« 嘉宴楼【上尾】 | トップページ | 田舎そば 米村【清里】 »

2012.09.02

浦和くらしの博物館民家園【さいたま市】

8月最終日、午前中は用事があったので会社を休む。
昼飯は蕎麦が食べたいなぁと久しぶりに「奥信州」へ。

NACK5スタジアムのすぐ南の蕎麦屋さん。店の駐車場は試合の際は観戦用の有料の駐車場にもなるようです。

120831_000
120831_004
この店はボリュームいっぱいで有名だけど中盛、大盛りにしなければ食べきれない程でもない。今回は「冷やしおろしきのこそば800円」を注文、程なくして登場・・・女性だと普通盛りでも厳しい人いるかも(笑)

蕎麦は手打ちで太めの田舎そば、更科系が好きな人には合わないだろうな。σ(^^)は割と好みです。
手打ちなので切れ端とか太さ違いが有るし、汁も独特かな?
つけ汁には大根おろしとキノコ数種類、汁を冷やすために凍らした汁の氷も。薬味皿にうずら卵が有るので途中で投入。

120831_001
120831_003
120831_002
サッカー観戦の一見客が増えたと思うけど知らずに大盛りを頼んで泣いてる客多いのかなぁ?量についての注意書きは見当たらないので気を付けましょう(笑)

【奥信州】
住所:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2-320-53
電話:048-644-8606 
時間:11:00~20:00
休み:水曜
料金:冷やしおろしきのこそば800円他
URL:

そのまま車を走らせて463号旧道の浦和IC手前、「浦和くらしの博物館民家園」へ。
9月2日迄「よみがえる昭和のくらし展」ってのを開催していると聞くし、行ったこともないので寄ってみる。

平日なので駐車場も園内もガラガラ。
展示室はそれほど広くない。無人だし撮影禁止とも出てなかったので何枚か撮影。

120831_011
120831_006
目玉はトヨペットのコロナかな?個人所有の現役を借りてきていると。
他には電気釜、電気保温ジャー、電気鍋・・・真ん中の筒でお燗をつけたそうです。当時は何でも電化したんだねぇ(笑)

120831_010
120831_007
120831_008
昭和30~40年台のご成婚、オリンピック、万博とそれに合わせた県内・市内の動向が妙にリアルで面白い。
銀座の歩行者天国だけなら他の懐古的な展示で知れるが県内でもブームに乗ってアチラコチラで歩行者天国が開催された話が紹介されてたりとか。

120831_009
屋外には移築された旧家が何軒か。一旦止んだ雨がまた降りそうなのでそちらは足早に見学したが江戸から明治の民家とかで土間の竈とかも見られる。

120831_005
120831_012
120831_013
120831_014
いつの日か「昭和の展示」がこの茅葺きの旧家の展示と同じ「古い」でくくられる日が来るのかなぁ?σ(^^)からすれば「リアル(殆ど覚えてないけど)」と「過去」だけどいまの子供からすればどちらも「過去」だしね。

【浦和くらしの博物館民家園】
住所:さいたま市緑区下山口新田1179-1
電話:048-878-5025
時間:9:00~16:30
休み:月曜、年末年始
料金:無料
URL:

旧家つながりで近くの「旧坂東家住宅見沼くらしっく館」にも寄ろうと思ったけどゲリラ豪雨が酷くなったので退散。

|

« 嘉宴楼【上尾】 | トップページ | 田舎そば 米村【清里】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

美味しいなぁ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/55561016

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和くらしの博物館民家園【さいたま市】:

« 嘉宴楼【上尾】 | トップページ | 田舎そば 米村【清里】 »