美味しいなぁ

2017.11.18

荷車屋 道の駅店【秩父市】

「月の石もみじ公園」で紅葉撮影&河原でブラブラしてたら11時過ぎに。「道の駅ちちぶ」の「秩父食堂」で昼飯を。
ここは「荷車屋」って会社が運営しているようで市内に3店くらい店が有ると。建物入って右手側が食堂で左手にも立ち食い蕎麦店が有るけどそこは別かな?

20171116_000
20171116_004
「豚みそ」「わらじカツ」「蕎麦」「おっきりこみ」「みそポテト」・・・秩父と云うとこの辺りが人気メニューなのか?ちょっと他の地区のモノも有りそうだが行政区分と食の地区は別だしな。
で、σ(^^)は「わらじカツ丼」と「蕎麦」のセットを。券売機でチケットを買い、カウンターに出して番号呼ばれたら取りに行くセルフサービスな店です。

20171116_003
20171116_001
20171116_002
小どんぶりと小盛り蕎麦のセットなので「わらじカツ丼」と云っても子供サイズ(笑)薄い肉なのでボリューム的には普通。味付けは悪くないな。
蕎麦もまぁごく普通かなぁ?

昼近くと云っても平日だし蕎麦だけなら有名店も点在しているからそっちでも良かったが「観光客」が来る食堂のメニューを味わうのも勉強かと。
そもそも「秩父」ってつい数年前まで観光のイメージが弱かった気がするけど最近はそれなりに人気らしい。西武が力を入れているのも有るだろうけど箱根や日光とは違う何かが有るのかな?

そう云う意味では「道の駅」の食堂は観光客にアピールする顔のようなモノだし、行列できるほど旨いわけでは無いけどがっかりするほど悪いわけでは無い。観光の入口は大事だね。出来れば「しゃくし菜」を使ったメニューも有ると嬉しかったけど。

【荷車屋 道の駅店】
住所:埼玉県秩父市大字大宮4625
電話:0494-22-8055
時間:10:00~19:00
休み:無休
料金:わらじカツ丼&ざるそばセット1,100円他
URL:http://www.nigurumaya.co.jp/michinoeki/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.30

ペンション山路【水上】

2012年に初めて行って以来、なんだかんだと年に一度は行っている。奥利根スノーパーク近くのペンションのランチ。

今年は来年1月に行く温泉旅行の事前反省会として学生時代の友人と計3人で訪問。
紅葉シーズンの土曜(10/28)だけど台風が2週続けてきて今日も曇りのち雨の予報・・・高速も混んでなければ店もそれ程混まず。

県道63号から橋を渡って突き当りを左折、右折すればスキー場。橋のところだけ見事に紅く色づいた木が有るけど全体では未だもう少し先だね。照葉峡辺りが見頃かな?

お洒落なログハウス、でもお目当てはこの時期ならではの「キノコほうとう」、今日は3人なので同じく名物の「舞茸釜飯」を1人前、「ほうとう」を2人前で注文しシェアしてみた。

20171028_019
20171028_018
20171028_004
20171028_000
今年はキノコ類が不作とかでキノコ釜飯出来る?って聞いたら無理って云われちゃった。雨が多かった印象だけどキノコの成長時期と噛み合わなかったのかな?

なので釜飯は舞茸にしたけど香りが豊かでいいねぇ。3人だからあっという間に完食。ほうとうは2人分大鍋で供される。
野菜とキノコがたっぷり。塩味ベースが多少濃いけど出汁が出てるのでグビグビ・・・血圧注意だ。

大宮から片道150kmは有るので頻繁には来られないが年に一度は今後も来たいお店です。

20171028_001
20171028_002
20171028_003
【ペンション&レストラン 山路】
住所:群馬県利根郡みなかみ町藤原15
電話:0278-72-4410
時間:11:00~15:00
休み:火曜(夏期は無し)
料金:釜飯1,080円、ほうとううどん1,080円
URL:http://p-yamaji.info/yamaji/home.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.30

徳樹庵【浦和美園店】

20170829_007
・・・前の更新から1ヶ月何も書いてないや。暑いと出かけないからなぁ。で、生存確認兼ねての久々の更新。

8月下旬に奥さんが幹事で義父の祝いの席が有った。
そんな時はちょっと高級な店でと思ったが義弟の子どもたちが未だ小さいので高級な店で騒いだり調度品に万が一の事が有ると困るしなぁ。かと云って子供ウェルカムな普通のファミスも何だし。

和風で、個室が有って、高級でも格安でも無く、大人も子供もそれなりに満足できそうな店って条件で探した結果「徳樹庵でいいんじゃない?」って事に。
埼玉中心に展開する「馬車道」グループの「ファミリー料亭レストラン」、ここなら個室も有るし雰囲気も落ち着いている。

都内から来る義弟家族の交通の便を考えて当初は伊勢崎線沿線の店を検討したがチェーン店の悲しいところは店員の質がバラバラなんだよなぁ(笑)
某店は「8名でお膳を予約したい」と云っているのに「6人用の席、狭いからお膳は無理」って言い張るし、某店は問い合わせ電話に出た対応が悪すぎて話しにならずで。

で、JR駅からタクシー使用になってしまうが問合せ時の対応もよく8人座れる個室を使えるって客の条件を聞いてくれた「浦和美園店」に決定。別に客が偉いわけじゃないけど希望を勝手に曲げられてまでその店を使う必要ないから。

場所はJR東川口駅と地下鉄浦和美園駅のほぼ中間、国道463号線(旧道)沿い、イオンの浦和美園店の少し南って立地。

お膳「ききょう4,860円」に「厳選鮪の大漁盛り」2,581円を追加で注文。居酒屋の宴会で飲放題付き5千円コースでもそれなりに満足している身分からすれば料理だけで5千円弱なのでそれなりに期待。

当日は平日の昼過ぎ、ランチのお客さんも結構居てレジ前には待ち客も居るから繁盛してる様子。予約してあるのでそのまま席に通されて松花堂風の箱膳に左手前から反時計回りに「生野菜」「先付け」「酢の物」「肉料理(ゴボウと牛肉の時雨煮)」「野菜炊合せ」「刺身」「煮物(茄子等)」「デザート(メロン)」.。

20170829_000
20170829_002
20170829_001
後から「吸い物」「寿司(3貫)」「天ぷら」「茶碗蒸し」「なめこ蕎麦」、ボリュームも有るし、味も悪くない。まぁ事前準備して有ったんだろうから刺身はちょっと乾き気味。

20170829_004
20170829_005
20170829_006
追加の「厳選鮪の大漁盛り」は鮪2種(バチと本マグロ)、サーモン、カンパチ、イカ(いくら付き)とボリューム、鮮度ともに満足。σ(^^)は車で送迎のため運転手だからノンアルビールだったが日本酒飲めたら尚良かったかと。

20170829_003
子供の分は事前予約せずに当日グランドメニューから注文可能なのも有り難い。義父も孫に会えて喜んでいた様子。個室も掘りごたつ造りで足が楽だし。

最初に書いたけど子供連れで高級料理屋使えない中途半端な祝いの席や法事の後の食事ってそこそこ需要あるだろうけど案外使える店は少ない。この店がダメだったらランチ営業している和風居酒屋に相談しようかと思ったくらいだし。

【徳樹庵 浦和美園店】
住所:埼玉県さいたま市緑区美園6-11-11
電話:048-812-6711
時間:11:00~24:00
休み:無休
料金:お膳「ききょう」4,860円
URL:http://www.bashamichi.co.jp/tokujyuan/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.30

山梨へ桃を買いに

毎年、夏になると1回は山梨へ出かけている。
目的は「桃」、「桔梗屋アウトレット」、「ぬるい温泉」、「氷華のジェラード」・・・まぁこんなもんだが。

昨年は「甲州市の完熟桃食べ歩きキャンペーン」ってのを知って「松里共選所@塩山」に寄り「ハネ桃」と呼ばれる規格外品を1箱購入。
16個入って1,800円、味は悪くないので値段考えたらお得だけど夫婦2人家族ではちと多い。凍らせてミキサーにかけたりシロップ煮にしたりしたけど。

しかし「共選所」で「ハネ桃」を買えば「お得」は判ったが営業時間や定休日とかあまり情報がないなぁ。農協も積極的に宣伝しにくいんだろうけど、上記キャンペーンは今年もやっているが食べ歩き開催日以外に行っても買えるのか?など不明。

今回は学生時代の友人2人誘っての山梨行きなので分ければ数の問題は大丈夫そうだけど土曜日はどうやら共選所って休みらしい・・・出荷繁忙期は稼働している日も有るそうだが上記の通り情報が無いので判らない。

そもそも大宮からどうやって甲府盆地へ入るかも高速の渋滞次第なので事前チェックも限りが有るしねぇ。

で、22日(土)朝8時30分に大宮駅で集合。
大宮駅前から中央道の一宮御坂ICまで行くとすると

  • 与野ICから首都高山手トンネル経由で中央道 高速だけで1時間50分だからほぼ2時間
  • 新大宮BPを北上し、桶川北本ICから圏央道で八王子JCT経由で中央道。高速だけで1時間半だから下道入れたら同じくほぼ2時間
  • 秩父を経由して雁坂トンネル経由・・・昨年7時に自宅を出て塩山に10時過ぎ着いたから一宮御坂だと3時間半くらい

と、こんな感じかと。大宮駅で集合した時点で高速は渋滞し始めていて今後伸びそうな予感がしたので「雁坂経由」を選択。特に八王子JCTは欠陥構造だから混むと+1時間はほぼ確実だからねぇ。
ただ昨年は7時と出発時間が多少早かった&その先は殆ど順調だったが今回は川越から高麗川辺りまで&秩父市内から大滝まで渋滞はないけどちんたらと遅かったので塩山付近で既に12時を過ぎてしまった・・・桔梗屋アウトレットは後回しにして桃を買おう。

で、最初の命題に戻る。「桃」は何処で買うのが良いのか?に。

なんでも良ければ道路沿いの簡易屋台でも道の駅や農産物直売所でも売っている。いや、家の近所のスーパーでだって売ってるんだよ。
ただここ数年、美味しい「いちご」を求めてあちらこちらへ行っているσ(^^)からすると「丁寧に育ててる農家」のは美味しいなぁと。

当初は一宮御坂か勝沼IC付近で前に桃狩りをした観光農園でと思ってたが塩山の方に居るんだし、ネットで見かけた「向山フルーツファーム」って店へ行ってみる。Web検索で単語をあれこれ替えて検索してたら偶然見つけた観光農園だけど個人blogでリピートしている人が複数人居る様なので。
SEO対策の上手なサイトが美味しい農園サイトとは限らないから「勘」の世界だよ。

場所は山梨市駅から笛吹川フルーツ公園に上がっていき「第2駐車場」の斜め前。この先の「第1駐車場」を左折すると「ほったらかし温泉」へ行けたよなぁ、そんな場所。

駐車場に先客が3台くらい停まっていたからハズレは無いだろうとσ(^^)達も停める。
元気なオバちゃんが奥の簡易テーブルに案内してくれて「試食してみて」とナイフと紙ナプキンと一緒に1人に1つ桃をくれる。直売農園は初めてだけど他の農園もこんな感じ?

これもいわゆる「ハネ桃」なのかも知れないが程よく熟していて甘くて美味しい。友人と「これでいいよね」と云うことで8個入れ1,500円のを購入。大きいのは2千円くらいの箱も有ったし、小さめのが10数個入って1千円くらいの箱も有ったが種類はこの時期は同じで白桃系と。

20170722_001
20170722_000
20170722_002
すぐ隣にも似た売店が有るし、多分この近辺を車でちょっと走ればすぐに10数軒は似たような店が有るだろうけど違いが判らないよね。同じ日に別々な店で買って食べ比べすれば多少の傾向は判るだろうけど個人では無理だよ(笑)

帰宅後に食べた結果は・・・8個の内4個を我が家で貰ったけど2つ当たり、2つハズレ(渋いと味がない)1回では判断がつかないけどね。

【向山フルーツファーム】
住所:山梨県山梨市江曽原1034-1(笛吹川フルーツ公園第2駐車場入口)
電話:0553-22-4507
時間:?
休み:?
料金:桃1箱(8個入れ)1,500円 他
URL:http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/a-17.html

* * * * *

時刻は既に13時過ぎ、一宮御坂IC近くの桔梗屋アウトレットへ行くが信玄餅の見切り品は既に売り切れ。カステラや和洋菓子のアウトレット品は未だ売ってたけど。

20170722_003
【桔梗屋アウトレット】
住所:山梨県笛吹市一宮町坪井1928
電話:0553-47-3700
時間:9:00~17:00
休み:?
料金:
URL:http://www.kikyouya.co.jp/outlet/index.html

* * * * *

次は甲府商業高校北側の「氷華」さんへ国道20号を西に走らせて。
たまたま友人達と温泉ドライブの際に友人が見つけた店なんだけどそれから毎年1回は訪問している。果物そのまんまな味のジェラードがお気に入り。自宅で留守番の奥さんにクール便で宅配を頼む。

20170722_004
【氷華】
住所:山梨県甲府市小瀬町68-11
電話:055-243-9990
時間:10:00~19:00(冬は~18:00)
休み:火曜・水曜
料金:6種盛り550円
URL:http://www.ne.jp/asahi/kajitu/hyooka/

* * * * *

出来れば19時前に帰りたかったが既に14時近いので昼飯はパスして温泉へ。
例年だと「正徳寺温泉初花」へ行くけど「氷華」から近い「山口温泉」に・・・こちらも「ぬるい温泉」です。

20号を西に走ってヤマダ電機の先を左折して住宅街の中。初めての人には判りにくいかなぁ?σ(^^)も久しぶりだったので一瞬迷う。

20170722_005
施設は古いしスパ銭系の温泉に慣れた人からは評価低いかも知れないが天然の泡付きの有るお湯は極上です。

【山口温泉】
住所:山梨県甲斐市篠原477
電話:055-279-2611
時間:9:00~21:00?
休み:月曜
料金:600円
URL:

って事で、15時半になり甲府昭和ICから中央道へ。小仏渋滞の状況によっては大月で下りるか・・・えっ?大月~勝沼、事故通行止め?(泣)
#この日、昼過ぎに笹子トンネルで事故があって18時くらいまで通行止めだった

う~ん、勝沼ICまでそのまま中央道で行って20号線に下りて大月ICから乗り直す。これは下策だよなぁ。多分渋滞で酷いことになりそう。

1つ手前の一宮御坂ICで下りて「御坂みち」で河口湖経由で高速・・・多くの人はこれを選ぶか?ただ夏の土曜夕方の河口湖に迂回した車が押しかけると渋滞どうだろう?

一番確実なのは・・・結局、雁坂トンネル経由かなぁ?19時帰宅はもう無理だけど確実に4時間有れば大宮へ帰れる。上記2つ目の案は渋滞が思ったほどでなければ早いとは思うが不明だし。

そんな訳で一宮御坂ICから北上し、西関東道・国道140号で行きと同じく秩父へ。西関東道の終点辺りのコンビニで16時くらいだったが20時前には大宮へ帰れたからまぁ良しとしよう。
しかし山梨はフルーツも温泉も良いけどやっぱり「道路」が問題だよなぁ。来年はどうしよう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.05

まちかど雛めぐり2016(2)【岩槻】

愛宕神社を後にして街なかへ。先ずは料亭の「ほてい家」さんへ。期間中はあちこちの飲食店で雛めぐりのランチを出していると。行った事がないのでこの機会にランチと思ったら予約で満員と。
店内の雛人形だけ見学して店を出る。

20170305_014
20170305_015
駅の観光案内所にはそれなりに人が居たので「雛めぐり」はそこそこ人気なのかなぁ?
昼食難民にならないようにと向かったのは「時の鐘」の向かいの蕎麦屋「彩の実」さんへ、久し振りの訪問。開店当初に何度か来たけど数年ぶりだな。

20170305_017
20170305_025
開店の11時半に入店したが狭い店なので5分ほどで満席に。ランチメニューには載ってないけど雛めぐりに合わせた「春ランチセット」ってのが有るそうだ。注文後に奥で「予約無いけど大丈夫?」って聞こえたので数量限定なのかな?

暫くして先ずは「サラダ」・・・・えっと、小食の人だとこれだけで満腹になりそうなボリューム。

20170305_019
食べ終えた頃に「蕎麦」と「天ぷら」「カキフライ(2粒)」「稲荷寿司(2つ)」が運ばれてくる。ここの店は通常でも「天ぷら」のボリュームが有って2人で1つが丁度よいくらいなのを思い出す。

20170305_020
20170305_022
20170305_021
20170305_023
多けりゃ良いってモノでは無いけど、美味しいから問題ない。逆に蕎麦の量は普通かやや少なめなので食べるバランスが難しい。天ぷらは大根とかリンゴとか有って面白いなぁ。

最後にデザートの「水ようかん」と「ドリンク(アイスコーヒーを選択)」・・・無事に食べきった(笑)
食べ終えた12時過ぎでは5組くらいの待ち客でてたかな。

20170305_024
【手打ちそば 彩の実】
住所:埼玉県さいたま市岩槻区本町6-1-22
電話:048-758-1622
時間:11:30~14:30、17:30~21:00
休み:水曜、第1・3木曜
料金:春ランチセット1,600円
URL:

向かいの「時の鐘」を覗いて散策再開。

20170305_018
岩槻藩時代の学校「遷喬館」、児玉南柯が開いたと。こちらにもお雛様が飾られている。

旧16号に戻って「大正館」、大正時代の建物で以前は銀行だったらしい。こちらも雛人形と吊るし雛が。

20170305_030
20170305_031
20170305_032
20170305_033
20170305_034
20170305_035
20170305_036
最後に駅前に戻って「東玉人形の博物館」、普段は入館料300円らしいがこの期間は無料と。

20170305_040
20170305_039
20170305_038
もう少しゆっくり見たかったけど夕方に用事があるのでここで終了。駅前の「磯崎家宗庵」で道明寺を買って帰宅。帰宅後に食べたけど上品でいいねぇ。

20170305_001
20170305_042
【磯崎家宗庵 岩槻駅前店】
住所:埼玉県さいたま市岩槻区本町3-1-1 ワッツ西館
電話:048-758-3747
時間:9:00~20:00
休み:無休
料金:道明寺146円
URL:http://www.iwatsuki-watsu.jp/west/restaurant/107/

「雛めぐり」、何度も来るほどの魅力があるかは不明だけど、天気良ければ1日のんびり楽しめるかと。

「まちかど雛めぐり」公式URL:http://hinameguri.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.28

かまた食堂【米沢市】

《2017冬の温泉旅行 その5》

宿を出て、昨日部屋で飲んだ日本酒が美味しかったので「かもしかや」さんで同じのを1本買って米沢の市街地へ。買った酒は「九郎左衛門 雅山流 葉月」って4合瓶1,728円、フルーティーで上品な酸が有って飲みやすい。

20170128_027
市街地で職場や家に土産を買おうとすると上杉神社横の「上杉城史苑」一択と聞くのでそちらにも寄りちょこっと購入。

昼飯にはちょっと早いけど昼は「かまた食堂」って店へ・・・昨日「南原そば会館」へ行く途中に店の前を通りがかったら繁盛していたので「なんかそこそこ混んでて旨そうだから明日は此処に」と裏付けの無い憶測で決定(笑)

20170129_004
20170129_005
日曜だけど12時前なので駐車場も席も余裕有る。手前にテーブル席、奥に座敷で30人くらいの席かな?
注文は客がカウンターに行ってテーブル番号付けて頼めと書いてあった。普通に「中華そば 600円」でも良かったが「メンマラーメン 700円」の大盛り+100円を。

「米沢らーめん」の定義は詳しくないので不明だが細めの縮れ麺で昔ながらのあっさりした醤油ラーメンは普通に美味しい。最近、この手の普通のラーメンを出す店が案外無くって良さを再認識。

20170129_006
【かまた食堂】
住所:山形県米沢市通町2-13-43
電話:0238-21-6783
時間:11:00~14:00、17:00~19:00
休み:火曜
料金:メンマラーメン(大盛り)800円
URL:http://www.0141men.com/member/kamata/index.html

帰りは高速に乗る前に飯坂温泉の「摺上亭大鳥」って立派な宿で日帰り入浴・・・う~ん、特に書くこと無いか(笑)
いや、綺麗で接客もちゃんとしていて悪い施設じゃないけど。

って事でまた来年だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吾妻屋旅館(食事)【新高湯温泉】

《2017冬の温泉旅行 その4》

今回の旅行は楽天のサイトから予約。
公式サイトの料金表には無い「米沢牛ももステーキ100g」のプラン。「米沢牛サーロインステーキ180g」のプランより2千円くらい安かったかな?

食事は部屋食って書いてあったが別な部屋が用意されていた。1人くらいだと部屋でそのままなのかも。廊下を歩いた感じではほとんど別部屋な感じ。

飲み物は「瓶ビール(大)650円」「東光吟醸冷酒300ml750円」「高畠ワイン360ml980円」など・・・ビールはSDかぁ。山奥の宿ってだいたいSDばかりだよなぁ。選べないから売れているんだろうな。

20170129_009
20170128_017
夕飯は17時半から。
山菜系が3つ、漬物、とろろ蕎麦、玉こんにゃく、鯉の洗い、岩魚塩焼き、そしてももステーキ、ご飯、豚汁、ご飯、デザートのりんごって構成。

20170128_038_2
20170128_039
20170128_040
20170128_041
山菜はごま汚し、煮物、お浸しとヲヤヂ的に嬉しいラインナップ・・・チェックインの時に聞いたら今日はオーストラリアや台湾からの客も泊まっていると。日本へ旅行に来るくらいだから和食は覚悟の上で来ていると思うが口に合うのか?合わないと外に買いに行ける環境じゃ無いからねぇ(笑)

玉こんにゃくって日頃食べないけど味が滲みてて美味しい。鯉の洗いは酢味噌で食べたが醤油でも臭み感じずに良かった。

そしてステーキ、焼き方とか途中で聞きに来てくれる。勝手な想像だが多くの人は「サーロインステーキ」注文してるんだろうなぁ。ただ「もうヲヤヂの年齢ではサーロインは重たい」との意見で「ももステーキ」にしたが肉の旨味が感じられて正解かも。

20170128_042
最後に豚汁(固形燃料で温めるタイプ)とご飯、りんご。
ご飯は新潟は十日町出身の友人が「うん、美味しい」と褒めていた。σ(^^)の舌ではよく判らないけど云われれば確かに美味しいかな。

20170128_037
20170128_044
20170128_043
翌朝の朝飯も同じ部屋で8時から。
焼き鮭、昆布〆、切り昆布、青菜のお浸し、温泉卵、納豆、味付け海苔、お新香、ご飯、味噌汁・・・普通の旅館の朝食です。奇をてらうこと無くこれで良いと思う。

20170129_000
【新高湯温泉 吾妻屋旅館】
住所:山形県米沢市大字関湯の入沢3934
電話:0238-55-2031
時間:14:00~/~10:00
休み:-
料金:15,270円/人
URL:http://www.on1000.jp/

チェックアウトが重なると送迎車に限りが有るので多少待つことに。まぁ急ぐ旅でも無いので多分σ(^^)達が一番最後かな?10時くらいに宿を出て車を停めたロープウェイ乗り場へ送って貰う。

泊まったトータルの感想としては、バス・トイレ洗面が部屋にないのは判っていたしヲヤヂなので気にしない。食事が別部屋で個別に食べられるのは騒がしくないし部屋食だと下げて貰うのを待つ事になるから良いかな?
ただ肝心のお湯が「適温」じゃ無かったのが残念。そりゃ温泉は生き物だから温度調節は難しいだろうけど。
「秘湯を守る会」の宿でも行きやすい秘湯も有れば行きにくい秘湯も有る。冬のアクセスの悪さはある意味「秘湯」なんだろうなぁ。その達成感は有ったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南原そば会館【米沢市】

《2017冬の温泉旅行 その1》

毎年1月最終週の土日に学生時代の友人と温泉旅行へ行っている。14回目の今年は山形県の新高湯温泉吾妻屋さんへ行くことに。

大宮駅8時に集合し、久喜ICから東北道に乗り福島飯坂ICへ・・・遠いなぁ。そこから国道13号へ。国道13号の福島~米沢区間は「万世大路」と呼ばれ旧道の開通時には明治天皇が出席されたとか。
現道は昭和41年開通の東栗子・西栗子トンネルが有り、それぞれ2kmちょっとだけど当時としては長大トンネルだったそうで多少のカーブやアップダウン有るも快適な峠越えの印象。

そして行ってから気づいたんだけど来年度(H29年度)には並走して東北中央自動車道が福島大笹生IC~米沢北ICを開通させると。走行中に新しく立派な道路が見え隠れしているが個人的にはここより優先して欲しい峠越え国道が有るんだけどなぁ。

20170128_000
福島飯坂IC降りた時は日陰とか山肌に残っていた雪も米沢では路面にも残ってる状態。聞けば数日前まで大雪で除雪が追いついてないと。

そんな中をナビに従って辿り着いた店は「南原そば会館」さん。同じメンバーで6年前に来た際に店の前まで来たら店主が入院とかで食べられなかった店。なので今回はそのリベンジ・・・そこまで執着する理由は自分でも不明(笑)

店の脇と前に駐車場は6台分程度・・・多分、除雪すればもう数台は大丈夫な感じ。

20170128_006
メニューの「板そば」は数量限定で売切、なので「ざるそば」の大盛り(800円)を。
「板そば」と「ざるそば」の違いは器以外に太さが違うのかなぁ?「ざるそば」でも太めな田舎そば風で有ったけど。

20170128_005
20170128_001
そして蕎麦以外に煮玉子や野菜の煮物、漬物などのおかずがデフォルトでついてくる。都内の洒落た店で数口すすって終わるような趣味蕎麦では無く食事としての蕎麦だなぁと好感持てる。

20170128_003
20170128_004
20170128_002
見た感じ高齢のご夫婦が切り盛りしているようなので何時まで食べられるか不安だけど次回も米沢に来たら寄りたいお店。

【南原そば会館】
住所:山形県米沢市芳泉町2520
電話:0238-38-5212
時間:11:30~15:00
休み:月曜
料金:ざるそば700円他
URL:http://yonezawanet.jp/soba-kaikan/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.20

平戸漁港 六次朗【上野】

夕方から上野で学生時代の友人と忘年会兼来月末の温泉旅行事前反省会。

年末の日曜に上野で飲む・・・昨年は「磯べぇ」って店へ行ったが店の数は多いけど適当に歩いて見つけるのは案外面倒なので事前にある程度調べておいた。まぁ新宿なんか客引きについて行ってボッタクリなんて話も聞くからねぇ。

その点、こちらの店は長崎県は平戸市のアンテナ居酒屋、安心できます(笑)
なんでも「六次産業(1【生産】+2【加工】+3【販売】=6)」の活性を目指して運営していると。産地と消費者を結ぶ・・・理念は悪くないけど大きく広がらないのは何処に問題有るのかなぁ?
まぁ、その辺りは運営者に任せてσ(^^)達は単なる客として。

場所は上野駅の南、マルイの東側の路地。地下鉄の5a出口から徒歩1分と大変便利。全面ガラスの引き戸で入りやすい・・・道路に近い席だったので出入りする客がちゃんと閉めないと寒風が入る欠点も有ったけど。
店内はテーブル中心で50席程度?大衆酒場なのでお洒落とか上品を求めてはいけません。

20161218_025
20161218_027
平戸って行った事無いし、「あご」の出汁に馴染みもない。そして「醤油」も九州の甘い醤油には抵抗がある・・・そんなヲヤヂ達だけどね。尚、醤油は3種類有って1つは関東で云う普通の醤油。関東人からすれば甘い醤油で刺身を食べては魚の甘みが判らないだろうって思うけど、九州の人からしたらあんな塩辛い醤油では不味いって感じるのかなぁ?

先ずは「生ビール(中)518円」を飲みつつ「ポテトサラダ410円」と「厚揚げ410円」、ポテサラは自分で潰して作ると。

20161218_026
20161218_028
折角なんだから生物食べたいよね「刺身三点盛り合わせ734円」と「いか姿造り(小)1,058円」を。金額は8%の税込みでこの価格、鮮度も良かったし良心的な内容かと。イカの耳と下足は無料で天ぷらにしてくれる。熱々を塩で食べるとこれは絶品。

20161218_029
20161218_030
20161218_035
「あご」とはどんなものかと「あご炙り板わさ410円」「あご出汁玉子焼き410円」を注文。後半に頼んだので酔った舌にはよく判らなや(笑)

20161218_032
20161218_033
他には「鯨の竜田揚げ626円」「タコ紅生姜天410円」「ぬか漬け410円」「串焼き(シロコロ・タレ山椒)130円他」など・・・1品が2~3人で食べるに丁度よい分量で案外あれこれ食べたなぁ。

20161218_031
20161218_034
20161218_036
20161218_037
お酒は長崎の地酒「福鶴純米吟醸1合626円」を。升にコップから溢れさせて注いでくれる。

って感じで数杯飲んで会計は4千円/人程度。
夕方は流石に空いていた店内も帰る頃には結構賑わっていた。でも日曜だからか満席では無い。このくらいの混雑具合が丁度よいなぁ。

で、「六次」の部分だけど・・・九州に特に思い入れも無いので「これだよ、これ」的な感動はなく「安くて美味しい普通の居酒屋」な感想。運営側はその仕組を色々考えているんだろうけど客側は「市公認」で安心なくらい。

上野界隈で飲む機会は年に数回しか無いけど狙っている客層はσ(^^)達のような一般客なのか、九州出身者が郷里を懐かしみながら飲むのかちと判らないなぁ。

あぁ、そうだ。これもたまたまかも知れないがBGMが昭和歌謡ばかりでヲヂサンとしては懐かしかったなぁ。

【平戸漁港 六次朗】
住所:東京都台東区上野6-16-7
電話:03-3831-6568
時間:16:00~24:00(土日15:00~)
休み:無休
料金:刺身3点盛り734円(税込み)他
URL:http://www.hiradogyokou.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.21

照葉峡【紅葉2016年】

20日の木曜は快晴と聞いていたので会社の休みを入れておいた。花湯の森@深谷か星音の湯@秩父で1日のんびり温泉でもと思ってたら最高気温が熊谷で29℃の予報・・・涼しい場所へ変更だ!(笑)

って事で目的地を水上に変更。さいたま市在住のσ(^^)なので普通に行くなら東松山から関越道で水上だけど片道2,850円かかると・・・やっぱり高いよなぁ。1人だし17号(バイパス含む)を延々北上する事に。多分90分くらいは余計にかかるけど。

8時前に自宅を出て11時くらいに早めの昼飯、永井食堂で「モツ煮定食」を。平日の昼前なら余裕と思ってたが満席で暫く待って入店。
人数を詰め込むから「お盆」は縦置きするくらい。なんでこんなに混んでいるのかと思ったら年齢高めの観光客がのんびり食べてるからか?隣のご夫婦、σ(^^)より早く食べてたけど帰る時にもまたお喋りしながら食べていた。

土産は右手の売店で・・・あれ、自動販売機が出来ている。自販機って事は日曜とか休みの日も買えるのかなぁ?大量購入する人が多いので売切が心配だけど。

20161020_000
20161020_001
20161020_002
【永井食堂】
住所:群馬県渋川市上白井4477-1
電話:0279-53-2338
時間:9:00~18:00(土曜~15:00)
休み:日曜・祝日
料金:モツ煮定食590円
URL:http://www.cm-tokyo.com/nagai/index.html

出かける前に検索したら「照葉峡(てりはきょう)」の紅葉も見頃後半だと。駐車スペースが限られているけど「関東の奥入瀬」とも云われる景色は好きで何度か行ってる場所だし平日だしと寄ってみる。

5kmの区間に11の滝が有るけど今回は一番下流の「潜龍の滝」「岩魚の滝」辺りだけ。ちょうど数台停められるスペースが空いていたのでそちらに停める。(地図の左の方の赤い場所)片側1車線ずつは有るけど、路駐しちゃうと車がすれ違えなくなるので停められるスペースは限られる。

20161020_020
20161020_003
駐車スペースの前に橋が有り、そこからの眺めがなかなか良い。

20161020_019
20161020_006
20161020_007
その後は徒歩でブラブラと。

20161020_013
20161020_010
20161020_011
20161020_012
20161020_009
20161020_014
20161020_015
20161020_017
20161020_016
20161020_018
もう少し上流に行っても良かったが、それこそ高速使ってでも早く来ないといけないし一応満足して戻る。

で、今日の目当ての温泉。当初予定の1日のんびりでは無くなったが鈴森の湯は立寄りで入るにはお気に入りの温泉。

20161020_004
関越道の谷川岳PAの真下くらいにある施設で内湯も露天もかけ流しと。薄っすら硫化水素臭もするけどカルシウム硫酸塩泉だそうだ。
この時期だと非加熱の浴槽は入る時は一瞬冷たく感じるけど暫く浸かっていると身体も慣れて不感に近い感じに。浴槽の縁が檜なので首を預けてのんびりと。

露天は階段を降りて行くので加温の内湯で温まってから。
浴槽が深いので小柄な人には難アリだけど高速の音も気にならず紅葉しかけた木々を眺めて浸かる。
4年前の正月に来た時は殆ど貸切だったなぁ。画像等もこちらに

【仏岩温泉 鈴森の湯】
住所:群馬県利根郡みなかみ町阿能川1009-2
電話:0278-72-4696
時間:10:00~20:30(土日~21:00)12月まで?
休み:第2水曜
料金:650円/2時間
URL:http://suzumorinoyu.com/

高速使わなくても水上は3時間半くらい有ればこの辺りはまた来ようかな。予定では今年度中に上武道路も全通と云うし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧