« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の8件の記事

2013.11.24

おふろcafe utatane OPEN!【大宮】

131124_000
131124_001
当初は10月末、その後11月の7日、中旬と開店が徐々に延期されていた「おふろcafe utatane」が11月23日にやっとオープン。
昼間は用事が有るので24日の朝風呂(500円)の時間に覗いてみた。

朝風呂は5:00~8:00で館内着なし500円。8時になると宿泊客以外は退店させられるので受付終了の7:30などに行くと本当に浸かるだけになってしまう。
σ(^^)は6時半過ぎに到着、駐車場が案外混んでいてビックリ。

入店するとフロントと暖炉のあるラウンジ。ラウンジは思ったより広くなく10数人座れば一杯か?
無料のコーヒーが有るのでご馳走になる。

131124_005
131124_006
その奥がカフェスペース、以前の「鉄道村」時代はここにジオラマが有って食事しながら鉄道模型を眺めてたっけ?線路側の窓が大きいのは昔のまま、埼京線が通過してく。

131124_002
開店の今現在はホームページに書かれて無いが、朝食ビュッフェが営業中で500円と。最寄の鉄道博物館駅までの間にはコンビニしか無いから宿泊者にはありがたいかも。宿泊以外の客も食べられるけど、内容は未確認。

因みに国道17号を数分歩くと12月半ばには「ミヤマ珈琲」が開店、その先には「ジロー珈琲」、牛丼の「松屋」が有るがどれも下り車線側なのでお風呂帰りには寄りにくい。

で、話は戻って「おふろcafe」、17号沿いの一角は「うたたねゾーン」となり仮眠する人はここで。奥の方には無料のマッサージチェアも数台有る。
一晩ここで過ごす人は入館料+深夜料金840円=2,100円で居られる訳だが、休めるスペースはここだけなので人数が多いと厳しそうだ。

喫煙所は奥のドアから一旦外に出て・・・パラソルは有るけどそこまで屋根が無いので雨の日は辛そう。

131124_003
131124_004
2Fは宿泊施設になってるけど上がらなかったので以前と変わっているかは未確認。楽天トラベルとかで見ると通常は入館料込みでシングル4,500円かららしい。

そして一番奥がお風呂場。
脱衣所は少し変わったかなぁ?浴槽とか基本的に前の前の「極楽湯」時代と変わって無いかと。ただ大浴槽に面した洗い場やシャワーは廃止されてたり露天の打たせ湯も無くされていた。
温泉じゃないので効能も何も無いけど「大きな浴槽に浸かって手足を伸ばせる」ってのはいいものだ。温泉を使用していても循環・加水・塩素消毒なんて施設は山の様に有るわけだし、その辺りとの比較なら「非温泉」でも構わないかと。

さてさて、今後はどうなるんだろうなぁ?
開店初日の営業終了間際&日曜の朝って状況でだけど朝食バイキングは若い人が案外食べていたのが意外だった。前日で大宮で遊んだ帰りなのか?
お風呂の方は高齢者も多く閉鎖した「やまとの湯」の朝風呂の代替に使ってるのかなぁ?

大宮駅近隣のビジネスホテルだとシングルは7,000円前後と安くは無い。それが5,000円以下で泊まれるなら学生さんとかには嬉しいか。ただ事前に早割プランとか探せば差は縮まりそうだけど。
部屋を取らないで「うたたねゾーン」で一晩過ごすのは空いていれば可能だけどちょっとリスキーだなぁ。最悪は床か?

昼間は平日なら入館料が高めなので激混みにはならないだろうから館内着を着て風呂に入ったりチェアで休んだりは悪くないと思う。ライブラリーの本は漫画とかも有ったが好みのはそれぞれなので自前で持ち込んだ方がいいかな?

ただ激混みどころかガラガラになった場合はどうするのかなぁ?朝風呂のような短時間プランを作るのか?
同じニューシャトル沿線に「花咲の湯」が有って平日昼間だと温泉800円+岩盤浴600円+館内着250円=1,650円で同じ様な「半日のんびり」が出来るとなると競争になりそうだ。

建物外観は以前の「鉄道村」時代のブルトレだったりするが内装はそれなりに手直しされていてチープ感は薄い。「出来るだけ金をかけないで再生する」って意味では悪くは無いかと。

【おふろcafe utatane】
住所:埼玉県さいたま市北区大成町4丁目179-3
電話:048-856-9899
時間:10:00~8:00
休み:無休
料金:1,260円
URL:http://ofurocafe-utatane.com/

===12/1追記===

開館して一週間、今日は昼間に再訪。

「オープン遅れてごめんなさいキャンペーン」って銘打って入館料通常1,260円が500円と大幅に値引き・・・だけど案内は施設の公式サイトにはなく運営会社のサイトのblogに・・・宣伝して客に来て欲しいのか欲しくないのか?(笑)

で、blogの方では12/1~3となっているが店頭のポスターでは12/8までだと。お知らせ方法にしても日付にしてもこの辺りが下手だねぇ。

20131201_000

そんな訳で日曜の昼間だというのに、それも大幅に安いと云うのに館内ガラガラでした。もしかしたら極楽湯時代の方が混んでたかも。閉鎖した「やまとの湯」だって温泉の質は大したことなくてもそれなりに客が入っていたのにねぇ。

例えば線路に面した壁にリニューアルオープンした事を書くだけでも通勤で使う車窓からの認知は上がるだろうけどそれもしてないようだ。

まだ一週間だけどこの先がちと心配。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013.11.19

森林公園 紅葉見ナイト【紅葉2013】

東松山の森林公園で毎年開催されている紅葉ライトアップ「紅葉見ナイト(もみじみないと)」、今年も行ってみた。

例年は土曜の仕事帰りに行っていたので閉園ギリギリに慌ただしく見ていたけど今年は18日の月曜に休みを取って開始の16時半からのんびり。

16時半だと未だ薄明かりの時間、なだらかな坂をのんびりと上がっていき、途中のイルミネーションを眺めながら「かえで園」に着いた頃には暗くなってた。

131118_000
131118_001
131118_002
131118_003
色づき加減は後もう少しって感じかな?緑の葉も多かったし。ただ色褪せした木も有るので遅いと枯れ木になりかねない。

なので昼間だと真っ赤な木を探すと案外本数が限られていそうだが、ライトアップは三割増しに綺麗に見えるかも。

131118_004
131118_005
131118_006
奥の方は灯籠が並んで雰囲気がまた良い。
平日だと客も少なめで三脚を立てての撮影も楽だし、この日は風がなくて夜でも寒くない&スローシャッターでもぶれにくい絶好のコンディション。
今週末(23~24)辺りが見頃なのかな?

131118_007
131118_008
131118_009
131118_010
131118_011
131118_012
131118_013
131118_014
131118_015
131118_016
131118_017
131118_018
駐車場は夜間は600円が200円と安くなる。昼間から見たい人ってどうなんだろう?駐車場は昼間料金だろうけど、入園者も一旦退出させられるのかなぁ?ここに限らず広い公園とかで退園漏れをチェックってすごく手間が掛かりそうだが。

【森林公園 紅葉見ナイト】
住所:埼玉県比企郡滑川町山田1920
電話:0493-57-2111
時間:16:30~20:30
期間:2013年11月1日~12月1日
料金:400円
URL:http://www.shinrin-koen.go.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.18

ココファーム収穫祭2013【足利市】

毎年11月に行われている「ココファームワイナリー」の収穫祭。今年も17日の日曜に行ってきた。今年は記念の30回目だそうだ。

昨年は9時前に足利市駅に到着する「りょうもう3号」だったけど、今年はもう1本遅い「りょうもう5号」で足利市駅9:59着・・・σ(^^)は東武動物公園駅から乗ったけど当日券は既に売切れで乗りたい人は立ち席券を買ってました。聞いた話だと北千住駅では立ち席券を買う人で大混雑していたと。

131117_000
駅前ロータリーからシャトルバス(300円)に並んで現地着は11時くらい。昨年も駅で並んでから到着までやっぱり1時間はかかったなぁ。道が狭いので現地で交互通行させるから。

131117_001
ハーベストキット(3,000円)を購入し、会場へ。このチケットで入場+ワイングラス+ワイン&つまみセットと引きかえられる。

131117_002
131117_003
この時間だとメインステージ前のブドウ棚はもう座る場所が無い。上の方へ行けば有ったかもしれないけど酔っ払いと急勾配は相性が悪い(笑)
なので一番奥のため池のほとりに何とか場所を確保。前日も今日も快晴のポカポカ陽気だったけど日陰になってしまうのでちと寒かったかな?フラメンコの人たちが近いのでその踊りとかを眺められたけどメインステージの話しは殆ど聞こえず。

131117_010
131117_008
131117_012
会場内ではワインと食べ物のブースが点在していて美味しそうな料理がたくさん。でもその分並ぶので原則は持ち込み禁止だけどσ(^^)たちは簡単なものを・・・って作ったのはσ(^^)じゃないんだけど。

131117_005
131117_009
131117_004
131117_011
131117_007
ワインは持出し厳禁、会場内でしか飲めない「出来立てワイン」のロゼと白(辛口)の1Lを1本ずつ。カラフェ込みで2,500円、カラフェを持って行くと2,000円。

131117_006
程よく酔っ払って15時前に帰りのバス乗り場へ。ピストン輸送しているんだけど行き同様会場付近の道が狭いので来る時は続けてくるけど来ないと暫く来ない。
バスに乗って無事に座れば爆睡し足利市駅に16:15到着、帰りの車内も殆ど寝ながらだけど乗り過ごさずに無事帰宅。

131117_013

【ココ・ファーム・ワイナリー】
住所:栃木県足利市田島町611
電話:0284-42-1194
時間:10:30~15:30
期間:11月の第3日曜日とその前日(2013年は11月16日~17日)
料金:ハーベストキット3,000円
URL:http://www.cocowine.com/index.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.12

中津峡その2【紅葉2013】

少し走っては奇麗そうな場所で車を停めて撮影。ちゃんとした駐車場以外でも路肩が広くなった場所が数ヶ所有るので1~2台なら大丈夫。土日だと埋まっちゃって厳しいかなぁ?

131112_016
131112_017
131112_018
131112_019
131112_021
131112_020_2
そして終点は中津川村キャンプ場&こまどり荘の辺り。この先、三国峠って処へ林道が有るそうだけど通行止めと。紅葉もこの辺りは既に終わりに近い。

こまどり荘は宿泊や食事も出来る施設で「森林科学館」ってのも隣に建っている。ここは駐車場がそこそこ有るので皆さんここで折り返しかな?

131112_022
131112_023
昼飯は戻ってループ橋の先の「紺屋」、久しぶりの訪問・・・帰宅して自分のblog確認したら前回来たのは2006年だって。週末しか営業して無いはずだけど紅葉シーズンだからか平日なのに営業中の看板が出ていたので訪問。気に入っていてもなかなか来れないんだよね。

相変わらず1人でやっているので「セルフ」と。名前と注文を受付の紙に書いて出来上がったら呼ばれるので受け取りに行く。「もり600円」か「大盛り800円」しか無いと。「掻き揚げ300円」は有ると云うので大盛りにかき揚げを。

田舎風のコシのしっかりした蕎麦だ。

131112_024
131112_025
温泉は「道の駅」の大滝温泉へ。対岸は針葉樹が中心だけど下の方にちょうど見頃の木が。但し露天で浴槽に浸かって眺めようとするとハーフミラーの目隠しが有って自分の顔を眺める破目に(笑)入浴後に階上のテラスから撮影。

131112_027
131112_028
道の駅大滝温泉を15時半に出てさいたま市の自宅18時半・・・下道だけなので3時間かかるよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中津峡その1【紅葉2013】

国道140号をそのまま走り、ループ橋を越えて雁坂峠へ向かう途中、右へ曲がる道が有る。「中津峡」って名前は聞いていたけど行った事が無いし、山梨から帰る途中に前から気になっていた。

140号から曲がって暫くはトンネルが多く直線的な道。こんな山奥に立派な道路よく造ったなぁ(笑)

131112_006
大崩ってバス停の処が「永世戸山の紅葉」と・・・看板が立ってた。ちゃんとした駐車場は無いが路肩が広くなっていて10台弱なら停められそう。

131112_010
131112_007
131112_008
131112_009
この先、ちゃんと車が停められそうな場所は途中でもう1ヶ所、売店やトイレが有るところ。「しし汁」って売ってたけどイノシシのシシか?あとは一番奥の「こまどり荘」の処くらい。

131112_011
131112_012
131112_013
131112_014
131112_015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金蔵落しの渓流【紅葉2013】

日曜は天気予報だと朝から強風で午後は雷雨と云うから遠出しなかったけど陽射しも出て風も無く良い天気だった・・・騙された!(笑)って事で12日の火曜日に会社を休んで秩父へ紅葉ドライブ。

先ずは由来を知りたいような知りたくないような「金蔵落しの渓流」って場所へ。三峰口の方から来て最初のトンネルのすぐ手前です。トンネルの先に営業して無いようなドライブインとそのすぐ先に左へ曲がる道が有って曲がってすぐの脇に車が停められる。

131112_004
131112_005
131112_000
131112_001
131112_002
131112_003
平日でもそれなりにカメラマンが来てましたね。会社を休んでと云うより定年された高齢の方が中心で。

夜はライトアップすると看板が出ていたけど、ここで暗くなるのを待つと帰宅時間が遅くなりすぎるので断念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.05

デジカメ購入 DSC-WX200

3年前の春に買ったSONYのDSC-TX5が壊れてしまった・・・「壊した」訳じゃなく「壊れた」んだから←ここ大事(笑)

ズーム4倍だし小さなセンサーなので画質的にはどれ程のものではないが暗い場所で裏面照射型CMOSセンサーでの連写合成と胸ポケットに入る大きさで防水仕様はメモカメラとして大変重宝していた。

メモカメラなので毎日持ち歩いてた為、画像の取り込みも頻繁に・・・底の蓋を開けて脇のポッチをまた開けて・・・ここが壊れた。撮影機能自体には問題ないけど底の蓋が閉まらない状態はストッパーが付いているのでバッテリー等は落ちないとは云えやはり困る。開けること無いなら接着剤で修理も良いけどバッテリー交換やデータ転送の際には開けないといけないし。プラ素材だから金属疲労じゃ無いんだけど頻繁に開閉していれば劣化もしかたがないか。

131104_001
って事で修理に出しても安くないだろうし新しいメモ用デジカメを探すことに。

「裏面照射型CMOS」と「胸ポケットに入れられる大きさ・軽さ」が優先条件、防水は欲しいけど1年くらいで劣化して防水機能は効果減るらしいから諦めよう。夏場に胸ポケットで汗まみれの危険有るけどポーチか何かで対策するか。

小遣いの範囲での購入だから安い方が嬉しいし、バッテリーも使い廻せるって事で今回選んだのは同じSONYの「DSC-WX200」、大きさはTX5とほぼ同じくらい10倍ズーム、Wi-Fi接続ってのも面白そうだったので。1月の発売当初は25千円前後してた価格も半年以上経って最安値は14千円ちょっとに。出来れば15千円くらいでと思ってたがタイミングが悪くビックカメラの通販で16,020円ポイント無しでの購入、数日前ならヤマダ実店舗でもう少し安かったんだけど。
これで15年間で11台目のデジカメだなぁ。(過去の購入歴はこちら

131104_000
望遠は16:9の2Mモードだと35mm換算で27.5mm~275mmの10倍、全画素超解像ズームだと51倍まで・・・1,403mm相当?まぁデジタルズームとどれ程違うのか判らないけどメモカメラとしては色々撮れるのは良いことだ。
試しに駅のホームとロータリーで広角側・10倍・51倍の撮り比べ。51倍は普通の手持ちだと流石に手ブレが恐い。画質だって51倍では誉められたモノじゃ無いだろうけどメモ程度なら十分な画質だ。

131105_000
131105_001
131105_002
131105_003
131105_004
131105_005
次は夜景撮影の比較。プレミアムおまかせオート、手持ち夜景、手持ち夜景+EV補正+0.7の順に。以前のTX5もそうだったけど「手持ち夜景」モードは雰囲気を残そうとするのか暗めの絵になるんだよね。なので大概EV補正をかけてたけど「プレミアムおまかせオート」でも自動判別で連写合成してるのでいじる必要無いかなぁ。

131105_006
131105_007
131105_008
最後にホワイトバランスを夜景と同じ順に。これは好き嫌いも有るんだけど手持ち夜景で撮ると「電球色」の赤が残りすぎで料理とか見た目より赤く撮れちゃう。なので4枚目のように白い紙を使って「ワンプッシュ取込」をして撮っていたけど夜景と同じく「プレミアムおまかせオート」なら多少赤みが残るがいじらなくてもいいかな?

131105_009
131105_010
131105_011
131105_012
未だ数枚しか撮って無いし、Wi-Fi設定もしてないけど概ね満足です。普段は「プレミアムおまかせオート」で十分だな、どうしても気に入らない時だけいじってみるとか。

最近の携帯やスマホのカメラ機能も充実してきて昼間の屋外ならズーム以外はコンデジと大きく変わらないそうだ。なのでコンデジの売上が落ちていると。そう云う意味ではメモカメラならスマホとかでも良さそうだけどこうやって数枚撮っただけでもやはり違うなぁと思う。
この辺りは人それぞれで画質優先の人からすればWX200もスマホも一緒かもしれないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.01

真沢の森【みなかみ町】

赤谷湖を後にして〆は温泉。最近知ったばかりだけど「真沢の森(さなざわのもり)」って宿で日帰り入浴。赤谷湖からだと南端辺りから県道をくねくねと走ってゴルフ場やサイクルセンターを超えた先、新幹線の上毛高原駅からなら車で10分しない場所。

建物は大きな三角屋根で洋風ホテルの雰囲気だけど中はそれほどお洒落ではない。エレベータ類が無いそうなので年寄りには厳しいのか?その代わり眺めは良さそうだ。

131031_003
131031_013
フロントでスリッパに履き替え料金を払って正面のドアから一旦外へ。階段で2階分くらい下に湯小屋が有る。この辺りは雪も降るらしく湯小屋までの通路には屋根がしっかり。

脱衣所は籠が中心だけどコインリターン式のロッカーも幾つか有る。貴重品類を持ち歩く日帰り客には有難い。

131031_012
131031_004
131031_005
平日の14時過ぎって中途半端な時間なので・・・貸切状態、嬉しいな♪(笑)
ph9.7の美人の湯を謳っているが循環・加温・塩素消毒と温泉好きからすると評価は低そうだ。ただ常に塩素臭充満では無いらしいので平日の今回立ち寄ってみたんだけど思った通りツルスベ感有るお湯で塩素も臭わない。この状態のお湯なら温泉自慢の他の宿にも負けないんだよなぁ、でも湯量が少ないからか混むと消毒を強くしちゃうんだろうね。

内湯は縁に木を配して小窓からは外の坪庭が見えいい雰囲気。露天は岩風呂で目隠しの柵が有るから絶景とは云えないが柵のところまで来ればなかなかの景色。手前の黄色く色づいた木は桜のようだ、春は綺麗だろうなぁ。

131031_006
131031_007
131031_008
131031_009
131031_010
131031_011
σ(^^)は何が何でも源泉100%かけ流しにこだわる訳では無いが強烈な塩素臭は苦手。お湯が常にこのコンディションなら値段も手頃だし料理も面白そうだし泊まってみたい宿リストに載るんだけど・・・どのタイミングで塩素満点になるのか判らないとねぇ。

【真沢の森】
住所:群馬県利根郡みなかみ町月夜野2537-2
電話:0278-20-2121
時間:11:00~21:00
休み:-
料金:500円(2hまで)
URL:http://www.minakami-port.com/sanazawa/

帰りは急ぐ用もないので下道で。17号を南下し永井食堂で「もつ煮」を買って前橋渋川バイパスから少し県道を走って上武道路へ。上毛高原駅前から3時間半でさいたま市へ帰宅・・・やっぱり時間かかるなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »