« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の5件の記事

2013.02.27

てんてけてん【日進】

世はおしなべて315円。

イオン大宮の近くで「全品300円」の看板が目を引く居酒屋、実際は税込で315円/品。お通しもドリンクも肴も315円と。
暫く前に大宮の駅前で全品270円の居酒屋へ行ったが「値段相応だなぁ、金欠の学生さんとかにはいいかな?」って感想でそれ以降は行ってないが、別系列の店だしもう数十円高いし寄ってみた。

130226_007
店内は通された席は個室風なので落ち着ける。トイレ行ったりしなかったので他の席は不明だけど。
テーブル上にディスプレイが有り、タッチパネルで注文。前に行った均一居酒屋もこのパターンだったなぁ。人件費削減になると聞くけどそう云うものか。

130226_015
130226_008
この「均一居酒屋」は他店ではもう少し安いメニューも高いメニューも平均してオーダーが出るように組み合わせて成り立っているんだろうね。枝豆や漬物とかなら280円とか有るし(質や量が一緒かは不明だけど)

で、今回頼んだメニューは・・・

・お通し:頼んではないけどね(笑)
・山いものサクサク揚げ:ボリュームも有るし、これは良かった。塩で食べる。
・鶏皮ぽん酢:キュウリが無いのは価格の縛りのためか?
・青森つるつるワカメ:お酢がもう少し効いていれば。でも珍しくて美味しい。
・北海道カレー鍋:1人鍋だけど野菜たっぷりだし2人で楽しめた。
・鶏っこ(つくね)2本:2本で315円、まぁ普通。
・鶏っこ(もも)2本:こちらもまぁ普通。
・京生麩のカルパッチョ:生麩と肉を交互に。量は無いけど美味しかった。
・牛スジとネギのお好み焼き:大きいけど薄いので見た目ほどのボリュームはないが食べやすい。
・穴子と梅ちりめんのお茶漬け:〆の定番だけど量も味も満足。
・スパムおにぎり:珍しいし、美味しかった。

130226_009
130226_010
130226_011
130226_012
130226_013
130226_014
130226_016
130226_017
ドリンクは乾杯に中ジョッキ(スーパードライ)をそれぞれ頼んで互いにもう1杯ずつ。日本酒、焼酎、サワーなど種類はそれなりに有る。

ドリンク2杯ずつ飲んで計16品(お通し含む)なので5,040円=2,520円/人。
初めてなので面白がってあれこれ頼みすぎたし「300円だからね」ってついつい多めに注文しちゃったのも事実。

個人的には最初に書いた大宮駅前の店より数十円高いだけだけど変わったメニューも有るし、味もそこそこで満足度は高かったかな?あくまでも「普段使いで夕飯の代わり」でだけど気に入ったかも。

【てんてけてん さいたま日進店】
住所:埼玉県さいたま市北区日進町2-1-1
電話:048-652-8333
時間:17:00~24:00(11:30~15:00のランチは315円に非ず)
休み:無休
料金:315円/品
URL:http://www.g-taste.co.jp/tenteketen/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.05

おおぜき中華そば店【恵比寿】

六本木に滞在して美術館と展望台を眺めていたのは1時間程度。やはり明日以降の仕事を考えると長居はできない。恵比寿に出て「おおぜき中華そば店」って店で「にぼしそば 750円+大盛り100円」を食べる。

昨年春に青森で食べて以来「煮干系ラーメン」にはまってます。
駒沢通りから看板に従って曲がると正面に神社が。これがなかなか雰囲気が良い。

130204_007
130204_010
その手前の右側がお店。20時半過ぎに入店したら先客0人、後から3人くらい入ってきた。
うんうん、確かに濃厚な煮干の味と香り。都内はこう云う店があちらこちらに有るのでその点では羨ましい限りだ。

130204_008
130204_009
【おおぜき中華そば店】
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-9-4
電話:03-3780-3116
時間:11:30~22:00
休み:日曜
料金:にぼしそば750円他
URL:

ラーメンを食べ終えて帰路に・・・あれ?埼京線運転見合わせ?

仕方がなく山手線に乗るが乗換の渋谷、新宿、池袋で車内アナウンス無いことに驚いた。ドア上の液晶に表示されてるのかも知れないが満員の車内では中程に居ると見えるわけがない。
なので「再開したかな?」と淡い期待を持つ人は一旦ホームに降りるハメに・・・毎日利用して頻繁にトラブルに遭っている人は慣れてるのかも知れないがJRって確実にサービスが劣化している。σ(^^)が利用してた頃は最低そのくらいの案内はしてたぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天才でごめんなさい【六本木】

σ(^^)の話じゃない、展覧会のタイトル。六本木の森美術館で3月末まで開催の「会田誠展」を月曜の夜、仕事帰りに見てきた。

22時まで見られると云っても埼玉からだと1時間半かかるよ。18時に職場出て19時半前に到着。人気の展示と聞いていたが月曜夜って事でガラガラに近い状態。これが金曜夜とかだと混むのかなぁ?

130204_006
で、展示の「会田誠」さんですがσ(^^)が知ったのは2007年に上野の森美術館で開催した「アートで候(山口晃って人との2人展)」で。特別美術芸術に造詣深いわけではないが「こりゃ危なくて面白い人だなぁ」と。
先日温泉旅行に行った時に友人から「良かったよ」と云われて開催を知ったぐらいだから大のお気に入りって訳でも無いが同時代に生きている「ある種の天才」は多少なりとも触れておきたいと。

130204_000
この人の先品を全てを肯定する程では無いが共感できる作品も多く「鶯谷図」なんて電話BOXに貼ってあったピンクチラシを使用しているがσ(^^)も先輩の下宿の窓一面にピンクチラシを貼り付け室内を照らす白熱灯を暗室用のピンクのに交換して遊んだ記憶が有り、あの時代に生きたバカの多くは似たような遊びをしてたはず。

基本エログロナンセンスな表現の作家さんだと思うがそれは表現手法の一つなんだろうね。まぁ芸術に哲学を持ち込んじゃいけないそうだが、見た人の心に忍び込むのはOKだと思うし、そうで無くちゃいけない。

ただそんな作風なので市民団体が早速抗議したらしい。曰く「性差別であり残虐な児童ポルノだと」・・・何にでも噛み付く人種って居るよね、狂犬病の注射ちゃんとした?(笑)
だったら美術館に飾られている名画でも公表当初物議をかもした作品に同様に噛み付き続けないと。例えばマネの「草上の昼食」とか。

なので一部の作品は「18禁の部屋」を作ってそこで展示されてます。「食用人造少女・美味ちゃんシリーズ」は「アートで候」で見た時なんて普通に展示してあったのに。

展示は基本「撮影禁止」だけど1つだけ撮影可の作品が。

130204_001
130204_002
Photo_02 【作家/作品名:会田 誠《考えない人》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。】

σ(^^)の個人的な好き嫌いでは「嫌い」に属するなぁ。「ヴィトン」なんかは好きな作品なんだけど。

入館料は1,500円で料金内で展望台「東京シティビュー」にも入れます。確か展望台だけでも同じ料金なので実質無料に近い大盤振る舞い。

こちらも平日なので空いていて東京の夜景をのんびり眺められた。久しぶりに東京の夜景を眺めるのもいいものだなぁ。

130204_004
130204_005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まじま荘【塩原温泉】

ここ数年はいちご狩りの後は大感謝祭の那須ばかりで塩原は久しぶり。国道400号の大網手前のトンネルや上塩原へのバイパスを初めて通る・・・工事中の部分開業なのでしかたがないけどトンネル出口の急カーブは危なそうだなぁ。

今回立ち寄ったのは上塩原の「まじま荘」さん、華の湯のもう少し西側に建つ一軒宿。華の湯は公営の日帰り施設で立派らしいが循環&塩素消毒と聞くので寄った記憶が無い。
まじま荘は10年くらい前に「湯めぐり手形」で塩原を廻った際には加盟してなかったので未入浴。あの頃は全湯制覇すると桶の他に「1年間フリーの印籠」貰えたんだよなぁ。

130203_005
フロントで受付して貰い浴室へ。温泉はナトリウム塩化物泉で源泉60℃を加水・循環無しで使用していると。
日曜の昼過ぎでも殆どお客さんが居なかったが、時間が経つと増えてくる。ロビーで見た感じでは常連客が多い感じ。

脱衣所には脱衣カゴ、鍵のかかる無料ロッカー、100円の有料ロッカーの3種類が・・・なんか面白い。

内湯は大きな浴槽の端に歩行浴とジェットバスが。ジェットバスは朝晩は使用してないそうだが落ち着かないなぁ。決して嫌いではなくスーパー銭湯では時々浸かるが温泉だとお湯の酸化(劣化)につながるのでは?まぁご主人のマッサージが売りの宿らしいのでその関連なんだろうなぁ。

130203_008
130203_009
露天は内湯から扉を出て数メートル先、川沿いに有り対岸の雪を眺める雪見露天が出来る。源泉が高温なので湯量を絞っているがなかなか良い感じ。
女性用は熱かったと聞いたが男性用は適温で落ちつけたな。

130203_006
130203_007
福渡や古町の様に密集した場所ではないので露天の開放感が高いし、受け付けて貰った時の宿の人の対応が良い感じ。宿泊も手頃な料金の様なので機会があれば泊まってみたいかも。

【塩原温泉 まじま荘】
住所:栃木県那須塩原市上塩原580
電話:0287-32-4162
時間:10:00~20:00
休み:-
料金:500円
URL:http://www.majimaso.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちごランド 2013年2月【塩原】

130203_000
毎年必1回はずお邪魔しているイチゴ農園・・・多分7年目かな?今年は1月に行けなかったので2月に。何度も行っているとタイトルだけだと何時のエントリーか判らなくなるから年月を入れてみた。

個人的には1月が美味しいと思っているが「いやイチゴは3月の方が」と云う人もいるし、σ(^^)も専門家ではないのでよく判らない。ただ云えることは「農家によって育て方で味が違う」のと「完熟した実を食べるのは高いけど値段以上の価値がある」って事。

このパックで750円、スーパーでは500円以下で同じくらいに見た目のものは売っているだろうけど未だ熟する手前の白く硬いのを摘んで流通しているうちに赤くなるのだから味は違って当然かと。

130203_004
30分食べ放題、あまり大きすぎない実の方が甘さが凝縮しているかな?陽が当たる側は暖かくなっているので日陰側で熟している実を食べる。甘いだけじゃなく酸味とのバランスも良いし鼻に抜ける香りも良い。熟した実が多く探す手間がかからないから小粒を中心に80粒くらい食べたかも。

130203_003
130203_001
130203_002
塩原の道の駅の隣なので駐車場には困らない。道の駅には農産物直売所も有るし、トイレも綺麗だし塩原や那須の観光にも便利な場所。
今年はこの先用事が詰まっているので次回はまた来年かな?

【いちごランド】
住所:栃木県那須塩原市関谷442
電話:080-1080-5910(10~15時)
時間:10:00~15:00
休み:6~11月
料金:1,600円(1月)
URL:http://homepage2.nifty.com/ICHIGO/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »