« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の2件の記事

2017.12.31

大晦日の角上魚類へ(2017年)【さいたま市】

大晦日に「角上魚類」へ買い出しに行くのも今年で4年目。
運良く殆ど待たなかった年も有れば1時間以上駐車場渋滞にはまる年も・・・もう運だね。

って事で、どうせ渋滞にハマるなら朝飯を食ってトイレも済ませて万全の体制で。近隣住民には申し訳ないけど国道を塞がないように店の前の道を西のアンダーパス方から10時半到着を目指して行ってみた。

いなげやの前を過ぎ、アンダーパスへ入る辺りで渋滞の最後尾に列ぶ。

ナビ画像、左が北側で画像中心の赤線が旧中山道上りの渋滞、今居るアンダーパスを上がった先で側道と合流するけどその列が旧中山道に延びている様子。

画像上の方の赤線が17号下りの渋滞。宮前JCT方面からと大宮駅方面からが合流して渋滞先頭の吉野町で16号と17号に分岐、ちょっと複雑。(画面上が16号の岩槻方面)

20171231_000
20171231_001
アンダーパスを上がった先の信号を右折、第2~4駐車場へ誘導して貰える。この時点でほぼ1時間。

信号を南へ曲がって直ぐに第2駐車場、その先の交差点を曲がって第3~4駐車場と分散しているのでこの調子だともう20~30分はかかりそうだったが運良く第2駐車場に空きが出て11時30分に停められた・・・列び始めて70分だけど、σ(^^)の前の車は第3~4駐車場だから本当に偶然だ。

20171231_002
20171231_003
20171231_004
例年より少し遅い時間だったので店内は大混雑。通路を進むのに一苦労。で、やっと刺身売り場へ到着したら「刺身盛り合わせ」が大きなのしか置いてなかった。

昨年は「刺身3点盛り(本まぐろ赤身入り)972円」、一昨年は「刺身4点盛り(本まぐろ赤身入り)1,242円」を買ったけど、今年は一番小さいので「本鮪中トロ入り刺身6点盛り2,700円」、その上が3,780円とか・・・あれ?

正直夫婦2人家族だとちょっと持て余すなぁ。もしかしたら別なコーナーに昨年買ったような盛り合わせが有ったのかもしれないがごった返す店内なので早々に離脱。

20171231_008
他に買ったものは高騰しているってニュースでやってた「いくら醤油漬け 63g 749円」「にしん昆布巻き 324円」「エビ天ぷら2本 756円」、昆布巻と天ぷらは昨年と同じ価格だな。

20171231_007
20171231_006
20171231_005
帰りは吉野町から16号を岩槻方面へ走ってみたが見た感じだと16号線内回りの右車線は産業道路の陸橋付近から渋滞してたな。左車線は大丈夫そうだけど。

【角上魚類 大宮店】
住所:埼玉県さいたま市北区宮原町4-128-1
電話:048-652-0022
時間:通常10:00(土日9:30)~19:30
休み:不定
料金:本鮪中トロ入り刺身6点盛り2,700円
URL:http://www.kakujoe.co.jp/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.30

さいたま新都心【イルミネーション2017-18年】

毎年開催されている冬のイルミネーション、毎年覗いているので「今年は別にいいかなぁ」と思ってたけど折角なので年末の29日に。

さいたま新都心駅の改札を出ると既にオブジェが。先ずは改札を出て左手、けやきひろばの方へ。

20171229_000
20171229_001
毎年少しずつは変えているのかもしれないが、まぁ例年通り。でもキレイなことには変わらない。

20171229_003
20171229_009
20171229_002
20171229_004
20171229_006
20171229_008
20171229_005
20171229_007
一旦、駅の方へ戻って東口の商業施設COCOON方面へ。
以前は駅からのデッキももう少し電飾飾っていた気がするけどクリスマス後だからか奥に新たな施設ができたからか駅周辺は少し寂しい。
COCOON2や3の方まで行けばもっと華やかなイルミネーション有る様だがその後の用事もあるので退散。

20171229_010
20171229_011
20171229_012
【さいたま新都心 けやきひろば イルミネーション】
住所:埼玉県さいたま市中央区新都心10番地 けやきひろば
電話:048-601-1122
期間:2017.10.21~2018.2.14
時間:17:00~24:00
料金:無料
URL:https://www.saitama-arena.co.jp/event/illumination2017/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »