« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の6件の記事

2010.10.27

あぜみち山荘【上田市】

「今年は松茸が豊作」ってニュースをTVで放映していた。その中で「松茸小屋」ってのが紹介されていて産地には期間限定のそんな施設が幾つもあると。

で、信州は上田市の郊外、塩田平の脇にも松茸小屋が集まっている地区があるそうだ。ネットで検索してみたけどどこもそれなりの評判なので眺めの良さそうな「あぜみち山荘」を数日前に予約してみる。直前では土日はもう予約不可と人気が高く平日の昼をずらした時間でもそれなりにお客さんが入っている。

曲がる角は案内看板が有るので判りやすい。そこからすれ違いしにくい坂道を上がっていくと駐車場が。

車を降りて坂道を上がって到着。夜も営業しているようだけど雨が降ったりすると照明も少なそうだし大変かも。

101026_067
101025_003
101026_056
101026_058
こんな長細い部屋で食事をします。ビニールシートの向こうに対岸の山が見える絶景のはずだけど風が強く寒いのでシートで閉まっていた。

101026_060
101026_057
101026_059
コースは5,000円、6,500円、8,000円、10,000円、15,000円と。コースによって品数が違い焼き松茸は8千円から上に、姿焼きは1万5千円コースにならないと食べられない。そこまでの執着はないのでσ(^^)達は8品、6,500円コースを注文。

  • 松茸なべ
  • きのこうどん(鍋の締め)
  • 松茸土瓶蒸し
  • 松茸茶碗蒸し
  • 松茸天ぷら
  • 松茸ご飯
  • 松茸汁
  • 香の物

101026_063

101026_062

101025_027

101026_064

101026_066

101025_028

101025_026

101026_065

101026_061
鍋はすき焼きのように生卵を溶いて食べる。これと天ぷら、ご飯はそれ程香りはしなかったかなぁ。全く無いとは云わないけど。
逆に土瓶蒸しや茶碗蒸し、汁は香りが強い。まるで永谷園の・・・あわわ、こんなこと書いたら営業妨害だよ(笑)

でもそのくらいの強い香りが松茸の有難味というなら堪能した事になるが「味」と云えばキノコはキノコなのでどれほどではない。あ、歯応えも有ったよ。

話の種に「行ってきたよ、松茸三昧したよ」と人様に自慢するには良いと思う。そして自分へのご褒美としても。
ただσ(^^)個人では料理だけで5千円払うならもっと満足感の高い食べ物が有るのでそれと比較してどうだろう?

当然、その人それぞれの価値観があるからリピートする人がいてもいいと思うし、松茸を食べるのにコストパフォーマンス的な考えを持ち込む方が野暮って事かもしれないけど(笑)

【あぜみち山荘】
住所:長野県上田市鴻ノ巣
電話:0268-38-9994
時間:11:00~21:00
休み:秋季のみ営業
料金:5,000円/6品~15,000円/10品
URL:http://azemichi.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.26

蓼科の紅葉【紅葉2010年】

先ずは昼食ついでに「女神湖」へ。
天気が悪いのでどうも鮮やかさに欠ける。湖畔に一箇所見事な場所があるので皆が群がる(笑)

101024_007
101024_004
101024_005
しかし紅葉ってのは露出補正が難しい。
赤を強調しようとマイナス補正すると沈んでしまうがプラス補正ではメリハリが無い。まぁ何となくその辺りを調整して撮影。

101024_006
101024_008
横谷峡に移動して「乙女の滝」へ。ここは未だそれ程ではないなぁ。

101024_009
階段を上がって横谷温泉旅館の脇を進み「霧降の滝」へ。この辺りでも後もう少しかな?途中で一部綺麗に色づいた場所もあった。

101024_010
101024_011
101024_012
101024_013
泊まった「ホテル親湯」の駐車場から上流へ少し歩いた場所からも1枚。

101026_052

翌日は「御射鹿池」へ。ほんの少し標高が高いからか綺麗です。あぁ天気が悪いのが惜しまれる。でも鏡のような水面に映る景色はいいね。

101025_014
101025_015
101025_016
101025_017
少し歩いて明治温泉の脇から「おしどり隠しの滝」へ。ここも見事に紅葉してます。曇なので鮮やかさがない分明暗の差も出ないのは有り難いかな?

101025_018
101025_019
101025_020
101025_021
101025_022
101025_023
101025_024
休みの日程と天候の良い日と紅葉が盛りの場所、この3つが上手く合わないといけないけど、今回は天気の割にはまぁ何とか撮れたかなぁと自己満足(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテル親湯 温泉【蓼科】

温泉は清流亭の1Fに。
大浴場は内湯だけ。浴室の床も畳なのが珍しい。σ(^^)は和歌山の下御殿@龍神温泉とここしか入ったことがないけど最近は増えているのか?

101025005
101025006
大きな窓も有り一般客の受けは良いかな?まぁお湯は循環・加温・加水・塩素消毒なので湯ヲタさん向きではない。
しかし説明に「源泉の温度が低いから加水しています」って説明になってないよなぁ(笑)

101025_002
露天はレストランの前を通って外に出て階段を降りた先。洗い場等はなく脱衣所と浴槽だけでかけ湯スペースもない。
川側の谷に面しているのでこの時期だし紅葉が・・・男性露天の正面は紅葉しない木の様だ。右上の方に赤くなった木が見える。
女性側の方が眺望も紅葉した木の眺めも良いらしい。

101025_001
101025_037
宿泊客は30分無料で貸切露天風呂が使えると。内湯から露天へ行く通り道に3つと21時半以降は露天も貸切湯になると。
なので露天はチェックインした夕方~夜と翌朝に行かないと入れない。

101026_055
この貸切30分無料は家族連れ、特に若いカップルとかには嬉しいだろうね。

フロントのフロアには読書スペースが有り小説から漫画がそこそこ揃っているしフリースポットで無線LANが使えるらしい。

101026_050
こちらの宿はとにかく従業員の対応が丁寧。
想像するに団体向けの古いホテルが個人客向けに全面改装して頑張っているって感じ。口で云うのは簡単だけどここまで徹底するのは大変だと思うな。

【ホテル親湯】
住所:長野県茅野市北山蓼科4035
電話:0266-67-2020
時間:in15:00、out10:00
休み:-
料金:山月亭15,000円/人
URL:http://www.tateshina-shinyu.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテル親湯 部屋・食事【蓼科】

今夜の宿は蓼科の「ホテル親湯(しんゆ)」。
多分ごく普通の家族連れが「温泉へ行こう」と思ったときに少しだけ「お洒落な宿」と思ったときに利用される宿かな。ホームページとか見るとイメージ良く作られているし、でも赤ちゃん連れ歓迎な感じだし若夫婦とかに喜ばれそう。

今回の部屋はフロントから連絡通路を歩いた山月亭。風呂も食堂もフロントのある建物にあるので少し遠いかな?山月亭の奥にすずらん亭って建物があるのでそっちよりは近いけど。

101026_051
部屋は10畳和室に広縁が6畳くらいかな?ただ仕切がないから広く感じる。窓の外は丁度紅葉した景色。

101025_032
101025_034
101025_036
液晶TVは未だアナログ。その下にDVDプレイヤーとかが。

101025_033
空の冷蔵庫とその上にコーヒーセット。この辺りが若者向けかなぁと思うところ。取説が無いからヲヤヂなσ(^^)はちょっと手間取ったな。

101025_035
部屋と広縁の仕切がないので夜中に起きて同室の人を起こさずに自分だけ椅子に座り・・・ってのが出来ない。それ以前に常夜灯が無いので明るいか真っ暗かのどちらか。

食事はフロントのある清流亭の1Fで。このフロアはフロントの下の階に当たり大浴場の隣なんだけどお洒落なレストランスペースに。

テーブルに座って1人ずつ趣向を変えた皿でサーブされる和洋折衷の料理・・・但し食べる方は浴衣(笑)

101026_054
料理自体は1皿ずつ運ばれてきて温泉宴会モードでは無い。個人客相手が鮮明ですね。味はそこそこ美味しいから評判は良いと思う。特に子連れの家族なんて子どもが気になってこう云う雰囲気の店には行きづらいし。

なので「秋の信州に来たんだからキノコ鍋食べたいなぁ」なんてヲヤヂな事を云ってはいけない、上品にディナーを食べましょう(笑)

メニューは
・食前酒
・旬菜:美味!科乃豚のロースト秋野菜サラダ仕立て
101025_038 ・椀物:秋の味覚 栗とさつま芋のポタージュスープ
101025_039 ・小鉢:和風小鉢:信州産舞茸と海月のおろし和え
101025_040 ・揚げ物:resot風 湯葉をまとった旬のサンマ美彩揚げ トマト&タルタルソース
101025_041 ・舌洗い:風味豊かなゆずシャーベット
101025_042・火の物:蓼科牛のシャリアビンステーキ
101025_043
101025_044 ・造里:和と洋のコラボレーション 鮪のミルフィーユと真鯛の塩昆布和え
101025_046 ・お食事:五穀米入り焼きおにぎり茶漬け 親湯風
101025_045 ・デザート:スイーツ三重奏 アーモンドシャンティ、栗の甘露煮、ぶどうのシャーベット
101025_047
朝食も同じ場所で。
朝は普通かなぁと思ったけど朝もお洒落です(笑)
メニュー的にはキンピラ、カレー風味のミートボール、生野菜、焼き海苔、焼き鮭、梅干、野沢菜って感じでミートボール以外はごく普通だけど。
それにご飯に味噌汁・・・豚の脂を使った具沢山のみそ汁、秋の信州に来たんだからキノコ汁食べたかったなぁ(笑)

101026_053
【ホテル親湯】
住所:長野県茅野市北山蓼科4035
電話:0266-67-2020
時間:in15:00、out10:00
休み:-
料金:山月亭15,000円/人
URL:http://www.tateshina-shinyu.com/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ちゃたまや【佐久】

今年の秋は色々忙しいので紅葉と温泉のドライブに行かれないかと思っていたが何とか暇を作って決行・・・行き先は蓼科高原へ。

って事で佐久ICを降りて新幹線の佐久平駅脇を右折して望月宿方面へ。その途中に人気の店があると聞くので寄って見る。前は何度も通っているんだけどね。

101025_029
観光地の土産物屋のような華は無いけど店内は混雑、人気が高いようです・・・ほんと、何度も前を通っているのに気付かなかったとはお恥ずかしい。

新鮮な卵、焼き菓子類、ジェラード、プリン、シュークリームなどが人気と聞くので店内限定の1ヶ100円のプリンを食べ、ダブルシュークリーム198円は土産として購入。

101025_030
101025_031
プリンは濃厚な玉子の味がします。普通のプリンとどう違うのか判らないけどこれで100円なら安いなぁ。

ダブルシュークリームは夜食べたのでシュー皮のサクっと感が無いのは自分のせい。それでも中のカスタードクリームと生クリームの濃厚な味をしっかり受け止めて美味しかったな。

101025_048
101025_049
ここはまた寄りたい。

【ちゃたまや 】
住所:長野県佐久市桑山102-1
電話:0267-51-5810
時間:10:00~18:00
休み:無休
料金:プリン170円、シュークリーム139円他
URL:http://www.chatamaya.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.17

地粉屋手打ち駕籠休み【大宮】

久しぶりに武蔵野うどんを食べる。まぁ厳密な定義は無い様で、もっと云えば「武蔵野うどん」ってジャンル自体が存在しないのかもしれない曖昧なうどん(笑)
でも太めでコシのある麺を豚肉やキノコのつけ汁で食べる埼玉から東京西部に点在する食べ方は一つのジャンルになりうるかと。

さいたま新都心と大宮の間くらい。氷川参道の脇にあるこちらは日曜の13時前に訪問したらほぼ満員。交通の便としてはそれ程良くないのに人気です。
駐車場は店の東側、信号角に2台分と裏の方にも2台くらいらしい。店頭に案内図が出ていたが氷川参道が一通だから裏の駐車場へは大廻りが必要(笑)

101018_002
メニューは肉汁、きのこ汁、かきかげ天汁が定番らしい。その他に月代わりとかが有ると。量は並680円、大盛り800円、特盛り980円、並より少ない100円引きも有ると。

オーダーして程なく到着。注文後に茹でたにしては早いけどどうだろう?食感的にはコシがちゃんと有ったけど。1本だけ幅広なのが混ざっていましたね。そうそう荒川上流の何処かの町で川幅が広いから麺の幅が広いうどんで町興しとか・・・妙なメニューで客を呼んで一時は儲かるかもしれないけどそう云うのってどうなんだろう?

101018_000
101018_001
前にどこかでも書いたけど地元で誰も食べたことの無いメニューをBグル大会用に開発して出来レースで賞を与えて・・・って客をバカにして観光誘致って何を考えているんだろう?
だったらこの武蔵野うどんを是非Bグルに。確かに地域が広すぎて「何処の名物」とはなりにくいんだろうけど皆に愛されているし、少なくてもσ(^^)の生まれ育った東京南部では見かけなかったからそれなりの地域性はあるかと。

【地粉屋手打ち駕籠休み】
住所:埼玉県さいたま市大宮区吉敷町2-108-12
電話:048-644-1586
時間:10:00~15:00
休み:?
料金:肉汁うどん(並)680円
URL:

------------------------------------------

Abies Mikuriya Cake【大宮】

「駕籠休み」でうどんを食べるならついでに寄ってみようと多分5~6年ぶりに訪問。天沼循環のバス通り、ファミマの角を奥へズンズン行って突き当たる手前の右側。

101018_003
101018_005
メインは通販のパウンドケーキ屋さんです。公式サイトのメニューには沢山有るけど店頭に有るのは幾つくらいだろう?10数種類かな?

そして甘いものは詳しくないけどこのサイズで「ハーフ」なので1,000円以上します。そう考えるとずいぶん高く感じるけど本当に美味しいものはこのくらいして当たり前なのかもしれない。

101018_015
安くてそこそこのものと高いけどちゃんとしたもの。全ての買物をどちらかにすると淋しいか破産するかだからバランスよく。

・・・・未だ食べて無いから味への感想は無し(笑)

【Abies Mikuriya Cake】
住所:埼玉県さいたま市大宮区天沼町2-1012
電話:048-641-3374
時間:13:00~8:00
休み:火曜
料金:
URL:http://www.mikuriya.co.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »