« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の4件の記事

2014.02.24

鬼平江戸処【羽生PA上り線】

昼にいちごを腹いっぱい食べるとなかなかお腹が空かないが、殆ど水分なので暫くすると空いてくる。
ではと帰りに立ち寄ったのが東北道上り線の羽生パーキングエリアに昨年暮れに出来た「鬼平江戸処」。要は高速のパーキングエリアなんだけど建物が「鬼平犯科帳」の世界、江戸の感じです。

20140223_014
20140223_012
20140223_006
20140223_007
飲食店と土産物屋が有り、飲食店は各店でオーダーしてフードコート的なテーブル席で食べるんだけど各店も「お江戸」している訳でσ(^^)達は「神田まつや」監修の「本所さなだや」さんへ。
この店の営業時間は10:00~21:00で、中には7:00~22:00なんて店も有るようだが深夜は食事できないのかな?SAじゃ無くPAだから仕方がないか。

20140223_008
20140223_011
20140223_009
20140223_010
注文は「山かけそば 950円」、券売機で買ってフードコートでよくある呼び出し機を受け取り暫く待つ。
受け取った品は冷たい蕎麦にたっぶりのとろろ汁、なかなか美味い。高速SA&PAの食事なんて以前の感覚だと腹を満たすだけで味はどうでも良かったが最近は力を入れているんだねぇ、「SAグルメ」なんて言葉も聞くし。

昼飯と夕飯の間のような時間に行ったので売店とかは混んでいたがそれほど待たずに食べられたのは良かったな。
あと、見取り図の通りそれほど広くはないので観光バスとかとかち合うと通路も売店も大変なことになりそう・・・もう少し広めに造れなかったのかなぁ?

20140223_013
【鬼平江戸処】
住所:埼玉県羽生市弥勒字五軒1686
電話:-
時間:-
休み:-
料金:-
URL:http://oniheiedodokoro.driveplaza.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちご狩り&那須大感謝祭2014年

毎年行っている塩原のいちご狩り、今年はなかなか都合がつかず、温泉仲間とやっと日程が合ったと思えば大雪で高速通行止。

で、1週ずらしたんだけど同行者の都合がつかずnifty時代の友人夫妻に声をかけて実行できた。なんだかんだと2007年から最低でも年に1回は通っているからねぇ(笑)

山梨や埼玉、そして栃木でも県南の方ではハウスの被害が多かったらしいがこちらは見た感じだと被害なし。多分降り方が違ったのと県北なので雪に強いハウスなんだろうな。

20140223_000
11時過ぎに着いたら直売所はほぼ売切れ、ただ奥で用意中のが有ったので待って土産を購入。大きな「とちひめ」は1粒300円、「とちおとめ」のパックは650円。

20140223_015
そしていちご狩り・・・やっぱりここのは美味しいよなぁ。甘いだけじゃなく香りが良い。帰宅して土産で買ったとちおとめを食べたけどハウスで食べたのと遜色なし、スーパーで売っているいちごとは別物ですね。

20140223_002
20140223_003
20140223_001
【いちごランド】
住所:栃木県那須塩原市関谷442
電話:080-1080-5910(10~15時)
時間:10:00~15:00
休み:6~11月
料金:1,600円(12~3月)
URL:http://homepage2.nifty.com/ICHIGO/

いちご狩りの後の温泉はこれまた恒例になっている那須の「冬の大感謝祭」利用で今回は「中藤屋」さん、鹿の湯源泉を使用していると。

20140223_016
20140223_004
駐車場は宿の坂の上側、玄関前の道を進むと下の道に出ちゃうから要注意。
「冬の大感謝祭」利用だと1,000円でチケット3枚、この宿は1枚使用だから333円の計算、通常が500円だからお安く利用できます。

浴室はフロントのすぐ横。脱衣所は籠だけなので貴重品類はフロントに預けてと。
浴室は内湯のみだけど木製の浴槽が大小2つ、ちょっと熱めに感じたが冬の温泉はこのくらいが良いかもね。左の小さい方が多少ぬるめかな?まぁ気持ち程度で。

20140223_005
【中藤屋】
住所:栃木県那須郡那須町大字湯本274-1
電話:0287-76-2705
時間:11:00~20:00
休み:?
料金:500円
URL:http://nakafujiya.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.09

大雪の翌日は

折角なので雪見露天風呂と洒落こんでみる。
10時位になって凍結してないし、スタッドレスを履いているので車で出かけようかと思ったら・・・駐車場が積もったまま。

20140209_000
20140209_001
運転席へ行くのに足がズッポリもなんなので路線バスで清河寺温泉へ。
開業8周年記念で回数券買うとガラポン1回(ハズレ無し)と云うから買ってみたけど4等の無料入浴券1枚だった・・・まぁ、こんなものか。

中庭には雪がだいぶ残っていたけど露天からだと植え込みの一部程度なのであまり雪見気分ではないがこんな日の午前中なのでそこそこ空いていて壺湯も源泉浴槽も入り放題・・・源泉浴槽はさすがにぬるいなぁ。

20140209_002
20140209_004
20140209_003
帰りもバスで大宮駅へ戻り昼飯食って帰宅し、午後は自宅でゴロゴロ。
16時位になって駐車場へ行ったらだいぶ溶けていたので車でスーパーへ買物に行く。

今、小学生くらいの子供たちは将来大人になって「子供の頃、物凄く積もった日があったよね」なんて思い出話になるのかなぁ?
どこかの家の玄関先にミニかまくら。公園とか空き地とか巨大雪だるま作り放題だったみたいだし。

20140209_005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.02

秩父の氷柱【奥秩父】

冬の観光客誘致を狙って各地で氷柱(つらら)を天然・人工合わせて宣伝している。温泉仲間とかが行ったのをblogやmixi日記で読んだのでσ(^^)も行きたくなって行ってみた。

先ずは「三十槌の氷柱」へ。国道140号を雁坂トンネルに向けて走る。家を出たのが遅め&工事渋滞が有ったりで12時過ぎになったので先ずは昼飯。

大滝の道の駅で「ざるそば&ミニしゃくし菜丼セット1,000円」、しゃくし菜丼だけは無いらしく丼はミニのみ。いっそ、ミニしゃくし菜丼300円+ミニなめこ丼300円+ミニかき揚げ丼300円の計900円でも良かったか(笑)
秩父名産のしゃくし菜を炒めてご飯の上に載せただけだけど歯ごたえとか好きなんだよな。

20140201_000
20140201_001
20140201_002
で、氷柱。
道の駅の国道沿いに案内看板が出ていたので駐車場から一旦上がって確認・・・食堂脇にも案内欲しかったなぁ。
駐車場は「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」と「槌打キャンプ場」の2箇所らしい。氷柱に近いのは「ウッドルーフ奥秩父」の方で駐車料金500円、「槌打」は10分位歩くそうで駐車料金は不明・・・遠くて不明は避けよう。

20140201_003
って事で「ウッドルーフ奥秩父」を目指す。橋を渡り雁坂方面と三峯神社に分かれる信号を左折、三峯神社の方へ。
すぐに左手にキャンプ場が出てくる。σ(^^)が行った時は工事で交互通行区間の中になり、坂を降りた先で駐車料金を徴収するから団子状で着く分混み合ってたが駐車場自体には余裕あり・・・満車になったら待つのかなぁ?道の駅からシャトルバスって訳にはいかないのか?

駐車場の端から氷柱が見えるくらい近いけど高低差は有ります。下流側にスロープが有るのでそちらから河川敷へ。
手前(下流側)が天然の氷柱、上流側は人工と。駐車場から見たのは人工の方。まぁ、綺麗なら天然人工気にしないけど。

20140201_013
20140201_012
20140201_010
20140201_011
20140201_006
20140201_007
20140201_009
20140201_008
【三十槌の氷柱(みそつちのつらら)】
住所:埼玉県秩父市大滝4066-2
電話:ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場 0494-55-0500
時間:8:00~17:00(ライトアップは別途)
期間:2014年1月4日~3月2日
料金:駐車料金500円
URL:http://www.woodroof.jp/tsurara/

「三十槌の氷柱」を見て140号を戻り三峰口駅を過ぎた先で左折、昨年新道の一部が開通したけど未だ途中ですれ違いしにくい箇所が残る県道・・・すれ違い不可のトンネル有るし。

299号に出て、三十槌から4~50分くらいかなぁ?「尾ノ内百景の氷柱」へ。299号は途中までは2車線の快適な道だけど氷柱手前5kmくらいはセンターラインの無い道に。勿論乗用車同士なら普通はすれ違える・・・もうちょい寄ろうよ、誰とは云わないけど対向車(笑)

「ひさつき平ガヤ氷柱」ってのも道中に立て看板が出ていたが規模はそれほどでもないらしい。駐車料金等不明だし・・・立て看板に「●円or無料」って書けば寄ってくれる人増えるだろうになぁ。
有料でも身ぐるみ剥がされるような額ではないのは判っているけど車で走行していると「判らないならいいや」って通過しちゃうんだよね。

話は戻って「尾ノ内」の方。
案内に沿って左折、ここは3箇所の駐車場が有るそうで、一番上に停めれば氷柱まで平坦な林道を歩いてすぐ。土曜の14時過ぎに到着して最初の箇所で「一番上は多少待つよ」の案内を受ける。実際10分以上待ったかな?2番目もタイミングによっては満車っぽい。2番目からなら多少歩くけど健康な人なら問題ないが一番下は覚悟が要りそうだ。

ここの氷柱は人工らしい。水を霧状に撒いているのも見える。
だけど吊り橋上から立体的に見る景色はなかなか壮観。橋を渡った先で行き止まりだけど是非渡りたい。

20140201_014
20140201_018
20140201_015
20140201_016
20140201_017
【尾ノ内百景(冷っけぇ~)の氷柱】
住所:埼玉県秩父郡小鹿野町河原沢996-1
電話:西秩父商工会 0494-75-1381
時間:8:00~16:00(ライトアップは別途)
期間:2014年1月5日~3月2日
料金:協力金200円
URL:http://www.nishichichibu.or.jp/hyouchuu/

他にも「中津川キャンプ場」とか今シーズンから「芦ヶ久保」とかも氷柱を楽しめるそうだ。個人的には規模は小さいけど「尾ノ内」の立体感が良かったなぁ。

帰りの温泉は299号沿いの「赤谷温泉 小鹿荘」に聞いてみたが土曜の夕方なので不可だった。まぁそうだよなぁ、別な時にしよう。

20140201_004
両神温泉や大滝温泉も氷柱見物の帰りで混んでいそうだし・・・って久しぶりだったので皆野の梵の湯へ。住所は秩父市だけど新皆野橋のすぐ下って立地。橋が工事中の頃に来て以来。

改めて来てみると循環だけど内湯のツルスベ感はなかなかのモノ。ただ露天はどうやら温泉では無いようだし、脱衣所や露天に書いてあるウンチク(注意書き)がなんとも怪しい。脱衣所のロッカーは有料ってのもここ数年で出来た施設では悪印象だよなぁ。
個人的には当分行かないかな?

20140201_005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »