« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の27件の記事

2012.11.27

中村藤吉 京都駅店【京都 京都駅】

【2012秋の京都 その19】

帰りの新幹線は18時前、荷物を持って京都駅には15時過ぎには着いたので時間が有る。

中央の南北自由通路、JR改札前にスバコって伊勢丹の飲食店エリアが有り、そこに人気のお茶屋さんが有ると聞くので寄ってみる・・・エスカレータ上がったこの景色は「鉄」な人には嬉しいだろうなぁ。

121127_014
121127_013
目当ての店は宇治が本店の「中村藤吉」、ここのパフェが見た目にも味も良いと。数人席待ちで並んでいたが5分程度で店内へ。

121127_012
121127_015
σ(^^)が頼んだ「まるとパフェ 981円」は白地に「+」の字が鮮やか。生クリーム、抹茶シフォン、栗、ラズベリー、抹茶アイス、あられ、抹茶ゼリー、白玉と京風スイーツの王道か。

121127_017
121127_018
奥さんはほうじ茶ベースで季節限定の「秋のまるとパフェ1,101円」、栗がワンランクアップかな?

121127_016
コーンフレークではなく「あられ」なのが京都風ならではだね。ラズベリーの酸味も甘くなった口に丁度よい。
パフェに千円は高いが、観光客の財布の紐は緩いから(笑)

【中村藤吉 京都駅店】
住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町
      スバコ・ジェイアール京都伊勢丹 3F
電話:075-342-2303
時間:11:00~22:00
休み:無休
料金:まるとパフェ981円
URL:http://www.tokichi.jp/index.php

喫煙所を探して階段を上がったらちょうどクリスマスツリーと京都タワーが見える場所へ。横の大階段もイルミネーションで飾られていた。

121127_019
121127_020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祇園~錦市場【紅葉2012】

【2012秋の京都 その18】

東山界隈って禁煙エリアなんだよね。食後に五条坂や産寧坂に戻って土産物屋を冷やかそうかと思ったが、タバコが吸いたくなって食後は真っ直ぐ東大路通りのコンビニ前まで(笑)

途中で見かけた家、奇麗に揃っていて窓だけ違う、なんか面白い。

121127_039
舞妓さんの格好した女性を後ろから・・・観光客の変身か?

121127_038
東大路通りからウィンズの前を通って花見小路へ、この辺りが祇園の料亭街と云われる辺りか?街並みに風情が有る。

121127_040
121127_041
121127_043
121127_044
その辺りをフラフラ歩いて「十二段家」で「だし巻き玉子 650円」を購入。

121127_042
121127_021
その後は錦市場の湯葉吉で「引き上げゆば 360円」を買ったり、西利で漬物を買ったり、ちょうど駅構内に出店していた「千紀園」で「宇治抹茶ロールケーキ 2,100円」と荷物を預けてあるホテルへ戻りつつ土産を買う。

121127_011
121127_010
121127_022
121129_000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿古屋茶屋【京都 二年坂】

【2012秋の京都 その17】

清水寺で撮影してたら時間がだいぶ掛かってしまい12時ちょうどくらい。土産は帰りにと思ってたがスルーして慌てて行ったのが「阿古屋茶屋」。お漬物バイキングの店です。
場所は産寧坂から二年坂へ曲がってすぐの場所。

121127_036
121127_037
121127_003
店内は既に満席で、待ち客も4組程度。30分ほど待って席へ・・・結局今回の旅行で一番並んだのがここだった(笑)

システムは、ご飯(白米、十六穀米、粥)、漬物(25種類)、みそ汁、もなか、お茶(緑茶、ほうじ茶)、この全てがおかわり自由で1,280円。

121127_004
肉も魚も無く漬物だけで食事ってどうかとも思ったが25種類に惹かれた。普段漬物なんて決まった種類しか食べて無いしね。
定番の千枚漬け、すぐき、赤蕪、梅干、長芋や大根は味を変えて数種、茄子や水菜やタケノコ、昆布・・・面白い。

121127_005
121127_006
121127_008
みそ汁ももなかに入っていて、穴を開けてお湯を注げと。

デザートのもなかは皮と餡が別々に置いてあり、自由に詰めろと。

121127_007
121127_009
観光客そのものだが、一度は試しても面白いかも。

【阿古屋茶屋】
住所:京都市東山区清水3-343
電話:075-531-0056
時間:11:00~17:00
休み:無休
料金:お茶づけバイキング1,280円
URL:http://www.kashogama.com/akoya/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水寺【紅葉2012】

【2012秋の京都 その16】

京都にはそれ程詳しくは無いが、紅葉シーズンに激混みの場所として嵐山界隈、永観堂、東福寺、そしてここ清水寺と思ってる。
最終日の午前中はその清水寺へ。

バスを下りて清水坂はガラガラだったが五条坂と合流してから境内までは確かに混んでいる。でも自由に歩けるくらいなんだから混んでない方なんだろうけど。
左右の土産物屋は京都土産が一堂に会したくらいだが、例えば生八橋は何処がお勧めとか、漬物は○○だよねみたいな情報は持ってないので混乱する。

121127_023
まぁ先ずは観光と清水寺へ。
朝10時半くらいの拝観券売り場前はこの程度の混み具合。

121127_024
121127_035
121127_026
有名な舞台から眺める紅葉は手前が終わりかけだが全体的にはまだ見頃の中。京都タワーが凛と立つ。

121127_027
121127_029
121127_028
移動して舞台を横から眺めるポイントへ。このアングルが雑誌とかに良く使われているよね。

121127_030
121127_031
121127_033
121127_032
121127_034
【清水寺】
住所:京都市東山区清水1-294
電話:075-551-1234
時間:6:00~18:00
交通:市営バス「清水道」下車徒歩10分
料金:300円
URL:http://www.kiyomizudera.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.26

燻【京都 四条烏丸】

【2012秋の京都 その15】

知恩院のライトアップを眺めて四条烏丸まで戻ってきたら10時くらい。最後の夜だし軽くもう一杯って話でチェックしておいた「燻」に寄ってみる。
なんでもこちらは店名の通り燻製が売りの店と。都内にもそんな店は何軒かあるけどなかなか行かないものでこの機会に。

場所は四条烏丸の交差点の南西、綾小路通に。外見は京風町家の感じだが店内は洒落てる。

121126_033
121126_034
既に食事は済んでいるし1杯1品程度って事で「燻製おまかせ3種盛り950円」と「燻製の辛子明太子750円」を。

まずお通しでフタ付きの箱で出されたのが「枝豆」「チーズ」「ポテトサラダ」、全て燻製です。
チーズはスモークチーズで馴染みがあるが枝豆とかは初めて。ポテトサラダはサラダ自体ではなく中にベーコンといぶりがっこが刻まれて入っている。これは自宅で作っても面白いかも。

121126_035
「おまかせ3種」は「はんぺん」「鯖塩焼き」「手羽先」、はんぺんはマヨ醤油で、手羽先は山椒を付けて。
鯖も手羽先も元々味が濃いから燻製して違いが判るかなぁと思ってたがさに非ず、まろやかになって旨味が増えてる。はんぺんも濃厚に。

121126_036
「明太子」はスモークして水分が飛ぶのでオリーブオイルに付けてお好みでバターを載せてと。確かにそのままだと塩辛さが強いがしっとりとして美味しくなる。

121126_037
メニューは燻製ばかりじゃないので1軒目として充分通用します。次回何時来るか判らないけどその時は1軒目にしてみようかな?

【燻(けむり)】
住所:京都府京都市下京区綾小路通室町西入善長寺町128
電話:075-361-6664
時間:17:00~23:00(L.O.22:30)
休み:日曜
料金:燻製おまかせ3種盛り950円
URL:http://r.gnavi.co.jp/k657701/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知恩院【紅葉2012】

【2012秋の京都 その14】

先斗町から鴨川を越え南座を眺めて祇園の北側へ。この辺りは初めてなのでよく判らないが料亭というよりスナック、クラブ?会員専用エレベータって敷居高すぎ。

121126_097
121126_026
なだらかな坂を上がって知恩院へ。受付は国宝の三門の脇。この三門、普段は上がれないそうだが特別公開でどうぞと。
・・・観光用に作られた訳じゃ無いので階段が急過ぎ、酔った身体には厳しい(笑)

上がった先の中には釈迦如来像や十六羅漢像、外に出れば京都の夜景が。ただライトが眩しすぎてのんびり眺める気分になれず。

121126_109
121126_028
三門右手には「友禅苑」、駅のポスターにここのライトアップが使われてた。

121126_098
121126_099
121126_100
121126_101
三門と友禅苑の間に本堂へ上る階段が・・・ここも酔っぱらいには厳しい(笑)

121126_029
121126_102
121126_103
121126_104
121126_105
121126_032
121126_106
121126_107
そしてその上に「大鐘楼」、除夜の鐘のTV中継で何度か見たなぁ。

121126_031
特に詳しい下調べせずに「ライトアップしてる」で選んだのでこんなに高低差が有るとは思わなかった。

【知恩院】
住所:京都市東山区林下町400
電話:075-531-2157
時間:17:30~21:30(21:00受付終了)
交通:地下鉄「東山駅」下車徒歩8分
料金:800円
URL:http://www.chion-in.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒亭ばんから【京都 先斗町】

【2012秋の京都 その13】

一旦ホテルへ戻って夕飯へ。この日の夕飯も事前予約していた「酒亭ばんから」、先斗町21番路地を入った左側。

121126_013
121126_014
祇園の料亭はどう考えても無理だけど、関東から来た旅行者としては先斗町とか木屋町とかで飲んでみたいよね。でも前日のエントリーでも書いたが、店は事前に決めておかないと。
それこそこれだけ店が有るんだから時間ずらせば入れる店は幾つも有るだろうが、何処へ行こうかなんて歩いているだけでは決められない。

まぁ、その代わりネットの情報だけでは判らないものもあって、こちら「ばんから」さんはもう少し居酒屋っぽい雰囲気かと思っていたが昨日の亀甲屋さんと同じくらい落ち着いたお店。「酒亭」が名前につくくらいなので日本酒には拘りが有るようで、燗や常温で飲ませる純米酒とか揃ってる。

この日も食後にライトアップを眺めに行く予定なので肴も酒もほどほどに。

最初に出てきたお通しがまず美味しい。いちじくに胡麻ソースを掛けたのとか。

121126_015
頼んだものは寒いしと先ずはおでん、大根150円、生麩450円。上品な出汁で煮こまれた感じが良いねぇ。

121126_016
121126_018
鱈の白子の「くも子ポン酢 950円」、この時点で日本酒に変更。京都のお酒ということで「玉川」って銘柄を。

121126_017
121126_019
昨日も湯葉は食べたが「湯葉天ぷら680円」、天つゆも付いてきたが塩が美味しい。

121126_020
「海老芋の蟹あんかけ 780円」「聖御院蕪と鶏油揚げ煮780円」、海老芋も聖御院蕪も関東ではあまりお目にかかれない。

121126_021
121126_023
最後に京都とは関係無いだろうけど「自家製味噌漬け(卵黄・クリームチーズ)各250円」を。卵黄味噌漬けって話には聞くけど食べるのは初めて、濃厚だね。クリームチーズの味噌漬けは聞くのも食べるのも初めて。

121126_025
121126_024
121126_022
お酒はもう1杯追加したけどこれ以上飲むとライトアップ見に行けなくなるから切り上げる。

【酒亭ばんから】
住所:京都府京都市中京区先斗町通四条上ル鍋屋町209-8
電話:075-221-5118
時間:17:30~24:00
休み:火曜
料金:
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仁和寺【紅葉2012】

【2012秋の京都 その12】

龍安寺から歩きでもさほど遠くないようだが丁度バスが来るので市バスに乗って。

大きな二王門をくぐり、左側が有料の「御殿」エリア、先ずはそちらに。
雨が上がって一部青空が見え始めたが曇りベースなので薄暗い。庭の池と紅葉と後ろに五重塔と。

121126_081

121126_085
綺麗に掃き揃えられた庭の石の溝に落葉が映える。

121126_082
121126_083
121126_084 
121126_088
121126_089
意図的なのかオートなのか庭をストロボ撮影している方がちらほら・・・これだけ広くて遠いと光は届かないよなぁ。こう云う写真はストロボも面白いが・・・と素人が偉そうに(笑)

121126_110
御殿を出て金堂の方へ。朱塗りの中門・・・あせるとピンクの門になっちゃうんだね。

121126_090
121126_091
121126_092
121126_093
121126_094
121126_095
【仁和寺】
住所:京都府京都市右京区御室大内33
電話:075-461-1155
時間:9:00~16:30
交通:市営バス「御室仁和寺」下車すぐ
料金:500円
URL:http://www.ninnaji.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍安寺【紅葉2012】

【2012秋の京都 その11】

当初の予定では人気の嵐山を外し、朝から金閣寺から仁和寺へと考えていたので途中の「龍安寺」からスタート。

大宮から嵐電に乗って帷子ノ辻で乗り換えて。嵐電って路面電車みたいなものだから均一料金だし乗車時に切符を買う必要がない。なので帷子ノ辻駅にはこんな一方通行のゲートが。

121126_096
121126_010
龍安寺駅から10分弱歩いて龍安寺へ。

121126_059
「龍安寺」は15個の石を巧みに配置した虎の子渡しの石庭で有名。壁の向こうの赤や黄の色が映えて綺麗。

雨は殆ど上がって傘が要るか要らないか程度。でも、こちらも空いていて石庭の前は座り放題に近い状態の混み具合。
三連休後の平日とは云え、京都近郊のホテルは未だ満室状態なのに人の数は三割程度か?それか人気の嵐山などに集中か。

121126_075
121126_072

121126_073
121126_067
121126_070
121126_068
パノラマ機能で全体を撮影。

121126_012
手前には模型が置いてあって、これなら15個の石が全て見られる(笑)

121126_011
手前の「鏡容池」も綺麗に紅葉。ここは晴れていたら絶景だろうなぁ。

121126_060
121126_061
121126_062
121126_063
121126_077
池と本堂の間の庭やパゴタの辺りも紅葉していて石庭以外に見所がこれほど有るとは嬉しい誤算。

121126_066
121126_064
121126_065
121126_071
121126_076
121126_078
121126_080
【龍安寺】
住所:京都府京都市右京区龍安寺御陵下町13
電話:075-463-2216
時間:8:00~17:00
交通:市営バス「竜安寺前」下車すぐ
料金:500円
URL:http://www.ryoanji.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

割烹 凪【京都 四条烏丸】

【2012秋の京都 その10】

12時前にホテルで奥さんと合流。ホテルのある四条烏丸界隈は飲食店が点在していてお昼は地下鉄駅へ向かう途中の「割烹 凪」で平日ランチを。

急に変更した予定なので予め決めていた訳ではないが、道路に出ていた案内と店構えだけで。12時前ならサラリーマンとかで混まないかと思い入ったが12時過ぎても数名来た程度、まぁ800円でも日常のランチではもったいないのか。

121126_009
121126_008
で、800円のランチメニューは5種類。日替わり(この日は鉄火丼)、お造り、牛皿、うな丼、天ぷら。σ(^^)は「お造り」、奥さんは「牛皿」を。σ(^^)は+200円で味噌汁を「ミニ天ぷらそば」に。あまり面白みのない選択だが、まぁ急な変更だから。

でも小鉢の蕪と野菜の煮物の味とかは薄味で関東の定食屋のそれとは違う。蕎麦の汁も関西風の色の薄い汁。

121126_006
121126_007
121126_005
数軒隣に同じく平日ランチで「おばんさい定食」なんて看板を出していた店も有るし、色々探索も楽しそう。

【割烹 凪】
住所:京都府京都市中京区錦小路通烏丸西入占出山町315-1
電話:075-213-0369
時間:11:30~14:00、17:00~22:00
休み:日祝
料金:ランチ800円(ミニ天ぷらそば付き1,000円)
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真如堂【紅葉2012】

【2012秋の京都 その9】

一旦朝食を食べにホテルへ戻る。今日の日程を奥さんに聞くと「昼くらいまでは雨が強いので午前中は見合わせる」と・・・大変常識的な判断だ。

で、そう云う常識を持ち合わせてないσ(^^)は再び一人で外出。移動含めて3時間無いし普段行かなそうな場所と考えて「真如堂」へ。銀閣寺~哲学の道~永観堂の鉄板ルートから少し外れているので人も少ないかなぁと。

市バスに乗って「真如堂前」へ。そこから少し急な坂を5分くらい上がると境内の東側へ。

121126_045
ここも三連休はそれなりに混んだだろうが雨の平日の午前中、個人客はちらほら。ツアーなのか観光バスの団体さんが来ると少し賑わう程度。

紅葉を眺めるには快晴が一番だが雨は雨でしっとり濡れて風情がある。カメラを濡らさないように気をつけながら撮影。

そしてこちらは本堂は拝観料を取るようだが境内と回廊の一部なら無料と云うのも有難い。

121126_046
121126_048
121126_047

121126_049
121126_051
121126_050
121126_057
121126_058
121126_053
121126_054
121126_055
121126_056
11時近くになり雨も激しくなってきたので撤収する。帰りは北門から「錦林車庫」へ出て地下鉄の今出川駅へ。

121126_052
【真如堂(真正極楽寺)】
住所:京都府京都市左京区浄土寺真如町82
電話:075-771-0915
時間:9:00~16:00
交通:市営バス「真如堂前」「錦林車庫」下車徒歩8分
料金:500円(境内は無料)
URL:http://shin-nyo-do.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都御苑【紅葉2012】

【2012秋の京都 その8】

「京都御苑」と「京都御所」・・・よく判らないが、「御所」は天皇陛下が住まわれた建物で「御苑」はその一体の敷地(公園)のことらしい。なので「御苑」には「京都御所」と「仙洞御所」が含まれていて東西700m、南北1,300mと広大な公園、年中無休24時間オープンと。「御所」の方は事前に申し込みとか必要な場所。

奥さんが寝ている朝のうちに地下鉄に乗って2駅、丸太町駅へ。出口を出れば直ぐ目の前が「京都御苑」。

121126_038
ただ「紅葉見頃」と出ているがこの広大な敷地の中でどの辺りかは不明。なので当初は南から北へ散策しながらと予定していたが・・・雨だ。今日は夕方まで降るらしい。

121126_039
121126_043
なので南西の「間ノ町口」から入って拾翠亭、九条池周辺だけ見て撤収。でもこの辺りだけでも綺麗な紅葉が見られたのは有難い。

121126_040
121126_041
121126_042
121126_044
【京都御苑】
住所:京都府京都市上京区京都御苑3
電話:075-211-6348
時間:24時間
交通:地下鉄「丸太町駅」下車徒歩1分
料金:無料
URL:http://www.env.go.jp/garden/kyotogyoen/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.25

青蓮院門跡【紅葉2012】

【2012秋の京都 その7】

紅葉のライトアップを眺めてからゆっくり夕飯と食事をしてから眺めに行くと2パターン有るが、前者は混むと聞く。写真を撮るにも日が暮れかけて空の青さが残る頃の方が綺麗だしね。

って事でσ(^^)達は後者を選択したので食事が慌ただしくなってしまった。東山駅を出て案内に従い信号を右折、坂を上がると「青蓮院門跡」・・・日曜だけど20時過ぎなので日帰りの人も帰ったのか空いてます。

121125_055
こちらは靴を脱いで青いLEDで幻想的に照らされた庭を見た後に靴を履いて普通のライトアップの庭、上の竹林、最後に最初に見た青い庭の反対側へ出て帰る一筆書きコース。

お寺の庭としては普通にライトアップされた方がメインなんだろうけど青く照らされた庭の方が有名か。
この青い照明は点灯しっぱなしではなく点いたり消えたり演出が有り、明るさも控えめ・・・暗くて手ブレも問題だがピントも合わない。レンズを2.8通しの17-50mmに変えてピントはマニュアルで。こうなるとデジイチじゃ無く連写合成の「手持ち夜景」の方がいいな。

121125_057
121125_058
121125_029
121125_030
後半の庭も照明は普通だが明るさは変化させての演出。この庭を眺めながら暗い部屋でお茶を飲む趣向も有った。

121125_059
121125_060
121125_065
そして階段を上がり庭を見下ろす場所へ。その裏の竹林が綺麗に照らされて。

121125_063
121125_061
121125_062
121125_064
ひとつの寺で青い庭、普通の庭、竹林と3つのライトアップが見られるので人気と云うのも判るなぁ。

【青蓮院門跡】
住所:京都市東山区粟田口三条坊町69-1
電話:075-561-2345
時間:18:00~22:00(21:30受付終了)
交通:地下鉄「東山駅」下車徒歩5分
料金:800円
URL:http://www.shorenin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀甲屋【京都 烏丸御池】

【2012秋の京都 その6】

この日の夕飯は前もって予約しておいた烏丸御池の「亀甲屋」さん、ジャンル的には京風のおばんさいを出す和食処と居酒屋の中間か?
他の時期だってそうだろうが人気の食事処は事前予約が吉です。そりゃ、そろそろ食事でもと思った場所と時間で良さそうな店を見つけてすんなりと入れれば問題ないが、旅先で良い店を嗅ぎ分けて入るのは至難の業でしょ。

地下鉄駅から御池通りを東に進み、ギンモンド京都の先を右折して数軒先の左側。ホテルが目印なので判りやすい。

121125_020
こちらの店を選んだ理由は「引き上げ湯葉(小)1,000円」が食べられると。作り方は知っているけど実際に自分で作って食べる機会はそれほどない。

下に燃料を入れた鍋の中には乳白色の豆乳が。温まると上に膜が張るので竹ひごで引っ掛けて食べると。
そのまま待ってても良いが、膜が出来始めたら団扇で扇ぐと早く出来るよと。

1回に出来る量はそれ程でもないのでほんの一口ずつであるが出来立てをすくって醤油にちょいっとつける。口に入れたら一瞬で消える量なので味わいつつ次のために扇ぎつつ。

121125_021
121125_024
もういいかなぁと思った頃に店員さんにお願いするとニガリを入れてくれて数分で豆腐が出来る。出来たての豆腐もなかなか食べる機会はない。豆の青臭さなど無く甘さと香りを満喫。

121125_027
121125_028
他に頼んだメニューは「カラフル生麩のオリーブオイル焼 720円」「へしこ鯖 730円」「ポテトサラダ 430円」「穴子ときゅうりの酢の物 530円」、この後ライトアップを見に行くので長居できないから量は少なめ。

「カラフル生麩のオリーブオイル焼」は生麩自体を普段食べない関東人からすると美味しい上に目新しくて楽しい。

121125_025
「へしこ」はもう少し締まったものと思っていたがこの店は生に近い浅漬タイプとのこと。これも関東ではあまりないかな?日本酒が進むので要注意。

121125_022
「ポテトサラダ」と「穴子ときゅうりの酢の物」は特に京都ならではって訳ではないが、ライトアップを見に行く都合で早めに出来そうな品で。

121125_023
121125_026
って事でわざわざ予約して行った割にはそれ程飲み食いしなかったので飲み物は2杯ずつで会計は3,000円/人ちょっと。もう少し堪能したかったなぁ。

でもこんな客でも会計して店を出る際にお見送りはギンモンド京都の角を曲がるまでと申し訳ないくらい丁寧、ごちそうさまでした。

【亀甲屋】
住所:京都府京都市中京区高倉通御池下ル亀甲屋町601
電話:075-221-1270
時間:17:30~23:00
休み:不定休
料金:引き上げ湯葉(小)1,000円
URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kikkoya/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィアイン京都四条室町【京都 四条烏丸】

【2012秋の京都 その5】

前のエントリーに書いたが、今回の宿は「ヴィアイン京都四条室町」、JR系列のビジネスホテルで「京都芸術センター」の斜向かい。地下鉄「四条駅」、阪急「烏丸駅」から徒歩5分程度で付近はオフィス街の感じだが飲食店等も多数有る。

121125_002
121125_003
昼に荷物を置きに行った際にチェックインも済ませて2人なのでカードキーも2枚貰えた。これって1人でぶらぶらする時に有難いよね。
部屋は6Fの641号室、南西の角です。運が悪いと窓が無い(or向かいが壁)と聞いていたので2面窓は嬉しい。まぁ景色はどれ程でもないが。

121125_005
121126_001
121126_002
室内はそれ程広くはない、ベッドが2つ、TV、小さめの冷蔵庫、空気清浄機と加湿器、除菌スプレー、ドライヤー、ティファールの湯沸しと寝るだけと思えば必要十分。

欲を云えば冷蔵庫に冷凍室が無いことと、デスクの空きコンセントが1つなので携帯とデジカメって感じに複数充電したい時に不便なこと。(σ(^^)は分配コンセント持参)

有線LANの口も有ったが試さなかったので速度等不明、1Fロビー前には自由に使えるパソコンが2台有ったのでネットはそれで足りたし。

121125_012
121125_013
121125_016
121125_017
121125_018
ユニットバスのシャンプーがこのクラスには珍しくリンスインじゃ無かったなぁ。

121125_014
121125_015
自販機コーナーは市価とほぼ同等かちょっと高い程度、まぁコンビニも近くにあるしね。(350ml缶ビール250円)

121127_000
121127_001

基本素泊まりでサービスの直食が付く。7時~9時半に1Fのこちらで。
内容は焼きたてパンとサラダ、コーヒー、紅茶、オレンジジュース程度(写真がほぼ全て)なので1泊朝食付と思うと貧弱だが1泊素泊まりにサービスで付いたと思えば十分。

121125_019
121126_004
121126_003
因みにパンは自前で焼きたてらしく紅茶のクロワッサンなんか美味しかったなぁ。もしこれで嫌なら素泊まりと思ってそれこそ前田珈琲の本店へ行ってみるとか。スペシャルモーニングは900円と。

フロントの対応も良いし、何処へ行くにも便利な立地だし、付近に飲食店も多いので観光の拠点には良いかと。

【ヴィアイン京都四条室町】
住所:京都市中京区室町通錦小路上ル山伏山町551-2
電話:075-256-6111
時間:in15:00~、out~10:00
交通:地下鉄「四条駅」、阪急「烏丸駅」下車徒歩5分
料金:ツイン1泊11,600円/室
URL:http://kyoto.viainn.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隨心院【紅葉2012】

【2012秋の京都 その4】

醍醐寺から随心院へは「醍醐コミュニティバス4号線」で10分程度、遠回りする路線なので急ぐなら途中で降りて歩いた方が良いのか?道路も混んでないのでそのまま乗って行ったが。こちらは普段通り2本/時なので醍醐寺拝観前に時刻表をチェックしておく。

拝観終了が16時半とでているお寺に16時頃到着、ただそれ程大きなお寺ではないので大丈夫。

121125_053
121125_047
121125_054
121125_048
靴を脱ぎ、廊下を進み庭園の奥に紅葉が。
部屋から額縁のように眺める景色もなかなか。混んでいたらこのアングルは無理だよね。

畳に座ってのんびりと眺める贅沢さ。

121125_049
121125_052
121125_051
121125_050
【隨心院】
住所:京都市山科区小野御霊町35
電話:075-571-0025
時間:9:00~16:30
交通:地下鉄「小野駅」下車徒歩5分
料金:400円
URL:http://www.zuishinin.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

醍醐寺【紅葉2012】

【2012秋の京都 その3】

今日は三連休最終日、快晴で絶好の紅葉狩り日和・・・多分混むよね。数年前に土日で来た時は嵐山や永観堂、東福寺へ行ったので想像が付く。実際、この日も夕方の嵐電などで積み残し出たと後で聞いたし。

って事で素人考えながら春の桜が有名で紅葉での注目度が低そうな「醍醐寺」へ。地下鉄があるので実際は遠くないけどエリア的に人気スポットからも離れているし。

烏丸御池から地下鉄に乗って東山や蹴上で乗り降りする人の数に驚いたが醍醐駅で降りたのは数名程度。
普段は2本/時の「醍醐コミュニティバス」がこの時期の休日は10分間隔でシャトルを出しているので1日券300円を買って乗車、1回200円なので2回で元が取れる。

121125_031
121125_010
121125_011
醍醐寺は有料エリアが「三宝院」「霊宝館」「伽藍」と3つ有って、それぞれ600円。2ヶ所共通が1,000円、3ヶ所共通が1,500円と全てを見ると高い。
「三宝院」は「醍醐の花見」で有名なところで庭園も見事らしいがエリア内撮影禁止と。「霊宝館」は資料館だと云うし、時間がないので「伽藍」のみを。

門を入ってすぐ左手が「三宝院」、塀越しに紅葉を。唐門はちょうど光が反射してなかなか綺麗。

121125_046
121125_045
121125_032
121125_044
そのまま真っすぐ進んで仁王門のところで「伽藍」拝観料を払い中へ。
紅葉はその先の五重塔(国宝、京都府に現存する最古の木造建築物)の下と奥の弁天堂付近が見所。

121125_033
121125_034
121125_035
特に池に映る弁天堂と紅葉の景色は来た甲斐があるなぁと納得する美しさ。

121125_037
121125_036
121125_038
121125_040
121125_042
121125_039
121125_043
【醍醐寺】
住所:京都市伏見区醍醐東大路町22
電話:075-571-0002
時間:9:00~17:00
交通:地下鉄「醍醐駅」下車徒歩13分
料金:三宝院、霊宝館、伽藍 各600円(共通券1,000円、1,500円)
URL:http://www.daigoji.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前田珈琲本店【京都 四条烏丸】

【2012秋の京都 その2】

東京駅を10時過ぎに出発する「のぞみ」で京都へ。座席は全席禁煙だが喫煙ブースが完備・・・飛行機もこうすれば良いのに。

121125_000
12時半頃に京都駅に到着し、四条烏丸のホテルへ荷物を預けると13時過ぎ・・・先ずはお昼ごはんだな。
ホテルの向かいの京都芸術センターにも「明倫店」が有るが禁煙なので喫煙席のある「前田珈琲本店」へ。京都と云うとイノダが有名な気もするがこちらも人気があるらしい。

店は手前がケースとレジ、喫煙席、一段高い場所に禁煙席となっているが土日は喫煙エリアでも右側のテーブルは禁煙で左のソファエリアだけ喫煙可と。

121125_004
121125_008
頼んだメニューはσ(^^)は「赤味噌オムハヤシライス 780円」、奥さんは「ふわふわ焼き玉子サンド 700円」、どちらも+200円でコーヒーが付くので2人ともスペシャルブレンドの「龍之助」を。

オムハヤシはご飯の上にふんわりタマゴのオムレツ、そして味噌風味のハヤシソースと濃厚な品。玉子サンドはゆで卵を刻んでマヨネで和えたのではなく玉子焼きにしてキュウリと一緒にパンに挟む・・・関東では見ないなぁ。

121125_007
121125_006
121125_009
ホテルから徒歩数分と近くモーニングも魅力的だったが今回は寄れなかった、残念。

【前田珈琲本店】
住所:京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル橋弁慶町236
電話:075-255-2588
時間:7:00~20:00
休み:無休
料金:たまごサンド700円他
URL:http://www.maedacoffee.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉の京都で宿予約【紅葉2012】

【2012秋の京都 その1】

紅葉の京都へ行こうって話になったのがGWを過ぎた頃。
数年前にも友人達と行ったが、その時は9月下旬になって出た話だけど宿は運良く公共系が取れたが京都市内だと通常は半年以上前から押さえないとダメと聞く。

なのでGW時点では既に半年を切っていたので楽天トラベルとか探しても殆ど見つからない。旅程は勤労感謝の三連休が金~日って並びで日~火とずらしたんだけど。昼間は観光して出ているから立派なシティホテルじゃ無く安いビジネスホテルでいいんだけど。

空室が有っても「ア●ホテル」なんか通常ならツインが4,500円/人程度なのに12,000円/人だと・・・1部屋じゃないよね。足元を見すぎ、こう云う宿は普段でも泊まらないようにしよう。

で「・・・ツインで検索するから見当たらないけどシングルなら」と条件を変えたら「R&Bホテル京都駅八条口」が6,900円/人で発見。ここも普段なら5,000円/人程度だけど許容の範囲内の値上がりだ、一応確保。

7月半ばになって「JR東海ツアーズ」のオンラインに秋の京都のツアーが掲載された。新幹線+宿のプランなので安ければ・・・と思ったが「からすま京都ホテル」ツインで40,800円と今予約している宿+東京⇔京都の新幹線代と殆ど変わらない。但し往復の新幹線を良い時間で指定すると+4,200円/片道 とか追加がかかり総額5万円近くに。

旅行まで4ヶ月を切った7月末にたまたま日本旅行のサイトを見たら「ヴィアイン京都四条室町」がツイン11,600円/室 で出ていたので押さえて前の宿はキャンセルする。

普段は安いとツインで3,500円/人程度の宿だけど5,800円/人の計算、割増は有るが普段でも週末はそのくらいなので許容の範囲。
別にR&Bホテルのままでも良かったが八条口よりは四条烏丸の方が便利そうだよねって事で変更したが、これ以上安さを求めると後悔しそうな宿になりそう(笑)

って事で5月半ばから2ヶ月以上かけて何とか宿の予約を終了。
予約サイトは早過ぎると予約開始前だし遅いと満室なのでこまめにチェックするしか無いんだよなぁ。

日曜からの2泊なので8月以降もう少し安いプランが出て来るかもしれないが、もう疲れたよ・・・パトラッシュ!

#追記
因みに紅葉シーズン1ヶ月前の10月半ばに「楽天トラベル」や「じゃらん」「JTB」で検索してみたら京都市内は当然のこと、大阪や大津も宿の空きは殆ど無い。有っても1人2万円とかの高級ホテル・・・急な出張の人はどうするんだろう?
まぁ紅葉状況を眺めながら複数予約をして直前キャンセルの人も多少は居るだろうけど。

#追記2
って事で、三連休初日の11/23の朝9時半頃に当日1泊を楽天で検索。京都市内でツイン1人1万円以下は無いけどシングルなら五条の東横インが空いていた。新大阪周辺なら2軒ほど。案外直前ならあるものだねぇ・・・まぁ怖くて予定立てられないけど。

#追記3
泊まった際、フロント横の壁に「来年の11月の予約は12月◯日から受け付けます」の貼り紙が有った。普段でも1年前から電話で直接予約を受け付けているようだが、紅葉、桜、祇園祭などのシーズンは別途ルールを設けていると。
宿は直接予約用、ネット用、代理店用と部屋数を割り振っているらしいので、本気の人は確かに1年前なんだねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.19

さいたま新都心【イルミネーション2012-13年】

今年ももうイルミネーションの季節。
さいたま新都心も11月17日からイルミネーションで飾り付け。点灯式は雨の中だったのかなぁ?翌18日の夜、木枯らし吹く中訪問。

毎年少しずつ変わっていて昨年一昨年は白がベース、今年は2005年以来のブルー基調が復活と。青って寒々しいイメージが有るが近代的な新都心の景色には似合っていてσ(^^)好きだなぁ。

改札前からけやきひろばへ続く道もイルミネーションしているが、やはり圧巻はけやきひろば、書き方悪いが「真っ青」です(笑)

121118_020
121118_022
121118_031
121118_030
121118_023
121118_025
121118_028
121118_027
121118_029
左手奥には「惑星オブジェ」ってのも。これも毎年趣向を凝らして変えているけど子供っぽくなくて良い。

121118_024
吹き抜けの1Fにはツリーが。ツリーは12月25日までで、今年はこの1階にもイルミネーションを施したと。

121118_026
cocoon側も連動してイルミネーションをしているようだが強風の寒さに負けて帰宅する。後日改めて暖かい格好をして来ようと。

121118_021
【さいたま新都心けやきひろばイルミネーション】
住所:埼玉県さいたま市中央区新都心10番地けやきひろば
電話::048-601-1122
時間:17:00~24:00
期間:2012.11.17~2013.2.14
料金:無料
URL:http://www.saitama-arena.co.jp/illumination2012/

因みにお隣の大宮駅は・・・西口のデッキにこのアーチが2つだけ?なんか淋しいなぁ。

121113_000
121113_001
#写真は全てSONYのDSC-TX5「手持ち夜景モード」で撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココファーム収穫祭2012【足利市】

18日の日曜は3年ぶりに「ココファーム収穫祭」へ、旅行等でなかなか予定が合わなかったもので。
前日の17日はさいたま市などは午後から土砂降りだったがこっちはそれほど降らなかったらしい、でも日曜に集中したのかなぁ?8,000人来たって噂。

8:52に足利市駅に着く「りょうもう3号」に東武動物公園駅から乗車・・・満席です。σ(^^)は一週間くらい前に指定席を買ったので問題ないがホームで当日券を買うつもりだった人は駅員さんが手動で発行する「立席特急券」を買っていた・・・そんな券有るんだね。デッキに立って乗ってました。
車内で合流した友人曰く「昨年は当日に北千住駅で指定席買えたけど今年はもう売り切れていた」と。

東武もこの日に臨時特急を走らせているようだけど時間が遅いなぁ。

121118_000
南口ロータリーから臨時バス(片道300円)が順次出るのだけど数分後に到着した各駅停車の客と合わせて長い列に。
9時ちょうど位に列に列んでバスに乗ったのが20分後、バスも現地の駐車場混雑で途中で待機するのでココファームに着いたのは10時くらい。もうその時間で会場は混雑している。

121118_001
121118_017
今年も友人が場所取りをしてくれていたので合流したがステージ正面だけどわりと登った辺り。各自適当にシートを広げるのでさっき通れた通路が帰りには塞がれてたりと傾斜を行き来するのは大変。舗装された道で坂を上がって横移動が安全だね。
あと喫煙所も決まった数ヶ所なので酔って斜面移動は厳しいから頻繁には行けない。

121118_004
121118_006
121118_007
バスに乗るときに入場券(ハーベストキット3,000円)を買ったが、その料金には(1)ワイン等の引換券、(2)収穫祭バッジ、(3)収穫祭ワイングラス(グラスホルダー付)、(4)簡易カラトリーセット(木製フォーク、ナイフ、スプーン、箸 )が含まれている。

121118_002
121118_003
121118_005
引換券は
・できたてワイン750ml(カラフェ入り)
・収穫祭記念赤ワイン750ml(ソムリエナイフとカマンベールチーズ付)
・収穫祭記念白ワイン750ml(ソムリエナイフとガーリックトースト付)
・スパークリングロゼジュース750ml(ストッパーとドライフルーツセット付)
のどれか1つと交換。

できたてワインは持ちだし厳禁なのでここで無いと飲めない。ただ引換出来るのはロゼだけだったみたいなのでσ(^^)は白ワインと交換。甘口なのでワイン好きからは評価が低かった。

121118_008
ブースで売っている「できたてワイン」はロゼ、白(クリア)、白(混濁)の3種類。クリアの白が仲間内では評判良かったかな?σ(^^)はもう少し甘めの混濁白が好き、見た目はアップルジュースだよね。

121118_015
快晴で気持ちが良いけど風が強い。木の葉が降ってきて代わりに皿とか袋とかが飛んでいく。ダウン着てくれば良かったなぁ。通路にはボトルやブドウの着ぐるみのスタッフがいて雰囲気を盛り上げている・・・あれ暖かそうだな、着たいかも。

121118_016
121118_013
ツマミ類は原則持ち込み禁止。ただ割りとルーズな感じで持ち込んでいる人も多数。
もちろん下のブースへ買いにも行くけど混んでいて行列ですね。フランスパン380円は毎年入ってすぐのテントで売っているが毎年行列。
ガレット800円、炭焼きメキシカンチキン600円、炭焼き骨付きソーセージ500円、美味しそうなんだけどね。キッシュ500円はそれほど並ばずに買えたけどちょっと小さいかな?

121118_010
121118_012
121118_011
並ぶと云えばトイレ・・・大行列です、特に午後は女性用が長蛇の列。1時間待ったって誰かが云ってた。

詳しい経緯は知らないが俳優の勝俣州和さんは毎年参加している。今年もステージで何度か乾杯の挨拶を。「嬉しい便りがありました、昨年収穫祭で出会ったカップルが今度結婚しますと手紙が来ました、なので乾杯の言葉を『おめでとう』に」と・・・実はすぐ近くのグループにそのカップルがいた。暫くしたら勝俣さんがそこへ来てました。なんかいいねぇ、こういう感じ。

多分、酔っぱらいの数なら12月の新宿駅の方が多いかもしれない。でも単位面積あたりの泥酔者はきっとこっちの方が多いのでは?と思わせるくらいに皆さん昼間っから飲んで酔っ払って寝込んで。ヌーボー解禁日に酒屋で買って部屋で飲むのも良いけどこれだけ大勢の人がただワインを飲むために集まるってすごいなぁ。

121118_014
もう少し早めに帰るつもりだったが、帰りのシャトルバス乗り場に着いたら14:40、そこからバスに乗るまでは40分待って、乗って20分で足利市駅へ。結局行きも帰りも列に列んでから着くまで1時間はかかるんだよなぁ。4人居ればタクシーも2千円程度というからそれも有りだよね。

121118_018
帰りは各駅停車に乗って羽生駅で途中下車。駅から徒歩5分程度、ベルクの裏にある「華のゆ」で温まって帰路に。「華のゆ」は土日1,000円するけどホテルの大浴場兼ねていて綺麗だしお湯もゴム臭のする特徴のあるお湯で嬉しいが寄る時って大概ココファームの帰りなので記憶が曖昧(笑)

121118_019
【ココ・ファーム・ワイナリー】
住所:栃木県足利市田島町611
電話:0284-42-1194
時間:10:30~15:30
期間:11月の第3日曜日とその前日(2012年は11月17日~18日)
料金:ハーベストキット3,000円
URL:http://www.cocowine.com/index.shtml

収穫祭は今年で29回目、来年は区切りの良い30回目なので今から楽しみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.11.11

岩槻駅改築計画その後【岩槻】

去年の9月に書いたエントリーの続き。

地下鉄延伸は「現状では見送り」って事になったらしいが、岩槻駅の改築工事は秋になって少しずつ進んでました。

小さな建て看板だった改築予想図が改札出た正面に大きなものに。

121103_000
121103_001
121103_002
121103_003
大宮方面のホームの春日部寄り、トイレの辺りに臨時の改札口を造ると。来年の2月頃には利用開始とか。でも階段が今のままだとホームが物凄く混み合いそうだ。

駅前ロータリーの花壇には観光客向けの立て札が。

121110_000
121110_001
121110_002
121110_003
・・・七夕の短冊じゃ無いんだから願い事はどうかと(笑)

121110_004
来年度には野田線に新型車両導入らしいし、スカイツリー行きの臨時電車も走らせているので少しずつでも活気が出るといいな。
#写真は旧塗装の8000系、12月からは634型スカイツリートレインってのが大宮から走るらしい。

120902_000_2
120930_000

| | コメント (4) | トラックバック (0)

粟野川に沿って【紅葉2012年】

11日の日曜は前日とうって変わって・・・曇天、夕方からは雨だって。

当初は家でゴロゴロしてようかと思ったが折角なので温泉へ入りに鹿沼へ。「前日光つつじの湯交流館」って公営の施設が山の中に有るけど人気と聞くから。

行きは都賀ICで下りてナビの案内に従って。これが晴れてて時間に余裕が有るなら古峯神社経由で行こうかと思ったがこの天気だし。
ただ、つつじの湯へ行く県道は粟野川って川に沿って山の方へ行くのだけど、途中から紅葉も見頃に。

川に沿って奇麗なポイントが点在しているけど車を停められる場所は限られている。温泉手前1kmくらいまでは狭くても自家用車同士ならすれ違える道だけど最後の1kmくらいはすれ違い注意&坂道。

121111_003
121111_004
121111_005
121111_006
121111_007
121111_008
121111_009
121111_010
121111_011
121111_012
まぁそんな中、数枚撮影して温泉へ。

駐車場はほぼ満車状態、人気とは聞いていたが鹿沼や栃木の市街地からだと40分くらいは走ると云うのに。

121111_000
もう13時くらいなので先ずは昼飯を。入って右側の食堂へ。ここも満席で相席させて貰いました。
頼んだメニューは「天もりそば800円」、こう云うところへ来たなら海老よりも野菜天だよね。しいたけが美味しかったなぁ。
蕎麦もコシが有って辛めの汁と合って温泉の食堂にしては上出来。ニラ蕎麦なんてのも有る様でもり蕎麦の上に緑のニラが載っていた・・・美味いのかなぁ?

121111_001
温泉は駐車場や食堂の混み具合からすると空いてる方か?多分、休憩所で休んでるのか?男女に分かれる場所に受付があってそこで自販機で買った券を出す仕組み。なので食堂だけなら入浴料は要らない。再入浴希望者は手にスタンプだと。

無料の貴重品ロッカーが有ったが埋まってた、脱衣所のロッカーは今どき珍しい100円飲み込み式。あとはカゴだけ。入浴料100円UPしてもいいから無料ロッカーがいいなぁ。

で、温泉は循環併用らしいけど塩素臭はさほどせず。内湯は窓が大きく開放的、木の枠でなんか落ち着く。
露天は右側は浅く寝湯状態、ゆっくり浸かれるのは左側だけだけど玉子臭もほのかにして悪くないかな?ph9.9と云うほどのツルスベ感は無いが。

露天の正面の木は紅葉見頃、なかなか良い雰囲気です。

【前日光つつじの湯交流館】
住所:栃木県鹿沼市入粟野994-2
電話:0289-86-1126
時間:10:00~21:00
休み:火曜
料金:500円
URL:http://www.city.kanuma.tochigi.jp/12,2647,136,493.html

帰りは別に未だ高速は渋滞してなかったけど下道で。栃木ICの前を通過したのが15時で、加須ICのすぐ脇が16時と丁度1時間。そこから122号に出てさいたま市へ帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.06

山十旅館【摺渕温泉】

秋の紅葉旅行で泊まった宿は温泉仲間から数年前に「お湯がいいらしいよ」と教わっていた宿。
ネットで検索しても簡易な公式サイトと「じゃらん」のページくらいしか情報がない。(それ以外の情報は個人のblog等で3ヶ所くらいかな?)

1泊2食付きで角部屋プランは8,500円/人、他の和室(10畳+10畳)なら8,000円/人と格安・・・ちと安すぎで、部屋の風呂も温泉と。
この辺りで宿泊を考えていたので予約してみた。

場所は国道120号の「山のレストラン水芭蕉(わたすげの湯)」から角を曲がって数分入った場所、武尊根小学校の近くで老人ホームの桜花苑の角を曲がった坂の上に建っている。

121029_005
121028_005
部屋は全部で5室、ツインとダブルの洋室が各1と和室が3つの小さな宿。
フロント前にいきなり卓球台、その右手にトレーニングマシン、その奥が男女別の浴室。

121028_017
121028_016
部屋は全て急な階段を上がった2階、今回予約したプランは8畳+12畳の角部屋プラン。8畳の方には既に布団が敷かれてて、12畳の方はコタツが用意されている。
窓からの景色は片側は老人ホームが目障りだけど別な方はなかなかの景色が広がる。

121028_024
121028_015
121028_008
121028_007
121028_006
121028_012
121028_013
洗面とトイレが広い1つの個室の両脇に有り、部屋の風呂はそこを通らないと行かれない妙な造り。
トイレはウォシュレットで無く、洗面もお湯が出ないのはマイナス点。
部屋の風呂も温泉と云うが湯を入れてから入れるようになるまで1時間はかかるし、家庭用の追い焚き機能無しと一緒なので一旦入れても数時間後には冷めてしまい使い勝手は良くない。

あと部屋にあったのは金庫、テレビ、エアコン、ファンヒーター、冷蔵庫、保温ポット。

121028_009
121028_010
121028_011
121028_014
温泉は男女別の内湯と露天風呂、5部屋の宿なので小さめです。内湯でも3人、露天は2人が限度かなぁ。知らない人とだと2人、1人くらいか。
お湯はアルカリ性単純泉、源泉が36℃なので加温とその際に循環をしているらしいが内湯から溢れたお湯は露天に流れる仕組みなのでほぼかけ流しに近いかと。
そして聞いた通り、お湯はツルスベ感のある良いお湯。

露天へ直接注がれているお湯もあるがこの時期だと露天はぬるくて長くは浸かっていられない。入浴してない時は家庭用の保温シートで蓋をしているんだけどねぇ。

121028_020
121029_000
121028_022
食事は1Fの広間へ。部屋ごとに御膳をまとめているが小さな宿な分、他人の話し声が嫌でも気になる。これが何十組も一緒ならワイワイガヤガヤで気にならないんだけどねぇ。結局、奥さんと殆ど会話もなく黙々と食べることに。

料理は鍋、刺身、川魚の塩焼き、天ぷら、酢の物、煮物、漬物が最初から並んでる。なので魚と天ぷらは多少冷え気味、後から茶碗蒸しとうどん、最後にデザートのりんご。ご飯はジャーから各自ご自由に。

121028_025
121028_033
121028_026
121028_027
121028_028
121028_029
121028_031
121028_032
121028_034
121028_035
う~ん、値段が値段だから贅沢を云うのはあれだけど、工夫が欲しかったなぁ。熱々の茶碗蒸しの具はカニカマだけだし、デザートもりんごを切っただけ。
材料にお金をかけなくても刺身を止めて鍋にキノコたっぷりにしてみるとかメリハリを付けた方が満足感は上がるかと。
デザートのりんごもシロップ煮にするとかアップルパイにするとか。

朝食も同じ場所で。
朝食の内容はごく普通だけどこの値段なら文句はない。玉子焼き、ウィンナ、生野菜、塩鮭、焼き海苔、納豆、梅干し、佃煮、みそ汁はナメコ。

121029_001
121029_003
宿に求めるものは人それぞれで、1泊3万も4万もする宿が当然の人もいれば出来れば1万円前後って人もいる。
この宿は値段は安くてお湯は悪くないし、部屋は物凄く広いけどσ(^^)個人の感想だと落ち着けないかなぁ。若女将が話しすぎる感が有るし、もう一度泊まりたいと思わせるものが無い。泊めて貰ってネガティブなこと書くのもなんだけど。

スキーの宿とか別な目的で安く泊まるには良いのかもしれないが。

【摺渕温泉 山十旅館】
住所:群馬県利根郡片品村摺淵279-3
電話:0278-58-2668(8:00-21:00)
時間:in15:00~、out~10:00
休み:-
料金:ファミリープラン(8畳+12畳の広々した和室の角部屋)8,500円/人
URL:http://www7a.biglobe.ne.jp/~yamajyu/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.11.05

シャンゴ問屋町支店【高崎】

榛名湖から県道28号で高崎へ抜ける。途中で蕎麦屋でも有ったらと思ってたが見つからずに高崎環状道路へ。右手に先日寄った「シャンゴ」の本店が見えたので「じゃぁ何処かでUターンして・・・」と思ったら左手にも「シャンゴ」が。問屋町支店だそうです。

121104_002
1人だし単品メニューのボリュームは?と思って「きのこのガリックカルボナーラ」をMサイズ(200g)で注文・・・上から見るとよく判らないけど横から見るとよく判る。

にんにくがそこそこ効いていて美味しいなぁ。家でも真似てみようかな?

121104_000
121104_001
【シャンゴ問屋町支店】
住所:群馬県高崎市問屋町1-11-8
電話:027-363-1811
時間:11:00~22:30
休み:火曜
料金:きのこのガリックカルボナーラ(M)810円
URL:http://www.shango.co.jp/index.html


食後は温泉へ、久しぶりの「湯都里」です。高崎ICからすぐだし、ゴム臭のする湯が露天はかけ流しと。

121104_003
17時までには帰宅したいし、帰りの渋滞を考えたら長居出来ないが本当はのんびりと数時間居たいかと。

15時に「湯都里」を出るときに見た道路情報では鶴ヶ島の手前でちょっと渋滞の表示だったが高速に乗ったらすぐに「上里SA渋滞2キロ5分」と。その先も本庄児玉の手前で「この先渋滞7キロ15分」なんて出ていたのでためらわずに本庄児玉ICで下りる・・・1区間しか乗ってないや、堪え性のない奴です。

でも裏の方と254号をコソコソ走り17時には17号宮前JCTに到着できたのでOK、もう1時間遅いと高速の渋滞はもっと伸びていたので高崎からずっと下道になるところだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

榛名湖【紅葉2012年】

伊香保は数回来たことがあったが榛名湖は初めて。
ナビに従って坂道をグングン登っていくと急に一直線の道路に出てカルデラの内側に入った実感が沸く。

駐車場は分散しているらしいので先ずは手前のビジターセンターの辺りに停める。11時前では停める場所を探すのに多少手間取る。

榛名富士って名前は聞いていたが確かに立派な形しているねぇ。馬車やら乗馬やらも出来るらしく馬がウロウロ。

121104_016
湖畔に出たが一面真っ赤と云う訳ではなく全体的に色づいている感じか。快晴なので日差しが湖面に反射してキラキラと。皆さん、ボートに乗ったり弁当広げたり。

121104_017
121104_019
121104_024
湖に沿って遊歩道があるので少し行ってみる。栗のイガが沢山落ちてるけど殆ど中身が無い・・・人間がチマチマ拾うには手間すぎるから小動物かな?

少し歩いたら綺麗に紅葉した木が有ったので撮影して駐車場に戻る。

121104_025
121104_020
121104_021
121104_022
121104_023
当初は湖畔を一周してみようと思っていたが、既に周回道路は渋滞気味。単にこの近辺だけなのか、ここから先も混んでるのか初めてだと判らないので12時前だけど大人しく帰路に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊香保温泉【紅葉2012年】

11/3~4の土日は快晴の行楽日和・・・土曜はいつも通り出勤だけど。で、土曜の夜に「明日は夕方の買い物までは好きに出かけて良い」の奥さんからの許可を貰ったので紅葉が見頃という伊香保方面へ。

7時にさいたま市の自宅を出発。前日は大渋滞だったらしいが日曜は問題なく9時過ぎには伊香保温泉へ。
伊香保って過去数回しか来たことがなく、それも大概下調べ無しで急に決まって寄った程度。今回も当日の朝に急に決めて駐車場の場所確認だけ。

徳冨蘆花記念文学館ってのが石段下の先に有って2時間までは無料だと。伊香保温泉の駐車場って数カ所に分散していて大きな場所は少ないようだ。

σ(^^)の停めた場所も9時過ぎなら余裕で空いていたが戻った10時半頃では満車で待つ車も。紅葉見頃と書かれていた「河鹿橋」の駐車場は20台程度だし到着時に既に満車。目的地がここだけならそれでも坂道を考えたら上に停めたいが石段通って一周を考えると結局上でも下でも1回は坂道を登ることに。

バス折返所脇から川に沿って坂を上がる。遠景の山は既に雪景色。

121104_009
121104_008
121104_007
河鹿橋は綺麗に紅葉した木も有るがこれからの木も有るのでもう暫くは楽しめそう。夜はライトアップして綺麗だと何処かのオバサンが力説していた。

121104_011
121104_012
121104_013
121104_010
もう少し上流に公共露天風呂があるが未だ営業開始前なので石段を下りることに。

元祖湯の花まんじゅうの「勝月堂」はもう行列してたなぁ。
「石段の湯」は既に営業開始してたけど内湯だけだしなぁと入らず。

121104_014
121104_026
121104_015
121104_027
今回も下調べ無し、1時間強の訪問だけど一度はゆっくり来てみたい温泉地ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »