« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の22件の記事

2009.08.31

七兵衛そば【大石田】

《山形で蕎麦と温泉と酒と その4》

大石田で時間調整したのは「開店30分前にここへ行きたい」から。

大石田から県道30号を走り、ちょっと峠越えみたいな場所があったけどそこからの眺め。この先を左折しどんどん山の中へ。

090829_056

ここ「次年子」地区は雪が深くて冬に生まれた子供が翌年役場へ届け出るから「次年子」だとか。そしてこの道沿いに何軒もの蕎麦屋さんが営業してます。

そして看板に従って曲がり一段高くなった場所に建つのが「七兵衛そば」。
6年前の同じく8月末に初めて来て、それ以来気に入ったお店、これで3回目。気に入った割には少ないと思うだろうけど埼玉から山形なんてそうそう来られないから。

090829_012

090829_059

090829_057

090829_058

開店11時の30分前に着いたが「番号札」は6番。
こちらは到着した順に玄関内の番号札を取って待つシステム。開店の11時には12~3組かな?
1組の人数にもよるだろうけどこのくらいなら開店一巡目に入れるんだけど早く行ったには訳がある。

090829_013

こちらは「蕎麦食べ放題1,050円」だけのお店、後は漬物3種がサービスで付くシンプルさ。番号札順に呼ばれて端から座り、蕎麦が出てくるのもその順。

090829_014

食べ放題だし一度に茹でられる量に限りもあるから最初の10人くらいが最初に食べ初めて次に茹で上がった分はお代わりに廻される。お代わりのリクエストが無ければ次に待っている人達に蕎麦が行く。なので早食いで大食漢が最初の一団にいると・・・まぁ、店も有る程度は考えているでしょう(笑)

今日の漬物は「きくらげ」「きゅうり」「冬瓜(?)」、きくらげは毎回変わらないけどほかは日替わりらしい。

090829_015

大根おろしの汁にそばつゆを入れて太目の蕎麦を食べる、食べ放題で食べる・・・たぶん江戸の「粋」の正反対だろうね。

090829_016

純粋に蕎麦の味だけで云うならほかにも美味しい店が有るかも知れないけど田舎の親戚の家に呼ばれた感覚で「腹いっぱい蕎麦を食べて行ってね」の精神なんだろうなぁ。

今回はお代わり3回、計4杯でお腹一杯。1杯の量も有るから女性は2杯くらい、男性も腹に覚えがないと3杯くらいかな?

090829_017

090829_018

食べ終わって店を出たのが11時40分。開店くらいに来たお客さんはやっと食べ始めるくらいだったかな?
昼時は並ぶと聞くがσ(^^)が帰る時間は待ち客も無く中にいる客も食べ始めているから案外待たずに食べられるかも。まぁこればかりはその日で違うだろうから開店一巡目を狙ってだね。

帰る時に玄関でオバサンが蕎麦を一生懸命切っていたけどすぐに無くなってしまうんだろうなぁ。

090829_060

【七兵衛そば】
住所:山形県北村山郡大石田町次年子266
電話:0237-35-4098
時間:11:00~18:00
休み:第1・3木曜、盆等臨時休み有り
料金:1,050円
URL:http://soba7bay.sakuraweb.com/top/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あったまりランド深堀【大石田】

《山形で蕎麦と温泉と酒と その3》

寒河江を7時半に出て国道347号線を北上し大石田の街へ、40分くらいで到着。
街外れの最上川沿いに有るのが「あったまりランド深堀」、2湯目はこちらに。

090829_008

こちらも朝早くから営業しているんだけど・・・露天にアブが未だいて落ち着いて入っていられない。1匹はタオルで撃退したけど未だ数匹いて。

お湯もさっき入った「ゆーチェリー」に比べると癖が無い。内湯も露天も熱めなのでゆっくりと入れない。
そろそろ秋の雰囲気なんだけど日が差すとまだまだ夏。

090829_009

ここも「ゆーチェリー」もサウナがあるんだけど「バスタオル持参」がルールらしい。フロントでも貸し出しをしているようだけど首都圏とかであまり見かけないシステム。

【あったまりランド深堀】
住所:山形県北村山郡大石田町豊田884-1
電話:0237-35-5353
時間:6:30~22:00
休み:第4火曜
料金:350円
URL:http://attamariland-fukabori.co.jp/

ちょっと時間が余ったので近隣をブラブラ。これって蕎麦の花?ここ大石田は「そば街道」って銘打っているくらいだし。

090829_055

大石田駅は洒落た造りだけど・・・あまり意味の無い展望台(笑)
もしかしたら花火を見るためだけのスペース?

090829_010

090829_011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆーチェリー【寒河江花咲か温泉】

《山形で蕎麦と温泉と酒と その2》

国見SAから約1時間走り最初の目的地「寒河江SA」へ。当初はここまで来てから仮眠しようと思ったけど眠くなったら無理しないで寝るが一番。

サービスエリアだけどスマートインターでETC限定で乗り降りできると。ただ時間が6~22時限定だ開けど。
6時ちょうどに着いて無事に降り、降りたら目の前にあるのが「ゆーチェリー」。SAから歩いても行けそうだけど間に公園があるので多少距離がある。

090829_007

こちらは朝6時から営業していて源泉3種類をそれぞれ別な浴槽に使っていると。そして入浴料も300円と安い、朝風呂にここはちょっと贅沢?

土曜の早朝なので客はいないかと思ったらそれなりに盛況。まぁだから6時から営業しているんだろうけど。

内湯は緑かかった硫黄の香りのするしょっぱい湯と透明な紅茶色の湯。前者は41度くらいだけど紅茶色の方は43度くらい?ちょっと熱いのであまり入らなかった。

露天は笹濁りの塩分の濃い湯。すぐ近くに川が流れているけど目隠しの隙間からしか見えないのが残念。
湯の投入口は・・・さくらんぼ(笑)上の枝が無ければオーパーツかと思っちゃうよ。

090829_006

左右の仕切に網が張ってあったので「何かなぁ?」と思っていたらカルガモの親子7羽が遊びに来た・・・そうか、網がないと乱入しちゃうから。でも飼っている訳でもないんだろうけど人に慣れている様子。50センチくらいの距離まで来たから。

【寒河江花咲か温泉 ゆーチェリー】
住所:山形県寒河江市大字寒河江字久保15
電話:0237-83-1414
時間:6:00~22:00
休み:第1月曜
料金:300円
URL:http://www.yu-cherry.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国見SA下り線【サービスエリア・福島県】

《山形で蕎麦と温泉と酒と その1》

久しぶりに土日連休、用事は日曜の夕方にあるくらい・・・・久しぶりに車中泊で温泉へ・・・未だ行き足りないか(笑)

20時半に大宮を出て1時間弱で加須ICへ。そこから東北道で2時間半で福島県の北端、国見SAへ。日付が変わる頃だし眠くなったのでこちらで車中泊と云うか仮眠。
今回はマットレスは持たずに助手席の椅子を倒して後部席用目隠しとカーテンのみ。SAって外灯が点いていて防犯的には安心だけど眩しくて寝られないときが有るからこれだけでもだいぶ違う。

しかし高速1000円になったからか停まっている車が多いね。
夜中なのに建物外の果物直売コーナーも営業しているし。

090829_005

090828_001

仮眠を取って4時半に起きる。スナックコーナーは5時までならご飯無料サービスだって・・・つられてラーメンライスを(笑)

夜中でも食事できるし売店も営業しているようなので助かるね。

090829_003

090829_002

090829_004


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.08.25

みたまの湯【市川三郷町】

当初は「夏の甲府盆地は暑いからぬるい温泉へ」と正徳寺温泉初花を2湯目に考えていたけど風が爽やかなので「韮崎から山梨市まで盆地を横断する程でもない」と。なので近場じゃないけど眺めの良い「みたまの湯」へ。

090824_005

こちらは一転、地元民にも観光客にも人気の施設。露天風呂から眺める景色は富士山は見えないけど同じく人気の「ほったらかし温泉」と甲乙付けがたい。個人的にはこっちの方が好きかな?

お湯は透明な濃い紅茶色だけど浸かってみれば臭いや肌触りは色ほどの癖は感じない。内湯は二段になっていて上が熱め、下が38℃のぬるめだと・・・塩素臭ですぐ逃げだしたけど(笑)

露天も左右に同じく2段、低い方がぬるいけど露天なので塩素臭は殆ど気にならない。

10人という人数と旧に立ちより先を変更したので夕飯が思いつかない。涼しいとは云っても夏なので「ほうとう」って訳にもいかないし。
なので夕飯は施設内の食堂で。
うどんや蕎麦は食べた人の話では「まぁ温泉施設の食堂」だけどσ(^^)が頼んだ「ロースかつ御膳 1,200円」は揚げたてでかつの下に網があって油切れするようにしてあったし大きさも大きく「当たり」感が強い。

090824_006

090824_007

昼がブドウだったので早めに夕飯をと云うことで17時半から食べたけど帰る頃には待ちが出るほど人気だった。
日が暮れ始めて夜景も奇麗で「もう一度露天へ戻って眺めたい」と思うほど。

だけど・・・中央高速、今日も渋滞です(泣)
お盆の翌週って例年ならそれなりに空くんだけどなぁ・・・小仏トンネル先頭で35km4時間以上って自然渋滞にしては混みすぎでは?笹子トンネルや国立府中などでも渋滞していて勝沼IC手前の表示でも「八王子まで4時間以上、高井戸まで5時間以上」と。

090824_002

う~ん、まいった。前にも数回走っている県道経由って事で都留ICで下りて八王子へ。都留ICから八王子駅まで休まなければ1時間40分で到着した計算なので渋滞表示が正しければ2時間強は早く着いた事になるが・・・同乗者2名を車酔いさせてしまい実際には30分くらい休憩付き。すみません、σ(^^)の運転技術が未熟でした。

【みたまの湯】
住所:山梨県西八代郡市川三郷町大塚2608
電話:055-272-2641
時間:10:00~23:00
休み:無休
料金:750円
URL:http://www.mitamanoyu.jp/

前回行ったときのエントリーはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山温泉【韮崎市】

ブドウ狩りも終わったしオフ会のメイン、温泉へ・・・最近食べる方がメインと誤解されてるけど一応「温泉オフ」(笑)

韮崎で温泉と云えば「韮崎旭温泉」が有名だけどσ(^^)は露天風呂偏愛なので今回はパスして「白山温泉」へ。
韮崎ICを通り越しトンネルを潜って川沿いに少し走り川を渡ってと15分ほどで到着。ちょうど先程のぶどう園と川を挟んで対岸の丘の上って立地。

090824_004

隣に美術館、蕎麦屋が並ぶ。
日帰り施設だけどフードコーナーや土産などは無く温泉と休憩室だけのシンプルな作り。浴槽は内湯、露天が各1つ。内湯の浴槽の縁が木なのはちょっと嬉しい。

露天は浸かってしまうと見えないけど立ち上がれば対岸の山が見える気持ちの良いロケーション。

かけ湯に「源泉」の表示があったけど浴槽の湯使いは不明。ネットの口コミでは掛け流しらしい。露天はぬるめで風も夏だけど涼しく感じてσ(^^)的にはそれだけで充分かな?
お湯は思ったほどの特徴はなかったけど悪くない。

観光客向けじゃなく地元向けののんびりとした温泉です。

#それでも常時他のお客さんがいたから浴槽画像は無し

【武田の郷 白山温泉】
住所:山梨県韮崎市神山町鍋山1809-1
電話:0551-22-5050
時間:10:00~21:00
休み:水曜
料金:600円
URL:http://www.hakusanonsen.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フルーツランド平賀【韮崎市】

「ひまわり畑」を観て、韮崎IC方面へ戻る。インターへ曲がる信号をクランク状に直進して数百メートルで次の目的地「フルーツランド平賀」。

「ブドウ狩り 40分食べ放題1,000円」が今回のコース。もう1~2週早ければ山梨県内で「桃狩り」が未だ出来たそうだし、9月になればブドウも種類が増える。8月下旬はちょうどその合間で選択肢が減るが3種類くらいのブドウが食べられると。

090823_016

ブドウ狩り会場は受付から車で1分ほど走った別な場所。
木の種類と簡単な説明を受けて食べ放題開始。切った房を土産用に別料金で持ち帰る事も出きるそうだけど今回のメンバーは土産は土産で店で買い、ここでは食べることに専念(笑)

090823_021

これはと云う房を見つけたら房ごと切り取って食べて下さいと云うことで各自がバラバラだと1つの房で終わってしまうから皆で協議して切った房を全員で分けて食べる。人数がいるから各種数房ずつ切ってシェアしました。

普段果物なんて買って食べないので久々に食べた巨峰の味が懐かしい。独特の癖というか香りというか、うん、これこそ巨峰。

090823_002

090823_018

090823_017

090823_019

090823_020

もう1種類、見た目は似ていて粒の大きい品種と小粒のデラウェアと。お腹一杯にはならないけどその場で立ち食いだし案外飽きるかも。どうだろう?1房半くらいは食べたかなぁ?

小雨が振ってきたけど園内はビニールハウスになっているので濡れずに済んだのは助かった。逆に快晴だと暑くなるかも。

【フルーツランド平賀】
住所:山梨県韮崎市穂坂町宮久保192-1
電話:0551-23-4660
時間:8:30~18:00
休み:?
料金:40分1,000円
URL:http://fruits-hiraga.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明野のひまわり畑へ【北杜市】

日曜は温泉仲間と山梨へ。今回はオフ会で計10名、3台で移動。σ(^^)の車は大宮で3名ピックアップして圏央道から中央道へ。

大宮駅から圏央道の乗り方は3通りくらい考えられる。

  1. 16号で川越のクランクを通り川越ICから鶴ヶ島JCT経由で圏央道へ
    一番近いICだけど川越のクランク区間は走りづらく川越ICから乗ると鶴ヶ島JCTは遠回りになる
  2. 16号で川越のクランクを通り川越ICを通過して狭山日高ICから圏央道へ
    多分距離的には一番近いかな?ただクランクを通るし一般道区間が一番長そう
  3. 小仙波から254号で北に向かい川島ICから圏央道へ
    距離としては一番遠そうだけど高速区間が長く道も走りやすい

なので今回は「3」を選択。
大宮駅を8:20に出て川島ICが8:55、9:30に八王子JCTで中央道と合流できた。
下りの渋滞の先頭によくなる相模湖ICまで10km弱、自然渋滞ならつまっても20分程度で済む。今回も9:45には相模湖ICを通過できたので通常より+7分程度か。

その後は順調で双葉SAで各車と合流し11:20に韮崎ICで下りる。先ずは明野のひまわり「サンフラワーフェス2009」を見ようと広域農道を行くが一番手前の農村公園手前500mくらいで渋滞。メイン会場までは農村公園から更に1km有るというのでこちらに立ちより。

駐車場は「満車」となっているが見終えた人が出ていくので探すか少し待つかで何とか停められた。
角に案内係らしき叔父さんが居たが「メイン会場まであと1km」って連呼しているだけで駐車場へ出入りする車の整理する分けでもなく信号のない交差点で車同士が絡み合ってもお構いなし・・・なんだろうねぇ?

090823_015

斜面に植えられたひまわりとコスモス、霞んでて遠くの山がくっきりとしなかったのは残念だけどなかなか壮観な景色。「ひまわり畑」は各地で色々やっているけど「夏」を感じられていいよね。
薄雲が出ていて時々雲間から日が照る天気だったのと高所にあるからか外を歩いていても汗だくなるような事がなかったのも好印象。

090823_001

090823_011

090823_014

090824_008

090823_009

090823_010

090823_012

富士山が雲間から頭を出してたけどひまわりと一緒に撮ろうとすると花の背中しか写らない(笑)

090823_013

種類が違うのか複数会場に別れていて7月下旬から8月下旬の約1ヶ月くらい、どこかで観られる状態らしい。

【サンフラワーフェス2009】
住所:北杜市明野町浅尾5259-950
電話:0551-25-2885(北杜市農業振興公社)
時間:8:00~18:00
期間:2009年7月25日(土)~8月31日(月)
料金:無料
URL:http://www.city.hokuto.lg.jp/hokuto/index.jsp(北杜市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.22

H21さいたま市花火大会【岩槻文化公園会場】

さいたま市の花火大会は3つの会場で分散開催と前に書いた通り。旧大宮市旧浦和市に続いて旧岩槻市の花火大会が本日開催。これで今年のさいたま市の花火は全て観たことになる(笑)

場所は国道16号が元荒川を渡る「城町二丁目」から南に川沿いに入った「岩槻文化公園」。駅から遠いのでシャトルバスが出ているけど勝手知った半地元なので以前から観に行っているポイントへ。車を停められてのんびり観られる場所・・・但し藪蚊が多いけど。

今回はNifty-Serve時代からの友人と観ようって話しで撮影しながらつまみを・・・車だと飲めないじゃん・・・って事でノンアルコールビールを揃えてみました(笑)

090818_001

090822_002

090822_003

正確に云うとノンアルコールと云っても0.3%とか0.9%とか少しは含まれているものも有る。ただ一番度数の強い0.9%のを5本飲んでも普通のビール(5%)の1本以下。下戸の人ならダメかもしれないけど普通に飲める人間なら酒気帯びになる前に腹がガボガボに(笑)
#実際に飲んだのは4本でその内2本は0%だから換算するとコップ1杯程度か?

しかし・・・なんでノンアルコールビールって不味いんだろう?烏龍茶飲んだ方が未だ納得できるなぁ。

まぁ、それはおいといて花火。
打ち上げ開始は19時だけど1ヶ月前の大和田に比べると暗くなるのが早い。今回は水面に映るのも入れたかったので縦位置中心。

090822_006

090822_007

090822_009

090822_010

この内、3枚くらいをパソコンで合成するとこんな感じに。

090822_005

090822_011

090822_014

090822_015

090822_012

090822_013

ちょうど観る場所と花火の間に木が数本立っているので下の方が欠けてしまうけど気に入っている場所です。

終了まで見ていると道路が渋滞するから15分くらい前に脱出、混まずに30分程度で大宮まで帰宅しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.19

渋・辰野館【奥蓼科温泉郷】

御射鹿池から「湯みち街道」をもう少し登ると木造のバス停が風情有る「渋・辰野館」に到着。宿の玄関から雰囲気良いです。

090816_025

090816_026

090816_024

既に宿泊客がチェックインしている時間だけど日帰り入浴をお願いする。
浴室は3箇所、どこもフロントから階段を1階上がって左へ行った奥に固まってますが移動するには一旦服を着なくてはいけない。

一番手前は「展望風呂」、シャンプー、石鹸があるのはここだけだけどここの湯は温泉ではなく沸かし湯だと。

090816_030

そこから階段を下がって半露天の「森の温泉」、一番奥に「内湯」。「信玄の薬湯」って云うのはこの奥の内湯かな?

浴槽が3つ有って、手前2つが21度の冷泉。奥に蓋がしてあった加温浴槽。最後に上がる人は蓋をするようにと書かれてました。

加熱槽と云っても40度くらいのぬるい湯。まずそちらで身体を暖めた後に覚悟を決めて冷泉へ(笑)
糞暑い埼玉を脱出して来た爽やかな高原なので冷泉は「気持ちよい」を通り越す冷たさ。ただ徐々に身体を慣らして一旦浸かってしまえば入っていられない温度ではない。

090816_027

090816_029

090816_028

最後に半露天へ。内湯と露天の2つの浴槽があり、仕切のドアが開放状態なので半露天と。内湯に当たる浴槽が加温で露天は冷泉と冷温交互に入れるのはこちらも一緒。
ph2.9と酸性が強いので長湯しないでと書かれていたが露天の外に広がる白樺林の景色を眺めながらここだけで1時間(笑)。

090816_032

090816_031

090816_033

通年営業らしいけど・・・秋~春は冷泉は厳しいかも。そういう意味では万人向けでは無いかも知れない。

【奥蓼科温泉郷 渋・辰野館】
住所:長野県茅野市奥蓼科
電話:0266-67-2128
時間:11:00~18:00
休み:?
料金:1,500円
URL:http://www.sib-tatu.com/

帰りは宿のすぐ下に299号線へ抜ける細い道があるのでそこを通って麦草峠経由。日が沈み始めた時間なので交通量も多くなく八千穂駅付近の国道141号へは30分ほどで到着。そのまま299号で秩父へ抜けて帰ろうか、中込から254号で下仁田へ抜けようかと思っていたけど日が暮れてしまったので峠越えは止め。幸い、上信越道も富岡くらいまでは流れていると。

ただ帰省帰りの車で富岡から先は花園先頭の渋滞で25kmと。なので富岡ICで下りて254号へ。藤岡市街からは254号を離れ何度も通っている裏道で東松山ICへ。富岡ICから東松山ICで66kmを90分・・・どうだろう?渋滞といっても流れているなら高速の方が早いだろうなぁ。VICS情報では富岡ICから吉井ICまでで30分なんて出ていたからその流れなら下道の方が早いか?
まぁ早い遅いよりも渋滞の中トロトロ走るのが嫌いなので裏道でごく普通に快適に走っていた方が気分が楽だからね。辰野館から4時間でさいたま市へ帰着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御射鹿池【奥蓼科】

ビーナスラインから国道299号線(メルヘン街道・・・恥ずい)、湯みち街道と通って奥蓼科の温泉郷へ。
しかしビーナスラインから国道299号線へ曲がる辺り、地形の関係で立体交差になっているんだろうけどおかげで信号が無いので曲がる車が妙に入り組んで身動き取れなくなっていたなぁ・・・もう少し交通量が増えたら絶対に渋滞しそう(笑)

明治温泉へ分岐する手前に有るのが「御射鹿池(みしゃかいけ)」。東山魁夷が「緑響く」を描かれた場所として有名だと。アクオスのCMで使われていた絵ですね。

090816_022

090816_018

090816_021

ここって自然の池ではなく農業用のため池らしいけど上手く調和している。池の少し上に数台停められる駐車場があったので寄ってみた。
人は余りいなかったけど梅雨の頃や紅葉の頃は撮影スポットとして人気になるらしい。

トンボって近づいても余り逃げず、逃げても前の場所へ戻ってきてくれるから撮影しやすい。見かけるとついつい撮影しちゃうけど沢山飛んでいるので写真はトンボばかり(笑)

090816_020

090817_005

090817_019

090817_023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車山高原へ涼を求めて

暑い関東平野を脱出し涼しい山の上へ。この夏3回目のお出かけは蓼科方面へ世間のお盆休み期間最終日の16日に行ってきた。

行きの関越道、上信越道は下りなので順調、佐久ICで下りる。そこから白樺湖を通過して車山高原へ。

090816_001
#わざと露出オーバーに撮影

090816_002

途中、白樺湖を見下ろす展望台で休憩。やっと夏らしい天気になったなぁ。
この辺りの山は火山の関係でなだらかな草山に見える。九州の阿蘇山とかの辺りもこんな感じに見えたけど関係有るのかな?

090816_003

090816_004

もう暫く走って「車山方」って駐車場に停めて近くをブラブラ。
車の外気温計では24℃と。体感的にはもう少し涼しいかも。半袖なので風が吹くと薄ら寒いくらい。

7月くらいはニッコウキスゲが咲いて奇麗らしい。今は「マツムシソウ」が見頃。遠くから見るとなだらかな草山だけどいざ歩くと足元は岩や小石で案外歩きにくい。
花や景色を撮影しながら涼しい高原を満喫。

090816_008

090816_006

090816_012

090816_013

090816_009

090817_010

090817_011

霧ヶ峰で左折して一旦茅野市街方面へ下りる。ビーナスラインに出たところの蕎麦屋で昼飯。空席待ち時間があったが脇に咲いていたコスモスとかを撮影していると案外時間が潰れるなぁ。

090816_014

090816_015

090816_016

090816_017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.15

牛島のヒマワリ【春日部市】

春日部駅の1つ隣、藤の牛島駅近く、古利根川沿いの「牛島古川公園Ⅱ期」って場所で4,400平方メートルの畑に26,000本のヒマワリを咲かせていると。

090815_013

090815_014

場所は駅から春日部方面へ線路沿いを進み、川に出たら右折して「エンゼルドーム」って児童センターの向かい。
牛島って「藤の牛島」の駅名が付くくらい藤で有名だけどヒマワリでも頑張っているんだなぁ。

少し早めに出て出勤前に立ち寄ってみた・・・お盆の土曜日でも出勤なのが悲しい(泣)
駐車場は何台くらい何だろう?2~30台は大丈夫か?8時過ぎくらいだけど特に柵とかある訳じゃなく停められる。写真とか撮るには人が少ない早い時間の方が邪魔にならずに済んでいいからねぇ・・・ってヒマワリって昼間にならないと首をもたげてくれないんだな。
ヒマワリ畑の中に一ヶ所こんな展望台が有りますが、この時間なので殆ど下を向いたまま。
それでも幾つかは元気に上のほうを向いて咲いてます。

090815_003

090815_004

今年は余り好天に恵まれなかったけどお盆になってやっと夏らしい天気に。こうやってちゃんとヒマワリを見るのは何時以来だろう。

090815_005

090815_006

090815_001

090815_007

090815_008

090815_009

090815_010

090815_011

種類も色々有って黄色と云うよりピンクと茶のも多く咲いてましたね。

090815_012

誰かが意図的に種の部分を抜いた?・・・こんなのも咲いてました(笑)

090815_002

咲くのは8月上旬の割と短い期間らしいけど夏らしい景色を堪能しました・・・で、そのまま会社へ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.14

ネガフィルムをCDに

今はデジカメ全盛だけどちょっと前まで「写真」と云えば銀鉛フィルムで撮影が一般的。σ(^^)も小学生の頃から親や兄から借りたカメラでチョコチョコと撮影していた。
高校くらいからは親から一眼レフを貰って撮影していたはず・・・ちょっとうろ覚えだけどそれなりに大きいカメラを常に持ち歩いていたのかなぁ?

前にも書いたけど1998年に「富士フィルム クリップ・イットDS-20」を買って暫くは併用していたけど2000年にオリンパスの「CAMEDIA C920Z」を買った頃からはデジカメ専門になったかと。

撮ったその場で確認できることとフィルム代&現像代が要らないのは一度覚えると戻れない。この頃の機種だから画質的にはだいぶ低いけどσ(^^)は芸術作品を撮るつもりじゃないから問題なし。

で、それまでの溜まった撮影済みネガフィルム。仕舞い込んでいたけどそのままじゃ劣化が進むだけ、いや既に劣化している。
このままじゃいけないとスキャナーで取り込もうと一度試したが数本なら何とかなるが本数が多いと無理だと諦める。

そしてまた暫く放置・・・いかん、いかん。ネガフィルムをCDに焼いてくれるサービスは探せばあちらこちらでやってくれている。
カメラのキタムラ」に聞いたら「380円と630円の2種類有る」と。前者が200万画素程度、後者が600万画素程度とのこと。
同じフィルムを両方で焼いて貰ったが元のフィルム劣化が進んでいることも有ってどちらでも似たようなものか。ただトリミングとかするなら大きい方が有利かな?

ネガフィルムの本数を数えたら250本・・・630円を掛けると157,500円・・・200万画素程度なら95,000円で済むかぁ・・・う~ん。

もう少し安い店は無いかと探してたら「ネットで流通する同時プリントを利用する」と云うblogを発見。あちらこちらにフィルムを同時プリントでCDに焼いてもらい値段やサービスを比較している。
このblogによるとYahoo!オークションで【ID:kyje31013】の評判よく書かれていたので検索してみた。630万画素(16BASE)のCD書き込みで200円/本、100本以上なら190円/本で山形の「フォトセンター ドリーム」ってお店の人らしい。店のサイトでは473円/本だけどヤフオク経由では安い。

250本×190円なら47,500円、金額としてはそれなりの出費だけど最初の計算の1/3だし、躊躇していたら劣化が進むだけだし。
試しにCD1枚分(5本)を落札(常に出品しているから落札と云うより発注か)してみたが対応も迅速だし仕上がりもσ(^^)のレベルなら特に問題ない。インデックスプリントも1枚付いて来る。

って事で、残りもお願いした。ダンボール1箱は有るなぁ。小学生時代からと考えると少ないのかもしれないけどフィルム時代ってお金が無かったし撮影する時に「ここぞ」って絞って撮影していたからか?

一週間程度で届いたCDで50枚。1TBの外付けHDDにコピーするだけでも流石に時間がかかる。
撮影した画像を改めて見ると・・・厳選して撮影していたわりには屑写真ばかりだなぁ(笑)
もう名前も思い出せない当時の友人との飲み会の写真とか修学旅行の無意味なカットとか。

ここ数年は「人物」なんか殆ど撮らないけど以前は「人物」ばかり、有る意味正当な記念撮影だったんだなぁと個人的には屑写真でも懐かしくはある。

まぁ、そんな画像をここにアップする訳にもいかないので「これは20世紀の画像」ってのを探してみたけど人が写ってなく、今はもう無く「確かに2000年以前に撮った」と思える写真って案外無いものだなぁ。

  • 旧本所区役所(墨田区役所第一庁舎)

確か最後の頃は「墨田横網郵便局」として機能していたように記憶する。2000年くらいに今の「国際ファッションセンター(第一ホテル)」が出来たはずだから撮影は1995年くらいかなぁ?下は今の写真、後ろの日大一高は変わってない。
991230_1326

090728_001

博覧会系は時代が判り易い。

  • 神戸ポートアイランド博覧会(神戸):1981年3月~9月

991230_002

  • 横浜博覧会(横浜):1989年3月~10月

991230_003

991230_004

  • 世界デザイン博覧会(名古屋):1989年7月~10月

991230_005

991230_006

  • 大田万国博覧会(韓国・大田市):1993年8月~11月

991230_000

991230_001

海外旅行で撮影して今はもう無いと思われるのを発見。

  • 九龍城砦@香港

ここはは1994年ごろ取り壊して公園に。撮影時でも既に廻りは公園になっていてその昔の怪しい雰囲気は失われていた。

991230_007

  • タイガーバームガーデン@香港

こちらは2000年ごろに閉鎖。今でも一部現存しているそうだけど危険なので立ち入り禁止だと。どちらも1990年2月頃撮影。

991230_008

991230_009

どのフィルムが何時撮影したのか旅行写真ならほぼ判明するけど判らないものの方が多い・・・なんとか手がかりを見つけて整理しないとなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.08.09

アメリカ山公園【横浜元町】

2009.8.7に元町にアメリカ山公園がOPENってニュースを読んだ・・・何処だそこは?
まぁ、埼玉在住者が横浜元町の公園にいちいち反応する必要は無いんだけど9日に横浜へ行く機会があったので寄ってみる。

石川町駅から元町の商店街をチンタラ歩き、みなとみらい線「元町・中華街駅」へ。この駅の出口からそのままエレベータ&エスカレータで上に上がれるようになったそうです。外人墓地とかに行くのに坂を登らないで済むって事かな?

090809_000

改札のある1Fから2フロア上がって4階に当たる場所が公園です。途中のフロアは工事が遅れているのか不況でテナントが入らなかったのか・・・。

090809_004_2

公園に出ても思ったほど眺めは良くない。ベイブリッジは200mm望遠で撮影してこんな感じ。手前に高速やビルが有るからねぇ。

090809_001

芝地は整備中でベンチが数箇所有る程度。憩う公園と云うより山手地区から元町や駅への最短ルートって側面の方が強いかな?

090809_002

090809_003

【アメリカ山公園】
住所:?
電話:?
時間:6:00~23:00
休み:無休
料金:無料
URL:http://www.city.yokohama.jp/me/kankyou/kisha/h19/080205-2-4-2.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.08

H21さいたま市花火大会【大崎公園会場】

7月31日の大和田会場(旧大宮市分)に続き、旧浦和市分の花火が今年から「浦和競馬場」から「大崎公園」に変更。

大崎公園?・・・・大宮に10年以上住んではいるけど市内幅広く知っているわけじゃない。公式サイトの地図を見て確認・・・そうかぁ、浦和大門から463号を西に行った辺りか。
シャトルバスが浦和駅や浦和美園駅から出るらしい。

この日は仕事なので車で行ける場所は無いかなぁ?と北北東3km弱の「さぎやま公園」に目を付けて見た・・・大失敗(笑)
なにせ初めてのことだからどの方向にどのくらいの高さで上がるのか判らない。何組か同じ目論見の人達が居たが高さが足りず公園の木が邪魔して見えません。

そこで速攻で車に乗って芝川沿いの田んぼのあぜ道へ。距離的には余り変わってないけど田んぼなので障害物が殆ど無い。

って事で皆さん同じ事を考えて既に片側ぎっしり路上駐車の列。
打ち上げ開始から20分くらいの時間だけどσ(^^)も何とか停めて撮影。

090808_001

35mm換算90mmで撮影してこのくらいの大きさだから距離的には離れてます。VR18-200を付けていたのでズームしてトリミングは初めからの予定。

090808_002

090808_011

090808_003

090808_004

090808_005

090808_006

090808_007

090808_008

090808_009

090808_010

10数分撮影してたけど、皆さん適当に停めているのであぜ道の交差点がとんでもない状態になっているのに嫌でも気付く。
すれ違いはできるけど程度の道の片側が埋まって、そこへ各方向から車が来るんだもの。あちらこちらでクラクションの嵐(笑)

どこか1本でも2本でも太い筋が有れば移動する車はそこを通り、路駐する車はそれ以外に片側空けてって上手く行くんだけど。

当然σ(^^)の車もその片棒を担いでいるので「これはまずい」と早々に撤収。それに花火終了時にこの車が一斉に移動開始したら狭いあぜ道のこと、それこそ地獄絵だし(笑)

どうなんだろうなぁ。浦和美園のジャスコ屋上駐車場からは距離的には見えそうだけど最初の公園の例も有り余り高く上がらない(いや、会場が低い場所なんだな)と見えないかなぁ?ってその前に土曜のジャスコ駐車場は普段でも混んでいるし、シャトルバス乗り場が美園駅だから余程速く行かないと停められないだろうね。

今回のあぜ道も事前にチェックして停めても交通の邪魔にならない場所を探してそこから歩いた方がいいなぁ。

さて、残る花火は8/22の旧岩槻市分だ。これは何度か車で行けてそこそこ見える場所を知っているのでそこへ行くつもりだけど・・・最近行ってないからチェックに行かないと。知らないうちに建物立ってたりしたら途方に暮れてしまうから。

#8/9追記:美園のジャスコ屋上から一応見えたらしい。ただ距離的には今回の場所とそれ程変わらないので大きくは無理みたいだけど。
今年初めてだったので打ち上げる方も見る方も手探り状態だろうなぁ。来年はいっそのこと駐車場開放するか出入り禁止になるかは不明(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.07

月を撮影

雷雨も上がって空に月が奇麗に。

D90を買って出番が減ったCanonG7に2倍のテレコンを付けて2.3倍のセイフティーズームで計算上966mm望遠(210mm×2倍テレコン×2.3倍ズーム)で月を撮影。

画像サイズを最大(3648×2736)にしてトリミング(1360×1020)して320×240にリサイズしたのとそのままトリミングしたのを。
ISO100、F8、1/160で撮影したけど等倍切り出しはちょっとぼやけているなぁ。テレコン咬ましているからか?

090807_001

090807_000

・・・あれ?セーフティーズーム時は画像サイズが限定されなかったっけ?

==2009.9.6追記==

G7のズーム機能は「セーフティーズーム」じゃなく「デジタルテレコン」でした。要は撮影素子の真ん中だけ使うって事でF値が大きくならずに済むと。

で、D90の純正VR18-200を付けて撮り比べ。

先ず200mmズームで撮影してそのままのリサイズした画像。

090906_000

流石に小さい。元画像は4288×2848なので636×424にトリミングして320×212にリサイズ。条件的にはG7と同じく画面いっぱいに月が入る感じ。

090906_002

ホワイトバランスを合わせて無いからちょっと違う感じ見える?

同様にリサイズ無しでトリミングだけした画像も。

090906_001

G7にテレコンを付けた方が大きく撮影できるけど解像度はVR18-200でLサイズ撮影してトリミングした方が奇麗だねぇ・・・ますます出番無し?>G7(笑)

ISO200、F11、1/60秒、露出補正マイナス1で撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.06

子安温泉【子安温泉】

七味温泉から山を下って山田温泉へ。古くから有る共同浴場「大湯」を囲むように温泉旅館が数軒建つ良い雰囲気。

090802_023

「大湯」は内湯のみだけど外観も何処かの紹介ページで見た浴槽も雰囲気が良いので一度は入りたいと思いつつ未湯です。
薬師堂とかも有るし、ブラブラするにもいい場所。

090802_021

090802_022

その先で左に曲がって須坂方面へ。ちょっと行った先を右折すると奥まった場所に「子安温泉」が。

090802_033

外観は極普通だけど浴槽や浴室は多分大湯に負けないくらいの鄙びの雰囲気。黄色い濁り湯は塩分が濃く温まる。
民間の施設っぽいけど客層はほぼ地元民ばかりって感じで客同士が世間話。

090802_035

呼気からも温泉成分を吸う為らしく窓は開けない様にと注意書きが。浸かったり上がったりを繰り返してたけどお湯が暖まる湯なのであまり長くは居られない。

出たら受付のおばちゃんが「熱いののみだけどコーヒーか麦茶、どっち飲む?」と。サービスらしいので紙コップのコーヒーを頂きました・・・汗が引かない(笑)

090802_036

【子安温泉】
住所:長野県上高井郡高山村大字牧783
電話:026-242-2219
時間:9:30~20:30
休み:金曜
料金:500円
URL:http://www.info-g.co.jp/koyasu/koyasu.htm

帰りは長野須坂東ICから上信越道に。乗って暫くしたら「嵐山小川先頭45km」の渋滞表示を見てちょっとドンより気分。まぁ時間も19時過ぎなのでその辺りに行く頃には多少は解消している筈と信じて、それでも横川SAで「峠の釜めし」の夕飯を食べたりして調整。
その甲斐あって表示では花園で5km程度とあったけど実際には渋滞に遭遇せずに大宮へ帰宅・・・23時だけど。

090802_034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉館【七味温泉】

昼飯をのんびり食べていたら15時を過ぎていた・・・温泉行かなくっちゃ。
って事で2湯目は戻って七味温泉へ。
今までは奥山田温泉へ来るとそのまま志賀高原へ抜けて万座経由で帰ってばかりだったので慌しかったけど小布施へ戻るなら未だ余裕が有る。

七味温泉には昨年寄った「山王荘」と「渓山亭」とここ「紅葉館」の3軒しか宿が無い。だけど日帰り入浴は紅葉館向かいに夜は紅葉館の貸切になるらしいけど別料金では入れる「野天風呂」、同じく「渓山亭」の外湯で別料金の「惠の湯」とあるから5ヶ所ってことに。(写真は「野天風呂」)

090802_00

「紅葉館」は橋を渡ってすぐの右側、洞窟風呂が有名らしいけど要は内湯から露天への通路が洞窟状なだけで洞窟内で湯に浸かるスペースは殆ど無いそうだ。日帰り時間は女性用らしいしσ(^^)は洞窟より露天だし。

090802_029

そろそろチェックイン客も来始めた時間だけど日曜だし先客は内湯、露天に各2名程度。
エメラルドグリーンの濁り湯は硫黄臭プンプン、内湯は熱めだったのですぐに露天へ。目の前が川なので眺めは良い。お湯も適温でのんびり入れる。

090802_032

090802_030

露天脇には「炭湯」って1人用の浴槽が。こちらは無色透明だけど臭いは一緒なので炭で成分を漉しているって事か?

090802_031

紅葉の時期はこの辺りも大変奇麗だそうなので秋になったら又来ようかな?ただその時期は山田温泉から渋滞するとも聞くので時間を考えないといけないみたい。

【七味温泉 紅葉館】
住所:上高井郡高山村大字奥山田七味2974-45
電話:026-242-2710
時間:8:00~18:00
休み:
料金:500円
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.04

キッチンコンパス【山田牧場】

奥山田温泉はスキー、避暑とどちらにもよさそうな場所でこんなチロリアン風な建物も・・・「仙人小屋」って建物と名前がミスマッチ(笑)ペンションなのかな?

090802_010

090802_011

快晴だったらもっと気持ちの良い山田牧場の眺めはこんな感じ。

090802_008

090802_009

090802_001

セルバン白雲館から徒歩でも2分程度の牧場を眺める一角に建つ洒落た建物が「キッチンコンパス」。

090802_013

090802_012

090802_014

14時近かったのでこちらも貸切状態。店内は外観通りのログハウス風で落ち着きます。
メニューはリンク先にあるけどカレー含む煮込み系、キッシュやソーセージなどワンプレート、蕎麦粉のピザなど1,000円前後で手軽な価格。料理にはサラダバーも付いているし。

090802_016

090802_015

090802_028

「ポーク三枚肉の煮込みカレー950円」は大きな三枚肉がドンっと。野菜も大きめに彩りで載っていてルーは少し辛めで美味しい。

090802_019

090802_020

「ベーコンと信州きのこのそば粉ピザ950円」は蕎麦粉の台はカリっとして具のベーコンもキノコも盛りだくさん。

090802_017

090802_018

冬のスキーシーズンとかメニューが多少変わるらしい。またランチ時間以外はカフェとしても使えるみたい。信州の山奥とは思えないオシャレな世界です。

【キッチンコンパス】
住所:長野県上高井郡高山村大字奥山田字山田入
電話:026-242-2503
時間:11:00~15:00
休み:不定
料金:ポーク三枚肉の煮込みカレー950円他
URL:http://www.grandgent.jp/kiltuchinkonpasu.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルバン白雲館【奥山田温泉】

雷滝を眺めてそのままぐんぐん上がり奥山田温泉へ。小雨も降り始めて体感的には涼しいを通り越してちと寒い(笑)

先ずは1湯目、セルバン白雲館にお邪魔する。避暑地としては絶好だけどこんな天気なので客が殆どいない・・・温泉に1時間ほど居たけどずっと貸切状態でした。眺めが今ひとつだったけど貸切状態は嬉しい誤算だね。

090802_024

温泉はフロントから階段を2階降りてちょうどロビーの真下辺り。
浴室のドアは従業員用のドアかと思うほど素っ気無い戸だけど温泉は内湯、内湯続きの露天と雰囲気は良い。
内湯は縁が木で出来ていて濁った湯が。よくよく見ると細かな湯の華が一杯。ちょっと熱めだけどこの天気なので気持ちがよい。

090802_025

露天は石造りでお湯は内湯より薄いかな?その分ぬるめで何時までも入っていられる温度。そして景色が絶景。
あいにくの天気なので遠景は雲の中だけど晴れたら気持ち良さそう。横に広く10人前後は入れる広さ。

090802_026

090802_027

露天で景色を眺めて少し寒くなったら内湯で温まって・・・貸切状態だったので好きな場所へウロウロ。

聞いたら8月は避暑のお客さんで予約が案外埋まっていると。冬はスキー、夏は避暑といい場所だよね。
これだけ涼しいからアブはいないと思ってて、実際温泉に入っている最中には遭遇しなかったけど駐車場でエンジンかけて近くを撮影していたら車がアブに襲われていた。5匹くらいかなぁ?襲われたくない大きい奴が。排ガスに誘われて来たのかな?

【奥山田温泉セルバン白雲館】
住所:長野県上高井郡高山村奥山田3681-334
電話:026-242-2911
時間:10:00~15:00
休み:
料金:800円
URL:http://members.stvnet.home.ne.jp/cervin/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雷滝【高山村】

確か金曜くらいの天気予報では日曜は関東平野は曇りだけど蒸し暑くて30℃くらいの予報。なので山の上の涼しい温泉へ行こうと。長野県は晴れマーク出ていたし・・・が、日曜になって7時くらいに家を出たら薄ら寒くて高速に乗る前から小雨が・・・。

大宮から下道1時間入れて3時間程度で小布施スマートICへ。高速1,000円になる前だと通勤割引100kmを活用だったので花園ICから佐久ICだけ高速にして浅間サンライン、菅平経由だったので大幅に時間短縮。

小布施からはそのまま東に20分程度で山田温泉の先の「雷滝」へ。駐車場はそれ程広くなく10台は無いかな。満車だったけど数分で空いたのでそちらに。

090802_007

090802_006

階段を少し降りると滝の裏へ・・・そう、ここの滝は水が落ちる滝の裏側へ入れる珍しい構造。崖と落ちる水の間に通路があってそこから滝を眺められる。

090802_002

090802_003

そのあと少し下がって観瀑台から見上げても眺められる。1/60秒と1/2秒で撮り比べ。1/2秒は滝の流れが絹の様に奇麗に写るけど迫力が無くなるかな。

090802_004

090802_005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »