« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の17件の記事

2013.06.30

川昌本店(再訪)【松伏】

鰻の刺身が食べられると友人から聞いて3年前に行った店。久しぶりに食べたくなったので訪問。(その時のエントリーはこちら

場所はせんげん台の東の方、田んぼの中にポツンと建っている古い建物で駐車場の看板がなければ飲食店と判らないかも。

130627_009
130627_010
先ずは名物のうなぎ料理の「うなさし1,300円」を。鰻の血には毒があるので普通は刺身で食べないけど店主が工夫をして食べられるようにしたと。どのくらいの手間がかかっているのかは判らないけど歯応えのある食感と脂ののった感じは独特だね。ぽん酢、醤油、ごま油の3種のタレがついてくるがぽん酢かワサビ醤油が好きだな。

130627_011
130627_012
130627_013
130627_014
追加で「どじょうの空揚げ 530円」を。どじょうって実は苦手で丸鍋などは避けているが奥さんが食べてみたいと。まぁ空揚げならいいか。ワカサギとかに比べて凝縮した感じでカルシウムは取れそうだ。

130627_015
そして白焼きと蒲焼の両方が載った「白蒲重2,900円」。他の店でも無いことはないが何処でも有るわけではない。
白焼きって旨そうだなぁと思ってもうな重を食べる前には流石に頼めないし。それを一緒に盛って貰える一度で二度美味しいメニューは嬉しい。白焼き部分はワサビ醤油で、蒲焼はそのまま普通に。タレはわりとあっさり系かな?甘みが少なめ。

130627_016
130627_017
しかしこの数年の稚魚の不漁で「鰻」って気軽に食べられなくなったよなぁ。
3年前に比べて「うなさし」は100円アップだけど「白蒲重」は2,100円だったのが2,900円に。画像を見るとサイズも小さくなった感じ。でも、これってこの店だけが高い訳で無く何処へ行っても高騰している訳だ。

変な比較だけど昼にちょっとしたイタメシ屋でサラダ、パスタ、デザート、コーヒーなんてセットを食べれば1,200~1,500円はこの数年変わってなく、数年前なら+500円くらいでそこそこ満足行くうな重が食べられたけど今は安居酒屋で1回飲むのと同じくらいの3千円前後と「御馳走」の世界だよなぁ。もう数年したらフグや松茸のレベルに上がっちゃう?いや、御禁制の品になって食べられなくなる?
早く完全養殖の技術が開発されるといいなぁ。

【川昌本店】
住所:埼玉県北葛飾郡松伏町金杉1511-2
電話:048-992-0123
時間:11:30~14:00、17:00~21:00
休み:火曜
料金:うなさし1,300円
URL:http://kawashou.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.23

大宮公園の紫陽花 2013.06.23【さいたま市 】

半月ぶりに大宮第二公園の紫陽花を眺めに訪問。
前回来た時よりも咲き具合は良いが逆に焼けた感じの花も有るので先週くらいが見頃だったのかなぁ?

産業道路のサンマルクの角を東に曲がって突き当たり、右にも駐車場が有るようだけど競輪のお客さん用かな?左の駐車場へ停めれば近い。梅林の奥が「あじさい園」。

130623_013
130623_012
本当に一角なので有名な場所と比較しちゃあれだけど無料だし街中だし空いているし歩けば数分で見終わる広さだけど奇麗に咲いてます。

久しぶりにタムロンのマクロレンズを持ち出して・・・って前回ここで使った以来だな。1年ぶりだよ(笑)

130623_010
130623_011
130623_009
130623_008
130623_007
130623_006
130623_005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.17

早稲田天然温泉 めぐみの湯【三郷】

紫陽花を見て汗だくになったので帰りに温泉へ。川を挟んだ三郷にある「めぐみの湯」へ。源泉掛け流しで加温も加水もしてないと湯使いの良さでは有名だけど未訪問だったので。

130617_025
スイミングスクールと併設されていて温泉の人はフロントから右の方へ行き2Fへ。節電らしく照明を落としていて薄暗い・・・誉められる話なんだろうけど印象を悪くしちゃうよね。

温泉は内湯、露天共に浴槽は2つずつ、内湯にサウナの水風呂と白湯の浴槽が有るだけでジャグジーも炭酸泉も壺湯も無い。潔いけど平日800円は少し高めの料金なのでどうしても客足が遠くなりそうだ。平日16時で内湯4人、露天2人程度だったかな?
食事処もガランと無人・・・厳しいねぇ。

130617_026
まぁ、お湯は赤茶で塩分の濃い温まるお湯だからこんな日では厳しいが。σ(^^)も汗が引かずにサッパリしてぐっしょりに(笑)

温泉なのでお湯が良いことが一番の強みだけど夏場の集客が厳しそう。

【早稲田天然温泉 めぐみの湯】
住所:埼玉県三郷市仁蔵193-3
電話:048-957-7777
時間:10:00~24:00
休み:無休
料金:平日800円、土日祝900円
URL:http://www.meguminoyu.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本土寺の紫陽花【北小金】

柏でもつ煮を食べた後は昨日に続いて紫陽花見物。

常磐線北小金駅の近くに「あじさい寺」として有名なお寺が有ると知る。そこはこの時期、紫陽花以外に花菖蒲も咲いていると。
お寺の公式サイトに「花菖蒲は見頃になっております。紫陽花は8分咲きで」と出ていたので訪問。
お寺専用の駐車場は殆ど無いと公式サイトに書いて有ったのでσ(^^)は参道より1本西側、セレモニーホール脇の路地を入ったコインパーキングへ。100円/時、上限400円。

130617_023
130617_024
駅から続く参道沿いにもこの時期だけか不明だが民間の駐車場が有るが600~800円/回が相場みたい。

130617_000
130617_001
参道を道なりに歩けば駅からだと10分程度で到着か?山門を潜って受付へ、拝観料は500円。

130617_002
130617_018
五重塔と紫陽花、絵になるよねぇ、皆さん撮影してます。

130617_004
本堂から右の方へ回り込むと先ず紫陽花の庭に。坂を降りて花菖蒲が咲く池へ出る。池の周りにも紫陽花が咲いているけど両方に奇麗にピントを合わせるのは難しい。

130617_005
130617_003
130617_008
130617_007
130617_016
130617_006
130617_014
130617_015
130617_009
130617_010
130617_011
130617_012
130617_013
この時期ならではの紫陽花と花菖蒲を同時に眺められるってのはいいよね・・・で、この時期にしては蒸し暑く30℃超えた天気なので撤収。見上げた木々は新緑真っ最中、秋の紅葉でも人気と聞くのでその頃また来てみよう。

130617_017
【本土寺】
住所:千葉県松戸市平賀63
電話:047-341-0405
時間:8:00~16:30
休み:-
料金:500円
URL:http://www.hondoji.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.16

指扇氷川神社の紫陽花【さいたま市】

先週は大宮公園の紫陽花を眺めたが指扇氷川神社の紫陽花もこの辺では人気と聞く。6月16日の日曜の午前中に訪問。

駐車場は数台分なら有ると聞くが。この日は「あじさい祭り」をしていると云うので混むかと思って指扇駅のコインパーキングへ。2ヶ所あったがσ(^^)は100円/30分の方に。

駅から大宮方面へ歩き、踏切を渡ったら線路沿いに東へ。すると線路を跨ぐ橋になるので右折して渡り道なりに数分。多分これが一番判り易いかなぁ?案内板も有るし。

130616_016
130616_000
駅から10分もしないで到着。駐車場は未だ数台なら余裕有ったが、道中が狭いからコインパーキングで正解か。

鳥居を潜り本殿の奥が「鎮守アジサイ園」。130種1,300株の紫陽花が咲いているそうで自治会とかボランティアの方が面倒を見ていると。

130616_001
130616_005
小雨が降るなかカメラに気をつけて撮影。ガクアジサイの種類が多かったかなぁ?これが日本原産の種で円く玉のようなのは西洋で品種改良されたモノと聞く。

130616_015
130616_008
130616_009
130616_002
130616_004
130616_006
130616_007
130616_014
130616_010
130616_011
130616_012
130616_003
で、「あじさい祭り」は・・・出店が数軒、ささやかに開催されているようです。

130616_013
【指扇氷川神社】
住所:埼玉県さいたま市西区指扇2820-11
電話:048-622-0984
時間:-
休み:-
料金:無料
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.12

半兵ヱ【高崎】

友人が自宅へ車を置きに行くので一旦高崎駅近くで降ろして貰う・・・ビックカメラ?・・・えっ?これが?σ(^^)の知っているビックカメラとちょっと、いや大幅に違うなぁ。似た店名のビッグカメラじゃ無いの?だって店内も20年前って感じだよ。
聞いたら今は池袋が本店になっているけどここ高崎東口店が創業の地だそうです。

130609_012
そして5分も歩かない高崎駅前にはヤマダ電機本社が有って下には大型店が。ここも本店は名乗ってないが本社の下の店なので機能的には本店か?

日本の家電業界のトップクラスがこの高崎でこんな感じになっているとは思わなかった。

130609_040
ヤマダ電機と線路の間を少し歩いて友人たちとはドンレミーで待ち合わせ。今日はクーラーバックを持ってきたからアウトレットのデザートを購入・・・賞味期限考えたら量は買えないけどね。

130609_013
合流して案内された店は西口の「半兵ヱ」、昭和レトロな居酒屋だと。
公式サイトを見たらあちらこちらに店が有るようだ・・・でも地元大宮の店は案内の場所に有ったっけかなぁ?記憶に無い。

130609_014
こちらの店はかかるBGMは昭和初期から戦後直ぐくらいの懐メロ系、店内のポスター類もそんな時期の映画ポスターとか看板類。
そしてつまみも哀愁誘う串揚げとかチープ系がメイン、頼まなかったけど缶詰とかも。

130609_015
130609_028
130609_027
「お通し380円」は生キャベツ、塩か味噌を付けてねって。おかわり自由と云ってたがウサギじゃあるまいし。

「ベビースターサラダ280円」は大根中心のサラダにベビースター、パリっとした食感は悪くないよね。

130609_016
130609_017
串揚げは1本単位、「昭和コロッケ80円」「うずら串揚げ100円」「チーズかつ150円」「椎茸串揚げ90円」「茄子串揚げ90円」、二度漬け禁止のソースに漬けて。確かにキャベツはすすむな。

130609_018
130609_019
130609_021
「昭和のドロ焼き390円」はもんじゃ焼きの亜流かな?ちょっと想像と違ったなぁ。
「タコウィンナ280円」は子供の頃の弁当箱の主役だよね、互いにその思い出を語ることに。

130609_023
130609_022
「揚げパン180円」にアイスクリーム(無料?)を付けて食べればデザートとして十分。σ(^^)は〆に「高級ネコマンマ180円」を。麦飯の上に生卵、たっぷりのおかか。醤油をかければ贅沢品の味わいに。

130609_026
130609_024
130609_025
飲み物は「樽生(大)490円」、他店の中ジョッキサイズ。これはまぁ普通だけど「シャンペンソーダ(ホームランサイズ)410円」はパイン味の粉末ジュースで割れと・・・懐かしいを通り越したチープさ。他に「冷凍みかんサワー」など面白いものは有るが総じてドリンクは割高かな?

130609_020
σ(^^)達の様なヲヤヂ世代でもBGMの懐メロは数曲に1曲知っている程度だが、20代では全滅だろうね。その目新しさを狙ったお店だろうから雰囲気を味わうには面白いかも。

【半兵ヱ 高崎駅前店】
住所:群馬県高崎市八島町110-6
電話:027-310-5008
時間:17:00~24:00
休み:無休
料金:
URL:http://www.hanbey.com/

行きは70分くらいかけて大宮から来たけど帰りはチケット屋で買った自由席回数券で30分程度、在来線の倍くらいするけど楽チンで帰宅。

130609_030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リラダン【高崎】

日曜は高崎在住の友人のところへ遊びに行く。
大宮から湘南新宿ラインの特別快速に乗るが終点の高崎まで乗り通す人が多いのにはちょっと意外。

友人の車に乗せて貰い、先ずはランチ。この日の行き先は全て御任せで、案内された店は「リラダン」さん、高崎環状道路沿いのフレンチ。
入り口に18歳未満は入店不可と。子連れのファミリーを受け入れれば店は繁盛しても騒がしくなるので決断要っただろうね。

130609_000
でも日曜でも食べられるランチは「フォミュール」ってセットだとサラダ、パン、メイン(肉か魚を選べる)、コーヒー類が付いて1,100円、お任せのデザート280円を付けても1,380円、リーズナブルです。

サラダはまぁごく普通か。パンはフランスパン、バターは出さない主義と。

130609_002
130609_001
メインはσ(^^)は肉、奥さんは魚で。肉の方は子羊のソテーと。カレーっぽいスパイシーなソース、付け合せはニョッキ。魚は種類忘れたが皮がパリっとして美味しい。下のサフランライスとの相性も良い。

130609_004
130609_003
デザートはクリームブリュレ、量は多くないけど味は良かったです。フレンチ系は普段食べないので相対評価は無いけどこの値段でこの味ならオススメレベルだね。夜のコースも手頃な値段で設定があるらしいが、さすがに高崎から埼玉は遠いから無理だな。

130609_005
130609_006
【リラダン(Lisle-Adam)】
住所:群馬県高崎市上大類町876-9
電話:027-325-0020
時間:11:00~15:00、18:00~21:00
休み:月曜
料金:ランチ Formule(フォミュール)1,100円
URL:http://happytown.orahoo.com/lisle-adam/

食後はまた車に乗って数分、広い通り沿いの小さな店。前橋の茶香房さんって店の支店だそうです。
ケースに各種ジェラート類が。1種類を普通にコーンかカップって選択肢も有るが6種類好きに選んでワッフルの上に載せた「パフェ」ってのが有ると。ランチ食べたばかりだけど勿論それを(笑)

130609_007
130609_008
130609_009
6種盛った後に粉糖と生クリーム、イチゴで飾ってくれるが、アイスそのものの味を楽しむにはちと邪魔だなぁ。
店内にもイートスペースが有るが店頭のパラソルの下が気持ち良い。

【茶香房deジェラート】
住所:群馬県高崎市上中居町1540-1
電話:027-393-6969
時間:12:00~18:00(4~9月 ~21:00)
休み:無休
料金:パフェ650円
URL:http://www.chakoubou.co.jp/

この後は「湯都里」へ。半年ぶりかな?高速のインターそばでゴム臭するかけ流しのお湯は地元でも評価高いようで日曜の14時過ぎでそこそこ混んでいる。でも3つ有る壺湯にすぐに入れる程度だから空いている方か?

駐車場からの入り口ではシャボン玉機がお客さんをお出迎え・・・こんな機械って有るんだね。

130609_010
130609_011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.10

大宮公園の紫陽花 2013.06.09【さいたま市 】

街のあちらこちらで紫陽花の花が目につくようになった。では大宮公園の紫陽花はどうだろう?と6月9日の日曜の朝に行ってみる。

昨年は6月下旬に行ったけど、その時に比べても未だこれからって感じ。見頃は来週か再来週かなぁ?梅雨入りしても雨が殆ど降ってないし。

130609_032
130609_031
130609_033
130609_034
普通に撮影しても面白く無いので思いっ切りアンダーにしてストロボも同じくマイナスで撮影。もう少し浮かび上がるように撮れるといいなぁ、未だお勉強中。

130609_035
130609_036
130609_037
130609_039
130609_038
今月中に時間さえあればもう一度行きそうなのでエントリーのタイトルは日付入り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.04

ヤオコー川越美術館【川越】

埼玉以外の人には馴染みがないと思うが埼玉を地盤とするスーパーに「ヤオコー」って店が有る。一応関東一都六県に120店舗以上有るらしいが埼玉県内で74店あると。

そのスーパーが川越市内に平成24年春に美術館を建てたと聞く。実質上の創業者が気に入った作家の絵を集めて展示と・・・会社が傾く一因の安宅コレクションの様な規模じゃ無いらしい(笑)

三栖右嗣って初めて名前を聞く画家だけど公式サイトの作品を観て興味を持って行ってみた。

場所は254号氷川町交差点から西へ少し入った新河岸川の近く。建物の設計も伊藤豊雄って人にお願いしたと書いてあったが確かに洒落ている。

130602_000
130602_001
駐車場は横に4台程度かな?それ程混み合う施設でも無かろう。
建物に入ると正面に受付が。入館料は300円だがスーパーのポイントカード「ヤオコーカード」を提示すると100円引きになると。この仕組は面白い。

130602_002
展示室は2室、なので展示作品数はそれほど多くはないけど公式サイトに有る「爛漫」とか「光る海」とか直接実物を見るとなかなか良い感じ。

「爛漫」は喫茶コーナーにも展示されていてコーヒーを飲みながら鑑賞できるのも良い。ちょっと人気施設から離れているが川越観光の途中に組み込むのも良いだろうね。

【ヤオコー川越美術館(三栖右嗣記念館)】
住所:埼玉県川越市氷川町109-1
電話:049-223-9511
時間:10:00~17:00
休み:月曜
料金:300円(ヤオコーカード100円引き)
URL:http://www.yaoko-net.com/museum/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.02

海きらら【佐世保】

《2013年5月 長崎旅行 その12》

多少の苦労をして佐世保バーガーを食べた。次の目的地は「海きらら」、正式には西海パールシーリゾートの施設の一部で「九十九島水族館 海きらら」と云うらしい。

ヒカリから車で15分くらいかな?時より激しく雨が降る平日なので駐車場もそれ程混んでない。

130528_015
こちらはイルカのショーと珍しいクラゲの展示がウリと聞く。先ずは九十九島近隣の海の魚類の展示。大型水槽では鰯の群れやエイも。

130528_002
130528_003
130528_004
130528_026
130528_005
130528_006
階段を上がって2Fにイルカプール。屋根付きのベンチも有るけど館内の窓際にもショーが見られる椅子が有る。雨の日はここが一番だな(笑)飛沫がかかるからベンチの人はビニールシートを受け取ってた。

130528_011
130528_012
130528_009
130528_010
その先はクラゲの展示、11種類300匹いると。ほとんど透明なクラゲや綺麗に光っているクラゲなど割りと楽しめた。

130528_007
130528_008
130528_013
130528_027
【海きらら】
住所:長崎県佐世保市鹿子前町1008
電話:0956-28-4187
時間:9:00~18:00
休み:無休
料金:1,400円
URL:http://www.pearlsea.jp/umikirara/index.html

16時くらいになったので水族館を後にする。行きそびれたハウステンボスの脇を通過し「リベンジを誓っても次何時来れるかわからないよなぁ」と思いつつ長崎空港へ。

19:00のANA670便で羽田へ帰る。直線距離だけで云えば長崎から東京より上海やソウルの方が近いんだよね。首都圏に住んでいると日本の西の果てへ行った感が強く残った旅だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐世保バーガー ヒカリ【佐世保】

《2013年5月 長崎旅行 その11》

当初の予定は嬉野温泉を10時くらいに出発して佐世保のハウステンボスへ行くつもりだったが天気予報は「1日中雨、雷注意報発令」・・・霧雨や降ったり止んだりなら考えたけどこれは予定変更だな。

宿をチェックアウトギリギリの12時までいて佐世保で佐世保バーガー&水族館に変更。タブレットから検索かけて候補を絞り「ヒカリ」って店に寄ることに。
レンタカーのナビにセットして案内に従い佐世保駅の港口(西口)の前を通り高速の下を走って佐世保中央ICの前へ。
検索した時に「佐世保中央ICの前」と云うことと「駐車場が7台分有る」と云うことは分かったがそれ以上細かな事は不明なまま。
ナビは「この先十数メートルを左折」と案内するので左車線に。ちょうど信号で停まると大きなY字路の正面に目当ての店が見えた。

ええっと、駐車場はどうやって入るんだ。先ず何処が駐車場だ?
そんな事を考えてたら信号が青に・・・あれ?この車線は左折専用じゃん・・・左折したらインター入り口じゃん・・・逃げ場ないよなぁ(泣)

目当ての「ヒカリ」を目前にして高速に乗るはめに・・・逆走出来ないよね。気分はすごろくの「3コマ戻る」です。

分岐の看板が有るが土地勘も無いので「長崎」の方向へ。結果的には逆の相浦中里ICの方へ行った方が傷は小さかった様だが今来た方向に戻った方がこんな状況では安心できる。
佐世保大塔ICで下りて国道35号線で再度佐世保駅方向へ・・・つい30分くらいまえに走った道だよなぁ。
再度、佐世保駅港口前を通り、佐世保中央ICの方へ。駐車場への入り方が判らないし、さっき曲がった時に左手前に大きめのコインパーキングが有ったことは確認したので今度は大人しくそこへ停める。(店の駐車場は交差点内から入る形で有った様だ)

130528_022
交差点に面して佐世保バーガーの店が2軒、左側が目当ての「ヒカリ(HIKARI)」、右に「ログキット」、やっと到着です(笑)

130528_023
店内はカウンターが7席程度で着いたときは満席だったがちょうど出るところでタイミングよく座れる。メニューは各種有るけど「オススメは?」と聞いて勧められた「スペシャルバーガー520円」とコーラ160円を。

暫くして出てきたバーガーはパテ、ベーコン、トマト、チーズ、卵、レタス、玉ねぎがボリュームいっぱいに。まぁレタスが一番嵩が有るので実際に食べるとそれ程ではないけど。

130528_024
130528_025
値段が違うので比較にならないかも知れないが、普段からこの手のバーガーを食べている地元民は大手のバーガーチェーンとどう使い分けしているのだろう?別な食べ物と認識しているのか?

【ヒカリ】
住所:長崎県佐世保市矢岳町1-1
電話:0956-25-6685
時間:10:00~21:00
休み:第1、3水曜
料金:スペシャルバーガー520円
URL:http://hikari-burger.com/index.html

後で検索したらσ(^^)みたいに間違えて高速に乗せられた人が少なからず居る様子、人気の店の割りには難しい立地だよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

椎葉山荘(温泉)【嬉野温泉】

《2013年5月 長崎旅行 その10》

宿のお風呂は2ヶ所有って、1つはフロントから一旦外に出て少し歩いた先の「しいばの湯」、日帰り入浴も受け付けている。タオルセットは受付で渡してくれるので部屋からは手ぶらでOK。

130527_041
しいばの湯の露天風呂は西九州一の広さを誇りと公式Webサイトに有って、写真を見て雰囲気が良さそうなのでこの宿に決めたわけだが実際に浸かってみるとそれほど大きくはない・・・西九州って大きな露天が少ないのかなぁ?いや小さい訳じゃなく浸かれば20人くらいは余裕なんだけど。
日帰りは1,000円するそうだが平日の夕方でもそこそこのお客さんが来ている。運良く少ない時にパチリと。

130527_042
130527_043
130527_044
肝心のお湯は美肌の湯と自慢するほどのツルスベ感は感じられなかったかなぁ。まぁ温泉街から離れてて別源泉だし、循環塩素消毒だし。土日とかは激混みって噂の施設なのでかけ湯もしない客も居るだろうから消毒は仕方がないよね。
入浴時間が9:00~21:00なので結局チェックイン後に1回入っただけに。

もう1つのお湯は宿泊者専用の「山の湯」、内湯も露天もしいばの湯の半分くらいの大きさかな?ここもタオル類は脱衣所に有るので部屋のタオルは持ち歩かなくて良い。

20室の宿で人気のしいばの湯が有り、宿泊者も女性が多い・・・男性用の方はガラガラ(笑)3回くらい入ったけど他の客と一度も会わなかった。
露天からは川が近いはずだけど木が茂っていて見えないのが残念。

130527_049
130527_071
130527_050
130527_051
部屋の風呂も温泉らしい。貯まるまで40分かかると。翌朝、朝風呂に行く前に蛇口をひねり戻ってきて入浴。
ちょうど1人で入ると良い大きさでこれはこれで悪くはないか。まぁせっかく大浴場が有るので1回きりだけど。

130527_038
130527_035
泊まった宿は「大正屋」のグループで嬉野に3軒有ると。宿泊者は無料で互いの湯に送迎してくれるそうなので朝食後にお願いする。
ワゴン車で5分くらいかなぁ、立派な建物に到着。フロントの人が浴室入り口まで案内してくれる。
こちらもタオルは脱衣所に有るので手ぶらOK。日帰り可の「四季の湯」と宿泊者専用「滝の湯」が有るが四季の湯の清掃時間だったので滝の湯に。
「へ」の字型の内湯のみだけど窓の外に滝と川が流れて水面の高さが同じくらいなので滝に浸かっている雰囲気に。
こちらも循環塩素消毒らしいが椎葉山荘よりはツルスベ感が有る。

130528_020
130528_021
お湯的にはもっとツルスベな温泉は有るけど宿としては若い女性が中心ながら従業員の教育もしっかりされていて部屋、食事、雰囲気どれもなかなかな宿だったかと。
今後5年10年のうちに再訪する機会が有るか不明だが「温泉宿でのんびり1泊」には良いかと。

【大正屋 椎葉山荘】
住所:佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内椎葉乙1586
電話:0954-42-3600
時間:in15:00~、out~12:00
休み:-
料金:18,900円/人(和洋室タイプ3)
URL:http://www.shiibasanso.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

椎葉山荘(部屋・食事)【嬉野温泉】

《2013年5月 長崎旅行 その9》

前のエントリーの夜景ではないが「三大美人の湯」と云うと川中温泉(群馬)・龍神温泉(和歌山)・湯ノ川温泉(島根)の名が上がるらしい。それとは別に「三大美肌の湯」ってのも有って嬉野温泉(佐賀)・斐乃上温泉(島根)・喜連川(栃木)がそうだと・・・どう違うんだ?

って事は置いといて長崎駅前でレンタカーを借りて1時間ちょっと、嬉野温泉へ到着。長崎旅行のblogだけどここは佐賀県(笑)

今夜の宿は嬉野温泉の温泉街から離れた山あいにある「大正屋 椎葉山荘」さん、全20室程度で離れ風の宿です。
部屋からの眺望によって値段が変わるそうで一番安いランクの部屋でも平日2人で18,900円とちとお高め。個人的に1泊2万円以上する宿には恐れ多くて泊まらないようにしているのでギリギリのランク(笑)

宿は温泉街から南に数キロ離れてるけど案内看板が要所要所に有り迷わず到着。駐車場は川の対岸に有るそうだが宿泊者はフロント前に横付けで宿の人が回送してくれる。何時来るか判らぬ客をフロント前で数人が待ち構えていて車から荷物をすぐに下ろしたりと至れり尽せり、さすが高級な宿だ。

130527_045

130527_046

チェックインもフロント奥の喫茶室でウェルカムドリンクの飴茶と日本茶を飲みながらの優雅さ。

130527_047

130527_048
館内は高低差が有るので荷物はカートに乗せて運んでくれる。今回泊まった部屋は「こうばい2」って部屋で和室とベットの間の2間続き、洗面、木の浴槽の部屋風呂、トイレ、冷蔵庫と電子レンジ付きの水場・・・ここまで揃っているならコーヒーメーカーが有れば完璧なのになぁ(笑)

130527_052

130527_039

130527_033

130527_032

130527_031

130527_036

130527_037

130527_040

130527_034

そこそこの値段の宿だけど食事は部屋ではなく食事処で。テーブルの間隔が広いので他の客の話し声も気にならない。

130527_058
中居さんがさりげなく進み具合を見ていて料理を出すタイミングが上手いねぇ。こういう点は部屋食よりもいいかも。

で、この日のメニューは

  • 食前酒:山桃酒
    130527_054
  • 先付け:筍蕗揚げ田舎煮、甘藍白和え、吟醸とうふ
    130527_056
    130527_055
    130527_057
  • 吸物:地丸玉子寄せ(はり葱 庄内麩 露生姜)
    130527_060
  • 造り:鰹炙り 白身魚薄引き
    130527_059
  • 煮物:手繰り湯葉 長芋 よもぎ麩 さや豆 馬鈴薯 ベーコン
    130527_062
  • 強肴:佐賀産和牛しゃぶ鍋
    130527_063
    130527_064
  • 替鉢:稚あゆフライ エリンギ、アスパラ、生野菜
    130527_065
    130527_066
  • 御飯:豆飯
  • 味噌汁
    130527_067
  • 果物
  • 甘味:柏餅
    130527_068

女性に人気な宿と聞いていたとおり見た目とか女性が喜びそうなメニュー。その代わりボリュームはそれほど多くはないかな?小食な奥さんが完食出来たんだから。でも大食らいなσ(^^)でも物足りないほどではない。
因みにご飯やデザート以外は一緒盛りで各自で取り分けるスタイル。なので写真は2人分ですよ。
一番旨かったのはやはり「佐賀牛のしゃぶしゃぶ」かなぁ。あと鮎のフライは衣が面白かった。追加で頼んだ日本酒の入れ物も洒落ているし優雅な気分は損なわれない。因みに飲み物はビール(中瓶)650円、日本酒300ml840円など。

130527_061

朝食も同じ場所でバイキング。ただ席は決まってないので好きな場所に座れるので窓側に。
朝食のウリは名物の「温泉豆腐」かな?アルカリ度の高い温泉水でコトコト煮るので豆腐がとろけてくる。それ以外にも豆腐が有って計3種類の豆腐が食べられる。

130528_016

130528_018

130528_017

その他もメニューも珍しいものは少ないけど御飯が進むモノが多い。御飯も茶粥と白米の2種類あった。

【大正屋 椎葉山荘】
住所:佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内椎葉乙1586
電話:0954-42-3600
時間:in15:00~、out~12:00
休み:-
料金:18,900円/人(和洋室タイプ3)
URL:http://www.shiibasanso.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツル茶ん【長崎市内】

《2013年5月 長崎旅行 その8》

駆け足で見たつもりでも既に昼すぎ。お昼ごはんは「トルコライス」を食べようと。
市内のアチラコチラで食べられるそうだが折角なので創業1925年(大正14年)の九州最古の喫茶店「ツル茶ん」へ。

思案橋電停からアーケード街方向へ進み右折して直ぐの左手・・・地図で見たら店の前って国道なんだ。

130527_027
2Fに通され数種類あるトルコライスメニューからσ(^^)はノーマルなのを。奥さんは海老フライにクリームソースを掛けた「ランタントルコ」を、共に980円。食事を頼んだ人は+300円で「ミニミルクセーキ」を注文可能。

ピラフにスパゲティ、サラダにカツ、そこへカレー・・・単品それぞれではどうって事もない食材だがそれが1皿に一緒盛りされてこその美学です。大人のお子様ランチだよね。

130527_029
130527_028
食後の「ミルクセーキ」は長崎では「飲み物」では無く「食べ物」だそうでシャーベットになってます。小さい頃に食べた「自家製アイスクリーム」に似た卵黄の濃厚さが残る味。溶けた状態で他店のミルクセーキとどう違うかを比較しようと考えたが・・・考えたらミルクセーキって店で注文して飲んだ記憶無いかも(笑)

普通のサイズも有るけど食後のミニサイズが量としては調度よいかもね。

130527_030
【ツル茶ん】
住所:長崎県長崎市油屋町2-47
電話:095-824-2679
時間:9:00~22:00
休み:無休
料金:トルコライス980円
URL:http://blogs.yahoo.co.jp/mokunosuke59

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラバー園【長崎市内】

《2013年5月 長崎旅行 その7》

ホテルをチェックアウトして荷物は預けて2日目の観光開始。定番の「グラバー園」と「大浦天主堂」へ。

駅前から路面電車に乗り築町で乗り換えて終点の石橋電停へ。1日券が500円、前日もこの日もスケジュール的に3回しか乗らないので都度払い・・・ちと面倒。
しかし路面電車って駅前とかは歩道橋を使わないと乗れないが他は横断歩道からそのまま乗れるので楽でいいよね。

130527_072
石橋電停からは斜行エレベータ「グラバースカイロード」と普通のエレベータを乗り継いでグラバー園の上の入り口「第2ゲート」へ。
大浦天主堂の方から来ると第1ゲートだけど園内の動く歩道はリニューアル工事で停止中だし延々登りになるのでキツそうだ。

130527_011
130527_012
130527_013
第2ゲートを入ってすぐが「旧三菱第2ドックハウス」、2Fのテラスからの眺望はなかなか。

130527_015
130527_014
その後「旧リンガー住宅」「旧オルト住宅」など園内の建物をひと通り眺めながら下って行き最後に「旧グラバー住宅」を観て出口へ。

130527_017
130527_016
130527_018
130527_019
130527_020
130527_021
130527_022
5/25から「ながさき紫陽花(オタクサ)まつり」ってのが近隣含め開催されていて紫陽花も色づき始めたのもチラホラ。

130526_006
130527_008
出口から土産物屋の前を通り坂を降りると右手が「大浦天主堂」。建物内は写真撮影不可だけどステンドグラスとか眺めながら椅子に座って休憩半分に調度良かった・・・失礼な(笑)

130527_023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本二十六聖人記念碑【長崎駅前】

《2013年5月 長崎旅行 その6》

泊まったホテルの部屋から景色を眺めてたら妙な塔が2本見えた・・・何だろう?気になる。観光ガイドとかを調べれば判りそうな気もするが犬猫の同類としては直接現地へ行ってみたい(笑)
朝の散歩を兼ねて月曜の8時頃に訪問。

「多分この辺りだよね」とバスターミナルの裏手から坂を上がると公園が。先に公園に行ってみれば秀吉の命で殺されたカトリック信者を祀る「日本二十六聖人記念碑」が。
この後行く大浦天主堂も彼らに捧げられた教会堂だそうだ。

130527_001
130527_002
手前の公園には野良猫が沢山、子猫も居て猫好きとしては心がなごむ。

ただ公園のベンチには平日のこんな時間から横になっているサラリーマン風の男性やずっとうつむいている女性など深く考えると重たくなりそうな人生の方もちらほら。

130527_000
130527_009
130527_010
で、当初の目的の塔はその東側に有り「日本二十六聖人記念聖堂 聖フィリッポ教会」と云う建物と。
写真でよく観るガウディのサクラダファミリアに似ているなぁと思って後で調べたら設計者はガウディを日本に紹介した今井兼次って人だと。わざと真似て造ったんだから似てて当然か。

130527_003
130527_004
130527_006
130527_005
130527_069
130527_070
如何に旅行前の下調べをしてないかバレるけど、知らない街を適当に散歩も楽しいものだね。そう云えば教会脇に枇杷が沢山実ってた、さすが長崎だねぇ。

130527_007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルクオーレ長崎駅前【長崎駅前】

《2013年5月 長崎旅行 その5》

今回泊まった宿は長崎駅から歩道橋を渡った正面、ホテルクオーレ長崎駅前に。観光や飲食を考えたら思案橋とか新地の方でも良さそうだが稲佐山に行くことや翌日レンタカーを借りる都合で駅前に。JRで移動する人にも便利そうな立地。

歩道橋には駅側とホテル側にエレベータが付いているので大荷物でも安心だが路面電車乗り場へは階段しか無い。まぁ持てないくらいの荷物で路面電車には乗らないけど。

130526_020
ツイン朝食付きで9,600円、4,800円/人は激安でもなく割高でも無い。ビジネスホテルとして調度よい価格帯だね。
部屋も決して広くはないがミニテーブルも有り昼間は観光して寝に帰るだけなら十分な広さ。

130526_013
130526_014
130526_019
130526_017
泊まった部屋は8Fで窓からは多少の景色が眺められる。駅に面した部屋だと多少音が気になるかも。

130526_015
130526_016
朝食バイキングはB1Fで。特に長崎名物ってものも無いが東横インみたいな淋しいものでもない。(東横インは無料のサービスだから比較しちゃ可哀想だが)

130527_025
130527_026
特別にこのホテルならではって大きな利点は無いが欠点のない安定感と駅前立地で選べば文句は無いのでは?
チェーン系は面白みは無いけど安くても安いなりに安定しているのでつい選ぶが、ここは大規模チェーンでは無いけど安定した良さが有るな。

【ホテルクオーレ長崎駅前】
住所:長崎県長崎市大黒町7-3
電話:095-818-9000
時間:in15:00~、out~10:00
休み:-
料金:9,600円/室(ツイン)
URL:http://www.hotel-cuore.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »