« 山荘錫杖 その3 食事【中尾温泉】 | トップページ | つつじの湯【嬬恋高原温泉】 »

2016.01.31

そば幸【山形村】

《2016冬の奥飛騨旅行 その7》

2日目は10時位にチェックアウトして平湯バスターミナルで奈良へ帰る1人を降ろし、帰路へ。
久しぶりに白骨の「泡の湯」で日帰り入浴をし昼飯はまた「唐沢そば集落」へ・・・「泡の湯」はもう「観光地」だねぇ(笑)

これだけ蕎麦屋が列んでいるんだし、昨日と同じ店では芸がないよと「そば幸」さんに行くことに。前日寄った「根橋屋」さんの直ぐ下の店。人気店ランキングとか有るのか無いのか不明だけど「感」で決める。

看板に「大駐車場」って有ったので店の上のそこへ入ったらスタックしてしまった。スタッドレスタイヤを過信してたなぁ・・・反省。根橋屋さんの人がスコップを貸してくれ、通りがかりの地元の人が手伝ってくれた、感謝です。

20160131_021
20160131_013
店の玄関前に改めて停めて店内へ。
こちらのお店も座敷にテーブルで民家そのまま。広縁にも席が有り、混雑時はそちらも使うのかな?

20160131_016
メニューは「もりそば 680円」も有るが「やまっちそば 880円」に興味が。それと「天ぷら盛り合わせ 580円」と「馬もつ 480円」、馬肉料理は長野でも飯田の方かと思っていたがこの辺りでも普通に有るんだな。

最初に「漬物」が出てくるのは何処も一緒か?その後「野菜の天ぷら」と「馬もつ煮」。長芋、春菊、えのき、シメジ、舞茸など山の素材。もつ煮は割とさっぱりとしてたなぁ。

20160131_014
20160131_017
20160131_015
「やまっちそば」って云うのは「麺状の長芋」をもりそばの上に載せたものと。そう云えば根橋屋さんのメニューにも有ったなぁと今更思い出す。とろろそばとは違って蕎麦と同じくらいの太さの長芋を蕎麦と一緒に汁に漬けて食べると新しい食感。似たような見た目のメニューで「大根そば」ってのが関東でも有るが食感は違うよね。

蕎麦湯は濃厚タイプ、ご馳走様でした。

20160131_018
20160131_019
20160131_020
「唐沢そば集落」は9軒有るそうで、これで3軒目。滅多に来られない場所なので全店制覇は無理だな。ただ車で奥飛騨方面へ行く際には昼飯はこの集落に毎回立ち寄る事になるだろう。

2年前に「根橋屋」さんと「水舎」さんに寄った際のエントリーはこちら
前日に「根橋屋」さんに寄った際のエントリーはこちら

【そば幸】
住所:長野県東筑摩郡山形村下竹田7259
電話:0263-98-2075
時間:11:00~14:00
休み:木曜
料金:やまっちそば 880円他
URL:http://www.go.tvm.ne.jp/~shoukou/sobakou/sobakouzennkei.htm

って、呑気に行きも帰りもこの集落で昼飯を食べていたが、ここから車で10分くらい坂を上がった辺りは土曜の朝の倒木で日曜の昼前まで孤立していたらしい。
「そば幸」さんを出て坂を降りたら孤立していた「スカイランドきよみず」のマイクロバスとすれ違い解消したんだねと知る。

|

« 山荘錫杖 その3 食事【中尾温泉】 | トップページ | つつじの湯【嬬恋高原温泉】 »

美味しいなぁ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/63161700

この記事へのトラックバック一覧です: そば幸【山形村】:

« 山荘錫杖 その3 食事【中尾温泉】 | トップページ | つつじの湯【嬬恋高原温泉】 »