« 古澤屋【清兵衛温泉】 | トップページ | 大塩温泉共同浴場【大塩温泉】 »

2006.05.03

期間限定露天風呂【大塩温泉】

清兵衛温泉を出て西方街道(400号)を南下。路面は問題ないけど路肩には未だ雪が残り、つい最近まで雪のため通行止めだったのも納得。

目指すは1年間の内、雪解けで地下水の水位が上昇するこの時期だけ現れるという幻の露天風呂。つい2週間前に温泉仲間が湯巡りした報告を読み「あぁ~行きた~い、σ(^^)も入りた~い」と。それが今日のそもそもの始まり。

会津横田駅手前で道は川を渡り、少し行ったら左へ路地を曲がる。看板が有る訳で無し勘ですね。(笑)共同浴場と民宿「たつみ荘」が見えたら正解。
先ずはたつみ荘に行き入浴の許可を願う。こちらのご主人が清掃とかして下さっているとの事なので礼儀は守らないと。それに敷地を通る訳だし。

で、温泉は民宿と川の間、崖の下に涌く。案内された通路は道とは云えない細く急なけものみち。滑らないように足下に気を付けて降りていかないと。
「浴槽しかないから脱衣する際のシートは持参」と教わったとおり脱衣所も何もない。女性には厳しいだろうねぇ。

でも温泉は素晴らしい。先ず景色がよい。只見川を見渡せる雄大な景色。
そして温泉は浴槽の底から勢い良く自噴している。まるで噴水のよう。
お湯も鉄分を含む濃い温泉で浴槽の壁とか一面真っ赤。なので寄りかかったり座ったりすると身体も真っ赤。

060502_038 060502_035

午前中に雨が降ったためか湯温はぬるい。肩まで浸かっていれば大丈夫だけど上がると寒い。逆に云えば1時間でも2時間でも浸かっていられる。
土日は温泉マニアが多く集まるそうだが平日なので一緒したのは地元出身の老人3人程度。のんびり出来ました。

 【大塩温泉・露天風呂】

  • 住所:福島県大沼郡金山町大字大塩字休場2106-2 (たつみ荘)
  • 電話:0241-56-4158 (たつみ荘)
  • 時間:24h
  • 金額:無料

|

« 古澤屋【清兵衛温泉】 | トップページ | 大塩温泉共同浴場【大塩温泉】 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 期間限定露天風呂【大塩温泉】:

« 古澤屋【清兵衛温泉】 | トップページ | 大塩温泉共同浴場【大塩温泉】 »