« そばや清兵衛【十日町】 | トップページ | 青葉園の紫陽花2015.06.07【大宮】 »

2015.06.08

JR東日本 信濃川発電所【十日町】

《2015初夏の新潟 その7》

今回のメンバーの中に十日町市出身者居る。高校卒業で上京したんだから東京生活の方が長いんだけどご両親健在で年に数回は帰ると。
そこで今回の温泉旅行の案内メールをした時に「2日目の午後は昼飯と観光をお願いします」と頼んでおいた。
「十日町のイオンとブックオフはよく行くから任せて下さい」との頼もしい返事が・・・ちょっと違う(笑)

って訳で最後は地元民による穴場観光へ。(お昼の清兵衛もその人のチョイス)

で、何処へ行くのかなぁと思ったら信濃川へ出る手前で右折。大きな池を見て「ここが浅河原調整池だよ」と。
そして暫く南下し車で10数分、着いたところは「宮中ダム」と。世の中には「ダムマニア」と云われる人が居るけど我々はそうではないし。

20150531_023
20150531_032
20150531_022
ダムマニアではない分、滅多に見ないダムはなかなか豪快で右手が堰き止められた湖状態、左手は10数メートル水位が下がって放水口から勢い良く水が流れている。話を聞けば「ここはJR東日本の発電の為のダムで、暫く前に違法取水がバレて取水停止になった曰く付きの場所」だと。

20150531_035
20150531_034
20150531_030
20150531_024
後で調べたら昭和13年に完成したそこそこ古い施設でここで発電した電気が首都圏の電車に電気を供給していると。
だけど2008年に違法取水がバレて悪質な隠蔽だったと1年ちょっと取水停止になったと。違法取水の当時は下流に殆ど水が流れずに川が干上がった状態で地元では大問題になっていたそうだ。
その後地元と和解して現在に至るそうだが「魚道観察室」を設けたり、十日町観光アピールを首都圏で展開するなどJRも反省を態度で示していると。

多分、殆ど観光客が来ない「魚道観察室」、これで魚がちゃんと遡上するのかどうかはσ(^^)には判らないけど大きな魚用と小さな魚用と別々に魚道を作ってガラス越しに見えるように。

20150531_025
20150531_026
20150531_031
20150531_029
20150531_028
ダムから放水している所では大きな渦が出来ていて眺めていると大きさや位置が色々変わる・・・案外飽きない。

20150531_033
取水口の先で一旦砂とかを落ち着かせる施設、ここから地下トンネルで先ほど見た浅河原調整池へ水が流れていると。

20150531_036
そして車に乗り十日町の市街へ。街の対岸が「千手」と呼ばれる場所で掛け流しで評判の良い日帰り施設「千手温泉」もこの辺りに。
その台地から信濃川へ下るところにあるのが「千手発電所」、先ほどの宮中から取水した水がここと小千谷の2ヶ所、計3ヶ所の発電所で使われていると。

20150531_038
20150531_037
写真は撮らなかったけど高い場所に大きな貯水タンクが有って高低差を利用して発電しているんだなぁ。

【宮中取水ダム魚道観察室】
住所:新潟県十日町市宮中
電話:0258-82-2702(JR東日本信濃川発電所)
時間:10:00~16:00
休み:秋~春
料金:無料
URL:http://www.jreast.co.jp/shinanogawa/discharge.html(JR信濃川発電所)

ちょっとディープな場所を地元の人に案内して貰い六日町ICから関越道で帰路につく。首都圏のJR駅の観光ポスターで十日町辺りを宣伝していたらこの発電所に思いを馳せてください。

|

« そばや清兵衛【十日町】 | トップページ | 青葉園の紫陽花2015.06.07【大宮】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/61715239

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本 信濃川発電所【十日町】:

« そばや清兵衛【十日町】 | トップページ | 青葉園の紫陽花2015.06.07【大宮】 »