« GWは谷根千を散歩(1) | トップページ | おがわ【清水】 »

2012.05.07

GWは谷根千を散歩(2)

谷根千界隈はこれと云って何がある訳では無いが路地裏をブラブラとしちょっと洒落た店を冷やかしたり、物凄くレトロな景色をみたりと楽しめる。

例えば根津駅裏の「はん亭」は木造3階建てで有名。値段もいいので一度しか入ったことが無い。

120505_007
愛玉子からすぐの処にあるこの建物は銭湯を改造したギャラリーだと。

120505_009
その先にはこんな看板が有ったり、大きな木の下のレトロなパン屋があったりと楽しい。

120505_021
120505_010
「ねんねこや」はカフェ専門になっちゃたみたい。

120505_012
120505_032
谷中銀座へ来ると肉屋でメンチカツを買って、隣の酒屋でビールを買って店先で立ち飲みとか・・・でも行列しすぎだなぁ。

「和栗や」って茨城の栗を使った菓子屋があって試食したら「栗薫」が美味しかったので自宅用に土産で購入。(帰宅して皿に盛ったがこれで1袋630円分、食べると本当に濃厚な栗の味だけ。高いけど価値有るな)

120505_013
120505_031
120506_000
120506_001
こんな店が有るんだから地元用の商店街と観光客向けが一体となった感じで昔からの人にはちょいと迷惑なんだろうなぁ。だって惣菜のメンチ買うのに行列じゃ生活に支障がでるよね(笑)

階段を上がって日暮里駅へ。未だ早いけど混まないうちに夕飯を食べて帰ろうって事にして鶯谷まで1駅乗車。

向った先は「笹乃雪」、創業は元禄4年と。豆腐料理専門店で初代が絹ごし豆腐を発明したと。それほど空腹でもないので頼んだのは「朝顔御膳 2,600円」。

120505_023
120505_024
生盛膾(白酢あえ)、冷奴

120505_025
あんかけ豆富、胡麻豆富

120505_026
絹揚、雲水

120505_027
うずみ豆富(豆富茶漬け)

120505_028
デザート(豆富アイス)

120505_029
宮様が2つづつ出すように云ったからの「あんかけ豆富」は正直どれほどって感じではなかったが冷奴にちゃんと豆の味が残っているし、「絹揚」の外のカラッとした食感との対比とか良かったな。

今でこそ「豆腐専門店」なんて何軒かあるけど300年以上の歴史の重みは「良い悪いは別として一度は行っておこう」だね。
小学生の頃に親に連れられて来た覚えが有るが、流石に小学生では旨いも不味いも無い。ヲヤヂになって多少判ったか?

【笹乃雪】
住所:東京都台東区根岸2-15-10
電話:03-3873-1145
時間:11:30~21:15
休み:月曜
料金:朝顔御膳 2,600円
URL:http://www.sasanoyuki.com/

|

« GWは谷根千を散歩(1) | トップページ | おがわ【清水】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

美味しいなぁ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/54658110

この記事へのトラックバック一覧です: GWは谷根千を散歩(2):

« GWは谷根千を散歩(1) | トップページ | おがわ【清水】 »