« 御宿 万葉亭 その1 部屋・食事【中ノ沢温泉】 | トップページ | 老麺 まるや【喜多方】 »

2013.01.30

御宿 万葉亭 その2 温泉【中ノ沢温泉】

《2013年冬の温泉旅行 その4》

温泉は沼尻から引湯したph1.9の強酸性の湯と。「硫化水素含有酸性明ばん緑泉」と書かれているが距離が有るので硫化水素臭はほぼしない。浴槽の下に白い湯の華がうっすら見えるが無色透明なお湯で舐めると酸っぱい。

そのお湯を使う内湯と露天は総木造で浴槽はヒノキ、床と壁はヒバと。何かの拍子でその写真を見てひと目で気に入ってこの宿を選んだ訳だ。

廊下の突き当たりにある浴室は手前が男性、奥が女性で入れ替えは無し。夜中も通しで入浴できるので夕飯で飲んだ後に一旦寝て夜中に入ることが可能。飲んですぐの入浴は危険なので軽く飲んだにしても数時間置いて夜中に入れるってのはポイント高い。

130126_011
内湯は大きく、窓も大きいので開放感は高い。木製の浴槽って寄りかかった時に首とか肩の感触がいいんだよな。
洗い場は個人毎に仕切りが有り飛沫への配慮が有る。まぁ今回は5回ほど入浴したが他の客と会ったのは2回だけだったけど。

130126_036
露天は内湯のドアを開けたらすぐ。これが遠かったり一旦着替えてだったりすると面倒なので有難い。
大きさはのんびり浸かるには4人程度か?もう少し大きいと嬉しいが部屋数少ないからこれで良いのか。

130126_017
130126_018
130126_019
こんな天気だったので屋根が有っても露天に浸かっていると頭や顔に雪が容赦なく襲ってくる。なのでちょっと落ち着けなかったが雪景色を眺めながらの入浴は気持ちが良い。この為に来たんだから。

前のエントリーに「この宿にまた来たいと思わせる料理が・・・」と書いたが、この温泉は「また来たい」と思わせる湯&浴槽です。

御宿 万葉亭【中ノ沢温泉】
住所:福島県耶麻郡猪苗代町中ノ沢温泉
電話:0242-64-3789
時間:in15:00~、out~10:00
休み:
料金:週末19,050円(2名1室)~14,850円(4名1室)/人
URL:http://www.manyoutei.jp/index.html

|

« 御宿 万葉亭 その1 部屋・食事【中ノ沢温泉】 | トップページ | 老麺 まるや【喜多方】 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/56662579

この記事へのトラックバック一覧です: 御宿 万葉亭 その2 温泉【中ノ沢温泉】:

« 御宿 万葉亭 その1 部屋・食事【中ノ沢温泉】 | トップページ | 老麺 まるや【喜多方】 »