« 蕎宿 湯神 その1(部屋・温泉)【湯野上温泉】 | トップページ | 大内宿【下郷町】 »

2013.10.22

蕎宿 湯神 その2(食事)【湯野上温泉】

《2013年秋の湯野上温泉 その4》

食事は朝晩とも部屋食。時間も夕食は18時、朝食は8時と決まっていた。

時間になり2つ有る大きな囲炉裏の廊下側の方に2人分を横に並べて配膳される。囲炉裏が大きいので2人横でも窮屈じゃない。向かい合わせでもスペースは有るが、大きな囲炉裏の分距離が出来るから隣り合わせなんだな。

11品中7品が蕎麦を使った料理ってのは楽しみだよね。あと楽しみがもう1つ有って、予約時に申し込むと「刺身」が「馬刺し」に変更可能と。
代理店経由だから変更は無理かなと思い「追加」でと頼んだら変更で対応してくれた。

最初にその「馬刺し」と「蕎麦豆腐」「蕎麦と長芋の千切り」「青菜とキノコのごま油和え」「きくらげのくるみ和え」「大根なます」が並べられる。
酒はビールはアサヒ・・・仕方がないか、大瓶で700円。酒は種類が幾つか有るそうだけど「辛口でいいか?」と聞かれて「ハイ」と答えたら「花泉」の辛口を。

131020_023
131020_024
131020_027
131020_025
131020_026
どの料理も味付けが良く濃すぎることもなく丁度良い美味しさ。高価な食材じゃなくても手間をかけて工夫をして作ればこれだけ美味しいって見本かと。

後からは温かい料理を出来た順に。先ずは「蕎麦粥」、優しい味で胃を活性させてくれるねぇ。「蕎麦サラダ」はサラダの下に蕎麦が隠れてる、混ぜて食すします。

131020_028
131020_029
131020_030
「揚蕎麦」はレンコン揚げ、蕎麦を揚げたもの、蕎麦掻きを揚げたもの。蕎麦を揚げたものは蕎麦屋でお茶請けに時々出されるけど太めで食感もしっかり。蕎麦掻きは周りに蕎麦の実をまぶして揚げてあり初めての味。ぽん酢で頂きます。

「蕎麦稲荷」は中に蕎麦が詰まってる。優しい味付けでいいねぇ。

131020_031
131020_033
熱々の「イワナの塩焼き」は味噌が入れてあって頭と尻尾以外全て食べられる。そして〆に「もりそば」、蕎麦も美味しいし、汁も好みの味だった。飲んだ後に〆に蕎麦って理想だけど蕎麦屋って閉まるのが早いのでなかなか出来ないが宿でそれが出来るのは嬉しい限り。

131020_032
131020_034
朝食も同じ場所で。
朝は特に蕎麦は関係なく極普通の朝食だけど、マスの塩焼き、こずゆ風の汁、ぶり大根、海苔、納豆、温泉卵、青菜のおひたし、梅干など。
フルーツトマトとキウイはデザートで甘めのソースが掛かってた。フルーツトマトって普段は食べないけど本当に甘いんだなぁ。

131021_002
131021_003
131021_004
131021_005
131021_006
これで通常でも10,650円なら確かに満足度は高い。前のエントリーに書いたけど、ここに泊まった人はリピートしている様だけど納得です。予約さえ取れればσ(^^)達もまた泊まりたいと思うし。

【蕎宿 湯神(そばやどゆじん)】
住所:福島県南会津郡下郷町湯野上居平乙789-1
電話:0241-68-2117
時間:in15:00~、out~10:00
休み:-
料金:9,300円/人 通常10,650円/人
URL:

|

« 蕎宿 湯神 その1(部屋・温泉)【湯野上温泉】 | トップページ | 大内宿【下郷町】 »

温泉」カテゴリの記事

美味しいなぁ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/58435639

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎宿 湯神 その2(食事)【湯野上温泉】:

« 蕎宿 湯神 その1(部屋・温泉)【湯野上温泉】 | トップページ | 大内宿【下郷町】 »