« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の15件の記事

2014.08.27

H26夏の北海道旅行まとめ

《H26夏の北海道旅行 12》

北海道に最後に行ったのは2002年の夏だから12年ぶり。なかなか休みが取れない身分なので1泊じゃ勿体無い場所って行きにくくて。
でも行く気になれば2泊3日でも行けるんだよね。奥さんも気に入ったようだし再訪しよう。
blogシステムの都合で順序が逆になるから旅のIndexと空港で買ったり食べたりしたものでこのエントリーを。

先ずは新千歳空港で買ったり食べたりしたもの。

20140827_009
20140827_010
2Fの土産物屋が集まる一角にあるジェラート店Milkissimo(ミルキッシモ)、トリプルで520円(指定の種類が1つ入っていると安くなる)。ピスタチオのジェラードが有るっていうので買い食い。
ピスタチオも美味しかったがハスカップも酸味が良かった。

20140827_006
20140827_007
20140827_008
morimotoの「ハスカップジュエリー」、2Fのスイーツアベニューの店で購入。白い箱はオリジナル&ホワイト詰め合わせ6ケで900円、黒い箱はプレミアムで1,300円。要冷蔵なので保冷剤付きで購入。
ハスカップの酸味がチョコやクリームの甘さと合ってなかなかの味。どちらかだけだと甘すぎるか酸っぱすぎるんだろうな。

20140828_000
20140828_001
同じくスイーツアベニューのミセスニューヨークで「濃いする半熟エッグタルト 200円」も持ち帰りで購入。空港限定らしい。
マカオで食べた「アンドリュー」は期待した味では無かったが香港の「泰昌餅家」で食べたのと同じくらいの満足感。

20140827_011
20140827_012
買ったものはソラチ「十勝豚丼のタレ 324円」、空港内の土産物屋で売ってた。未だ食べてないけど評判良いらしい。スナック菓子で「焼とうきび」と「カリカリまだある?」この2つはテレビ塔でクーポンのプレゼントで貰ったもの。とうきびの方を食べたけどトウモロコシの味が出ていてナイス。

20140829_212343
20140829_214347

今回の旅行記は順に並べるとこんな感じ。

  1. ホテルソニア【小樽】
  2. 庄坊番屋【小樽】
  3. 小樽貴賓館【小樽】
  4. 青塚食堂【小樽】
  5. 小樽観光【小樽】
  6. ホテル京阪札幌【札幌】
  7. サッポロビール園【札幌】
  8. 札幌観光【札幌】
  9. 根室花まる 南郷店【札幌】
  10. 丸駒温泉旅館 その1【支笏湖】
  11. 丸駒温泉旅館 その2【支笏湖】

#エントリーの日付は実際に行った日を遡って設定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.26

丸駒温泉旅館 その2【支笏湖】

《H26夏の北海道旅行 11》

夕飯は部屋食。
御膳で運ばれてきて献立表が付く。

  • 先附:手作りトマト寄せ
  • 前菜:行者にんにくの醤油漬け、サーモンの三升漬け和え、帆立貝のわさび和え、枝豆豆腐
  • 酢の物:もずく酢
  • お造り:サーモン、炙りほっけ、〆鯖、甘エビ

トマト寄せは缶のトマトジュースの様な味がして苦手だなぁ。
前菜の行者にんにくは酒にも合うし締めのご飯にも良い。
写真では見えないけどレモンと大葉の下にほっけと〆鯖が有る・・・ヒメマスは別料金払わないとダメなのか。
酒は先ずは冷蔵庫のクラッシック中瓶670円。

20140826_038
20140826_041
20140826_039

  • 焼き物:時鮭の柚庵焼き
  • 洋皿:若鶏の黒酢煮
  • 煮物:手づくりコーン寄せ

この辺りで宿の特徴が出ると嬉しいんだけど「普通だなぁ」の印象。決して不味いわけじゃなく普通に美味しいんだけどまた来て食べたいってモノがない。

20140826_042
20140826_040

  • 鍋物:鴨鍋
  • 蒸し物:茶碗蒸し
  • 食事:白飯
  • 汁物:赤出し
  • 香の物:いぶりがっこ他
  • 水菓子:ライチプリン、とまと餅

鴨鍋・・・今シーズン初の鍋だ、8月だし。でも夜は涼しいのでその点では問題無し。
赤出しの具が「じゅんさい」だったのが珍しいかな?

20140826_043
20140826_044
20140826_047
20140826_045
20140826_048
朝食は7~9時にフロント横の会場へ。
オムレツは目の前で料理人が作ってくれる、出来たてなので当然美味しい。
他の料理は夕飯同様「普通だなぁ」かな?まぁ朝食はこんなものでいいかと。塩辛とたらこさえ有れば(笑)
ヨーグルトにキゥイソース・・・案外珍しかったかも。

20140827_000
20140827_003
20140827_001
20140827_002
20140827_004
【丸駒温泉旅館】
住所:北海道千歳市支笏湖幌美内7
電話:0123-25-2341
時間:イン15:00~、アウト~10:00
休み:-
料金:15,000円/人(湖水側10畳)
URL:http://www.marukoma.co.jp/

大正4年(1915年)創業と云うから来年で100周年だ。
札幌からも新千歳空港からも近いのに自然がいっぱいで温泉も景色も素晴らしい。料理はまぁ普通だけど総合的には良い宿だと思う。
ただ札幌&空港から+1時間足すと同じく湖畔のロケーションで「洞爺湖」も有るので次回はそちらも視野に入れてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸駒温泉旅館 その1【支笏湖】

《H26夏の北海道旅行 10》

最後の夜は温泉旅館に宿泊。
北海道には名湯秘湯が沢山あるけど交通の便が悪い場所も多い。そして夏だと「アブ」はやっぱり出ると聞く。下手な秘湯へ行くとアブでは無く熊の危険も。

そんな中で札幌市内からも新千歳空港からも車で1時間程度とアクセスは良いけど秘湯感はそれなりにあると聞くのでこちらに決めた。

途中で真駒内の六花亭に寄って「雪こんチーズ」を購入。「雪やこんこ」のビスケットでチーズケーキを挟んだ品で「賞味期限2時間&注文受けてから作るので設備のある店限定」とハードルが高い。2時間と云うのは痛む訳じゃなく「美味しく食べられる時間」なんだけどビスケットが水分を吸って柔らかくなる前に食べてって事。

20140826_019
20140826_020
20140826_021
【六花亭 真駒内六花亭ホール店】
住所:北海道札幌市南区真駒内上町1-15-16-2
電話:011-581-6666
時間:9:00~19:00
休み:第3水曜
料金:雪こんチーズ 160円
URL:http://www.rokkatei.co.jp/

真駒内からだともう1時間しないかな?ちょっとクネッた道を走り支笏湖へ。
国道から分岐して2キロくらいはこの温泉の為だけの道、以前は手前に「いとう温泉」ってのが有ったらしいが閉鎖していると。そして道は丸駒温泉で突き当たり。

宿は立派な三階建てで「秘湯の宿」って雰囲気ではないが付近には他の建物がない湖畔の一軒宿。

20140826_022
20140826_036
フロントが2Fになり温泉は1F、σ(^^)が泊まった部屋は3Fの307号室、湖側の10畳の部屋。反対側にも部屋は有るけどここに泊まるなら湖側がいいよね。

冷蔵庫は機械式で一度抜いたら自動計算。下半分が空いていて持ち込み類はそこを使ってと。
自家発電の宿なので冷房は無し、扇風機とのこと。この日は8月下旬としては涼しい方らしく25℃も無いので問題無し。最近の北海道は真夏だとそれなりに暑くなると聞くからそんな日には多少つらいのかな?
ポットは保温のみ、翌朝に熱いお茶が飲みたい時は交換してもらう。窓からは支笏湖と対岸の「風不死岳(ふっぷしだけ)」が見えて絶景です。

20140826_024
20140826_027
20140826_025
20140826_026
20140826_028
20140826_037
温泉は1Fの端に。脱衣所から内湯&展望露天と通路を通って足元湧出の露天へと。足元湧出の方には簡易な脱衣所が有るけど冬でもなければ着替えずに全部廻れる。

20140826_035
足元湧出の露天がこの宿の売りで、水路を通して支笏湖とつながっているので深さが季節によって変わると。この日は1mって出てたかな?
ただ「浴槽」「仕切り」「水路」「仕切り」「湖面」ってなっているので湯に浸かると景色は何も見えない。1mの深さが有るので立湯に近い状態になり一般受けは悪いと思う。マニア受けはするかな?

20140826_029
20140826_034
20140826_032
20140826_033
脱衣所すぐ横の内湯と展望露天は一般客もマニアにも評判良さそう。あ、内湯は除鉄してる感じだからマニアは嫌か?(笑)
でも窓の大きな内湯と濁り湯&壮大な景色の露天はいい感じ。危惧していたアブも出ず、露天はぬるめなのでのんびりと浸かる。

20140826_031
20140826_030
【丸駒温泉旅館】
住所:北海道千歳市支笏湖幌美内7
電話:0123-25-2341
時間:イン15:00~、アウト~10:00
休み:-
料金:15,000円/人(湖水側10畳)
URL:http://www.marukoma.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

根室花まる 南郷店【札幌】

《H26夏の北海道旅行 9》

お昼は人気の回転寿司「根室花まる」へ。当初は札幌駅の「JRタワーステラプレイス店」へ行こうと思っていたがこの店は常に行列で11時の開店時間に行っても待つかもと。

駆け足観光をしてホテルへ戻ってきた時点で12時半過ぎなので「じゃぁ、市内に数店有るというからレンタカー借りるんだしそっちで食べよう」と変更。

出発前に「南郷店」の住所だけメモしていたのでレンタカーのナビにセット・・・ってどの辺だ?札幌に土地勘は無いけどナビに従って13時半頃到着。平日のこの時間、郊外の店なので席は半分以上空いている。

20140826_010
メニューから先ずは「花咲蟹の鉄砲汁 291円」、蟹の出汁がいいねぇ。身は出し殻だし甲羅が堅くて痛いので食べず。

20140826_013
「時しらず 291円」や「生ほたて 345円」、ほたては青塚食堂で食べたのよりこっちの方が甘みがあって美味しかったかと。

20140826_012
20140826_015
「はまち 194円」は何処の回転寿司でも定番だろうけど全然違う。最近やっと漁になったという「さんま 248円」、普段は滅多に食べないけど「紅鮭筋子醤油漬け 248円」、そして最後の〆は「うに 453円」、他に数枚食べて二人で汁椀2杯、寿司16皿食べてお会計は5,639円。昼飯にしてはちょっと高いけど満足感は高かったな。

20140826_016
20140826_014
20140826_011
20140826_017
20140826_018
ただ改めて調べると「南25条店」の方がルート的に近かったかなぁ。

【根室花まる 南郷店】
住所:北海道札幌市白石区南郷通19丁目南8-2
電話:011-868-0870
時間:11:00~22:00
休み:無休
料金:うに 453円他
URL:http://www.sushi-hanamaru.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌観光【札幌】

《H26夏の北海道旅行 8》

ホテルは11時チェックアウト。奥さんがのんびりしたいというのでほぼチェックアウト時間近くまで部屋でゴロゴロ。
フロントに荷物を預け観光開始・・・って事で殆ど観光してないけど。

先ずはテレビ塔。展望台は90.38mって云うのでそれほど高いわけではないけど大通公園の端に建ち街の中心なので景色は悪くない。
札幌駅にJRタワーが出来て「展望」だけでは無くテレビ父さんって妙なキャラで別な生き残り策を歩んでいる感じ。

20140826_051
20140826_049
20140826_050
【さっぽろテレビ塔】
住所:北海道札幌市中央区大通西一丁目
電話:011-241-1131
時間:9:00~22:00
休み:年3回
料金:720円
URL:http://www.tv-tower.co.jp/

テレビ塔から5分位かな?「日本三大がっかりポイント」で有名な「札幌時計台」。残り2つは「はりまや橋@高知」は不動だけどもう一つは諸説あるっていつものパターン。三大◯◯のお約束だよね。

名前は有名だけど現地で実際に見たらビルに囲まれてて目立たないってのが「がっかり」ポイントらしいけど、それも込みで「観光ポイント」なのではなかろうか。
2Fに上がると演武場として使われたホールが有って雰囲気は良い。

20140730_016
20140826_054
【札幌市時計台】
住所:北海道札幌市中央区北1条西2丁目
電話:011-231-0838
時間:8:45~17:10
休み:第4月曜
料金:200円
URL:http://sapporoshi-tokeidai.jp/

時計台から西へ5分位かなぁ?「北海道庁旧本庁舎」へ。その東側に「赤レンガテラス」って商業施設がオープン準備でやたら賑わっていたが地元の人向けの施設であって観光客には用はない。
無料なので中には入ろうかと思ったけど・・・時間切れで外観のみ。13時にレンタカーの予約しているので実質2時間弱の観光だとこんなものだな。

20140826_055
20140826_056
【北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)】
住所:北海道札幌市中央区北3条西6丁目
電話:011-204-5019
時間:8:45~18:00
休み:無料
料金:年末年始
URL:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/sum/sk/akarenga.htm

・・・あ、写真1枚違ってた。
本当の札幌時計台はこっち(笑)

20140826_052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.25

サッポロビール園【札幌】

《H26夏の北海道旅行 7》

今回の旅行は3泊4日。最後の1泊は温泉旅館なので「自分で店を決める夕飯」は昨日と今日の2回。昨日は海鮮居酒屋兼寿司屋だったけど海鮮居酒屋なら札幌の方が店の数多いしメニューも豊富だなぁ。でも札幌は「観光客向け居酒屋」って単語が有るくらいで新鮮な魚介を食べ慣れてないσ(^^)なんかが行くと騙されちゃうかな?などと旅行前に考えていた。
で、北海道出身者とか在住経験者などに「札幌の夕飯なんだけど」と云うと「だったらジンギスカンへ行くが良い」と。
都内や関東周辺では昔し昔しは「ジンギスカン=マトン」の食べ放題系で腹一杯に成れば良いだったけど例のブームの頃からはそれなりのも食べられるようになったので「北海道のジンギスカンは東京で食べるより美味しいのか?」の疑問が出てきた。Webでは「どの店が美味しい」の話は多いけどそもそも論としての「北海道=ジンギスカン>海鮮居酒屋」なのかと。

でも上記のσ(^^)が聞いた人は「行くが良い」なのでその辺りを含めて行ってみた。
店は「サッポロビール園」、札幌駅北口から30分間隔でシャトルバスが出ていると。駅前からバスに乗ると・・・車内が既にジンギスカン臭い(笑)札幌のホテルには消臭剤必須だな。

20140825_032
そして10分弱で到着、昔のビール工場跡地らしく広大な敷地に建物が点在。
総合受付に行き希望を伝えると割り当ててくれる。σ(^^)達は個別オーダーの喫煙席と云うことで「ポプラ館」へ。

ここでも十分広いけど「ケッセルホール」ってのはもっと広いらしい。その広い館内のほぼ満席のテーブルでは何処もジンギスカンを食べている・・・そうだよね、ジンギスカンの店なんだから。

20140825_040
20140825_041
20140825_033
20140825_038
ジンギスカンメニューは食べ放題が2,808円、個別オーダーの生ラム肉と野菜のセットが1,760円。失礼ながら「食べ放題と個別で肉は違うの?」と聞いたら「同じです」との事なので生ラムと野菜を1回おかわりするなら食べ放題の方が安くなる。飲み放題は+1,080円なので黒ラベル小ジョッキを2杯飲むならやっぱりお得。

だけど昼が遅く間食もしていたので個別で生ラム+野菜を2人前、追加で生ラム肉だけ1人前、サイドメニューで「道産グリーンアスパラの冷製 680円」って感じに。ビールはクラッシックを。
タレでも美味しいけどテーブルに有った塩コショウで食べても美味しかったな、肉の味が出る。

20140825_034
20140825_035
20140825_037
20140825_036
ここ数年は地元でジンギスカンを食べてないので比較して旨いのかは判らないけど、この広い店内で皆がワイワイとジンギスカンを食べていると云う「共有体験」は確かに北海道ならではなのかもしれない、いわゆる「同時多発ジンギスカン状態」な訳で。
その点では札幌での夕飯に「ジンギスカン」は有りなんだろうなぁ。

〆はクーポン誌を使ってアイスを貰う。

20140825_039
【サッポロビール園】
住所:札幌市東区北7条東9丁目2-10
電話:011-742-1531
時間:11:30~22:00
休み:無休
料金:ジンギスカンホール 名物キングバイキング(100分)2,808円
URL:http://www.sapporo-bier-garten.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテル京阪札幌【札幌】

《H26夏の北海道旅行 6》

2日目の宿は札幌駅線路脇の「ホテル京阪札幌」、「トリップアドバイザー【2014 朝食がおいしいホテルランキング】」で全国3位になったと。因みに1位は「ホテルピエナ神戸」、2位は「ラビスタ函館ベイ」との事。
選出条件が口コミをアルゴリズムでとかよく判らないので鵜呑みには出来ないけど悪くはないだろうくらいで。

ツインの部屋を選ぼうとしたが「ミニツイン 16平方」「スタジオツイン 18平方」「スタンダードツイン 22平方」「スペーリアツイン 26平方」と4種類あって違いが良く判らない。いや部屋の広さは違うんだろうけど。備品やサービスは変わらないのかな?スタンダード以上だと椅子とテーブルのスペースが有るようだ。まぁスタンダードより2,000円高いけど折角だしとスペーリアツインを予約。

駅の西側改札を出て高架下の商業エリアを歩き2回横断歩道を渡って到着。屋根がないのは最後の数十メートル程度なので雨や雪の時は有難いかな?その最後の横断歩道のところにサンクスも有るので買い物も出来る。

20140826_057
早めに申し込んだので特典として11:00~22:00に喫茶スペースでコーヒーやジュースを飲めるチケットと室内のVOD(ビデオオンデマンド)無料が付いてた。

ドリンクの方はチェックイン後の夕方にチケットを見せたらそのまま回収された・・・何度でも使えるって聞いたけどチケット回収しちゃったら次回どうするんだ?店員に聞いたら「大丈夫ですよ」の一点張りだけど顔を覚えている訳でもなし。
2人なので貰った残りの1枚は翌日のチェックアウト後でも使えるというので預けた荷物を受け取りに行きレンタカーを借りにσ(^^)が移動している間、奥さんが待つのに使用。この点は良い制度だ。
もう一つ良かったのは紙コップが置いてあるのでドリンクを部屋で飲むことが出来たので嬉しい。(朝食バイキング時も同じ)

部屋は3Fの308号室。ツイン4ランクの一番上だからてっきり眺めの良い上層階かと思ったが違うらしい。まぁ北側の部屋なので上層階でも夜景がどれほどとかでは無いだろうが。南側の部屋だと線路側になるので「鉄」な人以外はどうなんだろう?窓閉めれば騒音はないのか?

20140825_023
20140825_025
20140825_024
20140825_026
20140826_000
室内は確かに広め、荷物整理もしやすい。新しい建物なので個別の空調だし空気清浄機も有るし。携帯充電器も有るので忘れた人には有難いかも・・・今はスマホがメインだろうけど。
冷蔵庫には冷凍室は無いけど氷はエレベータホールに無料の氷が有るので保冷バックあれば対応可能。

20140825_027
20140825_028
20140825_029
2Fには大浴場・・・中浴場くらいかな?(笑)
カードキーが無いと入口ドアが開かないシステム。エレベータの1Fもコレが無いと乗れないので防犯に良い様だが誰かの後ろに続いて乗れば意味は無い。(カードキーは2人なので2枚貰えたのも便利)

浴場はそれほど広くないので洗い場・浴槽合わせて15人居たらいっぱいかな?まぁロッカーの数で制限か。
部屋の風呂でも良いんだろうけど手足を伸ばして湯船に浸かりたい時には良いかな?ランドリー機も2台有ったが・・・時間によほど余裕が無いと使わないかな。

20140826_009
20140826_008
で、人気の朝食。
1Fの喫茶スペースが会場になる。種類は確かに豊富で和食の人、洋食の人、どちらも満足するだろうね。ドリンクに「ソフトカツゲン」まで有るし(笑)
ただ朝食バイキングの料理って「これは絶品だ、このために次回もここへ」ってモノでも無いので要は「品数」なのかなぁ?明太子と塩辛でご飯1杯食えちゃうけど。
奥さんはパンにしたけどジャムの種類が豊富で良かったと。
逆に気になったのが「おしぼり」が置いて無く従業員に云うと出てくる辺り。パンの人なんて手を拭きたいだろうに何故か常備してないんだよな。大量に持って行かれた事でも有るのかな?

20140826_005
20140826_001
20140826_004
20140826_006
20140826_007
同じランキングの2013年19位「ホテルJALシティ青森」は数年前に泊まったけど個人的には青森の方が満足感高かったかな?
「3位」に変に期待しなければ朝食の内容は悪くないし、施設は綺麗、従業員の応対もしっかりしていて良い宿だと思う。

【ホテル京阪札幌】
住所:北海道札幌市北区北6条西6丁目1-9
電話:011-758-0321
時間:イン15:00~、アウト~11:00
休み:-
料金:スペーリアツイン17,200円/室
URL:http://www.hotelkeihan.co.jp/sapporo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽観光【小樽】

《H26夏の北海道旅行 5》

祝津行きを挟んで午前中と午後に小樽運河から堺町通りをぶらぶらと観光。

先ずは小樽観光のメイン、小樽運河。
前日の夜に夜景も眺めたが見応えのある区間は案外短く川沿いに遊歩道が有るけど歩けば5分もしないかな。

20140824_020
20140824_023
20140824_022
20140824_021
20140825_042
20140825_043
20140825_044
20140825_045
市内には広範囲に古い建物が点在していて、特に運河の浅草橋の辺りから西方向が「北のウォール街」と呼ばれたと。
北海道銀行本店、日銀、三菱銀行、第一銀行、拓銀の各小樽支店と明治期の建物が集中してるエリア。三菱銀行はバスターミナルになってて中は土産物屋や甘味の「あまとう」の店も。

20140825_047
20140825_049
20140825_050
20140825_048
バスターミナルからオルゴール館の有るメルヘン交差点にかけての堺町通りは土産物屋、人気菓子店、飲食店がこれでもかってくらいに。飲食店は「寿司」と「海鮮丼」がやっぱり多いよね。

20140825_051
観光客向けなので何でもあり。薬事法の世界を飛び越えた「百五十歳若返るふりかけ」、引取忘れると殺処分されちゃう「お父さん預かります」、NHKにそんな権限あるのか?「日本一のコロッケ」などなど。

20140825_022
20140825_009
20140825_063
20140825_008
北一硝子の三号館にはランプ167個を灯す「北一ホール」って喫茶スペースが有ると。
午前中に行ったら貸切状態でこの幻想的な世界を堪能。15時からピアノ演奏が有るというのでその時間に再訪したら観光客も多くピアノは良かったけど落ち着かなかった。

20140825_052
20140825_007
20140825_005
20140825_054
【北一硝子三号館 北一ホール】
住所:北海道小樽市堺町7-26 北一硝子三号館
電話:0134-33-1993
時間:8:45~18:00
休み:無休
料金:コーヒー400円
URL:http://www.kitaichiglass.co.jp/shop/kitaichihall.html

メルヘン交差点の角が「ルタオ本店」、3Fが展望スペースになっていて自由に見られる。ここで折り返しホテルに預けた荷物を受け取って小樽駅へ。
観光地として何度も繰り返して来る場所かと聞かれると疑問が出るが初めてなら建物、店、菓子と楽しめるかな。

20140825_053
20140825_057
20140825_058
20140825_059
20140825_046

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青塚食堂【小樽】

《H26夏の北海道旅行 4》

小樽貴賓館から海沿いに出てすぐの水族館下に人気の食堂が有ると。本業は民宿らしいけど食堂は大型観光バスで外国人も乗り付けるほどの人気。

月曜の13時前に到着、店頭の紙に名前を書くが3組待ち10数分程度で呼ばれる。これは土日の昼時だと確実に待たされそうだ。

20140825_012
20140825_013
店頭でニシンを串に挿して焼いてたのでσ(^^)は「にしん焼き定食スペシャル 1,836円」、奥さんは「ほっけ焼き定食 1,296円」、それと2人で1つ「ほたて焼き 756円」を。
定食類は「スペシャル」が付くと刺し身の小皿がセットになる。ほたて、タコ、〆鯖・・・ちょっと期待したけどまぁ普通かな?

「ニシン焼き」って鮮度の問題なのか関東では見たことがない。小骨が多いしどうかなぁ?と思ってたけどなかなかの味。腹に子が入ってたけど・・・数の子の原料か?
焼いているのを見てるから判るけど大きさも半端無いのでなかなかの食べ応え。小鉢で松前漬けやイカの塩辛が付き、それに漬物、味噌汁(具はミニホタテ)。

奥さんのほっけも味見で貰ったが関東で食べるほっけより脂がのっている感じ。
2Fにも席があるようで店内はごった返した感じで外国の団体さんも居て一種の観光名所って感じ。

20140825_014
20140825_017
20140825_018
20140825_015
20140825_016
隣に同じような民宿&食堂の「潮騒」って店が有るけどそちらは店内の半分くらいしかお客さんが居なかった。仕入れが同じ様なら食べるモノも同じ様になりそうなんだけどどうなんだろう?口コミか何かで片方が有名になると客が客を呼ぶ状態で偏ることはよく有るからなぁ。

20140825_011
【民宿 青塚食堂】
住所:北海道小樽市祝津3-210
電話:0134-22-8034
時間:10:00~20:00
休み:不定休
料金:にしん焼き定食スペシャル 1,836円他
URL:http://www2.odn.ne.jp/aotuka/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽貴賓館【小樽】

《H26夏の北海道旅行 3》

小樽の外れ、祝津の高台に「にしん御殿」が建つと云う。午前中に街中をぶらっと観光した後にバスに乗って行ってみる。
路線バスは坂の下に停まるけど小樽散策バス「C:祝津コース」に乗ればすぐそばまで。

平成22年9月に国の登録有形文化財に指定された建物は大正12年に6年かけて建てられたと。当時の金額で31万円(新宿伊勢丹の建設費が51万円と云われた頃)なので豪邸ですね、本当に「御殿」です。

20140825_060
20140825_061
20140825_062
17歳の三代目青山政恵が建てさせたそうだが建坪90坪、18室の木造2階建ては建材も調度も襖絵も確かに素晴らしい。有田焼の便器とかも有るが風呂場は案外普通・・・これだけ立派な建物なら旅館の大浴場クラスを期待していたんだけど。

この建築費が祟ったのかどうか知らないが四代目の頃には没落したとか。鰊が不漁になったのが一番大きいんだろうけど。
一つ一つの部屋をそれなりに見ていくと1時間後の散策バスにちょうどいいくらいになった。

青山別邸は撮影禁止だけど受付の貴賓館の天井画はOKと。

20140825_056
20140825_055
【小樽貴賓館(旧青山別邸)】
住所:北海道小樽市祝津3-63
電話:0134-24-0024
時間:9:00~17:00
休み:無休
料金:1,080円
URL:http://www.otaru-kihinkan.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.24

庄坊番屋【小樽】

《H26夏の北海道旅行 2》

ホテルで一休みして20時くらいに夕飯へ。小樽と云えば「寿司」だけど出来れば居酒屋的な店がいいなぁと。
当初は「聖徳太子」って店へ行こうと思っていたが電話しても出ない。仕方がないので第二候補の「庄坊番屋」さんへ電話。
運河から花園の店は上り坂になるのでタクシーで行ったけど初乗りが安くて600円で済んだ。

店は元「消防署」の建物との事。日曜の20時頃、店内は7割位の入りか。

20140824_009
20140824_016
刺身メニューで盛り合わせは「3~4人前 3,780円」しか無いと。さすがに2人では多そうなので単品の「イカソーメン 1,512円」「うに 2,700円」「ぼたんえび 810円」(これは2本)・・・あっ、5千円超えちゃった(笑)

20140824_010
20140824_012
他に「ししゃも(カペリンじゃないよ)810円」「アスパラバター 864円」「海鮮さつま揚げ 648円」などを頼みビールから日本酒(北の誉純吟生300ml瓶1,296円)へ。

20140824_013
20140824_014
20140824_019
奥さんは酒飲まないから握りのセット「流氷(10貫)2,484円」を、σ(^^)は巻物メニューから面白そうな「鯖巻 864円」を。しめ鯖を巻いた細巻きって普段見ないかも。ただ量が3本分有ってなななか減らない(笑)(どちらも汁椀付き)

20140824_015
20140824_017
20140824_018
刺身類も一品も味は美味しいけどボリュームがある分2人だと多くの種類は頼めない。刺身盛り合わせが3~4人分しか無いってところから大人数で来るのが正解の店なのかなぁ?それか観光客としては握りorちらし寿司に追加で1~2品を頼む程度か。

お会計は瓶ビールと日本酒、ジュースそれぞれ1つで2人で14,677円、お腹いっぱい旨いもの食べたので満足ではあるがちょっと高いかな?カードは使えないので要注意。

【庄坊番屋】
住所:北海道小樽市花園2-6-10
電話:0134-29-0119
時間:11:30~22:00
休み:水曜
料金:
URL:http://www.shobobanya.jp/

帰りに最初行こうと思っていた「聖徳太子」の前を通ったら「出張寿司のため臨時休業」と貼紙が・・・そう云うの有るんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルソニア【小樽】

《H26夏の北海道旅行 1》

今年の夏休みは糞暑い埼玉を出て爽やかな北海道へ行こうと5月くらいに計画を立てた。
出張パックが安いかなぁとパンフレットを見ると夏はハイシーズンになるのでフライトを選んだりすると思ったほど安くない。
なので個別手配でとフライトはエアドゥスペシャル28で往復26,880円/人を予約。

フライトが決まったので次は宿泊を。
初日は小樽に泊まろうと楽天やじゃらんを見てみたが5月に「8月24日(日)1泊ツイン朝食付き」で検索すると

・ホテルノルド小樽:29,780円
・ドーミーインPREMIUM小樽:18,400円
・ホテルソニア:21,600円

とビジネスホテル程度で考えると割高感ぷんぷん、さすがハイシーズンだ。

でもどうせ泊まるなら運河が見える部屋がいいよなぁと「ホテルソニア」で再度検索してたら近ツリのWebで運河側指定プラン13,600円ってのを見つけて予約。4千円/人安いと逆に心配になっちゃうけど6月なら1泊9千円くらいで、オフシーズンの最安値は6千円台らしい。
予約サイトの口コミ評価を読むときにその辺りを考慮しないと同じ内容で1万円くらいなら「お得感いっぱい」が2万円だと「値段に見合わない」になるよね。(この宿がそうだとは云ってないけど)

話は戻して旅行の話。
新千歳空港から快速エアポート161号に乗り、17:16小樽駅に到着。指定の「Uシート(310円)」は始発駅だから座れないことはないけど荷物置き場が有る様だし自販機で購入。

20140824_000
20140824_001
小樽駅からなだらかな坂道を歩いて10分位かな?
今回宿泊したソニアは本館と新館の2棟有って間に別な店が建っている。σ(^^)達は新館の502号室へ。
観光メインの運河沿いに建っているので部屋から運河が見えるのは確かにいい感じ。ソファーに座ってのんびりと。但し窓は格子の鉄線が入っているので撮影には不向き。

20140825_000
20140824_002
20140824_004
20140824_003
20140824_005
備品は湯沸かしポット、空の冷蔵庫(中に無料の水が1本)、この辺りに過不足はない。

窓は少しだけ開くけど開けると下の道路の音が案外五月蠅い。但し窓を閉めてカーテンも閉めれば殆ど音は聞こえず夜寝られないことは無い・・・σ(^^)は酔っ払って寝ちゃったけど奥さん云わく車より隣の部屋の風呂の音が夜中に五月蝿かったと。

20140824_006
20140824_007
20140824_008
フロントも部屋もアンチーク調で観光客には丁度よい。逆に云えば手入れしているんだろうけど古さは隠せず洗面のパッキンが緩くて水がポタポタとかは有ったかな?
あと気になったのはエレベータが1台なので待ち時間が長くなり、チェックアウトで荷物有ったりすると満員で乗れない可能性も。
1フロアの部屋数はそれほど多くないけど古い建物だからかなぁ。

食事は新館1Fの寿司屋「きた浜」で。
月曜朝の食事になるんだけど混み合っているのでと朝食時間帯を6:30~、7:30~、8:30~の3つに分けられてた。(チェックイン時に選べる)

朝食バイキングのメニューは和食系はわりと充実、洋食系はちょっと貧弱。パンが2種類くらいかな?おかずにベーコンとかウィンナとか無くスクランブルエッグとサラダのみ・・・もしかしたら早い時間に無くなってしまったのかも。

メニューで北海道を感じたのが「いくらのちらし寿司」「鰊焼き」「ホッケフライ」「メロン」かな?あと美味しかったのがミニトマト(極甘だった)、観光で来たホテルの朝食バイキングとして考えれば十分納得できる。ただ短期間の観光客なら朝食抜きにして朝から三角市場ってのも有りかも。

20140825_004
20140825_001
20140825_002
20140825_003
トータルの感想では朝食付きツインで13.6千円はやっぱり高く感じるけど運河の眺め&ハイシーズンの夏を考慮すれば一度は泊まってもいいかな?まぁ次回泊まるなら安い時期にするけど。

【ホテルソニア】
住所:北海道小樽市色内1-4-20
電話:0134-23-2600
時間:イン15:00~、アウト~10:00
休み:-
料金:13,600円/室(運河側ツイン)
URL:http://www.hotelsonia.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.17

dtab活用法-dマガジン契約

dtabを買って4ヶ月、PCを立ち上げるほどではないWeb閲覧とか自宅のリビングで多少は使用。
2ヶ月前のエントリーで「電子書籍端末として」と活用法を検討した中でその時は準備中だったドコモの「dマガジン」ってサービスに興味をもったので今更ながら登録してみた。

dマガジン:https://magazine.dmkt-sp.jp/top

400円/月の利用料で80冊くらいの雑誌が読み放題とサービス開始当初は大喜びだったけど世の中それほど甘くなくって「全てのページ」では無いと。ついでに雑誌によっては毎号読めるページ数が違うそうだ。

「週刊アスキー」辺りは殆どのページが読めるけど「週刊東洋経済」は7月26日号だと46ページ・・・表紙とか目次抜いたら本当に僅かだなぁ。確かサービス開始時にはこの雑誌もアスキー並に殆ど読めたそうで目当てで契約した人は騙された感強いだろうね。

まぁ、嫌なら契約を終了させればいいくらいのつもりで登録してみたけど、アプリのユーザーインターフェイスがめんどくさい仕様。上下左右にスクロールしないと目当ての雑誌にたどり着かない。
そして選んでダウンロードして[マイページ]の[最近読んだ雑誌]に登録させる、ここがいわゆる「本棚」ですね。

20140815_000

20140815_001
σ(^^)の環境はドコモの10.1インチタブレット「dtab」解像度が1280×800とそれほど高くはないけどサイズが大きいから1ページを見る分には目の良い人ならギリギリ読めるくらいか?ダブルタップをするとうまい具合に拡大されて普通に本文が読めるサイズになる。

20140815_002
普段持ち歩いているGalaxyNote3にもアプリを落としてみたけど解像度は高くてもサイズが小さい(スマホとしては大きいんだけどね)のでダブルタップしても読める範囲が狭いのでスクロールが増えて面倒に感じた。特に本文と図を使ったページとか。

最近雑誌など立ち読みもしなくなったので、読めるページが少ないとは云えラインナップから2~3冊自分の興味ある雑誌がある程度読めれば400円の元は取れるかな?逆に日常の生活リズムが雑誌を読まなくてもいい生活だと登録はしたけど・・・状態だし。

この夏は花火を見に2回ほど現地で数時間途方に暮れて打上げを待つ機会が有ったので待ちながらのんびりと読めたから助かったけど来月以降どうするか思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.11

山梨で桃食べ放題【2014年】

台風11号が四国から近畿を襲ってた頃・・・σ(^^)は毎年恒例の「桃狩り」へ。毎年だいたい同じような場所へ行って同じような事をして、ひとつの様式美の世界でしょうか?(笑)
一応、雨雲の予想とか確認し、危なそうだったら中断含みでのお出かけです。

9時半過ぎに自宅を出て川越付近で前が見えないくらいの大雨に遭うもその後は順調で11時半に一宮御坂の「桔梗屋アウトレット」へ。「信玄餅詰め放題」で有名だけどいつも長蛇の列。そこまで数を食べる訳じゃないから普通のアウトレットの方へ。「信玄餅」は5個入って410円、1人1袋限定と。カステラ302円とか菓子類がそこそこ安く買えるので山梨へ来ると大概最初にここへ寄っている。

20140810_002
20140810_001
20140811_000
【桔梗屋アウトレット】
住所:山梨県笛吹市一宮町坪井1928
電話:0553-47-3700
時間:9:00~17:00
休み:-
料金:信玄餅5ケ410円、カステラ1本302円
URL:http://www.kikyouya.co.jp/outlet/index.html

「桃狩り&桃食べ放題」はここ数年は勝沼の「あすなろ園」か御坂の「御坂農園」のどちらかへ。遠いとは云えども近畿に台風が上陸してるので急な土砂降りは有り得るので今回はおみやげ付きの桃狩りはパスして「食べ放題のみコース」の有る「御坂農園」へ。
食べ放題は屋根のあるハウスの下なので安心だ・・・予想通り食べている最中に短時間だけど土砂降り有ったし。

桃の食べ放題はAコース880円。受付から土産売り場の奥の大きなハウスへ案内される。扇風機が柱に付いているので暑い時でも多少は助かる。
堅めの桃が多いけど甘い桃を剥いては食べてを繰り返し今回は6個食べたかな?黄色い「黄桃」も「未だ少し早いけど」と云われながら1つ貰ったけど十分美味しかった。

20140810_003
20140810_007
20140810_005
20140810_004
20140810_006
【御坂農園グレープハウス】
住所:山梨県笛吹市御坂町夏目原656-1
電話:055-263-3111
時間:8:30~17:00
休み:-
料金:Aコース880円
URL:http://www.misakanoen.co.jp/

「桔梗屋アウトレット」→「桃狩り」と来て次の毎年恒例はシャーベット&アイス。恒例と云っても2012年の春に知ったお店なんだけどフルーツ王国山梨ならではの果物の味がそのまま出てるシャーベットに優しい感じのアイスが美味しい店「氷華」さんへ。

駐車場が4台程度と少なく店内も狭いけど都内にあったら大行列してもおかしくない味と思う。近隣に住んでいたら通っちゃうのになぁ。
今回も「6種盛り」を2人でシェア。
「駿河エレガント」:酸味とほろ苦さと大人の味。
「柿」:ちょっと薄めの味かな?時期が早い?
「さくらんぼ」:これも最初薄く感じたけど確かにさくらんぼだ。
「スイカ」:スイカってジュースやシャーベットは案外難しいけど見事にスイカ味。
「チョコマーブル」:定番だけどチョコが濃い感じ。
「ほうじ茶ミルク」:お茶の香ばしい香りがいい。
オバちゃんも明るくて親切だし頑張って欲しいね。

20140810_009
20140810_008
【氷華】
住所:山梨県甲府市小瀬町68-11
電話:055-243-9990
時間:10:00~19:00
休み:火曜、水曜
料金:6種盛り540円
URL:http://www.ne.jp/asahi/kajitu/hyooka/

美味しいシャーベットも食べたし〆は温泉も毎年の事。例年なら糞暑いのでぬる湯の「初花」や「山口温泉」へ行くんだけど台風の影響で暑くない、26℃くらいか?
かと云って眺望系の山の上へ行くのは強風だし眺めも期待できないしと云うことで街中のキレイ系の温泉「源泉湯 燈屋」へ・・・ディープな温泉ならもう少し候補有るけど奥さん一緒だから(笑)

和風の落ち着いた館内はなかなかのもの。入浴料がちと高く感じるが回数券買うとそうでも無いらしい。
スパ銭系の施設なので食事処、喫煙室完備。脱衣所のロッカーも100円リターンだし、洗い場も数がちゃんとあるし。
お湯は薄い黄色で加水掛け流しとの事、ほんのりゴム臭を感じたな。
内湯は熱めの浴槽とぬるめの浴槽、露天はヒノキ、岩風呂、つぼ湯のどれもがぬる目。つぼ湯以外は屋根が有るので土砂降り有ったけど大丈夫。殆どの時間はヒノキの露天で雨粒が跳ねるのを眺めながらボーっとしてた。

20140810_011
20140810_010
【源泉湯 燈屋】
住所:山梨県甲府市上阿原 590?3
電話:055-236-3515
時間:10:00~24:00
休み:無休
料金:930円
URL:http://www.akariya.info/

早い人だと昨日からお盆休みらしいけどこんな大荒れの天気に出かける人は少ないらしく16時に温泉で道路情報を確認したら中央道の渋滞は「小仏先頭7km15分」と出ていた。普段は日曜夕方だと20km、25km渋滞してて嫌になるのに。
って事で一宮御坂から高速に乗って順調に相模湖ICへ・・・この区間の上りを走るのって何時以来だろう?
で、相模湖IC過ぎた辺りでピタリと止まる・・・ナビが「この先横転で左車線規制です」と。自然渋滞ならトロトロと進むけど事故渋滞はダメだねぇ。結局抜けるのに45分かかった。

「桃狩り」はしなかったけどほぼ毎年定番のコースで楽しめた1日だった・・・台風被害に遭われた方には申し訳ないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.03

H26年あげお花火大会【上尾市】

会社水曜に休んじゃったしどうしようかなぁ・・・と思ってたけど結局土曜も休めたので上尾の花火大会へ行ってみた。

基本的には土曜出勤なので上尾の花火を見るのは初めて。昨年Rさんに駐車場情報を教わったけど昼間下見に行ったら「進入禁止」の立て看板が出ていたので揉めてもなんだしと車は別な場所へ。

詳しくは知らないが臨時駐車場が数ヶ所設けられて「平方野球場800台」「秀明英光高校90台」「平方スポーツセンター500台」と係の人が持っていた地図に書かれていたので16時半くらいにσ(^^)は「平方野球場」へ。
この時間だと未だ30%程度の入り。ただ続々と車が来ているので17時だと厳しいかも知れない。

20140802_000
バックネット裏に土手へ上がる道が有ってそこから土手の上を少し歩いて河川敷へ。多くの人は河川敷に出たら北上し開平橋を潜って観覧席の方へ移動していたがσ(^^)は混むの嫌いだから北上せずに橋と平行して西へ。
まだこの時間だと人は殆ど出てないので田んぼの真中に一人ポツン状態。通りがかりの人に「この辺りでも見れる?」と確認して「大丈夫」と云われ2時間ちょっと待つことに。

20140802_001
20140802_002
20140802_003
20140802_004
陣取った場所は河川敷の中にある田んぼの畦を多少立派にした程度の道なので車がすれ違えないくらいの広さ。
打ち上げ開始の頃には近くにも何人かの人が集まりだし道路にシートを広げて打ち上げを楽しみに待っているけど、そこに車が入り込んでくるのでなかなか大変なことに。どうやらここは通行止め制限区域では無いらしい。
見渡すと奥の方とかにそんな車が何台か見えたけど褒められた話じゃないねぇ。

20140802_005
で、19時になり打上げ。
距離的には30日の大和田公園の花火よりも遠くで見ているはずだけど大きのが上がるので迫力は上。もっと近くに行けばもっと迫力あるんだろうけどこの辺りで十分だな。観客もまばらでゆったりと見られるし。開始の19時位だと未だ明るいけど徐々に暗くなっていく。

20140802_006
写真の下の方に光の帯が見えるのは開平橋(県道51号)、ここは通行止めになってないけど渋滞してたねぇ。

花火は20分打上げて5~10分休みを4回繰り返して最後に2尺玉を上げると。河川敷が広いので大きめの10号玉(1尺玉)が多くて嬉しい。

20140802_010
20140802_011
20140802_007
20140802_013
20140802_008
20140802_015
20140802_016
20140802_012
20140802_014
20140802_018
本来は最後の2尺玉を見てから帰りたかったけど停めた広大な臨時駐車場から一斉に車が帰ることを考えたら「出るまで30分は待ちそう」と想像出来たので20時半に撤収し、45分には駐車場へ。この時間だと野球場の前を南北に走る県道57号は開平橋に向かう北行きは混んでいたけど南行きは大丈夫。駐車場出るときも待たずに出られた。

初めて見に行ったけど河川敷が広いので見る分にはのんびりと見られるのは判ったけどやはり交通の便が悪いよなぁ。
そりゃ臨時シャトルバスとかも有るけど荷物と混雑を考えると車がいい。ただ臨時駐車場が満車になると厳しいし。休みの人はいっそ「わくわくランド」に午前中から行って夕方までそこで過ごすのも手かなぁ?ここも駐車場は限られているけど。

【あげお花火大会】
住所:上尾市平方2606-1
電話:048-775-5917(上尾市観光協会)
時間:19:00~21:00
打上数:10,000発
URL:http://www.ageo-kankou.com/index.html

最後の1枚は打上げ中にズーミングしていたずらした画像。

20140802_009

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »