« 山荘錫杖 その1 部屋【中尾温泉】 | トップページ | 山荘錫杖 その3 食事【中尾温泉】 »

2016.01.30

山荘錫杖 その2 温泉【中尾温泉】

《2016冬の奥飛騨旅行 その5》

宿の選定条件の「夜中でも入れる温泉」。

それなりの距離を移動して、宿に着いたら温泉に浸かって、夕飯を腹いっぱい食べて、お酒もちょこっと飲んで・・・部屋に戻って30分以内に寝てしまう自信有ります!

σ(^^)達の旅行は飲み会じゃ無いので酒量は決して多くはない。なので20時位に寝てしまうと24時とか25時に大概目を覚ます。で、その時にはアルコールは殆ど抜けている。そんな時に「温泉は23時まで」なんて宿だと大変残念。酔っ払っての入浴は危険なのでアルコールの抜けた夜中の時間に入れる宿、宿選びでは案外上位かも。

温泉は男女別の「内湯」、内湯横からサンダル履いて数段降りた先の「混浴露天(脱衣所は男女別)」、そこからまた数段降りたところに「女性用露天」と「貸切露天」、7部屋で5つの浴槽の計算です。

「内湯」はシンプル、脱衣所は棚、洗面にドライヤー有り。浴室はカランは3つ、浴槽は同時だと4人程度かなぁ?それほど大きくはない。洗い場はここだけなので身体を洗ったりはこちらで。

20160130_032
20160130_033
20160130_035
20160130_034
源泉は共同管理かな?高温なので加水していると。宿の近くに蒸気の上がっているタンクが幾つも見られる。蒸気泉に分類されるそうだが造成泉の一種か?400~450mの深さからの自噴泉と書かれていたが。

20160131_003
20160131_005
混浴露天は20人は入れる大きさ。大き目の湯の華が舞い単純泉だけどイオウ臭もほのかに。
浴槽の底が縁に近いところが少し浅くなっているので寄りかかろうとするとズリッと落ちちゃうのが難点と云えば難点。
天気が良ければ露天風呂からも錫杖岳が眺められると。

なんだかんだと6回位はこの露天に入ったが他の部屋の客と有ったのは朝の1回だけ。ご夫婦なのかカップルで来たので邪魔しても悪いから出たけど・・・貸切露天空いてただろうになぁ。まぁ基本は男性露天みたいなものです。

20160130_026
20160130_030
20160130_031
最後に貸切露天風呂、内湯横の出口に時間の書かれた板が有って、そこに部屋の札をかけるシステム。札のかかってない時間はご自由にと。
ヲヤヂ4人旅、わざわざ貸切に入る必要もないが折角なので。
混浴露天よりは狭いが7~8人は入れるか。単に気づかなかっただけかも知れないが湯の華はこっちでは判らなかったなぁ。

露天の脇に立つと近隣の家が見えるので気になる人は端の方は行かない方が良いか?湯船の中なら大丈夫だと思うけど。

20160130_036
20160130_027
20160130_028
20160130_029
【中尾温泉 山荘錫杖(しゃくじょう)】
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾277-1
電話:0578-89-2701
時間:in15:00/out10:00
休み:-
料金:10,950円/人(4~11月は13,110円)
URL:http://www.syakujyo.com/

|

« 山荘錫杖 その1 部屋【中尾温泉】 | トップページ | 山荘錫杖 その3 食事【中尾温泉】 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/63161608

この記事へのトラックバック一覧です: 山荘錫杖 その2 温泉【中尾温泉】:

« 山荘錫杖 その1 部屋【中尾温泉】 | トップページ | 山荘錫杖 その3 食事【中尾温泉】 »