« 大晦日の角上魚類へ(2015年)【さいたま市】 | トップページ | 青森県特産品センター【新富町】 »

2016.01.17

冬の大感謝祭2016新春【那須】

毎年、冬にやっている那須高原の「冬の大感謝祭」、温泉の割引を楽しみにしている。今年は参加している宿が少し減ったけど1,000円でチケット3枚、1枚or2枚で入れるから最大3湯と。

先ずは塩原の道の駅の隣、「いちごランド」へ寄っていちごを購入・・・10時半くらいだけど既にとちおとめは売切れ、900円のとちひめを購入。帰宅して食べたけどここのは美味しいなぁ。

20160116_004
そのまま県道30号を走り、道の駅「友愛の森」で「温泉周遊券」を購入。

首都圏でも数日後には平地で積雪の予報が出ているが、それはそれとして雪見露天を楽しみに。ただ今年は暖冬なので1月16日現在では湯本の温泉神社の辺りとかは雪は無し、ロープウェイ駅近くまで行かないと雪見露天が楽しめないと。

20160116_001
夏は激混みの那須街道もこの時期は土曜だと云うのにガラガラ。順調に11時半過ぎには1軒目「大丸温泉旅館」へ、ここはチケット2枚。
2年半前にも来たが、高級感の有る宿で対応も丁寧。脱衣所はカゴだけど個別に貴重品入れが付いている・・・他では見た記憶ないなぁ。

20160116_000
内湯とそれに続く川を堰き止めた混浴の露天。フロントで男性は腰に巻くタオル、女性はバスタオルを貸しているので問題はない。
日帰り受付時間が短いけどここはのんびりできる。

【大丸温泉旅館】
住所:栃木県那須郡那須町湯本269
電話:0278-76-3050
時間:11:30~14:30
休み:公式サイトにカレンダー有り
料金:1,000円
URL:http://www.omaru.co.jp/

大丸温泉旅館でも昼飯が食えるそうだがメニューが出てなく昼飯は一旦下に戻って。湯本の辺りも食事出来るところがないので広谷地と一軒茶屋の間くらい、戦争博物館の斜め向かいの「那須茶寮」へ。
喫茶店か美術館かと間違えるくらいの洒落た建物。メニューはちょっと観光地価格かなぁ?せいろが990円+税との事。天ぷら付けると1,000円アップらしい。
「せいろそば」に「ミニとろろごはん500円+税」を付ける。

20160116_002
20160116_005
応対も丁寧だし、食べれば味は悪くない。細目だけどしっかりとコシのある蕎麦。

【那須茶寮】
住所:栃木県那須郡那須町高久乙2725-16
電話:0287-69-6011
時間:11:00~15:00、17:00~19:30
休み:不定
料金:せいろ990円+税
URL:

食後は再度坂を上って湯本へ。確か「小鹿の湯」は割と遅くまで日帰りを受け付けていたはずと思ったが温泉周遊券の案内には9:00~14:30と。宿の公式サイトも消えているみたいだし変わったのか、周遊券だけ違うのか。
中藤屋旅館は20時までOKと書いてあるのでそちらへ。ここは内湯しかないけどヒノキの浴槽に鹿の湯源泉が注がれている。仕切りがあって右がぬるめ、左の小さい方が適温かちょっと熱いくらい。前に来たときは左が熱かった気がするが、たまたまなのかな?

20160116_003
【中藤屋旅館】
住所:栃木県那須郡那須町大字湯本274-1
電話:0287-76-2705
時間:11:00~20:00
休み:?
料金:500円
URL:http://www.nakafujiya.com/

さすがにこの時期は空いているなぁと那須インターへ向かったらインター付近渋滞って案内が出ていたので広谷地から県道30号へ・・・多分、時間的にはロスなんだろうけどいつもの癖で矢板インターまで。

矢板バイパスが4号までつながったんだ!

|

« 大晦日の角上魚類へ(2015年)【さいたま市】 | トップページ | 青森県特産品センター【新富町】 »

温泉」カテゴリの記事

美味しいなぁ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/63080914

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の大感謝祭2016新春【那須】:

« 大晦日の角上魚類へ(2015年)【さいたま市】 | トップページ | 青森県特産品センター【新富町】 »