« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の11件の記事

2012.07.30

H24年さいたま市花火大会【大和田会場】

毎年3会場で打ち上げられる「さいたま市花火大会」、1回目の今日(7/30)は旧大宮市分って事で大和田会場。
大宮の夏祭りにあわせて開催されるので毎年ほとんど平日。その代り観客が少なめなのはありがたいけど。

まぁ、少な目と云っても混みます。
打ち上げ開始が19時半からで約1時間前の大宮公園駅ホームがこんな感じ。

120730_000
打ち上げが終わって10分後くらいの同じく大宮公園駅改札前・・・やっぱり混むよね。

120730_009
打ち上げ場所が野田線の線路の南側なので大和田公園通りが一番混むかな?屋台等も沢山出てるけど。
あとは北側の市民の森の前から線路に向って行くと線路を挟んで眺められる。

σ(^^)はもう少し外れた辺りでのんびりと。ただ近くに行き過ぎて線路とその架線が邪魔(笑)まぁ、撮影には良くないが肉眼で見ている分には悪くは無い。(下の黄色い帯が通過して行く東武野田線)

120730_004
少し前に買った「ウルトラライトチェアC1-55」を持って行ったがこれが丁度良い。地面にシートを敷いても痛かったりするけどこの椅子ならその心配は無いし軽くて邪魔にもならない。

写真は本来、花火撮影は一眼レフのD90で撮影すべきなんだけど敢えてPowerShot G12で撮影。レリーズを付けたのでシャッタータイムラグを把握してればそこそこ撮れるけどバルブモードが無いので予め決めたシャッター速度での出たとこ勝負。
スターマイン系は長時間露光にすると明るすぎちゃうので本来は黒い紙を用意してレンズに蓋をするらしいがちと面倒。マニュアルモードで絞りやシャッター速度を色々弄りながら撮ってみた。
ただピントをマニュアルにしても何故かすぐに戻ってしまうのでピンボケも数枚。

120730_006
120730_007
120730_008
120730_005
120730_002
120730_003
120730_001
残る2回は8/11(土)大間木公園会場(旧浦和市分)、8/18(土)岩槻文化公園会場(旧岩槻市分)だけど今年は予定が入っているので花火は今日の1回だけかな?

さいたま市花火大会:http://www.stib.jp/hanabi/index.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.23

海鮮問屋 ふじ丸 小田原駅前店【小田原市】

せっかく小田原に泊まるなら夕飯は魚類が食べたいなぁと。
小田原は観光地でも有るけど立派な「街」なので飲食店の数は豊富。ただ何処にでもある チェーン店ではしょうがない。

で、今回選んだのは「おしゃれ横丁」って細い路地の中にある「海鮮問屋 ふじ丸 小田原駅前店」、チェーンと云っても近隣に数店あるだけらしく、下大井の本店は前から気になっていたので。

120721_023_2
120721_000
階段を上がってドアの手前にレジが・・・珍しいなぁ(笑)
入ると正面に船の形をしたテーブル席、右にカウンター、左にもテーブル席、奥が座敷。そこそこ広そうだ。

120721_015
先ずはネットで見かけて気になっていた「金目鯛の煮付け1,300円」と早そうなメニューで「板わさ380円」「かま大根380円」を。
金目鯛の煮付けはこのボリュームでこの価格は良心的かも。味も良かったです。土日は通し営業だからこれとご飯セットも有りか?

120721_008
120721_007
120721_009
地魚の刺身は3種類から選べて399円、鯵を選んでみた。相模湾は鯵だよねぇと半分刷り込まれてるけど新鮮で美味しい。

120721_011
調子に乗って「牡丹ハモ680円」をオーダーしたがさすがにこれは今ひとつ(笑)水っぽいって云うか。

120721_012
食事系でにぎり寿司は単品(1貫)からオーダー可能で奥さんが赤身(120円)、中トロ(230円)、生ホタテ(230円)とあさり味噌汁(280円)、σ(^^)は焼きおにぎり280円。

120721_013
120721_014
お洒落でもなんでもない単なる居酒屋だけど観光地で見た目だけの店に行くよりσ(^^)的には好きかも。
因みにドリンクは生ビール480円、梅酒399円、日本酒420円など、日本酒がちょっと高めかな?

【海鮮問屋 ふじ丸 小田原駅前店】
住所:神奈川県小田原市栄町2-7-2
電話:0465-23-4270
時間:11:30~23:00(平日は中休み有り)
休み:無休
料金:金目鯛の煮付け1,300円他
URL:http://www.fujikitchen.co.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田原ちょうちん夏祭り【小田原市】

小田原と云えば「蒲鉾」も有名だが「提灯」も童謡に謡われるくらいに有名。
22日の日曜に午前中から用事があるので前泊で21日に小田原で宿泊することに。で、予約してからその時期に「ちょうちん夏祭り」が有ることを知る。

目的はあくまでも「前泊」だったので新宿からのロマンスカーも13:40発を予約。普通なら「折角だから・・・」と午前中発にして箱根あたりをぶらつくものだが梅雨明け&夏休み最初の土日なので暑いし混むと予想してそんな時間のロマンスカーにしたのだが・・・肌寒い(笑)

120721_020
小田原駅に着いて駅から近い「ホテルおかもと」ってホテルにチェックイン。小さなホテルで3階建てでエレベータもなく玄関で靴を脱ぐ珍しいビジネスホテル。だけど従業員の感じがいいし妙に落ち着く。

120721_021
120721_022
【ビジネスホテルおかもと】
住所:神奈川県小田原市栄町2-7-29
電話:0465-22-5963
時間:15時~10時、門限24時
休み:
料金:9,450円/ツイン
URL:http://www7a.biglobe.ne.jp/~hotel-okamoto/

ホテルを出て城の方へブラブラと。
駅前でも祭り囃子の演奏があり「お祭りだねぇ」って気分に。

120721_001
「ちょうちん夏祭り」だからかあちらこちらに提灯が。
城址公園内のステージもバックに大きな提灯が。

120721_003
120721_004
120721_005
120721_006
お堀では「小田原ちょうちん水上アートフェア」って銘打って小学生が絵を描いた提灯が2,200個並べてライトアップと。

120721_002
夕飯の後に眺めに行ったが幻想的でなかなか綺麗。

120721_016
120721_017
120721_018
120721_019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.16

古代蓮の里【行田市】

120715_003
4月に行った行田の古代蓮の里で蓮が見頃と聞いたので15日の日曜に行ってみる。
蓮の花って1日中咲いているのではなく朝方咲いて午前中には綴じてを3日繰り返し、4日目に花びらが落ちて終わると。

なので観に行くなら午前中が勝負と。さいたま市からなら車で1時間程度なので9時に到着・・・4月にはガラガラだった駐車場が既に満車。普段は無料だけどこの時期だけ有料で500円との事。
もう500mくらい東の「小針クリーンセンター」のところに臨時の無料駐車場が有り、そこもほぼ満車だけど運良く停められた。

120715_015
120715_016
蓮を眺めるだけなら入園料は無し、古代蓮会館は有料だけど駐車料金払った人は割引があるってアナウンス。あと臨時のシャトルバスが走ってたね。

120715_021
120715_020
手前は「世界の蓮園」で様々な種類の蓮が咲いている。一見白とピンクの2種類にしか見えないがよくよく見るとすこしずつ違ってる。

120715_001
120715_002
120715_004
120715_005
120715_006
「古代蓮」は奥の池の方に。見る分にはどれほどの違いがあるか判らないけど。

120715_008
120715_007
120715_018
120715_019
120715_009
120715_017
120715_014
120715_013
あと葉っぱは撥水性が高いので水が固まって見えるのが面白い。

120715_010
隣の池には睡蓮が。こっちは水面に花が浮く感じ。

120715_011_2
蓮の花ってちゃんと見るのは初めてかなぁ。なかなか清々しいし、上品だよね。仏教の刷り込みか不明だけど見ると凛とした気分になる。
ただ・・・暑い。ほとんど日陰がなく曇天でも汗が吹き出す暑さ。1時間程度で退散です。

帰る10時くらいには駐車場待ちの車列が県道の交差点まで伸びて多少渋滞中。近隣には「さきたま古墳」とか「忍城」とか観光名所もあるけど暑いので真っ直ぐ帰宅です。

「田んぼアート」は見なかったけど道路わきの田にテスト用なのかカラフルな稲が。多分こんな感じで色分けしているんだね。

120715_012
【古代蓮会館】
住所:埼玉県行田市小針2375
電話:048-559-0770
時間:9:00~16:30
休み:月曜
料金:400円、駐車場500円(蓮の期間中)
URL:http://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.09

PowerShot G12 購入(3)

折角買ったので日曜日に持ち出してみる。

王子駅で降りたら歩道橋が・・・いきなり意味もなくシーンモードの「ミニチュア」撮影(笑)
これって最近の機種にはよく搭載されている機能だよね。

120708_000
あてもなくふらふら、路地裏で古い景色を「セピア」で撮影。

120708_001
駅から徒歩5分くらいの「お札と切手の博物館」へ。知らないなぁと思っていたがH23年に市ヶ谷から移転してきたらしい。入館無料なので入ってみたが・・・まぁそれなりには楽しめるか?拡大鏡で自分の持っているお札のマイクロ文字を読めたり、1億円の札束を持てたりとか。

120708_002
120708_003
駅の反対側に行き飛鳥山公園へ。
無料のモノレール「あすかパークレール」ってのができていた。たいした高低差ではないが楽ちんです。
上がった場所の花壇とかでマクロ撮影のテスト。被写体を近くに置いて望遠で撮るとそこそこ後ろがボケるな。

120708_005
120708_006
120708_008
バリアングル液晶の試し撮りも。
このアングルで撮る必要がどれだけ有るか不明だけど面白い。

120708_007
どちらかと云うと猫撮りに活躍か?

120708_004
120708_009
都電に乗って東池袋4丁目へ。

シーンモード「魚眼風」でサンシャイン60と手前の高層マンションを・・・これも余り意味が無いか?(笑)

120708_010
120708_011
サンシャイン脇の高速道路を「Dレンジ補正400%」で撮影。アムラックスを冷やかした後、池袋駅に行き友人と合流、昼から飲もうって話。

120708_012
120708_013
「鳥良」で14時~18時は生ビールやサワーが250円/杯、6人で延々飲んでました。G12は小型なのでゴリラポッド三脚にセットすると手軽だねぇ。D90では本体が重たいから三脚もちゃんとしたものでないといけないし飲み屋のテーブルの上に出せるものではない。(・・・G12だって普通は飲み屋のテーブルで三脚立てないか(笑))

120708_014
120708_015
20時過ぎに大宮へ戻り「ローライトモード」で撮影。ISOは自動にしていたので3200くらいかな?

120708_016
試し撮りって意味もあって色々不要な撮影もしたが小さいから首から下げていても邪魔にならないし手軽なのはいいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.05

PowerShot G12 購入(2)

って事で2010年発売の機種の情報なんて今更誰も必要としないだろうけどPowerShot G7と撮り比べ。

最低感度のISO80、、G7だと限度かなぁと思っていたISO400、G7の上限のISO1600、G12の上限ISO3200で撮影してblog用にリサイズ、中央部分を等倍で切り取り。

先ずはISO80から。上2枚がPowerShot G7、下2枚がPowerShot G12から。
多分殆ど変わらないと思う。

1207g7080
1207g70801
1207g12080
1207g120801
次にISO400で比較。同じく上2枚がPowerShot G7、下がG12です。
プロが見たら違いをあれこれ指摘するだろうけどσ(^^)的にはどちらもOK、特に普段は等倍で見て無いし。ただG7はここから上の感度は苦手なんだよね。

1207g7400
1207g74001
1207g12400
1207g124001
最後の比較がISO1600.。
PowerShot G7はblog用に縮小すれば問題ないけど等倍では見ないとしてもそこそこの大きさで見るとノイズが大きい。
PowerShot G12の方は等倍でもσ(^^)は充分納得の画質です。

1207g71600
1207g716001
1207g121600
1207g1216001
比較じゃないけどPowerShot G12のISO3200を。blog用ならこれでもOKかな?

1207g123200
1207g1232001
参考にDSC-TX5の「手持ち夜景モード」の画像を。撮影時の大きさを揃えなかったのと元々アスペクト比が違うので本当に参考だけど。
TX5は裏面照射CMOSで高速連写合成だし、ISO400って表示だけどblog用ならこれでもいいよね。これの本領発揮はもっと暗いときでもblog用ならそこそこ写ること。メモカメラとはかく有りたいな。

1207tx5y
1207tx5y1
PowerShot G12は別にISO12800まで上げられる「ローライトモード」ってのがあるらしい。未だ試して無いけどどうだろう?

しかし結局の処、PowerShot G7とSyber-shot DSC-TX5が有ればデジイチを持ち歩かなくてもそこそこの事が出来る訳で、バリアングル液晶が使いたかったからと、G1Xが少し別な方向へ行ったので「G7の最終形のG12に憧れて買った」が正直な話しだな。

#2012.09.19追記

G15が発表されたなぁ、てっきり無いと思ってたけど。まぁバリアングル液晶では無い様なのでσ(^^)の候補からは外れてるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PowerShot G12 購入(1)

前のエントリーに書いたがD90を買って3年ほど。下手くそながらも自分の意図した感じでマニュアル撮影出来ると便利。(この自己満足は大事)

だけど・・・デジイチってやっぱり重いよなぁ。「今日は◯×を撮りに行く」って日には当然持って出るが、温泉メインのお出かけの日は持って行っても何も撮らないで帰宅って時も有り、そうなると案外「邪魔」(笑)

そういう時にD90を買う前に使っていた「PowerShot G7」の出番ですね。マニュアル撮影機能が有るし、カバンに入れておいても邪魔なほどではない。でもレンズが良いのでそこそこ綺麗に撮れる。
先日も久しぶりに妻沼の聖天様へ行った時に持ちだしたがなかなか綺麗に写る・・・でも高感度撮影になるといきなり苦手なんだよね。blogに載せる程度ならそうでも無いけどISO400が限度かなぁ。

G7の高感度を補う形でメモカメラとして「FinePix F31fd」、その後釜で「Cyber-shot DSC-TX5」を併用しているんだけど。特にSONYの裏面照射型CMOSセンサーを使用したDSC-TX5の高速連写重ね撮りは反則技かも知れないが綺麗だよね。

って事でメモカメラは別としてD90のサブ機を物色。
高感度を重視するなら裏面照射型CMOS機なんだろうけど・・・いっそ高倍率のニコンCOOLPIX P510や富士フィルム FinePix HS30EXRも考えた。
高倍率ってすごく惹かれるけど鳥さんか運動会以外はあまり出番無さそうだし、余程空気が澄んでないと遠景を撮ってもねぇ。
もしD90+18-200VRを持って無ければ「FinePix HS30EXR」は値段も手頃だし候補筆頭なんだけど。

で、結局落ち着いたのが「キヤノン PowerShot G12」、この後継の「PowerShot G1X」の方が高感度には強いしセンサーも大きいので綺麗に写るけどマクロが20cmからと寄れないしレンズキャップが手動なのも「手軽なサブ機」には向かない。

G12の高感度はG7よりは良いようだけど過度な期待は持たない方が良いらしい。ただバリアングル液晶とレリーズが使える様なのでミニ三脚を持ち歩けばカバー出来るかな?(G7でレリーズを使うには「レリーズ付きブラケット」を付けないといけなかったからなぁ)

PowerShot G12の新品はもう売ってないので中古を25,000円ちょっとで購入。2010年の発売当初は5万円近くした機種だからね。

今まで買ったデジカメを一覧にしてみた。14年で10台は買い過ぎか?でもメモ用カメラと撮影用は使い分けするからなぁ。

1台目:1998年01月 富士フィルム クリップ・イットDS-20 
2台目:2000年01月 オリンパス CAMEDIA C-920ZOOM
3台目:2002年02月 オリンパス CAMEDIA C-40ZOOM
4台目:2004年08月 コニカミノルタ DiMAGE Z3
5台目:2006年04月 カシオ EXILIM Z500
6台目:2007年02月 キヤノン PowerShot G7
7台目:2007年04月 富士フィルム FinePix F31fd 
8台目:2009年05月 ニコン D90 ★
9台目:2010年04月 ソニー Cyber-shot DSC-TX5 ★
10台目:2012年07月 キヤノン PowerShot G12 ★

★は今実際に使っている機種

120705_001
120705_002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アングルビューファインダー購入

3年前にニコンD90を買ってそれまでメインで使っていたキヤノン PowerShot G7の出番が減った。テレコンを買ってみたが月を撮る程度だしなぁ。

120705_003
大きさ的にはD90のサブ機として「何かちゃんと撮るか不明な時」の外出時にぴったりなんだけど高感度撮影が苦手なので。

他に使い道はないかと考えたのがローアングル撮影。
「アングルビューファインダー」ってものが売っていて液晶の前に貼り付けると簡易バリアングル液晶仕様になると。Amazonでポチってみる、2,100円。

120625_000
で、付けてはみたが・・・うん、確かに出来なくはない。
でも鏡なので天地逆になるし、やっぱり使いづらそう・・・また無駄な買い物をしてしまったか(笑)

120625_001
120625_002
D90を持ち出す程では無い日に使えるサブ機+バリアングル液晶を物色するかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.01

おおるり山荘【那須】

北温泉を出て那須湯本の温泉神社の処まで戻る。そこを右折し10数分、久しぶりに「おおるり山荘」へ。
ここのお湯は冬はぬるくて入れないくらいだから暑い時期にはいいなぁと。

120630_011
受付で500円払い、タオルと歯ブラシのセットを貰う。
何度か来ているので浴室の場所とかは判ってる。先ずは手前の内湯で身体を洗って一旦着替え突き当りの露天へ。

うんうん、この絶景。
白く細かな湯の華が舞うお湯はぬるいのでずっと浸かっていられそうなくらい。ただ数年ぶりに来たけどメンテナンスが出来て無いのか浴槽手前で掛け湯しても排水路が詰まっていて流れない様子で見た目にも悪い。野湯じゃ無いんだからこの辺りは手入れして欲しいなぁ。

#昔は一時期「野湯」だったそうだけどね(笑)

120630_012
「おおるりグル-プ」は土曜に2人1部屋でもバイキング(飲み放題付き)5,500円/人って格安なので食事に期待しないで飲む・温泉・寝るだけと割り切ればいいのかなぁ?

一度くらい泊まってみたい気もするが奥さんに怒られそうで未だ話を切り出せない(笑)

【おおるり山荘】
住所:栃木県那須郡那須町大字湯本212-486
電話:0287-76-6321
時間:10:00~21:00
休み:
料金:500円
URL:http://www.ohruri.com/hotel_17/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北温泉【那須】

映画「テルマエロマエ」を観たら舞台となっていた温泉。存在はそれ以前から知っていたが行った事が無かったので寄ってみる。

那須湯本を過ぎて更に山を登って行く感じ。そう云えばこの辺りの道は以前は有料道路だったんだよね。などと思いながらナビに従って狭い道を走ると突き当たりに立派な駐車場が。滝の展望台の駐車場も兼ねているのか?

120630_010
120630_002
そこから400mほどの下り坂は徒歩で。
数分歩くと正面に見えてきます・・・左手には温泉プールも。

120630_003
120630_004
しかし古い建物とは聞いていたけど本当に古いよ(笑)
帳場で700円払い浴室の案内をして貰う。

先ずは「天狗の湯」へ。暗い通路を右左に曲がった先に扉無しで暖簾だけの脱衣所。
先客が数人居たが10数分で出て行ったのでその後はほぼ貸切状態。屋根の修復中らしく名物の天狗の面は無かった。
少し熱めの湯だがザコザコかけ流し、暑くなったら隣の打たせ湯への通路が屋外なのでそこで涼む。下界は28℃と聞いていたがここは20℃くらいと涼しい。

120630_007
120630_006
一旦着替えて川沿いの露天「河原の湯」へ。人工の滝を眺めるロケーションで悪くは無いのだが誰もいない・・・変だなぁと思いつつ湯に足を浸けたら判った、熱過ぎる。浴槽の底が藻なのかヌルヌルするし足が痺れるくらいの熱さなのでσ(^^)も断念。

120630_008
再度着替えて「相の湯」と「泳ぎ湯」へ。「泳ぎ湯」ってのが温泉プールのことで混浴だし水着着用可だそうだ。そしてその脱衣所になっているのが「相の湯」でここも風情が有る。ちょっと浸かって「泳ぎ湯」へ。こっちには1人先客が居たがこれだけ広いと浴槽と云うよりプールだよね。

120630_009
120630_005
しかし「天狗の湯」や「相の湯」は温泉好きには嬉しい鄙びた雰囲気だけど一般の人にはどうだろう?駐車場の行き帰りに何人ともすれ違ったけど浴室で見かけた人って6人くらいだったなぁ。あとの人は何処へ?(笑)

【北温泉】
住所:栃木県那須郡那須町湯本151
電話:0287-76-2008
時間:8:30~16:30(退出18:00)
休み:
料金:700円
URL:http://www9.ocn.ne.jp/~kitanoyu/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば処 やしお【板室】

土曜に急に休みが取れた。たださいたま市などの平野部は28度とか30度とか温泉にのんびり入る気温ではない・・・じゃぁ標高の高い処へ。

って事で東北道を走る。普段は走らないが土曜午前中の下りってやっぱり混むね。宇都宮から2車線になると遅い車が追越車線をどうどうと走っているので時速70kmくらいに・・・矢板で下りて那須を目指す。
県道30号は当然高速より遅いけど気分的に楽だよね。
途中、戸田の交差点を左折して板室温泉方面へ。クネクネしたりアップダウンが激しいがその分交通量も少ない。

120630_000
そして板室温泉で先ずはお昼って事で「そば処 やしお」へ。未だ12時前だけどほぼ満席。
無性に舞茸天が食べたくなって「舞茸天ざるそば1,450円」を注文。
天ぷらは舞茸2つ、海老、茄子等の野菜が3つ、ボリュームあります・・・舞茸だけでもいいのになぁ(笑)

120630_001
蕎麦は普段のσ(^^)だったら物足りないかな?ちょっと少な目かも。メニューにも「大盛り有ります」と出ていたな。
天ぷらと蕎麦のバランスがちょっと悪いが味はどちらも悪くない。まぁ蕎麦は「ざる」なので海苔が乗って香りを楽しむって感じでも無いが。

しかし那須界隈はイタリアンと蕎麦屋がやたら多いよねぇ。

【そば処 やしお】
住所:栃木県那須塩原市板室844-41
電話:0287-69-0140
時間:11:00~20:00
休み:無休
料金:舞茸天ざるそば1,450円
URL:http://www.sk28.com/soba-yashio/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »