« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の12件の記事

2014.01.30

湯の華銭湯 瑞祥【上山田温泉】

《2014冬の奥飛騨旅行 その7》

最初のエントリーに書いた通り、2日目の昼飯も「唐沢そば集落」へ。
食べ終わって国道に戻って14時頃・・・松本ICから乗ってまっすぐ帰れば大宮に18時くらいだなぁ。もう1軒どこか温泉へ寄ろうかと。

走りながら松本IC近くまで来てそんな話になったので同行者にスマホで検索してもらい戸倉上山田温泉へ行くことに。
幾つか日帰りできる施設が有るようだけど名前が気に入った「湯の華銭湯 瑞祥」へ。戸倉上山田温泉って未踏の地なのでどんな感じかをみておきたいってのも有ったし。

ナビに従って川を越えて右折、その先を細い路地に入ると施設が見えた。駐車場は満車に近い込具合。

20140126_019
温泉銭湯と云うくらいで番台があって自販機で買った券を渡し中へ。
内湯、露天、サウナ、ジェットバス、寝湯、つぼ湯と首都圏の日帰りスパ銭と似た内容だがお湯が良い。大きな内湯には岩が衝立のように配されて旅館の風呂の様。露天は白濁した湯でTVが有る。街中なのに白濁してるんだなぁ。内湯はほぼ無色透明だったけど。

【瑞祥 上山田本館】
住所:長野県千曲市上山田温泉2-18-8
電話:026-275-4321
時間:9:00~25:00(土日祝6:00~)
休み:第3火曜
料金:650円
URL:http://www4.ocn.ne.jp/~zuisyo/

小一時間くらい浸かって帰路に。上信越道も関越道も思ったほど混まず、東松山先で事故渋滞で10数キロと出ていたから嵐山小川ICで降り19時に帰宅。

さいたま市の自宅から往復で600キロちょっと、1泊ではちょっと遠いけど良い旅だったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中崎山荘 奥飛騨の湯【新穂高温泉】

《2014冬の奥飛騨旅行 その6》

深山荘をチェックアウトしてものの数分で突き当りの新穂高ロープウェイ乗り場に。夜中から小雨が降っていたが明け方から雪になり、この時間はそれなりの降り方に。

で、ロープウェイが到着すると中華系の団体さんが降りてきて大型バスに吸い込まれていく・・・こんな天気じゃ何も見えなかっただろうになぁ。土産物屋のレジでちゃんと並んでいたから台湾の方かな?雪国を堪能されたか懲りたかは不明。

20140126_010
その直ぐ下に日帰り温泉施設「中崎山荘」が。通常は800円なんだけどこの日は26日(フロの日)って事で500円と安く入れると。

20140126_005
20140126_006
以前は旅館だったのを移転して日帰り専用にしたそうなので館内は綺麗です。登山客が帰る前に汗を流す目的もあるようでザック置き場がフロント前に有り、逆に「脱衣所にザックを持ち込まないで」とも。
休憩所と食堂も併設だけど脱衣所に貼られた食堂メニューを見るとあまりそそらない。

20140126_009
内湯は檜風呂、ほんのちょっとだけ熱めだったけど白濁した良いお湯。なんでもツムラの入浴剤のモデルになったとか。
露天はそれほど広くない岩風呂。目隠し兼温泉温度を下げる為に箒のような竹の小枝を並べて上から源泉を流してる。微妙な温度調節は苦手らしく下げすぎてぬるめだったけど。

20140126_007
20140126_008
【中崎山荘 奥飛騨の湯】
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂710
電話:0578-89-2021
時間:8:00~20:00
休み:?
料金: 800円(毎月26日は500円)
URL:http://shinhotaka.com/nakazaki.html

この後は平湯バスターミナルで土産を物色して帰路に。

20140126_011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深山荘(その3 食事)【新穂高温泉】

《2014冬の奥飛騨旅行 その5》

食事は朝晩とも1Fの大広間。
グループごとに衝立で仕切られていて、この日は7組の宿泊なので余裕の間隔。

20140126_001
夕飯で最初にテーブルに並んでいたのがこの5品。
刺身は甘エビ、白身、マスかな?マスはスモークされていた。
大根ナマス、こごみのごま和え、胡麻豆腐、野菜の炊合せ。

20140125_046
20140125_048
20140125_047
20140125_049
後から焼きたての岩魚の塩焼き、天ぷら、熊汁など熱々のものを。熊汁って珍しいよねぇ、味とかは特に癖は無かったけど。
その頃に陶板焼きに火をつけてくれた。肉は聞かなかったけど多分飛騨牛?もしかしたら普通の和牛。

20140125_051
20140125_052
20140125_053
20140125_054
そして最後にご飯、味噌汁、デザート。
面白いのは朝飯、夕飯共に漬物は食事処入ってすぐのテーブルに大皿で盛られていて各自好きに取る方式。飛騨ならではの赤かぶ漬けとか3種ずつ出された。

20140125_055
20140125_056
20140125_050
朝食も同じ場所、同じ席で。
温泉玉子、味付け海苔、焼き魚などごく普通。そこに2人に1つ朴葉みそが。飛騨に来たらやっぱりこれだよね。

20140126_002
20140126_003
飲み物は瓶ビール(大瓶)が630円(アサヒとキリンが選べる!素晴らしい)、日本酒(1合)420円、冷酒300mlは840円など。

【新穂高温泉 深山荘】
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂720-1
電話:0578-89-2031
時間:in14:30~/out~10:00
休み:-
料金:12,750~13,800円
     日帰りは露天が8:00~17:00、18:00~22:00 500円。内湯は9:30~15:00 700円
URL:http://shinzansou.com/

泊まった感想として建物は多少くたびれているので音が響いたり、ウォシュレット付きとは云え共同トイレだし、そう云うのを気にする人には向かないかもしれない。
その代わり温泉の開放感は素晴らしい。女性専用の露天は眺望無いそうだけど貸切露天も有るし、湯浴み着も有るので温泉目当ての人ならオススメかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.28

深山荘(その2 温泉)【新穂高温泉】

《2014冬の奥飛騨旅行 その4》

こちらの温泉の名物は開放感いっぱいの大露天風呂。三段になっていて上2つは男性専用、一番下が混浴。泊客は無料で、日帰り客には有料で湯浴み着を貸してくれるそうだ。

上段はそれほど眺望は良くないが、中段、下段からは北側を見れば標高2,813mの抜戸岳(ぬけどだけ)、東側&南側を見れば浴槽のすぐそばを蒲田川の流れが見えて野趣あふれるとはこの事ぞって感じ。その代わり上段には雨よけの屋根が有り、今回も夜中に入った時は雨が降ってきたのでこの下に。

20140125_037
20140125_039
20140125_041
20140125_040
20140125_042
対岸から眺めるとこんな感じ、吊り橋からも丸見えです。

20140126_004
因みに初めて来た時は山は槍ヶ岳なのかなぁと思っていたが、この温泉の位置からでは近すぎて見えないようだ。

20140125_022
20140125_023
脱衣場は簡素だけど宿泊者ならこれで十分。日帰り客用には宿の入口に貴重品ロッカーが有った。

お湯は無色透明だけど白い湯の華が沢山舞ってて硫黄の匂いもそれなりに感じる。チェックアウトまで都合4回入浴したけどほとんど貸切状態か1~2名いる程度と空いていたので好きな場所で浸かり放題だったなぁ。

20140125_038
20140125_044
内湯はフロントから階段を下った場所。
ついつい大露天に目が行ってしまうが2つに仕切られた檜の浴槽はなかなかの雰囲気。ただ湯の華や硫黄の香りはあまり無かった。

20140125_035
20140125_033
20140125_034
それ以外に宿泊者専用の貸切露天風呂が2つ有るらしい。宿から吊り橋を渡った先らしいがヲヤヂ旅へは特に案内もなかった(笑)
まぁ、ご夫婦の方とか優先で入って貰った方が良いのでσ(^^)達は行かなかったけどフロントに鍵が有るので空いていればいつでも入れるシステムらしい。

【新穂高温泉 深山荘】
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂720-1
電話:0578-89-2031
時間:in14:30~/out~10:00
休み:-
料金:12,750~13,800円
     日帰りは露天が8:00~17:00、18:00~22:00 500円。内湯は9:30~15:00 700円
URL:http://shinzansou.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深山荘(その1 部屋)【新穂高温泉】

《2014冬の奥飛騨旅行 その3》

今回の宿は「新穂高温泉 深山荘」、川沿いの豪快な露天風呂が有名。数年前に一度友人の案内で来たことが有り、今回の宿選びの際に候補にしてみた。

蒲田川に沿ったスノーシェルターの途中に開口部が広くなってバス停が見える場所が有る。そこを曲がっって坂を降りた吊り橋の手前が駐車場。

吊り橋(かじか橋)を渡って宿につくロケーションがなんとも云えない。宿への物資搬入はどうしてるのかなぁと思ったら直ぐ上流に川の中を車が走れる通路が見えた・・・但し水量が増えたら無理っぽいけど。

20140125_021
20140125_024
20140125_036
部屋は2Fの一番上流側の208号室。角部屋なので2方に窓が有り窓は二重仕様で防音&断熱。
室内には洗面は有るがトイレは共同(共同だけど新し目のウォシュレット)、大きめの液晶TV、空の冷蔵庫、貴重品金庫と至ってシンプル。
外観通り古い建物なので歩くと多少響く感は有るけど暖房はよく効いているしヲヤヂ旅には十分。
20140125_032
20140125_025
20140125_027
20140125_029
20140125_030
20140125_026
お茶受けの菓子は栃の実せんべいとか。この辺りって皆が納得する名物が少ないから土産菓子とか困るなぁ。

20140125_031
部屋から見た北側の景色は抜戸岳が見え、東側は対岸のスノーシェルター、見下ろす吊り橋と川の景色はなんかいい感じ。この吊橋、夜は電球が点いてライトアップされる。

20140125_028
20140125_057
20140125_045
【新穂高温泉 深山荘】
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂720-1
電話:0578-89-2031
時間:in14:30~/out~10:00
休み:-
料金:12,750~13,800円
    日帰りは露天が8:00~17:00、18:00~22:00 500円。内湯は9:30~15:00 700円
URL:http://shinzansou.com/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデンホテル焼岳【新平湯】

《2014冬の奥飛騨旅行 その2》

安房トンネルを潜って平湯温泉から新平湯温泉へ。クマ牧場の前を曲がって福地温泉の方へ坂を降りて行くと左手の下の方に「ガーデンホテル焼岳」が。先ずはここで日帰り入浴をお願いする。
手前の右側に日帰り入浴客用の駐車場が有るのでそこに停めてる。ホテルの建物の前に何故かキハ27が鎮座。カラオケBOXに転用されているとのこと。

20140125_014
20140125_015
土曜の午後なので断られるかなぁと心配していたがすんなりOK、温泉があちらこちらに有るので分散してるから混まないのかな?

ここを選んだ理由は「うぐいすの湯」って緑色の温泉が有るとのことで。
脱衣所手前に無料の貴重品ロッカーと撮影禁止の貼紙・・・なので以降は画像なし(笑)

20140125_016
脱衣所は籠だけ、大きなホテルなのでそこそこ大きい。
内湯は・・・単なる沸かし湯らしい・・・すぐに露天へ。内湯からすぐの露天は男女別で岩風呂、檜風呂、立湯、寝湯と。鉄分の入った薄い濁り湯でなかなかいい感じ。

奥の「うぐいすの湯」は混浴なので男性は腰巻きを巻くようにと。宿の名前が入った特製品が置いてあってスナップボタンで止められるフリーサイズ。

温浴エリアは細長いうぐいすの湯とその後ろに洞窟風呂が。うぐいすの湯は確かに緑色だけど割と薄めの透明で国見温泉や熊の湯のそれを期待していくと残念に。まぁ見た目で判断しちゃいけないんだろうけど。

個人的感想では男女別露天のお湯の方が寒い冬には温まりがよく気に入ったのですぐに戻ってそちらを堪能。湯上がりは暑くて暫くは汗が引かないくらい。

【新平湯 ガーデンホテル焼岳】
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根2498-1
電話:0578-89-2811
時間:12:00~21:00
休み:-
料金:500円
URL:http://www.okuhida-gh.com/

ホテルの裏の出口に「奥飛騨 雪ほたる」って案内が。何かと聞いたら夜は氷柱をライトアップするって。この先の福地温泉でも「青だる」って同じようなのをしているそうなので見に行こうかと思っていたから丁度良い。昼でも氷の青さはなかなか神秘的。
ただ明るいと人工的に凍らせている部分のアラも見えちゃうけどね。

20140125_017
20140125_018
20140125_019
20140125_020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐沢そば集落【山形村】

《2014冬の奥飛騨旅行 その1》

毎年この時期には学生時代の友人たちと温泉旅行へ行っている。今年でもう11回目かぁ・・・卒業して11年目では無いので悪しからず。

で、今回は奥飛騨温泉郷へ行こうって話に。6年前に安房峠手前の中の湯温泉へ泊まって平湯まで足を延ばした事が有ったので今年はその先に。

8時前に大宮駅で集合し、圏央道・川島ICから高速へ。中央道が混んでいたら関越道経由にしようと思っていたけど問題なく中央道経由。逆に関越道が事故渋滞していたなぁ。

11時くらいに塩尻北ICで降りてナビに従い11時半には「唐沢そば集落」へ。つい最近知ったんだけどここは山都@会津の様に蕎麦屋さんが集まっている集落だと。500mくらいに9軒が点在しているそうなのでほぼ通り道だしと寄ってみる。

唐沢そば集落:http://www.vill.yamagata.nagano.jp/forms/info/info.aspx?info_id=5220

アルピコ交通(旧 松本電鉄)波田駅の南3kmくらいだろうか、1本のなだらかな坂道に沿って確かに蕎麦屋が点在。どこにしようか特に決めてなかったがなんとなく「根橋屋」さんへ。
店頭に数台分の駐車場が有るがすでに満車、直ぐ上にもう数台分のスペースが有ってそこにぎりぎり滑りこむ。

混んでるなぁと思って店内に入ると大きな座敷にテーブルが幾つも有り席は未だ空いていた。

20140125_001
20140125_012
20140125_000
20140125_003
メニューを見ると蕎麦の種類もおかずor肴も豊富。1杯やれたらいいなぁと思わせる・・・でも車じゃないと来られない場所だよね。誰か1人我慢か?
せいろが500円と安い、3~4人前の一緒盛り「得特盛り1,500円」も有るというのでそれと「野菜天ぷら300円」、メニューに載ってないけど店頭に出てた「本日の煮物300円」を付ける。

20140125_004
20140125_005
20140125_006
先ずは野沢菜の漬物がドンと、お代わりは有料と。
そして大きなざるに7つの玉状にした蕎麦が登場。1つの玉で上品な蕎麦屋の1人前くらいは有るか?3人で7玉なので通常の大盛り程度は食べたことに。
コシが有ってなかなか美味しい。水が良いんだろうなぁ、冷たく締められた食感がよく、薬味のネギや大根おろしも豪快に。

野菜天ぷらは玉ねぎ主体のかき揚げが大きくてクリスピー。普通に「天せいろ800円」を頼むと蕎麦とこれが出てくるようで食べごたえ十分だろう。

本日の煮物は大根、玉子、じゃがいも、骨付き鶏肉など。おでんと煮物の中間くらいの味と具材。

20140125_002
20140125_011
20140125_009
20140125_008
20140125_010
20140125_007
店を出る12時半位には待ち客も出ていたが席よりも駐車場の台数が難点かなぁ?聞かなかったけど他に停められる場所有るのか?

【根橋屋】
住所:長野県東筑摩郡山形村下竹田唐沢725
電話:0263-98-2313
時間:11:00~14:00
休み:ほぼ無休
料金:せいろ500円
URL:http://www.go.tvm.ne.jp/~shoukou/nebasiya/nebashiya.htm

 =====

前日の「根橋屋」が気に入ったので帰りの昼飯も唐沢そば集落へ。
平湯のバスセンターから1時間位かなぁ?日曜の13時くらいに到着し道を上がっていく。何軒かには「準備中」の札が出ていたが売り切れ仕舞なのか?

今回は看板に従って斜めに入った一番奥の方に有る「水舎」さんへ行ってみた。ネット等ではここが多分一番人気。
駐車場も第一と第二と2つ有るので停めやすい。もっと混んでいるかと思ったが時間がずれているのか上の第一にすんなり停められ、大広間のテーブルも半分くらいの入り。

20140126_012
20140126_014
この店は十割、粗びき、八割、吟と蕎麦の種類を幾つも出す。店内も綺麗で都会の蕎麦好きをターゲットにしている雰囲気。昨日の根橋屋さんはある意味ワイルドだったので対照的かなぁ?

メニューは各自好きなのを選びσ(^^)は「粗びき大盛り1,200円」、それと皆で1つ「ニジマスの空揚げ380円」を。

20140126_013
20140126_015
20140126_016
蕎麦は普通に美味しかったと感じたけど昨日の店と比較しちゃうと綺麗にまとまっちゃった感じで何か物足りない。この店を目当てに来る人も多いんだろうけど素朴さが失われたようで蕎麦に拘った店なら首都圏近郊でも色々有るしなぁて感想。

【石碾き蕎麦 水舎】
住所:長野県東筑摩郡山形村下竹田7466-10
電話:0263-98-3002
時間:10:30~16:00(土日祝~20:00)
休み:月曜
料金:粗びき蕎麦(並盛) 950円
URL:http://suisya-ya.com/index.php

集落を出て波田駅方面へ。初日は宿で飲む缶ビールを買いに「アップルランド デリシア波田駅前店」へ・・・山の中へ行くと酒屋でもSDしか無いこと有るから万全を期して(笑)

20140125_013
2日目は帰りなのでサラダ街道沿いの「こしむら おやき店」へ。おやきは新村駅近くの「さかた」って店が有名だけど逆に観光のメインルート国道158号から離れたこんな場所で営業しているんだから地元での評価有るんだろうと。
各種それぞれ160円、「野沢菜」と「りんごおさつ」を購入。レンジで20秒ほど温めれば良いと。

20140126_018
20140126_017
20140126_020
しかしこう云う「蕎麦」の集落って山都の他に出流@栃木くらいしか思い出せないが沢山あるのかなぁ?金砂郷@茨城は店が沢山有るわけじゃないし、山形や熊本の「そば街道」は広範囲に点在のイメージだし。

==2016年2月追記==

唐沢そば集落へ2016年1月の温泉旅行でも立ち寄った。今回は「根橋屋」さんと「そば幸」さん。各エントリーへのリンクを貼ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.22

手打そば 石橋庵【秩父】

先週に続き、この日曜も「華野果市場(はなやかいちば)」でイチゴを購入。この日は他より100円高い500円だけど茨城産の「さちのか」がオススメと。

ついでに広域農道沿い、吉見の道の駅手前の「長島農園」で「とちおとめ」を購入し食べ比べようと。こっちは600円。

で、帰宅後、奥さんと二人での感想は「さちのかも甘くて美味しいけど、とちおとめが好きだなぁ」って事に。

20140119_000
20140119_001
20140119_002

それはそれとして、そのまま254号を北上し、寄居から秩父方面へ。昼飯は皆野の先の蕎麦屋「石橋庵」さんへ。
ここ最近は雁坂越えの行き帰りは混む140号を避けて道の駅の龍勢会館&両神温泉の前を通るルートなので道中に見かける幟が気になって。

案内に沿って信号のある交差点の1つ手前の路地を入り、突き当たったら右折。週末限定&季節限定の蕎麦屋さんだそうで、1日30食限定とも。

20140119_004
20140119_003
12時直前に到着したのでテーブルの相席にぎりぎり忍びこむ。確かに幟は出ているが道路際ではないので目当てで来たお客さんばかりの人気店。
メニューも田舎せいろ、鴨せいろ、かけ、卵とじくらいかな?それと季節の野菜天500円と。
σ(^^)は「田舎せいろ600円」に野菜天を注文。
暫くして到着、うんうん、田舎蕎麦だ、この感じ好きなんだよな。天ぷらは案外量が多いなぁ、2人で1つでもいいかも。抹茶塩でいただきます。

20140119_006
20140119_005
20140119_007
数量、曜日、期間が限定となると食べられる機会が少ないかもしれないがタイミングが合えばまた来たいかな。

【手打そば 石橋庵】
住所:埼玉県秩父市太田1757
電話:0494-62-0858
時間:11:30~30食
休み:月~木、秋
料金:田舎せいろ600円
URL:http://www.ishibashi-an.com/

その後の温泉はちょうど山一つ北側の「満願の湯」へ。ここは人気が高く常に混んでる印象で久しく来てなかった。
お湯は加温、循環、消毒でph9.5と書いてあるがσ(^^)が入ったタイミングではどれほどの湯の印象では無いけどまぁ露天から滝が眺められるのは悪くないかなぁ。

20140119_008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.15

大宮駅改修工事【大宮】

JR大宮駅の中央通路改修工事が進んでいる。

20140114_002
昨年末くらいから早朝深夜の一部改札閉鎖や通路西側の床補修をしていたが、今年になって中央北改札と南改札の間にある「まめの木」を一時撤去した様子。

構内に掲げられている完成予想図を見るとインフォメーションセンターと位置を交換して、インフォメーションが改札の正面に、まめの木は両改札からすると少し西寄りの位置に移動するらしい。

その他は床を滑りにくい素材にするとか、改札口のサインを統一して判りやすくするとからしい・・・真夏の冷房が殆ど効かないのを直して欲しかったなぁ。時間に余裕ある時は遠回りでもルミネの中を通る時があるくらいだし。

20140114_001
で、まめの木を撤去して囲いを設けているが案外大きいので待ち合わせの人が残ったスペースに群がっているのが面白かったなぁ。工事の案内は見てる人いてもいきなり囲われたし、待ち合わせする時はそんなこと考えずに指定しちゃうからねぇ。

その囲いには・・・「跡地」は不味いよなぁ、遺跡じゃあるまいし。
どうやら不評だったようで本日見たら単に「まめの木」に変わってた(笑)(写真上が1/9~15くらい、下2枚が現在)

工事はH26年3月まで続くとのこと。

20140114_000

20140120_000

20140120_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.12

ふるさとの湯【坂戸】

華野果市場(はなやかいちば)」でイチゴ(いばらキッスって品種450円)を買って東松山でもつ煮を食べて・・・さて。

20140112_003

20140112_000
ここから近い温泉と云えば蔵の湯@東松山だよなぁ。温泉好きになる前に友人に連れて行かれた記憶が有るけど数年行ってない。
他にどこか有るか?・・・と思いだしてたら、そう云えば坂戸に確か有ったはずと検索かけて訪問。
さいたま市から坂戸・鶴ヶ島方面って距離はそうでもないけど川越の市街地を通らないといけないので渋滞を考えると億劫になり行ってなかった。

ナビに従って着いたそこは坂戸駅の北西、高麗川にかかる橋の手前を土手に沿って進んだ先。その先には関越道も見える立地なので市街地の割には開放感が有る。

20140112_004
回りこむように駐車場に停めて館内へ。休日は大人750円と。川越市の高齢者と毛呂山町の人は安く入れると券売機のところに書いてあった。公式サイトが無い施設なので詳しいことは判らないけど。

1Fは食堂で2Fが温泉、下足キーと交換でロッカーキーを貰い上へ。
浴室は内湯、サウナ、ジェットバス系、露天に壺湯、水風呂、浴槽がもう2つ。水風呂以外は温泉使用なようで緑茶のような薄い緑のお湯、ちょこっと舐めたら塩分を感じた。
ただ循環&消毒で内湯に居るとツンと来る臭いが。

露天も展望浴槽って銘打った大きな岩風呂が有るが湯に浸かると空しか見えない。端の手すりのところへ行くと川と今来た道&橋、そして関越道がよく見える・・・って事で眺望無いのは仕方がないや。

快晴の三連休中日の昼くらいに訪問したのでガラガラに近い入り具合。露天エリアにも5人位は居たけど壺湯に入っていたり、岩風呂の端の方にいたりと広いのでこのくらいだとストレスなく入れる。

下調べも何もなく来たけど悪くは無かったが、渋滞する川越市街地を通り越してまで又来るかというと微妙かな?

【ふるさとの湯】
住所:埼玉県坂戸市粟生田40
電話:049-284-4126
時間:平日9:00~23:30(土日祝8:00~)
休み:無休
料金:平日650円 土日祝750円
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.03

正月2日は山梨で温泉【山梨市】

年末に温泉仲間にメールしたら「2日に川浦温泉の近くへお参りしに行く」と・・・雁坂トンネル潜ればすぐじゃんと二つ返事で話に乗る。ただこの辺りの旅館の日帰り入浴は2日は受け付けてないところも有り、合流して向かった先は「花かげの湯」。ここも年末と元日は休業でこの日からの営業開始と。

友人たちはお参りを済ませた後の時間に集合なので時刻は昼前・・・先ずは食事だね。って事で温泉の食事処の「はくさい」へ。以前は甲州市塩山で営業していたライダーさんとかに有名だった店、2009年に閉店の噂を聞き残念に思っていたところ2011年に復活したと。翌年の春に行った際のエントリーはこちら

20140102_001
正月だから大人しく普通のメニューをとホワイトボードの「かき天ぷら定食 980円」を注文。カキフライはよく食べるけど天ぷらはめったに食べないし。
ご飯、味噌汁、漬物、天つゆと塩、そしてかきをメインにして天ぷら盛り合わせ・・・天丼以外もボリュームたっぷりなんだ。
この値段でこのボリューム、味も悪くない。もっと人気になってもおかしくないと思うけど昼時なのにσ(^^)達の他は2組程度。
温泉へ入らなくても直接食事利用できるし、温泉利用者は大広間からも注文できるみたいだ。

20140102_002
20140102_003
20140102_004
で、食後の温泉は・・・前回来た時に「お湯が残念」と聞いて避けたけど、うん、その通りだった(笑)
アルカリ性の良質なお湯って書いているけど塩素たっぷりの消毒で正月早々身を清めてしまった。内湯はジェットバス仕様で落ち着かないし、露天も絶景が見えるわけでもないし「はやぶさ温泉」が営業していたらそっちが正解だよなぁ。

【花かげの湯】
住所:山梨市牧丘町窪平453-1
電話:0553-35-4126
時間:10:00~20:30
休み:月曜
料金:市外500円(3時間)
URL:http://www.yamanashishi-kankou.com/iyashi/3onsen.html

【お食事処 はくさい】
住所:山梨県山梨市牧丘町窪平453-1
電話:080-5033-8931
時間:11:00~21:00
休み:月曜
料金:えび天丼980円他
URL:

近くにもう1湯同じく市営の「鼓川温泉」ってのが有り、そこも今日から営業と聞いたが同じく塩素たっぷりだと思うと行く気が失せる。で「どうせ塩素湯に浸かるなら正月らしく富士山を眺めよう」って話になって「ほったらかし温泉」へ。
正月休みだし混んでるかなぁ、激混みだったら諦めようって話で行ったが14時過ぎだと芋洗いって程ではなく、今回は「あっちの湯」だけどのんびりと入れた。出る15時半くらいには人が増えてきたのでもう少し遅くなると厳しかったのか、偶々だったのかは不明。

20140102_007
ここのお湯はphが高いけど、混雑すると循環&消毒でお湯的には楽しめる内容ではないけど富士山と甲府盆地を一望する景色はやっぱりいいねぇ。
展望台から富士山を撮影したけどDSC-WX200のズームだとこれだけ大きく写せるので便利♪
湯上がりにはここの定番「半熟卵の天ぷら」を食べて帰路に。

20140102_005
20140102_006
20140102_008
【ほったらかし温泉】
住所:山梨県山梨市矢坪1669-18
電話:0553-23-1526
時間:日の出前~22時
休み:無休
料金:700円
URL:http://www.hottarakashi-onsen.com/

帰りもごく普通に雁坂経由・・・ちょっと感覚が麻痺している?(笑)
でも中央道は既に小仏を先頭に上野原の先まで渋滞しているし、延々下道でもほったらかし温泉から3時間半でさいたま市まで帰れるからねぇ。
ただ知らないで初めて山梨市側から来た人はトンネルを境に道路がいきなりクネクネになるのでビックリだろうなぁ(笑)
正月休みなので大型ダンプとかが走ってなくσ(^^)的には有りがたかったけど。あと路面は大丈夫だったけど雁坂トンネル前後は路肩に雪が残っていたくらいなので凍結には注意です。(写真は道の駅みとみ)

20140102_000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年 元旦の武蔵一宮氷川神社

20140101_003
毎年書いてますが、どなたがご覧になっているか存じませんが今年も宜しくお願い申し上げます。

で、同じく毎年お参りしている大宮の氷川神社、昨年引っ越しをして少し遠くなったけど今年も初詣へ。

元旦の9時半頃に旧16号角の二の鳥居から向かってみる。この時間だと参拝客も増え始め、露天も元気に営業開始。明け方とかだともっとガラガラだけど店も閉まっていて正月気分が盛り上がらないからねぇ。

20140101_000
混むことなく三の鳥居へ到着、本殿へ向かう太鼓橋も規制なしですんなりと本殿へ。お守りを買ったりおみくじ引いたりして10時過ぎに神社を後にしたが未だ規制はかかってなかった。
過去のエントリーを読み返すと12時半では橋を渡る人を制限していて2012年は三の鳥居の外まで、2013年は太鼓橋へ進む分岐辺りが行列の最後尾だったと。

20140101_001
20140101_002
20140101_004
20140101_005
[過去のエントリー]
2013年:http://hachapp.cocolog-nifty.com/diary/2013/01/2013-7d92.html
2012年:http://hachapp.cocolog-nifty.com/diary/2012/01/2012-4432.html
2011年:http://hachapp.cocolog-nifty.com/diary/2011/01/2011-ae94.html

大栄橋から旧16号を参道に向かって歩いた範囲では9時半だとコインパーキングは旧16号沿いはどこも満車、ただ一本裏路地へ入れば未だ空きが有りそうな感じ。
それ以上遅くなると裏路地も満車になるだろうし、渋滞で動かなくなるだろうなぁ。

帰りは北大宮駅に出て帰ったけど、大宮税務署脇に路駐している車が多数・・・目立たないと思っているんだろうがここは案外取り締まりしてるので辞めた方が良いかと。

20140101_006
閉門時間は1月1日は22:30、2日は22:00、3日は21:30、4~6日は21:00、7日は20:00、それ以外は特記がないので通常の冬の開門時間6:00~17:00なのかな?混むのが嫌な人は閉門ギリギリに行けば混雑はないと思うが日が暮れると寒そうな。

毎年、元旦の状況しか眺めてないけど元旦はルミネとかが休業なので買い物ついでの参拝だと2日以降が混むかと思うし、上記の9時半や10時でも元旦と違って混雑している可能性も有るから参考程度にお読みください。

公式サイト:http://musashiichinomiya-hikawa.or.jp/index.html

この後は大宮駅に戻って路線バスで「清河寺温泉」へ新年初温泉。11時くらいから1時間程度居たけどそれほど混むことなく浸かれました。夕方だと混んだのだろうけど元日の午前中から温泉って人は少ないのかなぁ?

20140101_007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »