« 一の瀬園地【乗鞍高原】 | トップページ | 山水館信濃(温泉)【乗鞍高原】 »

2011.05.27

山水館信濃(部屋・食事)【乗鞍高原】

《H23年初夏の信州 その4》

今夜の宿は双色の源泉「山水館信濃」、乗鞍高原の外れに建っています。中部山岳国立公園内なので看板の規制が有るらしく事前に場所を把握していかないと迷い易い。

外見は多少古そうだが中はリニューアルされていてフロント脇には囲炉裏の休憩スペースが。

110523_076
110522_048
部屋は古くからの東館と増築した西館、今夜の部屋は西館の方。廊下を進み階段を数段上った先。
8畳間+広縁の部屋。洗面、トイレ(ウオシュレット)、風呂場(使わなかったけどこの浴槽は凄い)、冷蔵庫(持ち込みスペースは広め、水とビールは飲んだら精算時に申告)、液晶TV。

110522_049
110522_050
110522_051
110522_052
窓からの眺望はそれ程開けてなく、目の前の林。2Fだったらその向こうの山も見えたかな?

110522_053
宿を一歩出ると「コゴミ」が普通に生えている、山菜の宝庫だねぇ。

110522_021
110523_023
110523_024
食事は朝晩ともフロント脇の食事処へ。
「囲炉裏を囲んで食事」が宿の売りになっていて各テーブル毎に小さな囲炉裏がついている。朝はその上に蓋をして使用。

囲炉裏では鴨鍋と岩魚の塩焼きがほぼ食べられる状態で待機。

110522_074
110522_063
110522_068
先付けとかは山菜系中心。刺身は信州サーモンと云って虹鱒を交配させた一代限りの養殖魚だと。

110522_061
110522_064
110522_062
後から蕎麦掻きやフキとウドの炊き合わせ、蕎麦、山菜の天ぷら、ご飯、みそ汁、野沢菜、リンゴのコンポート。

110522_067
110522_069
110522_070
110522_071
110522_072
110522_073
折角なので追加注文で「馬刺し1,050円」も。

110522_066
別プランでは囲炉裏で焼くステーキが付くのも有ったけどそこまで食べなくてもこれで充分。

朝食は焼き鮭、玉子焼き、焼き海苔の定番に茄子の煮物、冷奴、山菜とごく普通。

110523_075
関東では30℃近い日がある初夏と云っても山の上なので夜は寒い。暖房が今ひとつ効いてなかったのがちょっとマイナスだが部屋は普通に奇麗だし、従業員の対応とか良かったな。

【山水館信濃】
住所:長野県松本市安曇4298-6
電話:0263-93-2301
時間:in15:00~/out~10:00
休み:-
料金:西館2名1部屋で13,500円/人+入湯税
URL:http://www.sansuikan-sinano.com/

|

« 一の瀬園地【乗鞍高原】 | トップページ | 山水館信濃(温泉)【乗鞍高原】 »

温泉」カテゴリの記事

美味しいなぁ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/51785172

この記事へのトラックバック一覧です: 山水館信濃(部屋・食事)【乗鞍高原】:

« 一の瀬園地【乗鞍高原】 | トップページ | 山水館信濃(温泉)【乗鞍高原】 »