« 鴨蕎麦ラーメン【まるめしあん・矢板市】 | トップページ | 現状把握その1【地デジへの道 その1】 »

2009.11.23

鬼怒川観光ホテル・ただおみ温泉【栃木県】

矢板から西へ国道461号線を走り鬼怒川温泉へ。
雑誌「温泉博士」の手形で「鬼怒川観光ホテル 別館」に無料で入れると云うので寄ってみる。この手の大規模な温泉ホテルって個人では泊まらないだろうしこう云う機会がないと。

いや、本当に大きい。
玄関前に従業員が立っていて客の誘導をしています。フロントも含めて無料の日帰り客に嫌な顔せず対応してくれるって従業員教育がしっかりしたホテルと好印象を受ける。

091123_012

ロビーも立派。下手したらこのロビーくらいの広さしかない宿ばかり泊まっているので圧倒される(笑)

091123_011

温泉は地下2F。三連休と云っても昼を少し過ぎた時間なので日帰り客はそれ程いません。
内湯は岩風呂風。ちょこっとだけ浸かって即露天へ。

091123_007

露天は浴槽が2つ有って手前が「竜王の湯」、人工ラジウム泉だそうです。石造りの四角い浴槽。下から循環の熱い湯が出てきてびっくり。浸かる位置を選ばないと。

川沿いに行き見下ろせば鬼怒川の流れも見えるけど対岸のホテルや脇の橋からも見られる・・・男湯なので見たくも無いだろうけど。

091123_010

091123_008

奥の岩風呂が「五十里の湯」。オーバーフローした湯は循環せずに排湯されている感じだけどどうなんだろう?

091123_009

まぁどちらも塩素臭はするのでお湯的には評価は低くなるけどコレだけの大規模施設では仕方が無いか。

【鬼怒川観光ホテル 別館】
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝359-2
電話:0288-77-1101
時間:12:00~20:00
休み:?
料金:1,000円
URL:http://www.okabehotels.co.jp/kanko/

  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2湯目はどうしようかなぁ?温泉博士に大田原の「与一温泉」が載っていたが矢板の向こうで来た道を戻るよね。近いなら今市の神山温泉は気に入っているけど今月3回目になりそうだし、来る途中に通った川霧の湯にしようかなぁ?などと考えてたがお気に入りばかり何度も寄るのも良いが行った事の無い「ただおみ温泉」にする。

461号線を戻ってバイパスの途中から県道77号で徳次郎ICへ。宇都宮ICへ行くならここを左折だけど直進してすぐに到着。ただ入口は表通りに面してないのでV字に左折。曲がり損ねるとロマンチック村へ行ってしまいまた塩素まみれになりかねない(笑)

091123_013

091123_014

地元の人に人気が有ると聞いていたがお客さんは本当に地元の爺さんばかり。混んでいたので画像は無し。
露天と聞いていたけど冬は簡易の屋根を付けていると。

源泉47℃の湯をかけ流し。特に特徴は無いけど柔らかくて多少ぬるめでなかなか良い。癖のある湯は毎日は辛いだろうからこう云うアルカリ単純泉がいいんだろう。

【ただおみ温泉】
住所:栃木県宇都宮市新里町丙712
電話:0286-65-3355
時間:10:00~21:00
休み:木曜
料金:500円
URL:http://spa-tochigi.cocolog-nifty.com/onsen/2005/12/post_26b6.html

15時過ぎに出て渋滞情報を見ると利根川の渋滞は未だ表示されてないが矢板先頭の渋滞は既に始まっている。
このまま宇都宮ICから高速に乗ると渋滞の始まりに出遭いそうなので新4号経由で埼玉へ。
宮環に出て平出工業団地からそのまま新4号。立体交差工事の辺りはちょっと混んでいたけどそれ以外は利根川手前まではスムーズに。ラジオを聴いたら東北道はやはり渋滞している。

春日部からの16号が多少混んだけど宇都宮ICから2時間半で大宮へ。

|

« 鴨蕎麦ラーメン【まるめしあん・矢板市】 | トップページ | 現状把握その1【地デジへの道 その1】 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/46841647

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼怒川観光ホテル・ただおみ温泉【栃木県】:

« 鴨蕎麦ラーメン【まるめしあん・矢板市】 | トップページ | 現状把握その1【地デジへの道 その1】 »