« 深山荘【新穂高温泉】 | トップページ | 山荘錫杖 その2 温泉【中尾温泉】 »

2016.01.30

山荘錫杖 その1 部屋【中尾温泉】

《2016冬の奥飛騨旅行 その4》

今回の宿は「山荘錫杖」さん、新穂高温泉の「中尾温泉」と呼ばれる地区に建つ。蒲田トンネルを越えて川を渡った先の右折し、坂を上がった先が中尾温泉。

ヲヤヂ旅の宿選びは

  • 雪見温泉を楽しみにしているので「そこそこ広くて開放感有る露天風呂」
  • たいした量は飲まないけど夕飯食べて直ぐに寝てしまい夜中に目が覚めるから「夜中でも温泉に入れる」
  • 部屋や料理に大きな期待はないので「土曜で1泊4人で泊まって1人15千円以内」
  • 最近は肩身が狭いが「室内で喫煙可」
  • 騒がしいのも嫌なので大型のホテル、旅館ではなく「20室以内の小さめな宿」

絶対条件では無いけどそのくらいで奥飛騨温泉郷のサイトから各宿をチェック。
平湯辺りは宿が密集しているので閉塞感の有る露天だったり、カップル向けに貸切露天が充実してたりで案外希望に合う宿が少ない。

そんな中で見つけたのが「山荘錫杖」さん、じゃらんの口コミは数が少ないけど5点満点の5点(H28.1現在)、露天はメインが混浴露天だけど貸切と女性用も有るのでほぼ男性用だろうし、7室なら混雑もしないだろう。食事のボリューム有って宿の人が親切と評判が良い。それで冬場は入湯税入れて10,950円と安い。世間的なマイナスはトイレが共同なことくらいかな?

半年くらいまえに問い合わせの電話したら電話の対応も良かったのでそのまま予約。

って前ふりはここまで(笑)
で、当日に中央道を走っていたら10時くらいに宿から電話。何だろうと電話に出たら「松本から平湯へ向かう国道158号が倒木で通行止めです、迂回路は中津川ICから下呂温泉経由しか有りません」と。
「確かに158号が通れないと迂回はそれか富山経由だよなぁ、でも4時間位ロスするかも」と思いながら暫く走っていたら再度電話があって「解除になりました」と。

今までこの手の経験は無かったし、他の乗鞍、白骨、平湯、福地などの宿が同様の連絡を当日宿泊者にしたかしなかったかも不明だが、何も知らずに早めに松本辺りにいたら土地勘がないと途方に暮れていたかも知れない。「親切な宿」って口コミは納得だなぁと到着前から好感度アップ。

宿は坂の途中に建つ洒落た外観で「山荘」のイメージでは無い。フロント前が吹き抜けになっていて1Fはロビー、温泉、食事処、トイレ、部屋は2Fに。

20160131_001
20160131_004
20160130_022
1Fのロビーには無料のコーヒーマシーン(8時~22時)、無料のマッサージ機。売店とかは無く飲料の自販機くらい(350ml缶ビール350円、缶ジュース150円)。

20160130_023
20160130_024
20160130_025
階段を上がって正面に共同トイレ、男性用は小3つ、個室は和式、洋式各1つ(洋式はシャワートイレ)。

20160130_020
20160130_021
今回の部屋はその隣の「西穂高岳」の部屋、7室の内5室は同じ並びで天気が良ければ部屋から「錫杖岳」が見えると・・・雪の降る時期なので綺麗に全体は見えなかった。

部屋は和室、広縁付き。液晶TV、洗面、空の冷蔵庫(冷凍室有り)、ポットとシンプルだけど綺麗に清掃されていて文句なし。

20160130_015
20160130_016
20160130_018
20160130_017
20160131_000
宿から数分歩くと足湯、その先にチェックアウトの翌日(2/1)から開催される「かまくら祭り」の会場が。今年は雪が少なく気を揉んでいたと。

20160131_002
【中尾温泉 山荘錫杖(しゃくじょう)】
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾277-1
電話:0578-89-2701
時間:in15:00/out10:00
休み:-
料金:10,950円/人(4~11月は13,110円)
URL:http://www.syakujyo.com/

|

« 深山荘【新穂高温泉】 | トップページ | 山荘錫杖 その2 温泉【中尾温泉】 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/63161579

この記事へのトラックバック一覧です: 山荘錫杖 その1 部屋【中尾温泉】:

« 深山荘【新穂高温泉】 | トップページ | 山荘錫杖 その2 温泉【中尾温泉】 »