« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の2件の記事

2015.07.31

H27年さいたま市花火大会【大和田会場】

毎年分散開催が定着した「さいたま市花火大会」、7月30日(木)に旧大宮市分が大和田公園で開催された。
平日だけど仕事を早めに切り上げて行ってきた。

開始が19時半からだけど18時頃に雷雨・・・駅に向かう野田線(アーバンパークライン)の車内も浴衣姿の若者が多いけど窓の外を眺めて「あ~」とため息。

18時20分頃に大宮公園駅の東武ストアで奥さんと合流。もう改札出るのに数分並ぶ混雑具合。駅前の様子はこんな感じ。

20150730_000
東武ストアで飲み物を買って会場へ。

WebのWalkerplusとかによると打ち上げ数は5千発で見物客は例年10万人と、この週末に開催される上尾が1万発で15万人、戸田・板橋が計1.2万発94万人、江戸川が1.4万発130万人と有るので規模は小さいです。
その分、大宮公園駅、大和田駅、JRの土呂駅と3駅利用可能で駅から徒歩15分程度の場所で見られるって利点は有る。
最近有料席も販売しているけど野田線の線路の南側の大和田公園通り&大宮第2公園、線路北の市民の森南側の通り&その道と線路の間のあぜ道みたいな場所、この辺りなら屋台も出てよく見える。具体的には下記の市の観光ブログかσ(^^)の過去のエントリーか。

*もぎたてさいたま情報ブログ:大和田公園会場 花火大会のビュースポット紹介♪ 2010.07.29

H26年H25年H21年(市民の森南側から見た時のエントリー)

そういえば一部サイトで2013年10月に開催された「さいたま市政令指定都市10周年記念花火大会」の会場の「荒川総合運動公園」を「穴場」と紹介していて公園の新着情報の2014年07月30日更新で「しかしインターネットの情報で当公園、荒川総合運動公園において、観覧の穴場スポットとして紹介されておりますが、こちらはこの花火大会の観覧エリアとしては指定されておりませんので、ゲートの開放はありません。」と・・・地図で見ればどう考えても見える訳無いのになぁ(笑)
アクセス数稼ぎのサイトなんだろうけどチェックくらいはした方が良いよね。

σ(^^)は打ち上げ場所の北西辺りの畑と住宅が混在する道路端で。屋台も臨時トイレも無いけど車両通行止めなので地元の人に混ざって見物。開始30分前でも2~3人ならシート敷ける程度の混みよう。

20150730_001
因みに本当は立ち止まり禁止な気もするけど野田線を跨ぐ産業道路の陸橋の上もこんな感じで。多分危険な状態では無いの警察の判断なのかな?

20150730_010
懸念された雨も18時半以降は花火終了まで降らず、その前に降った雨で砂埃が舞わずに済んだくらいの感じで。

政令市にしては5,000発と少ないし、平日なので見に来れる人が限られているし、帰宅ラッシュの道を通行止めにするので近隣は大渋滞だしと良いも悪いも混在。

って事でのんびりとゆるい感じの花火鑑賞を。(花火最後の写真下の帯は野田線の車両)

20150730_005
20150730_007
20150730_008
20150730_006
20150730_009
帰りは野田線に客が集中するので少し早めに駅へ。大宮公園駅の踏切や駅前からでも結構眺められるので見てる人多かったなぁ。

20150730_002
大宮も東口は混みそうだったので西口のJACK大宮ビルの鍛冶屋文蔵で軽く飲んで帰宅です。
生ビール(モルツ400ml)が205円と安く、もつ煮、マグロ刺し(共に604円)など。

20150730_004
20150730_003

尚、大宮公園駅、大和田駅周辺にはコインパーキングは多少有るけど会場周辺は交通規制が入るので近隣の駐車場は避けるのが吉かと。観客が横断歩道を渡ると右左折する車が曲がれなくて大渋滞になるので。せめて1駅離れて七里駅、北大宮駅近くに停めて1駅は電車の方が良さそうに感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.21

雁坂トンネル期間限定無料開放

20150719_002
20150719_003
山梨県と埼玉県を結ぶ国道140号線の雁坂トンネルが期間限定で無料開放と。

国内の一般国道としては最長の山岳トンネルだそうで、6,625m有ると。制限速度が時速40kmなので計算上通過だけに10分はかかる長大なトンネル。通常は普通車730円だけどH27.7.1~11.30の期間限定で無料開放だと。地域振興で観光客誘致が目的らしく公式サイトにも「渋滞を気にせず、快適ドライブができます」なんて書かれている。

雁坂トンネル:http://www.fruits.ne.jp/~karisaka/

中央高速の上り渋滞は誰もが辟易としている訳で、σ(^^)も山梨方面へ行った際には大概「雁坂経由」で帰っている。それか国道20号とか下道を使用で中央高速をそのまま乗って帰った記憶は殆ど無い(笑)

無料期間だしと改めて三連休の中日の日曜にさいたま市から山梨県へ雁坂経由で往復して時間等を確認してみた。

1)さいたま市自宅~東松山IC前 60分
2)東松山IC前~254号~寄居警察前 30分
3)寄居警察前~道の駅大滝温泉 60分
4)道の駅大滝温泉~雁坂トンネル(東入口) 30分
5)雁坂トンネル(東入口)~恵林寺付近 30分

汎用性のない情報だがσ(^^)の自宅から甲府盆地の入り口、140号が山梨市方面と塩山市方面へ分岐する恵林寺付近(もしくははやぶさ温泉付近)まで約210分=3時間半かかる訳だ。
汎用的な情報にすれば寄居警察(140号と254号の分岐)から花園ICが約10分だから花園IC~恵林寺付近で130分=2時間10分だね。
公式サイトには一宮御坂ICから花園ICまで2時間25分と書かれている。こっちは皆野寄居有料道路経由だし、140号が秩父市内で渋滞しない前提だけどね。

中央高速は小仏25km渋滞だと一宮御坂ICから八王子JCTが127分と書かれている。ちょうど1年位前に勝沼ICからの時間を調べた画面キャプチャが有るけど92分と出ている。勝沼と一宮御坂は6.2kmしかなく渋滞なければ5分程度なので97分。キャプチャした日が25km渋滞だったかは覚えてないけど勝沼~八王子料金所が120分とか表示は見るのでまぁそんなものか。

2011年8月のエントリーでは「勝沼IC~八王子ICが230分表示だった」と書いているし。

20140810_012

って事で公式サイトは少し盛っている気もするけど時間も料金も短縮だよと誘導しているが・・・「快適ドライブ」は確実に盛っているかと(笑)

うん、山梨県側はゆるいカーブと数ヶ所有る登坂車線でのどかな景色で「快適ドライブ」です。道の駅みとみの先にΩカーブが有るだけで雁坂トンネルへ。

ただその先の埼玉県側は片側1車線は確保されているけど登坂車線もなくクネクネ&勾配がきつい山道なので同乗者に車酔いする人がいるなら勧めないコースです。

そして行きも帰りもそんな道に不慣れな車が「無料開放」で走るからか大名行列状態に(笑)特に埼玉側からは傾斜きついし軽自動車では遅くなるのは仕方がないから譲らないとねぇ。帰りも渋滞はないけど先頭も最後尾も見えないくらいの車列になったので過去の経験からすると交通量は倍以上の実感。

と、ちょっとネガティブに書いたけど普通に運転できる人&車酔いしない人なら時間が大して変わらなくても動いている方が運転手は気分が良いし、途中の道の駅に寄りながら走れば渋滞にハマっているより100倍マシだな(当社比)(笑)

#文章ばかりなので最初の画像は山梨へ行った際に買った桃、5個で1,500円だけど甘くて美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »