« さいたまトリエンナーレ2016【浦和近辺】 | トップページ | 造幣さいたま博物館【さいたま新都心】 »

2016.10.17

さいたまトリエンナーレ2016【岩槻近辺】

さいたまトリエンナーレの会場は「大宮近辺」「浦和近辺」「岩槻近辺」と大まかに云えば3ヶ所。「大宮近辺」「浦和近辺」はひと通り見たので残る「岩槻近辺」へ。

・・・と、その前に「大宮近辺」で行き損ねていた「彩の国さいたま芸術劇場」へ。ここだけ浦和の桜環境センターみたいに1ヶ所離れている。
埼京線の与野本町駅で下りて案内に沿って10分弱、さいたま芸術劇場へ。

20161015_000
大ホール、小ホール、映像ホール、音楽ホールと館内には幾つもの部屋が有り、それぞれ公演なりコンサートなり・・・で、トリエンナーレは何処でやってるの?
マップでは「息をする花」と「ハッピーハッピー」の2つのインスタレーションが展示されていると書いてあるが館内の「何処」とは書いてない。

まぁ広くない館内だからとブラブラ歩いて見たら吹き抜けの通路とその奥の中庭みたいな場所に展示が有った。

20161015_001
20161015_002
「息をする花」は宣伝チラシとかに使われた真っ赤な大きな花が時間によって動く作品。上からも見られるので上がってみたが花芯部分も赤一色・・・ラフレシアでは無いんだなぁ(笑)

20161015_003
20161015_004
次は「岩槻近辺」へ。
野田線(アーバンパークライン)の岩槻駅で下りると改札前に案内ブースが。
駅から直ぐの「K邸」はパフォーマンスとインスタレーションでパフォーマンスは土曜の15時、18時開演。インスタレーションは火曜、水曜、土曜及び10/10~16、10/29~11/2はおやすみで開場時間も15~19時となかなか行き辛い。
もう一つ駅から近い「東玉社員寮」も11/3からの展示と。合わせて11月になったら再訪しよう。

20161015_024
20161015_025
って事で駅前ロータリーから無料バスに乗って「旧民族文化センター」へ・・・国道16号と122号、東北自動車道が交差する加倉(岩槻インター)のちょっと手前。
バスは駅前通りから国道16号を進むけどこの区間は渋滞の名所なので20分以上かかったなぁ。空いている建物がここしか無かったのかも知れないが、駅からこれだけ離れた場所だと「岩槻」でも何でもないかと。

尚、駅から離れているけど駐車場は無い様子。徒歩では30分位かかるしシャトルバス一択だな。路線バスもコミュニティバスも無い。(11/22追記:後から駐車場は2ヶ所作ったみたい)

20161015_026
20161015_033
ただ「旧民族文化センター」の会場は今回の会場の中で一番作品が集まっている場所でも有り、14作品が一度に見られると。

中庭には枕を並べた作品が有り、入口はその奥に。建物の左右の部屋にそれぞれ有るんだけど「水がありました」って映像インスタレーションの部屋が真っ暗で次の展示に何処から行くのか判らずに再度入口まで戻って確認したりと右往左往。

20161015_027
20161015_028
20161015_029
20161015_031
20161015_032
アートなので作品が難解なのは仕方がない・・・それで良いのかは別として。ただ案内方法とか、展示方法とかもう少し説明がないとσ(^^)の様な素人(一般住民)には難しいなぁ。

帰りのシャトルバスは旧16号を通り、岩槻郷土資料館でも停車し駅へ戻る。

って事で展示期間外だった幾つかを除いてひと通り第1回目の「さいたまトリエンナーレ2016」を観たんだけど、感想としては

  • 周知不足って云われているけど本気で周知する気が実は無いと思える。案内看板とポスターは見かけるけど一般の人は「トリエンナーレって何?」だと思うけどその説明がない。
  • 埼玉の交通の要所、大宮駅を普通に利用していてトリエンナーレ開催中と気付けるモノはインフォメーションのポスター程度。東西自由通路とか駅前広場とかに壊れにくい作品が1つか2つ有れば偶然通った人の関心を惹こうってモノでしょう。
  • 「生活都市が舞台」って云うけど、「市民会館おおみや」や「大宮区役所」は地下にひっそりだし、「旧民族文化センター」は地元民しか行かない場所だし。武蔵浦和駅~別所沼公園の遊歩道沿い+「旧部長公舎」が唯一、生活者と作品が「街」で遭遇している感じ。
  • 会場を巡るには折畳式の「アートマップ」が頼りだけど「何処に行くと何が観られるのか」がさっぱり判らない。公式サイトにもアーティスト毎の説明有るけど場所毎の説明がないし。小冊子形式で良いから公式ガイドブック未満の案内書が欲しいなぁ。

そりゃ準備から展示期間含めた長期間確保できる場所は限られるだろうけど、第1回目なんだし「見せる工夫」「見て貰う工夫」をしないと一部の美術関係者だけのイベントで終わっちゃうよな。

公式サイト:https://saitamatriennale.jp/

他の2会場へ行ったときのエントリーはこちら

===11/22追記===
前回残した11/3から展示の「東玉社員寮」と15時からで無いと見られない「K邸」へ。

先ずは「東玉社員寮」、駅から行くとワッツの中を通り抜けた南の路地を入って最初の角、案内が無いと先ず判らない。

20161120_006
で、建物に入ると展示は2Fと3Fとの事。
狭い階段、各部屋も狭い・・・昔の社員寮ってこんな感じだったんだなぁ。
展示は・・・うん、よく判らない(笑)
同じ古い家を使った展示でも浦和の「旧部長公舎」の方が判りやすかったなぁ。

20161120_007

20161120_008

20161120_009
そして15時になり「K邸」へ・・・スタンプラリーのポイントになっているのに15時以降で無いとダメってハードル高いなぁ。いや、スタンプだけなら時間外でも玄関前に有ったけど展示を見ないで押すのも何だし。

20161120_003

20161120_004
展示は・・・写真撮る雰囲気ではなかったが布団の上に女性が座っていて髪を梳かしていた。これはきっと「アート」なんだろう・・・うん、そう云う事に。

帰りに岩槻駅改札前の案内所へ寄りスタンプを全て押したので記念品と交換・・・シールです。まぁこれ目当てで廻った訳では無いけどさ。

20161120_005

20161120_010

|

« さいたまトリエンナーレ2016【浦和近辺】 | トップページ | 造幣さいたま博物館【さいたま新都心】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/64363017

この記事へのトラックバック一覧です: さいたまトリエンナーレ2016【岩槻近辺】:

« さいたまトリエンナーレ2016【浦和近辺】 | トップページ | 造幣さいたま博物館【さいたま新都心】 »