いちご

2018.01.23

いちご食べ比べ その16

農業の知識も経験も無いのに相変わらず買っては食べての「食べ比べ」、その年、その時期の違いも無視して書いてます・・・申し訳ない。

で、今回は栃木県へ。
さいたま市の自宅から新4号経由で約2時間、JAはが野の「益子観光いちご団地」へ。暫く前にいちご狩りで一度来た記憶はあるが・・・味の感想もう覚えてないや(笑)
他の農園だと時間制限30分が多い中、こちらは「無制限」でハウスも複数の農家と契約しているらしく111棟有ると。なので首都圏からの客で人気有るらしい。

公式サイトは・・・簡素だなぁ。
注意書きで「ワラぶき屋根の受け付けは他の農園なので間違わないよう注意してください」と書いてあるけど確かに目立つ・・・って云うか真岡の方から294号で来ると「JAはが野の駐車場はどこ?」な感じ。
σ(^^)は運良く直売所前に停められたが、その先とかに有るのを公式サイトでしっかり案内して欲しいなぁ。(3枚目がそのワラぶきの店)

20180121_000
20180121_001
20180121_003
直売所でパック売りを購入。大粒は600円、小粒は500円と。個人的には小粒の方が好みだがちょっと小さいかな?その代わり量は一般的な1パックより多い感じ。

20180121_002
【JAはが野 益子観光いちご団地】
住所:栃木県芳賀郡益子町塙527-6
電話:0285-72-8768
時間:9:30~15:30
休み:期間中は1/1
料金:とちおとめ(小粒) 500円
URL:http://www.15dannchi.sakura.ne.jp/

 * * * * *

2軒目は上三川ICの北、砂田街道から少し入った場所にある「ハート&ベリー」って会社の直売所「赤の宝石」さん。
数年前に宇都宮在住の友人に教わったけど、その時は「いちご狩り」の方が好みだったので食指が伸びなかった。今は直売で買う方がメインなのでやっと訪問。

見落としたのか砂田街道には看板等は見当たらずナビの住所検索を頼りに到着・・・建物の前に行けば案内が有る。
車は複数台停まっているけど客は入れ替わりに1~2組が来る程度。テーブルには写真付きの値札だけで在庫はなかったが奥でパック詰めをしているので随時出てくる感じかな?

大きめの「DX」では無く「G」を購入。

20180121_004
20180121_005
【ハート&ベリー 赤の宝石】
住所:栃木県宇都宮市下栗町1305
電話:028-601-8219
時間:9:00~17:00
休み:水曜、土曜
料金:とちおとめG 600円
URL:http://www.heartberry.co.jp/

で、帰宅して食べ比べ。
右の青い縁の皿が「益子観光いちご団地」さん、左の白い皿が「ハート&ベリー」さん、奥さんと分けたので半パックずつの量だけど、量で云えば100円安いけど「益子観光いちご団地」さんの方が多いね。

20180121_022
で、そっちから味見。香り、酸味はちゃんと有る。甘みはちょっと少ないから?3粒に1粒くらい当たりがあって、それだと甘みも充分有るけど。まぁ直売所でも農家は複数のところからだろうから次回行っても同じ農家のいちごが買える保証も無いけど。

次に「ハート&ベリー」さんの方を。あぁ、こっちの方がバランス良いなぁ。甘みもしっかり有るからこっちを食べて益子のを食べると味が無く感じる。デパートやホテルに卸しているだけの事は有るなぁって感じ。
こんなエントリーを書いているので自宅から1時間以内で満足できる農園を複数見つけては居るから何度もリピートは不明だけど納得な味だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.05

正月2日は塩原にいちごを買いに【那須塩原市】

平成30年 どなたが読まれているか判りませんが本年も宜しくお願いします。

20180101_000

ここ数年「いちご」を求めてあちこちへ行っているが、その原因が「いちごランド」さんのいちごを食べて衝撃を受けてから・・・は言い過ぎか?まぁ個人の好みもあるだろうけどそれくらい美味しい訳だ。

で、年末に正月の営業を聞いたら「2日から直売もイチゴ狩りも開始」って聞いたので行ってみた。
さいたま市の自宅を7時過ぎに出て加須ICから東北道へ。渋滞もなく順調に9時半には「道の駅 湯の香しおばら」に到着、「いちごランド」さんは駐車場の横なので便利。

「30分前の到着だから一番乗りかなぁ?」と思ったら・・・10数番目です。

・・・正月だし。
・・・観光地だし。

寒いけど列の最後尾に列び直売所の開店を待つ。帰省した家族のためにと大量買いする人が居ると10数番目では売切れの危険有るからなぁ。

10時になり開店。
直売所は狭いので2組ずつ順次入店のシステム。「とちおとめ」「とちひめ」「スカイベリー」などを扱っているけどσ(^^)の目当ては普通サイズの「とちおとめ」、大きいサイズより好きだな。が、σ(^^)の2人前で売切れてしまい大きめサイズの「とちおとめDX」を2パック購入。

身体が冷えたので買っってそのまま道の駅のトイレへ行き戻ってきた10時20分くらいには「売り切れ閉店」の札が。う~ん、危ないところだった。

今シーズンは寒さで生育に遅れが出ているとクリスマスの頃ニュースで聞いた。それから一週間以上しているので大丈夫かなぁ?と思ったけど帰宅して食べた感想は「もうちょっと」だな。大きいと一口では食べられずヘタの方がどうしても味が薄く感じる。先の方は十分美味しいけど例年の「いちごランド」さんのレベルからするともう一歩。

20180102_000
20180102_001
【いちごランド】
住所:栃木県那須塩原市関谷513
電話:080-1080-5910(10:00~15:00)
時間:10:00~売切れ仕舞い
休み:?
料金:とちおとめDX 1,000円他
URL:http://ichigoland.travel.coocan.jp/

 * * * * *

10時半前に今日の目的を果たしてしまったが150kmくらい走ってきた訳だし温泉に浸かって帰ろう。
このまま塩原温泉街へ行けば雪見露天風呂を堪能できるが午前中から入れる施設は少ない。塩素たっぷりの日帰り施設は有るけど新年早々塩素で身を清めてもねぇ。

って事で県道30号を北上し、那須方面へ。インター手前の「お菓子の城 那須ハートランド」の温泉「源泉 那須山」さんへ。
「道の駅 友愛の森」で「2017-18冬の那須フェスタ」の立寄り湯「温泉周遊券」を買おうかと思ったが施設でも買えるとチラシに書いてあったので直接訪問。「お菓子の城」建物の奥に温泉棟が建っている。

フロントで「温泉周遊券買える?」って聞いたら「正月は8日までこの施設は利用できない」と・・・道の駅で買わなくてよかった。冬の閑散期用の企画だから年末年始は対象外かぁ。

・・・正月だし。
・・・観光地だし。

正月に観光地の日帰り温泉施設、激混みも覚悟だが未だ午前中。ガラガラではないが空いている。浴槽は大きな内湯と露天風呂の2つにサウナ&水風呂と簡潔だけど「檜の内湯」がなかなか良い。お湯は無色透明で井水と云われても判らないけど浸かると悪くはない。ただ「源泉100%かけながし」と謳っているけど露天はそうは思えなかったが。

あと「入れ墨」の客が普通に入浴していたなぁ。これは施設が悪いとは一概には云えないが従業員が小まめに巡回していれば気付くはずだが。

・・・正月だし。
・・・観光地だし。

20180102_002
【源泉 那須山】
住所:栃木県那須町高久甲4588-10
電話:0287-62-4126
時間:10:00(土日9:30)~22:00
休み:?
料金:土日祝1,020円
URL:https://www.okashinoshiro.co.jp/

 * * * * *

温泉を出たら12時過ぎ、昼飯はどうしようかなぁ。
施設の中にもお菓子の城にも食堂が有るがメニューを眺めてちょっとピンと来ない。
観光地なので道路沿いで何軒か営業している飲食店は有るが那須はなんか小洒落た感をだしてるしなぁ・・・と県道30号を走り塩原へ戻る。
#小洒落た感に偏見を持ってます(笑)

・・・正月だし。
・・・観光地だし。

開いているか確信無かったが関谷交差点を左折し400号へ。向かうはイタリアン「ジョイア・ミーア」の対面に有る「御食事処 信吉」さん、東北道から塩原温泉へ向かう国道沿いなので観光客向けかなぁと敬遠していたが前回偶然入って気に入った店。お、どうやら開いているようだ。此処が開いてなかったら矢板か氏家の街中で探そうと思っていたので感謝。

既に13時近く、店内は空き始めたところ。
「寒ざらしそば」とか「ちたけうどん」など蕎麦うどんがメインだけど定食類も有りカウンター裏には常連さんのキープボトルも有るので地元客にも評判が良いんだろうな。

一人なのでカウンターに通されお茶と小鉢が出て来る。
で、注文は蕎麦、天ぷら、ごはんが付く「そば定食 1,050円」。わさびは自分で擦るタイプ、薬味に辛味大根と観光客には嬉しい。でも観光客の足もとを見た商売ではない。(前回はわさびは違ってた気がするが)
天ぷらは舞茸中心に3つほど、それにご飯。最初に出たきんぴらとかがご飯にちょうど良かった。細めの蕎麦でコシも有り「天せいろ」+「ご飯」でこの価格。

20180102_006
20180102_003
20180102_004
20180102_005

【御食事処 信吉】
住所:栃木県那須塩原市関谷2047-1
電話:0287-35-3037
時間:11:00~15:00、17:00~21:00
休み:火曜
料金:そば定食 1,050円
URL:http://www11.plala.or.jp/sinkichi/

2日の午後は東北道もUターン渋滞と聞くので帰りは大人しく県道30号・4号・新4号経由。宮環の平出工業団地交差点までちょうど1時間だったな。そこから春日部までも順調・・・その先はちょっと混んだが東北道は事故渋滞が有ったので多分早かったかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.12

いちご食べ比べ その15

昨年の4月に買った「湯めぐり手形」がそろそろ期限になってしまうので久し振りに塩原へ。大宮から16号を東に走り庄和IC経由で約3時間、結構時間がかかるので頻繁には行けない・・・高速は高いから1人のときは殆ど乗らないってのも有るけど。

20170311_005
「道の駅湯の香しおばら」の隣に有るのが「しおばらいちごランド」さん、ちょうど10年位前に友人に連れて行かれていちご狩りをしたら物凄く美味しかった。多分、いちごに目覚めたのはここのおかげかと。

6時過ぎに自宅を出たので9時過ぎに到着。道の駅にも殆ど人が居ない。まぁ農産物直売所はもう開いてたかな?

20170311_002
「しおばらいちごランド」さんも10時からなのでカーテンが閉まってます。暇なので車で待ってたりトイレ行ったりして時間潰し・・・あれ、店の前の椅子に誰かいるなぁ?トイレから戻ったらまた増えてた。どうやら「直売」を買う人の列らしい。σ(^^)も列んだけど開店の10時には20人位列んだかな?この時間に来たのは初めてだけど人気の高さが判る。

列んでいる途中に「直売の売店は狭いので2組しか同時に入れない」と案内が廻ってた。「とちひめ」や「スカイベリー」も売ってたがやっぱり「とちおとめ」だな、1パック購入。

20170311_000

20170311_003

【しおばらいちごランド】
住所:栃木県那須塩原市関谷513
電話:080-1080-5910
時間:10:00~15:00
休み:?
料金:とちおとめ650円
URL:http://ichigoland.travel.coocan.jp/

* * * * *

2軒目は「しおばらいちごランド」さんから数十メートル奥の「花家族」さん。
大きなハウスの奥で「いちご狩り」をしてて、手前に直売のスペースが。こちらは列ぶこと無くすんなり購入。

20170311_001

20170311_004
【花家族】
住所:栃木県那須塩原市関谷524
電話:0287-35-2144
時間:10:00~16:00
休み:?
料金:とちおとめ580円
URL:

* * * * *

20170311_006

で、帰宅して食べ比べ。右の青い縁が「しおばらいちごランド」さん、左の白い皿が「花家族」さん。

先ずは「花家族」さんの方から。色はこっちの方が赤が濃いいかな?食べると濃厚な香りが口から鼻に抜ける。とちおとめのこの香りは好きだなぁ。ただ甘みがちょっと少なめかな?

次に「しおばらいちごランド」さんの方を食べたけど、甘さが強い。でも甘みだけではなくバランスが取れている。
「花家族」さんの方だけ食べたなら香りと酸味は申し分ないので満足したと思うけど、食べ比べてしまうと違いが出ちゃうなぁ、まぁ値段も70円違うんだし。「しおばらいちごランド」さんのを食べていちごにはまったってのも有るけど、やっぱり美味しいよなぁ。

さいたま市から塩原まで往復300kmは走るのでなかなか行かれないが、年に一度は味わいたい味だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.27

いちご食べ比べ その14

毎回、農作物栽培の苦労も知らずに買っては食べて好きなことを書いている失礼なblogです。個人の感想なので堪忍してね。

今回も吉見町方面へ。最近、吉見町か手前の川島町が多いのは単にσ(^^)が車で行きやすいってのが多いけど。

1軒目は大里比企広域農道を南から来て「道の駅いちごの里よしみ」の手前を右折した先の「横田農園」さんの農園直売所・・・個人宅の玄関です。こことは別に鶴ヶ島駅近くにちゃんとした売店を出してますがイチゴを買うだけなら農園の方でも。

看板とか出てるので安心できる・・・何も無いと訪問販売のヲヤヂな雰囲気になっちゃうから。呼び鈴を鳴らして1パックだけ買いたいとお願いして購入。

20170226_002
20170226_000
20170226_001
何度か書いているけどσ(^^)の好みは甘み、酸味、香りのバランスで「とちおとめ」。だけど2月も末になるのでこの時期は「とちおとめ」より「やよいひめ」の方がお勧めらしい。

【横田農園】
住所:埼玉県比企郡吉見町下銀谷424
電話:0493-54-1278
時間:10:00~午前中?
休み:無休
料金:やよいひめ600円
URL:http://www.y-farm.com/

* * * * *

2軒目は県道33号線「いちご街道」に出ている売店の中から適当に選んだ「ワカヤマ農園」さん。この道沿いには何軒か直売の店が有り、少し西の「岩崎いちご園」さんは人気らしく通ると車がよく停まっている。σ(^^)も以前「その3」で買ったけど美味しかった印象。ただ確か品種は「とちおとめ」だったよなぁと今回は見送ってその先へ。

住所をナビに入れると別な場所へ案内されるが荒川に向かって県道を走って行けば何軒か有る。詳しくは「吉見町観光・見どころガイド」の「お知らせ」に地図と一覧が有るので見れば良いんだけど。

その何軒かの中でたまたま駐車場が混んでたので選んだのが「ワカヤマ農園」さん。駐車場は県道から曲がったところに数台分。混んでいるってのは人気有る=美味しいんだろうなぁと憶測で。何処の直売が良いかって多分口コミで伝わっているんだろうな。

20170226_003
20170226_004
売店は簡素な造りでハウスから運んできたイチゴを詰めて売るだけな感じ。高齢のご夫婦らしい2人で宅配の手配とかされている。前のお客さんは宅配と持ち帰りで7千円分くらい買ってたなぁ。σ(^^)は1パックだけだけど。買ってから「品種は何?」と今更で聞いたら「女峰」って云われた・・・女峰って珍しいなぁ。

【ワカヤマ農園】
住所:埼玉県比企郡吉見町飯島新田543-1
電話:0493-54-0563
時間:?
休み:?
料金:女峰600円
URL:

* * * * *

で、帰宅して夜に食べ比べ。
左の白い皿が「横田農園」さんの「やよいひめ」、右の青い縁が「ワカヤマ農園」さんの「女峰」。

20170226_005
今回は食べ比べと云っても品種も違うし単に食べ散らかしな感想だけど。
「やよいひめ」は甘みと酸味のバランスが取れてるかな?もう少し甘み有っても良いけど。甘さだけを求めるならイチゴを食わずに角砂糖でも食ってれば良いわけでバランスが大事だよね。

「女峰」は・・・多分、子供の頃に砂糖かけて牛乳に浸して食べていたのが女峰だったよなぁ。聞いた話ではその時代はそう云うイチゴが中心でいちご狩りに練乳が付くのもその名残だと。ただ「とちおとめ」が出回り始めてから品種改良が進んで未だに練乳が付く「いちご狩りハウス」は余程栽培に自信が無いか、昔の習慣を引きづった素人客相手の農園なんだろうなぁと。(練乳がないとケチな農園と思われるって何処かで聞いたなぁ。逆に「うちのは練乳要らないほど甘いから」と説明していると)

で、「ワカヤマ農園」さんの「女峰」を覚悟して食べたら全然酸っぱくない。子供の頃の記憶なんか殆ど無いけど多分別物って感じ。甘くてコクが有り、個人の好みではもう少し酸味が欲しいくらい。
ここはまた買いに行きたいが高齢のご夫婦しか居ないんだと数年後が心配になっちゃうなぁ。農作物なのでたった一度の購入で農園の良し悪しを判断できないのは当然だけど「育て方」で大きく変わるからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.16

いちご食べ比べ その13

以前のエントリーにコメントで教えて貰った菖蒲のイチゴ農家へ行ってみた。

先ずは「坂巻苺園」さん、モラージュ菖蒲の角から県道12号を桶川方面に暫く進んで信号の無い角を曲がった先。
ごく普通の民家です・・・1Fの道路側が直売になっているけど。そんな場所なので駐車場は見当たらない。先客さんが路駐だったのでそれに倣って停めたが駐禁区域かどうかは不明。「久喜市農産物直売所ガイドマップ」には駐車場5台と出ていたけど庭?

ガイドマップでは11時からと出ていたが行ったら午後からみたいなことを云っていた。品種はとちおとめ、小粒350円、少し大きめ500円と。

20170212_000
20170212_001
【坂巻苺園】
住所:埼玉県久喜市菖蒲町新堀673-1
電話:0480-85-1724
時間:11:00~17:00
休み:無休
料金:とちおとめ500円
URL:

* * * * *

モラージュ菖蒲で時間を潰して午後になり2軒目の「いちごの関園」さんへ。こちらも久喜菖蒲公園脇の道、西濃運輸の裏辺りで通りがかりで見つかる場所ではない。
同じく細い道で民家と脇のフレハブって感じなのでその間に停めてみた。

品種は幾つか有るらしいが「とちおとめ」が有ったのでそちらを購入。

20170212_002
20170212_003
20170212_004
20170212_005
【いちごの関園】
住所:埼玉県久喜市菖蒲町台2400
電話:0480-85-1425
時間:13:00~18:00
休み:土曜
料金:とちおとめ500円
URL:http://www.sekien.com/

* * * * *

で、帰宅して食べ比べ。右の青い縁が「坂巻苺園」さん、左が「いちごの関園」さん。

20170212_006
う~ん、どちらも「普通に美味しい」程度かなぁ。先端の方は甘くて決して悪くはないが。「とちおとめ」は2月になると一旦お休み期間で次に美味しくなるのは3月って聞くけどそのせいかなぁ?
あくまでもσ(^^)が個人的に1回行って買っただけなので当たり外れも有ると思うし、個人の感想だし。

ただ「坂巻苺園」さんで買う時に小粒を味見させてくれたけどそちらは香りも甘さも良くて期待してたんだが。
「坂巻苺園」さんも「いちごの関園」さんも場所がここ目当てでないと来られないような路地の中に有るし、大きく宣伝しても居ない。だけど買いに来るお客さんは多かったので時期さえ合えばもっと美味しかったのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.06

いちご食べ比べ その12

確かな舌も農業知識も何も無いのに相変わらず「いちご」を求めてフラフラと。個人の感想なので目くじらたてないでねm(_ _)m

前回のエントリーに菖蒲のお勧めをコメントいただいたがその後に寄る場所の都合で前回と同じく川島町へ。時間的にはさいたま市(旧大宮)からだとどちらも40分程度と同じくらいなんだろうけど。

1軒目は前回「あ、ちょっと高いけど此処のは甘いなぁ」と思った大里比企広域農道入ってすぐの「すとろべりーはんと」さん。
農作物は同じ農家が同じように育てても気象条件とかで多少のバラつきが出るだろう。逆に云えば1回もの凄く甘かったからと安心すると「たまたま」って事もあるので確認の意味で。

日曜の10時過ぎに到着したら「いちご狩りは中止」と。前の土曜に極端に食べ尽くされたのか、寒くて生育が追いつかないのかは不明。
直売はやっているので前回と同じく「紅ほっぺ」を購入。前回750円だったけど今回は700円、見た目は変わらないけど味に違いが有るのかな?

20170205_004
20170205_003
20170205_002
20170205_001
20170205_000
【すとろべりーはんと】
住所:埼玉県比企郡川島町上小見野1072
電話:049-297-7909
時間:10:00~15:00
休み:不定期
料金:紅ほっぺ 700円
URL:https://strawberry-hunt.jimdo.com/

* * * * *

2軒目は県道76号、上八ツ林交差点の少し南の「いなはら苺farm」さん、この上八ツ林交差点を東へ県道74号を少し走れば10回目で寄った「いちごファクトリー」さんが有る。(住所検索だと出てこないが「田舎うどん 麦の蔵」の少し南です)

最近はこっちの方へ行く時に74号を使う事が多く久しぶりに76号を走ったらハウスといちご狩り・直売の案内が出ていて予備知識全く無しに訪問。

前からイチゴ農家はしていたようだが拡張したのは今シーズンからとの事。Webもfacebookにページが有るそうだが営業案内とか殆ど無いしこれからなのか?確か「いちご狩り 1,500円」って出ていたと思ったが案内が何もないと集客大変だろうに。

直売のいちごも殆ど並んでなく「すとろべりーはんと」さんと同じく生育の谷な時期なのかなぁ?値段もとちおとめの1パック400円と格安だった。

20170205_006
20170205_007
20170205_005
【いなはら苺farm】
住所:埼玉県比企郡川島町上八ツ林365
電話:090-1612-9205
時間:10:00~
休み:?
料金:とちおとめ400円
URL:facebook

* * * * *

って、事で帰宅して食べてみた。
左の白い皿が「すとろべりーはんと」さん、右の青い縁が「いなはら苺farm」さん。

20170205_008
「すとろべりーはんと」さん、2週間前より値段は50円安く買えたが味にそこまでの差が有るとは感じなかったなぁ。うん、甘いです。
多分、一般的な人は「すごく甘くて美味しい」って評価するかと。味の好みは人それぞれでσ(^^)はもう少し酸味が有った方が好きだけど、世間一般ではこれくらいのいちごが好まれると思う。酸味のあるはずの「紅ほっぺ」でこの甘さだから「あきひめ」はもっと甘いのかな?

「いなはら苺farm」さん・・・ハウス内の札には550円とかも有ったけど在庫無く、唯一有った400円のを買ったんだしなぁと期待せずに食べてみた。こんな「いちごエントリー」を書き始めたきっかけが矢板や塩原の道の駅の直売所で同じく400円程度で売られていたいちごがスーパーで買うより残念な味だったからだし。

「あれ、美味しいじゃん(笑)」
期待とのギャップを差し引いてもとちおとめ独特な香りも有り、甘みと酸味のバランスが取れていて高評価。
それこそ「たまたま」は良いときも悪いときもあり得るのでこちらは時期をずらして再度行ってみよう。

#しつこく書くけど「個人の感想で味の保証は有りません」(笑)

#前のエントリーにリンク貼るのが面倒になったのでカテゴリーを追加した・・・その9が重複してた事が判明したので以降修正。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.22

いちご食べ比べ その11

懲りずに今回もさいたま市近隣でいちごを買ってお気に入りを探す旅。一生懸命栽培している農家さんに失礼なのは承知ですが・・・いや、blogに正直に書いたら営業妨害になりそうな時は敢えて書いてないのもチラホラ有るけど。

前回のエントリーはこちら
それ以前のエントリーは「その8」にリンク貼ってます。

今日は「いちご狩り」もしている農園で「直売」を買ってみる。

先ずは1軒目、国道17号新大宮バイパスを北上し、16号と交差する宮前JCTから上尾道路へ。そこから5分位かな?花の丘の1つ先、西新井北交差点を左折して案内に沿って再度左折したところに有る「ストロベリーハウス 細田」さん。食べ比べの2回目で一度来て納得した農園なので再訪。

大宮駅からだと西側では多分ここが一番近いのかな?こちらは「かおりの」「あきひめ」「紅ほっぺ」「やよい姫」あと1種不明だけど5種を栽培していると。
いちご狩りの時は5種類を食べ比べできると書かれている。まぁ時期によって成長具合で食べられない品種も有るだろうけど。

20170119_002
20170119_003

【ストロベリーハウス 細田】
住所:埼玉県さいたま市西区高木1782-1
電話:090-3408-1583
時間:10:00~15:00
休み:不定期
料金:紅ほっぺ 600円
URL:https://www.strawberry-house-hosoda.com/

 * * * * *

2軒目は荒川を渡り、前回も通った大里比企広域農道へ。虫塚の信号から広域農道へ入ってすぐの左側の「すとろべりーはんと」さん。この広域農道を10分くらい北上すれば吉見の道の駅も有るので交通量は結構ある。

道路側に工事現場の仮設とかではなく、しっかりとしたトイレが有り、いちご狩りに力を入れているのかな?と感じる。ハウスに入っていちご直売だけでは無くいちごのアイスとかも売ってたし。

買った「紅ほっぺ」は750円、この時期だと大概600~650円が近隣の相場だと思うのでちょっと高目。

20170119_000
20170119_001
【すとろべりーはんと】
住所:埼玉県比企郡川島町上小見野1072
電話:049-297-7909
時間:10:00~15:00
休み:不定期
料金:紅ほっぺ 750円
URL:https://strawberry-hunt.jimdo.com/

 * * * * *

で、帰宅して食べ比べ。右が「ストロベリーハウス細田」さん、左の青い縁の皿が「すとろべりーはんと」さんのいちご。

20170119_009
先ずは細田さんの方を。
大きさは個人的にこれくらいの方が好み、一口で食べられるから。赤が濃く「完熟」って感じでいいねぇ。食べると甘みと酸味のバランスが取れています。

次にすとろべりーはんとさんのを食べたら甘みはこっちの方が強かったかな?150円の価格差がここに表れたのか?逆に酸味が少ないのでたくさん食べると飽きるかも知れないけど数粒だったら文句なしの味。

同じ農家でもタイミングで味に違いが出るときが有るけど、今回も両方とも満足できたな。甘さだけなら「すとろべりーはんと」さんだけど、バランスでは「ストロベリーハウス細田」さん・・・この辺りは個人の好みだろうけど。

スーパーで売っているいちごも先日久しぶりに食べたけど(その時はとちおとめ)、独特な香りは残っていたが味の濃さは完熟してから採った農園の直売がいいよなぁと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.01.10

いちご食べ比べ その10

3年くらい前からいちご農園で購入しては食べてでお気に入りの農園を探している。

さいたま市の大宮近辺に住んでいるので車で1時間もしない範囲で購入可能な場所が何ヶ所か有るってのはある意味有り難いことかと。
因みに好きな品種は「とちおとめ」、甘みと酸味のバランスが良く香りも良い。で、今まで食べた中で一番美味しかったのが塩原に有る「いちごランド」さん・・・ちと遠すぎ。

農業には全く詳しくもなく、その年とかその時期とか味に影響する要因が多々ある中で勝手に買って食べては書き殴るって失礼な話かと思うがご容赦を。

#前回までのエントリーはこちら

今回の1軒目は川島町の「いちごファクトリー」さん、上尾道路から国道254号に出る際に県道12号→県道74号と通ることが多いので前から気になっていたハウス。
県道74号沿いに有るけど東の方から来るとカーブの先で案外見落としやすい。上八ツ林交差点の方から来れば判りやすいかな?

駐車場はハウスの西側で良いのかな?ここ1ヶ所だけなのか別に有るかは不明。公式サイトでは「いちご直売 いちご狩り」と書いてあるけど直売しかしてない様子。
品種は「とちおとめ」で粒のサイズで650~550円/パックと云うので大きすぎず小さすぎない600円のを購入。

20170108_001
20170108_000

【いちごファクトリー】
住所:埼玉県比企郡川島町上八ツ林1045-1
電話:049-297-0471
時間:10:00(9:00?)~17:00(11月~5月末)
休み:?
料金:とちおとめ 600円
URL:http://ichigofactory.com/

上八ツ林交差点を右折してその先を左折、大里比企広域農道へ。道の駅の少し手前の左側、大串って交差点の先に有るのが「長島農園」さん。個人的に近隣では気に入っている農園です。σ(^^)の様にこちらをお気に入りにしている人が多いらしく入れ替わりで来客な感じ。
高齢のご夫婦でやっているのかな?時期が悪いと10時半くらいで売切れで買えなかったりするけど。
品種は「とちおとめ」。品種によって当然味が違うけど、農家の育て方の方が味の違いが大きいと感じる今日このごろ。
今回は大粒のしかなかったので、それでも小さい方を購入。いちご狩りとか行くと「わぁ、大きい」って大粒のを食べてる人いるけど味が詰まった中位が美味しいと思うけどなぁ。

20170108_003
20170108_002
【長島農園】
住所:埼玉県比企郡吉見町大串504-1
電話:0493-54-2474
時間:10:00~17:00
休み:火曜
料金:とちおとめ 600円
URL:

で、帰宅して食べ比べ。
左の白い皿が「いちごファクトリー」さん、右の縁が青い皿が「長島農園」さん。

20170109_000
香りは長島農園さんの方が良かったなぁ、ビニール袋を開けた瞬間にプンプンしたくらい。
味はどちらも納得の味だけどいちごファクトリーさんの方が粒が小さめな分凝縮された感じかな?
1月上旬の「とちおとめ」なので同じ吉見町の「横田農園」さんとか「岩崎いちご園」さんとかでも美味しいいちごが買えたかも知れないが、夫婦2人では多くは買えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.19

いちご食べ比べ その9

塩原温泉へ日帰りに行ったついでに「いちご」を購入。

4月も半ばを過ぎると生育が早くなりその分味が薄くなる気がして例年は3月くらいまでしか買ってなかったけど栃木県へ行ったんだし。

最初は「道の駅やいた」の売店で「スカイベリー」を購入。
そもそもこの妙な比較エントリーは2年前にここと塩原の道の駅の同じく直売所で買った「とちおとめ」があまりにも残念な味だったので「品種じゃ無く育て方だよなぁ、美味しい農園を探さないと」って個人的な備忘録で始めたモノ。
よくよく考えたら直売所で380円で買えたいちごに多くを望んじゃダメだよね(笑)
今回も「とちおとめ」は安かったが500円で売ってた「スカイベリー」を。

【道の駅やいた】
住所:栃木県矢板市矢板114-1
電話:0287-40-0881
時間:9:00~18:00
休み:月に1~2回
料金:スカイベリー500円
URL:http://www.michinoeki-yaita.com/

2軒目は個人的に一番美味しいと思ってる塩原の「いちごランド」さんで「とちおとめ」を同じく500円で。
粒の大きさとか違うけど1月に買った時は確か800円くらいだった気がするので安い分あまり期待はしてなかった。
ただ駐車場のすぐ裏がイチゴ狩りのハウスなのでお客さんが「美味し~ぃ!」って云ってたのを聞き期待度アップ(笑)

20160416_000
【いちごランド】
住所:栃木県那須塩原市関谷513
電話:080-1080-5910
時間:10:00~15:00
休み:6~11月
料金:とちおとめ500円
URL:http://homepage2.nifty.com/ICHIGO/

で、帰宅後に食べ比べ。左が「いちごランド」さんの「とちおとめ」、右が「道の駅やいた」の「スカイベリー」。

20160416_001

20160417_000
「いちごランド」さんのは完熟を売っているので持って帰る時にぶつかった箇所はちょっと傷みかけ。保冷バックに入れては置いたんだけどね。

先に「道の駅やいた」の方を食べたら「うん、4月でも未だ未だ美味しいねぇ」と。2年前に低評価したのを反省。スカイベリー自体、未だ数回しか食べてないけどとちおとめの次として出た品種だし、農家も頑張って育てているかと。

だけど・・・「いちごランド」さんの方を食べたら「役者が違う」って言葉が出てくる程の圧勝状態。
このエントリーも9回目だし、その前にもイチゴ狩りは過去10ヶ所前後は行っているが、こちらの農園は別格だなぁ。
σ(^^)の住んでいるさいたま市から遠いので今の目標は車で2時間以内で同じくらい美味しい農園が無いかを探している状態。

前回のエントリーはこちら↓。

いちご食べ比べ その8:菖蒲グリーンセンター@久喜市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.14

いちご食べ比べ その8

日曜の午前中に少し時間が有ったので菖蒲のグリーンセンターへいちごを買いに。こちらでは「イチゴ狩り」も出来て直売所の端で受付してた。以前はσ(^^)も何度か仲間と一緒にイチゴ狩りをしたが味とかもう覚えてないや(笑)

20160313_000
いちごの直販はイチゴ狩り受付の直ぐ横、この日は「とちおとめ」と「やよいひめ」が販売。
雨が降ったり、降らなくても曇天だったりと生育に適さない日が続いた後なので味はどうかなぁ?と思いつつそれぞれ1パック購入。
道の駅とかだと生産農家の名前が価格シールに印刷されているがこちらは「苺共販部会」とどれも統一。

20160313_001
20160313_002
20160313_003
個人的な考えだけどイチゴの味の違いは「品種」よりも「その年の環境(前年夏も含む)」と「生産農家の育て方」で大きく違うと感じている。同じ品種を同じ日に買っても農家が違えば別物ってくらい。道の駅では常連さんが農家の名前を見て買ってるとも聞くし。なので農家の名前が判らないと前回美味しかったから次回美味しい補償はない・・・どの農家も育て方に違いがなければ一緒かも知れないが。

帰宅して食べてみた。
買った時と左右逆で左の青い線の皿が「とちおとめ」、右が「やよいひめ」・・・う~ん、申し訳ないがどちらも今ひとつかなぁ?多分、熟する前に収穫しているスーパーで買うのよりは美味しいだろうけど。
ここ数日の天候と500円以下って値段を考えたら善戦しているのかも知れないが。

20160314_000
グリーンセンターの帰りに圏央道の菖蒲PAへ。
脇の広域農道を走ると圏央道をくぐる手前に十字路が有って、そこを曲がるとPAの裏に出られる。
警備員が居て誘導してくれたが10台程度と小さな駐車スペース。「GS」とか「売店」と本来は施設の専用と思われるスペースも有ったが特に何も云われなかったので開放しているのかな?

20160313_004
20160313_005
20160313_006
で、初めて菖蒲PAの売店へ行ったけど・・・う~ん、買いたいもの無いや(笑)いや、きっと食べれば美味しい菓子とか売っているんだろうけど。

【菖蒲グリーンセンター】
住所:埼玉県久喜市菖蒲町小林227
電話:0480-85-4444
時間:8:00~18:00
休み:無休
料金:とちおとめ・やよいひめ 460円
URL:http://www.ja-nansai.or.jp/store/05.html

過去のエントリーはこちらに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)