« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の13件の記事

2012.06.24

大宮公園の紫陽花【さいたま市】

先日は熊谷まで紫陽花を眺めに行ったがお膝元の大宮第二公園でも咲いていると。折角なので今日の午前中に行って見る。

産業道路、サンマルクの角を曲がって真っ直ぐ行くと駐車場。その左手、梅林と書かれている奥に咲いてます。丁度見頃かな?

120624_000
規模的には権現堂とかと比べられない小さなものだけど大宮駅から歩いても30分しない街中で手軽に眺められるのが良いかと。バスもタクシーもあるけど片道は氷川神社に寄って歩くと気持ちが良い。

120624_004
120624_005
120624_001
120624_002
120624_003
120624_006
120624_007
120624_008
120624_009
120624_010
120624_011

【大宮第二公園】
住所:埼玉県さいたま市大宮区寿能町他
電話:048-641-6391 公園事務所
時間:駐車場8:00~19:00
休み:-
料金:-
URL:http://www.omiya-park.com/

ついでに近所で咲いてた夜の紫陽花も。ストロボ焚くと余り面白く無いねぇ。裏から懐中電灯で照らすと物凄く怪しい(笑)

120622_000
120622_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.21

ハンバーガーの自販機【行田市】

昔し、昔しのその昔し・・・って程ではないが、国道沿いに見かけた「カップヌードル自販機」や「ハンバーガー自販機」。
そう云えば最近見ないよなぁとmixiのマイミクさんの日記でやりとり。

で、調べたら「グーテンバーガー~味わいの自販機コーナー~懐かし自販機」って個人サイトが。日本各地のそんな自販機を求めてまとめてる・・・すごい労力だよなぁ。

サイト内で近くをと探してみたら行田の熊谷BP沿いに「オートレストラン 鉄剣タロー」って店があると。妻沼聖天様の帰り道だし寄ってみた。

ナビに住所をセットして熊谷BPを走ってみたが「未だ残ってるのかなぁ?」が一番のポイント。だって未だ高速道路もコンビニも無い時代に長距離運転の為に出来たようなものだろうが、今はマクドナルドもコンビニも24時間で開いている。わざわざ寄る人少ないだろうし。

で、その住所にお店は無事存在していたが店内は無人です・・・まぁ平日の昼下がりだからねぇ。
入って左側にゲーム機が数台、右奥に囲われたスペースが有りDVD販売らしい。もしかしたらその奥に店員がいるのかな?

120620_018
120620_013
そして真ん中の壁面に自販機が・・・・うどん、カップラーメン、ハンバーガー、ホットサンド。

年代物の機械だねぇ。壊れたら修理部品もう無いのでは?
いなり寿司とつけ麺を食べて既に満腹状態だが食べずに帰ったら後悔しそう、ハンバーガーを選択。10円・50円硬貨は受け付けないので100円玉を入れてねの貼り紙・・・壊れかけている?

120620_009
120620_010
120620_011
お金を選び、1つしか選べないけど「チーズバーガー」を選択。
「加熱中」と加熱残時間の表示が・・・この数字がレトロだなぁ。

120620_012
1分ほど?で下の取り出し口に熱々の小さな箱が。
恐る恐る開けてみれば紙の中に確かにチーズバーガーが。来る前のもう一つの懸念は「消費期限大丈夫?」だったが、有難いことに大丈夫だった。さすが日本国内(笑)

120620_014
120620_017
120620_015
120620_016
食べた感想は・・・レジカウンターに行かないと価格が判らないので慌ててセットを買わせるマクドナルド。商道徳として大嫌いだし、味もジャンクそのものだが・・・でもマクドナルドの方が美味しいかなぁ?(笑)
いやぁ、味がどうのこうのじゃ無いんだろうけどね。

しかし一体どれだけ売れているのだろうか?それこそコンビニに行けば用は足りてしまう訳だし廃棄ロスとか有ると儲けは殆ど無いかも。機械が壊れなければ続くかもしれないが5年後、10年後も有るとは断言できない「昭和遺産」だね。

【オートレストラン 鉄剣タロー】
住所:埼玉県行田市下忍315-1
電話:048-552-1533
時間:24時間
休み:無休
料金:チーズバーガー220円
URL:

| | コメント (2) | トラックバック (0)

妻沼聖天山【熊谷市】

日本三大聖天様の1つ、妻沼の聖天山・・・一応、生駒聖天、待乳山聖天、妻沼聖天が三大聖天様だそうです。

平成15年から7年かけて修復し総工費13億円とも。その「歓喜院聖天堂」が今年5月に国宝に指定しましょうって話になったと聞き前から気になっていたのでこの際に訪問。

120620_040
仁王門を潜って石舞台の先に本殿が。その左奥に受付があり拝観料700円を払う。多少高いなぁと思うが修復費を考えると仕方がない。

120620_041
120620_042
120620_043
目当ての聖天堂は本堂の裏につながり・・・いや、こっちが本殿か?まぁ正面からだと裏に廻った場所になるのだが日に数回ボランティアのガイドもある。

江戸時代の彫刻技術の凄さは実際に見ると感動モノ。熊谷市のページに修復前と修復後の比較が出ているがじっくりと見物したいね。
ただこの日は蒸し暑くてのんびりする気にならないのでチャチャッと。

120620_053
120620_045
120620_049
120620_051
120620_050
120620_044
120620_046
120620_047
120620_048
120620_052
【妻沼聖天山】
住所:埼玉県熊谷市妻沼1627
電話:048-588-1644
時間:10:00~16:00
休み:無休
料金:700円
URL:http://www.ksky.ne.jp/~shouden/index.html

昼近くになった・・・妻沼聖天様では何故か「いなり寿司」が名物と。3軒の店があり、土日だと予約で完売になるくらいとも。
折角なので参道の角に有る「聖天寿し」へ。平日なので予約無しでも買えたし並ぶこともなかった。

120620_000
いなりとかんぴょう巻きのセット1種類だけ販売なので店内は簡素、窓口のみ。
買って車に戻り早速食べてみたが揚げの部分は甘みがあるが酢飯の酢がちょっと強め。店によって味が違うそうだがσ(^^)はもっとくどくて甘いタイプが好みだなぁ。
おかずも無いし途中まで食べて飽きてきたので持ち帰ることに。

120620_001
120620_002
120620_003
【聖天寿し】
住所:埼玉県熊谷市妻沼1515
電話:048-588-0162
時間:09:00~売切れじまい
休み:月曜
料金:430円
URL:

って事で車を走らせて数分、「道の駅めぬま」へ。ここの物産センター裏に「福は内」ってラーメン屋があり評判が良いと。

駐車場は店の前にもあるが道の駅だからダメなら他にも一杯有る。車移動で駐車場探しって物凄く面倒だから有難い。
野菜とか売っている物産センターを通り抜けると「福は内」が、裏からも入れる。

120620_008
120620_004
昼時なので混んでいるが店内も広くそれほど待たずに座れる。さっき、途中迄とは云えいなり寿司を食べているので大人しく「つけ麺(中)750円」を。

程なくして運ばれたが、食べれば普通に美味しい。これは悪い意味ではなくバランスが取れていて濃すぎもせず薄過ぎもせず、甘すぎず、酸っぱすぎず。最近「濃厚」を謳った店が増えてきて個人的には苦手なので。

分厚い肉が特徴を出しているのか?

120620_005
120620_006
120620_007
【福は内】
住所:埼玉県熊谷市弥藤吾720 道の駅めぬま内 
電話:048-588-7200
時間:11:30~15:00、17:00~20:30
休み:火曜
料金:つけ麺(中)750円他
URL:

そこからは東武熊谷線に乗って・・・もうとっくに廃止だよね。廃止直前に撮った画像を数枚。

120620_054
120620_056
120620_055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能護寺のアジサイ【熊谷市】

別府沼公園からだと車で10分しないかな?県道をそのまま北上した場所に有る。あじさい寺として有名でちょうど見頃と聞き今日のお出かけに。紫陽花と花菖蒲って微妙にずれているんだよね。

平日なので駐車場も空いている。2ヶ所に分かれて広いが土日だとどうだろう?
門で拝観料を払い中へ・・・満開手前だけど結構咲いてます。

120620_027
120620_039
鐘楼と紫陽花、誰もが写したくなる構図(笑)でも明暗差が激しいからHDR機能が欲しいよね。三脚撮影は10時までって書いてあるので高機能コンデジの方が有利か?

120620_028
120620_029
120620_030
120620_031
120620_036
鉢植えの紫陽花も様々な種類が並びなかなか見事。境内は高低差がないので俯瞰した景色は眺められないが十分堪能できた。

120620_032
120620_033
120620_035_2
120620_034
普通に撮影ばかりじゃ何なので露出補正を思いっきりマイナスにしてみて数枚。これはこれで妖しさが出るかな?

120620_037
120620_038
【能護寺】
住所:埼玉県熊谷市永井太田1141
電話:048-588-0901
時間:8:00~17:00
休み:無休
料金:300円
URL:http://www.city.kumagaya.lg.jp/kanko/midokoro/nogoji.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別府沼公園の花菖蒲【熊谷市】

能護寺の紫陽花、国宝に指定されるという妻沼聖天様を眺めに行こうと思ったら近くの別府沼公園の花菖蒲が未だ見頃だと聞くので寄ってみる。

17号熊谷BPをさいたま市から走り、上武道路と別れる手前、西別府交差点で県道276号を籠原駅方面へ左折、少し行くと右手に駐車場が見えるのでそこへ停める。

120620_026
台風一過の6月20日に行ったが「未だ見頃」程度で枯れた花があちこちに目立つ。本当の見頃はもう少し早めかなぁ?
遠目には綺麗に白や紫が見えるけど写真に撮ると綺麗に咲いた花の隣に枯れて茶色になった花が写るとちょっと悲しい。

120620_020
120620_019
120620_022
120620_024
120620_023
120620_021
120620_025
7000株有るというので見応えもあるし、広い公園なので気持ち良いが・・・暑い。さすが熊谷だ。

【別府沼公園】
住所:埼玉県熊谷市西別府1456
電話:0493-39-4806
時間:-
休み:-
料金:-
URL:http://www.city.kumagaya.lg.jp/shisetsu/koukyo/sports/beppunuma.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.19

伊太利亜食房 アガノ【深谷市】

帰りはそのまま140号を走り雁坂トンネル経由。時刻は15時前なので中央道へ戻っても大渋滞では無いだろうがさいたま市へ帰るならこっちの方が気分的に楽。

途中、道の駅に寄ったり、裏道探検したりとのんびりしながら走り17時くらいに寄居ヘ。さて夕飯はどうしよう。昼飯はさくらんぼ狩りで代替したので食べてない。なのでそろそろ空腹だなぁって事で昨年も同じくさくらんぼ狩りの帰りに寄った「伊太利亜食房 アガノ」へ。花園ICのすぐ近くだけど観光客向けって感じより地元向けなお店。

120617_012
食べログ等には営業時間は「11:30~22:30」と出ているが確か昨年は夕方17時からと云われてちょっと待った記憶が有るんだけど・・・あれ?違ったっけ?

その時食べた「パスタコース」は今回メニュー見たら「18:00~20:30」と書いてあって未だオーダー出来ないと。なので1,180円の「パスタセット」に単品で790円の「自家製スモークサーモン」を。この店はホームページを持って無いようでその手の確認に電話しないといけないのは面倒(いや、持ってても変更を反映しない店が有るからそれよりはマシか(笑))

「自家製スモークサーモン」は自家製なので香りがいい。量的には多くないので値段だけで云えば少し高く感じたが美味しい。

120617_010
セットのサラダにサービスで冷製スープを。
パンも自家製で2種類出てきた。生地に野菜が練られているけど激しく主張してないのでパスタのソースに付けて食べても美味しい。

120617_008
120617_009
パスタは「ウニとイクラとキクラゲのクリームソース」、セットメニューに+400円。パスタは乾麺と生パスタの好きな方を選べるので生パスタに。

120617_011
ウニの味は前面には出てないかな?まぁそれじゃ味が壊れちゃうし。でもソースの濃厚さはやっぱりウニか?イクラとキクラゲも上手く合っていて和風じゃない洋風パスタにちゃんとなっている。

昨年は全席禁煙と聞いていたが今回は奥の3テーブルだけ喫煙可(ランチは不可)と。他の席と離れているし有難い。
ワインも安く提供しているようだが車がないと不便な場所なのが残念。

【伊太利亜食房 アガノ】
住所:埼玉県深谷市黒田699
電話:048-584-0077
時間:11:30~22:30
休み:水曜
料金:パスタセット1,180円
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮本農園でさくらんぼ狩り【山梨市】

6月も半ばを過ぎたことだし、今年も「さくらんぼ狩り」へ。本場山形と云いたいところだが埼玉からでも片道4時間以上かかるので山梨へ。昨年一昨年とお世話になった「宮本農園」さんです。

勝沼ICを下りて山梨市駅前を通過し、140号を越えたらフルーツ公園方面へ。坂を登ってフルーツ公園やほったらかし温泉は右折する交差点を左折すると5分くらいかな?

店に寄ったら「今日は下のハウスで」と。細い坂道を下がってお寺の前に臨時の駐車場が。そこから1~2分歩いて今日のハウスに到着、途中看板も出ているし、係の人がいるので迷うことはない。

120617_000
120617_004
しかし店の前、坂を降りる手前、今回と来るたびにハウスの場所が変わるが手広くやっているんだねぇ。まぁ1年間手間をかけて育ててこの半月強の収穫で1年分の売上を出さないといけないから規模を広げないと厳しいんだろうな。

受付でお金を払って簡単なレクチャーを受ける。今日のハウスは高砂、佐藤錦、紅秀峰、香夏錦が有ると。まぁ素人が木を見たって判断できないけど。受付横では山形美人って収穫済みの品種を「好きに食べて」と籠に入れて並べていた。
農園の人が「この品種はちょっと高価なので食べ放題にすると群がってあっという間に無くなるから」と香夏錦だっけかな?お客さんに手渡しで数粒ずつ。

それ以外は好きに食べてOK、40分一本勝負。
手が届く高さには流石に殆ど紅い実がないので脚立を使って枝の上の方へ。脚立を使えば紅い実は未だ沢山有る。

120617_003
120617_001
120617_002
ただ木によって微妙に味が違って「真っ赤だけどそれほど美味しくない木」も有れば「未だ真っ赤になってないけど甘い木」も。ハウス内をウロウロ移動して最後にお気に入りの木を発見(笑)

昨年は高砂がちょっと感動するくらいの味だったが、今年はそこまでの感動は無かった。育て方は同じだろうから時期と天候の問題かな?でも全体的には十分満足です。

【宮本農園】
住所:山梨県山梨市上岩下758
電話:090-4597-1371
時間:9:00~15:00
休み:?
料金:40分2,000円
URL:http://www.miyamotonouen.com/

今日は午後は32℃の予想が出ている。真夏ほどではないけど暑いよね。って事で、温泉は「はやぶさ温泉」へ。ぬるめのお湯がザコザコ掛け流しの温泉で春にも来たばかり。

120617_007
浴場へ行く廊下の突き当りに謎の人形が・・・あれ?前もあった?帰宅して調べたら「はやぶさ温泉キャラ 隼ゆら(愛称ゆらりん)」と・・・・う~ん(笑)

120617_005
120617_006
【はやぶさ温泉】
住所:山梨県山梨市牧丘町隼818-1
電話:0553-35-2611
時間:10:00~21:00
料金:500円
休み:火曜
URL:http://www.hayabusaonsen.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.06.11

ウルトラライトチェアC1-55購入

上記商品を先日なんとなく買ってみた。
本来はキャンプ用品らしいが重量369g、持ち運び時のサイズが345mm×75mmとコンパクトな折りたたみ椅子。普通の折畳み傘がサイズ、重量ともに近いかな?

120527_000
使用時の高さは280mmって事なので「ちょこん」と座るタイプ。キャンプ場でのんびりくつろぐには不向きな気もするが耐荷重150kgと小さい割にはσ(^^)でも余裕の設計。

ラインナップには「ウルトラマイクロチェア C1-54」って重量199g、収納サイズ220mm×115mmの製品が有るが、こちらは小さすぎて座りにくそうなのでC1-55の方を。Amazonで1,508円/個+送料450円で2つ購入。

メッシュの収納袋が付き、出して広げるだけの簡単設計。いくら便利でも広げたり畳んだりが複雑だと億劫になるからね。

人が座った姿をお見せできないのが残念だが2Lペットボトルくらいの高さと云えば想像着くか?若しくは公式サイトを見て貰うか。

120527_001
先日、城ヶ島への渡船を待つ時に使ってみたが感想として「悪くはない」です。
デジイチを持ち歩くので少し大きめのショルダーバックを使っているから取り出して数秒で座れる。あ、船が来たと立ち上がって同じく10秒程度で鞄の中へ。

今回はお試しもあって少し無理やり使ってみたが歩き廻って疲れて座りたい時なんかに良さそうだ。
ただ街ナカでいきなりこれに座っていたら通行人がビックリするだろうし恥ずかしい。想定している状況は

  • 自由席の電車orバスを始発で列んで待つ時
  • イベント等の入場待ち
  • 飲食店の行列入店待ち
  • 花火大会の見物(後ろの邪魔にならない範囲で)
  • 花見の席(ブルーシート直座りは案外冷えるし痛い)

くらいかなぁ?
飲食店は店と場所選ばないと恥ずかしいよね。万博とかパビリオンの入館待ちなんか助かると思うが何年に一度のものだし。
普段は車移動が多いし、本当に長距離歩き廻る時は軽量と云っても荷物は減らしたいし想定する出番はごく限られてくるんだけど、その滅多にない出番に活躍してくれれば元は取れそうだ。
海外旅行時のチェックインカウンター&出入国審査の行列なんかも有ったら便利そうな気もするが係員に注意されそうだし僅かずつ進む行列には不向きかと。

ドッペルギャンガーアウトドア:http://www.doppelganger-sports.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯楽の里 横須賀店【横須賀】

城ヶ島で小一時間遊んで「うらり」でちょっと買い物して15時前に。帰る前に横須賀の「湯楽の里」へ寄る。公式サイトの露天風呂からの景色を見て気になっていた施設。

120610_015
入館料が土日1,200円と高いけどタオル、バスタオルのみで岩盤浴と館内着は別料金。同じ系列でも喜楽里別邸@宮沢湖は1,380円で込みこみだから高く感じるが観光地価格か?

場所は馬堀海岸ICのすぐ横なのでアクセスは良い。
「ぽかなび」クーポンで館内着無料で入館、1回しか浸からないなら無くても良いがのんびりしたい時には必要だよね。

さっそく階段を上がって浴室へ。
内湯はサウナ、水風呂、白湯、人工炭酸泉、人工炭酸泉の寝湯。露天は展望露天2つと寝ころび湯・・・う~ん、思っていたより狭いなぁ。
温泉は露天に使用だが2つ有る浴槽の内広い方は循環ろ過&消毒と。やや濁って塩分の強いお湯だけど個性強い分、消毒臭と合わさるとちっと鼻につく臭い。
と、なるともう片方の浴槽(加温加水のみ)が良いが、7~8人程度の大きさ。ガラガラな平日ならそれでも良いだろうが、日曜の夕方なので湯に浸かるのに並ばないといけない状態に・・・なんか変。
そもそも内湯の白湯と炭酸泉を足してもそれほど広くないからねぇ。

洗い場は個人ごとに仕切があるし、休み処も悪くはない。σ(^^)は使わなかったが入った奥さんは「岩盤浴は種類も豊富で良かったよ」と。

何処も混雑すると魅力が減退するが、ここは特にそれを強く感じるな。平日とか空いている時に館内着、岩盤浴をセットにしてゆったり1日過ごすなら素敵だろうから。特に露天に浸かって行き交う船をのんびり眺められるのは良い・・・但し女性用は眺望が無いらしいが。(男性でも露天浴槽で立ち上がれば歩道から見える状態なので)

【湯楽の里 横須賀店】
住所:神奈川県横須賀市馬堀海岸4-1-23
電話::046-845-1726
時間:9:00~24:00
休み:無休
料金:平日1,000円、土日祝等1,200円(タオルセット付き)
URL:http://www.yurakirari.com/yuranosato/tenpo/yokosuka.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まるいち食堂【三崎】

「距離制になっても値上げにはなりません」・・・首都高が見え透いた大嘘をついて値上げをしてから半年。何かの調査で交通量と通行料金を調べたらちゃんと値上げになってたと云うじゃん。
まぁ、その代わり埼玉線400円+東京線700円+神奈川線600円=1,700円が上限の900円で行けるようになった。

って事でさいたま新都心から山手トンネル、レインボーブリッジ、ベイブリッジを経由して横浜横須賀道路(別料金)の佐原ICへ。

三浦半島って子供の頃に何回か来たけど運転してくるのは初めてかなぁ。インター下りてからの一般道が多少混むけど大宮から2時間で城ヶ島の手前の三崎漁港に到着。

120610_013
店によっては専用駐車場を用意しているそうだけどその後ぶらぶらしようと思っていたので港の「うらり」駐車場へ、上限600円ならいいか。(買い物すると割引あると書いてあるが2,000円買わないとダメって云われた)

今回の目当ては「まるいち食堂」、魚屋さんが経営していて店頭で魚を買って調理してくれる店だと。
この手の店って香港の鯉魚門とかアジアではよく見かけるけど言葉の問題で躊躇して行きづらい。あ、牧志公設市場@沖縄も同じ感じか。

店は「うらり」から港を挟んで対岸の咲乃家の脇を入ったところ。路地の突き当りに派手な看板が見えるので判りやすい。
向かって右側の2軒が食事処になり、その前に名前を書く紙があるので先ずはそこへ記入。今回は昼前の到着なので混んで無かったが、呼ばれたら魚を選ぶのか?ちょっとシステムが難しい。因みに会計も食事が終わってから魚屋へ伝票を持って行き支払うシステム。

120610_001
120610_006
予め決まった「地魚盛り定食」とか「マグロ3点盛り定食」を頼んで追加で店頭で選ぼうか、それとも最初から魚を好みで選ぶか、ちょっと悩んで折角なので店頭から選んでみることに。

120610_002
先月、長岡でカワハギの刺身を食べて肝醤油が旨かったと奥さんに自慢したら食べたいって云ってたのでカワハギ1尾(900円)、三崎なんだしマグロを思って聞いたら1,000円と1,500円で出来ると。1,500円の方は赤身と中トロと云うのでそっちを。後はこの辺りの地魚ならと思い鯵を。3尾で500円との事。

これに調理代(刺身は各200円)とご飯セット400円を2つで計4,300円、2,150円/人は昼飯としては高いけど、出てきた皿を見れば安いくらいの内容。
マグロも赤身と中トロと云ってたが大トロに近いものが入っていたし、カワハギも鯵も新鮮だしボリュームもたっぷり。

揚げ物は出来ないが焼きと煮は出来ると。ただオーダーしてから調理なので時間差を考えて刺身だけにしたけど混ぜても良かったかな?

120610_000
120610_004
120610_003
ご飯セットの味噌汁はあら汁でこれも旨い。刺身のツマの大根もまた旨い、三浦大根なのかな。ただ店内は簡易な食堂風なので高級感はない。気心の知れた仲間数人と行くのが良いかな?

120610_005
【まるいち食堂】
住所:神奈川県三浦市三崎3-5-12
電話:046-881-2488
時間:11:00~18:30
休み:水曜
料金:調理代200円、ごはんセット400円
URL:http://www.misakimaruichiuoten.com/info.html

食後は「うらり」に戻って渡船「白秋」に乗り城ヶ島へ。片道200円、5分程度の航路だけどなかなか楽しい。
食堂や土産物屋の並ぶ通りを歩いて灯台へ。何がある訳ではないが景色をのんびり眺める。

120610_014
120610_007
120610_008
120610_010
120610_009
帰りの渡船は降りた場所と別の乗り場から。島側には乗り場が2ヶ所有るけどボタンを押して呼ばないと来ないみたい。こっちは観光客も少なく貸切で「うらり」に戻る。

120610_011
120610_012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.01

ゆもとかん【五十沢温泉】

蓬平温泉から国道17号に出て南へ。小出の先で国道291号に入り、六日町の東にある「五十沢(いかざわ)温泉 ゆもとかん」へ。

看板に従って過度を右折するとちょっと細い道の先に旅館が。
ここは源泉かけ流しで大きな混浴内湯と混浴露天。男女別の内湯と女性は露天が有ると。
大きな露天風呂って言葉に惹かれて訪問。ロビーにはパンダの剥製?本物か?規制前なら取引可能だったらしいが・・・。

#ネットの2004年の資料で個人所有で日本に18体有り、その内の1体が南魚沼市と出ているけどこれか?

120526_016
120526_018
靴はビニール袋に入れてフロントで料金を払い浴室へ。お湯だけならここの旧館の方が良いらしいがそこは内湯だけらしいから。

フロント脇を進んだ突き当りに男女別脱衣所の入り口が。別なのはここまでで浴室は内湯の途中から混浴で洗い場は目隠しがあるが奥の露天からは丸見えなのであまり意味が無いかと。
お湯は無色透明なので通常は女性は男女別の方へ行く気がする。

まぁ、それよりもお湯が本当に気持ち良い。アル単と書かれているがほのかに硫黄臭もして柔らかな感じ。多少ぬるめなのでのんびりと浸かれる。

蓬平温泉から下道で延々来た関係で時間が無くなったがここは再訪したいかも。

なお、ここも「露天風呂撮影禁止」が出ていたので画像はなしです。

【五十沢温泉 ゆもとかん】
住所:新潟県南魚沼市宮17-4
電話:025-774-2876
時間:10:00-20:00
休み:
料金:500円
URL:http://www.ikazawaonsen.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和泉屋【蓬平温泉】

葬儀も無事終了し、昼過ぎには自由の身に。
宝徳稲荷の西側に岩塚製菓の工場があって、その道の向かいにアウトレット売店があると。瑞花ブランドのは無いが好きな豆おかきがこれで300円と格安。

120526_004
120526_005
120526_019
【里山元気ファーム 岩塚直売店】
住所:新潟県長岡市飯塚2969
電話:0258-92-5524
時間:8:30~17:00
休み:無休
料金:
URL:http://www.satoyama-genki.jp/shop/

長岡南越路スマートETCの前を通り過ぎ、目指すは蓬平温泉。この辺りはもう旧山古志村になるのかなぁ?
事前に情報では川に沿って宿が3軒有るが離れているので温泉街ではないと聞いていたからてっきり秘湯の1軒宿風かと思ったら宿はバラバラに3軒有るが、その間に民家は普通に何軒もあり秘湯の雰囲気はない。

そして着いた和泉屋も大型の温泉ホテルです。
日帰り入浴でも車はフロント前につけて鍵を渡し従業員が停めるタイプ。駐車場が狭かったり遠い宿だとたまに有るが目の前に普通にあるので申し訳ない。

宿の入口には池があり、大きな鯉が泳ぐ。フロントで入浴料払うとエレベータまで案内してくれる・・・従業員教育がいいね。

120526_015
120526_014
風呂は3Fから廊下を左に進んだ先、風の湯、星の湯、月の湯と3つ有るようだが、この時間は男性は風の湯。星と月は2つでセットなのか?

これくらいの施設なので男女入れ替わりの時に女性が喜ぶだろうが脱衣所のパウダースペースもしっかり。脱衣の棚は籠のみで貴重品はロッカーへ。

120526_006
120526_011
120526_012
120526_013
内湯と奥に露天の寝湯、露天風呂って構成で露天からは絶景ではないが山が見えて開放感はある。
そしてここのお湯がヌルスベと。それがどれほどなのかを確かめたく立ち寄った訳だけど評判の通りのヌルヌルのスベスベ。お湯的には加温、循環、消毒はしているだろうがヌルスベは消えてません。これは建物も綺麗だし女性に喜ばれそうだね。

120526_007
120526_008
120526_009
120526_010
宿泊料も平日なら安い部屋だと15千円以下で泊まれるそうなので宿泊候補に入れておこう。

【蓬平温泉 和泉屋】
住所:新潟県長岡市蓬平温泉
電話:0258-23-2231
時間:11:30~20:00(平日10:30~)
休み:?
料金:1,000円タオル付き
URL:http://www.yomogi-izumiya.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋かちんこ【長岡】

青森旅行から帰ってきて数日、訃報が飛び込み土曜の朝に新潟県の長岡へ行くことになる。大宮を朝6時過ぎに出れば間に合うが荷物を考えて前日に車で。

21時過ぎに長岡ICを下りてナビに従い駅前へ。駅を背にして左へ歩いて数分の距離に前日慌てて予約した「ビジネスホテルサンパレス」が。
今回は1人なので一番安くと探したら4,600円+駐車場代735円で見つけたが週末安いのは朝食バイキングの内容が簡素だかららしい。

120526_003
価格相応といえばそれまでだが部屋は狭いし窓の外は壁。本当に寝るだけだね。ウオシュレットトイレだが故障か水圧が不足かで使えず、シャワーの湯が出たことに感謝(笑)

120525_000
120525_001
120525_002
120526_000
2Fのエレベータ降りたところに漫画の棚が。頑張ってサービスしているんだね。
エレベータ内には手書きのほのぼの天気予報と風俗嬢を連れ込んだら即刻退去の両極端の貼り紙(笑)

120525_003
120526_002
因みに直食はこんな感じでこの日は学生団体が泊まっているのでおにぎりが追加とか。

120526_001
【ビジネスホテルサンパレス】
住所:新潟県長岡市城内町1-2-1
電話:0258-33-0800
時間:
休み:
料金:シングル4,600円/人
URL:http://www.hotel-sunpalace.co.jp/

で、話は戻って前の晩飯。
急な話だけどせめて夕飯は長岡の郷土料理くらいはと探した店が「かちんこ」。ホテルから徒歩2分ほどと近い。
並びにはもう1軒候補で選んだ「だいち」、その脇を奥に入った場所が「かちんこ」で左に店名の由来の「かちんこ」が。

120525_004
120525_005
店内はカウンターが詰めて8席、小上がりは3卓程か。店主夫妻2人で運営の様子。
店探しの際に得た情報では店主は以前映画の俳優をしていたと・・・画像はないが壁のメニューの中にポスターや映画シーンの写真が貼ってあるが日活ロマンポルノらしい(笑)
それ以外はごく普通。いや、偏見でモノ云うが、地方都市でイチゲンの1人客がふらりと入れる普通の店は貴重です。

小料理屋風の店なら1人もOKだが敷居が高いし、チェーン店では騒がしい。東京の下町なら1人でふらりと入って夕刊紙読みながらちびちび出来る店があるが地方都市だと少ない。

短冊メニューがいっぱい貼ってあり、刺身とかはホワイトボードに。
お通しにタコの刺身がついてきたので嬉しくなって「カワハギ刺身800円」を。キモもたっぷりついて嬉しい限り。

長岡ならではと「栃尾の油揚げ370円」、味噌無しのシンプルなタイプだがσ(^^)はこっちの方が好き。
120525_009
120525_006
120525_007
120525_008
ビールから日本酒へ。正一合無いけど吉野川や久保田など400円台で飲める。日本酒3杯飲んで会計は3,360円、肴が2つだけってのも有るが安くて美味しくて良かったな。

【居酒屋かちんこ】
住所:新潟県長岡市殿町1-7-4
電話:0258-36-6739
時間:?
休み:?
料金:栃尾の油揚げ370円他
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »