっている。

13時くらいに到着してダメ元で「日帰り出来る?」と聞いたら「14時までなら」と。おぉ、ちょうど1時間入れると云うことで700円支払う。

先ずはエレベータで1Fに下りて露天風呂へ。
スリッパからサンダルに履き替えて正面に雰囲気たっぷりな萱ぶきの湯小屋「玉子湯」、左手に下がるように女性露天、男女別の露天、一番奥が足湯。

090628_01

090628_02

薄い記憶だともう少し大きな浴槽で、浴槽も幾つか有ったと思っていたが男性が入れる露天は1つで10人程度いっぱい。そして運悪く高齢の団体客と重なったので騒がしいおまけ付き(笑)

090628_03

まぁ暫くして団体さんが出れば多少はのんびり出来たけど熱めの湯なのでその点でものんびりは出来なかった。

湯小屋「玉子湯」も混んでいたのでフロントまで戻りその奥の大浴場「滝の湯」へ。
多くの日帰り客は露天と萱ぶきの内湯で満足するのか大浴場は数人しかいなかった。内湯しかないけど硫化水素の関係で窓は開いているから半露天みたいなモノなのでこちらでのんびりと。

090628_04

【旅館 玉子湯】
住所:福島県福島市町庭坂字高湯7
電話:024-591-1171
時間:10:30~14:00(要確認)
休み:
料金:500円
URL:http://www.tamagoyu.net/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みちのく観光果樹園【福島市】

日曜日は温泉仲間とオフ会、福島まで行き「さくらんぼ狩り」と日帰り入浴をしようと。

福島の高湯温泉は福島西ICから30分程度。同じく白濁で距離的には首都圏から近い万座温泉は碓氷軽井沢ICからでも渋川伊香保ICからでも2時間くらいからるので所要時間は案外一緒だよなって事で。

一応遠距離なので時間節約、9時に大都市近郊区間内の岩槻ICから東北道へ。途中SAで10分程度休憩して11時半には福島西ICで下りる。距離は岩槻ICから250km弱有るけど2時間半で到着。

高湯温泉へ行く途中、道がクネクネになる直前にあるのが最初の目的地「みちのく観光果樹園」。

090628_00

「さくらんぼ狩り」はこの時期あちらこちらでやっているようだが今年はちょっと不作だと。なので飛び込み客は断っていたけど事前予約をしておいたので大丈夫。料金は30分1.365円、JAFカード持っていると10%OFF。

オバサンの案内ですぐ裏の園内へ。
さくらんぼ狩りって初体験だけどイチゴよりも粒が小さいので沢山食べられそう(笑)
最初に注意事項を聞いてから開始。

090628_004

090628_002

090628_001

090628_003

そのまま枝からすぐ採れる実も有るけど上の方が赤い実も多い。なのでそんな木のところには脚立が用意されていてそこに登って採ります。

赤く熟して大きい実がやっぱり甘くて美味しいし、外見は同じ用でも木によって甘みが違う。素人には判断できないけどナポレオンとか種類は色々あるらしい。

それぞれ幾つかの木を食べ歩き「ここの木が甘い」「これは酸味が強い」など。

雨を避けるために大きなビニールハウス状態なので快晴とまで云わないが日差しがあると暑い。全て囲われているわけじゃないので風が吹けば救われるけど余り吹かないし。実自体もなま暖かくなってしまうのでいちご同様曇天くらいの方が狩るにはいいかな?

脚立に上がってその場でもぐもぐしていると「さるかに合戦」の猿になった気分(笑)
園が人数を絞ってくれているので脚立の取り合いにならずに済んだのは有り難い。

きっちり30分で「終わりだよ~」と迎えに来た。

【みちのく観光果樹園】
住所:福島県福島市在庭坂字南林51-1
電話:024-591-1503
時間:8:30~17:00
休み:シーズン中無休
料金:1,365円/30分
URL:http://www.fruit-land.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »