« 河口湖もみじ回廊【紅葉2016年】 | トップページ | 喜多院@川越【紅葉2016年】 »

2016.11.15

紅椿の湯【道志川温泉】

山中湖の北側湖畔を走ってみたが駐車場が有るようで少ない。3ヶ所くらい?道路と湖の間なので狭く既に満車に。運良く1ヶ所だけ停められた。

20161113_021
撮影は諦めて山中湖東端の「平野」から国道413号「道志みち」へ・・・東名高速や中央道が大渋滞の際の抜け道に時々名前が挙がるのでどんな道か、圏央道の相模原ICへのアクセスはどうかのチェックを兼ねて。

確かに噂通り、信号も少なく流れは早い。ただ対向車を見ると交通量も結構有るし、特にバイクが多い印象。そしてこんな山道でも交通取締りをしてるんだねぇ・・・2ヶ所で見たかな。

途中で寄った「道の駅どうし」も駐車場に入るのに渋滞しているくらい。

20161113_000
この段階で11時くらい、滅多に来ないんだし温泉へ。「道志の湯」と「紅椿の湯」の2つが近くに有るそうだが広めの露天と聞く「紅椿の湯」へ。

温泉は道路沿いではなく山中湖から来ると鋭角に右折して細い坂を下った先。川沿いの狭い場所に建てた様で駐車場は建物前の平面とその手前に三段式の自走式立体が。

20161113_001
20161113_002
ここの施設は素泊まりor朝食付きでの宿泊も可能と。でもメインは日帰りなのかな?土日は3時間で1,000円と出ていたがJAF割引で900円・・・時間指定の話は特に云われなかったがどうなんだろう。

浴室は正面奥で、手前の左は食事処、右側が土産売り場。
脱衣ロッカーは入館時に靴箱鍵と交換で渡されたリストバンドキーで指定されるが1つ1つが結構大きくて荷物が多少多くても安心。(但し混雑時に使われるロッカーは普通サイズ)

浴槽は「熱湯」「ぬる湯(泡スペース有り)」「露天」の3つとサウナ&水風呂。高アルカリの源泉と云うが浸かっただけでは特徴は感じにくい。加水はしてないけど加温&循環&消毒みたいだし。まぁ空いている時間だからか塩素臭もしないから良しかな?

「熱湯」は縁が檜で内側がタイルで42℃くらい?、「ぬる湯」は38℃、露天は40℃くらいと全体的にぬるい設定で浴槽も広くなかなか気持ち良い。特に露天からは浸かると対岸の山しか見えないが立ち上がれば川も見れてそこそこ紅葉した景色が堪能できる。

食事は券売機で現金購入。「ざるそば430円」と格安だけど気になった「キノコ天丼750円」を。
数分待って出た料理は味噌汁、お新香付き。彩りのピーマン以外が全てキノコ。えのき、シメジ、舞茸、エリンギかな?ある意味清々しい。

20161113_004
20161113_005
喫煙所は後付なのか靴ロッカー室の奥と食事処外のベランダ端、もう少し何とかならないかなぁ?
キャンプ場とか近くに有るし、夕方以降は混んでのんびり出来ないかもしれないが昼間のこの時間ならのんびり出来て良かったけど。

紅椿の湯【道志川温泉】
住所:山梨県南都留群道道志村小椿3888
電話:0554-20-4500
時間:10:00~21:00(冬期~20:00)
休み:?
料金:1,000円
URL:http://benitubakinoyu.com/

温泉を出て「道志みち」を再度東へ。
相模原市に入って段々と交通量が増えてくる。道路も「抜け道」として使えるかと云うと・・・どうだろう?
まぁ前提として富士五湖付近から相模原市や八王子市辺りへ帰る人が対象なんだろうけど峠道を走るよりは快適だけど推奨するほどには感じられないなぁ。
σ(^^)の通った時間は昼前後だから未だ交通量少ない時間だけど休日の夕方だと確実に大名行列が出来そうな感じ。

で、津久井の青山交差点へ。そう云えば角の「ドリームファーム」ってピザ屋さんには何度か来たなぁ。その時は津久井湖の方から帰ったけど、交差点の看板に「圏央道」って出てたので右折してみる。

・・・あれ?圏央道相模原ICは何処?ナビは地図更新してないので出てこないが、道路の看板もそれきり見かけない。見落とした?帰宅して改めて地図を見たけど「長竹三差路」を左折が正解だったのかな?
結局、橋本の国道16号に出てそのまま16号を走ってさいたま市へ。

|

« 河口湖もみじ回廊【紅葉2016年】 | トップページ | 喜多院@川越【紅葉2016年】 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/64498418

この記事へのトラックバック一覧です: 紅椿の湯【道志川温泉】:

« 河口湖もみじ回廊【紅葉2016年】 | トップページ | 喜多院@川越【紅葉2016年】 »