« 公衆浴場 燧の湯【檜枝岐温泉】 | トップページ | GWは蕎麦な1日 »

2008.04.28

共同浴場 岩風呂【木賊温泉】

2008奥会津温泉巡り その9

檜枝岐から木賊に抜ける農道が有るそうだが聞けば未だ冬季通行止めと。なので一旦352号線を北上し30分掛けて木賊へ。
山を挟んで西から檜枝岐、木賊温泉、湯ノ花温泉と並んでいる感じで後の2つは山間の鄙びた共同浴場が残ると。

2年前に一度来た川沿いの共同浴場「岩風呂」へ。先客4人程度とそれほど混んでない。

080427_22

浴槽は2つ有って上流側が熱い。なのでσ(^^)は下流側の浴槽へ。

080427_24

湯に浸かると川は見えないけどすぐ横を流れているので上がって休めば目の前に。さっき入った「燧の湯」よりも硫黄臭が強く感じ比べたらこっちの方がお湯は良いかも。ただ混浴だし女性は「燧の湯」の方がいいだろうね。

080427_23

帰りは352号線を走り会津高原の先から121号、400号へ。途中に「前沢曲家集落」って場所が有った。茅葺き民家を保存していると。資料館以外は実際に生活している家屋なので見学は外からだけらしいけど。
以前に1回前を通っているはずだけど気付かなかった。そして今回も時間が無く通過しただけなので次回は寄ってみたい。

木賊から1時間で塩原温泉へ。そしてそこから40分で矢板ICへ。この辺りは何度も通っているので感覚掴みやすい。
東北道は日曜夕方の上りなので佐野以南で渋滞9km20分表示。どうせ久喜で降りる予定だったので佐野で降りて下道にしたけど加須の手前で東北道を陸橋で越えたら未だ渋滞していた・・・本当に9km20分か?(笑)

結局2日間計で730kmの走行。ただ渋滞は無いし緩やかなカーブなので走りやすくてドライブとしても燃費の面でも良かったな。

【木賊温泉 岩風呂】
住所:福島県南会津郡南会津町宮里字湯坂
電話:0241-78-2546(南会津町舘岩観光協会)
時間:24時間
休み:-
料金:200円以上
URL:

|

« 公衆浴場 燧の湯【檜枝岐温泉】 | トップページ | GWは蕎麦な1日 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

 大変ごぶさたしております。木賊の文字の懐かしさにひかれて出てきました。

 木賊温泉へは小中学校の時に何度か行ったことがあります。正しくは、木賊地区にある「さいたま市立舘岩少年自然の家」(当時は大宮市立)で行われた林間学校やスキー教室ですが、館内の浴室も温泉がひかれていました。

 今は国道400号があるから、車でのアクセスも楽なんですね。当時はまだ全通しておらず、日光宇都宮道路の今市ICからひたすら国道121号を北上(学校の活動なので、もちろん観光バス)していました。

>住所:福島県南会津郡舘岩村木賊温泉

 ところで、住所表記。今は南会津町なのでは?少なくとも、舘岩少年自然の家のHPには、そう表記されていました。

#平成の大合併で、特に郡部・町村の今が分からなくなってしまいました。

投稿: まさつぐ | 2008.04.29 23:11

>まさつぐさん
どうも、お久しぶりです。住所の件、調べたら確かに合併で変わってましたね。直しておきました。

そう云えば「少年自然の家」の看板見かけましたね。同じくさいたま市の保養所「南郷荘」の近くも通りました・・・遠くからだったけど立派な施設なので「今度申し込んで泊まってみようかなぁ」と思わせる宿でした。

投稿: HACHAPP | 2008.04.30 07:13

>直しておきました。

お手数をおかけしました。ありがとうございました。

そう言えば自然の家には「自然の家の歌」なるものがあって、入所式・退所式で歌うのですが、これも合併に伴って歌詞が変わっていました。

  旧:「われら 大宮 子供らも」
  新:「われら さいたま 子供らも」

 変更前後とも4文字なので、歌詞の割付も変わっていませんが、浦和→さいたま、与野→さいたま だったらちょっと大変でしょうね。

#似たような例が、ホークスの球団歌(ダイエー→ソフトバンク)にもあったりします。

投稿: まさつぐ | 2008.04.30 10:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共同浴場 岩風呂【木賊温泉】:

« 公衆浴場 燧の湯【檜枝岐温泉】 | トップページ | GWは蕎麦な1日 »