« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の8件の記事

2016.05.30

岩槻駅改築計画 完成(一応)【岩槻】

20160530_006
2012年6月から始まった「岩槻駅橋上化工事」が明日、5月31日始発から改札口移動で一応完成すると。(前に書いたエントリーはこちら

ただ西口ロータリー整備や、旧改札口の有る東口の春日部より階段はまだこれからで全体の完成は今年の冬頃と。

20160530_002
1番線ホームから上に上がるエスカレータも多分、明日から稼働。

ホーム&線路の上に構内トイレや改札が出来るらしい。トイレはもっと前から使えるようにしててもバチ当たらないだろうに。
改札口横にはファミリーマートが出店すると・・・スペースの関係で多分最低限の小さな店かと。

20160530_003
20160530_000
20160530_001
東西自由通路の東口階段(大宮側)、24日から自由通路は使用可能になった・・・一週間くらいの時間差が何故必要だったのかは不明。どうせなら同時にすれば良かったのに。

20160530_005
最後に一つだけ疑問。
1番線ホーム(大宮方面)と東口階段の間に微妙な隙間が。
今だと旧東武ストア(最初の写真のTBOXって上にある建物)が有るし、春日部側も現改札や事務所が有るけど全て取り壊せば線路が1本入れるくらいの隙間が有る。
春日部~大宮の急行運転が春から始まったが現状では追い抜きは無いダイヤだし、大宮駅があの状態では現状がベストだろうけど、ここに線路を通せば両方向とも追い抜きダイヤが組めそうだなぁ。

完成予想図には載ってないから多分違うけど、じゃぁこのスペースはどうするんだろう?

20160530_004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.24

美楽温泉 SPA-HERBS【大宮】

20160523_003
20160523_000
5月3日にオープンした温泉施設、以前は「やまとの湯 大宮店」で有ったが経営母体の問題で閉館、取り壊して建物から新たに作りなおした。

岩盤浴付きのセットが土日は2,052円(税込み)と強気なので平日なら1,620円だしと平日に会社を休んで訪問。

車でヤオコー盆栽町店の方から北上。T字路に「←P入口」と出ているから左折・・・「右折入庫禁止」の表示。この道をそのまま行くとまたT字路で左折して旧中山道へ戻っちゃうんだよね。しかし何考えているんだろう?右折入庫禁止ならT字路にあんな看板を出さなければ良いのになぁ。
直進して有るのは出口専用のゲートなので駐車場入口は施設の南の道路を西から、つまり住宅展示場と島忠の交差点を北から入って最初の角を左折の一択と云う訳だ。

20160523_004
20160523_002
20160523_005
「よくあるご質問」に「Q:駐車場、駐輪場はありますか? A:駐車料金は施設利用者は無料です。ただし、利用後もそのまま駐車しお出かけになられる方は、追加料金が発生します。」と書かれているが、実際は「入浴:4時間無料」「入浴+他サービス:6時間無料」「入浴+館内3千円以上:8時間無料」の案内が看板に。

20160523_001
上記2点は車で来る人は要注意ね。(今後改善されるかも知れないけど)

で、車を停めてエレベータor階段で2Fへ。1Fは屋根付き・屋根なし含めて全て駐車場で受け付けとか2F以上に。
受付前から高級感溢れてる。雰囲気としてはアジアンテイスト、近場だと「花咲の湯」を意識している感じ。

20160523_006
20160523_007
岩盤浴はそれ程興味はないけど初めてなので「ゆったり岩盤浴付セットプラン」で入館。平日の午前中は岩盤浴無しの「ご入浴のみプラン 1,026円」も選べるけど。

受付だけしてタオルセットとかは奥の総合案内で受け取る。バスタオル、ボディタオル、岩盤浴着、岩盤浴用敷マット・・・あれ?このプランだと館内着は付かないんだ。
岩盤浴着で食堂とかも大丈夫と云ってたが他人の汗で濡れた岩盤浴着で座った席に座りたくないなぁ。速乾性の岩盤浴着なんだろうけど。

先ずは温泉。もう1フロア上の3Fに。右が男性、左が女性で交代は無い様子。
脱衣ロッカーは岩盤浴セットをしまう事も有り、まぁまぁの大きさ。もう少し大きいと嬉しいが贅沢は云えない。
内湯は炭酸泉、シルク風呂、ジェットバス、サウナ、水風呂、洗い場。
この日は天気が良く、内湯と露天の境の窓が開放されてて気持ち良い。炭酸泉、シルク風呂共に大きさは十分広く多少混んでも大丈夫かな?

露天は左右に温泉浴槽、違いは特に書いてなかったが温度変えているのかなぁ?出て左の浴槽の湯温計が43℃となっていてびっくりしたが実際は41℃くらいのぬる湯・・・湯温計は多分近いうちに直ると思うけど。

で、温泉は・・・加水、加温、循環、ろ過、塩素消毒のアル単・・・これは以前の「やまとの湯」時代と変わらないんだなぁ。まぁ、温泉なんて一度や二度、それも数時間でどれだけの効果が有る訳では無いし、この施設に来る客層が泉質目当てと思えないから別に良いけど。
でも出来れば左右に2つ有るんだからどちらかは檜風呂にでもして欲しかったなぁ・・・アジアンテイスト狙っているから無理か?

それ以外に壷湯4つと寝ころび湯、そして奥に洞窟風呂。
この「洞窟風呂」は個人的に気に入った。36.5℃とぬる目に設定されていてドーム内に放射状に10数人が半身浴or寝湯出来る感じの浴槽。久喜の「なごみ」のそれに近いかも。かすかなBGMとお湯の音、中心部に有る色の変わるライトの灯り。

一旦上がって2Fに降りて喫煙所で一服。屋内に有るので雨の日でも花粉症シーズンでも大丈夫。

20160523_013
その後は食事処へ。「Live Kitchen 美楽亭」って洒落た名前で女性に好まれそうな内装だし、女性向けのメニューが多い・・・座敷席は無かったかな?
その代わり日帰り温泉施設のような安いメニューはなく1,000円以下の食事メニューは殆ど見当たらない。

「HERBSデリプレート」ってメニューは1,058円でスープ1品、ライス1品、サラダ3品をそれぞれ選択肢から選べると。偏見でもの云うけど「女性が好きそうだなぁ」・・・でもメインがサラダではヲヂサンには足りなそう。

σ(^^)は「鰤の塩焼き炭火御膳 1,382円」を注文・・・ブリを焼いたもの、大根おろし、ししとう、レモン、ご飯、味噌汁(なめことお麩とわかめ)、漬物。美味しかったけどこの値段に見合うかと聞かれるとどうだかなぁ?野暮な事は云わない方が良いんだろうけど。

20160523_010
20160523_008
20160523_011
食後は岩盤浴エリアで一休み。岩盤浴着を着ていないと入れないエリアで休憩スペースにはリクライニングチェア(TV、タブレット付き)やマンガなど。

20160523_014
20160523_015
岩盤浴はと云うと3種類+ロウリュウサウナ+クールダウンって造りで、岩盤浴の内の1つ「煌空」はヨガも開催されるそうで2面が鏡張りで落ち着かない。「癒塩」は横になる場所が曲線系のベット、「遊雲」が一般的な岩盤浴ルームっぽいけど時々水の煙が下の方に・・・なんか凝りすぎて無い?

ロウリュウサウナも人が扇ぐのではなく大きなファンが熱風を送り出すと。加減の問題かアロマの香りはしなかったなぁ。

最後にクールダウンのガラス張りの部屋。中央に氷の山が有って上を見ると天井から雪というか氷が落ちてくる趣向・・・その関係で風を使えないのでロウリュウの後に入ったけど「凍える!」って程の温度差を感じられなかった。大きなかき氷のオブジェを見てる感じ。

まぁ温泉マニアと一般客とではお湯の感想が違うように、岩盤浴マニア(居るのかな?)と一般客ではやっぱり違って「面白い!」が大事なのかもね。

って事で岩盤浴の後にもう一度浴室へ行き汗を流してから帰宅。館内着が有るとここで館内着を着て一休みしてから私服に着替えるけど濡れた岩盤浴着は無理だからなぁ。

個人的な感想は「岩盤浴エリアの休憩スペースは充実してて良いけど値段考えたら平日の午前中に入浴のみ+館内着でもいいかなぁ、炭酸泉と洞窟風呂は案外気に入ったし」って感じ。それでも税込み1,000円以上するので半日時間が取れた時に来るならばって感じで。

因みに岩盤浴しないと休める場所はフロント階の椅子か3Fのカフェ横の「リラックスルーム」、この日はリラックスルームもガラガラだったのでマンガとか要らないならクッション有るしここで横になれる。

20160523_012
さて、大宮から近いこの手の「半日のんびり温浴施設」として比較したらどうだろう?

おふろcafe utatane

  • 大宮駅からニューシャトルで1駅の「鉄道博物館駅」から徒歩10分程度(シャトルバスは夕方以降)
  • 駐車場は無料
  • 入浴料+館内着で1,260円で土日平日関係なし
  • コーヒー無料
  • マンガ&雑誌たくさん
  • リクライニングチェアや無料のマッサージチェア有り
  • お湯は「白寿の湯」からの運び湯・・・全然別物(笑)
  • お風呂部分は基本、極楽湯時代から変わってないので古臭い
  • 口コミとかでの評判が良いのか案外人気で入館制限する日も有るとか
  • 別料金だけど泊まれる

花咲の湯

  • 大宮駅からニューシャトルで6駅の「原市駅」から徒歩10分程度(シャトルバスは無し)
  • 入浴料+岩盤浴着で平日1,450円、土日1,550円、タオルセット別途250円
  • 平日だと入浴+岩盤房+食事(幾つかから選択)+レンタルタオルセットで2,200円のセット有り
  • 駐車場は無料
  • 岩盤浴専用エリアはリクライニングチェア有り、マンガ&雑誌もそこそこ有る
  • お湯は茶色に濁った天然温泉、白湯の炭酸泉、ジェットバスも有り

「SPA-HERBS」

  • 大宮から1駅の土呂駅、宮原駅からシャトルバス有り、土呂ならステラタウン行きのバスも有る
  • 入浴料+岩盤浴着+タオルセットで平日1,620円、土日2,052円
  • 岩盤浴専用エリアはリクライニングチェア多数有り、マンガ&雑誌もそこそこ有る
  • 駐車場は入浴のみだと4時間まで、カフェでコーヒーでも飲めば施設利用になるのかな?だと6時間まで無料
  • 温泉は期待して行くほどではないが施設としては新しいし良く出来ている

「花咲の湯」は入浴のみ、「おふろcafe」は短時間コースも有るけど半日~ほぼ1日のんびりと云う前提で考えると岩盤浴をしない、温泉の泉質も興味無いなら「おふろcafe」が確かに手頃な価格で良いのかなぁ?温泉好きなσ(^^)としては評価低いのでここ1年では4月の花見の後に銭湯感覚で寄った程度だけど、その時は入館制限は無かったが日曜なのでリクライニングチェアとか空いて無く落ち着かないイメージだったけどね。

岩盤浴好きな奥さんと2人で平日のんびりで一番良く行くのが「花咲の湯」、奥さん一人でも平日に行っているそうだけど平日でも炭酸泉とか混んでいる時も有ると。平日ならリクライニングチェアが埋まることは無いかな?お湯、岩盤浴、休憩のバランスが取れているかも。

「SPA-HERBS」は食事を考えなければ平日は「花咲の湯」の岩盤浴+タオルセットより80円安い。岩盤浴専用エリアのリクライニングチェアの数も多いし人気出るかもね。ただ土日は2,052円と高く、入浴のみが無いから入浴客がリクライニングチェアで全員休めるかと云うとどうかなぁ?値段高いからそこまで混まない?

と勝手な感想を書いてみた。

【美楽温泉 SPA-HERBS(スパ・ハーブス)】
住所:埼玉県さいたま市北区植竹町1-816-8
電話:048-669-6626
時間:10:00~23:00
休み:無休
料金:ゆったり岩盤浴付セットプラン 平日1,620円、土日2,052円
URL:http://spa-herbs.jp/

===2016.12.1追記===
開店して半年ちょっと、色々予定と違ったのか営業時間と料金プラン、シャトルバスが変更になった模様。
土日でも入浴だけのプランが出来たのは有り難い。ただ1,000円超えるし、管内着が別になったので個人的には頻繁には行かないかなぁ?
シャトルバスが土呂駅や宮原駅からのが無くなったのは利用者が少なかったからか?まぁ土呂はステラタウン行きが有るからそれ程困らないか。
どうだろう、これで人気が出るのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.22

昭和【小鹿野町】

小鹿野町ブラブラの最中にお昼をと。
「わらじカツ丼」が有名で、その中でも「安田屋」が人気だと。で、ブラブラ途中に覗いたら行列していたので別な店へと。

「小鹿野町観光交流館」でも食べられるって出ていたが戻る途中に交流館の斜め前辺りに幟が出ていたのこちらの店へ。

20160522_007
20160522_002
店内はそれほど広くなくテーブル2つ、小上がり2つくらいかな?入った時は誰も居なかったが後客が2組来たので残り1組程度に。まぁオジサンとオバサンの2人で営業しているようなのでこのくらいが丁度よいのか?

「わらじカツ丼」の定義は詳しく知らないが首都圏で一般的な「玉子と煮込む」タイプではなく「ソースに潜らせて」ご飯に載せるらしい。
そして「わらじ」だからカツは2枚と。

丼の蓋を取ると確かに2枚、それも鼻緒を紅しょうがときゅうりで再現・・・味として合うか合わないかは別で面白い。

カツは大きいけど薄めなので女性でも大丈夫。

20160522_003
20160522_004
20160522_005
20160522_006
「安田屋」があれだけ人気で「昭和」が普通の人気ってのは何が違うのかなぁ?町内にはもう数軒「わらじカツ丼」を出す店が有るそうだがどれだけ違うんだろう?

個人的には十分美味しく食べたんだけど。

【昭和】
住所:埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野1841
電話:0494-75-1182
時間:11:30~16:00
休み:不定
料金:わらじカツ丼850円
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小鹿野の町並み【小鹿野町】

「天空のポピー」を眺めて次の目的地は「小鹿野町」、山梨からの帰りに雁坂トンネルを越えて秩父の140号の渋滞を迂回で通ることが多いけど古い町並みがひっそりと有ると。

σ(^^)の様な素人からすると寄居から西は「全部、秩父」って雰囲気で長瀞も小鹿野も秩父って括ってしまうが昔は信州に抜ける交通の要所で秩父とは別な文化も有ったと。

とりあえず小鹿野町役場から少し西の「小鹿野町観光交流館」へ。斜め前に町営の無料駐車場が有る。このエリアには数台分ずつだけど数ヶ所そんな駐車場が有るので車はそこへ。

「小鹿野町観光交流館」って観光パンフとトイレ、食堂とが有る旧本陣寿旅館を改修した施設だそうだ。

20160522_024
20160522_025
20160522_026
案内地図を貰いそれを片手に適当に街巡り。

すぐ横の「村上酒店」は以前は醤油とかも造っていたと。看板に味が有る。向かいにも酒屋が有って小鹿野歌舞伎の人形が自転車に。

20160522_028
20160522_029
20160522_027
「常盤屋」は養蚕もしていたそうで、この脇の路地が「成田横丁」を、そこを入ってお不動さんへ。なかなか見事です。

20160522_030
20160522_031
20160522_033
そこから西へ。
「わらじカツ丼」で一番有名な「安田屋」さん、開店直後でもう行列です。

20160522_034
その先の十字路にも町営駐車場が。地図には「キネマ跡地」って出ていた。そこを右折して表通りへ。

20160522_036
その途中にある建物と安田屋さんの近くの建物・・・「昭和」を感じるこの手の建物に郷愁を覚えるのはヲヤヂだからか。子供の頃はこんな感じの家があちこちに有ったよなぁ。

20160522_035
20160522_037
20160522_038
20160522_039
その他適当にメインの通りで見かけた建物。

20160522_040
20160522_041
20160522_042
最初の「小鹿野町観光交流館」近くまで戻って「十輪寺」って寺へ。
鐘楼が有り、門には草鞋が奉納されていた。境内には「加楼羅(カルラ)天石仏」ってインドの神様の像が。

20160522_043
20160522_044
20160522_046
20160522_047
20160522_048
その先の「越後屋旅館」を見て、昭和でも何でも無い看板を眺めて帰路に。

20160522_049
20160522_050
他人様が住んでいるか、住んでいなくても所有している建物を勝手に見て「あぁ、懐かしいねぇ、レトロだねぇ」ってちょっと申し訳ないけどやっぱり懐かしいんだな。

【小鹿野町観光交流館】
住所:埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野314
電話:
時間:10:00~21:00
休み:月曜
料金:無料
URL:http://www.town.ogano.lg.jp/kakuka/matidukuri/honjin/honjin.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天空のポピー 2016.05.22【皆野町】

何でも平成18年からポピーの植栽を始めた新しい観光スポットと。5.0haに1,500万本のポピーが咲くそうで、σ(^^)が知ったのは昨年見に行った友人からのメール。
皆野町と東秩父村の間辺りの山の上の牧場に咲く姿は高低差も有りなかなかの絶景と。

って事でちょうど天気も良く満開というので日曜に行ってみた。
7時にさいたま市の自宅を出て小川町・東秩父村の方からナビに従って進んでいくと県道から橋を渡って山道へ。

片側1車線は確保されているけどカーブと勾配は結構有る。そして・・・渋滞に捕まる。ちょうど視界が開ける辺りに8:45に着いたけど、ここから駐車場に停めるまで30分かかったなぁ。

サイトには駐車場は9時からと出ているがもう少し前に開けてた感じ。それなりの台数は停められるけど来るお客さんも多いので大人しく渋滞の列に。
東秩父側、皆野側、どちらも徒歩10分位を覚悟すれば広くなった路肩とか有ったけど山の中なので結構疲れそう。
山の中の一本道、生活道路としてはそれ程使われてないんだろうけど駐車場待ちで片側並ぶと対向車でギリギリ、追い越してその先へは行けない。

20160522_000
20160522_001
20160522_023
駐車場に停めて散策開始。ポピー畑の外周を一周するようにコースが組まれているけどコース自体も高低差が有るのでスニーカーとかが吉。

でも、その高低差のおかげで視界いっぱいのポピーが眺められて、ポピーと遠くの山と空だけの景色は気持ちが良い。

20160522_013
20160522_009
20160522_012
20160522_014
20160522_019
20160522_015
20160522_016
20160522_017
20160522_011
20160522_021
写真を撮りながらぶらぶら一周してσ(^^)は45分、のんびりと見たら1時間程度かな?

期間中は出店も出ていて鮎や岩魚の塩焼き、五平餅、おにぎり、山菜など売ってたなぁ。

帰りは皆野の方へ下りたけど、道路の走りやすさは皆野方面からの方が少しはマシかと。

20160522_008
【天空のポピー(秩父高原牧場)】
住所:埼玉県秩父郡東秩父村大字坂本2949-1
電話:0493-82-1500
時間:駐車場9:00~16:00
期間:5月中旬~6月上旬
料金:200円
URL:http://www.tenku-poppy.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.15

古代蓮物語【行田天然温泉】

2000年にオープンし、2010年に色々あって休業。そして2015年冬に再開した日帰り温泉施設。

埼玉県は今はあちこちにそれなりの温泉施設が有るが20年前は平野部だとかすかべ湯元温泉とか数施設しか無かったと。清河寺や先日建て直し再開した旧やまとの湯は2006年、花湯の森@深谷やさいたまスポーツセンター(旧 彩ゆ記)は2007年、そう云う意味だと割りとハシリの施設だったかと。

温泉好きになる前に友人に連れてこられて2回くらい入ってたはずだが興味なかった頃の記憶なので浴槽とか全く記憶無し。ナビの案内で到着して「あぁ、こんな立地だったっけ」と・・・駐車場が分散してたのを思い出し。

20160514_000
土日にスパ銭系の温泉へ行けば混雑は当然。それは嫌なので天気の良い土曜の午前中に訪問。第一駐車場も未だガラガラな状態・・・そうだよね、大概の人はこんな日には行楽で出かけているか未だ家でゴロゴロしてる時間だから。

館内は和風の2階建て、ちょっと狭い印象は有る。ただ喫煙室は何故か無駄に広い。リニューアル時に変更したのか?

20160514_001
20160514_002
脱衣所や内湯、露天は上手く配置していて狭さを感じさせない。そして狙った通りなのか客が殆ど居なくて内湯、露天合わせて10人程度。帰る昼頃になると増えてきたので夕方はやっぱり混むのだろうが、ガラガラの温泉施設ってのは入る客からすると嬉しい限り・・・経営する方は困りものだろうが。

お湯はほぼ無色透明、加温・循環・塩素消毒と特にわざわざ入りに来るお湯でも無いが、露天の桧風呂では茶色の湯の華が舞ってた。
「源泉掛け流し」って立札が出ているが厳密な定義が無いので循環してても温泉を投入していればそう書けちゃう。この辺りは湯遣いを分けた方が良さそうだけどなぁ。経営がドーミーインの共立メンテナンス系の会社だと云うんだし。

ただ桧浴槽のサイズと温度がちょうどよく、誰も居ないので寝湯状態でのんびり出来たのが気に入って入浴時間の殆どをそこに。

露天は他に井水のつぼ湯、温泉の岩風呂(上下二段)、内湯は大きめの温泉浴槽と井水の変わり風呂、ジェットバス、サウナ(2種)、水風呂。

洗い場のカランが「お湯」「水」「シャワー」と独立したタイプ・・・案外珍しい。温度調節が出来ないので好き嫌い分かれそう。

お休み処は2Fに。キッズコーナーの前にコミックコーナーも有るが大した量はない。その奥に男女別のごろ寝スペース。普通なら混んでいるんだろうけどこの日は無人・・・リクライニングチェアとかでは無いけど何故居ない?

20160514_003
【古代蓮物語】
住所:埼玉県行田市向町19-26
電話:048-553-7311
時間:10:00~23:00
休み:第3水曜
料金:平日700円、土日800円
URL:http://yunoeki-kodaihasu-monogatari.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.08

携帯機種変【P-01H】

σ(^^)の今のメイン通信環境はドコモのフィーチャーフォン、いわゆるガラケー。2010年6月に買い換えたSH-07B。(その時のエントリーはこちら

もう6年間同じ機種を使っていたんだなぁ・・・それまではほぼ2年おきに買い換えていたけど。
翌年の2月にスマホと云うかAndroidタブレット「GALAXY Tab」を買ったので

  • ガラケー=通話・メール・おサイフケータイ
  • スマホ(タブレット)=ネット端末

と2台持ちで使い分け。
SH-07Bに変えた理由の一つに「外出先で携帯ブラウザの画面を大きく見たい」とHDMI出力の有る機種にして別途7インチの外部モニターを買ったら解像度の相性で結局使えなかったんだよな。スマホはその悩みを一気に解決してくれて有難い。

ただガラケーも6年も使っているとバッテリーが劣化し充電頻度が上がってくる。途中で一度、予備バッテリーを貰ったけどもう在庫が無いようだ・・・特に故障したわけでも無いがそろそろ買い換えかな?

2台持ちのスマホが有るのでガラケーに求める機能は少ない。電話が出来て、メールが出来て、お財布機能が有って、予定ないけど一応海外で使えて・・・カメラは別に無くても良いかも、GPSも要らないや。

電話やメールは頻度は少ないけど過去に連絡先を交換した人からいつでも繋がる安心が欲しい。お花見に数年ぶりに参加したい人からメールが来るとか、遠い親戚から電話が来るとか。

なので契約は「FOMAタイプSS_バリュー924円」+「パケ・ホーダイ ダブル定額372円」+「iモード300円」+「補償サービス300円」で2,000円弱。
テキストメールと月に数回の電話だけなら毎月ほぼこの金額なんだよね。

さて、機種変する対象はと・・・商売にならないらしくガラケーの対象は2014夏の「F-07F」「SH-07F」、2014冬の「N-01G」、2015冬の「P-01H」と乏しい。Androidケータイ(ガラホ)はパケット漏れがどの程度か不明だし、初モノは見送りが吉。

今がSH-07Bだから順当に行けばSH-07Fだよなぁ。でも今の機種でちょっと不満が「文字が小さい」ってのが有る。着信したメールとかならサイズを大きくできるけどメール作成画面で変換候補とかは変えられないみたい・・・多分。

P-01Hはその部分も大きく出来るそうなのでP-01Hにしてみよう。なんでも「部品が運良く残っていた」とパナソニック最後のガラケーっぽい話が出回っているし。
予備バッテリーさえ無くなる前に確保すればFOMA停波されない限りもう5~6年はこれでいけるかな?

奥さんも同じような時期に機種変して古かったのでビックカメラで色違いで2台購入。一括払いで1台31,752円+2,945ポイント(ドコモのポイントとか使ったので支払はもう少し少ない)。指定オプション付けるともう数百円安いらしいが外すの面倒だから無しで。月々サポート486円*24ヶ月引かれるから実質17千円か、まぁそんなもの。

スマホだと安い店を探したりとかも有るが、ガラケー機種変は値引きは期待しないで素直に近くの量販店でいいかな。

買った翌日に預けていたモバイルSuicaとQUICPayのデータをダウンロードしてSDカード入替えて・・・あれ?電源が入らない(泣)

初期不良は機械の宿命だけど見事ハズレを掴んだ様でドコモショップに持ち込んだところ修理扱いと。一週間くらいで戻ってきたところ「お財布の基板に不具合が有った」そうだ・・・機種変前に預けたデータをダウンロードしてからの故障なのでモバイルSuicaは再発行扱いで手数料500円、QUICPayもカード会社から再度IDとパスを郵送して貰い、手続き時のパケット代も二度かかる。この辺りは一応文句云ったけど殿様商売のドコモは補償しないんだな。

その後一週間くらい使ってだけど使い勝手は・・・メールの変換候補の文字サイズはホットモックで確認してはいたけど思っていた通り。変換レスポンスとか変換候補の学習機能とかも悪く無い。通話も特に不満のないレベル・・・VoLTE使った事無いから。

着信音は「今更着メロにこだわらなくても」と思ったが、奥さんと同じ機種だからプリインストールで設定するとどちらの着信か判らなくなるので6年ぶりにその手のサイトでダウンロード・・・メール分含めて7~8曲ダウンロードして即解約。しかしプリインストールの着メロはもう少し種類有ってもいいかも。単純な電子音とか。

SH-07B(左)と比較すると重さが149gだったのが123gになり、最厚部の厚さが21mmから15.8mmに。高さと幅はほぼ同じかな?連続待受時間が480時間から750時間に延びたのが嬉しいなぁ。

20160424_006
20160424_007
20160429_001
20160429_002
既に枯れた機械なので妙に新たな機能を付けなければガラケーの安定性はある意味安心かと。修理中に借りたP-01Fって2年前の機種と基本的な操作やメニューは変わってない感じ。

20160424_005
因みにスマホの方は2年前に一括購入したGalaxy Note3(SC-01F)が2年間の「月々サポート3,849円」が無くなってパケ・ホーダイライトで2,000円以下の運用が出来なくなったから格安SIMに。
MVNOってGALAXY Tabで使い始めた頃には日本通信くらいしか無かったけど今は何社有るんだ?値段だけ見たら安いところが有るが安さだけでは選べないのでIIJmioに。ヲヤヂ世代としては「IIJ」の名前は別格だからなぁ。
「ウェルカムパック」がAmazonで324円だったので購入。体感的にはσ(^^)の環境ではドコモ時代と特に変わらないかな?クーポンをオフにすると昼休みは読み込み遅いけど多分埼玉の片田舎で生活しているので都心ほどでは無いようだ。(地域差が有るのか不明だけど)
SMS付けて3GBプランで1,000円ちょっと。浮いた額は次回SIMフリー端末の購入費に充てよう。

20160330_010
最後にカメラの比較。上からデジカメのDSC-WX200、Galaxy Note3、P-01H。赤は飽和しやすいけどメモレベルなら問題ないかな?パケットを使わずにBluetoothでスマホに画像を転送出来るけど・・・だったらスマホで撮影するからなぁ。

20160429_wx200

20160429_sc01f

20160429_p01h

ドコモだけではなく各通信キャリアはガラケーの人をスマホに変えたいらしい。乗り換えると○万円引くとか云ってるが「月に千円~2千円で常に連絡が取れる安心感」で持っている人が多いと思うんだよな。そんな人に要らない機能の付いたスマホを月に5千円以上かかるけど持っては無理な話。

逆にσ(^^)みたいな人間向きにキャリアメールの追加アドレスを提供してくれたらいいのになぁ。ドコモとの契約が無くなってもドコモのメアドを維持したい人に・・・それやったらみんなMVNOにして逃げちゃうか?(笑)

因みにσ(^^)のスマホはOutlookアドレスで画像付きメールのやり取りをすることにした。若者はLINEで済んでいるらしいがヲヂサンの交友関係じゃ無理だしGmailは他で色々登録に使っているのでメーラーから別にして使い分け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.01

うお坐 大宮南中丸店【大宮】

20160429_003
3月に第二産業道路大和田の少し南にオープンした魚系のお店。
前は2014年12月開店の「ごちそう特急」って名前の焼肉食べ放題の店だった場所・・・前の店は1年ちょっとだったのか。

紳士服のAOKIとヤマダ電機の間の上り車線側。中央分離帯に切れ目は有るが逆車線からの出入りはしたくない。
大宮から国際興業バス[大15]で「高井北」ってバス停が近くにあるが・・・殆ど使えない本数なので車一択な場所。

3月の開店すぐにランチでお邪魔しておかず2品を好きに組み合わせる「えらべるランチ950円」を食べてそこそこ良かったので。

休みの日の夕飯、18時位だと混むと思って16時の開始直後に訪問。この時間だと当然店内ガラガラです(笑)・・・でも帰る18時頃には待ち客は居なかったけど満席近い客の入り。

席につき「プレミアムコース4,298円」と車運転だから「ソフトドリンクバー421円」を注文、4,719円/人だからそこそこの値段である。
最近あちこちに増えている焼肉食べ放題の店でも高いコースは同じくらいするので「魚」がメインか「肉」がメインかの違いかな。

プレミアムコースは「上寿司」「寿司」「浜焼BBQ」「炙りステーキ」「炙り焼肉」「天ぷら」「逸品」「麺・ご飯・汁」が食べ放題で「デザート」は1人1品。1,080円安いスタンダードコースは「上寿司」と「炙りステーキ」が無い様子。

食べ放題のコースを注文すると先ずは人数分の「貝焼きセット」が運ばれてくる。サザエ、帆立貝、ホンビノス貝、赤エビ焼きを案内通りに焼いて。これをメインに楽しみに来たんだけど慣れてないので思ったより手間だったかなぁ?でもサザエ焼きなんて何年ぶりに食べただろうか?この手の海鮮焼きを海辺の飲食店で頼むと結構な値段するので存分に食べられるのはいいかな?

20160429_005
20160429_011
20160429_006
20160429_013
20160429_014
オーダーはタッチパネルで注文し、席と席の間のレーンに台車で運ばれてくる。
寿司やステーキ、天ぷらなどあれこれ追加したけど「専門店よりは劣るけどそこそこ美味しい、多少高めだけど食べ放題でこの内容なら悪くないのでは?」ってのが感想。

「肉」なら「肉」、「寿司」なら「寿司」に絞った方が同じ値段でももう少し良いモノが食べられるかもしれないが「食べ放題」で「浜焼BBQ」中心に寿司や肉や天ぷらと云うのは目新しく感じる。

個人的には車じゃないと行けない場所だけどビールや日本酒に合うメニューが辛かったかな?ターゲットの客層は家族連れ?子供にサザエやホタテが受けるのか知らないけど。

こっちのblogにもう少し細かな事を書いた。

【うお坐 大宮南中丸店】
住所:埼玉県さいたま市見沼区南中丸304-1
電話:048-682-5770
時間:11:00~16:00、16:00~23:00
休み:無休
料金:プレミアム「贅沢コース」4,298円
URL:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »