« いきいき夢ロマン【西方】 | トップページ | ホキ美術館【千葉市】 »

2018.09.18

異味香【西川口】

数年前から話には聞いていたが、風俗街を一掃した西川口が何故か中華街になっていると。

一掃直後は善悪は別として客の落とす金で潤っていた街が閑散としてしまったと聞く。で、誰も食べたことのないキューポラ定食なるものをB級グルメ大会で上位入選させるなど悪戦苦闘していたが安い家賃と空いた店舗に中華系の人が集まりだして自然発生的に中華街になったと。

自然発生なので店は点在し、中には日本語の通じない店も有ると聞くのので横浜みたいな観光地的な街ではないとも聞く。

そんな話を友人達と日帰り温泉の道中にしていたので「では」って事で行く事に。車を家に置いて大宮駅から西川口駅へ。

日本語も通じない様な店に予備知識無しで行くのは無謀なので有名店の「異味香」さんへ。この店は通信仲間が何度も行ってるお気に入りの店と話だけは聞いていたので。

西川口駅を降りて西口へ。

殆ど降りた経験のない駅なので何処がどれ程変わったのかは一見するだけでは判らないけど確かに中華系の店が何軒も目に入る。
20180915_018
20180915_019
20180915_030
20180915_032
20180915_033

予約も無しに土曜の18時過ぎに訪問。店内は予想より狭くテーブル2列で20数人で一杯な感じ。着いた時はガラガラだったが1列は予約席との事で後客が3組くらいがすぐに来て満席となる、危ないところだった。その後何組も断られていたので要予約ですね。
20180915_031

予備知識が全く無いので西川口へ移動する京浜東北の車内で口コミ検索だけしておいたが「餃子」と「シュウマイ」が人気と。

先ずは1皿3つの「煎人焼売 390円(税込み421円)」を2皿、1皿2つの「煎人餃子 380円(410円)」を3皿を注文し、生ビール!
20180915_025
20180915_023
20180915_020

「煎人焼売」は焼きシュウマイ、漢字で書くと「焼焼売」・・・確かに食感は違うし、具は色々入っている。「煎人餃子」も大きめで熱々な具沢山の餃子。普通に美味しいけど名物となるかは個人的には微妙。まぁ、珍しいから良いのかな?

落ち着いてメニューを読み追加として「冬瓜とスペアリブの醤油煮 980円(1,058円)」「冷菜三種類の盛合せ 1,050円(1,134円)」「空芯菜ガーリック炒め 500円(540円)」も。

「冷菜三種類の盛合せ」は鶏、チャーシュー、砂肝と。砂肝だけどコリコリしてないので面白い。
「空芯菜ガーリック炒め」は想像通りの美味しさ、でも家で作ると火力が無いからダメかなぁ?

「冬瓜とスペアリブの醤油煮」は冬瓜とスペアリブの組み合わせが面白い。ソースも美味しいし、肉も柔らか。
20180915_024
20180915_026
20180915_021

追加は「豚タンとエリンギの黒胡椒炒め 650円(702円)」「レバーのスタミナ揚げ 500円(540円)」「海鮮おこげ 980円(1,058円)」、ヲヤヂ3人ではちと頼みすぎだなぁ。
「レバーのスタミナ揚げ」は下味付けたレバーをパリッと揚げてネギと豆板醤と一緒に食べるんだけど、これは個人的に気に入った。
「豚タンとエリンギの黒胡椒炒め」も冬瓜のソレと同じくまず具の組み合わせに面白さを感じたな。勿論、普通に美味しい。「海鮮おこげ」も美味しかっただソースが似た感じに偏ってしまって失敗。

20180915_028
20180915_027
20180915_029

青島ビールお代わりの後、後半は甕出しの「紹興酒(ボトル)2,100円(2,268円)」をロック&レモンで飲んで会計は5,000円/人弱・・・あれ?ちと高いかな?席料?スライスレモン代?まぁ、いいか。

わざわざ西川口まで来て「普通に美味しい中華」を食べられたのが良いのか悪いのかは別として面白かったかな。

【異味香(イーウイシャン)】
住所:埼玉県川口市西川口1-26-24
電話:048-258-3256
時間:17:00~24:00・26:00(曜日によって)
休み:月曜
料金:
URL:http://yieweyshiang.com/

|

« いきいき夢ロマン【西方】 | トップページ | ホキ美術館【千葉市】 »

美味しいなぁ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260/67182929

この記事へのトラックバック一覧です: 異味香【西川口】:

« いきいき夢ロマン【西方】 | トップページ | ホキ美術館【千葉市】 »