美味しいなぁ

2019.06.02

葱ぼうず【新潟市】

<<2019年初夏の山形旅行 9>>

鶴岡からレンタカーに乗って3時間程度、17時前に新潟駅へ戻って来る。帰りの新幹線は19時半、その前に夕飯を新潟で食べようって計算。

何処にしようか不案内なのであれこれ探したが地元大宮の高島屋裏にできた「いかの墨」って居酒屋が人気で、その系列って云うか、こっちが本拠の「よね蔵グループ」の「葱ぼうず」と云う店がビックカメラの裏に有ると。レンタカー返すのが南口だし、新幹線乗り場も南側なので当日16時半くらいに電話して席を確保。

バスロータリーからビックカメラの脇を進むと正面右手に店が。平日の開店と同時に入店なので店内はガラガラ・・・でも電話で聞いたときは1Fだとカウンターしか空いてないと云うので予約が詰まっているのだろう。

20190527_000

20190527_001

案内された2Fのテーブルには大きな鍋が・・・冬でもないのにと思ってたら「お通し」が鍋を使った蒸し焼きと。店員がザルに数種類の魚介を載せてきて1つ選んでと。σ(^^)は「大あさり」、奥さんは「有頭エビ」を。

せっかく新潟だからと「のどぐろ炭火焼き(半身) 2,138円」「のっぺ626円」「栃尾油揚げ702円」「佐渡もずく酢734円」を。

のどぐろって以前何処かで一度だけ食べた記憶が有るがもう覚えてない。改めて食べたがこんなに脂ののった魚だったかとびっくり。

のっぺは新潟の郷土料理で厳密な定義は不明だけどちょっとトロッとした煮物。亡父の出身が新潟なので懐かしい。

栃尾の油揚げも同じく懐かしい味、最近では首都圏のスーパーでも買えるけど。上にネギとおかか載せて醤油が主流なのか、中を裂いて味噌で和えた葱を挟むのが主流なのか不明・・・σ(^^)は前者派だけど。

20190527_002

20190527_003

20190527_005

20190527_006

20190527_004

追加で「クリームチーズ二種盛り799円」「漬物盛り合わせ694円」を頼み、ドリンクは生ビール2杯、ソフトドリンク2杯、日本酒(150ml)2本で計9,913円・・・お通し540円するんだ。

20190527_008

20190527_009

20190527_007

決して安い店ではないけど予約必須な店と口コミで読んでてその通りだなぁ。宿で刺し身はたらふく食べたので頼まなかったけど料理のレベルは高いので安心できる。県外からの来客とか案内するにちょうど良さそうな店だ。そう、観光客の我々にもぴったり。

【海鮮家 葱ぼうず】
住所:新潟市中央区笹口1-10-1
電話:025-240-6363
時間:17:00~24:00
休み:無休
料金:のど塩焼き2,138円他
URL:http://www.yonekura-group.jp/shop/negibouzu/

| | コメント (0)

2019.02.24

大陸食堂 羽生店【羽生市】

国道122号を北上してて気になったお店、「大陸食道」。
焼肉屋なのは判るし、味とかで気になったのではなく「建物」が。
立派だねぇ、豪勢だねぇ、昔流行った「キッチュ」って言葉が似合う様な、一時期の清里のペンションにも通じる存在感が有る。
別に普通の建物でも良かったんだろうけど・・・ダメなんだろうか?テーマパークのレストランなら凝った建物も有るだろうが、それとは違う味が有る。

20190216_013
20190216_012
20190216_014
公式サイトを見ると群馬県、栃木県中心に6店舗ほど有る様だが、基本的に同じような建物らしい。
調べたら土曜は平日と同様のランチメニューが有るらしい。近くの「華のゆ」に行く際に寄ってみた。
ランチ開始の11時前に駐車場に到着!・・・食べるより建物外観の堪能が目的だから(笑)
屋根の下の塗装とか、階段脇の置物とか、無駄に雰囲気出しています(笑)

20190216_015
20190216_016
20190216_017
で、11時になって店内へ。内装はごく普通と云うか綺麗です。古い焼肉屋って油で床がベトベトなイメージ有るけど別世界、清掃ちゃんとしてあるし、店員さんも丁寧。
頼んだメニューは「メガパワーランチ(980円)」、USカルビ、豚カルビ、ジョッキのソフトドリンク、サラダ、スープ、ライス、キムチ付き。
「ライスとスープは1回お代わり可」と書いてあったがオーダー時(タッチパネル)で「ライス(大)」を頼んだら結構な盛りだったのでお代わりはせず。

20190216_018
20190216_019
20190216_020
20190216_021
肉の量も名前に負けないボリューム・・・味はまぁ、この価格でこの量だから多くは望まない。味を求めるならちゃんとした夜に価格の肉をオーダーすれば良いと思う。ネットの口コミではちゃんとしたメニューでも安くて美味しいそうだ。
【大陸食堂 羽生店】
住所:埼玉県羽生市中岩瀬600-1
電話:048-562-5529
時間:11:00~24:00(ランチは平日の~15:00)
休み:無休
料金:メガパワーランチ 980円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.31

農家レストラン 蕎屋【下郷町】

国道を南下し、下郷から289号線へ曲がる・・・手前、川を渡って直ぐに左折し昼飯を食べに。
「農家レストラン 蕎屋」って蕎麦がメインの食事処。大きな広間には薪ストーブとか有り「古くからの田舎の民家」な造り。日曜の11時半だけどオフシーズンだからか先客1組程度と空いている。

20190127_018
20190127_019

寒いけど「天せいろ」を注文。
その日の天ぷらは玄関の黒板に種類が。餅の天ぷらは久しぶりだなぁ。揚げ餅やあられとは違うよね。

20190127_020
20190127_021

蕎麦は十割と。コシの有る美味しい蕎麦だったなぁ。(営業妨害になるから書かないけど前日の昼に入った蕎麦屋が酷かったので)一層、美味しく感じる。
大内宿で滑稽な食べ方するネギそばを食べずに来た甲斐が有ったなぁ(笑)

【農家レストラン 蕎屋】
住所:福島県南会津郡下郷町大字中妻字家ノ上657
電話:0241-67-3522
時間:11:00~14:00
休み:火・水曜
料金:天もり1,280円
宿をチェックアウトして、この店に来る前に寄った「大内宿」
朝10時くらいなので観光客はこれでも少ない方なんだろうなぁ。突き当りの観音堂脇の高台へ上がって一望する。
1981年に「重伝建」に指定されて以降観光客が増えて年間80万人くらいが訪れると。近くの「前沢集落」との差は激しそうだなぁ。

20190127_023
20190127_024
20190127_026
20190127_025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.28

北国街道 柳町【上田市】

2018晩秋の信州 その10
上田城跡公園から徒歩10数分、北国街道「柳町」と云う古い町並みが残っていると。
お隣の「海野宿」や中山道の「奈良井宿」「妻籠宿」「馬籠宿」と古い宿場町を整備して観光誘致に活躍している場所は多い。
こちらも昭和40年代から色々してたみたいだが平成になってから観光客向けの店が開店した感じかな?パン屋さんとかカフェとか。
20181119_032
20181119_033
20181119_034
20181119_035
20181119_037
20181119_038
20181119_039
20181119_040
20181119_041


昼飯で寄ったのが平成12年開店の「手打百藝 おお西」さん。平日なのでか昼の時間に入店したけどガラガラで後から2組くらい入店。「発芽そば」が有名らしいけど、σ(^^)は「田舎もり1,080円」、奥さんは「かけそば1,080円」、追加で「天然きのこの天ぷら1,080円」を1つ・・・昨日とほぼ似た注文。
古民家風の店内は奥に座敷が有り結構広い。
そばは田舎でも細いタイプ、田舎と云うと太くてガッシリなイメージだったのでちょっと不意打ち。でも美味しいです。
天ぷらは「栗ふうせん茸」との事、塩で食べる。

20181119_011
20181119_012
20181119_014
20181119_013
【手打百藝 おお西】
住所:長野県上田市中央4-9-8
電話:0268-24-5381
時間:11:00~14:00
休み:無休
料金:田舎もり1,080円他
食事したばかりだけど気になる看板が。「美味だれ(おいだれ)焼き鳥」って何だろう?・・・と調べたら俗に云う「B級グルメ」で昭和30年代くらいから上田市で食べられている焼き鳥で、タレににんにく醤油を使用していると。
命名は2011年になってかららしいが、新しく作ったメニューではなく「地元で普通に食べられている」がいいよね。
本来は居酒屋らしいけど昼から観光客向けに営業していて3本500円、6本1,000円で食べられると。
店内が空いているので6本だけお願いして食べたけど・・・あぁ、ビールが欲しい(笑)
観光案内所の土産物コーナーにも「美味だれ」が売ってたなぁ。


20181119_019
20181119_018
【隠れ家えん】
住所:長野県上田市中央4-7-27
電話:0268-75-6019
時間:10:00~21:00
休み:木曜
料金:6本1,000円
こちらは多分、昔から営業しているお店かと。「信州亀齢」って銘柄の日本酒を販売しています。試飲も出来るけど・・・車だからなぁ。
純米吟醸辺りが良かったが在庫がないそうで300ml瓶の大吟醸を購入・・・まだ飲んでないけどこの値段なら間違いはないだろう。

20181119_042
20181119_036

20181120_194935

【岡崎酒造】
住所:長野県上田市中央4-7-33
電話:0268-22-0149
時間:9:00~17:00
休み:無休
料金:信州亀齢 純米大吟醸300ml 1,600円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.25

旅の宿 南條(食事)【別所温泉】

2018晩秋の信州 その7
食事は朝夕とも1Fの食堂へ。
テーブル席は決して狭くはないし、他のテーブルとぶつかる訳でも無いけどちょっとだけ閉塞感。

20181118_048
20181118_036

お品書きが有りこの日のメニューは
  • 先付(信州サーモン生春巻マリネ)
  • 前菜(林檎と柿の白和え、蜂の子チーズ、いなり寿司、丸十レモン煮)
  • 造り(寒八、つぶ貝、甘海老)
  • 鍋(信州牛すき焼き)
  • 凌ぎ(揚げ蕎麦 薬用人参)
  • 蒸し物(茶碗蒸し)
  • 焼き物(鰆幽庵ナッツ焼き)
  • ご飯
  • 止椀
  • デザート(杏仁豆腐)
20181118_038

20181118_040
20181118_039
20181118_042
20181118_037
20181118_045
20181118_046
20181118_047
20181118_049
20181118_041
20181118_050
丸十ってサツマイモかぁ・・・鹿児島だからね。「蜂の子チーズ」は蜂の子と聞くとやはり苦手意識が出そうだが濃厚で美味しいチーズ、蜂の子は気にならない。
無理に山の中で「刺し身」でも無い気がするが昭和レトロな宿ですからその当時からの伝統「旅館の夕飯には刺し身」を守ってるのかなぁ?・・・昔はどこでも出たよね。もちろん冷凍が。
酒は生ビール(キリン360ml 700円)から冷酒(マルト300ml980円)に。
20181118_043
20181118_044

朝食は「湯豆腐」「温泉卵」「佃煮」「しょうゆ豆と長芋」「ワカサギ昆布巻」「里芋」「生野菜」「漬物」「お粥」「味噌汁」・・・「ふりかけ」
20181119_003

20181119_004

20181119_005
20181119_006
20181119_008
旅館で「ふりかけ」は珍しいかなぁ?でも粥にかけると案外合うかな?白いご飯もちゃんとお櫃で持ってきてくれたのでおかわりはそちらを。
上で狭い食事処と書いたけどその分、スタッフさんの目が届きやすい。ご飯足りてる?とか細やかな気遣いが有る。

【別所温泉 旅の宿 南條】
住所:長野県上田市別所温泉212
電話:0268-38-2800
時間:イン:14:00~、アウト:~10:00
休み:-
料金:奥別館 和室8畳次の間付 14,190円/人
社員旅行とかが華やかな頃の建物なのでどうしても古さは出てしまう。この規模だから建て直しなどしたら高額で償却負担に耐えきれずとか、資金繰りがとか悲しい話を沢山聞くし。そう云えば向かいの旅館も人の気配がなかったなぁ。
そんな中で接客業の基本を守って頑張っている感じがする宿。従業員の感じは良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば処 倉乃【上田市】

2018晩秋の信州 その4
初日の田沢温泉から2泊目の別所温泉へ寺院巡りしながら移動。宿の夕飯は18時くらいからが多いので昼飯が遅くなると夕飯食えなくなるよなぁと別所温泉へ向かう道沿いの蕎麦屋へ12時過ぎに到着。
日曜の12時過ぎなので駐車場は混んでいたが数台分の空きが有り、店に入れば食べ終わって出てくる客も居てすんなりと着席。

20181118_010

20181118_011

お茶と蕎麦かりんとを出されメニューを眺める。奥さんは温かい「田舎かけそば830円」、σ(^^)は「田舎くるみそば1,150円」、2人で1つ「季節野菜の天ぷら600円」を。
クルミ蕎麦は埼玉県だと秩父辺りでよく聞くが、この辺りも名物らしい。猪口が2つ有って1つにクルミ汁が入っていて好みで辛汁で割ってくれと。先ずは辛汁だけで蕎麦を食べたがちょっと弱い感じかなぁ?濃厚なクルミ汁を足すと甘みが足されてそこそこの味に。
奥さんのかけ汁を味見したけど甘い感じが強く珍しい。この辺りは個人の好みの範囲だが田舎そばなんかだと汁が負けちゃうかなぁ?
野菜の天ぷらは柿やりんごも有って楽しめる。素材の野菜が良ければ普通に美味しいよね。
20181118_012
20181118_014
20181118_013

【そば処 倉乃】
住所:長野県上田市八木沢268-3
電話:0268-38-1347
時間:11:00~15:00
休み:無休
料金:田舎くるみそば1,150円他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和泉家旅館(食事)【田沢温泉】

2018晩秋の信州 その3
食事は朝晩とも1Fの個室で。
最初に並べてあったのが「先付け3点(生ハム&リンゴ、イナゴの佃煮、牛蒡・人参に牡蠣ソース)」と「キノコのマリネ」「小鍋」。

20181117_024

20181117_025
20181117_031

「キノコのマリネ」・・・味付けが良いのか素材が良いのかなかなか美味しい。
生ハムはメロンとなんとなく相場が決まっているけど上品で長野らしさが出ています。
「イナゴの佃煮」は子供の頃に食べた記憶あるので何とも思わないけど・・・若い人はどうだろうか?
野菜に牡蠣ソースは宿の人に聞いて判った・・・云われると「そうか、牡蠣かぁ」と納得。
飲み物はビール(ドライ・大瓶)756円から日本酒「福無量大吟醸生酒300ml」864円に。

20181117_028
20181117_026

次いで「菜の花のお浸し、サーモン散らして」「茶碗蒸し」が来て「鯉の甘露煮」「マグロのカルパッチョ」「鯉の洗い」、そして「お椀とご飯、お漬物」

20181117_027
20181117_029
20181117_030

20181117_033
20181117_034
品書きがないので何が来るか判らず少食な奥さんはペース配分が大変と。土曜の夜に2人で泊まって税抜き10,000円の宿(8%+入湯税150円で10,950円)だからボリュームがこれほど有るとは思わなかったよ。
「鯉の甘露煮」は佐久地方の名物だよね。甘辛く濃厚な味付けは日本酒にもご飯にも合う。
ここで洋風に捻った「マグロのカルパッチョ」と来て「鯉の洗い」。一般的には酢味噌が多いけどワサビ醤油でいただきます。
「小鍋」は蕎麦掻きが入ってて肉は地鶏っぽい濃厚な肉、そしてこの時期ならのキノコ。
最後のデザートはコーヒー味のアイス、公式サイト読むと自家製?

20181117_035

朝食は「焼き鮭(鱒?)」「キノコおろし」「わさび漬け」「キャラブキ」「野沢菜」「焼き海苔」「揚げ卵(?)」・・・玉子を揚げるのって珍しいなぁ、中は半熟です。

20181118_002
20181118_003
20181118_004

【田沢温泉 湯元 和泉家旅館】
住所:長野県小県郡青木村田沢温泉2695
電話:0268-49-2017
時間:イン:14:00~、アウト:~11:00
休み:-
料金:10,950円/人
宿泊料を考えたら部屋も値段も頑張っていると思う。そりゃぁ、1泊2万円も3万円もする様な宿と比較しちゃいけないよ。この価格で値段以上の満足は得られるよね。お湯は「共同浴場 有乳湯」が絶品のお湯だし。
ただ温泉目当てじゃないとなかなか泊まりにくい立地では有るが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.18

異味香【西川口】

数年前から話には聞いていたが、風俗街を一掃した西川口が何故か中華街になっていると。

一掃直後は善悪は別として客の落とす金で潤っていた街が閑散としてしまったと聞く。で、誰も食べたことのないキューポラ定食なるものをB級グルメ大会で上位入選させるなど悪戦苦闘していたが安い家賃と空いた店舗に中華系の人が集まりだして自然発生的に中華街になったと。

自然発生なので店は点在し、中には日本語の通じない店も有ると聞くのので横浜みたいな観光地的な街ではないとも聞く。

そんな話を友人達と日帰り温泉の道中にしていたので「では」って事で行く事に。車を家に置いて大宮駅から西川口駅へ。

日本語も通じない様な店に予備知識無しで行くのは無謀なので有名店の「異味香」さんへ。この店は通信仲間が何度も行ってるお気に入りの店と話だけは聞いていたので。

西川口駅を降りて西口へ。

殆ど降りた経験のない駅なので何処がどれ程変わったのかは一見するだけでは判らないけど確かに中華系の店が何軒も目に入る。
20180915_018
20180915_019
20180915_030
20180915_032
20180915_033

予約も無しに土曜の18時過ぎに訪問。店内は予想より狭くテーブル2列で20数人で一杯な感じ。着いた時はガラガラだったが1列は予約席との事で後客が3組くらいがすぐに来て満席となる、危ないところだった。その後何組も断られていたので要予約ですね。
20180915_031

予備知識が全く無いので西川口へ移動する京浜東北の車内で口コミ検索だけしておいたが「餃子」と「シュウマイ」が人気と。

先ずは1皿3つの「煎人焼売 390円(税込み421円)」を2皿、1皿2つの「煎人餃子 380円(410円)」を3皿を注文し、生ビール!
20180915_025
20180915_023
20180915_020

「煎人焼売」は焼きシュウマイ、漢字で書くと「焼焼売」・・・確かに食感は違うし、具は色々入っている。「煎人餃子」も大きめで熱々な具沢山の餃子。普通に美味しいけど名物となるかは個人的には微妙。まぁ、珍しいから良いのかな?

落ち着いてメニューを読み追加として「冬瓜とスペアリブの醤油煮 980円(1,058円)」「冷菜三種類の盛合せ 1,050円(1,134円)」「空芯菜ガーリック炒め 500円(540円)」も。

「冷菜三種類の盛合せ」は鶏、チャーシュー、砂肝と。砂肝だけどコリコリしてないので面白い。
「空芯菜ガーリック炒め」は想像通りの美味しさ、でも家で作ると火力が無いからダメかなぁ?

「冬瓜とスペアリブの醤油煮」は冬瓜とスペアリブの組み合わせが面白い。ソースも美味しいし、肉も柔らか。
20180915_024
20180915_026
20180915_021

追加は「豚タンとエリンギの黒胡椒炒め 650円(702円)」「レバーのスタミナ揚げ 500円(540円)」「海鮮おこげ 980円(1,058円)」、ヲヤヂ3人ではちと頼みすぎだなぁ。
「レバーのスタミナ揚げ」は下味付けたレバーをパリッと揚げてネギと豆板醤と一緒に食べるんだけど、これは個人的に気に入った。
「豚タンとエリンギの黒胡椒炒め」も冬瓜のソレと同じくまず具の組み合わせに面白さを感じたな。勿論、普通に美味しい。「海鮮おこげ」も美味しかっただソースが似た感じに偏ってしまって失敗。

20180915_028
20180915_027
20180915_029

青島ビールお代わりの後、後半は甕出しの「紹興酒(ボトル)2,100円(2,268円)」をロック&レモンで飲んで会計は5,000円/人弱・・・あれ?ちと高いかな?席料?スライスレモン代?まぁ、いいか。

わざわざ西川口まで来て「普通に美味しい中華」を食べられたのが良いのか悪いのかは別として面白かったかな。

【異味香(イーウイシャン)】
住所:埼玉県川口市西川口1-26-24
電話:048-258-3256
時間:17:00~24:00・26:00(曜日によって)
休み:月曜
料金:
URL:http://yieweyshiang.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば処さとや【出流】

9月の三連休初日、学生時代の友人達と温泉ドライブ・・・高速はきっと混むよなぁって事で下道で行ける場所を目的地とする。

目指すは出流山満願寺の門前に6軒くらいかな?蕎麦屋が密集する「出流町」、そば集落の1つにカウントされるのかな?もう10年以上前に一度だけ寄った記憶を基に葛生の方からアクセス・・・こんなに狭くアップダウン激しい道だったけかなぁ?

セメント工場の脇を通り少し広い道へ出る。ゴルフが好きな同行者に「栃木ICから真っ直ぐ来るとこっちに出るし、道もそこまで悪くないよ」と教わる。彼は蕎麦屋は来たことが無いけどゴルフでこの辺りは何度も来ていると。

まぁそれでも埼玉の大宮駅から約2時間半で到着。数軒ある蕎麦屋から今回は「さとや」さんを選ぶ。店は少し高い場所に建ち、駐車場は下に。12時前なので駐車場も店内も余裕が有ったが途中から混んできた・・・人気有るんだねぇ。

20180915_034

今回はヲヤヂ3人なので「七合そば 2,350円」と「舞茸天ぷら 650円」を注文。数分待って天ぷらが届き、すぐに蕎麦も。

「舞茸天ぷら」は5粒・・・2人でも3人でも4人でも喧嘩になりやすい?(笑)いや、もう大人だから大丈夫。抹茶塩がついてきて熱々はやっぱり美味しいねぇ。

「七合そば」は大きなザルにドンと盛られて各自適当に。細めの蕎麦だね。噛みごたえは有る。汁は濃い目でするする食べられてあっという間に完食。でも一升蕎麦じゃ流石に多
いしなぁ。
20180915_000
20180915_001
20180915_004
20180915_003
20180915_002

【さとや】
住所:栃木市出流町179
電話:0282-31-0919
時間:11:00~17:00
休み:火曜
料金:7合そば2,350円
URL:https://www.iduru-satoya.com/

店を出てせっかくだからと満願寺さんへ。山門の先に駐車場が有りそこに停めてぷらぷらと。午前中は雨の予報通りな天気で人もまばら。

本堂は大きくなかなかの規模、奥の院は徒歩15分で別途有料と有るので退散したが秋の紅葉の頃は綺麗そうだなぁ。
20180915_012
20180915_008
20180915_009
帰りは栃木IC方面を目指すがこっちもセメント工場の脇と云うか中を通る道。ちょっと異世界な感じ。
20180915_013
20180915_014

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.26

石臼挽きの十割そば さかい【青木村】

《2018年夏休み その5》

10時に志賀高原の宿をチェックアウトした時は車の外気温系は22℃だったが30分後に信州中野の市街地へ降りてきたら32℃・・・あぁ、さようなら涼しい日々(笑)

国道18号を南へ走り上田の手前で右折して国道143号線で青木村へ。こんな日は立ち寄り湯もぬる目が良いよねと噂には聞いていた田沢温泉の「有乳湯」へ。

夏休み中と云っても月曜の昼間、先客1名、後客1名とガラガラな状態で名湯を堪能。今回の旅は草津のph1.5、昨夜の志賀高原が6程度、そして有乳湯は9.5と云うので強酸性から強アルカリ性のお湯巡りになった。
20180820_006

【田沢温泉 有乳湯(うちゆ)】
住所:長野県小県郡青木村田沢2700
電話:0268-49-0052
時間:6:00~21:30
休み:無休
料金:200円
URL:

で、温泉を出たのが13時過ぎ。昼飯を食べたいなぁと来る途中に国道沿いで見かけた蕎麦屋に電話して大丈夫か確認し訪問。

予備知識何もなくたまたま「見かけた」だけなので駐車場何処かなぁと突っ込んでしまったら駐車場は店の東側少し先の角に有るんだと。

店の入口も何処かなぁと探してどう見ても民家の玄関だけど開けて声をかけたら「裏が入り口」と・・・難易度高い(笑)

20180820_009

西側に回り込むと10人も入ればいっぱいの小さな蕎麦屋。メニューも「十割そば」の単品かセット(そばのすまし汁、揚げ蕎麦掻き、十割そば)か、その並盛りか大盛りか。

セットも良さそうだけど初めてだし単品でσ(^^)は大盛り、奥さんは並盛りで。
20180820_015

最初に冷たいそば茶、浸し豆、竹の子土佐煮、ミニトマトが出され、そばの実を煎ったものを出される。店の前は水田でのどかな景色を眺めながらつまんでいると蕎麦が到着。「最初は塩で食べてみて」と都内や近郊だと「意識高い系な店だなぁ」と鼻につく言葉も愛想の良い人柄がそんな気持ちを感じさせない。そして云われた通りに食べると確かに美味しいなぁと感じる。

20180820_010
20180820_011
20180820_012

大盛りはボリューム有るし十割でもボソボソしない。最後の蕎麦湯もドロッとしたタイプで「これも塩で飲んでみて」と。辛汁も美味しかったが塩で飲む蕎麦湯もいいねぇ。

食べ終えた頃にフルーツ寒天を出されたが初めからメニューに有るのかサービスなのか。σ(^^)達は偶然見かけただけの店だったが土日とか遠方からわざわざ客が来る店らしい。
20180820_013
20180820_014
20180820_016

【石臼挽きの十割そば さかい】
住所:長野県小県郡青木村東郷106-1
電話:0268-49-3255
時間:11:30~14:00
休み:不定
料金:もりそば800円、大盛り1,200円
URL:

帰りは大人しく上田菅平ICから上信越道に乗って帰宅。あぁ、暑い埼玉へ戻ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧