« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の14件の記事

2012.08.24

嘉宴楼【上尾】

台湾料理店が増殖している。
埼玉県内を車で走っていると嫌でも目に付く。何時からかは不明だけどここ1~2年?

120820_012
Webで検索すると県内どころか日本全国で同時多発的に増えているらしい。そしてその増殖ぶりが気になっている人も多数。

共通点として
・平日ランチは650~680円と安めの価格で料理1品+ライス+ラーメンorご飯系(炒飯とか麻婆丼とか)で、そのラーメン等が普通に1人前有るってボリューム満点。
・それ以外も基本ボリュームの有るCP高い方向性。
・台湾料理屋と名乗っている割には代表的な台湾料理が殆ど無い。
って感じか?

だけど店名は皆バラバラで系列店と称する店は少ないらしい。
今回試しに上尾の「嘉宴楼」を訪問、この店は狭山と川口に同名店が有るらしい。

奥さんは単品で「炒飯 480円」と「餃子 280円」を、σ(^^)は「炒飯定食 880円」を注文。
先に奥さんの餃子と炒飯が・・・・炒飯のボリュームが凄いことに(笑)
餃子は棒餃子風で端が閉じてないけど餡はこぼれない。

120820_013
120820_014
σ(^^)の定食も到着。炒飯は奥さんが頼んだ単品ほどの量は無いけど一般的な1人前以上は有る。(って事は奥さんのは2人前は有るな)
ラーメンは4種類くらいから選べて「台湾ラーメン」を頼んだがこれも一般的な1人前の量、そこに「鶏の唐揚げ」が3片・・・大人の拳大だけど。漬物とデザートは普通に少量(笑)

120820_015
120820_016
120820_017
120820_018
唐揚げは揚げたてなので大きくて食べにくいけど普通に美味しい。
だが他の餃子、ラーメン、炒飯は食べられはするけど正直美味しいってレベルではない。炒飯なんかは脂っぽいし。まぁ値段が値段だからなぁ。

って事で食べ盛りの学生さんとかなら嬉しいだろうけどヲジサンが行く店じゃ無いなぁってのが感想。
しかし店の規模は個人が開業する大きさじゃないし、日本各地に増殖していることを考えると名前を出してないけどそれなりの資本が裏に有りそうだね。台湾ラーメンなんてのが有る事を考えると名古屋系か?

食事をするたびに何処の資本系列かを考える必要はないがやっぱり気になるねぇ。

【嘉宴楼 上尾店】
住所:埼玉県上尾市大谷本郷704-1
電話:048-782-5708
時間:11:00~15:00、17:30~24:00
休み:無休
料金:炒飯 480円他
URL:

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.08.23

つまごい館【嬬恋温泉】

JR吾妻線の終点、大前駅の駅前に建つ温泉旅館。ホームから0分と立地は最高なれど電車が1日に5往復しか無い、宿泊するに調度良い時間帯の電車は無し(笑)

120820_011
120820_005
ネットを検索していたら「今は8月だけ日帰りを受け付けていて、ぬるめの露天が気持ち良い」って情報を得る。草津から下りてきた立地なので標高は下がるがぬる湯ならいいなぁと電話して日帰りOKを確認してから寄ってみる。

ホーム脇に車を停めて宿へ。平日なので日帰り客は少な目。
廊下には飲泉の蛇口があり、その先にコインロッカー(100円飲み込み?)、男女別の浴室。
脱衣所は棚だけのシンプルなもの。部屋数も少ないのでこれで十分なんだろうな。

120820_010
120820_008
120820_009
内湯は窓が大きいが目隠しが有り眺望はそれほどでもない。薄濁りの湯は金気臭と仄かに硫黄臭、源泉は低いらしいが40℃程度に加温してある。

120820_006
内湯の脇から露天へ出られるが露天は2人も入れば一杯か?知らない人とだと一緒は気になる程度の大きさ。

120820_007
聞いた通り、ぬるめの湯が気持ち良い。立ち上がれば目隠しの切れ目から川も見える。こりゃええわ、30分は浸かれると喜んでみたが・・・アブが。この時期に川の近くの露天では仕方がないよねぇ。
後で奥さんに聞いたら「女湯ではアブ居なかったよ」と云うのでたまたまかも知れないが気になって長湯できない。このぬるさを満喫するには夏向きなんだけどねぇ。

お湯は気に入ったし、浴槽は狭いけど木造で好きなタイプ。混むと狭いからシーズン外した平日とかに泊りで来てみたいかな?まさか冬もこの温度って事では無いだろうし。

【嬬恋温泉 つまごい館】
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村大前高岩1077
電話:0279-96-0443
時間:13:00~17:00 8月限定?
休み:?
料金:600円
URL:http://scty.net/tumagoikan/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば処 わへい【草津温泉】

月曜も昼くらいに散歩がてら湯畑方面に出て行く。湯畑と西の河原露天の間、まんじゅう押し付けで有名な店の斜め前の「わへい」さんへ。

120820_004
120820_000
昨日の反省から少し早めに来たが月曜と有ってそれほど混んでない。
オーソドックスに「舞茸天ざるそば1,280円」を注文、店主が目の前で手打ちをしていて店も打ち立てなので冷たい蕎麦がおすすめと。

蕎麦は太めの田舎そば、水切りで裏返したざるに載るので見た目ほど量はないが少ないほどでもない。
蕎麦の上に海苔がかかるので折角の蕎麦の香りとか邪魔すると思うが、まぁ夏場だし。

天ぷらは舞茸と葉もの1つ、天つゆじゃ無く塩で食べる。昨日の三国家と比べると天ぷらはこの方がいいなぁ。

120820_001
120820_003
120820_002
こちらも人気店で昼過ぎになると閉まることも有るそうだが食べてみて納得です。
以前バスターミナル前でとんでもない蕎麦屋に入った記憶が有るので人気観光地では店を選ばないとね。

【そば処 わへい】
住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津486-2
電話:0279-89-1233
時間:11:30~売切れ仕舞い
休み:水曜
料金:舞茸天ざるそば1,280円
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんぐり【草津温泉】

日曜の夕飯は昨年も来た「どんぐり」さんへ。夜は要予約なので半月くらい前に電話しておいた。

120819_007
120819_012
湯畑から少し離れてベルツ通りへ向かう途中。
頼んだメニューは「グリーンサラダ520円」と奥さんは「どんぐりハンバーグ1,050円」、σ(^^)は昨年隣の人が食べていて美味しそうだった「ペスカトーレ1,050円」。
飲み物にスパークリングワインの180mlボトルを1本。

120819_008
120819_009
どんぐりハンバーグが有名だけどハンバーグコースは別なハンバーグらしいから単品で頼み、プラスしてライス210円。具沢山のチーズハンバーグです。

120819_011
ペスカトーレはボリューム一杯だし具沢山&スパイシーな味。うん、これは美味しい。

120819_010
ただセットとか少ないので2人だと頼み方がこんな感じになってしまいマンネリになるかと。

帰りにベルツ通りを歩いていたら「レッカービーフ」って店を発見。前に来た時は無かったなぁと思って検索したら今年の4月にOPENと。ハンバーグ&ステーキの店でハンバーグのセットならサラダバーが付いて1,000円くらいから有るらしい・・・味は不明だが次回はこっちに寄ってみようかなぁ?

120819_013

【どんぐり 】
住所:群馬県吾妻郡草津町草津562-16
電話:0279-88-7222
時間:11:30~15:00、17:30~21:00
休み:水曜
料金:どんぐりハンバーグ1,050円
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三国家【草津温泉】

土曜の夕飯はベイシアで惣菜を買って部屋で食い、日曜の昼にまた湯畑方面へ。世間的には今日が夏休み期間最終日、なかなか混んでいる。

そんな混む時期の昼に人気の蕎麦屋「三国家」さんへ・・・・行列です(笑)
結局入店まで1時間近く並んだなぁ。入り口脇の窓に簾がかかっているが店内からは外が丸見えなので窓にへばりついたり化粧直ししたりしないように(笑)

120819_000
120819_001
ここのお勧めは2.5人分有るという「三國そば950円」、つけ汁は別注文できざみ鴨、万能ねぎの「都汁」とけんちん風の「田舎汁」各400円。2人でつけ汁2つと三國そばで1,750円って訳です。
σ(^^)達は都汁を2つ、それに「舞茸野菜天盛り合わせ900円」を注文。

サービスの蕎麦かりんとうを食べつつ待っていると大きな皿に小分けに盛られた蕎麦がドーンと、それをきざみ鴨汁で食べる。濃厚な汁なので蕎麦の味や香りはよく判らなくなるが料理として美味しい。2人いないと頼めないが他店との差別化にもなっている。

120819_002
120819_004
120819_003
120819_005
天ぷらは舞茸の他に野菜が6種くらいかな?これも2人で調度良い量だが舞茸のみの選択肢があってもいいかなぁ。天つゆで食べるけどテーブルに塩を置いてくれれば選べるのに塩は無し。

120819_006
女性だときざみ鴨汁は後半くどく感じるかもしれないがボリュームも有るし、メニューとして面白いし、味も美味しい。人気なのも判る気がする。

【三国家】
住所:馬県吾妻郡草津町草津386
電話:0279-88-2134
時間:10:30~15:00、17:00~売切れ仕舞い
休み:無休
料金:三國そば 950円他
URL:http://aitra.jp/id/mikuniya/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯畑界隈【草津温泉 2012年夏】

今回の旅行は「ひたすらゴロゴロ」を目指す・・・怠惰だねぇ。ツタヤで漫画を借りて読み飽きたら施設付属の温泉に浸かり部屋に戻ったらまた漫画を読んだり惰眠を貪ったり。

最高気温が35℃だ、37℃だと云われるさいたま市から来ると最高で25℃程度はありがたい。これってさいたま市の最低気温と一緒じゃん(笑)
なので夜は20℃以下だから半袖だと寒いくらい。

土曜の夜、湯畑へブラブラ散歩。「街角コンサート」とか光泉寺石段のライトアップ「キャンドルイベント夢の灯り」とかを眺める。

120818_004
120818_009
120818_005
120818_007
120818_008
120818_006
土曜の夜なので湯畑界隈には浴衣姿の人たちが沢山。
宿毎に浴衣って違うので「あ、あの人たちは高級旅館の○×なんだぁ」とか「激安の△□の浴衣で来るなら私服で来ればいいのに」などと観る人が観れば判るのかなぁとちょっと妄想(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モアザン【中之条】

今年の夏休みは去年と一緒、草津温泉へ18日(土)から2泊3日の旅・・・リゾートマンションの1室が安く泊まれるのでね。

関越道、渋川伊香保ICを11時くらいに下りる。電柱に「お祭りなので渋川市街通行止め」って看板がついているが「渋川市街って何処?駅前の辺り?」状態で県道35号へ。多少混んでるなぁと思いつつ走ったら伊香保へ曲がる信号のところでアウト!σ(^^)の感覚ではここって渋川郊外で市街じゃ無いんだけどなぁ。
具体的に何処が通行止めか判らないまま走らされ結局駅前から17号に戻された。祭りをするのは構わないがもう少し判りやすい案内が欲しいぞ。

結局、353号を走り中之条の町へ。腹も減ったので前から気になっていた「モアザン」へ。店頭の大きなタマゴが目印です。

120818_000
直売所ではタマゴやスィーツが売っていて「地産地消カフェ ぷくぷく」が併設されてる。メニューにはカレーとかも有るがタマゴが売りのようなので「オムライス」を注文。種類も幾つか有るが基本のトマト味、850円。ドリンクのセットが+180円です。
サービスで茹卵が1つ貰えて食べている最中にオムライスが到着。

ご飯が古代米で普通のオムライスと少し違った食感だがさっぱりとしたトマトのソースと中はふんわりのオムレツで普通に美味しい。まぁ逆に云うと茹卵もオムレツもこだわったタマゴの違いはσ(^^)には判らなかった訳だ(笑)

120818_001
120818_002
奥さんはデザートにプリン260円を。これもタマゴの違いは判らなかったが昔懐かしいオーソドックスなプリンなので違いとか考えなければ十分美味しい。

帰りに買ったシュークリーム210円の方がクリームの濃厚さとシュー皮の美味しさが判り易かったかな?

120818_003
120818_010
【モアザン 地産地消カフェ ぷくぷく】
住所:群馬県吾妻郡中之条町伊勢町148-1
電話:0279-75-0611
時間:10:00~20:00
休み:月曜
料金:オムライス(トマト)850円
URL:http://www.morethan.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.15

ウルトラマン・アート!【埼玉県立近代美術館】

120815_009
北浦和の近代美術館で面白そうな展覧会をやっているので行ってみた。

「ウルトラマン・アート! 時代と創造-ウルトラマン&ウルトラセブン」ってタイトルで昭和41年7月放送開始の「ウルトラマン」とその後の「ウルトラセブン」の人形、模型、デザイン画、写真、フィギュア・・・。
展示量がそれ程多いわけじゃないけどヲヂサンとしてはなかなか感慨深い。

120815_000
120815_008
σ(^^)だってリアルでは見て無いけどウルトラマンやウルトラセブンに出てくる怪獣や宇宙人は今でも名前を云えるのが沢山、30分1話でしか登場しなかったと云うのに。
その後もウルトラマンシリーズ、仮面ライダーシリーズ、その他特撮ヒーローものは沢山有るけど怪獣や宇宙人の名前を覚えて貰っているのって他だと仮面ライダー1・2号くらいでは?
ガンダムも名台詞は語り継がれているがそれ以上のインパクトが有ったと思う。最高視聴率が40%くらい有ったらしいし。

盆休み期間の15日に行ったが、殆ど混まずに落ち着いて観られたのは嬉しい。若干数名薀蓄を喋りっぱなしのオッサンが居たがこの手の展示だしそこは諦め(笑)

S41年当時に小学生だと現在50台半ばくらいがリアル世代だと思うが、その年齢よりも20代、30代の客が多かったかな?

展示室は幾つかに別れていて最初の2室は撮影可(但しストロボ不可)なので懐かしいのを何枚か。
メトロン星人のちゃぶ台シーンはやっぱりいいなぁ・・・上がって一緒に記念撮影できるって。

120815_001
120815_002
120815_006
120815_003
120815_005
120815_004
120815_007
単にヲヤヂの懐古趣味を満たすだけでは無い、その時代も含めて見ておいて損の無い企画だったかと。

【ウルトラマン・アート!】
場所:埼玉県立近代美術館
電話:048-824-0111
時間:10:00~17:30
期間:2012.07.07~09.02
料金:1,100円
URL:http://momas.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.13

古代エジプト展【六本木ヒルズ】

お盆の日曜にわざわざ六本木へ出てきた理由が六本木ヒルズで開催されている「大英博物館 古代エジプト展」を観る事、奥さんが行きたがっていたので。

120812_004
前売り券を買ってたのでブースでチケットと交換してエレベータで52Fへ。展望台へは以前来たことがあるがここまでルートは一緒なんだね。
だけど展望台のチケットを持ってないとここから先は入れない(泣)奥にスカイツリー、手前に東京タワーと入口手前からちらっと見えたが。

120812_006
120812_000
で、古代エジプト展を見る人は建物の内側方向へ。
メインの展示は世界最長全長37mの「死者の書(グリーンフィールド・パピルス)」、それに対する解説やら他の「死者の書」やらが。

「死者の書」って文字だけ見るとオドロオドロしいが要は「冥界への旅行手引書」だと。つまり「地球の歩き方」や「るるぶ」「銀河ヒッチハイクガイド」みたいなものらしいです。
あの世に行ったら、これこれをしなさいとか、審判の際には42個の「私はやってない」と宣誓しろとか。この辺りの死生観は国によって違うのでそこそこ面白かった。

が、・・・まぁ、場所が場所だし、お盆だしと思っても観客の質が低すぎる。展示の前で立ち止まって延々二人の世界に浸っているカップルとか泣き叫ぶ子供とか。
本当にちゃんと見たいなら平日の夜とかの方がいいのかなぁ?いや、それこそデートに使われるか?

混雑具合はσ(^^)が入った13時頃はすんなり入れたけど出た15時くらいには入場の列が出来ていたな。そこそこ人気は有るようです。

#ちゃんと観なかったがレストランで便乗メニューが有るらしい・・・ピラミッド型のライスかぁ(笑)

120812_005
【大英博物館 古代エジプト展】
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)
電話:03-5777-8600
時間:10:00~22:00
期間:2012.07.07~09.17
料金:1,500円
URL:http://egypt2012.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海南鶏飯食堂【六本木】

もう何年ぶりだろう、5年以上は経っているか?久しぶりに六本木へ行く用事が有るので日曜の昼飯に寄ってみる。

目当てはシンガポールチキンライスこと「海南鶏飯(ハイナンジーファン)」がメインのお店。他にもランチでカレーとかも有るけど初志貫徹。
家の近所でも食べられる店は探せば有るようだが曜日限定のランチだったりして確実に食べるならここかなぁと。前回行ったとき同様、目立たぬ裏路地に目立たぬ外観。

120812_001
値段も以前来た時と変わらず大盛りが1,250円、普通盛に比べて鶏肉の量が増える。長粒米を鶏スープで炊いたチキンライスはおかわり自由。

タイの路地裏で100円程度の額で食べたものより洗練されてるのは当たり前だが鶏も柔らかく3種のソースを適当にかけて。パクチーが添えられて来るので少しだけ食べる・・・食べられなくはないがやっぱり苦手だ(笑)
でもスープはしっかりパクチーの風味がついているので全くダメな人は飲めないか?

120812_002
奥さんが頼んだ「マンゴープリン(250円)」が思っていたより濃厚で美味しかった。次回はσ(^^)も頼もう・・・って次回は何年後だ?(笑)

120812_003
【海南鶏飯食堂 麻布店】
住所:東京都港区六本木6-11-16
電話:03-5474-3200
時間:11:30~15:00、18:00~23:00
休み:第3月曜
料金:海南鶏飯(ハイナンジーファン)大盛1,250円
URL:http://www.route9g.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.06

正徳寺温泉 初花【山梨市】

毎年桃狩りに来たあとに寄る温泉、源泉が38℃と云う事で真夏に入ると気持ちが良いぬるめのお湯。温度だけじゃなくお湯もツルスベ感のある泉質で掛け流し。

120805_018
男女入れ替わりだけど手前の浴槽はミストサウナが併設されていてここが気持ち良い。ミストサウナと云っても要はドバドバ湧く湯の上に小屋を建てただけで飛沫が充満している程度。お湯の音だけを聞きながらほぼ体温と一緒の湯に浸かる。

湯上りは食堂へ。昼に桃をあれだけ食べても水分が殆どだからそろそろ空腹に。
鰻の養殖池を掘ってて湧いた温泉なのでメニューにも鰻が。
ただ今年はニュースで取り上げられるほど高騰していて「うな重」は並で2,600円。昨年は2,100円だったのになぁ。
120805_020
でも下のご飯が見えないくらいの大きさの鰻だし、味も満足できるレベルなので納得です。

喫煙所はフロント脇の休憩室の奥、屋外なので真夏は暑いけど湯上りは冷えた身体に心地よい・・・温泉入って冷えたも何だが(笑)

120805_019

【正徳寺温泉 初花】
住所:山梨県山梨市正徳寺1093-1
電話:0553-22-6377
時間:10:00~21:30
休み:木曜
料金:600円(3時間)
URL:http://www.hatsuhana.info/

解散は18時くらい。当然のごとく中央道の上りは大渋滞。勝沼IC付近まで20分かかり、そこから20号で大月経由上野原へ19:50着。神奈川方面へ電車で帰る友人を降ろし上野原ICから渋滞の中央道へ・・・小仏TNまで約30分の我慢。(画像は19時に大月IC出口通過の渋滞情報、勝沼IC~八王子ICが145分、2時間25分って事だよね)

120805_022_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃狩り&桃食べ放題 2012年夏【御坂町】

桃狩りはここ数年、毎年行っている。いつもは勝沼の「あすなろ園」さんに行ってたが4月に桃の花を観た時に好印象だったし、この後の行程を考えて「御坂農園グレープハウス」さんへ。
120805_003
12時くらいに到着、駐車場は広いけど大型観光バスが頻繁に来るので待つ場合も。
桃狩りは幾つかのコースが有るが選んだのはBコース、桃を2つ狩ってテーブルで桃が食べ放題で1,155円と。

受付を済ませて少し待つとマイクロバスが来て農園へ連れて行かれる。
受け取るのは持ち帰り用の透明のビニール袋と桃食べ放題の券。昨年まで行っていた「あすなろ園」は値段が少しだけ高いけど持ち帰り用の箱をくれたのでここに差が出るかな?クッションを持参すると良いね。

120805_004
120805_006
マイクロに乗って5分ほど、着いた農園で好きなのを2個採るのだけど見分けがよく判らない。一応赤そうなのを選んだが全体が真っ赤に色づいたのは無かったなぁ。品種の問題なのか紅い桃は既に団体さんが収穫しちゃったのか判らないけど。
同じ農園でも植えている品種が違うそうだがプレートが付いてなかったので採った品種が何なのか不明。

120805_008
120805_005
120805_007
で、マイクロで建物に戻り「桃食べ放題」へ。テーブルには予め桃とナイフ、皿がセットされてます。
麦茶と水はセルフで、桃も食べ終わったら自分で取りに行ってお代わりと。
最高気温が37℃と出てたけどブドウ棚の下だし、扇風機が何個も有るのでさほど暑くない。

120805_009
120805_013
120805_010
120805_011
120805_012
120805_014
桃も冷たのを出してくれるので美味しいな。昨年までの農園は常温だったから甘味は強く感じるけどやはり冷えていたほうが旨い。

種類も色いろ有るようで硬すぎて大根のような外れもあるが、これぞ桃!と納得のも。大きめの桃が多かったけど5つは食べたな。

【御坂農園グレープハウス】
住所:山梨県笛吹市御坂町夏目原656-1
電話:055-263-3111
時間:8:30~17:00
休み:
料金:桃狩りBコース1,155円(土産2個+食べ放題)
URL:http://misakanoen.co.jp/

冷たくて甘いものを満足するまで食べたくせに次に向かったのが「氷華」、アイスクリーム&ジェラートの店です。
今回のメンバーと春にイチゴ狩りの際に寄った店で皆が気に入ったので再訪。

120805_015
色々な種類から6ケ選んで500円の盛り合わせがいいねぇ。どれを選んでも素材の味が濃厚に主張していてハズレ無し。
駐車場が狭いのでタイミングが悪いと混みそうだが近くに行ったらまた寄りたいお店です。

120805_016
120805_017
【氷華】
住所:山梨県甲府市小瀬町68-11
電話:055-243-9990
時間:10:00~19:00
休み:火曜、水曜
料金:
URL:http://www.ne.jp/asahi/kajitu/hyooka/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桔梗屋アウトレット【一宮町】

毎年恒例の「桃狩り」へ5日の日曜に。
で、その前に一宮御坂IC降りて数分の「桔梗屋アウトレット」へ。いつ来ても混んでます。

120805_000
信玄餅って普通に買うと高いよね。この前買って実感。でもここは安い、半額程度か?但し賞味期限が近いけど。
ワンランク上の「吟造り」は4つ入って210円、信玄飴は131円、カステラは294円などなど。「信玄餅詰め放題」もやっているが朝早くから並ばないと駄目だしそこまで食べないならアウトレットで買うので十分。

120805_001
120805_002
120805_021
【桔梗屋アウトレット】
住所:山梨県笛吹市一宮町坪井1928
電話:0553-47-3700
時間:09:00~17:00
休み:?
料金:半額程度
URL:http://www.kikyouya.co.jp/outlet/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.02

中禅寺金谷ホテル【日光市】

今日は平日だけど暑さに耐えられず会社を休んで「中禅寺金谷ホテル」へ。雑誌「自遊人」の温泉パスポートでの利用だけど2011年春に浴室リニューアルしてから初めて。

いやぁ、下界は暑いから温泉入る気がしないよね。山の上なら涼しいだろうと思っての訪問だけど館林で37℃の日にここは25℃、別世界です。

先ずは8時過ぎに自宅を出て。今日は往復とも下道でと決めて122号を北上、館林を通過した頃は9時過ぎくらいなので未だ30℃程度。
桐生から渡良瀬川に沿って延々と。

途中で「わたらせ渓谷鉄道」を眺めたり、古民家風の蕎麦屋で昼飯を食べたり・・・建物はいいのになぁ。

120802_013
120802_003
120802_001
で、日足トンネルを潜っていろは坂を登って中禅寺金谷ホテルに到着。リニューアル後は日帰り時間が少し変わったようだ。
雑誌にスタンプを押してもらい浴室へ。無料なのにタオルセットも貸してくれる。

来る度に思うけどここのロビーや廊下はかっこいいよなぁ。高いけど泊まれない値段じゃないから一度は泊まりたいかな?

120802_011
120802_010
120802_004_2
一旦外に出て新しくなった湯小屋へ。受付時に教わった暗証番号を押す。以前はここは男女一緒だったけど分けたんだね。

120802_009
120802_008
脱衣所、内湯、洗い場が奇麗になっていたね。白濁するお湯は成分が濃いから建物とか傷み易いけどこれで暫くは安心か。

120802_005
120802_006
露天は以前と変わって無いかな?
ちょっと熱めだけど湯から上がると涼しい風が吹き気持ちよい。やっぱり温泉はこうじゃないと。

120802_007
帰りは今市から鹿沼経由で新4号へ。素直に宮環から新4号の方が早いと思うけど「日光例幣使街道」の杉並木を通りたかったから(笑)

寄り道しないでも片道4時間、ちょっと疲れたが気分転換には良かったな。

120802_012

【中禅寺金谷ホテル】
住所:栃木県日光市中宮祠2482
電話:0288-51-0001
時間:13:00~16:00
休み:?
料金:1,000円
URL:http://www.kanayahotel.co.jp/ckh/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »