« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の14件の記事

2014.06.30

すがも鴨台観音堂【庚申塚】

今年のGWに急に思いついた「さざえ堂巡り」、三大さざえ堂以外で首都圏で手軽に拝観できるところとなるともう1ヶ所、巣鴨の大正大学構内にH25年5月に出来た「すがも鴨台観音堂」・・・出来てから未だ1年しか経ってないのか。

平日の午前中に上野で用事が有ったので午後に訪問。
大塚から都電に乗って2駅、庚申塚で降りてまずは腹ごしらえ。久々の「ファイト餃子」、朝飯を食べそこねていたので「15個定食980円」を・・・久しぶりだなぁ。

20140630_005
20140630_000
20140630_001
店の前の商店街をそのまま進むと右手にさざえ堂が見えてくる。大学の建物も洒落ているけどさざえ堂も現代的な感じ。

20140630_002
20140630_003
20140630_004
会津のを手本にしたと聞くけど確かにそんな感じで完全な一方通行螺旋構造。内部撮影禁止なので画像はないが、登りは壁に窓がなく観音様を拝んだ下りにはステンドグラスみたいに窓にカラフルな色が付いていて雰囲気が違う。

【すがも鴨台観音堂】
住所:東京都豊島区西巣鴨3-20-1
電話:03-3918-7311
時間:9:00~17:00
休み:無休?
料金:無料
URL:http://ohdai-sazaedo.jp/index.html

帰りはとげぬき地蔵の方へ。

日光の天然氷を使ったかき氷の「雪菓」ってのがとげぬき地蔵の横に先週オープン・・・未だ知名度も低く暑さを感じにくい老人が多い街なので外から見た感じではお客さん居なかったなぁ。

20140630_008

σ(^^)は「みずの」で「塩大福130円」を2つほど。皮も餡も甘さ控えめに塩が効いていて上品な感じ。

20140630_006

20140630_007

===2016年3月追記===
結局この頃、「さざえ堂」巡りを4ヶ所したので各エントリーへのリンクを貼ってみる。

会津さざえ堂【会津若松】:http://hachapp.cocolog-nifty.com/diary/2014/05/post-115c.html

百体観音堂【本庄市】:http://hachapp.cocolog-nifty.com/diary/2014/05/post-398d.html

曹源寺さざえ堂【太田市】:http://hachapp.cocolog-nifty.com/diary/2014/06/post-a696.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.23

電子レンジ買い替え

先週の月曜に電子レンジを買い替え。
今までのは18年前のパナソニック製、機能的には未だ使えるんだけどターンテーブル式で庫内が狭く大きめのコンビニ弁当が入らないのが買い替え理由。

ご飯、おかず、時々弁当の温めくらいしか使ってないので新しいのも「庫内が広い」を条件に安いのを探したら東芝の「石窯ドーム ER-LD7」が近所のケーズデンキで税込み23,000円だったのでそれに。

(写真上が今までの、下が新しい方)

20140618_000
20140622_003
価格.comの売れ筋&注目ランキング1位だったのでレビューとか皆さんが沢山書いてあるから便利。で、価格.comのレビューだけだと偏りあるかなと思い普通にwebでblog検索してみたら・・・出てくるのはアフィリエイトblogばかり・・・あぁ、この使えなさ、何かに似てるなぁと思いだしたらPCメールがスパムばかりになって使えなくなったのに似てた。

悪貨は良貨を駆逐するとはよく云ったものだ。

因みに新しいレンジは昨日惣菜を暖めるのに1回使っただけなので使い勝手とかは不明。購入動機の「広い」は達成できたのは確か。

オーブントースターも同じく「狭い」の理由で近日中に買い替え予定だけど、素直に価格.comで口コミを読むしか無いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.22

dtab活用法-電子書籍端末として

10インチのdtabを買って2ヶ月ほど。1,024x800の解像度ながら10インチなのでリビングでちょっとWeb検索とかそれなりに便利。そもそもはドコモが「dビデオ」普及のために格安で販売した端末だけど、「dビデオ」自体はPCで時々見る程度。電子書籍端末として活用を考えてみた。

(1)自炊用
先ずは漫画を自炊して読もうかな?と思ってBookoffで数冊買ってきて自炊代行業者を検索・・・ん?以前から問題が有った様だがH25年に裁判でクロ判定が出てしまったらしい。つまり「自炊」の「代行」は著作権侵害で違法だと。
って事で、ネットで検索して出てくる業者も実際には営業してなかったり、営業しててもいつ中止になるか判らない状態らしい。

過去に一度レンタルスペースで機器を借りて自炊をしたが慣れないとこれが案外面倒でページが飛んだりするから業者に代行を依頼したかったんだけどなぁ。

(2)電子書籍サイトで購入
小説とかは別として漫画などは新刊でも古本でも構わないがpdfに落としたものを読むのが楽だと思う。電子書籍なら様々なサイトが有るからそれを使えばいいじゃんと思うだろうが

  • 互換性がない各サイトでそれぞれ登録してそれぞれのアプリで読むのが面倒
  • 値段が紙代も中間マージンも削減されている筈なのに紙の本とたいして変わらない
  • 乱立するストアが淘汰された場合、買った本が読めなくなる可能性がある
  • 読みたいものが有るとは限らない

ってろくでもないよね。
まぁ、確かに電子書籍が便利になりすぎると街の本屋が今よりももっと潰れちゃうからって配慮も有るのかもしれないが、ちゃんと紙の書籍と変わらない代金を払って買った書籍がストアの都合で読むこと出来なくなるのはやっぱり困る。

(3)電子書籍サイトでレンタル
そうなると電子書籍は「1回読めればいいや」くらいのマンガ喫茶くらいの感覚が丁度いいのかなぁ?金額も買うよりは安いし、その時読めれば将来ストアが潰れようが関係ないし。

コミックのレンタルだと
・コミックシーモア:http://www.cmoa.jp/
・Renta!:http://renta.papy.co.jp/

くらいが有名なのかな?
ただ検索しても読みたいモノが揃って無いし、300円/冊のレンタル料金は買えば500円程度の作品なのでちょっと割高だなぁ。レンタルなら1冊100円くらいが望ましいがその価格だと読みたい作品がほんとうに少ない。

BookLive!が6月から2日レンタルを開始したみたいだけど未だまだ対象が少ない。

BookLive!2days:http://booklive.jp/index/two-days

無料のコミックサイトで「Jコミ」ってのが有るが、絶版マンガなので読みたい作品があるかどうかの問題が残るのは上と同じ。
ダウンロードできてオフラインで読めるのは有難いけど良い作品も有るけど絶版になるにはそれなりに理由が有る作品も有るからねぇ(笑)

Jコミ:http://www.j-comi.jp/

20140622_001

(4)リアル+電子書籍
文教堂の「空飛ぶ本棚」ってリアル書店で雑誌を買うと電子版がサービスってのが有る。対象書籍はツイッターで呟いていると。
対象の雑誌は各号で違うらしく前回対象だったと思って次号買ったら対象外とか有るらしい。

自宅から少し離れているけど行けなくない距離に文教堂書店が有るので行ってみた。雑誌コーナーの棚に今販売してて対象の雑誌名が表示されているので適当に「週刊ダイヤモンド」を購入。クーポンコードが載っている用紙を手作業で雑誌にゴム留してあった・・・電子書籍を使うのにアナログだねぇ(笑)

アプリを落としてユーザー登録をしてクーポンコードを入れてダウンロード。一度ダウンロードすればオフラインでも読めるそうだけど・・・?解像度低すぎ。
dtabに入れていざ読もうとしたら拡大してもこの状態じゃぁ「鑑賞」にしかならない。Wi-Fi環境で読むとちゃんと読めたのになぁ。
もしかしたらダウンロード時に高解像度の設定有ったのかも。

20140524_000
20140524_001
20140524_002
20140622_000
20140622_002
三省堂でも「デジ本」って同様のサービスしているらしいが対象が限られているのは文教堂と一緒。

文教堂:空飛ぶ本棚:http://www.sky.co.jp/
三省堂:デジ本プラス:http://www.books-sanseido.co.jp/digi-pon/

(5)読み放題
6月20日からドコモが「dマガジン」ってサービスを立ち上げて月額400円で雑誌70誌を読めると。
上記(3)の対象雑誌の多くが対象になっている印象。紙の雑誌が要らないのなら安上がりだし定期的に読めるんだしいいかも。
初日7日間は無料が有るから7月になったら一度試してみるか。

dマガジン:https://magazine.dmkt-sp.jp/top

既に「ビューン」ってサービスでもコミック含め似たようなのが有るが、iPad、iPhoneかソフトバンクの契約じゃないとダメなようでσ(^^)は対象外だから。

ビューン:http://www.viewn.co.jp/

σ(^^)のような一般的なエンドユーザーからすると行き過ぎた著作権保護が折角のデバイスの利便性に制限かけているようにしか見えないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.16

曹源寺さざえ堂【太田市】

先月2ヶ所巡った「三大さざえ堂」、残る1ヶ所、太田市に有る祥寿山曹源寺の「さざえ堂」へ行ってみた。(前の2回はこちら→円通三匝堂@会津百体観音堂@本庄

太田駅から北へ数キロ、北関東道の太田桐生ICの南西に有るお寺。県道316号線で行ったけどナビは「目的地周辺です」で案内を止めやがって肝心のお寺への入り口が判らない。少し走ってUターンでもしようかと思ったら信号に案内板が。県道の1本東側の細い道を戻るように走ると山門の前に出ます。
駐車場はお寺の南側に数台分、山門の前にも同じく数台分。

20140616_000
20140616_001
20140616_002
拝観の受付は堂内で。
法事等が有ると拝観できない事が有るそうなので行くんだったら念の為に電話して行った方がいいかも。

20140616_009
外観は二階建てだけど中は三階建って造りは児玉の百体観音堂に似ているけど、百体観音堂は中の三階建ての周りを外の二階建てで覆った感じなのに対し、こちらはよく見るとちゃんと三階建てになって外と中は一体な建物。

中心の仏様に対し右回りに三周し三階に行ったら同じ場所を通らないで出てくる事から「さざえ堂」だと。この右回り三周は「右繞三匝」って仏教の形式らしい。

下の写真の1枚目、右側がこれから上がる通路、左側が帰りの通路、階段とスロープで高さを稼ぎながら交差してます。
逆に2枚目、3枚目は通路の中央に仕切りが有って内側が行き、外側が帰りに通る通路。厳密に云えば同じ廊下の内と外を通るから「同じ場所を通らない」はちょっと違う気もするけどここは百観音を拝むお寺であって迷路じゃないから。三周して日本百観音霊場巡りをするのが目的。

20140616_003
20140616_008
20140616_007
堂内には住職の手書きの格言などがあちこちに貼られている。

20140616_006
20140616_004
20140616_005
お堂の周囲には紫陽花が植えられていて丁度見頃に。外からもう一周してさざえ堂を後にする。

20140616_010
20140616_011
20140616_012
ここと会津飯盛山の円通三匝堂、旧児玉町の百体観音堂がいわゆる「三大さざえ堂」と呼ばれている。
「さざえ堂」自体は他にも数ヶ所有るそうだけどふらっと行って見られるところは後は大正大学@西巣鴨の「すがも鴨台観音堂」くらいかと。

【祥寿山曹源寺】
住所:群馬県太田市東今泉町165
電話:0276-25-1343
時間:10:00~15:00
休み:不定期
料金:300円
URL:http://www.geocities.jp/ootashisazaedou/sou.htm

===2016年3月追記===
結局この頃、「さざえ堂」巡りを4ヶ所したので各エントリーへのリンクを貼ってみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.15

大宮公園の紫陽花 2014.06.15【さいたま市】

先週に続いて15日の日曜に大宮第二公園へ紫陽花の咲き具合を確認しに・・・確認するメリットなんぞ何一つ無いんだけどさぁ(笑)

一週間でだいぶ咲き揃った感じです。
世間的にはサッカーW杯の日本代表戦の放映時間なので道路はもっと空いているかなぁと思ったけどさすがに普通の日曜と同じくらいか(笑)

20140615_002
20140615_003
20140615_001
ただ規模が大きくないからか紫陽花が咲いているエリアにいた人はσ(^^)以外に一眼レフ構えた人がもう1人だけ。
因みにσ(^^)はお手軽にソニーのDSC-WX200で撮影。

20140615_000
20140615_004
20140615_005

大宮第二・第三公園:http://www.omiya-park.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.08

染谷花しょうぶ園2014.06.08【さいたま市】

6月の1ヶ月間だけしか営業してない「菖蒲園」がさいたま市の外れにある。何年か前にも一度来たけど久しぶりなので改めて訪問。

場所は大宮駅から東へ車で20分位かなぁ?ちょっと説明しにくい場所で日帰り温泉の「小春日和」から近い。温泉から徒歩10分もしないし、小春日和の交通アクセス図に菖蒲園が載っているので初めての人はそちらを参照すると良いかな?

20140608_023
小雨が降る日曜の10時頃に到着。菖蒲園は公式Webサイトを持ってないので咲き具合とか判らず「6/1から開園だから未だ早いかなぁ?」と思って入ってみれば見事に咲いてます。蕾も多かったけどこれなら「見頃状態」って云ってもいいかも。

20140608_022
20140608_007
20140608_015
20140608_021
20140608_015_2
20140608_019
20140608_009
20140608_010
20140608_016
20140608_025
入り口には「三脚はご遠慮を・・・」って出てた気がするけど数人三脚を担いだ老人を見かけたなぁ。まぁ大混雑でもないからお目こぼしかな?

雨が降っているので遠景を取るとちょっと煙ってしまうけど雨に濡れた花もいいものだ。紫陽花も植えられていてこちらは見頃まで後もう少し。

20140608_011
20140608_012
20140608_013
20140608_018
20140608_014
見終わって11時過ぎ、上記の「小春日和」は通常だと入浴料が土日900円、平日でも800円だけど午前中に入館すれば550円の「朝風呂」をしている。お湯は悪くないしぬるめの浴槽が有るので行ったら「菖蒲園の入場券を見せたらレンタルタオルセットサービス」って出ていたので有り難く利用する。

20140608_024

【染谷花しょうぶ園】
住所:埼玉県さいたま市見沼区染谷2-248
電話:048-683-8787
時間:9:00~17:00
開園:6月の1ヶ月だけ
料金:500円、駐車場300円
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大宮公園の紫陽花 2014.06.08【さいたま市】

昨年も見に行った「大宮第二公園」の紫陽花、今年もどんな具合かと訪問。

産業道路のサンマルク角の信号から東へ入り駐車場へ。結構広い駐車場だけど左側の第1は満車て事で第2へ案内される。競輪開催日だったっけかなぁ?

紫陽花が咲いているのは第1駐車場の左奥、梅林の先でそれほど広くはない。

未だ殆ど咲いてないねぇ。全く咲いてないわけじゃないけどこれでは遠方から来るほどではない。

20140608_000
20140608_006
20140608_003
20140608_004
20140608_005
20140608_001
20140608_002
昨年は6月9日23日に来たけど昨年の6月9日とほぼ同じ感じの咲き具合。って事は来週or再来週が見頃かな?

大宮第二・第三公園:http://www.omiya-park.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.05

身延山久遠寺【身延】

赤沢宿、七面山登山口と見たので最後はやっぱりと身延山へ寄ることに。
国道52号に出て10分位南に走りバイパスから街の中へ。

見事な「三門」を眺めて階段を上がり本堂へお参りするのが筋なんだろうけど三門から本堂までは高低差104m(287段)と聞くので修行の身でも無いのにその苦労はしたくないと身延山ロープウェイ乗場に近い「せいしん駐車場」に車を停める。(300円/1h、以降100円/30分)

そこからなら「斜行エレベーター」に乗れて本堂の脇に楽々到着。エレベーターは一応無料だけど「浄財よろしく」とも書いてあった。(案内図の左下に駐車場)

20140601_017
20140601_018
20140601_019
20140601_020
奥の院へ行くロープウェイもここから通路を通って行けるそうで快晴だから登ったら眺めが良さそうだけど帰る時間を考えて割愛。

五重塔と本堂にだけ参拝する。本堂の向かいが三門からの階段・・・上がらなくてよかったと胸を撫で下ろす急勾配(笑)

20140601_053
20140601_054
20140601_056
20140601_055
【身延山久遠寺】
住所:山梨県南巨摩郡身延町身延3567
電話:0556-62-1011
時間:?
休み:-
料金:無料
URL:http://www.kuonji.jp/

ここで静岡からの友人と別れて帰路に。
中央道の小仏先頭の渋滞は大月ICで降りて多少はクリアしたけど調布~八王子料金所は普段使ってないので逃げ道を知らないから大人しく。大月ICを16時に降りて相模湖ICから再度乗って戸田南に19時半、帰りも3時間半だなぁ。
山梨方面って旅先としては悪くないけどこの慢性的な渋滞が行き先候補から外したくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤沢宿再訪【早川町】

3年前に白根館へ立ち寄った帰りに寄った「赤沢宿」、同行者が気に入るか不明だけど勝手にコースに組み込んでみる。

町役場の先、橋を渡ってトンネルの手前を看板に従って右折。前回来た時も「厳しい道だなぁ」と思ったけど今回も再認識。乗用車でもすれ違いが困難な道幅&ローorセカンドギアを使う勾配。
重要伝統的建造物群保存地区(文化庁)に指定されているけど観光バスどころか運転が不慣れな乗用車でも行きづらい場所。そんな場所だからこそ今まで残っているんだろうけど。

妙福寺の駐車場に停めて付近を散策、個人的には前回とほぼ同じ場所を歩いただけだけど時間が止まった感じがする。

身延山から七面山へ行く為に江戸時代から第二次大戦くらいまで栄えていた集落、講中宿と云って参拝客が泊まっていたと。板マネギはその名残り。

20140601_037
20140601_039
20140601_038
20140601_040
20140601_041
20140601_044
20140601_045
20140601_046
20140601_048
宿の駅「清水屋」って以前の旅館を改装した休憩所が出来てた。2Fに上がってジュースとか飲んでのんびりと出来る。この「何もない感」はなんかいいよね。

20140601_042
20140601_043
20140601_047
車道を挟んで直ぐ上に赤沢で唯一の食事処「武蔵屋」、それも土日の昼間のみ営業。
座敷は20人位でいっぱいかな?町並み散策の最中は見かけなかった観光客が昼くらいになると続々と。

20140601_014
20140601_009
メニューは「ざるそば600円」「野菜天ぷら200円」「きび御飯200円」の組み合わせで3つ足した「そば定食」なら1,000円。
野菜の天ぷらはカラッと揚がってて野菜の味も濃い。蕎麦はコシがあり美味しいし、野菜の煮物はサービスで皆についてきた。

20140601_010
20140601_011
20140601_012
20140601_013
【武蔵屋】
住所:山梨県南巨摩郡早川町赤沢410
電話:0556-45-3117
時間:11:00~15:00
休み:平日(予約営業)
料金:そば定食1,000円
URL:

帰りは宿の駅で「別な道もあるよ」と教わって赤沢宿の直ぐ下で左折・・・どちらもすれ違い困難な道には変わりない。

春木川にかかる羽衣橋の西側に七面山登山道の入口が有る。昔の人は赤沢宿からここへ来てまた上がっていったんだね。
今は七面山へ行く人はここから行くらしく駐車場に何台もの車が停まっていて人気にびっくり。そして白装束の方が太鼓を叩きながら上がっていきます。

20140601_050
20140601_049
20140601_051
橋の東には「白糸の滝」が有り、徳川家康公の側室「お万の方」の像が建つ。ここで身を清めて七面山の女人禁制を解いたとか。なので滝壺で清める方が今でもいるらしく更衣室が備わっている(滝は私有地なので連絡してとも)
信仰の世界はよく判らないけど更衣室の有る滝は初めて見たかも。

20140601_052
20140601_015
20140601_016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良田の家並み【奈良田温泉】

朝風呂に浸かった後、朝食まで時間が有ったので宿の周りをウロウロ。
ダム湖の「奈良田湖」、何時かは不明だけど土砂崩れ有ったんだね。水はそれほど溜まってない。

20140601_021
20140601_035
バス停の隣には雰囲気の有る「大家旅館」、営業しているのかしていないのか不明な宿・・・ネットで検索すると山登りの人が泊まった様な事を書いているけど詳細が出てこない。

20140601_022
20140601_023
20140601_024
奈良田の集落は白根館の裏の山肌に沿って十数軒建っている。一番上に日帰り施設の「奈良田の里」、内湯のみだけど雰囲気はよくお湯は白根館とほぼ一緒・・・だった気がする。

20140601_025
その間に車1台通れるかどうかくらいの細い道にそって民家が建っているんだけど現在も住んでいる家もあればもう住んでいなそうな家も。「昭和」の香りの残る民家群・・・人様の家を勝手にノスタルジーで観るのも何だろうけどお許しを。

20140601_026
20140601_027
20140601_028
20140601_029
20140601_030
20140601_031
20140601_032
20140601_033
20140601_034
奈良田の里の駐車場は白根館の先。その奥に寺が有り、裏の傾斜には未だ雪が残っていた。もう6月だと云うのに2月の大雪のが残っているのかなぁ?

20140601_036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.04

白根館 その3(食事)【奈良田温泉】

夕飯は18時から1Fの大広間へ。新館のお客さんは別の広間で掘りごたつ式らしいが本館は普通の畳敷き。

20140531_040
最初に用意されてた料理は「新じゃがの味噌煮」「手作りコンニャクと生湯葉の刺身」「鹿肉のしゃぶしゃぶ」「生野菜」「蕨のとろろ茶碗蒸し」、鹿肉って殆ど食べたこと無いけど癖もなく美味しいねぇ。

20140531_028
20140531_030
20140531_032
20140531_035
20140531_031
20140531_033
後から「揚げ蕎麦掻き」「ニジマスの燻製」「山菜の天ぷら(写真で3人前)」。揚げた蕎麦掻きの食感がなんとも云えない。ニジマスは燻製と云っても身は締まって無く香りは十分ついていて面白い。

20140531_034
20140531_036
20140531_038
そしてご飯とお椀。漬物も有るけど「エゴマのふりかけ」が用意されていてそれをかけるとご飯がすすむ。売店で売っていたので買いたかったけど血圧が気になるお歳頃なのであえて我慢。

20140531_039
20140531_041
お酒はキリンラガー(大瓶)724円、秘湯ビール(中瓶)648円、日本酒は燗酒1合432円、冷酒300ml756円~って感じ。

20140531_037

朝食は同じ場所で8時から。
生野菜、山菜2品、玉子焼き、かまぼこ、焼き海苔、漬物。
ご飯は1膳目は温泉で作った温泉粥。塩分の有るお湯なので丁度良い塩梅、足りなければエゴマふりかけを追加。

20140601_006
20140601_007
お代わりは普通の白いご飯で広間に2ヶ所共用でと置かれている。ふりかけ美味しくてお代わり2杯!(笑)

【奈良田温泉 白根館】
住所:山梨県南巨摩郡早川町奈良田344
電話:0556-48-2711
時間:in13:00~/out~10:00
休み:-
料金:12,570円/人
URL:http://www.nukuyu.com/shiranekan/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白根館 その2(温泉)【奈良田温泉】

白根館へは過去に3回ほど日帰りでお邪魔している・・・さいたま市から日帰りは遠いよ。東名高速からも中央道からもインターから2時間位走らないと到着しない不便な場所だけどお湯はアルカリ性の塩分が有る硫黄泉。浸かるとぬるぬるのすべすべ・・・これは珍しい。

湯小屋へ出るところに囲炉裏の休憩所とマッサージ器(無料・2台)、到着時は右手から女性露天・男性露天&内湯・女性内湯の順で夕食時に男女入替えと。

20140601_000
20140531_026
この日は季節外れに暑い日だったので露天は少し暑く感じたけど内湯は浴槽が2つに区切れていて片側がぬるく檜の浴槽だしのんびりとくつろげた。

20140531_022
20140531_021
20140531_024
20140531_023
夜&翌日入った檜の露天と内湯。内湯は左右が逆なくらいで変わりがないけど露天はこっちの方が雰囲気が有っていいなぁ。お湯も前日は無色だったけど翌朝は緑色に。

20140601_001
20140601_002
20140601_003
交通アクセスが悪いこの宿に来る客は単なる観光旅行ではなく「このお湯目当て」が殆どであろう。何度浸かってもいいお湯だなぁ。

内湯を出たところに井戸水と飲泉の設備も有る。

20140531_025
【奈良田温泉 白根館】
住所:山梨県南巨摩郡早川町奈良田344
電話:0556-48-2711
時間:in13:00~/out~10:00
休み:-
料金:12,570円/人
URL:http://www.nukuyu.com/shiranekan/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白根館 その1(部屋)【奈良田温泉】

富士市から国道52号線を1時間程度北上し、身延の先で左に曲がり早川町へ。今年の大雪ではニュースで度々取り上げられて不名誉ながら知名度は多少上がったかと。

分岐からまた1時間位走り奈良田へ到着。途中、以前は交互通行だった青崖トンネルも立派なトンネルになってたなぁ。この辺りをリニア新幹線が横切るそうなのでついでに道路用トンネルも一緒に掘って貰う訳にはいかないのかなぁ?

20140531_009
宿は本館12,000円、新館16,500円との事。2ヶ月前に申し込んだら本館なら2部屋空いているというのでお願いした。新館との違いは部屋にトイレが有るか、食事処が別、食事内容も別と聞く。

部屋は2Fの22号室、8畳+広縁の部屋でTV、冷蔵庫付き。ポットは保温タイプなので時間が経つとぬるくなるかな?茶菓は花豆とか。

20140531_010
20140531_011
20140531_015
20140531_012
20140531_014
20140531_017
部屋の鍵は多分鹿の角を加工したもの。

窓からの景色は手前の部屋で半分隠れているがダム湖が遠景で見えて悪くない。

20140531_019
20140531_013
トイレ&洗面は共同。洗面はお湯は出ないけど新館の部屋の洗面も同じみたい。トイレは大は温水洗浄機付き。日に何度も行くわけじゃないからσ(^^)は共同でも構わないけど気にする人は気になるんだろうなぁ。

20140531_016
20140531_018
あと、面白かったのが靴を下足箱に自分で入れて札を取るタイプなのが旅館では案外見ないかも。
フロントには熊の剥製、セルフサービスのコーヒー(100円?)もフロントに。

20140531_020
20140601_008
20140601_005

20140531_027
20140601_004
【奈良田温泉 白根館】
住所:山梨県南巨摩郡早川町奈良田344
電話:0556-48-2711
時間:in13:00~/out~10:00
休み:-
料金:12,570円/人
URL:http://www.nukuyu.com/shiranekan/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚河岸 丸天【富士市】

毎年冬に学生時代の仲間と温泉旅行へ行っているが今年の深山荘@新穂高温泉の際にメンバーの1人が不参加・・いわゆる「社畜状態」で土日出勤になったと。春になり仕事も落ち着いたそうなので「では改めて皆で行こう」と云う話に。

こっちの話が先に決まって前週の高湯温泉を後から決めて個人的には滅多にない「二週続けて温泉旅行」となった。

土曜の8時半に戸田公園駅集合、今回は友人の車で行くことに。
戸田南から首都高に乗り熊野町JCTから山手トンネルへ・・・快適なのはここまで。その先の東名も横浜町田の事故渋滞が有り事前の予測では渋滞入れても11時には到着と出ていた富士ICへ1時間遅れの12時着。距離はそれ程でもないけど3時間半かかったよ。

静岡市内に住む友人と合流し「先ずは昼飯」と探したのが「魚河岸 丸天」の「富士店」、沼津だといつも混んでいて並ぶ印象有ったが昼時でもすんなり入れた。

20140531_000
20140531_001
20140531_008
折角こっちへ来たのだからとσ(^^)達は刺身定食(刺身盛り合わせ1,242円+ご飯セット216円)に追加して名物の「海鮮かきあげ972円」やら「生しらす378円」「生桜えび432円」を頼んで皆でシェア。静岡の友人は刺身は食べ飽きているから「あじフライ1,026円」とか。

刺身は七点盛り、勿論美味しい。生しらすは被っちゃったけど普段食べないんだから多くても問題なし。別注文のも美味しくいただく。
生桜えびは酢醤油でと云われる。へぇ?って思って食べたら美味しかった。

20140531_005
20140531_006
20140531_007
20140531_002
名物のかき揚げ・・・でかいよなぁ。これが丼ご飯の上に載った天丼がメニューに有るけど1人だと多分飽きる。数人でシェアが良いかと。

友人の頼んだあじフライ・・・小ぶりだけど量が半端ない(笑)

20140531_003
20140531_004
土曜の昼時に並ばずに入れたのは普段もなのか偶然かは知らないが味は十分美味しいし、値段も高くない。

【魚河岸 丸天 富士店】
住所:静岡県富士市高島町69
電話:0545-51-8540
時間:11:00~21:30
休み:木曜
料金:魚河岸丸天丼(あら汁付)1,560円
URL:http://www.uogashi-maruten.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »