« 南房総へ菜の花を観に(2) | トップページ | 紅葉館(その1 部屋)【七味温泉】 »

2012.03.02

手打百藝おぶせ【小布施】

《2012年冬の温泉旅行 その1》

毎年冬場に学生時代の友人たちと温泉へ行っている。大雪で難儀している雪国の方には申し訳ないが雪見の露天風呂を求めての旅である。
9年目の今回は長野県の七味温泉へ。

8時半に大宮駅で集合、σ(^^)の車で関越道を目指す。
普段なら東松山ICから乗るが土曜の関越は渋滞しているので花園ICまで下道で。関越道はその先もスキー客で渋滞しているが上信越道はスムーズで12時には小布施のスマートインターへ。

小布施の街って温泉の行き帰りに土産菓子を買う程度しか立ち寄った記憶がない。大概日帰り温泉ドライブでの道中なのでそれ以上時間を割くと温泉入れなくなっちゃうから(笑)
今回は1泊旅行だし食事の後、街を多少散策しようって計画。

駐車場は大きめの施設にはそれぞれ専用のが有るが散策するなら公共の方が良いだろうと思い調べると町営のが3つほどあるらしい。何処も3~4時間で300円と書いてあるので「町営森の駐車場」を目指す。土曜の昼頃なので混んでいたらその先の「松村駐車場」へ行こうと思って行ってみたらガラガラ(笑)
料金所は閉まっていて冬期はどうやら無料らしい。

120225_005
車を停めてまずは昼食。
何処が良いのかもさっぱり判らないが街の中心部から少し外れているが民家風と書かれている「手打百藝おぶ」へ・・・おぶせミュージアムの脇を案内に沿って行ってみれば外観は本当に普通の民家だ(笑)看板が無ければ先ず判らない。
それなりの人気店なので観光シーズンには混むんだろうけど先客0でした。まぁ食べている間に4組くらい来たからこの観光オフシーズンを考えると人気店なんだね。

120225_000
120225_001
メニューは多彩で普通の蕎麦以外に挽きぐるみ、田舎、更科、そしてこの店独自の発芽そばなんてのも有るらしい。
店主が丁寧に説明してくれるがこれだけ有ると混乱するか?同行者は2色や全部の4色も選んでいたがσ(^^)は田舎蕎麦+大盛りを。野菜天ぷらは4人で1つ。

サービスの漬物を食べている間に到着。
大きな器に田舎にしては細めだけどしっかりと噛みごたえのある蕎麦が供されます。発芽そばは同行者のを味見で少し貰ったが独特な甘みが有ったなぁ。

120225_002
120225_003
120225_004
【手打百藝おぶせ】
住所:長野県上高井郡小布施町大字小布施627-15
電話:026-247-2847
時間:11:00~15:00
休み:木曜
料金:田舎そば890円
URL:http://homepage2.nifty.com/obg/obuse/

小布施には幾つか造り酒屋も有ると。蕎麦屋から北斎館などがある方向へ歩いていたらその1つを発見。σ(^^)は運転なので試飲できないが試飲した同行者が「これが旨い」と薦めた酒。4合瓶が売切れだったので別のにしようかと相談したが「いやこれを買うべき」との意見で「北信流 純米生原酒」の一升瓶を購入。精米歩合59%で吟醸だけど表ラベルには謳ってない。

120225_027
120225_015
宿に到着後、風呂あがりに飲んだが確かに美味しい。夕飯前に半分空いた・・・まぁ4人だから泥酔にはならないが。

【松葉屋本店】
住所:長野県上高井郡小布施町小布施778
電話:026-247-2019
時間:8:00~18:30
休み:無休
料金:北信流 純米吟醸生原酒2,730円
URL:http://www.matsubaya-honten.co.jp/

酒を一旦車に置いて北斎館へ。館内撮影禁止なので画像はないが上町祭屋台の「男浪」「女浪」の天井画「怒涛」は一度ちゃんと見たかったので満足。

この北斎館の辺りが観光の中心なのかなぁ?小さな美術館やら土産物屋やらが点在していてじっくり観光するなら1日以上必要だね。

120225_028
120225_029
120225_030

|

« 南房総へ菜の花を観に(2) | トップページ | 紅葉館(その1 部屋)【七味温泉】 »

美味しいなぁ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/54125145

この記事へのトラックバック一覧です: 手打百藝おぶせ【小布施】:

« 南房総へ菜の花を観に(2) | トップページ | 紅葉館(その1 部屋)【七味温泉】 »