« コミュニティサイクル【さいたま市】 | トップページ | 食事処あおぞら【由比】 »

2013.05.13

川越をぷらぷら【川越】

天気の良い日曜日、川越の街を散策しようと。
さいたま市に住んでいると川越って近すぎて観光で改めて行く場所と云う気が起きなくて数年ぶりに訪問。因みに奥さんは勤めてた経験はあるけど単に通勤していただけで観光では行った記憶が無いと・・・そう云うもんだよね(笑)

昼過ぎに自宅を出て30分もしないで川越へ、先ずは昼飯。
川越で食事となると「芋」か「鰻」だよね。街中の店は混んでると思い数年前に数回行った記憶のある「うな吉」さんへ。254号宮元町交差点から西に入った先にある店。

130512_007
以前は平日とか夜とかに来て然程混んでた記憶が無いが今回は満員、2Fでも宴会か何かやっているようでタイミング悪く着席はすぐに出来たけど食べるまで1時間近く待つことに。まぁ下手な店で10分くらいで出されるよりはいいけど。

「うな重」は2,200円、上は2,600円。別blogに2006年に行った際のエントリーが有るが、その時は上で1,800円だったと。ここ数年の稚魚不漁が如実に伝わる。
タレが割りと甘めかなぁ?カウンターの上にその日の産地が掲示されててこの日は鹿児島産と。

130512_009
今の値段と味を考えたらσ(^^)的にいいと思うが、他の料理との比較で昼飯に2千円以上払って狭いカウンターが納得できるかどうかだな。

【うな吉】
住所:埼玉県川越市宮元町35-1
電話:049-224-4588
時間:11:00~22:00
休み:火曜
料金:うな重2,200円
URL:

食事の後は車を市役所の駐車場に停めて街歩き開始・・・もう15時近いよ(笑)

川越観光の定番と云えば「蔵づくりの街並み」「時の鐘」「菓子屋横丁」「喜多院」くらいであろうか。この道路標識がほぼ物語っている。

130512_022
同じ埼玉県の城下町である岩槻も多少古い街並みが有ったり、時の鐘も有り、人形ってプラス要因も有るのに観光客が殆ど来ない。これは観光客誘致にどれだけ力を入れたかの差かねぇ?

その人気の「蔵づくりの街並み」だけど「一番街」って通りで観光客も路線バスもマイカーも一緒になって大混雑。人と車が出来るだけ写らないようにと写真は帰り際の17時過ぎが多いか。
観光誘致が主目的なら車両通行止めにして歩行者天国が一番だけど生活道路でも有るので一方通行化ですら大反対の様子。
余所者が口を挟む事では無いがこのままだと観光も生活も不便なままな気がするが。

130512_043
130512_044
130512_045
130512_046
130512_030
130512_016
130512_017
130512_018
130512_047
「時の鐘」から「大正浪漫夢通り」へ。大正浪漫夢通りでは沢山の鯉のぼりが空を泳いでたなぁ。こう云うのは嬉しい。

130512_031
130512_014
130512_019
130512_020
130512_021
そこから北上し「川越銭洗弁財天」の文字を見てちょいと立ち寄り。
各種おみくじ販売が有り過ぎて何故か笑いがこみ上げる・・・血液型おみくじって云われても。運試しまで有ったし。

130512_026
130512_023
130512_024
130512_025
130512_027
「蔵づくりの街並み」へ戻ってきて「くらづくり本舗」のカフェで一休み。和風の室内で雰囲気は落ち着けるが偶然騒がしい客と一緒になったので早々に退散(笑)スィートポテトとドリンクがセットで500円と値段も安いので気楽に立ち寄るには良いけど。

130512_013
130512_011
130512_012
【さつま芋Cafe 】
住所:埼玉県川越市幸町12-16 一番街店奥
電話:0120-882-638
時間:10:00~17:00
休み:?
料金:スィートポテト+ドリンク500円
URL:http://www.kuradukuri.jp/cafe.html

お隣は「埼玉りそな銀行 川越支店」、立派です。調べたら大正7年に第八十五銀行の本店として建てられたと。国の登録有形文化財にも指定されているようで和の蔵と違うけど重みが有る。

130512_028
130512_029
その先で左折して「菓子屋横丁」へ。
店頭に飾りの枝が有るので近づいて見れば飴を付けてた。これはこれで観光客に楽しんでもらうための趣向で良いと思う。

130512_038
130512_040
130512_037
大きな麩菓子もこの辺りで売っていたが、何故あれを観光客が買うのかは未だに不明。大きくて持ち帰りの邪魔になると思うが・・・まぁ個人の好き好きだけど。

130512_039
あと街なかの数ヶ所で謎のオブジェが。何かのイベントなのか恒久的な展示なのかもよく判らないが観光の一助にはなってるのかな?
ただ、このうさぎを見て「ふしぎの国のアリスだぁ」ってはしゃいでた女の子が居たが蛙とセットで何故「鳥獣戯画」を思い出さないのか判らない。「そっちかよ」と心のなかで呟いてしまった。

130512_036
130512_042
勿論、路地裏には猫も。こう云う時はバリアングル液晶が生きるねぇ。

130512_034
130512_035

|

« コミュニティサイクル【さいたま市】 | トップページ | 食事処あおぞら【由比】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

美味しいなぁ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/57377722

この記事へのトラックバック一覧です: 川越をぷらぷら【川越】:

« コミュニティサイクル【さいたま市】 | トップページ | 食事処あおぞら【由比】 »