« 谷津川館【大竜寺温泉】 | トップページ | 喜多院@川越【紅葉2017年】 »

2017.11.20

IoTとAIの実証実験【大宮駅】

先日webでニュースを読んでいたら判ったような判らないような記事が目に付いた。

バカンって会社が大宮駅で「IoT(モノのインターネット)とAI(人工知能)を活用して飲食店等の空席情報配信サービスをJR東日本と共同で実証実験」と・・・えっと、何だ?(笑)

2017年11月20日~2018年1月31日に大宮駅の自由通路にスペースを設けて「IoTとAIを活用した飲食店等の空席情報配信サービス」かぁ・・・早速仕事帰りに寄ってみた。←結局よく判ってない

「JR EAST STARTUP PROGRAM」って出ていて奥の方にはコンビニが。ちょっとだけ見た感じだけど11月26日までは自由通路の西側の催事スペースで、それ以降はインフォメーション脇って云うから「豆の木」の辺りかな?時間は10時から18時と出ていたがコンビニの方だけかなぁ?

20171120_004
ネットで改めて検索したらカメラとAIを活用した「無人コンビニ」の実験らしい。棚から商品を取るとカメラが認識し出口で確認した後にSuica決済と。

20171120_003
σ(^^)が最初読んでた方はパネルに店の一覧が載っていて「空」とかが表示されると。各店にカメラやセンサーを設置してリアルタイムで更新するらしい。平日の19時頃なのでどの店も「空」が並んでいたが、混み合う土日の昼とかにここでチェックして行けば広い構内をあちこち移動しなくて済むって話なんだろうなぁ。

・・・ただ「見た時は空いていたけど移動したらその間に満席」なんて事も有るだろうし、別な店を確認しに戻ってくるくらいなら空いている店を探して彷徨ってた今までと変わらないだろうね・・・まぁ、実験だから。スマホに表示されたら便利そう。

20171120_000
20171120_001
もう1つ、みどりの窓口の混雑状況も教えてくれると。
これも「実験」が目的だから必要性を深く考えちゃダメなんだろう。混んでいても切符を買う時は買わないとね。

20171120_002
で、ふと思ったんだけど、これを活用して「グリーン車の混雑状況表示」が出来たら便利だろうなぁ。
改札外の券売機だと大きな駅では対応大変だろうから駅のホームに有る端末に「これからホームに到着する電車の混雑状況」を3列車分くらい。

20171111_000
JRは普通車のグリーン券を事前に購入すると安くするよとアピールしているけど「先に買って乗ったら満席」の経験を何度か繰り返すと「だったら普通車の方に列んでおこう」ってなってしまう。
座れなかった場合は係員に申し出すれば手数料無しで払い戻ししてくれるそうだけど、手続きが面倒なので事前に判れば便利だよなぁ。

  • このホームにどの列車が来る
  • その列車のグリーン車が混んでいるか空いているか
  • 乗っている客はどの駅までのグリーン券か

多分、全てJRでは把握している情報だから「仕組み」さえ出来れば可能と思うのは素人考えかなぁ?是非、そんな実証実験もして欲しいなぁ。

===11/22追記===

コンビニの方は別な会社と組んでいるらしく、もう1つマッサージの何かも有った。要はAIとかそう云う関連する色々な実験の寄せ集めスペースらしい。時間内に行くと説明とか有るのかも知れないが19時くらいだと飲食店空き情報しか判らない。

|

« 谷津川館【大竜寺温泉】 | トップページ | 喜多院@川越【紅葉2017年】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/66067267

この記事へのトラックバック一覧です: IoTとAIの実証実験【大宮駅】:

« 谷津川館【大竜寺温泉】 | トップページ | 喜多院@川越【紅葉2017年】 »