« そば処 やんば【川原湯温泉】 | トップページ | 安中榛名駅【安中市】 »

2016.06.19

万座温泉日帰り入浴

今回の日帰り温泉は友人と飲んでいた時に「土日の温泉一泊旅行も悪くはないが、予約したりが面倒で、日曜帰ってきて反省会も翌日を気にしながらになる。ならば翌日が休みの土曜に天候や気温を見て臨機応変に行き先を決め、反省会も終電逃さないくらいまでならのんびり出来るだろう」と。

で、18日の土曜に行くことに。どうやら東京付近は30℃を超え熊谷では35℃なんて予想なので行き先は涼しい山の上、万座温泉に決定。

8時に大宮駅に集合し、前のエントリーの通りに11時位に昼飯を食べ草津温泉へ。今回は草津を素通りし、天狗山駐車場から30分で万座温泉へ。クネクネ道なので距離の割には時間がかかる。

宿の日帰り入浴は土曜だと宿泊客が来ると混んだ場合、断られる事も有るので15時前までが勝負。

目当ての「豊国館」は建物としては古いけど内湯も露天も木の浴槽で雰囲気が良いし、入浴料が500円と安いので気に入っている。

20160618_010
20160618_011
20160618_012
ただこの日は雲一つない快晴で露天に日陰がない。源泉が75.8度、PH 2.3の湯。下界とは10℃は違うので風が吹けば涼しいが湯に浸かるとちょっと暑すぎ。
名湯とは云え浸かれてなんぼだなぁ、上がって休もうにも日陰がないと焼けてしまうし。

【豊国館】
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村大字干俣万座温泉2401
電話:0279-97-2525
時間:8:00~18:00
休み:?
料金:500円
URL:http://www.houkokukan.com/

20160618_013
って、事で「豊国館」は長居せず、2湯目で「万座聚楽」へ。源泉が45.8度、PH 3.2の湯と豊国館より少しマイルド。
パンフレットとかに2つ浴槽の有る露天がよく載ってるけど2013年に泊まった時は女性用で男性の露天は1つだけだったよなぁと思っていたが、今回立ち寄ったら男女入れ替え制になっていた。
#公式サイトの温泉紹介でも「女性用」と書かれているけど

廊下の案内によれば浴槽が2つ有る露天は12:30~20:00が男性で30分の入替時間後の20:30~9:00が女性用と。9:00~12:30が清掃タイムなので日帰り入浴だと男性が浴槽2つの方に。あと写真では両方共木製の浴槽に見えるが右側が石の浴槽になっていた。この辺りはリニューアル工事で変わった感じ。

20160618_015
浴室前には暗証番号式の無料貴重品ロッカーが有り、隣には冷水タンクも有る。
湯の温度も調節しているようで内湯、露天の片方はぬるめの設定、のんびりと入っていられる。
脱衣所にはシャンプー類が何種類も置かれていて「シャンプーバイキング」と。小さめの容器に好みのシャンプーを入れて使用するらしい。

20160618_014

【万座聚楽】
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣2401
電話:0279-97-3535
時間:12:30~16:00
休み:?
料金:1,000円→公式サイトの割引券800円
URL:http://www.hotel-juraku.co.jp/manza/

帰りは久し振りに有料道路(万座ハイウェイ)を利用。1,050円と高いので避けていたが万座・鹿沢口の駅前まで30分で着き、道路のクネクネ度も草津経由に比べたら格段に楽だなぁ・・・う~ん、でも高いなぁ(笑)

|

« そば処 やんば【川原湯温泉】 | トップページ | 安中榛名駅【安中市】 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/63800516

この記事へのトラックバック一覧です: 万座温泉日帰り入浴:

« そば処 やんば【川原湯温泉】 | トップページ | 安中榛名駅【安中市】 »